新型大腸菌汚染 O-104 part 0

K

生もやしサラダ

生もやしサラダ

Thai Bean Sprout Salad

Written by Lovelyn on August 27, 2008 – 2:23 pm

I made this for lunch today and it was delicious. I wanted to make a raw Pad Thai so I looked at a bunch of recipes and this is what I came up with.

Ingredients

  • 1 zucchini
  • 1 cucumber
  • 1 cup bean sprouts
  • 1 red pepper julienned
  • 3 scallions thinly sliced
  • 1 glove garlic minced
  • 1 lemon
  • 1/4 cup olive oil
  • 2 inch piece lemon grass very thinly sliced
  • 2 tablespoons tamari sauce
  • 1/3 cup fresh basil chopped
I wanted to make noodles out of my zucchini and cucumber by had no spiraler so I used a peeler to make them into long thin noodle like strips. Then I combined the zucchini, cucumber, pepper, bean sprouts, scallions, and basil in a large bowl. For the sauce I combined the juice of 1 lemon with the olive oil, garlic, lemon grass, and tamari sauce. I stirred it all up, poured it over my veggies and chowed down.

Monday, April 12, 2010

Bean Sprout Salad

I lived in Wuerzburg, Germany for almost three years back in the late 1990’s (my first husband was in the Army). There was a Chinese restaurant in town that we loved to go to. Well, I loved to go there. We ate there a lot because it was one of the only things I wanted while I was pregnant with my first baby, so I think there was a point when he was really sick of it. But I loved it. The food was good and the people very nice, but I think it had more to do with being familiar to me in a place that was very unfamiliar.

The restaurant served a bean sprout salad. I don’t remember eating it, but it was one of his favorite dishes. I’ve thought of it often over the years, and decided to try to make something similar. My first few tries were lackluster, at best. Then I came across a recipe from Rena Gray that she had posted on her blog. She, too, loved bean sprout salad, and tried recipe after recipe trying to find the perfect dressing. She ended up combining a couple different recipes to get the right combination of flavors. I was thrilled! I like to experiment, but why do it if someone has already figured it out?

I don’t know if this is close to the bean sprout salad my Wuerzburg Chinese restaurant served, but it is so delicious and full of flavor. I recently served this with Grilled Sweet & Sour Salmon and it was a perfect accompaniment. Thanks, Rena!

Note: Rena encourages you to experiment with the amounts of vinegar and soy sauce. I did decrease the vinegar a bit because I’m a little vinegar-sensitive😉

Bean Sprout Salad (adapted from Rena Gray)
Printable Recipe

1 tablespoons sesame seed oil
2 tablespoons soy sauce
1 clove garlic, pressed
1 teaspoon honey
1 1/2 tablespoons seasoned rice vinegar (original recipe-2 TBL)
1 pound bean sprouts, rinsed and blotted on paper towels

Combine the sesame seed oil, soy sauce, garlic, honey, and vinegar in a medium bowl and whisk well to combine. Add the bean sprouts and toss gently with tongs. Serve immediately.

Makes about 6 servings.

Germany finds E.coli on farm’s bean sprout packet

By Brian Rohan | June 11, 2011 3:23 AM EST

Germany said on Friday that deadly E.coli bacteria that have killed 31 people and hit farmers across Europe almost certainly came from contaminated bean sprouts grown at an organic farm in northern Germany.

(Photo: REUTERS / Wolfgang Rattay/File)
File picture shows bean and salad sprouts in Berlin June 6, 2011.

Traces of the deadly strain were detected in a packet of bean sprouts from the farm found in a family’s rubbish bin in the western state of North Rhine-Westphalia. Two family members fell ill after eating the produce.

The discovery came just hours after health officials in Berlin said they had identified bean sprouts or similar shoots as the most likely source of the outbreak, citing a study of patients and the food they ate.

The German government had come under fire at home and around Europe for failing to pin down the cause of the outbreak that has stricken some 3,000 people in 12 countries. All cases have been traced back to near Hamburg in northern Germany.

About a quarter of E.coli patients in the month-long outbreak have developed a severe complication called haemolytic uraemic syndrome (HUS) affecting the blood, kidneys and nervous system.

On Friday the state consumer protection agency in North Rhine-Westphalia said it had found the first direct E.coli link to the organic farm in the neighbouring state of Lower Saxony, near the small town of Bienenbuettel.

“According to our knowledge to date, the bean sprouts originated from the farm,” the state agency said.

That long-awaited breakthrough came hours after a news conference in Berlin, where the head of Germany’s centre for disease control, the Robert Koch Institute (RKI), said the evidence clearly pointed towards the farm in Lower Saxony.

“All the registered cases in this study had consumed these bean sprouts,” said RKI head Reinhard Burger. “The test method made it possible in an epidemiological way to isolate the source of the outbreak, with a high probability, to the consumption of bean sprouts,” he added.

Bean sprouts, a common salad ingredient grown from a variety of seeds, are popular in Germany, where they are served in salads and often in sandwiches. The institute said Burger’s comments covered a wide range of shoots.

The investigation has focussed on the organic farm for days, and the agriculture minister for Lower Saxony said separately on Friday he was convinced this was where the outbreak had begun.

CHAIN OF EVIDENCE

Gert Lindemann, the minister, had earlier said that alfalfa, mung bean, radish and arugula sprouts from the farm near Bienenbuettel might all be linked to the outbreak.

“The chain of evidence pointing to bean sprouts is flawless. For us, the source of the outbreak is definitely the farm in Bienenbuettel,” Lindemann said on Friday. The farm has been shut down and is no longer delivering vegetables to market.

Authorities said on Friday it was now safe to eat tomatoes, cucumbers, and leafy salads, food originally suspected as the source, but bean sprouts should be avoided while studies continue.

Germany had also came under fire for hastily blaming the outbreak on Spanish cucumbers, comments it later withdrew, and a failure to produce conclusive evidence of the source.

The European Union raised its compensation offer for farmers hit by plummeting sales to 210 million euros ($302 million) from 150 million, made after Germany first blamed cucumbers from Spain and other salad vegetables.

Organic producers had attracted suspicion because they use manure rather than chemical fertiliser, putting crops more at risk of contamination. The economic damage to Europe’s farming industry could reach half a billion euros.

The neighbouring Netherlands welcomed the German findings. “This is very good news,” said Murco Mijnlieff, a spokesman for the Dutch ministry of economic affairs, agriculture and innovation on Friday after the cucumber warning was lifted. “It is the first step to consumer confidence in those products.”

The Netherlands exports around 70 percent of its cucumber output to Germany. The losses for the Dutch alone are estimated at 70 million euros a week.

In Germany the death toll from the E.coli epidemic rose by one on Friday after authorities confirmed a woman who died on June 3 was a victim of the bacteria.

German authorities said the outbreak was still a threat, despite signs of slowing, and warned the death toll may rise.

“I cannot give an all-clear. New infections are still to be expected but the number new infections is clearly falling,” Health Minister Daniel Bahr said.

December 21, 2010

(via prettyfoods)

1:05pm  |   URL: http://tumblr.com/xda13rkiec

March 31, 2011

Kimchi-Braised Short Ribs RecipeBraising kimchi and beef short ribs together might seem a bit odd, but like its German cousin sauerkraut, Korean fermented cabbage contributes a lot of complex and deep flavors when cooked with meat. To round out the meal, serve the short ribs with a Korean scallion or soybean sprout salad to cut through the richness of the dish.

Kimchi-Braised Short Ribs

10:36am  |   URL: http://tumblr.com/xda1y0qd4f

もやしを下処理しています。
3連の水槽で洗っています。

水耕栽培野菜であるモヤシは、
どうしても細菌が残留しやすい野菜です。

というのも、もやしの栽培水に含まれる栄養分に
細菌が繁殖しやすいのです。

水道水を殺菌する次亜塩素酸ナトリウムで栽培水も殺菌しますが
あまり濃い濃度では、モヤシの成長が遅れるので、調整が難しいそうです。

そこで、どうしても細菌が残りやすいようです。
2次汚染につながりやすいモヤシは、野菜の最後に洗います。

様々な野菜洗浄工程の最後です。
清潔に洗いあがるように、十分な水量を確保して洗浄します。

もやしの安全性

豆もやしは大腸菌を はじめとする細菌が増殖しやすい食品であり、消費者が購入する時点で平均して1gあたり100万~1000万の細菌があるといわれている。そのほとんどは 人間に害のない細菌だが、食中毒菌についても増殖しやすい食品であるといえる。2010年にはイギリスで発生したサルモネラ食中毒事件を受けて、英国食品 基準庁が豆もやしを完全に加熱して調理するよう勧告を出している[1]

各種もやし、かいわれ大根に代表される芽もの野菜は、その栄養価の高さから、アジアから欧米まで、世界的に広まったが、近年、サルモネラや病原性大腸菌 O157による食中毒が問題となっている。アメリカ合衆国では、子供や老人などの胃腸系が弱い消費者に対して、もやし類の摂食に、注意を促している状況で ある。また、その対策として、アメリカFDAは、もやし生産業者に対し、種子の殺菌や、栽培途中での散水排水の微生物検査としてサルモネラと病原性大腸菌 O157の検査を推奨している(U.S. Food and Drug Administration 1999, Docket Nos.99D-4488 and 99D-4489)。このような芽もの野菜による食中毒を防止するために行われる種子の殺菌方法として、有効塩素濃度20,000ppmの次亜塩素酸での 殺菌を推奨しているが、この方法は、高濃度の次亜塩素酸を使用するので、作業者にとって危険な作業であるのみならず、必ずしも有効な殺菌効果が得られてい ない。

芽もの野菜種子の殺菌方法及び芽もの野菜の栽培方法

【課題】
芽もの野菜の栽培で腐食を起こす腐敗菌を殺菌するとともに、病原性大腸菌O157,サルモネラ、リステリアなどの食中毒菌をも完全に除菌して、安心して生食が可能な芽もの野菜を育成できる芽もの野菜種子が得られる殺菌方法を提供する。
【解決手段】
芽もの野菜種子を殺菌水槽2で80−90℃の高温熱水に10−50秒間浸したのち冷却水槽4で冷水に浸して急冷することによる腐敗菌に対する殺菌処理を行 い引き続いて、塩素濃度1500ppm以上の次亜塩素酸水溶液に2時間以上浸漬することにより、食中毒菌をも完全に殺菌する処理を行う芽もの野菜種子の殺 菌方法である。この殺菌処理を行った芽もの野菜種子を栽培することにより生食可能な芽もの野菜の栽培を行うことができる。

欧州大腸菌、死者35人に 感染源、独産モヤシと特定

 【ベルリン共同】欧州で腸管出血性大腸菌「O104」の感染が拡大している問題で、ドイツ保健当局は12日、同国の死者が4人増えて34人になったと発表した。スウェーデンの死者も含めると計35人。

感染源については、ドイツ当局は同日までに、同国北部ニーダーザクセン州の農場で生産されたモヤシなどの発芽野菜から、今回問題となったO104と同じタイプの菌を検出し、感染源であると特定した。

欧州連合(EU)のダリ欧州委員(保健・消費者保護担当)は「極めて重要な進展だ」と指摘。ロシアがEU全域からの生野菜の輸入を停止していることを踏まえ、この解除に期待を表明した。

2011/06/13 05:39   【共同通信】

O104:欧州大腸菌問題 感染源「もやしの可能性高い」 独、キュウリなど警告解除

 【ベルリン篠田航一】ドイツを中心に欧州で病原性大腸菌O104の感染が拡大している問題で、ドイツ政府の国立ロベルト・コッホ研究所などは10 日、感染源は「もやしなどの新芽野菜」の可能性が高いと発表した。これに伴い、政府はキュウリ、トマト、レタスを生で摂取しないよう呼びかけていた警告を 解除した。

政府機関が国立研究所の専門家と協力し、州レベルで判明した結果を詳細に検討。感染者が食事した飲食店などを追跡調査した結果、もやしを食べた後 に感染したケースが他より9倍も多いことが判明し、統計学的な見地から「可能性はもやしに絞られた」(ブルガー所長)とほぼ断定した。菌の検出はまだ確認 されていないため確定の前段階だが、保健当局は今後、もやしを感染源と裏付ける証拠の特定を急ぐ。

毎日新聞 2011年6月11日 東京朝刊

もやし類から大腸菌 感染源か

6月11日 8時15分 動画あり

ドイツを中心に欧米諸国に広がった病原性大腸菌「O104」の感染を巡って、ドイツ西部の州政府は、国内の農場で生産されたもやし類から初めて同じ型の大腸菌が検出されたと発表し、感染源である可能性が極めて高いとの見方を示しました。

これはドイツ西部のノルトライン・ウェストファーレン州の州政府が、10日、明らかにしたもので、 病原性大腸菌「O104」の感染者が出た家庭の生ゴミの中にあったもやし類から初めて同じ型の大腸菌が検出されたということです。このもやし類は、ドイツ 北部のニーダーザクセン州の農場で生産されたもので、州政府では、ゴミの中で包装が開けられた状態だったことから断定はできないとしながらも、 「O104」の感染源である可能性が極めて高いとの見方を示しています。「O104」の感染は、ドイツを中心にヨーロッパ各国やアメリカなど16か国に広 がり、ドイツ人30人とドイツに旅行していたスウェーデン人1人の合わせて31人が、腎臓の機能が低下する溶血性尿毒症症候群などで死亡し、患者数は 3000人を超えています。州政府としては、感染源をほぼ特定したことで、これ以上の感染の拡大を防ぎ、事態の収拾を図りたい考えです。

