IMF

y

UPDATE:仏財相がIMF専務理事立候補表明へ、中国も支持=仏政府筋

  • 2011年 5月 25日  13:54 JST

【パリ】フランスのラガルド財務相は、前任者の任期半ばの辞任で空席となっている国際通貨基金(IMF)の専務理事職への立候補を24日表明する見通しだ。フランス政府関係者が明らかにした。

Zuma Pressフランスのラガルド財務相(24日、パリ)

ラガルド財務相は24日午前11時45分(日本時間午後6時45分)から緊急記者会見を行う予定。複数のフランス財務省筋は会見のテーマは同日朝に明らかにされるとしているが、「重要(事項)だ」と話している。 フランス政府報道官兼予算相のフランソワ・バロワン氏は同日、同国ラジオ局ヨーロッパ1に対し、「中国はクリスティーヌ・ラガルド氏指名に賛成だ」と述べた。バロワン氏は、ラガルド財務相がIMFの指名を受けた場合の後継者と目されている。 ただ、中国政府自体はこの件に言及していない。そのため、同国が実際に意向を固めたのかどうかは不明だ。 記者:Geraldine Amiel

クリスティーヌ・ラガルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内, 検索
クリスティーヌ・ラガルド Christine Lagarde
2010年2月、地方選挙中のUMPの集会にて

現職
就任 2007年6月19日
首相 フランソワ・フィヨン
前任者 ジャン=ルイ・ボルロー

出生 1956年1月1日(55歳) フランスの旗 フランスパリ
政党 国民運動連合
母校 パリ第10大学 エクス=アン=プロヴァンス政治学院英語
信仰 カトリック教会

クリスティーヌ・ラガルドChristine Lagarde、出生名Christine Madeleine Odette Lallouette、1956年1月1日 – )は、フランス政治家弁護士。現在、同国経済・財政・産業大臣国民運動連合所属。パリ9区出身。 パリ第10大学を卒業したのち、グランゼコルの一つであるエクス=アン=プロヴァンス政治学院フランス語を卒業した。ENAの入学試験に2度失敗しているが、自身はこの失敗を後悔していないと述べている[1]。 卒業後の1981年、アメリカの国際ロー・ファームであるベーカー&マッケンジーのパリ・オフィスで弁護士として働き始める。1995年よりベーカー&マッケンジーのシカゴ本部でのエグゼキューティヴとなり、1999年よりチェアマンに選ばれた。 ジャン=ピエール・ラファランに発掘され、2005年にアメリカから帰国。ドミニク・ド・ヴィルパン内閣の農業・漁業相などを経て、2007年6月からフランソワ・フィヨン内閣の経済・財政相大蔵大臣財務大臣に相当)に就任する。G8最初の女性財務相でもある。2006年には、アメリカの経済誌フォーブスが取り上げた世界最強の女性30に選出されている。反トラスト法労働法専 門の弁護士としても著名であり、ベーカー&マッケンジーの所長に女性で初めて就任した。2008年6月14日、大阪で開かれた主要8カ国(G8) 財務相会合において、米国のサブプライム問題に端を発した金融危機とそれによって株式市場から先物商品市場に多額の投機マネーが流入し、世界的に原油高、 穀物高などインフレ圧力が増大している当時の経済状況を「世界経済は3F危機(3F;Finance(金融),Fuel(石油),Food(食料))」にさらされていると表現した。 かつてラガルドと同じフランス経済・財政相だったドミニク・ストロス・カーンが2011年5月に性的暴行容疑で逮捕・起訴されIMF専務理事を辞任したため、その後任の最有力候補として名が挙がった[2]

ストロスカーン氏の浮沈人生

  • 2011年 5月 21日  13:39 JST

 国際通貨基金(IMF)のストロスカーン前専務理事のキャリアが19日の起訴によって終わった。同氏は、毀誉褒貶(きよほうへん)が激しく、次期大統領の有力候補といわれながら政治家としては素人とみなされていた。

毀誉褒貶(きよほうへん)

  • 意 味: ほめることと、そしること。人をほめたり悪口を言ったりすること。
  • 解 説: 「誉」「褒」は、ほめるという意味。「毀」「貶」は、そしること。それぞれ同じ意味の語を2つ重ねて強調している。
  • 英 訳: praise or censure
  • 用 例: あの店の毀誉褒貶が激しいのは、素っ気ない接客態度を好ましく思う人と、腹立たしく思う人がいるためである。
  • 類義語: 雲翻雨覆(うんぽんうふく) / 翻雲覆雨(ほんうんふくう)
毀誉褒貶】(きよほうへん)
 (「毀」はそしる、「誉・褒」はほめる、「貶」はけなす意)
  悪口を言うこととほめること。ほめたりけなしたりの世評。
 用例:「毀誉褒貶相半ばする人物」
   《広辞苑・第五版》

芥川龍之介の小斷想   萩原朔太郎

  芥川龍之介ほど、多くの矛盾した毀誉褒貶の批評を受けてる文學者はない。或る人は彼の文學を典型的の近代小説と評し、他の人はそれを一種のエツセイにすぎ ないといふ。一方では彼を詩人と稱し、彼の作品を散文詩だといふ人があるに對して、一方では反對に、詩的情操なんか少しもなく、素質的に詩を持たなかつた 文學者だといふ人もある。或る人は彼を天才と呼び、或る人は單なる秀才に過ぎないといふ。前者は彼を聴明な知性人で、すぐれた頭腦を持つた思想家だといふ に對し、後者は單なるぺダンチストで、思想なんか少しもなく、生意氣な中學生といふ程度の、幼稚な頭腦者に過ぎないといふ。さらに或る人々は、彼の作品を 主観の熱烈な告白であり、眞のヒユーマン・ドキユメントであると評し、他の人々は反對に、全然自我の生活を書かないヂレツタントで、人生の皮肉的傍觀者に 過ぎないと誹謗する。さらにまた或る人々は、彼の文學がすべて小常識の概念であり、初等数學的に割り切れ過ぎるといつて輕蔑し、他の人々は反對に、不思議 に理解できない神秘の謎が、一種の捕捉しがたい悽愴の鬼氣を感じさせるといつて驚歎する。(山岸外史君の著書「芥川龍之介」は、芥川文學のミステリイにつ いて、新しい獨創的の批判を述べてる。)

すべて之等の矛盾した、兩極的に正反對の批評は、芥川龍之介の場合に於て、各一面の眞理をもつてる。實際彼は、聖德 太子の聴明さと中學生の子供らしさを、文學的性格の兩面に素質して居た。非常に發育した成人の頭腦が、非常に未熟な發育不全者と同居した。純粹を求める詩 人的性格が、それを全く否定するやうな心情の中に雜居して居た。そしてまた彼の文學は、實際に小説でもあり、エツセイでもあり、同時にまたそのどつちでも 無かつた。 彼は名譽の絶頂に死んで、不名譽のどん底に突き落された。青少年の時、彼の文學に魅惑されて、その崇拝者の書斎に群集した多くの青年や學生が、彼の死後に なつてから言つてる。何であんな文學に感心したのか、今になつて考へると馬鹿馬鹿しく、我ながら腹が立つと。だがそれにも關らず、彼の本當の名聲は、今日 尚少しも衰へては居ない。依然として今日でも、彼の作品は多くの知識階級者や學生の讀者をもつてる。そして以前よりも、もつと多くの新しい讀者を、もつと 社會の廣汎な層に擴大して居る。年々歳々、彼の讀者は大衆の中に普遍して來る。東西古今を問はず、すべての優れた藝術品が、必然にさうした運命を持つてる 如く。――おそらく彼の文學は、永遠に「新しいもの」であるかも知れない。

ストロスカーン氏 AFP/Getty Images1985年当時のストロスカーン氏

先週末ニューヨークで性的暴行容疑によって逮捕される前から、同氏は何度も政治的な生死を乗り越えてきた。19日に専務理事を辞任したが、容疑は否認している。逮捕前には、来年のフランス大統領選のトップ候補とみられていた。 ストロスカーン氏は、チェスの名人だった。彼をよく知る人によると、チェスボードを見ずに遠くからでも対局ができるという。またエコノミストとしても優秀で原稿なしでスピーチをすることも多かった。