家庭ゴミからO104検出、死者は31人に ドイツ

2011.06.11 Sat posted at: 09:26 JST

ベルリン(CNN) ドイツ北部を中心に腸管出血性大腸菌O104の感染が広がっている問題で、ドイツ保健当局は10日、欧州で新たに4人の死亡を確認した。大腸菌による死者は31人となった。

ドイツ保健当局は、ドイツ西部ノルトライン・ウェストファーレン州の家庭のゴミ箱に残っていたスプラウト(新芽野菜)からO104が検出されたと発表した。O104が実際に農作物から検出されたのは今回が初めてだ。

ドイツ連邦食糧・農業・消費者保護省の広報担当によると、スプラウトはすでに感染被害が広がっているドイツ北部産と見られるという。

ま たロベルト・コッホ研究所のブルガー所長は記者団に対し、同じレストランで食事をした17人が発病したことから、ドイツ保健当局は同レストランで出された もやしが感染源と断定したと語った。ブルガー氏によると、当局者が感染者に聞き取り調査を行ったところ、いずれももやしの入った料理を食べていたという。

大腸菌の感染者はこれまでに2988人に上り、そのうち759人は重度の腸疾患を発症している。

一方、風評被害に見舞われているスペインでは、青果輸出業者フルーネットが、当初スペイン産野菜が感染源であるとの誤った判断を下したドイツのハンブルク州政府を提訴した。

フルーネットは、ハンブルク当局が同社が扱う有機キュウリを感染源と判断した際に使用した資料を即座に公開するよう求めている。またそれとは別に、ハンブルク州政府に対し、100万ユーロの損害賠償訴訟も提起する予定だという。

腸管出血性大腸菌、感染源はもやし ドイツ当局

  • 2011年06月11日 16:42 発信地:ベルリン/ドイツ

ドイツ・ベルリン(Berlin)の北西300キロにあるBienenbuettel村の農場の門に立つ警備員(2011年6月10日撮影)。(c)AFP/PHILIPP SCHULZE

【6月11日 AFP】腸管出血性大腸菌(EHEC)の流行をめぐり、ドイツ当局は10日、もやしが感染源だと断定した。感染拡大でこれまでにおよそ3000人が感染し、33人が死亡した。また、欧州全域で農家が打撃を受け、数百万ユーロ規模の損失が出ている。

感染源探しは1週間ほど前から続けられていた。ドイツ国立ロベルト・コッホ研究所(Robert Koch InstituteRKI)の代表者、ラインハルト・ブルガー(Reinhard Burger)氏は、記者会見を開き、「もやしだ」と語った。

ブルガー氏は、レストランでの食事が原因で感染した100人以上の患者を調査した研究を上げ、「出血性の下痢などのEHEC感染を示すケースが、もやしを食べた人は食べていない人よりも9倍多かった」と述べた。

さらに、ドイツ西部ルトライン・ウェストファリア(North Rhine-Westphalia)州に住むEHEC感染者2人の家庭のゴミ箱からEHEC「O104」の痕跡が残るもやしが回収され、初めての直接的な証拠の発見となった。

このもやしは、北部のBienenbuettel村で生産されたものだった。Bienenbuettel村は前週、いったんは感染源の疑いが指摘されていたが、証拠がみつかっていなかった。同農場は閉鎖され、製品の回収が行われている。(c)AFP/Deborah Cole

欧州のO104感染、犯人は新芽野菜とほぼ断定

 【ベルリン=三好範英】ドイツを中心に欧州で広がる腸管出血性大腸菌O104の感染問題で、ドイツの保健当局は10日、モヤシなどの新芽野菜が感染源だとほぼ断定したと発表した。

保健当局は新芽野菜を栽培した独北部ニーダーザクセン州の農場を立ち入り禁止とした。

同農場で栽培された新芽野菜から病原菌は検出されていないが、疫学的な調査で感染源を特定したという。同農場は多数の感染者が出た北部ハンブルクから約70キロ・メートル南にあり、この農場の新芽野菜を納入した食堂の利用者から多数の感染者が出た。

一方、独保健当局は、キュウリ、トマト、レタスを生で食べないよう呼びかけていた警告を解除した。

(2011年6月10日20時52分  読売新聞)

O104感染源「新芽野菜の可能性高い」 ドイツ当局

2011年6月10日

ドイツ北部を中心に感染が広がった腸管出血性大腸菌O(オー)104について、ドイツの連邦保健省など衛生当局は10日、スプラウト(新芽野菜)が感染源である可能性が高いと発表した。

一方、これまで食用を控えるよう呼びかけていた生のキュウリ、トマトやサラダ用の葉物野菜については「制限なく味わって」と「安全宣言」を出した。

連 邦の衛生研究所などが、患者が食事をとったレストランなどを追跡調査したところ、スプラウトを食べた人の発症例は、食べなかった人の約9倍にのぼっ た。スプラウトから菌が実際に検出されていないため確定でないが、感染源として明言したのに近く、食べないように国民に求めた。

O104:感染源はもやしの可能性大 ドイツ政府研究所

  【ベルリン篠田航一】ドイツを中心に欧州で病原性大腸菌O104の感染が拡大している問題で、ドイツ政府の国立ロベルト・コッホ研究所などは10 日、感染源はもやしの可能性が高いと発表した。これに伴い、政府は他に感染源として疑いが残っていたキュウリ、トマト、レタスに対する警報を解除した。

政府機関が国立研究所の専門家と協力し、州レベルで判明した結果を詳細に検討した。

感染者が食事した飲食店のメニューの調査や、食料品店への聞き取りを重ねた結果、もやしを食べた後に感染したケースが他より9倍も多いことが判明。統計学的な見地から「ほぼ可能性はもやしに絞られた」(ブルガー所長)との認識を示した。

感染源については、これまでハンブルク州保健当局など地方政府の初期検査でスペイン産キュウリなどが疑われたが、いずれも断定には至らず、結果的に風評被害などの混乱を招いていた。

世界保健機関(WHO)などによると、感染者は9日現在で欧米やカナダなど計16カ国、2000人以上に上り、30人が死亡。このうちドイツが29人で、スウェーデンが1人。

毎日新聞 2011年6月10日 20時27分

[FT]感染源不明の大腸菌問題、ドイツ政府に非難集中

1/2ページ)
2011/6/9 0:00

 ドイツで23人の死者と2400人の感染者を出した病原性大腸菌の発生。世界屈指の先進国が感染源を特定できないことについて、ドイツ政府に説明を求める圧力が強まっている。

■誤報や臆測で混乱拡大

ドイツのアイグナー農業・消費者保護相(6月6日、ベルリン)=AP

画像の拡大

ドイツのアイグナー農業・消費者保護相(6月6日、ベルリン)=AP

病原菌に関して国家機関とドイツ連邦16州の政府当局から出される異なる警告や決まりの悪い前言撤回、時ならぬ臆測は、国内外の狼狽(ろうばい)した人々に答えよりも多くの疑問を与えたようだ。

ドイツのイルゼ・アイグナー農業・消費者保護相は今週、連邦および州政府当局は「現在の状況に一丸となって取り組んでいる」として、どのレベルにどんな責任があるのかを巡る「対立はない」と述べた。

とはいえ、ハンブルク州のコルネリア・プリューファー・シュトルクス保健担当相は7日、致死性の大腸菌感染の原因は分かっていないと認めざ るを得なかった。自身が市民に最初に警告を発してから2週間半、そして誤って原因がスペイン産キュウリにあると発表してから1週間以上たつにも関わらず だ。

■時間たつほど解明困難に

スペイン産キュウリが感染源だという疑いは、欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会の早期警報システムによって欧州全域に伝達され、こと食品の安全については、欧州委が引き続きEU加盟国政府の優れた政策(および善意)に依存している実態を浮き彫りにした。

欧州委のジョン・ダリ委員(保健担当)はドイツやその他諸国に対して「不必要な」国民の不安を鎮めるように協力を求め、「我々が声明を出す 時は、常に科学的な確証が必要だ」と述べた。一方で、専門家たちはドイツの対応の遅さにより、科学でできることの限界に近づきつつあると警告している。

「感染病の原因を突き止める際には、時間が重要だ」。ベルリン自由大学の微生物学・獣疫研究所のロタール・ヴィーラー所長はフィナンシャ ル・タイムズにこう語った。「調査に時間がかかればかかるほど、究明が難しくなる。今回のケースでは時間的要因を批判せざるを得ないと思う」

■州と連邦の足並みそろわず

ドイツの連邦制は、中央集権的な各州にとって紛れもなくプロセスを複雑にしている。連邦政府のロベルト・コッホ研究所によると、大腸菌感染 による最初の犠牲者は5月初めにハンブルクで病気になったとみられるが、州当局はこの事実を5月19日まで連邦政府の疾病対策専門家に伝えなかったとい う。

腸管出血性大腸菌の菌株を入れたシャーレ(6月2日、ハンブルク・エッペンドルフ大学病院)=ロイター

画像の拡大

腸管出血性大腸菌の菌株を入れたシャーレ(6月2日、ハンブルク・エッペンドルフ大学病院)=ロイター

連邦政府と州政府の当局者は2日後に最初の会合を開いたが、そのころには5月初旬に感染した食品サンプルを見つける望みは急速に薄れていた。大腸菌の繁殖に適した農産物は既に消費されたり廃棄されたりしていたからだ。

その結果生じた科学的な困難に輪をかけたのが、州政府機関と連邦政府機関のお粗末な協調体制だった。

ロベルト・コッホ研究所が原因究明に取り組んでいる間に、ハンブルク州保健省の下で働く科学者たちが大腸菌の感染源はスペイン産のキュウリ だと断定。その後、間違っていることが判明した。ニーダーザクセン州の専門家たちは週末にドイツ産のモヤシが感染源だと発表したが、同州のゲルト・リンデ マン農業相が発表したこの主張もいまだに事実として立証されていない。

■欧州規模の危機に

ドイツの消費者保護団体のシュテファン・エトゲトン氏は「コミュニケーションが素晴らしいとは決して言えない状況だ」と話す。「国民はこれ を見て、当局が何も分からずに右往左往しているような印象を受けた。今後は連邦レベルと州レベルのより良い協調が必要だ。また大臣たちが注目を集めようと する動きも減らさないといけない」

ブリュッセルの欧州委の高官らは、現在の危機は「欧州規模」だと指摘しながら、委員会は依然として主に、一見して不手際なドイツの原因究明調査を当てにしていると認めている。

病原性大腸菌は少なくとも10カ国のEU加盟国で病人を出し、大陸全土の農家に打撃を与えた。ほぼすべての患者がドイツで感染し、その後、他国へ移動した。

By Gerrit Wiesmann and Joshua Chaffin

(翻訳協力 JBpress

(c) The Financial Times Limited 2011. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

欧州大腸菌、死者26人に 独当局「感染源まだ不明」

 8日、ベルリンで記者会見するドイツのバール保健相(中央)ら(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】欧州で腸管出血性大腸菌「O104」の感染が拡大している問題で、ドイツのバール保健相は8日の記者会見で、感染によるとみられる同国の死者が25人になったと発表した。スウェーデンの死者も含めると26人。

感染源について、保健相は「特定できていない」と強調。ベルリンで開かれたドイツ当局の緊急会合に出席した欧州連合(EU)のダリ欧州委員(保健・消費者保護担当)は、ドイツと共に感染源の究明に全力を挙げる意向を表明。

感染源についてはドイツ州当局が5月下旬、スペイン産キュウリの疑いがあると公表したものの、その後「患者の菌とキュウリの菌は別種」と訂正。

2011/06/08 21:15   【共同通信】

O104:感染「もやし原因、特定できず」 独の州政府、見解修正

 【ベルリン篠田航一】ドイツを中心に欧州で腸管出血性大腸菌O104の感染が拡大している問題で、ドイツ北部ハンブルク州の州保健相は7日、感染 源の疑いがあるとされた独北部ニーダーザクセン州産のもやしを食べた患者の「食べ残し」を調べたところ、大腸菌は検出されなかったと発表した。他の患者か らも「もやしを食べた記憶がない」との声が相次ぎ、ニーダーザクセン州政府も「感染源とは特定できない」と6日に修正した。感染源の調査はさらに続く見通 しだ。

感染源の疑いがある野菜として、これまでハンブルク州政府が5月26日にスペイン産キュウリ、ニーダーザクセン州政府が今月5日にもやしを挙げた。ともに初期検査の段階で発表したが、その後の詳細な検査で断定には至らなかった。

地方分権が進んだドイツでは「食品の検査や、汚染された食料に関する情報提供は主に州の仕事」(南ドイツ新聞)とされるが、州が当初の見解を撤回 する事態が続いていることから、「中央政府ではなく、州が先を急いで発表するのは消費者にとって不幸」(ドイツ消費者センター)と戸惑いの声も上がってい る。

感染症の研究で知られる国立ロベルト・コッホ研究所なども独自に情報を発表しており、野党からは「州政府、病院、国立研究所、連邦政府保健当局の間で、責任の所在があいまい」(社会民主党のラウターバッハ連邦議会議員)との批判も出ている。

毎日新聞 201168日 東京夕刊

O104:輸入の肉・魚をサンプル検査へ 厚労省

厚生労働省は7日、欧州で腸管出血性大腸菌O104の感染が広がっている問題を受け、海外から輸入する肉や魚などの生鮮食品を対象にO104のサ ンプル検査を来週にも全国の検疫所で始める方針を決めた。現在は、輸入生鮮食品全体の約1%を対象にO157とO26の検査をしているが、O104につい ては実施していなかった。

【関連記事】

毎日新聞 201167日 1423分(最終更新 67日 1431分)

EU、風評被害の農家に245億円補償 大腸菌感染問題

2011.06.09 Thu posted at: 09:30 JST

(CNN) ドイツを中心に腸管出血性大腸菌の感染が広がっている問題で、欧州連合(EU)は8日、被害を受けた農家に総額2億1000万ユーロ(約245億円)を補償する方針を決めた。この大腸菌による死者は少なくとも25人に上っている。

補 償額はEUの農業担当機関が前日に提示していた1億5000万ユーロから大幅に引き上げた。農業担当のチョロス委員は、5月26日から6月末までの期間に 被害を届け出た農家が補償の対象になると説明、状況次第でさらに補償額の調整が必要になるかもしれないとの見通しを示した。

農作物の風評 被害はスペインなど欧州各国で広がり、農家から補償を求める声が強まっていた。EUによると、キュウリ、トマト、ピーマン、ズッキーニ、レタスの栽培農家 を対象に、2008―10年の実績に基づく平均市場価格の最大50%相当分までを補償する計画。14日に開くEUの会合で加盟国の承認を経て正式決定す る。チュロス委員によれば、EUが支援する生産者組織機関による補償とあわせると、補償額は最大で平均市場価格の70%相当に達する見通し。

問題の大腸菌による死者は、ドイツ55 でさらに2人増えて8日までに25人に達した。このうち24人がドイツで死亡し、残る1人はドイツを訪問した後にスウェーデンで死亡した。

ドイツ55 の保健当局によると、同国の感染者は合計2648人に上っている。しかしバール保健相は8日、新たな感染者の数は激減していると述べた。

感 染源は依然として特定されていない。当局者が7日に明らかにしたところでは、感染源の疑いがあるとされたハンブルクの農家のモヤシからは問題の大腸菌の痕 跡は見つからなかったという。しかしまだ疑いが消えたわけではなく、この農家で働いていた3人に5月上旬、下痢の症状が出ていたことが判明。うち1人は問 題の大腸菌に感染していたと診断された。

ドイツ北部の大都市ハンブルクでのソーセージ!な日々!!

記事は [090822410 日目  ドイツ1 1日目 / ハンブルク のお話

イタリアのリアルタイム速報が続きましたが、久しぶりに1年以上前のドイツに戻りま・す・YO2009822-26日、ドイツ北部の大都市ハンブルクで泊まった宿とソーセージ三昧だった5日間のお話です。ドイツは何か楽しイェイね~~!!!せかイェ公式ドリンク!ビールが美味しく飲めちゃうもんね~~!beerbeer

まずはドイツ1発目のホテルのお話でっす!!

ドイツは「ユースホステル発祥の地」!だけあって安宿が充実しています!!もちろんアジアと比べると高いのです が、電車代や外食がかーなりお高いのと比べると、ドミトリー(相部屋)であれば12,000円前後で見つけることができてイェイ!他のヨーロッパの国で は大都市しかドミトリーのある宿がないことが多いのですが、ドイツでは小さな街にもドミトリーがある宿があるので助かります。

アジアではガイドブックで見つけたホテルに飛び込み、価格交渉担当の2号が値切って「マネー成立!!」してたせかイェですが、ヨーロッパでは基本的に宿代を値切ったりすることはありませんでした。当たり前だけど、定価なんで値下がりなんてしなイェイぜ!

私たちはドイツでは、事前にインターネットでホテルを見つけて予約していました。日が落ちるのが遅い夏のドイツでは夜まで観光できるため、次の街に 到着するのは夜21時とかになることが多かったです。夜ホテルを探してウロウロするのも大変だ~ってなわけでネット予約を愛用していました!

ドイツ一発目の宿は「ホステル・ワールド」で前日に予約しました!お気に入りのサイト「ホステル・ワールド」は予約手数料が1.5ユーロ(200)かかってしまうのが難点ですが、「Wi-Fi 」が使えるかどうかが明記されているので重宝していまっす!! pc

予約した「A&O Hamburg Hauptbahnhof 」は、ハンブルク中央駅から500メートルとリッチな立地!!ちなみに「Hauptbahnhof 」はドイツ語で「中央駅」という意味でーす。気になるお値段は5人ドミトリー(相部屋)117ユーロ(2,380)。しかしシーツと枕カバー代が 別に3ユーロ(420)かかってしまいました。シーツ代は初日だけで・す・YO。ちなみに最近はユーロ安が続いていますが、1年前はもう少し高かっ た!この記事では1ユーロ140円で計算していまーす!

さて、こちらが記念すべきドイツ1発目の宿「A&O Hamburg Hauptbahnhof

A&O

で、でかい!!こんな立派な宿に泊まっていいんでしょうか?!

こちらの宿は行き方がちょっとだけ分かり辛い。。。線路沿いに歩いていくと簡単に見つかるのですが、私たちは最初道を間違えてしまい、その辺にいた おじちゃんに道を聞いて連れて来てもらいました。おじちゃんに「連れて来たんだから1ユーロちょうだい!」と言われたのを無視してしまった非情なせか イェ。ユーロの国に入国したばかりで硬貨持っていなかったんで、すんませーん!!そんなわけでどうにかこうにかやってきました。

こんなボロボロのバックパックでちょっと恥ずかしいなあ。。。

A&O

でも大丈夫だどん!

A&O

A&O 」は、家族連れやビジネス向けの「ホテル」とバックパッカー向けの「ホステル」に分かれているんです!私たちが泊まったのはもちろんホステルの方でっす。

ホテルは普通にダブルやシングルなどの個室で朝食付きっぽかったです。一方ホステルの方はドミトリーが多く朝食は別料金。ホテルとホステルはフロアで区切られていました。そんなわけで年配の観光客から高校生の団体客まで、客層はバラエティ豊富でっす。

ホステルの5人ドミトリー(相部屋)の様子はこんなです。

A&O

びっくりするくらい綺麗でヒョヘ~っと2人で驚いちゃいました!

5人部屋にトイレとシャワーが1つ付いているのですがこれがまた美すぃ~!!shine

  • シャワー1つ、洗面台1つ、トイレ1つでっす。ややこしい写真ですみません。。。パノラマ写真撮りたいなー。

ドライヤーまで付いていて、せかイェ感激!!

A&O

同じ部屋に泊まっていたドイツ人若者カップルもこのトイレとシャワーの美しさに歓声を上げて抱き合って大喜びしていました。まだ完成したばかりのようで設備はどれもピカピカでした!!

結構大き目のロッカーもついているのでセキュリティ面も安心でっす!

A&O

ドミトリーにロッカーがないと結構しんどいっす!ドミで一番心配なのはセキュリティですからね~。

ちょっとしたバーも併設されています。

A&O

団体の学生なども受け入れているため大きな共有スペースがたくさんありました。

気になるWi-Fi pc は残念ながら有料です!私たちは7日間で8ユーロ(1,120)払いました。レセプションでお金を払うとパスワードを教えてもらえまーす。館内どこでも使えて結構早いんですが、高イェイねえ。。。

そして地下にコインランドリーがあり洗濯もできます。洗濯機が3.5ユーロ(490)、乾燥機が2.5ユーロ(350)でした。キッチンが ないので自炊は全くできないでーす。レセプションが混んでいるし、ホテルっぽいので、お湯をもらったりするのも難しい感じでした。駅の近くにスーパーや軽 食屋があるのでまあ食べるものには困りません。

お次はハンブルクの街の紹介です。

と言っても、せかイェはハンブルクを拠点に毎日別の街へ世界遺産をイェイしに行っていたので、ハンブルクの街ってほとんど見ていない。。。ホテルと駅を往復していたくらいなので、さらっとあっさりご紹介!!

こちらがホテルと駅の間の道でっす。毎日この道を往復していました。

ハンブルク

何となくドイツっぽい?景色ですかね~。

ハンブルク

ハンブルクにも無料レンタル自転車がたくさんありました。

ハンブルク

こちらはハンブルク中央駅!ハンブルクはドイツ北部の拠点となる大都市なので電車がたくさん集まってきます!

ハンブルク

以上本当にあっさりと街紹介でした~!って本当にお恥ずかしいくらいハンブルクを見ていないですね。。。

そして最後にハンブルクで食べたうまいものでーす!

まずは、こいつを飲まないとドイツの旅が始まったとは言えません!!

ジャジャーン!本場ドイツのビール!!イェイ!イェーイ!!

ビール

  • 生ビール: 3.5ユーロ(490)、でもジョッキじゃないのね。そういえば、ドイツって意外にジョッキ見なかったな~。

そして!本場ドイツのソーセージ!!イェイ!イェイ!イェーイ!!

カレーブルスト

  • カレーブルスト(ソーセージ)6.9ユーロ(970)

ハンブルクに入った初日にどーしてもどーしても、ビールを飲みながらソーセージをつつきたかったおバカなせかイェ。私のドイツのイメージは、街のい たるところでソーセージを焼いていて、みんなビールを飲みながらパクついている感じだったのですが、意外にソーセージが見当たらない。。。ウロウロと探し た結果、駅前のちょっと観光客向けっぽいレストランのメニューにソーセージがあったので、ちょっと高いけれどイェーイ!しちゃうことに!!

いや~、久しぶりの生ビールもうまいし!ソーセージもうまい!!このソーセージは「カレーブルスト」という名前でこんがり焼いたソーセージにとろみのあるソースとカレー粉をかけたものです。「ブルスト」ってのはドイツ語でソーセージという意味で・す・YO。カレーとソーセージって美味すぃ~のね。しかしソーセージとポテトで1,000円ってさ~。

カレーブルスト1皿では食べ足りなかったせかイェ。結局こちらのお店ではカレーブルストが一番安かったので、ついうっかりもう1皿イェーイ!そして ビールもグビグビ、イェーイ!!結局この日はビール5杯とカレーブルスト2皿で31.3ユーロ(4,380)!!ヤヴァイ!ヤヴァイっすよ!!分かっ ていたことだけどドイツは外食高いっす!!!

ドイツ初日に生ビールをたっぷり飲んで帰ってきてご満悦♪そして酔っ払ったまま薄着で寝てしまったところワタクシしっかりと風邪を引いてしまいまし た!!ハンブルクはドイツ北部なんで朝と夜は涼しかった!!そんなわけで、翌日からはせっかくのドイツなのにビール抜きの生活イェイ!2号も一緒にビール 抜き!!道連れじゃ~!

そんなわけで2号に買ってきてもらったサンドイッチでイェーイ!かぼちゃの種パンがうまい!

サンドイッチ

  • サンドイッチ: 2.25ユーロ(315)

卵サンドもビールじゃなくて牛乳と一緒にイェーイ!一気に健康的な生活イェーイ!

サンドイッチ

  • サンドイッチ: 1.4ユーロ(200)、牛乳:0.9ユーロ(130)

ドイツはパンが美味しいのでサンドイッチもうまい!パリパリしていて、ものすごーく噛み応えがあるんです。しかしやっぱり高い。。。こりゃ自分でハムやらチーズ買い込んでサンドイッチ作った方がイェイかな。次は冷蔵庫のある宿を探すぞ~。

スーパーを覗いたところ、ソーセージだけでこの充実っぷり!!

ソーセージ

ドデーン!!ソーセージ祭り!!!

ソーセージ

やっぱりドイツってソーセージすごいのね~。

そしてハンブルク最終日!ようやく風邪も治ってきたので、つい外食イェーイ!!

こちらはハンブルク中央駅にあるファーストフードのお店が集まったところです。

ソーセージ

ファーストフードならレストランよりは安いかな~ってわけでGO

ジュースィなハンバーグがイェイ!

ソーセージ

実はハンブルクはハンバーグの語源となっているんです!「Hamburg 」を英語読みするとハンバーグ!!

そんなハンバーグもイェイけれど、やっぱりここはこんがりソーセージでイェイ!!

ソーセージ

風邪が治った快気祝いにビールもつけちゃえ~!祝い酒じゃ~~!

ソーセージ

  • ソーセージ: 2.6ユーロ(360)、ポテト:2.2ユーロ(310)、ケチャップ:0.3ユーロ(40)
    ビール大: 3.9ユーロ(550)、ビール小:2.7ユーロ(380)

ソーセージがコリコリしていて美味すぃ~!ケチャップが別料金だったのは想定外!2人前で16.8ユーロ(2,350)でした。レストランよりは安いけれどそれでも高いねえ。

そんなわけで、ドイツ一発目の街ってことで、ソーセージとビールで散財したせかイェツアーなのでした。次回はハンブルク拠点でまわった世界遺産についてお届けします!!