浮沈といえば、最近では、同氏は存在意義を失っていたIMFを活性化することに貢献したと評価される一方、部下へのセクハラの疑いで問題になっている。

ストロスカーン氏は、パリ郊外のヌイー・シュル・セーヌに、ジャーナリストの母と税アドバイザーの父の間に生まれた。早熟で、15歳のときには、死刑に関するスピーチで賞を受けた。最初の妻とは高校時代に出会い18歳で結婚した。

権威あるHEC経営大学院に入学したこともあって1968年の五月革命には関わらなかった。当時、彼は将来、財務相になるかノーベル賞を取ると公言していたという。財務相の座は実際に97年、社会党のジョスパン内閣で射止めた。

90年代初めは、ユーロの導入に尽力し国際的に知名度を上げた。エール・フランスやフランス・テレコムの部分民営化によって穏健な社会主義者という評価を受けた。

しかし、99年には汚職疑惑で辞職している。のちにこの嫌疑は晴らされた。

2002年には、熱心な党内政治の結果、首相への就任が確実視されていたが、社会党の大統領候補のジョスパン氏が再選されなかったため実現しなかった。

07年の大統領選では、平議員のセゴレーヌ・ロワイヤル氏に社会党の予備選で敗れた。ロワイヤル氏のように地方を回ることもなく、党本部周辺でしか運動しなかったため、無投票で選ばれることを好む、政治的には素人だという見方がさらに強まった。

そのイメージを嫌って、ストロスカーン氏は07年の選挙戦では「確かに大統領になろうと思って生まれたわけではない。しかしわたしは素人ではない」と記者団に言明したこともある。

07年9月、同氏はIMFの専務理事になった。この当時、IMFは目的を失い、世界的な好況の中で役割を模索していた。

同氏は、IMFの1945年の創立以来初めて大規模な人員削減を行い、赤字を回避するため、IMFが保有する金の一部売却を実現させた。その結果、IMFは、途上国だけでなく西欧でも重要なプレーヤーとみなされるまでに生まれ変わった。

あるIMF幹部は「彼の力で、IMFは単に存続できるようになっただけでなく中心的な役割を演じられるまでになった。こうした認識はIMFの隅々まで行き渡っている」と語った。

だが、そうした功績を上げる一方、不適切な行動が同氏とIMFを辱めた。就任から数カ月後、同氏は地位を利用して部下に性的な関係を迫ったとして糾弾さ れた。その後の調査で、関係は合意に基づくものだったとされたが、IMF理事会は、同氏が重大な判断の過ちを犯したと結論付けた。同氏は謝罪し、専務理事 としての高い期待に応えるよう努力すると述べた。

19日、同氏は、「IMFを守るため」として専務理事を辞任した。

記者: DAVID GAUTHIER-VILLARS And BOB DAVIS

ストロスカーン被告のDNA、被害女性の着衣のものと一致=報道

2011年 05月 24日 13:02 JST
Photo [ワシントン 23日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)の前専務理事、ストロスカーン被告が性的暴行罪などで起訴された事件で、米国のメディ アは23日、同被告が提供したDNAサンプルが、被害を受けたとするホテル従業員の着衣に残されていたものと一致したと報じた。 ニューヨークタイムズ紙は関係筋の話として、DNA鑑定の結果は被害女性の説明の通りであると報道。またウォールストリート・ ジャーナル(WSJ)紙によると、ストロスカーン被告が提供したサンプルと女性のシャツに付着していた精液のDNA型が一致したと警察当局者が明らかにし た。両紙ともに同被告の弁護士であるブラフマン氏はコメントを控えたとしている。 ニューヨークタイムズによると、事件が起こったとされるホテルで採取された他のサンプルの鑑定は結果待ちの状態だという。 ストロスカーン被告は、今月14日にニューヨーク市内のホテルで女性従業員を強姦しようとした疑いなどで逮捕され、その後、起訴された。20日には保釈され、現在はマンハッタンの住居で監視態勢下に置かれている。

IMF専務理事が性的暴行容疑で訴追、フランスやIMFに衝撃

2011年 05月 16日 08:12 JST

Photo [ニューヨーク/パリ 15日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事(62)が、ニューヨーク市内のホテルで女性従業員に性的暴行を加えようとしたとして、15日までに逮捕・訴追された。 同専務理事は来年の仏大統領選の有力候補。ユーロ圏債務危機の対応に追われるIMFはトップ不在という異常事態に追い込まれた。 ニューヨーク市警によると、専務理事はニューヨークのジョン・F・ケネディ空港でパリに向け出発直前のエール・フランス機内にいたところを警察に身柄を拘束された。 性的暴行を受けたと話しているのはニューヨークのホテルの客室係の女性(32)。 警察のスポークスマンは「ストロスカーン氏は携帯電話を置き忘れており、NY市警は彼が逃亡したと認識した。エール・フランス機に搭乗したことが分かったので、同機から彼を降ろした。現在警察に拘束されて事情聴取を受けている」と述べた。 事件があったのはタイムズ・スクエア近くのホテル「ソフィテルニューヨーク」。客室係の女性は軽傷を負っており、EMS(緊急医療サービス)によって https://i1.wp.com/www.newyorkhotels.com/images/131795.jpg ルーズベルト・ホテルに運ばれ、治療を受けたという。 宿泊していたのは一泊3000ドルのスイートルーム。IMFによると、ニューヨークは個人的な用事で訪れていたという。 同専務理事は2007年11月にIMF専務理事に就任。2008年10月には部下の女性と性的関係を持ったとして、この女性や妻、IMFの職員などに対し謝罪していた。 http://www.bloomberg.co.jp/apps/data?pid=avimage&iid=iRvILQY3ClbY 事件を受け、IMFではリプスキー筆頭副専務理事が専務理事代行に就任。ただ、国際経済システムを監視するIMFにとって、トップの逮捕・訴追は大きな汚点となった。 ストロスカーン専務理事は、来年4月のフランス大統領選挙に野党・社会党から出馬するとみられていた。世論調査でも、再選を目指す現職のサルコジ大統領を大きく引き離していた。 専務理事は15日にメルケル独首相と会談し、16日のユーロ圏財務相会合に出席する予定だった。 弁護士によると、専務理事は15日中に出廷し、無罪を主張する見通し。 警察によると、性的暴行容疑は外交特権が適用されず、有罪が確定すれば、15年─20年の禁固刑が科される可能性がある。 ニューヨーク・タイムズ紙によると、警察は現場となったホテルのスイートルームからDNAを採取した。 専務理事は、故マイケル・ジャクソンの児童虐待裁判など、ポップスターやスポーツ選手の裁判で辣腕(らつわん)をふるった

132458_profile

Defense attorney

弁護士ベンジャミン・ブラフマンと契約。著名テレビジャーナリストのアン・シンクレア夫人も「夫の無実を信じて疑わない」との声明を発表した。 専務理事は経済学教授や財務相を歴任。数カ国語を操り、演説や舞台裏での交渉も巧みだった。 IMFでは、金融危機時の緊急融資のほか、新興国の議決権拡大など広範な改革を実施。 今回の欧州債務危機でも、アイスランド、ハンガリー、ギリシャ、アイルランド、ポルトガルの支援策策定で指導力を発揮しており、特に欧州諸国の間に懸念が広がるとみられている。 *内容を追加し、写真を差し替えて再送します。

IMF専務理事逮捕でフランス政界大揺れ

【パリ=三井美奈】2012年のフランス次期大統領選で最大野党・社会党の最有力候補と目されてきたストロスカーン国際通貨基金(IMF)専務理事の逮捕を受け、仏政界が激震に見舞われている。 有罪が確定したわけではないが、世論調査で一貫してサルコジ大統領を抑えてきた本命を事実上失った社会党は、候補選びで態勢立て直しを迫られそうだ。 社会党のマルティヌ・オブリ第1書記は15日、「大きな衝撃だ」と述べ、驚きを隠さなかった。 「大統領選でだれに投票するか」を聞いた先週の仏メディアの調査でも、専務理事は26%で首位。極右・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(22%)とサルコジ氏(21%)を抑え、有権者の関心は専務理事の出馬表明時期だった。 財務相として90年代に通貨ユーロ導入や通信会社フランス・テレコム民営化を進めた専務理事は、財界との関係も深い中道派。前回大統領選では党公 認をセゴレーヌ・ロワイヤル氏に奪われたが、サルコジ大統領がIMF専務理事に推薦。その手腕や国際的知名度から、次期大統領選で左右の広い支持を集めら れる人物と期待されてきた。