下の2つのバナーボタンをクリックすると各ランキングへの投票になります!
少しでも面白いと思っていただけた方、ぜひクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  人気ブログランキングへ

Treffen in Hamburg (ハンブルグでデート♪) [2011-02-10 15:30 by tantan_quelle]

Treffen in Hamburg (ハンブルグでデート♪)

最近出張続きのぺーさん。
先週も金曜日まで出張で、今週も月曜日朝5時出発で南ドイツへ出張。
先週末は出張と出張の合間で、月曜日の出発が早いのでベルリンまで来るのは大変だし、私が最後に彼の所(Lüneburg)へ行ったのは8月なのでたまには私が行くことに。
半年に1回くらい折角の別邸を利用しないとね。
彼の住む街のすぐ近くのハンブルグへならICE(新幹線のような乗り物)で1本で行けるし本数も多いのでハンブルグで待ち合わせすることにした。

お昼の12時にハンブルグ着のICEで向かい、駅で待ち合わせ。
会うと、ぺーさんは開口一番「お腹すいてるよね?ランチのお店は見つけてあるから!」なんて言ってメモを出すのでビックリ。
向かったのは「Curry Queen」というCurry Wurst(ソーセージにカレー風味のソースをかけた物)屋さん。


Curry Wurst
というとテイクアウトのお店が殆どだけれど、ここはちゃんと座って食べるスペースがあり、いろんな雑誌やレストランサイトで好評を得ている有名店らしい。


奥のスペースは13時から団体予約が入っているとの事で、私達はカウンターのような狭い席に座った。
テイクアウトのお店に比べるとお値段も立派!
和牛のソーセージなんていうのもあり(お値段9.90ユーロ!)折角なのでトライしてみることにした。付け合せにワサビ・ポテトサラダもオーダー。


ペーさんはBlutwurst(血ソーセージ)をオーダーした。


私はBlutwurstはあまり好きではないのだけど、ここのは結構美味しく食べられた◎
和牛ももちろん美味しかったけれど、ソーセージにしてしまうとソーセージでしかなく、折角の和牛は同じ焼くならステーキで食べたいね、というのが私達の感想だった。^^;

残念ながら雨が結構降っていて、観光がてらブラブラお散歩という感じではなく、年明けのセールをまだやっているのでは?と期待し、食後はショッピングへ。


Curry Queen
の並びにかわいい雑貨屋さんの様なお店があり、まずはそこへ入ってみると、実はおもちゃ屋さんだった。


な~んだと思ったけれどかわいくて見ているだけでワクワクするような物がいっぱいだった!

街の中心地へ移動しお買い物。
あちこちで「Sale」の文字は見かけたけれど、残念ながら私が欲しい物はことごとくセール対象外。
それでも欲しくて前から探していた物が見つかったので喜んで購入♪

欲しい物が買え、歩き疲れたのでお茶をすることにすると、「お勧めのカフェを聞いてあるから」とまたまたメモが出てきた!
なんなのこの張り切りようは!と思わず笑ってしまった。(笑)
お勧めのカフェはカフェや雑貨屋さん等が並ぶ通りにあり、ゲイの方がいっぱい。
おしゃれなエリアはゲイが集う、というのはどこでも同じなのね!
そしてぺーさんのお友達(ゲイではなく普通の女性)お勧めのカフェはまさにゲイ・パラダイス☆
店員さんは間違いなく全員ゲイだと思われたし、お客さんも大半がゲイ。


それ以外はごく普通のカフェで何故お勧めされたのかは分からないけれど、ケーキは美味しかったし店員さんがみんな愛想が良かったし、店員さんの愛想が良いというのはドイツではポイントが高いので、それがお勧めポイントだったのかも。

お茶休憩の後はスーパーでお買い物してぺーさんちに戻り、夜は豚肉とラムとスパムで火鍋。


ワインは月曜日から出張で行く地方の物らしく、「心の準備を」とかなんとか言って購入していた。
翌週ぺーさんはずっと出張なので買った材料は「食べきらないと」とモリモリ平らげた。
火鍋の後は麺(私達が使うのは大抵緑豆で作った平たい麺)を食べないとぺーさんは締まらないらしく満腹なのにしっかり麺まで食べて終了。

2人でお出掛けは普通だけど、この日はなんだか久々にデートっぽくて面白かった♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

y

欧州の大腸菌は新種の可能性、米国でも感染者

2011.06.03 Fri posted at: 10:00 JST

(CNN) 欧州で発生した大腸菌感染の被害は2日までに欧州10カ国に広がり、死者は少なくとも16人に達した。この菌が新種かもしれないとの見方も浮上している。米疾病対策センター(CDC)は、米国でも3人が感染した疑いがあると明らかにした。

世界保健機関(WHO)によると、ドイツでは31日までに溶血性尿毒症症候群(HUS)による死者が9人、腸管出血性大腸菌(EHEC)による死者が6人に達し、スウェーデンでも1人が死亡した。

欧州全体ではHUSを発症した患者が499人、EHECの感染者は1115人に上っている。世界の過去の感染例と比較すると、1996年に日本で120人がHUSを発症したケースを抜き、過去最悪となった。

感染はドイツとスウェーデンのほか、オーストリア、デンマーク、フランス、オランダ、ノルウェー、スペイン、スイス、英国に広がった。患者は2人を除く全員が、最近ドイツ北部を訪問したか、ドイツ北部から来た相手と接触しているという。

CDCによれば、米国の患者3人も最近ドイツを訪問しており、いずれもHUSを発症して入院中だという。CDCでは同じ菌による感染の可能性が高いと見て、菌のサンプルを取り寄せて確認を急ぐ。

今 回見つかっている大腸菌О104:H4 について、北京ゲノム研究所は新種の強毒性大腸菌だとの見方を示した。一方CDCは、新種ではないが極めてまれな大 腸菌であり、過去に米国での報告例はなかったと指摘。この菌はほかの大腸菌よりもさらに毒性が強い可能性があると見ている。英健康当局によれば、英国でも この菌の感染はこれまではほとんど確認されていなかったという。

WHOは今回の感染拡大に関連した輸出入制限は勧告しない意向だが、ロシアは欧州連合(EU)からの生鮮野菜の輸入を禁止すると2日に発表した。

EUの執行機関である欧州委員会の報道官はこの対応について「不適切」だとの見方を示し、ロシアと連携して解決策を探ると表明した。

米国に欧州流行の大腸菌か ドイツから帰国の3人

 【ワシントン共同】米CNNによると、米疾病対策センター(CDC)の当局者は2日、最近ドイツから米国に帰国した3人が、欧州で感染が広がっている腸管出血性大腸菌「O104」に感染した可能性があることを明らかにした。

3人は溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症して入院。CDCが検体を調べて病原体を特定する予定だという。

人から人へのO104感染が起きることはまれなため、CDCは米国内で大きな被害が起きる可能性は小さいとみている。

O104は、2日時点でドイツを中心に死者18人、感染患者1500人以上が出るなど欧州で広がっている。

2011/06/03 10:56   【共同通信】

ヨーロッパ各地で18人の死者が出ている「O(オー)104」、菌が新種の可能性も

ヨーロッパ各地で18人の死者が出ている「O(オー)104」、菌が新種の可能性も

ドイツを中心にヨーロッパ各地で18人の死者が出ている腸管出血性大腸菌「O(オー)104」について、WHO(世界保健機関)は、この菌がこれまでにない新種の可能性があるとの見方を示した。
WHO当局者は2日、この菌が「特異」で新種の可能性があるとしたうえで、「大腸菌の分子、遺伝子構造を調べることが重要」と指摘し、菌の疫学調査を継続する方針を示した。
菌のDNA解析を行った専門家は、「感染性も毒性も強い」と指摘していて、世界的に最大規模の感染となるおそれが出ている。
これまでに、ドイツを中心に死者は18人にのぼり、感染者はイギリス、フランスなど、少なくとも10カ国に拡大し、2,000人以上が感染しているとみられている。
感染源は依然、特定できていない状況で、WHOでは、食材の中心の温度が70度に達するまで調理することや、手洗いなどの衛生処置を呼びかけている。

(06/03 10:24)

欧州のO-104はまれな型~WHO

< 2011年6月3日 10:43 >

ヨーロッパで感染が拡大している腸管出血性大腸菌「O-104」について、WHO(=世界保健機関)は2日、これまでに感染が拡大した例がない、まれな型であるという分析結果を発表した。

WHOは2日、今回のO-104について、「過去に人への感染例はあるものの、大量感染が確認されたことはない、まれな型である」という分析結果を発表し た。感染源については特定に至っておらず、トイレに行った後や食事の前に手をよく洗うなどの衛生的な予防が重要だとしている。

AP通信によると、ドイツを中心に少なくとも1600人の感染が確認され、これまでに18人が死亡している。

欧州の大腸菌O104は「特異」=死者18人、新種の可能性も−WHO

 【ジュネーブ時事】ドイツを中心に欧州各地で18人の死者が出ている腸管出血性大腸菌O(オー)104の感染に関し、世界保健機関(WHO)は2日、見つかった菌が「特異」であるとし、これまでにない新種の可能性があるとの見方を示した。
WHOは「大腸菌の分子・遺伝子構造を調べることが重要」と指摘。各地で見つかった菌がドイツのものと同一かどうかを特定するため、菌の疫学検査を継続するとしている。現時点で感染源は特定できていないという。(2011/06/03-09:49)

O104感染、欧州で拡大

原因特定難航、野菜に風評被害も

画像の拡大

【ベルリン=三好範英】ドイツで発生した腸管出血性大腸菌O104の感染が近隣諸国にも拡大し、5月31日現在で死者は16人となった。

感染源として疑われたスペイン産の大量の野菜が、各地の市場から締め出される深刻な風評被害も起きている。

O104に感染し溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症して死亡した人はドイツで15人、スウェーデンで1人。感染者は1500人以上で、重症者は300人を超えた。特にハンブルクやシュレスウィヒ・ホルシュタイン州などドイツ北部で患者が多い。

またスウェーデンやデンマーク、オランダ、フランスなどでも感染が広がる。欧州連合(EU)によると、これらの国の患者は旅行などで最近、ドイツに滞在していた。専門家は「感染は今後も拡大する」と述べ、警戒を呼び掛けている。

こうした中、感染源の特定は混迷を極めている。ハンブルク市の保健当局は26日、市場に入荷したスペイン産キュウリから「病原菌が検出された」と発表した。

ドイツ紙によると、発表後、チェコやオーストリアではスペイン産キュウリを市場から撤去する動きが広がった。ロシアはドイツとスペインからの野菜輸入を禁止した。

しかし31日になり保健当局は「キュウリの菌は患者から検出した菌と一致しない。感染源は特定されていない」と発表を撤回した。

これに対し「国産野菜は安全」と主張してきたスペインは強く反発。同国の農業相は31日、「スペインが感染源でないことは明らか。ドイツの危機対応には失望した」と批判した。

今回の事態でスペインの農家が受けた経済損失は1週間で2億ユーロ(約234億円)にのぼるという。スペイン政府はEUに対し、自国をはじめ被害を受けた欧州全体の農家への補償を要求している。

O104 食物を通して感染する有害な大腸菌。強い毒素を出し、激しい腹痛や下痢、血便などの症状が表れる。子どもや高齢者が感染すると、重症化し腎臓の機能低下などが起こる。

(2011年6月2日 読売新聞)

[医療解説] 食中毒対策… 下痢 ・ 吐き気 早急に受診

 焼き肉チェーン店で生肉による集団食中毒が発生し、食の安全に対する関心が高まっているが、高温多湿の夏場には細菌が繁殖し、食中毒が発生しやすくなる。食中毒発生の仕組みと、身を守るための対策をまとめた。(野村昌玄)

画像の拡大

食中毒は、細菌やウイルスをはじめ、フグや毒キノコといった自然毒などが原因となるが、細菌による食中毒患者は夏本番から残暑が続く7~9月の3 か月間で年間総数の半数を超える。国立感染症研究所(東京)細菌第一部長の大西真さんは、「食中毒を起こす細菌の多くは、人間の体温に近い温度が増殖しや すい環境となるため、夏場は特に注意が必要」と指摘する。

食中毒の原因となる細菌は、食べ物の中で菌が増えて毒素を放出する「毒素型」 と食品に潜む菌がおなかの中で増殖して、細胞を傷つけたり、毒素を出 したりする「感染型」に分類される。これらの細菌は主に家畜の腸管内に生息しており、食肉処理や調理の過程で肉の表面などに細菌が付着することが多い。

食中毒は、〈1〉細菌が潜む食品を食べて、大腸や小腸のなかで細菌が増殖〈2〉細菌が腸内の細胞に侵入したり、毒素を作り出したりすることで細胞を傷つける〈3〉腹痛や嘔吐、下痢、血便などを発症――などの流れをたどる。

O111、O157など腸管出血性大腸菌は、抵抗力の弱い子供や高齢者は重症化しやすく、血管内に入った毒素が、血液と共に腎臓や脳に運ばれ、腎不全などを引き起こす溶血性尿毒症症候群(HUS)や、脳症を発症させる危険性もあり、死亡例もある。

大阪大名誉教授の本田武司さん(細菌学)は「現時点で食中毒に対する有効な治療薬はない」と話す。第一の理由は、表面積が広い腸管内壁にある多数 のヒダに入り込んだ細菌を死滅させるのが難しいこと。もう一つは、研究が続いているものの、細菌が作る毒を無毒化する薬剤がまだ開発されていないことだ。

このため、食中毒の治療は、原因菌や症状に応じて細菌の増殖を抑える抗生物質の投与や、下痢などによる脱水症状を防ぐ水分補給など、対症療法を中心とせざるを得ない。

ただし、もし下痢や吐き気など食中毒が疑わしい症状に襲われたら、できるだけ早く医療機関を受診するのが望ましいという。治療が早ければ、免疫の力も合わせて細菌の増殖をある程度抑え、深刻な症状に陥るのを防ぐ可能性が高まるからだ。

口に入る段階で、食中毒を発症させる菌の数は、サルモネラ菌は100万個、ウエルシュ菌は1億~10億個とされるが、胃酸に強い腸管出血性大腸菌はわずか100個と少ない。このため、本田さんは「身を守るには結局、細菌の感染予防が重要で、最も有効だ」と強調する。