(2011年5月15日23時41分  読売新聞)

IMF専務理事逮捕、シンクレア夫人「夫の無実は証明される」

2011年 05月 16日 09:50 JST

Photo[ニューヨーク/パリ 15日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)の専務理事、ストロスカーン容疑者(62)が、米ニューヨーク市内のホテルで 女性従業員(32)に性的暴行を加えようとしたとして、逮捕・訴追されたことを受け、妻のアン・シンクレアさんは「夫の無実を信じて疑わない」とコメント を出した。 著名テレビジャーナリストでもあるシンクレアさんは声明で、「夫に向けられた容疑は全く信じない。彼の無実が証明されることを疑う余地もない。私は自制と良識を求める」と述べた。 女性従業員は、ストロスカーン容疑者がバスルームから全裸で現れ、性的暴行を加えてきたと話している。同容疑者が宿泊していた部屋は、高級ホテル「ソフィテルニューヨーク」の1泊3000ドル(約24万円)のスイートルーム。

IMF専務理事を性的暴行の疑いで尋問-NY市警

http://machikawaco.files.wordpress.com/2011/05/dominique_strauss_kahn_et_anne_sinclair_reference.jpg?w=300

People walk past the Sofitel hotel in New York, Saturday, May 14, 2011. Dominique Strauss-Kahn, the leader of the International Monetary Fund and a possible candidate for president of France, was pulled from an airplane moments before he was to fly to Paris and was being questioned Saturday by police in connection with the violent sexual assault of a hotel maid from the Sofitel, police said. (AP Photo/John Minchillo)

5月15日(ブルームバーグ):ニューヨーク市警のスポークスマンは14日、国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事を性的暴行の疑いで尋問していることを明らかにした。同専務理事は仏エアフランス便を利用前に、ニューヨークで拘束された。同氏は次期フランス大統領選の候補者との見方が出ていた。 同スポークスマンによると、性的暴行はニューヨークのマンハッタン地区のホテルで起きた疑いがある。 米紙ニューヨーク・タイムズによれば、性的暴行はミッドタウンのソフィテル・ニューヨークで起きた。同紙はホテルの女性従業員が暴行されたと報告したと伝えている。 IMFのウィリアム・マレー報道官はこの件についてコメントしていない。NY市警はストロスカーン専務理事が弁護士を雇ったかどうか分からないとしている。市警によれば、同専務理事に外交特権はない。 同専務理事は16日にブリュッセルで開かれるユーロ圏財務相会合に出席する予定だった。各国当局者が総額1100億ユーロのギリシャ支援の増額の可能性について議論する中で、同会合は開催される。 ストロスカーン氏は07年にIMF専務理事に就任したが、08年には当時IMFのエコノミストだったピロスカ・ナギー氏との不適切な交際の疑惑が取り ざたされた。IMF理事会は調査の結果、同年10月に、専務理事が「重大な判断ミス」を犯したが、解任されるべきではないと結論付けた。 更新日時: 2011/05/15 14:27 JST 2008-11-08 21:06:59 Theme: ブログ IMF(国際通貨基金)のトップは、 フランス人のDominique Strauss-Khan(ドミニク ストロスカーン) Dominique Strauss-KhanがIMFの女性Piroska Nagy(ピロスカ ナギー)https://i0.wp.com/www.ebrdblog.com/wordpress/wp-content/uploads/2009/03/piroska_nagy1.jpghttp://machikawaco.files.wordpress.com/2011/05/nagy2.jpg?w=141と付き合っていたことが世界中で話題になりました。 Curriculum Vitae Piroska M. Nagy Piroska is Senior Adviser to the Chief Economist of the European Bank for Reconstruction and Development (EBRD). She is responsible for financial sector stability and regulatory issues, including crisis response in the financial sector in the EBRD’s countries of operations in Emerging Europe and Central Asia. Previously she worked for the International Monetary Fund between 1986 and mid-2008, with surveillance and policy program responsibilities mainly in Europe and Africa. While on leave from the IMF, she also worked for the Hebrew University of Jerusalem as lecturer in 1996/97 and at Fitch Ratings as Senior Adviser in 2003/4. She has published in the area of euro adoption in emerging Europe; financial stability issues; and fiscal policy reform, and the author of the book The Meltdown of the Russian State (Edgar Elgar, 2000). She holds a M.Sc., Macroeconomics and Finance from the University of Budapest, Hungary, and conducted post-graduate studies at George Washington University, USA. Dominique Strauss-Khanは59歳、結婚しています。 IMFのトップがIMFの中の女性と付き合ったから、 女性は嫌だけど無理にしたんじゃないかと問題になりました。 でも2人は、2人とも幸せで付き合っていました。 Dominique Strauss-Khanは結婚しているので2人は別れました。 奥さんも、1回間違いしただけだからと、許してくれました。 IMFも、許しました。 でも、アメリカや世界中で、IMFのトップのスキャンダルを 悪いことだとバッシングしました。 でも、フランス人は笑っています。 それどころか、少し誇らしく思っています。 ”フランス人は60歳でも、若いこと遊びできるんだ!” ”60歳でも、すごいんだ!” フランス人は笑っています。 ジョークばかり言っています。 他の国からのバッシングは気にしないで、笑っています。 https://i1.wp.com/static1.purepeople.com/articles/4/52/34/@/17784-anne-sinclair-et-dominique-strauss-kahn-637x0-1.jpg Dominique Strauss-Khan and wife Anne Sinclair https://i2.wp.com/i.dailymail.co.uk/i/pix/2008/10/19/article-1078830-022C6733000005DC-563_224x423.jpg Piroska Nagy is girl friend 読んでくれてありがとうやぎ座

IMF chief charged with ‘attempted rape’
Sun May 15, 2011 7:55AM

https://i2.wp.com/globetribune.info/wp-content/uploads/2011/05/obimla.jpg https://i0.wp.com/www2.2space.net/images/upl_newsImage/1272225010.jpghttps://i2.wp.com/www.hotelluxurycollection.com/persistent/catalogue_images/products/Getty%20Linen%20and%20maid.JPG1  of   4

Dominique Strauss-Kahn International Monetary Fund (IMF) Managing Director Dominique Strauss-Kahn (L) meets with Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama prior to their meeting at Hatoyama's official residence on January 18, 2010 in Tokyo, Japan. Strauss-Kahn is on Asia tour to Japan and Hong Kong.
IMF Managing Director Dominique Strauss-Kahn Visits Japan

2  of   4

Dominique Strauss-Kahn International Monetary Fund (IMF) Managing Director Dominique Strauss-Kahn (L) shakes hands with Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama prior to their meeting at Hatoyama's official residence on January 18, 2010 in Tokyo, Japan. Strauss-Kahn is on Asia tour to Japan and Hong Kong.
IMF Managing Director Dominique Strauss-Kahn Visits Japan

International Monetary Fund (IMF) Managing Director Dominique Strauss-Kahn (L) shakes hands with Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama prior to their meeting at Hatoyama’s official residence on January 18, 2010 in Tokyo, Japan. Strauss-Kahn is on Asia tour to Japan and Hong Kong.

(January 17, 2010 – Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images AsiaPac)

International Monetary Fund (IMF) Managing Director Dominique Strauss-Kahn (L) meets with Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama prior to their meeting at Hatoyama’s official residence on January 18, 2010 in Tokyo, Japan. Strauss-Kahn is on Asia tour to Japan and Hong Kong.

(January 17, 2010 – Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images AsiaPac)
International Monetary Fund (IMF) Director General Dominique Strauss-Kahn
International Monetary Fund (IMF) Director General Dominique Strauss-Kahn has been formally charged with sexual assault after attacking a maid in a New York hotel, police say.