予防には、野菜などはしっかり洗い、菌を付着させない。菌の増殖を抑えられる10度以下で保管し、調理時には75度以上で数分間加熱して菌を死滅させる。

腸管出血性大腸菌による焼き肉チェーン店での集団食中毒事件では、国の衛生基準を満たさない生の食肉の流通が問題となった。大西さんは「牛や鶏肉を生で食べることは食中毒の危険性を高める」と注意を呼びかけている。

(2011年6月2日 読売新聞)

ロシア、EU産の生鮮野菜輸入を禁止 大腸菌汚染で

2011.06.02 Thu posted at: 18:13 JST

(CNN) ロシアの連邦衛生・消費者保護当局は2日、欧州連合(EU)加盟国が生産する生鮮野菜の輸入を禁止すると発表した。国営メディアが報じた。

ドイツやスウェーデンなど欧州の一部で被害が広がっている大腸菌感染を受けた措置。輸入禁止命令を受け、ロシア国内のスーパーマーケットや食料品店はEU諸国から輸入された野菜を店内から排除することを指示された。

腸での出血などを招く大腸菌感染では、ドイツでこれまで15人、スウェーデンで1人の死亡が報じられている。CNNでは、スウェーデンでの女性1人を含む少なくとも12人の犠牲者を確認している。感染者は1000人以上となっている。

ロシアは3日前、ドイツとスペインからのトマト、キュウリとサラダ用野菜の輸入禁止策を打ち出している。ロシアは生鮮野菜の大部分を中国とトルコから輸入している。

EU 当局によると、大腸菌の詳しい感染源はまだ特定されていない。ただ、スペインで有機栽培されたキュウリで菌が検出され、このキュウリがドイツで市場向けに 包装などされ、ドイツの他、オーストリア、チェコ、デンマーク、ハンガリー、ルクセンブルクやスペインらの諸国に出荷されたとの情報もある。スペインは、 同国が大腸菌の感染源だとする見方を一貫して否定している。

週234億円の損失 震える欧州「O104」風評被害も猛威

2011.6.2 10:00 (1/2ページ)
スペイン南部のアルガロボで、風評被害で廃棄されたキュウリを食べるヤギ=5月31日(ロイター)クリックして拡大するスペイン南部のアルガロボで、風評被害で廃棄されたキュウリを食べるヤギ=5月31日(ロイター)

  焼き肉チェーン「焼肉酒(ざか)家(や)えびす」での集団食中毒事件で4人の命を奪った 「腸管出血性大腸菌」による被害がドイツなど欧州諸国で広がり、5月31日までに死者は計16人に達した。当初感染源とされ輸入停止が相次いでいるスペイ ン産のキュウリがこの日、「シロ」と分かり、感染拡大に加え風評被害も欧州全体を揺るがす問題に発展している。(SANKEI EXPRESS

ドイツで最初に感染が見つかったのは5月中旬。検出されたのは腸管出血性大腸菌O(オー)104で、えびすの事件の原因となったO111と同様、ベロ毒素を出し、重症化すると溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症する。

これまでにドイツで15人、スウェーデンで1人の死亡が確認された。英国、オランダ、デンマークなどでも感染者が確認されているが、大半はドイツへの旅行から帰国した人だ。

下痢などの症状を訴えた人は欧州全体で約1200人に上り、ドイツのイルゼ・アイグナー消費者保護相は「欧州規模の危機」と懸念を表明。欧州疾病予防管理センター(ストックホルム)は「世界的にも最大規模の感染」との見解を表明した。

週234億円の損失

感染源は生野菜とみられ、ドイツ保健当局はキュウリやトマトなどを生で食べないよう自国民に勧告している。

風評被害が広がっているが、日本の原発事故による風評被害と違って、発端はドイツ保健当局による「スペイン産のキュウリが感染源とみられる」という“公式見解”だった。

 スペインのメディアによると、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、ベルギー、ルクセンブルク、チェコ、ロシアがスペイン産キュウリなどの輸入を禁止した。

国境を越えて被害を受けたスペインのロサ・アギラール農村相は「ドイツは証拠もないままスペインが感染源だと特定した。農業の状況は極めて深刻だ」と反発。損失は1週間で2億ユーロ(約234億円)と推計していた。

スペインは「シロ」

と ころがドイツ保健当局は5月31日になって、スペイン産キュウリ4検体を検査したところ、2つの検体から腸管出血性大腸菌が検出されたがO104ではな かったと発表。感染源ではないと修正した。当局はデンマークとオランダから輸入されたキュウリも感染源の可能性があるとみているが、特定には至っていな い。

怒りが収まらないのはスペインだ。フランス通信(AFP)によると、スペインのアルフレド・ルバルカバ副首相は1日、ラジオ局のインタビューに対し、ドイツ保健当局に損害賠償を求めて提訴する可能性に言及した。

ルバルカバ副首相は「スペインにそのバクテリアはない。真実が分かった以上、われわれにできることは賠償を求めることしかない」と述べた。

O104:欧米で大腸菌拡大 16人死亡、ドイツから10カ国に

  【ブリュッセル斎藤義彦、ベルリン篠田航一】ドイツを発生源に先月から、腸管出血性大腸菌O104の感染が欧州9カ国と米国に広がり、1日までに 16人が死亡、1500人以上が感染した。400人は重症という。ドイツは当初、スペイン産キュウリが原因と発表したが、誤りとわかり、野菜の輸入拒否な ど風評被害にあったスペインが抗議した。発生源が不明なことで不安が広がり、野菜の流通が一部で止まるなど欧州全体で混乱が広がっている。

欧 州連合によると、欧州でO104が発症したのはドイツのほかオーストリア、デンマーク、オランダ、フランス、スペイン、スウェーデン、スイス、 イギリス。死者の大半はドイツ国内だが、5月31日にはスウェーデンでも1人が死亡した。8割が大人で、子供が少ないのが特徴だ。

ドイツの ハンブルクなど北部地域が発生源とみられ、感染者の多くはドイツに滞在経験があるか、最近旅行している。ドイツは当初、生で食べたトマ ト、キュウリ、レタスが原因とみて「スペイン産キュウリ」を一因にあげた。しかし、キュウリに大腸菌はあったが、今回の感染とは別タイプで、31日になっ て訂正した。

この影響で、スペインの野菜全体の輸出が鈍り、この1週間で2億ユーロ(約234億円)の損失が出たという。ロシアはドイツ、スペインからの野菜輸入を停止、オランダからドイツへのキュウリ輸出も止まっている。

毎日新聞 2011年6月2日 東京朝刊

スペイン産キュウリの嫌疑晴れる 欧州の大腸菌感染

2011.06.02 Thu posted at: 10:55 JST

マドリード(CNN) ドイツやスウェーデンで大腸菌の感染被害が広がっている問題で、スペイン保健省は、1日に欧州委員会がスペイン産のキュウリに対する健康被害警告を撤回したと発表した。

スペインはこれまで、同国が大腸菌の感染源だとする見方を一貫して否定していた。発表によると、問題とされた農産品から大腸菌は検出されなかったとする検査結果を同国が提出したことを受け、欧州委員会が警告を撤回したという。

スイスのキュウリが感染源との見方は先週、ドイツの当局者の発言で浮上した。報道によると、ドイツでは1000人以上の患者が発生して15人が死亡、スウェーデンでも1人が死亡している。CNNの取材では、少なくとも12人の死亡が確認された。

ドイツの疾病対策機関ロベルト・コッホ研究所によれば、これまでに1064人が大腸菌に感染し、470人が溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症している。

ス ペインのルバルカバ副首相は1日、南部のアルメリアで政府当局者や農産品輸出業者の会合を開き、その後の記者会見で「わが国の農産品、今回のケースではわ が国のキュウリは一切汚染されていない」と強調。さらに、「最も真実を知りたいと思っている国はスペインだ」としたうえで、患者がドイツのハンブルクに集 中していることに触れ、「真相をつきとめていただきたい」とドイツを批判した。

スペインの当局者や輸出業者からは、ドイツや欧州連合(EU)に対して補償を求める声が上がっている。輸出事業者や当局者は、風評被害が欧州各国に広がってスペインからのトマトやレタスなどが輸出できなくなり、1週間で2億9000万ドルの損失が出たとしている。

応酬で大腸菌の感染被害が広がっている問題で、スペイン保健省は、欧州委員会が1日にスペイン産のキュウリに対する健康被害警告を撤回したと発表した

ドイツを中心に欧州で腸管出血性大腸菌「0-104」の感染被害が拡大している。5月31日には新たに2人の死亡例が確認され、うち1人は初のドイツ以外での死者となった。31日までに報告された死者数は計16人、重篤患者は約400人に上る。

ベルリン・クロイツベルク区の市場で撮影されたキュウリ(5月27日)。感染はドイツ北部を中心に拡大しており、感染源がいまだ特定できないなか生野菜が売れずにあちこちで山積みとなっており、農家や小売店の被害総額は数百万ユーロにも達している
2/8
キュ ウリを処分するために収穫するスペイン・エルエヒードの農民(31日)。ドイツ・ハンブルク市衛生当局は先週、スペイン産キュウリで微量の菌の痕跡が 検出されたとしていたが、31日に検出された菌が今回感染を引き起こした腸管出血性大腸菌「O-104」とは一致しなかったことを明らかにした
3/8
キュウリの処分作業をするスペイン・エルエヒードの農民(31日)。31日に死亡が確認されたスウェーデン人女性を含め、現在までのところすべての感染例がドイツ北部と関連がある

4/8
畑の野菜を処分するドイツ中部ロンネブルクの農家(27日)。スウェーデンの首都ストックホルムに本部を置く欧州疾病対策センター(ECDC)によると、0-104は通常、食品を媒介として感染するが、人から人への感染もあり得るという
O-104の培養基と菌株の入ったシャーレを持つハンブルク・エッペンドルフの病院の医療技術スタッフ(24日)。O-104は治療抵抗性が非常に高いことが判明している
7/8
刈られて表面が干からびたドイツ・ニュルンベルクの畑のレタス(30日)。ドイツで大腸菌感染拡大が最初に報告されたのは5月22日。同様の感染例はスウェーデン、英国、デンマーク、フランス、スイス、オランダでも報告されている
8/8
ビニールハウスの外に山積みにされたキュウリを見つめるスペイン南部アルガロボの農民(31日)。伝染病研究で知られるドイツ国立ロベルト・コッホ研究所によると、感染者は全員ドイツ北部を訪れている
Sergio Torres/Associated Press

欧州の大腸菌被害、死者16人に スペイン原因説は否定

2011年6月1日 11時30分

 スペイン南部マラガ近郊の農場で、餌にされたキュウリを食べるヤギ=5月31日(ロイター=共同)

写真

 【ベルリン共同】ドイツを中心に欧州で腸管出血性大腸菌「O104」の感染が拡大している問題で、新たにドイツやスウェーデンで感染によるとみられる死亡例が確認され、5月31日までに死者は計16人に達した。欧州メディアが報じた。ドイツ以外での死者は初めて。

ドイツ当局によると、これまで感染源と報じられていたスペイン産キュウリは検査の結果、感染源でないことが判明。欧州連合(EU)は世界的にも最大規模の感染となる恐れがあると警戒しており、スペインのほか、ドイツ、オランダなど各地で調査を進めている。

スペイン政府は31日、「わが国の農産品は安全だ」とスペイン原因説をあらためて否定。一方、被害が突出しているドイツ当局は、キュウリやトマトなどを生で食べないように自国民に勧告している。

ドイツやスウェーデンなどのスーパーでは、スペイン産キュウリなどが姿を消しており、スペインの農業団体は「巨額の被害が出ている」と各国の対応を批判している。

ドイツが「スペイン感染源」を否定、大腸菌感染の死者は16人に

2011年 06月 1日 12:31 JST

[ブ リュッセル/ベルリン 31日 ロイター] ドイツ北部を中心に病原性大腸菌の感染が拡大する中、同国の農業当局は31日、スペインから輸入 したキュウリは感染源ではないことが最新の検査で明らかになったと発表した。感染源をめぐっては、当初はスペイン産キュウリに大腸菌が付着していたとされ ていた。

ハンガリーで開催された欧州連合(EU)農業相会議で、ドイツ食料・農業・消費者保護省のロバート・クルース氏は、「ドイツは、 スペイン 産キュウリが感染源でないことを認める」と発表。スペインから輸入したキュウリには、感染と関係があるバクテリアは付着していなかったとした。

一 方、スペインのアギラール環境・農村・海洋相は、「ドイツは証拠もないままスペインが感染源だと特定し、スペインの一次産業に回復不能 な損失をもたらした」と強く非難。スペインの農家は、同国産キュウリが感染源との当初の情報を受け、1週間当たりの売り上げが2億ユーロ(約234億 5000万円)減少したとしている。

スペインの国内メディアによると、ドイツ、デンマーク、チェコ、ルクセンブルク、ハンガリー、スウェー デン、ベルギー、ロシアがスペイン 産キュウリの輸入を停止。米食品医薬品局(FDA)は、スペインから輸入されるキュウリやトマト、レタスについて検査を行っていることを発表している。

一 方、今回の大腸菌感染による死者は31日までに16人に増加。このうち1人はスウェーデンで確認され、ドイツ国外で初めて死者が出たこ とになった。健康被害を訴えた患者は、ドイツ、スペイン、スウェーデン、英国、フランスなどで5月中旬から計1000人以上に上っている。