Sofitel New York

45 West 44TH Street , 10036 NEW YORK,  UNITED STATES

https://i2.wp.com/s1.e-monsite.com/2009/06/04/79533972new-york-hotel-jpg.jpghttps://i0.wp.com/www.fivestaralliance.com/files/fsa/nodes/2009/11324/1508_0_sofitelny_fsa-g.jpghttps://i1.wp.com/ticketstoairlines.com/sitebuildercontent/sitebuilderpictures/NYC_4_Star/Sofitel_New_York_Dining.jpgThe charges included “criminal sexual act, unlawful emprisonment, attempted rape” and “assaulting a 32-year-old girl in a hotel room,” Ryan Sesa, a police deputy spokesman, told reporters. Strauss-Kahn was arrested earlier on Saturday after being taken off an Air France passenger plane at a New York airport, just as the plane was preparing for take off. He was accused of a “sex attack” on a maid at a Times Square hotel earlier in the day. The Port Authority officers were informed by the New York Police Department, whose detectives had been investigating report of a brutal attack on a woman employee at the hotel Sofitel New York, in the heart of the city’s theater district. Strauss-Kahn was scheduled to meet German Chancellor Angela Merkel in Berlin on Sunday to discuss an aid package for debt-laden Greece. He was then due to attend a meeting of EU finance ministers on Monday and Tuesday in Brussels. Strauss-Kahn is a former economics professor and was being touted as a prospective candidate for the Socialist Party in their challenge to incumbent President Nicolas Sarkozy in the April 2012 French presidential election. Married to a prominent television news reporter, Strauss-Kahn was enmeshed in a controversy after accusations arose about his sexual relationship with a senior official of the IMF’s Africa Department in 2008. The IMF is the intergovernmental organization that oversees the global financial system through the macroeconomic policies of its member countries. MD/AKM/MB

IMF chief charged with sex assault

May 15, 2011 – 6:24PM

AP IMF chief Dominique Strauss-Kahn, widely expected to run for the French presidency next year, was charged Sunday with the sexual assault and attempted rape of a chambermaid at a New York hotel, police said. The charges included “criminal sexual act, unlawful imprisonment, attempted rape” and “assaulting a 32-year-old girl in a hotel room”, Ryan Sesa, a police deputy spokesman, told reporters. Strauss-Kahn, a 62-year-old Socialist who had been leading French opinion polls for the 2012 elections, was escorted off an Air France flight on Saturday just minutes before it was to leave John F. Kennedy International Airport, officials said.

Advertisement: Story continues below

“We took him into custody and we handed him over to the New York City police department,” an official for the Port Authority of New York and New Jersey said. Authorities were investigating an alleged attack on a maid at the Sofitel New York hotel earlier in the day, police said. A maid in the hotel alleged she had been assaulted by the IMF chief when he got out of his shower naked. According to an account published by local media, the maid entered Strauss-Kahn’s suite believing it was unoccupied. As she worked in the foyer, he came out of the bathroom, fully naked, and attempted to sexually assault her, according to The New York Times. According to the maid’s account, the IMF chief grabbed her, pulled her into the bedroom and onto the bed and then locked the door. She managed to fight him off, but he dragged her down the hallway to the bathroom, where he sexually assaulted her a second time. MSNBC television reported that in the bathroom, Strauss-Kahn forced the maid to perform oral sex on him and tried to remove her underwear. At some point during the assault, the woman broke free and fled, reporting the incident to other hotel personnel and calling the 911 police emergency line. According to police sources, Strauss-Kahn left the hotel room in a hurry leaving behind his mobile phone and personal effects. Strauss-Kahn, a well-known figure on the French political scene popularly known by his initials DSK, has not officially thrown his hat into the ring to challenge centre-right President Nicolas Sarkozy in next year’s presidential race. But the former French finance minister had been widely expected to stand, and polls out earlier Sunday before news of his arrest broke had put him narrowly ahead of the pack if he ran with 26 per cent of the vote. In Washington, an International Monetary Fund (IMF) spokeswoman had no immediate comment. It was unclear when Strauss-Kahn bought the plane ticket, but he had been due to meet with German Chancellor Angela Merkel in Berlin on Sunday to discuss an aid package for debt-laden Greece. He was then due to attend a meeting of EU finance ministers on Monday and Tuesday in Brussels. It is not the first time that the silver-haired political veteran, who is married to a high-profile journalist, has been tainted by scandal. In 2008, he was discovered to be having an affair with an Hungarian IMF economist. The affair was investigated by the IMF, which concluded he had not exerted pressure on the woman, but noted his inappropriate behaviour. John Sheehan, director of security at Sofitel New York, said they are cooperating with the probe. “The Sofitel is working very closely with the NYPD with their investigation,” Sheehan said. “The safety and security of our clients and team members are of the utmost priority to us.” Strauss-Kahn’s stint at the helm of the IMF in Washington does not officially end until September 2012, several months after the scheduled date of France’s vote. But the French political world has been buzzing with speculation that he would end his tenure early to stand as the Socialist Party’s candidate. Strauss-Kahn became head of the International Monetary Fund in November 2007, pledging to push reforms of the 187-member country institution that helps oversee the global economy.

© 2011 AP

mardi 16 novembre 2010

DSK est au FMI de Gauche

Tous les auditeurs de France Inter qui étaient hier à l’écoute de cette antenne ont bien compris le message que Dominique Strauss-Kahn était venu délivrer hier à La France !Il est venu nous dire « je suis de gauche », le FMI est de gauche, ce qui fait avancer le monde depuis deux siècles est de gauche. Le patron du FMI avait clairement l’intention de dépeindre son action au sens premier du terme : « dé-peindre » enlever la peinture néolibérale qui teinte l’action du FMI dans l’inconscient collectif.Le FMI, pour une partie de la population c’est bien sûr l’instance internationale qui déboule dans les pays en crise pour leur demander de tailler dans leurs dépenses publiques et de saigner à blanc les peuples.Non, dit ce bon DSK c’est aussi l’instance qui demande aux pays trop endettés d’établir un impôt progressif et de ne pas couper les budgets de l’éducation. Le problème, c’est que les deux versions ne sont pas vraies et qu’au regard des critères qui définissent la gauche en France, Dominique Strauss-Kahn représente une institution qui, au mieux demande aux pays en difficultés, non pas de tenter des alternatives au capitalisme mais de s’y adapter en creusant durablement les inégalités.Ça place la barre de la gauche pas très basse… ou plutôt pas très à gauche.Ce discours peut-il être entendu à gauche en France?Déjà, ce discours prouve que Dominique Strauss-Kahn souhaite certainement se présenter en 2012.Quel intérêt le patron du FMI aurait-il à venir marteler « je suis de gauche » sur la radio gauchiste qu’est France Inter si ce n’était pour préparer le terrain d’un retour sur la scène politique française !Ce message répondait à une petite musique que l’on commence à entendre beaucoup à la gauche d’un PS, qui a du mal à dire ce qu’il est vraiment en ce moment, et qui est synthétisé avec la verve de déménageur qu’on lui connaît par Jean-Luc Mélenchon « le FMI de Strauss-Kahn affame la moitié de la planète ! ».Alors le message de Dominique Strauss-Kahn peut-il être entendu à gauche ? c’était la question… En soit, ça parait compliqué parce que la tradition de la gauche démocratique française c’est de se taper le libéralisme, d’avoir des idées révolutionnaires, un projet de rupture avec le capitalisme qui fait du bien à nos oreilles de descendants de sans-culotte, et puis, une fois au pouvoir, de se contenter de tempérer le capitalisme, de l’accompagner de notre tradition étatiste et jacobine.Le problème c’est que Dominique Strauss-Kahn ne peut pas tenir de discours beaucoup plus à gauche que ce qu’il fait en réalité parce que son champ d’action n’est pas la France mais le monde. Dans la même situation, Jacques Delors, dont le champ d’action était l’Europe en 1995 avait finalement considéré qu’il ne pouvait pas se présenter en tenant le discours qu’il aurait fallu pour s’imposer à gauche et qui aurait forcement été un peu en décalage avec ce qu’il aurait fait à l’Elysée.Donc, en temps normal, où par le passé l’opération Strauss-Kahn aurait pu avoir quelque chose de désespérée… mais dans la situation de défiance de l’électorat modéré vis-à-vis d’une droite en plein repli identitaire, l’espace pour un retour de Dominique Strauss-Kahn est peut être plus au centre-droit, type IIème République, de l’échiquier politique.DSK paraissait donc presque en décalage avec l’actualité politique hier s’adressant à la gauche alors que c’est le centre-droit qui est en déshérence… A moins qu’en bon Mitterrandien, il ait compris que tout le monde sait : qu’il gouvernera, de toutes façons à droite et que c’est donc à la gauche qu’il faut s’adresser pour la rassurer. Les campagnes présidentielles sont des guerres de mouvement et d’occupations de territoire politique. Assurément elle a commencé hier pour Dominique Strauss-Kahn au grand désespoir du peuple de gauche qui aspire à de véritables changements…
Libellés : , ,

A la Une > Politique

Dominique Strauss-Kahn inculpé d’agression sexuelle par le parquet de New York

LeMonde.fr avec AFP et Reuters | 15.05.11 | 04h23  •  Mis à jour le 16.05.11 | 00h06

Dominique Strauss-Kahn, le 27 avril 2011 à Paris. Dominique Strauss-Kahn, le 27 avril 2011 à Paris.AFP/-

Le directeur général du Fonds monétaire international (FMI), Dominique Strauss-Kahn, a été arrêté samedi 14 mai à l’aéroport JFK de New York, placé en garde à vue, puis inculpé “d’agression sexuelle, de séquestration de personne et de tentative de viol” par le parquet de New York, provoquant un véritable séisme politique en France. Selon son avocat, il nie les faits et plaidera “non-coupable”.

Advertisement

>> Suivez l’évolution de la situation en direct sur LeMonde.fr Son arrestation a été annoncée samedi soir par le New York Times et rapidement confirmée de source officielle. M. Strauss-Kahn, qui s’apprêtait à se rendre en Europe, a été débarqué d’un vol Air France à destination de Paris, quelques minutes avant son décollage, selon des sources officielles, puis transféré dans un commissariat de Harlem où il a été placé en garde à vue et questionné sur une plainte déposée samedi par une femme de chambre de 32 ans, travaillant à l’hôtel Sofitel situé au 45 West 44th Street, dans le cœur de Manhattan. TÉLÉPHONE OUBLIÉ DANS LA CHAMBRE D’HÔTEL Les faits qui lui sont reprochés se seraient déroulés à 13 heures, heure de New York, selon le récit donné par le porte-parole de la police new-yorkaise, M. Browne. Une femme de chambre du Sofitel serait entrée dans la suite du président du FMI pour la nettoyer, quand celui-ci “serait sorti complètement nu de la salle de bain et aurait tenté de l’agresser sexuellement”. Selon les dires de la femme, il l’aurait empoignée et l’aurait forcée à entrer dans la chambre à coucher, puis aurait verrouillé la porte, a indiqué la même source. Il l’aurait traînée dans la salle de bain où il l’aurait agressée sexuellement, selon le Times. La chaîne MSNBC indique qu’il l’aurait contrainte à lui faire une fellation. L’employée, agée de 32 ans, serait parvenue à s’échapper, prévenant des collègues et appelant immédiatement le 911.

Le Sofitel de Manhattan où séjournait Domnique Strauss-Kahn. Le Sofitel de Manhattan où séjournait Domnique Strauss-Kahn.AFP/STEPHEN CHERNIN

Lorsque la police est arrivée sur les lieux, M. Strauss-Kahn ne s’y trouvait plus. Il semblait être parti dans la précipitation puisque les enquêteurs ont trouvé dans la chambre son téléphone portable et d’autres effets personnels, toujours selon M. Browne. L’employée, elle, a été transportée à l’hôpital Roosevelt pour “blessures mineures”, a indiqué le porte-parole du NYPD. >>Lire “Les suites judiciaires de l’affaire” ANNE SINCLAIR : “JE NE CROIS PAS UNE SEULE SECONDE AUX ACCUSATIONS” Sa femme, Anne Sinclair, a réagi par le biais d’un communiqué à l’AFP dimanche après-midi : “Je ne crois pas une seule seconde aux accusations qui sont portées contre mon mari. Je ne doute pas que son innocence soit établie”, écrit-elle dans un bref communiqué, avant d’appeler “chacun à la décence et à la retenue”. La classe politique française, notamment les responsables socialistes, s’est montrée extrêmement prudente quant à la situation et à l’avenir politique de Dominique Strauss-Kahn. Une forme de sidération s’est ainsi emparé des responsables de droite et de gauche. “J’en appelle à chacun à attendre la réalité des faits et à respecter la présomption d’innocence, à tous à garder la décence nécessaire”, a déclaré Martine Aubry. La première secrétaire du PS demande aux socialistes “de rester unis et responsables.” Ségolène Royal est d’accord : “tout reste à vérifier” estime la présidente de la région Poitou-Charentes. François Hollande appelle lui aussi à “la retenue”. A droite, si certains se réjouissent en privé de ce cataclysme dans le ciel socialiste, la plupart des responsables ont également fait preuve d’une grande prudence. Une attitude encouragée par l’Elysée et son porte-parole François Baroin. Seules quelques voix se sont élevées publiquement comme Jacques Attali ou Christine Boutin pour évoquer une manipulation. >> Lire “Une inculpation qui bouleverse la donne au PS pour 2012”. >>Lire “Le scandale DSK ? Cela arrive trop tôt” EMBARRAS AU FMI De son côté, le FMI a indiqué dans un communiqué que l’institution restait “pleinement opérationnelle” mais n’a souhaité faire aucun commentaire sur l’affaire. En début de soirée, l’institution internationale annonçait que John Lipsky, actuel numéro deux, assumerait les fonctions de M. Strauss-Kahn durant le temps des investigations. En 2008, l’institution avait commandé une enquête sur son directeur à la suite d’une relation extra-conjugale entre l’ancien ministre des finances et une ex-responsable du département Afrique, Mme Piroska Nagy. L’enquête a établi qu’elle n’avait bénéficié d’aucun traitement de faveur, et qu’il n’y avait “pas eu de harcèlement, ni de favoritisme ni aucun autre abus de pouvoir”. Mais le FMI avait tout de même reproché à Dominique Strauss-Kahn une “grave erreur de jugement”, dans une affaire qui avait fait la Une de la presse mondiale. >> Lire : “Quand une “aventure d’un soir” faisait trembler le FMI” >> Lire notre éclairage sur la nomination temporaire de John Lipsky à la tête de l’institution UN COMPLOT ? Les circonstances de cette affaire ainsi que le premier tweet envoyé à son sujet par un jeune proche de l’UMP – près d’une heure avant que les médias américains ne donnent l’alerte, n’ont cessé d’alimenter sur le web et dans les conversations l’hypothèse d’une manipulation ou d’un complot. Les répercussions françaises de cette arrestation alimentent la controverse après une semaine où le directeur général du FMI avait été dans le viseur des médias et critiqué pour son train de vie fastueux, images de voiture de luxe et liste de propriétés à l’appui. A l’inverse, de précédentes affaires mettant en cause son appétit sexuel émergent à nouveau. Qu’il s’agisse de son aventure au FMI, du récit de Tristane Banon, journaliste et écrivain ou des évocations de son problème avec les femmes par Jean Quatremer dans son blog en 2007, la question Strauss-Kahn est sur toutes les lèvres. En garde à vue depuis les faits, il devait être présenté devant un tribunal de Manhattan dans la soirée.>> Lire le récit des dernières semaines de Dominique Strauss-Kahn : “Comment l’avenir de DSK s’est soudain assombri” >> Lire “Et le doute naquit au premier tweet” >> Voir le portfolio “DSK : une carrière brillante émaillée de poursuites judiciaires”

Le Monde Édition abonnés

Les dossiers : les meilleurs articles du Monde pour approfondir un sujet Profitez de toute l’offre numérique du Monde, à partir de 15 €/mois seulement15 mai 2011