ヨーロッパ「O104」問題 感染源と疑われたスペイン産のキュウリからは検出されず

ドイツ保健当局は5月31日、腸管出血性大腸菌「O(オー)104」の感染源について、疑われていたスペイン産のキュウリからは、O104は検出されなかったことを明らかにした。
ドイツを中心にヨーロッパに広がったO104への感染で、5月31日までにドイツで15人、スウェーデンで1人のあわせて16人が死亡し、感染者は8カ国で1,150人以上にのぼっている。
感染源であると疑われていたスペイン産のキュウリについて、ドイツ・ハンブルク州の保健相は、調査の結果、「キュウリから検出された大腸菌は、O104とは違うタイプのものだった」ことを明らかにした。
スペイン産のキュウリは、ヨーロッパ各地で廃棄の動きが広がり、スペイン政府は「風評被害」だと抗議していた。

(06/01 12:49)

ドイツ食中毒、スペイン産キュウリは「シロ」だった—衛生当局

ヨーロッパで広がっている病原性大腸菌O−104による食中毒の感染源についてドイツ衛生当局は31日、スペイン産キュウリが主な感染源である可能性を否定する見解を発表した。新民網が伝えた。

ド イツ・ハンブルグ市の衛生当局は現地時間31日、大腸菌が検出されたスペイン産キュウリについて更なる検査を行なった結果、患者の便から検出 された菌とタイプが異なることが明らかになったと発表。キュウリに大腸菌が付着していたことは認めたものの、ドイツ国内で発生している食中毒の感染源では ないとした。今のところ「真犯人」は特定できておらず、同市では引き続き野菜の生食を控えるよう求めた。

「濡れ衣」を着せられた形となったスペイン産キュウリについて、スペイン政府は先日、明確な特定データがないまま発表したドイツの対応を「軽率な行為」と批判していた。(編集担当:柳川俊之)

ドイツの大腸菌感染で14人死亡、スペイン産キュウリから検出

2011年 05月 31日 11:03 JST

 [ベルリン 30日 ロイター] ドイツで北部を中心に病原性大腸菌の感染が拡大し、30日までに14人が死亡、少なくとも329人が重症となっていることが、同国政府の発表で分かった。今後数週間にわたり被害がさらに拡大することが懸念されている。

 ドイツ北部にあるシュレスウィヒ・ホルシュタイン大学医療センターの広報担当者は、同センターでは115人の大腸菌感染者を確認したとし、感染者数は過去数日間で倍増したと述べた。また北部ハンブルクでも、5月中旬から488人の感染が確認されている。

 スウェーデンでも36人に感染の疑いが見つかり、全員がドイツ北部に旅行していたとみられる。英国、デンマーク、フランス、オランダでも、ドイツへの旅行者の中から少数の感染者が見つかったという報告がある。

 この大腸菌は、スペインから輸入されたキュウリから検出されているが、スペイン国内で汚染していたか、ドイツへの輸入過程もしくはドイツ国内で菌が付着したのかは明らかになっていない。

ドイツで腸管出血性大腸菌「O(オー)104」感染相次ぐ 死者はこれまでに14人に

ドイツで腸管出血性大腸菌「O(オー)104」感染が相次ぎ、死者はこれまでに14人に達した。
ドイツ保健当局は30日、O104による死者が14人に達したことを明らかにするとともに、「感染はさらに拡大するとみられる」と、国民に警戒を呼びかけた。
感染源は、スペインから輸入されたキュウリとの見方が広がり、オーストリアやチェコでは、スペイン産のキュウリが撤去された。
しかしスペイン政府は、「感染源である証拠はない」と反発している。
ドイツでは5月に入り、O104の感染が急拡大し、感染者はスウェーデンやデンマーク、イギリスなどヨーロッパ各地に広がっている。
このためEU(欧州連合)などでは、「ヨーロッパ規模の危機」と、被害拡大に警戒を強めている。
ドイツでも、すでに300人以上が発症していて、予断を許さない状態だという。

(05/31 10:15)

O104の死者14人に=感染拡大の恐れ−ドイツ

  【ベルリン時事】ドイツで腸管出血性大腸菌O(オー)104の感染者が相次いでいる問題で、同 国保健当局は30日、死者が14人に達したことを明らかにした。ドイツ政府は関係閣僚と各州当局者による緊急会議を招集。バール保健相は「感染はさらに拡 大するとみられる」と警告した。
ロベルト・コッホ研究所によると、大腸菌が引き起こす溶血性尿毒症症候群の発症者は329人に増えた。感染者は 英国や北欧など欧州各地に広がっており、アイグナー消費者保護相は「欧州規模の危機」と懸念を表明。欧州疾病予防管理センター(本部ストックホルム)は 「ドイツで報告された感染としては過去最大で、世界的にも最大規模の一つ」との分析結果を公表した。
スペイン産のキュウリが原因との見方が広がっているが、コッホ研究所はトマトやレタスも生で食べないよう呼び掛けている。(2011/05/31-08:31)

独とスペインの野菜禁輸 ロシア、大腸菌感染受け

2011.5.31 00:47

ロシア消費者権利保護・福祉監督庁のオニシェンコ長官は30日、ドイツでスペイン産野菜が感染源とみられる腸管出血性大腸菌「O104」の感染が拡大していることを受け、両国からの野菜の輸入を同日禁止したことを明らかにした。インタファクス通信が伝えた。

長官は、両国から輸入された野菜は既に流通経路から排除されたと説明。状況が改善されなければ、野菜の禁輸対象を欧州全体に拡大する可能性があると述べた。

ロシアではモスクワなど大都市のスーパーマーケットで、欧州産の野菜や果物が大量に販売されている。(共同)

スペイン農村相、感染源との見方に反論 出血性大腸菌で死者14人に

2011.5.31 10:30

農村のビニールハウスでキュウリを食べてみせるアギラール農村相=30日、南スペイン(ロイター)

クリックして拡大する

農村のビニールハウスでキュウリを食べてみせるアギラール農村相=30日、南スペイン(ロイター)

スペインからの報道によると、同国のアギラール農村相は30日、ドイツで腸管出血性大腸菌「O104」による感染者が相次ぎ、スペインから輸入されたキュウリなどが感染源との見方が広まっていることについて「(スペイン原因説は)事実ではない」と否定した。

一方、ロイター通信によると、感染による死者は14人に達し、重症者も300人以上に。専門家はさらに死傷者が増える可能性を指摘した。

同相は、根拠のはっきりしない風説の流布により、スペイン農家が「取り返しのつかない損失を被っている」と主張。欧州連合(EU)欧州委員会に事実関係の究明を要請したという。

さらに「欧州委も、どこが発生源か確認できないとしている」と指摘。「(風評は)スペインのイメージを損ない、スペイン農業に打撃を与えている。政府はこの状況を受け入れることはできない」と述べた。(共同)

このニュースの写真

農村のビニールハウスでキュウリを食べてみせるアギラール農村相=30日、南スペイン(ロイター)

農村のビニールハウスでキュウリを食べてみせるアギラール農村相=30日、南スペイン(ロイター)

農村のビニールハウスで、笑顔でキュウリを食べてみせるアギラール農村相=30日、南スペイン(ロイター)

農村のビニールハウスでキュウリを食べてみせるアギラール農村相=30日、南スペイン(ロイター)

デンマーク、EHEC腸管出血性大腸菌に感染11人

2011-05-30 11:27:48     cri     [A  A  A]

 関係筋によりますと、5月29日まで、デンマークで「EHEC・腸管出血性大腸菌感染症」の確認例がすでに11件となり、そのうち、重症化した患者は5人、感染した可能のある人は8人だということです。

デンマーク医療機構は、近いうちにさらに感染する人が増える可能性はなお排除できないとしています。デンマーク食品管理局は住民がドイツから輸入したトマト、きゅうり、レタスを生で食べないよう呼びかけています。

ド イツは26日、調査の結果を踏まえ、このほど、ドイツで流行している「腸管出血性大腸菌(EHEC)感染症」の疫病発生は多くの抗生物 質に対して薬剤耐性をもったウイルスの変種が引き起こしたものだとの考えを示しました。そして、このウイルスの源の一つはスペイン産のきゅうりから出てい るとのことです。26日現在まで、ドイツにより報告された感染例は200余りになり、そのうち、死亡した人は5人だということです。(翻訳:HJ)

食中毒相次ぐドイツで新たに4人死亡、キュウリの病原性大腸菌汚染が原因か

* 2011年05月29日 19:06 発信地:ベルリン/ドイツ

食中毒相次ぐドイツで新たに4人死亡、キュウリの病原性大腸菌汚染が原因か
野菜が病原性大腸菌に汚染されているとの疑いを受け、野菜を廃棄するドイツ・ハノーバー(Hanover)近郊の農業生産者(2011年5月27日撮影)。(c)AFP/JULIAN STRATENSCHULTE

【5月29日 AFP】食中毒が相次いでいるドイツで28日、新たに80代の女性3人と、30代の女性1人の4人が死亡した。シュレスウィヒ・ホルシュタイン(Schleswig-Holstein)州保健省とハンブルク(Hamburg)の医療機関がそれぞれ発表した。

一 連の食中毒によるとみられるドイツ国内の死者は10人となった。うち2人は病原性大腸菌が原因だったと公式に発表されている。ドイツでは今月に入り 276人が、病原性大腸菌が引き起こす溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症した。欧州の他の国でも病原性大腸菌の感染やHUSの発症は確認されているが、 ドイツが群を抜いて多い。

スペイン南部アンダルシア(Andalusia)州当局者は28日、溶血性尿毒症症候群の原因となる大腸菌に汚染されたキュウリを輸出した疑いがある業者2社を営業停止処分にしたと発表した。感染した疑いのあるキュウリは回収し、30日に検査結果が出る予定だという。

一 方、スペイン紙エル・パイス(El Pais)は、問題のキュウリを輸出した業者のうち1社が、発送した4日後に、ハンブルクの市場でキュウリを地面に落としたとの連絡をドイツから書面で受 けたと報じた。この業者は同紙に対し、「そのようなことが起きたなら、こちらとしては商品に責任を持てない」と話している。(c)AFP
大腸菌被害で計10人死亡 独、EUは拡大を警戒

【ベルリン共同】ドイツ保健当局は29日までに、同国で腸管出血性大腸菌「O104」による感染者が相次ぎ、これまで計10人が死亡したことを明らかにした。スペインから輸入されたキュウリなどが感染源との見方を強め、両国が調査を進めている。

今月に入りドイツで、腸管出血性大腸菌の感染が急拡大。欧州メディアによると、スウェーデンやデンマーク、英国、フランス、オーストリアでも感染の報告があり、欧州連合(EU)は、被害拡大を警戒している。

ドイツでは、死亡者のうち2人が、出血性の下痢などを引き起こす溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症していた。
2011/05/29 22:40 【共同通信】

スペイン野菜を店から撤去 チェコなど感染被害で

2011/5/30 11:11

【ウィーン=共同】ドイツで腸管出血性大腸菌「O104」の感染が拡大し計10人が死亡した問題で、隣国のオーストリアとチェコの食品衛生当局者は29日、自国の一部小売店でキュウリなど感染源とみられるスペイン産野菜の撤去作業が始まったと述べた。AP通信が伝えた。

オーストリアではキュウリのほか、スペイン産のトマトとナスも撤去された。オーストリアでは、同国を訪れたドイツ人旅行者が感染していたことが既に確認されている。チェコ国内での感染例の有無は不明。

腸管出血性大腸菌の感染は今月、ドイツで急拡大。欧州メディアなどによると、スウェーデンやデンマーク、英国、フランスでも感染の報告があり、欧州連合(EU)は被害拡大を警戒している。

日本の焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件でも、腸管出血性大腸菌が原因となっている。

2011年05月26日更新 ドイツで病原性大腸菌による溶血性尿毒症症候群(HUS)が流行しています。

病原性大腸菌による食 中毒は主に、汚染された食物を食べることによって感染する病気です。いまドイツで流行しているものは、志賀毒素という強力な毒素 を産生する危険な大腸菌で、血便を伴う下痢を起こします。重症になると腎不全、貧血、痙攣や意識障害が起こり、さらに死亡する可能性があります(溶血性尿 毒症症候群(HUS)と呼ばれます)。

フランス公衆衛生院等からの情報によるとドイツで血便を伴う下痢症やHUSの患者が増加しています。5月の第2週以降140人がHUSを発症し、3人が死亡しました。発症が多いのはドイツ北部ですが、南部や東部などでも患者が出ています。

本年5月に北ドイツに旅行した旅行者17人がこの病原性大腸菌が原因とみられる食中毒にかかり、そのうち9人がHUSを発症しました。ドイツ国内の患者の多くが成人女性であることがわかっていますが、男性や小児も発症することがあります。

原因は汚染された食品であると推定されていますが、どの食品が汚染されているのかはまだわかっていません。ドイツで滞在している方またはドイツから帰国された方で下痢(特に血便を伴う下痢)を起こした方は、ただちに医療機関にかかってください。

ドイツ北部でも腸管出血性大腸菌が原因の食中毒が発生している

腸 管出血性大腸菌(EHEC)のO111による食中毒が、ある外食チェーン店で頻発して、連日報道されている。今回のユッケ食中毒事件では死者が出たためな のか、そのチェーン店運営会社や取引先の食肉加工会社は、メディアスクラムだけでなく、ネット上でも袋だたきに遭っている。大事件に発展したユッケ食中毒 事件だが、その後も各地でEHECのO111やO157を原因菌とする食中毒事故は続いている。生肉使用の基準に満たない飲食店が次々と見つかり、食肉を 取扱う臨時講習会が開催されている。そういつた衛生対策の再確認も行われているが、食肉とは無関係の団子でO157に感染した食中毒事例も報告されてい る。食品を取り扱うならば、食肉に限らず、消毒と手洗いの励行は最低条件であろう。それでヨーロッパではどうかと言うと、食肉だけではなく、牛乳やチーズ といった乳製品での食中毒事故も発生している。