Le scandale DSK? “Cela arrive trop tôt”, coquette l’entourage de Sarkozy

“Cela arrive trop tôt”. C’est la réaction de l’entourage de Nicolas Sarkozy, après l’inculpation de DSK pour tentative de viol et séquestration. “Cela serait arrivé à quinze jours de la présidentielle, cela aurait été le coup de théâtre qui l’aurait empêché d’aller jusqu’au bout. Là, nous sommes dans une période trouble. Tout change, toutes les semaines, pas par petites touches, mais par cataclysme”, explique un proche conseiller du président, qui estime qu’il faut travailler sur le fond. “Il ne faut rien dire, laisser l’histoire se dérouler”, poursuit ce conseiller. “C’est arrivé comme prévu” confie également un poids lourd de la droite, alors que beaucoup ne se disent pas surpris que DSK tombe sur la Porsche et ses relations aux femmes. “Maintenant, Hollande a toutes ses chances. Mais il faut réfléchir à la manière de réagir. Il ne faut pas donner l’impression de se réjouir ou de se précipiter” continue ce ténor de la majorité. Les proches du chef de l’Etat notent ainsi eux-mêmes la contradiction dans laquelle ils se trouvent, entre leur jubilation face aux malheurs de DSK et le discours des dernières semaines, consistant à dire que le socialiste à la tête du FMI était le meilleur candidat face à Nicolas Sarkozy (car effaçant le côté ‘bling-bling’ du président). “Il existe une sorte de jubilation, car ces types ne cessent depuis des années de nous donner des leçons de morale et de vertu, mais si l’on réfléchit avec l’hémisphère droit du cerveau, cela affaiblit le PS mais donne des chances à Hollande qui est l’adversaire le plus dangereux”, analyse un ministre. Arnaud Leparmentier 

前IMFトップ、母国で暴行裁判も=女性作家が告訴へ-仏誌

 【パリ時事】米裁判所が自宅軟禁を解除した国際通貨基金(IMF)前専務理事、ストロ スカーン 被告から性的暴行を受けそうになったとして、フランスの女性ノンフィクション作家(32)が4日、刑事告訴する方針を明らかにした。女性の弁護士の話とし て仏誌レクスプレス(電子版)が報じた。5日にも検察に告訴状を送付するという。
ストロスカーン被告は仏最大野党・社会党の有力政治家。米国での訴追取り下げを見越し、来年の仏大統領選に向けた党の候補レースに参戦するとの見方も浮上していたが、フランスでも刑事裁判に直面する可能性が出てきた。(2011/07/04-23:49)

仏女性作家、ストロスカーン氏を強姦未遂容疑で5日に訴える見通し

2011年 07月 5日 01:01 JST

 [パリ 4日 ロイター] フランス人の女性作家トリスターヌ・バノン氏(32)は、ストロスカーン国際通貨基金(IMF)前専務理事が約10年前、同氏を強姦しようとしたとして、5日に訴えを起こす見通し。同氏の弁護士が4日、ロイターに明らかにした。

 ダビド・クビ弁護士は「バノン氏は5日に訴えを起こすだろう」と語った。

 フランスの法律によると、強姦未遂は10年以内なら告発できるが、性的暴行は3年以内にしかできない。

前IMFトップ、母国で暴行裁判も 女性作家が告訴へ

2011.7.5 00:50

【パリ=山口昌子】米裁判所が自宅軟禁を解除した国際通貨基金(IMF)前専務理事、スト ロスカーン被告から性的暴行を受けそうになったとして、フランス人女性作家(32)が4日、刑事告訴する方針を明らかにした。仏週刊誌「レクスプレス」 (電子版)が報じた。5日にも検察に告訴状を送付するという。

この作家は22歳当時の2002年に国民議会(下院)議員だったストロスカーン被告を取材で訪れた際、襲われそうになり逃げ出した。告訴を考えたが社会党の地方議員の母親に説得されて思いとどまったという。

07年にはテレビ番組で「著名な政治家による性的暴行未遂の被害者」であることを告白し、08年には相手がストロスカーン被告であることも告白した。

2011年7月5日 05時44分 更新

ストロスカーン前IMF専務理事、フランスでも告訴へ-女性作家への強姦未遂で

米裁判所から自宅軟禁を解除されたドミニク・ストロスカーン前国際通貨基金(IMF)専務理事は、母国フランスで、同被告に強姦されそうになったという女性作家に刑事告訴される見通しだという。仏週刊誌「レクスプレス」(電子版)が4日報じた。

ロイター

軟禁されていたニューヨークの家を離れるストロスカーン夫妻。2011年7月2日。

 報道によると、フランス人のノンフィクション作家、Tristane Banonさん(32)は5日にも、検察に告訴状を送付するという。Banonさんは2002年、国民議会議員だったストロスカーン被告を取材した際、同被告に襲われそうになったと述べている。

 Banonさんは2007年、テレビ番組で、2002年にインタビューしたある政治家から襲われたと述べており、後にその人物がストロスカーン被 告だと明らかにしていた。AP通信によると、Banonさんは「とても暴力的だった。彼は私のブラを取って、ジーンズを脱がそうとした」と語った。

 Banonさんの弁護士によると、彼女の母親がストロスカーン被告と同じ社会党の地方議員を務めており、ストロスカーン被告を告訴しないよう説得していたという。母親のAnne Mansouretさんは今年5月、仏テレビのインタビューで、その事実を認めていた。

ストロスカーン被告は今年5月、米ニューヨーク市内のホテルで女性従業員に性的暴行を加えたとして逮捕された。しかし7月1日、被害を受けた女性の証言に矛盾があったことから、自宅軟禁を解除された。米国では、訴追が取り下げられる可能性も示唆されている

IMF前専務理事、母国でも性的暴行疑惑

  • 2011年07月05日 07:04 発信地:パリ/フランス
  • 写真

ドミニク・ストロスカーン(Dominique Strauss-Kahn)被告(左、2011年撮影)とトリスタン・バノン(Tristane Banon)氏(2004年撮影)。(c)AFP/FRED DUFOUR

    • IMF前専務理事、母国でも性的暴行疑惑
    • 電話の会話で被害者女性の証言に疑念、ストロスカーン被告は軟禁解除
    • ストロスカーン前IMFトップの裁判不成立か、メイドの証言に信憑性なしと米紙

【7月5日 AFP】米裁判所から自宅軟禁を解かれた国際通貨基金(IMF)前専務理事のドミニク・ストロスカーン(Dominique Strauss-Kahn)被告から性的暴行を受けそうになったとして、フランス人女性ジャーナリスト(32)が4日、刑事告訴する方針を明らかにした。女性の弁護士が仏週刊誌「レクスプレス(L’Express)」電子版に明らかにした。5日にも検察に告訴状を送付するという。

女性は、作家でもあるトリスタン・バノン(Tristane Banon)氏。かつて、ストロスカーン被告のことを「発情期のチンパンジー」と揶揄(やゆ)したことがある。

なお、ストロスカーン被告の弁護団は同日、AFPに対し、バノン氏を名誉毀損で訴える準備を進めていることを明らかにした。被告はバノン氏の主張を「でっち上げ」だと述べているという。

被告は、ホテルの女性従業員への性的暴行罪などでニューヨーク(New York)で起訴されたものの、被害女性の供述が信用性に欠けるとして1日に自宅軟禁を解除されている。(c)AFP

【関連記事】
ストロスカーン被告の仏大統領選出馬はあるか?揺れるフランス

電話の会話で被害者女性の証言に疑念、ストロスカーン被告は軟禁解除

IMF前トップの仏の性的暴行未遂疑惑 弁護士、虚偽告訴で女性作家に反撃も

2011.7.5 07:00

国際通貨基金(IMF)前専務理事のストロスカーン被告から性的暴行を受けそうになったと してフランス人女性作家が暴行未遂罪で告訴を検討している問題で、同被告の弁護士は4日、被告が告訴された場合は虚偽告訴罪で女性作家を逆に訴えると述べ た。フランス公共ラジオが伝えた。

米ニューヨークでの性的暴行事件裁判で否認を貫いているストロスカーン被告が、フランスの暴行未遂疑惑 でも徹底抗戦する構えを示した形。弁護士によると、ストロスカーン被告は女性作家が訴える被害は「想像上のことにすぎない」と話し、「ニューヨークの事件 で被害者側のうそが明らかになった時期の告訴は、むしろ都合がいい」と無実の証明に自信を示しているという。

女性作家の弁護士によると、作家は2002年にストロスカーン被告の自宅をインタビューのため訪れた際、被告が襲いかかり、服を脱がされそうになった。

(共同)

前IMFトップ、性的暴行否定=名誉毀損で仏女性作家訴えへ

 【パリ時事】国際通貨基金(IMF)前専務理事のストロスカーン被告から性的暴行を受け そうに なったとして、出身国フランスの女性ノンフィクション作家が刑事告訴すると表明したことについて、被告の弁護士は4日、女性の主張を全面否定するととも に、逆に名誉毀損(きそん)で女性を訴えると述べた。AFP通信が伝えた。
女性側は4日の仏誌レクスプレス(電子版)で、2002年に下院議員 だったストロスカーン被告にインタビューした際に襲われたとして、5日にも刑事告訴する方針を明らかにした。AFP通信によれば、被告側は女性の主張を 「虚構だ」としている。(2011/07/05-07:10)

仏女性作家、IMF前専務理事を告訴へ

仏女性作家、IMF前専務理事を告訴へ

ホテルの女性従業員への性的暴行などの罪でアメリカで起訴され、裁判中のストロスカーン前IMF専務理事に対して、新たにフランスのジャーナリストが過去に性的暴行をされそうになったとして、5日にも告訴する方針を明らかにしました。

告訴するのは、ジャーナリストで作家のトリスタンヌ・バノン氏です。AP通信などによりますと、バノン氏は2002年、取材のため指定されたパリのアパートを訪れた際、ストロスカーン前専務理事にブラジャーをはぎ取られ、ジーンズを脱がされそうになったとしています。

バノン氏は当時、自らの仕事への影響などを考えて沈黙していたということですが、後にメディアに対してこの一件を明らかにしていました。

ストロスカーン氏は5月、ニューヨークで女性従業員に性的暴行をしたとして逮捕・起訴され、IMFの専務理事を辞任、フランスの大統領選候補者レースからも脱落したと見られていました。

ところが最近になって、事件の被害者の証言が信憑性に欠けるとして訴追取り下げの可能性も指摘され始めたため、ストロスカーン氏の政界復帰も取りざたされ ていました。これについてフランスの世論は割れていますが、新たな告訴がどこまで影響を与えるかは不透明です。(05日07:01)

Y

米検察が訴追取り下げを申請―前IMF専務理事の暴行事件

  • 2011823日  8:25 JST

国際通貨基金(IMF)の前専務理事のドミニク・ストロスカーン被告がニューヨーク市内のホテルで客室係の女性に性的暴行を加えたとして起訴された事件 で、マンハッタン地区検察当局は22日、訴追取り下げを裁判所に要請した。客室係のナフィサトゥ・ディアロさんの主張には、虚偽の部分が多く信頼性に問題 があると判断した。

画像を拡大する

ストロスカーン前IMF専務理事

Reuters

裁判所を出るストロスカーン前IMF専務理事(71日)

検察側は23日にニューヨーク州高位裁判所で開かれる審理で正式申請するとみられる。事件を担当しているバンス検察官は同日、女性とその弁護士に会い、 訴追取り下げを要請する方針を伝えた。女性の弁護士は「検察は強姦された女性が正義を手にする権利を否定した」と、検察の対応を非難した。ストロスカーン 被告の弁護士は、「我々は当初から被告が無実であり、女性の主張に信頼性がないと主張してきた」との声明を明らかにした。

画像を拡大する

ナフィサトゥ・ディアロさん

Bloomberg News

マンハッタン地区検察を出るナフィサトゥ・ディアロさん(22日)

ディアロさんは、514日にホテルに滞在中だったストロスカーン被告の部屋に入った際に暴行を受けたと主張、検察は同被告をジョン・F・ケネディー国 際空港で出国直前に逮捕し、強姦未遂など7つの罪で起訴した。これに対し、同被告は暴行の容疑を否定してきた。事件当時、フランス出身のストロスカーン被 告は、IMF専務理事の職を辞して、来年行われる同国大統領選に出馬するとみられていた。

ディアロさんは8日に、同被告を相手取り性的暴行を働いたとして民事訴訟を起こしている。

記者: Michael Rothfeld  

前IMF専務理事の起訴取り下げ、米検察が裁判所に申請

2011082308:19 JST

 [ニューヨーク 22日 ロイター] 米ニューヨーク州の検察当局は22日、国際通貨基金(IMF)の前専務理事であるストロスカーン被告が ニューヨークのホテルで客室従業員に性的暴行を加えたとして逮捕・起訴された事件で、同被告に対する起訴の取り下げを裁判所に申請した。

 暴行被害を訴えたギニア出身のナフィサトゥ・ディアロさんの供述が二転三転したため、検察は合理的疑いの余地なくストロスカーン被告の犯行を立証することは不可能と判断した。

 8月22日、ストロスカーン前IMF専務理事の性的暴行事件で、米検察当局が裁判所に起訴取り下げを申請した。写真は検察との会合後に会見したナフィサトゥ・ディアロさん(左)と弁護士(2011年 ロイター/Brendan McDermid

前IMF理事の起訴 取り下げ申請

823723

IMF=国際通貨基金のストロスカーン前専務理事がニューヨークのホテルで従業員の女性に乱暴しようとしたとして、逮捕・起訴された事件で、検察側は、22日、起訴を取り下げたいという方針を裁判所に伝え、国際機関トップの辞任につながった事件は急展開を迎えました。

この事件は、IMFの前専務理事ドミニク・ストロスカーン被告(62)が、ことし5月、ニューヨー クのホテルで従業員の女性に乱暴しようとしたとして、逮捕・起訴されたもので、前専務理事は、一貫して無罪を主張しています。こうしたなか、検察側は、 22日、ニューヨーク州の裁判所に起訴を取り下げたいという方針を文書で伝えました。文書の中で検察側は「女性の供述の信ぴょう性に疑いがあることから、 犯行を立証できない」と説明しています。これに対し、女性の弁護士は「正義を求める女性の訴えを否定しており、被害者に対する裏切りだ」と強く批判してい ます。この事件を巡っては、検察側が、7月、女性の供述内容に疑問を呈してストロスカーン被告の監視を解き、再び捜査し始めたのに対し、女性はみずから記 者会見を開いて被告を批判し、損害賠償を求める訴えを起こすなど、双方の主張は対立していました。ストロスカーン被告の起訴が実際に取り下げられるかどう かは、裁判所が23日に審理しますが、IMFの専務理事を辞任に追い込み、世界の金融界を揺るがした事件は急展開を迎えました。

ストロスカーン前IMF専務理事への公訴取り消し手続き-NY検察

8月22日(ブルームバーグ):ニューヨーク検察当局は22日、性的暴行などの罪に問われている国際通貨基金(IMF)前専務理事のストロスカーン被告の公訴取り消しを裁判所判事に申し入れた。裁判所書記官が明らかにした。

裁判所書記官によると、この日の申し入れはまず編集・修正が必要なためすぐには公表されないという。

ストロスカーン被告(62)は5月に滞在先のマンハッタンのホテルで女性従業員のナフィサトゥ・ディアロさんに暴行したなどとして逮捕・起訴された が、無罪を主張していた。検察当局はディアロさんが事件直後の状況について嘘をついたことを知り、証言の信頼性に疑問が生じていた。

マンハッタン地区検察のサイラス・バンス検事は22日午後にディアロさんと弁護士を呼び、23日のニューヨーク州地裁のマイケル・オブス判事による公判前協議で予想され得ることについて説明した。

ストロスカーン被告の弁護士、ベン・ブラフマン氏は広報担当者を通じてコメントを控えた。

更新日時: 2011/08/23 07:11 JST

検察、訴追取り下げを申請=前IMFトップの性的暴行-米

 【ニューヨーク時事】国際通貨基金(IMF)の前専務理事、ストロスカーン被告(62)がニューヨーク市内のホテルで客室係の女性に性的暴行を加えたと される事件で、検察は22日、訴追の取り下げを裁判所に申請した。米メディアが報じた。女性の主張の信頼性が低く、犯罪事実を証明できないと判断した。
 被告は事件を受けて専務理事の辞任を余儀なくされたが、一転して裁判が打ち切りになる見通しとなった。裁判官が23日の審理で正式決定を下す。
  検察側は同日、女性とその弁護士と会い、訴追取り下げ方針を伝えた。女性の弁護士は記者団に対し、「検察は正義を手にする女性の権利を否定した」と検察の 対応を非難。これに先立ち、裁判所に新たな検察官を任命するよう要請した。一方、被告の弁護士は「被告は無実だと最初から主張し続けてきた」と述べ、満足 感を示した。
 ストロスカーン被告は5月14日、繁華街タイムズスクエアにある宿泊先のホテルで、部屋に入ってきた女性従業員ナフィサトゥ・ディアロさんに暴行したとして逮捕、訴追された。(2011/08/23-07:08