そして現在、ハンブルクなどドイツ北部地域では、EHECが原因の食中毒事故が発生し、患者数は増加を続けている。

SPIEGEL Online と Hamburger Morgenpost、そして S?ddeutsche Zeitung の記事は以下の通り。

www.spiegel.de/wissenschaft/medizin/0,1518,764099,00.html

www.mopo.de/hamburg/panorama/experten-zu-krisengipfel–in-hamburg-eingetroffen/-/5067140/8475036/-/index.html

www.sueddeutsche.de/panorama/infektionen-im-norden-dutzende-leiden-an-schwerer-durchfallerkrankung-1.1100112

在ハンブルク日本総領事館では、土日は休みのためか、HPを見ても安全情報が出ていない。

これからドイツ北部へ旅行や出張する予定の人は、テロだけでなく、食事にも気をつけてほしい。

www.hamburg.emb-japan.go.jp/jp/index.html

21日土曜日の夜までに、ハンブルクだけで患者数は13名に増加している。

シュレースヴィッヒ・ホルシュタイン州では約20名の感染者が報告され、ニーダーザクセン州では12名の患者のうち5名が集中治療室に入ったという。

ブレーメンでも土曜日夜に、感染の疑いのある患者2名が報告されている。

ハンブルクでは今週初めに EHEC 感染者が見つかったため、ハンブルク保健局は Robert-Koch 研究所に報告し、協力して対応している。

現時点で発生源は不明のようで、州政府や研究所のHPでも発表されていない。

患者は、EHEC を持つ家畜に直接触れたのかもしれないし、汚染された生牛肉や、煮沸消毒する前の生牛乳を摂取したのかもしれない。

または、既に感染していた人から、接触感染したのかもしれない。

スーパーマーケットなどで市販されている牛乳は、加熱殺菌(パスツール殺菌)済みなので、EHEC 混入を心配しなくてもよい。

ただ、生牛乳を農家から直接購入する人もいるし、加熱によって重要な栄養素が損なわれると考える人もいるので、汚染された生牛乳をそのまま飲んだ人もいるかもしれない。

ドイツでの EHEC 感染例は毎年、800件から1200件も報告されている。

ドイツ人にも生牛肉を食べる人がいるし、乳製品も多く摂取するので、感染のリスクは常にあるということだ。

皮肉なことに、EHEC 食中毒事件が報道される直前の19日、ブレーメンでアイクナー農業・消費者保護大臣が、レストランの衛生状態について、透明性のある情報提供をすることを発表した。

2012年から導入する 「Hygiene-Kennzeichnung (衛生ラベル)」 では、苦情や減点項目の合計数から、色で安全度を区別する予定だ。

www.bmelv.de/SharedDocs/Standardartikel/Ernaehrung/SichereLebensmittel/Hygiene/Konrollbarometer.html

もっとわかりやすい表示方法として、信号機のランプのようなラベルにすることも提案されている。

ミシュランガイドなど私には無縁なので、日本でも同様のレストラン衛生ラベル表示を導入してほしいものだ。

しかし、業界団体が国会議員などを使って圧力をかけて、制度化を阻止するかもしれないが。

追記(5月23日):23日までのEHEC感染者は100名を超えており、さらに増え続けているという。ドイツ連邦農業・消費者保護省は23日に、EHEC食中毒事故を防ぐための助言について発表した。www.bmelv.de/SharedDocs/Standardartikel/Ernaehrung/SichereLebensmittel/Hygiene/EHEC.html各メディアでも続報が多数出ているが、原因の特定には至っていないとある。そのため次の記事では、生肉や加熱殺菌していない牛乳だけではなく、生野菜も含めた食品全般の衛生対策についてリスクを説明している。www.abendblatt.de/hamburg/kommunales/article1898414/Zahl-der-Infektionen-steigt-Hier-die-wichtigsten-Antworten-zur-Erkrankung.html追 記(5月24日):次の記事では、EHEC食中毒患者は140名を超え、感染の疑いのある患者も160名を超えているという。また、ベルリンでも新たに2 名の患者が確認され、ドイツ北部では感染地域が徐々に広がっている。依然として感染経路が不明のため、州政府や研究機関は、飲食店や家庭での衛生管理の徹 底を助言するしかない。www.sueddeutsche.de/panorama/ehec-infektionen-die-lage-ist-ernst-1.1100655食 肉加工工場も含めて、徹底的な調査が行われることだろう。加熱せずに食べる野菜サラダや果物の場合、とにかく十分に洗浄することが助言されている。しか し、このような原因不明の状況ならば、野菜を食べるには、加熱した温野菜サラダや焼き野菜サラダにしたり、スープやシチューにする方が無難だろう。在ドイ ツ日本大使館および各地の総領事館では、テロへの警戒を呼び掛けるのみで、このEHEC食中毒事故については何も注意喚起していない。ベルリン・ハンブルク・ブレーメンといった北ドイツの主要都市は、日本人観光客も多いのだから、少しは考慮してほしい。また、日本のメディアは、首相官邸と班目委員長の責任転嫁合戦を追いかけるだけでなく、こういった海外情報を伝えることも仕事の一つではないだろうか。日本国内で起きたユッケ食中毒事件では、あれだけメディアスクラムで関係会社を徹底的に追い詰めたのに。(最終チェック・修正日 2011年05月24日)

独 病原性大腸菌で4人死亡

5月27日 8時21分 動画あり

ドイツで病原性大腸菌による食中毒が相次ぎ、これまでに4人が死亡し、地元の保健当局は26日、スペインから輸入されたきゅうりから問題の菌が検出されたと発表しました。

ド イツでは今月中旬から病原性大腸菌による食中毒が各地で相次ぎ、これまでに140人以上が腎臓の 機能が低下するHUS=溶血性尿毒症症候群を発症し、このうち4人が死亡しています。食中毒が発生した地域の一つ、ドイツ北部のハンブルクでは、地元の保 健当局が感染源の調査を進めていましたが、26日、スペインから輸入されたきゅうりから問題の病原性大腸菌が検出されたことを明らかにしました。保健当局 では、一部のきゅうりを売り場から撤去するとともに、消費者に対し、きゅうりを食べないよう呼びかけています。この病原性大腸菌による食中毒の発生は、ド イツのほか、イギリスやオランダ、スウェーデンでも報告されていて、ヨーロッパ疾病対策センターでは、各国政府と連絡を取り合って、感染経路の特定や感染 の拡大防止に乗り出しています。

Health | 26.05.2011

German E. coli outbreak traced back to cucumbers from Spain

The German authorities have identified cucumbers from Spain as the source of a recent E. coli outbreak in northern Germany that has killed several. Germans have been advised not to eat cucumbers for the time being.

Cucumbers from Spain are the source of the recent E. coli outbreak in northern Germany, the Hamburg Insitute for Hygiene announced on Thursday.

The news came after the German Farmers’ Association said earlier in the day that domestic produce was most likely not responsible for the outbreak.

German authorities have advised people not to eat cucumbers and generally be careful with raw vegetables.

On Wednesday, initial investigations by the Robert-Koch Institute had suggested that there was “a high probability that [the infections] were caused by consumption of raw tomatoes, cucumbers or green salads,” according to a statement released by the German Agriculture Ministry.

The food-monitoring agencies in the northern states had been informed of these findings and were launching appropriate investigations, the ministry said.

E. coli in a petri dishBildunterschrift: Großansicht des Bildes mit der Bildunterschrift:  The E. coli bacteria often spread via meat or dairy produce

Above-average numbers

The number of current, serious cases of Enterohaemorrhagic Escerichia coli (EHEC) infections was thought to have reached 138 on Wednesday, against a normal annual average of between 60 and 70 cases. Precise figures were impossible to ascertain, as some of the serious stomach infections might have been caused by other bacteria.

The outbreak has spread to Denmark, with one case confirmed by a hospital in Aarhus. The authorities in Copenhagen have announced at least six more potential cases of E. coli infection.

The EU Health Commissioner John Dalli said on Thursday that potential cases in the UK, Sweden and the Netherlands were being investigated.

Unusual source

EHEC is a virulent strain of gut bacterium which can cause stomach cramps and diarrhea, and can lead to anemia and kidney damage in extreme cases. Ordinarily, contaminated raw or undercooked meats or dairy products cause the infection, but the Robert Koch Institute’s studies suggest raw vegetables are the more likely cause in this instance.

An 89-year-old woman in the northernmost state of Schleswig-Holstein, who died on Wednesday, was thought to be the second EHEC death, according to preliminary information from the state health ministry.

Three other possible EHEC fatalities were being investigated elsewhere in the country. Authorities confirmed on Tuesday that an 83-year-old woman died of EHEC infection near Hanover.

German Agriculture Minister Ilse Aigner warned against over-zealous reactions amid the outbreak.

Author: Mark Hallam (dapd, dpa, Reuters)

Editor: Nicole Goebel

German health officials have announced EHEC was found in three cucumbers.

German E.coli outbreak spreads to Sweden

Published: 26 May 11 16:41 CET | Double click on a word to get a translation

Online: http://www.thelocal.se/34018/20110526/

Share33

Ten Swedes are severly ill and many more are suffering other effects from a virulent enterohaemorrhagic E. coli (EHEC) bacteria following the recent outbreak of the disease in Northern Germany.

According to Sofie Ivarsson, epidemiologist at the Swedish Institute for Communicable Disease Control (Smitskyddsinstitutet), it is the complication haemolytic-uremic syndrome (HUS) that causes patients serious trouble.

“It is the kidneys that are hit by HUS, but other systems are also affected,” she said to news agency TT.

Ivarsson also told TT that those who were not sick enough to require hospitalisation still suffer from a serious gastric illness with diarrhoea and bloody stools.

What is extraordinary with this outbreak is that it is only adults that have suffered complications.

“Usually these kind of complications tend to strike against children,” Ivarsson said to TT.

So far the disease have been identified in several southern Swedish counties and tests are showing that it is probably the same bacteria as the recent outbreak in Germany.

The institute was informed of the first Swedish case during the second week in May. More Swedes are expected to fall ill because it takes a while before a person who has contracted the disease first starts showing symptoms.

The institute is taking the situation seriously and has urged hospitals to be take extra care with patients seeking care for EHEC-like symptoms such as bloody diarrhoea or abdominal pain and to quickly test them for E.Coli infection.

Since the end of April there have been 214 reported cases of HUS in Germany and several hundred cases of E.Coli–infection, an unusually high number of cases in such short period of time.

German health officials have announced that the bacteria has been found in three Spanish cucumbers.

“We believe that cucumbers are the most probable source of the disease,” said Cornerlia Pruefer-Storcks, state health minister for Hamburg to the AFP news agency.

A fourth cucumber has tested positive for the bacteria but authotirties are not sure of it origins.

The Swedish National Food Administration (Livsmedelsverket) have said that they will be in contact with the German authorities.

“We hope to get more detailed information from Germany regarding the origins of these vegetables, so that we can work out if any of these have ended up in Sweden,” microbiologist Mats Lindblad of the food administration told TT.

But according to Lindblad it can be rather difficult to track a vegetable’s journey through Europe.

The institute is now urging Swedes to be careful when traveling to Germany. Apart from Sweden and Germany, cases have been reported in Britain, the Netherlands and Denmark.

EHEC is a very contagious disease and can pass from person to person.

“We have a few of these cases as well, where family members have passed the disease among each other,” Per Follin, a specialist on infectious disease from western Sweden, told TT.

Outbreaks of EHEC are not that common in Sweden. Smaller outbreaks are sometimes connected to farms, wells, day care centres and restaurants.

The largest outbreak to date in Sweden was in 2005 when 135 cases, of which 11 developed the complication HUS, occurred in southern Sweden.

That time the source of the disease was iceberg lettuce, which had been irrigated with water that had been in contact with EHEC carrying manure.

TT/The Local/rm (news@thelocal.se)

Photo: DPA

Deadly E. coli found in Spanish cucumbers

Published: 26 May 11 14:12 CET

Updated: 26 May 11 17:38 CET

Online: http://www.thelocal.de/national/20110526-35261.html

Share273

Cucumbers from Spain have been identified as a source of the deadly E. coli outbreak gripping Germany, health officials announced Thursday.

German supermarkets were on Thursday afternoon pulling Spanish cucumbers off their shelves in response to the scare.

The contaminated vegetables were sold at a Hamburg market, Hamburg’s Health Minister Cornelia Storck said.

Of four cucumbers found to be carrying the bacteria, three came from two separate Spanish suppliers while the origin of the fourth was unknown. One of the contaminated cucumbers was an organic product.

At least three people have died during the outbreak and other deaths are suspected to be related to the bacteria. Roughly 140 people are considered by health authorities to have been severely sickened during the outbreak. Most of the roughly 600 cases of E. coli reported so far have been centred in northern Germany, particularly in the Hamburg area.

The strain of E. coli gripping Germany is a particularly virulent one, said Helge Karch, a researcher at the University Hospital of Münster, whose team discovered the identity of the strain and is developing a test to more easily detect it.

The discovery is “an important step in the search for paths of transmission,” Karch said.

The public health authority, the Robert Koch Institute (RKI), encouraged people to avoid eating raw tomatoes, cucumbers and lettuce for the time being.

That prompted cafes and bakeries in the north of the country to abandon salad en masse, spurring a noticeable drop in vegetable sales on Thursday.

Kurt-Henning Klamoth, president of the German Farmers Federation (DBB) accused the media of scaremongering and condemned speculation that the illness has been spread through organic fertilizers.

Health officials cautioned that they were still looking for a definitive cause and emphasized that more deaths were likely.

“We must expect to lose patients,” said University Hospital Hamburg-Eppendorf kidney specialist Rolf Stahl.

The country’s largest supermarket chain, Metro – which operates Real, Metro Cash & Carry and Galeria Kaufhof – along with Kaiser’s Tengelmann and the Rewe Group have all stopped sales of the vegetables.

Metro plans as a precaution to stock only cucumbers from other countries.

Discounter Aldi Nord said it doesn’t normally stock Spanish cucumber anyway but it has taken other vegetables and fruits from Spain such as spinach leaves off its shelves anyway.

Aldi Süd, which operates in the south of the country, said it saw no need to take action for the time being because it did not believe any of its products were affected. Spain is Germany’s second biggest supplier of cucumbers within the European Union, sending 179,500 tonnes of the vegetable to Germany in 2009, according to the Federal Office for Agriculture.

Meanwhile European Union officials expressed concern that the outbreak would soon spread beyond Germany’s borders. The bloc was expected to soon declare a special alert, which would authorize EU members to take special action to protect their populations, such as putting restrictions on German vegetable imports.

“It’s a matter of time until the hazardous E. coli pathogens jump to other EU countries,” European Parliament Committee for Health and Food Safety chairman Jo Leinen told the Neue Osnabrücker Zeitung.

As a pre-emptive measure, the bloc was expected soon to declare a special alert, which would authorize EU members to take special action to protect their populations, such as putting restrictions on German vegetable imports.

The latest death to be definitively linked to the outbreak was a 41-year-old woman from Cuxhaven on the North Sea. Hamburg health authorities said they were determining whether a 38-year-old man found dead in his apartment on Tuesday may have been killed by E. Coli.

The Local/DAPD/mdm

Outbreak for E.coli in Germany, antibiotics inactive

Updated on Thursday, May 26, 2011, 15:55
Translate into:
Select LanguageAfrikaansAlbanianArabicBelarusianBulgarianCatalanChinese (Simplified)Chinese (Traditional)CroatianCzechDanishDutchEstonianFilipinoFinnishFrenchGalicianGermanGreekHaitian CreoleHebrewHindiHungarianIcelandicIndonesianIrishItalianJapaneseKoreanLatvianLithuanianMacedonianMalayMalteseNorwegianPersianPolishPortugueseRomanianRussianSerbianSlovakSlovenianSpanishSwahiliSwedishThaiTurkishUkrainianVietnameseWelshYiddish

Powered by Translate

Berlin: German health authorities are alarmed by the outbreak of a life-threatening stomach infection that has apparently killed three people and is reportedly capable of making most antibiotics inactive.

About 140 patients infected by the Escherichia Coli (EHEC) bowel bacteria are in critical condition in hospitals in northern Germany and at least three deaths have been linked to the bacteria, media reports said.

The symptoms include severe stomach pain and diarrhea and if untreated, the infection can lead to kidney failure and loss of haemoglobin from red blood cells.

Health authorities are particularly concerned by the rapid spreading of the infection since the first cases were reported in the states of Schleswig-Holstein and in Hamburg in mid-May.

From there, the virus spread within a short time to the neighbouring states of Bremen and Lower Saxony and reached Frankfurt and the southern state of Bavaria.

Health authorities estimate than over 600 people have so far been infected across the country, but media reports said their number could be much higher because nation-wide statistics are still not available.

Even though infections caused by EHEC bacteria occur every year, the current contagion is caused by a strain which never surfaced before, according to the health experts.

PTI

05/26/2011

E. Coli Cases Spread

Outbreak Linked to Spanish Cucumbers

Cucumbers on sale in Hamburg. Researchers have linked the recent E. coli outbreak to cucumbers from Spain.

Zoom
REUTERS

Cucumbers on sale in Hamburg. Researchers have linked the recent E. coli outbreak to cucumbers from Spain.

Researchers have found the first link to the source of the recent E. coli outbreak in Germany: Spanish cucumbers. As the number of infections increase and spread outside the country, consumers are being warned to avoid certain vegetables.

For reasons of data protection and privacy, your IP address will only be stored if you are a registered user of Facebook and you are currently logged in to the service. For more detailed information, please click on the “i” symbol.

Scientists at Hamburg’s Institute for Hygiene and Environment have found the deadly E. coli bacteria causing the outbreak in northern Germany, city Health Minister Cornelia Prüfer-Storcks said Thursday. Three out of four cucumbers carrying the dangerous strain of the bacteria were from an organic shipment from Spain being sold in Hamburg supermarkets.

“Information on their origins and further details are now being assembled,” she said, adding that the test results may not be relevant to infections arising in other areas. “It can’t be ruled out that other products will come into question as the source of infection,” she said.

Meanwhile the Robert Koch Institute, Germany’s disease control authority, issued a warning on Wednesday against the consumption of raw tomatoes, cucumbers and lettuce purchased in northern Germany. Their research showed that the majority of the some 214 confirmed infection cases consumed these items before falling ill. Since the outbreak began the second week of May there have been a total of more than 400 cases, including those still yet to be confirmed, while two people have died.

The life-threatening intestinal infection has since spread into other countries, as well, with cases reported in Denmark, the Netherlands, Sweden and Britain, the European Commission reported on Thursday afternoon. It is believed some of the ill may have been infected after consuming produce on trips to Germany.

Seldom Strain

On Wednesday night researchers at the University of Münster hospital said they had identified the E. coli strain responsible for the dangerous outbreak as HUSEC 41. It is one of 42 types of E. coli that has infected German patients since 1996. Though it is a well-known strain, it is seldom and has never been the cause of an outbreak anywhere in the world, clinic director Helge Karch said.

He and his team are working to create a test to determine whether patients have been infected with the bacteria strain, which is reportedly resistant to various antibiotics. They plan to have it ready for hospitals in the coming days.

E. coli bacteria usually live in the intestines of ruminants and can be transferred to humans who eat uncooked food. Symptoms of an enterohemorrhagic E. coli (EHEC) infection include bloody diarrhea and stomach cramps. In some cases, an infection can cause a disease called haemolytic uraemic syndrome (HUS), which can lead to kidney failure and even death.

Furious Farmers

German farmers said they were outraged by the Robert Koch Institute’s recommendation to avoid vegetables from northern Germany, claiming it could lead to a major loss of income.

“The effects are catastrophic,” said Andreas Brügger, head of the German fruit trade association (DFHV) said, adding that food chains and cafeterias had already begun rejecting produce. “For our business it’s a complete breakdown,” he said.

Michael Marker, the owner of a large Hamburg vegetable market, also complained of cancelled orders. The larger the company, “the more vigorously they are cancelling produce orders,” he told the financial daily Handelsblatt.

Any of the contaminated vegetables in question likely came from abroad because German produce hasn’t reached the market yet, a spokesman for the Agriculture Ministry in the northern state of Schleswig-Holstein said. The Robert Koch Institute warning should therefore be interpreted as a warning on imported produce, he said.

kla — with wires

Study: E.coli contamination found on half of shopping carts Special

By Vincent Sobotka.
 +  1 of 2
On your next trip to the grocery store, be aware, much more than groceries may be riding in your shopping cart. More bacteria exists in these carts than in public bathrooms or on a city bus, and children may be the most at risk.

It’s probably overlooked by many, but according to new research, the amount of harmful bacteria on grocery shopping carts is enough to raise quite the concern. Researchers say, in fact, that so much bacteria exists on the seats and handles of shopping carts that the only thing sanitary wipes are likely to accomplish is peace of mind for the unsuspecting shopper. From the University of Arizona, Dr. Charles P. Gerbaand Sherri Maxwell performed studies on shopping carts in grocery store parking lots across five major-metropolitan areas. “We tested Sioux City, Iowa, San Francisco and Los Angeles, California, Portland, Oregon and Atlanta, Georgia,” said Dr. Gerba during an interview following the announcement of his study. “We only tested shopping carts from grocery stores,” he continued to detail the study, “and we only tested carts from the parking lot – nothing inside.” Several references are made in the report to researchers who have recently proved that raw meat products are commonly contaminated with bacteria considered infectious to the intestines. Further studies have also shown that children who ride in the seat of a shopping cart are regularly exposed to harmful bacteria, putting them at a greater risk to infections from Salmonella, which is typically passed through the feces of humans or animals, and Camplyobacter, which is often carried by birds.

Dr. Charles P. Gerba

University of Arizona
Dr. Charles P. Gerba
Like this

Additionally, Gerba cites another study, from 2010, which proves shopping cart handles to be “hidden reservoirs” for pathogenic Staphylococcus aureus, familiarly known as Staph (pronounced “staff”) organisms. Staphylococcus aureus is the most common of over 30 Staphylococcus bacterial breeds to which humans are susceptible. On the human body, the most common places to find Staphylococcus aureus are in the nose and on the skin, thus providing a high probability to contaminate objects and infect others with a dangerously contagious bacteria. Though anyone may contract an infection, those at the greatest risk for a Staph infection include infants and young children, breastfeeding mothers, persons with chronic disease(s) including immune deficiencies, intravenous apparatus users and people with unhealed surgical incisions. Under Gerba’s own study, his team collected samples by swabbing the seat and handle from a total of 85 shopping carts. The samples were then packed in ice and delivered overnight to the University of Arizona for processing. The total estimated surface area sampled among the 85 shopping carts was 668 square centimeters. The outcome of the study proved that 72-percent of the 85 shopping carts sampled contained a high amount of coliform bacteria. Coliform organisms are commonly present in our environment, particularly in the feces of all warm-blooded animals, including humans. Coliform organisms are not likely to cause illness on their own, but an extreme presence is an indication of well-breeding conditions for disease-causing pathogens. In Dr. Gerba’s research, of the 72-percent of shopping carts which tested positive for high amounts of coliform organisms, 36 of them were tested for more harmful bacteria. Among those, 50-percent were found to contain Eschericha colo, commonly known as E. coli bacteria. E. coli bacteria lives inside the intestines and helps break down food. Harmful strains of this bacteria may travel into the blood and cause very serious infections. Symptoms of an E. coli infection, or E. coli poisoning, include severe stomach cramping or pain, vomiting and diarrhea that may sometimes contain blood. In his report, Dr. Gerba pushes hard for an awareness to shopping cart sanitation. He references a study from 2001 that proves most anti-bacterial wipes would need to be applied to the contaminated surface area for a minimum of ten-minutes in order to be effective against such organisms. Dr. Gerba also recommends the use of plastic barriers, which are designed to fit over the handle and have an anti-bacterial adhesive on the contacting side, which can then be properly disposed when each shopper returns their cart. When asked if testing 85 units (shopping carts) were enough to support nation-wide concern over Dr. Gerba’s statistics he simply reiterated the information from his report, “Samples were collected from five different cities across the U.S.” Dr. Gerba continued with his own indirect answer, “One never knows the answer to that question unless you sample every cart in every city.”

In the Media

article imageE. coli outbreak strikes Germany

By Elizabeth Cunningham Perkins.
During an atypical outbreak of E coli food poisoning in Germany, public health officials warn certain raw vegetables could be the source and urge extra care with food hygiene, while scientists try to pinpoint the exact source of the contamination.
Hundreds of people, most of them from Germany’s northern regions, may have ingested a strain of enterohaemorrhagic Escherichia coli (EHEC), a dangerous kind of the usually harmless E. coli bacterium considered part of the normal bacterial flora in animal and human intestines. According to the BBC: There are dozens of known cases of infection, with hundreds more suspected. Because this outbreak has affected more young women, some experts suspect it may be spreading from batches of contaminated pre-packaged salad or improperly washed raw vegetables, foods women consumers are more likely to buy and prepare. By Wednesday three people had died, all women, possibly stricken with hemolytic uremic syndrome (HUS), a severe complication of infection with the E. coli bacterium, characterized by acute kidney failure, strokes, seizures and coma.. Epidemic expert Reinhard Burger, head of the Robert Koch Institute, said, “We have to say clearly that we have to expect more fatalities in view of the high number of cases.” According to Germany’s national disease control and prevention agency, this type of outbreak usually occurs among children, and in far smaller numbers. Euronews.net reports: Tomatoes, cucumbers and lettuce are suspected contamination sources. Only the strains of E. coli classified as EHEC sicken people by producing a dangerous cell-destroying toxin, but this outbreak, caused by the rare strain known as serotype O104 (instead of the usual culprit O157:H7), is different from most European flare-ups, according to ScienceInsider. E. coli contamination, all-too-common throughout the world, yet potentially dangerous or deadly, can happen to meat, dairy foods, vegetables and fruits at any stage of food production or preparation, and the most effective prevention measures are careful food preparation hygiene — carefully washed hands and tools — and thorough cooking, according to the Illinois Department of Public Health. Digital journalists reported in March 2011: Seven tons of E. coli-tainted ground beef were recalled in the United States, and a study found E.coli contamination on half of shopping carts. But medical researchers with the UT Southwestern Medical Center, part the University of Texas system, announced they were able to block a genetic mechanism that allows enterohemorrhagic E. coli, or EHEC, to propagate inside the guts of cattle, a finding that could be used in the future to prevent many outbreaks, ScienceDaily reports.

Read more: http://www.digitaljournal.com/article/307188#ixzz1NWXkLVoR

k

machikawaco3 について

a TORO lawn mower dealer in Japan
カテゴリー: NEWS, TraveL, 健康 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中