IMF・ストロスカーン前専務理事の訴追取り下げの書類を検察側が裁判所に提出

IMF(国際通貨基金)のストロスカーン前専務理事が、アメリカ・ニューヨークのホテルで女性従業員に性的暴行を加えたとして起訴されている事件で、検察側が22日、訴追の取り下げを裁判所に申し出た。
検察当局は22日、被害者の女性とその弁護士に「訴追の取り下げ」について説明を行い、ニューヨーク地裁に、正式に訴追取り下げの書類を提出した。
女性側の弁護士は、この決定について、「正義ではない」として、不満をあらわにしている。
23
日に行われる審理で、裁判長が訴追取り下げの最終判断を行うものとみられる。

(08/23 06:18)

IMF前トップへの訴追取り下げへ 性的暴行事件(08/22 08:40)

ホテルの女性従業員に対する性的暴行事件で逮捕・起訴されていたIMF=国際通貨基金の前専務理事、ドミニク・ストロスカーン被告(62)に対する訴追 を検察側が取り下げる方針であることが分かりました。被害女性の弁護士が、アメリカの複数のメディアに明らかにしました。

ストロスカー ン被告は今年5月、ニューヨークの高級ホテルの客室で、清掃係の女性に性的な暴行を加えたなどとして逮捕・起訴されました。しかし、その後、検察側は女性 の供述の信用性に問題が生じたとして、ストロスカーン被告の保釈条件の緩和に応じていました。アメリカのメディアは、23日に予定されている次の公判で、 検察側が訴追を正式に取り下げる可能性が高いと報じています。ストロスカーン被告は来年のフランス大統領選で有力候補ともいわれていました。今回の事件 後、IMFトップからの辞任に追い込まれたほか、フランス人女性ジャーナリストからも性的な被害で訴えを起こされています。

前IMFトップの裁判で検察が被害女性と会合へ、訴追取り下げか

2011082115:52 JST

 [ニューヨーク 20日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)の前専務理事であるストロスカーン被告が米ニューヨークのホテルで客室従業員に性的 暴行を加えたとして訴追された事件で、検察と被害女性ナフィサトゥ・ディアロさんが、次回審理の開かれる23日の前日に会合することが分かった。ディアロ さんの弁護士の1人、ダグラス・ウィグドー氏が20日、ロイターに明らかにした。

 ウィグドー氏によると、ニューヨーク・マンハッタン地区連邦検察局がディアロさんに書簡を送り、22日午後3時に会うよう要請。書簡に は、ディアロさんが会合に応じなかった場合、事件についての話し合いに興味がないものとみなすと記されていたという。ウィグドー氏は「さまざまな観点か ら、検察局が訴追を取り下げる可能性は否定できない」と語った。

 また、ディアロさんのもう1人の弁護士、ケネス・トンプソン氏も20日、米ニューヨーク・タイムズ紙に対し、「取り下げないのなら、彼女と会う必要はないだろう」と述べた。

 検察局のスポークスマンはコメントを拒否している。

 この事件をめぐっては、ディアロさんの供述に不審な点が多く信ぴょう性に欠けることから、検察が訴追を取り下げるのではとの見方が広がっていた。

 一方、元ニューヨーク州検事のポール・カラン氏は、世間の注目を集める裁判では、原告に進行状況を知らせるため、このような会合はよくあることだと指摘している。

8月20日、IMF前専務理事のストロスカーン被告(左)がホテルの客室従業員に性的暴行を加えたとして訴追され た事件で、検察と被害女性が、次回審理の開かれる23日の前日に会合することが分かった。マンハッタンで7月撮影(2011年 ロイター/Shannon Stapleton

米検察当局、前IMF専務理事の訴追取り下げへ=報道

2011082210:15 JST

 [ニューヨーク 21日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)の前専務理事であるストロスカーン被告が米ニューヨークのホテルで客室従業員に性的 暴行を加えたとして訴追された事件で、米検察当局は23日に予定される法廷尋問で、同被告に対するすべての訴えを棄却するよう判事に求めるとみられてい る。米紙ニューヨーク・ポストが21日、匿名筋の話をもとに伝えた。

 これによると、マンハッタン地区検察局は、同被告に対する訴えの取り下げを勧告し、それに至る経緯を説明する手続きを行う見通し。

 ストロスカーン被告は5月に起訴され、保釈後は自宅軟禁の状態にあったが、検察当局は6月下旬、暴行被害を訴えたギニア出身のナフィサ トゥ・ディアロさんが米国への亡命申請などで過去について嘘をついていたと発表。これを受けて、同被告の自宅軟禁は7月に解かれたが、出国は認められてい ない。

 NYポスト紙によると、検察は今回の手続きで、ディアロさんの信用性に関する懸念を細かく説明し、合理的疑いの余地なく容疑を立証できるとは考えていないことを明らかにする見通し。

 ロイターはこの報道内容を確認できていない。

 マンハッタン地区検察局はコメントを控えた。

8月21日、ストロスカーン前IMF専務理事の性的暴行事件で、米検察当局がすべての訴えを取り下げる方針だと米ニューヨーク・ポストが伝えた。写真はストロスカーン被告(左)と被害を受けたと主張しているナフィサトゥ・ディアロさん(2011年 ロイター)

検察、訴追取り下げか=前IMFトップ裁判-米紙

 【ニューヨーク時事】国際通貨基金(IMF)の前専務理事、ストロスカーン被告が米ニューヨークのホテルで客室係の女性に性的暴行を加えたとして起訴さ れた事件で、ニューヨーク・マンハッタン地区連邦検察局と被害者の女性側が、23日に予定されている次回審理の前日に会合を持つことが分かった。米紙 ニューヨーク・タイムズ(電子版)が20日伝えた。
 女性側の弁護士によると、会合は検察局が書簡で要請。審理の前に呼び出しを受けることについて、同弁護士は「訴因の一部かすべてについて取り下げられるからだ」と話しているという。
 5月14日に発生したこの事件をめぐっては、ストロスカーン被告が全面否認を貫く中、被害者の供述に不審な点が見つかり、公判の維持が困難になっていると報じられている。(2011/08/21-11:16

IMF前トップの訴追取り下げを申し入れ NY検察(08/23 10:20)

 ホテルの女性従業員に対する性的暴行事件で、IMF=国際通貨基金の前専務理事、ドミニク・ストロスカーン被告(62)に対する訴追を取り下げるよう検察が裁判所に要請しました。

  ストロスカーン被告は今年5月、ニューヨークの高級ホテルの客室で清掃係の女性に性的な暴行を加えたなどとして逮捕され、大陪審によって正式に起訴されま した。フィナンシャルタイムズなどによりますと、検察は22日、裁判所に対して訴追を取り下げるよう求める文書を提出しました。検察は文書のなかで、「被 害女性と被告が性交渉を持ったのは証明できるが、強制され、合意のなかったものだったとは言い切れない」「女性の供述に信用できない部分がある」などと理 由を説明しています。23日に予定されている公判で、裁判所が訴追を正式に取り下げる可能性が高くなっています。ストロスカーン被告は、来年のフランス大 統領選で有力候補ともいわれていました。今回の事件後、IMFトップからの辞任に追い込まれたほか、フランス人女性ジャーナリストからも性的な被害で訴え を起こされています。

IMF前専務理事:米で検察側が訴追取り下げ届を提出

 【ニューヨーク山科武司】国際通貨基金(IMF)前専務理事、ドミニク・ストロスカーン被告(62)が米ニューヨーク市のホテルで女性従業員に性 的暴行を加えたとされる事件で、検察側は22日、訴追の取り下げ届を裁判所に提出した。女性の証言の信用性が低く、犯罪を証明できないと判断した。23日 の審理で裁判官が正式に決定するが、仏大統領選の有力候補と目され、経済界や仏政界を揺るがしたIMFトップによる「性犯罪」は、裁判打ち切りで決着する ことになった。

検察官は22日、「被害者」のナフィーサト・ディアロさん(32)と弁護士に面会し、訴追取り下げを伝えた。弁護士は記者団に「検察は、この女性 が正義を実現する権利に背を向けただけでなく、捜査上の科学的証拠からも背を向けた」と非難。一方、前専務理事の弁護士は「当初から無実と指摘していた。 女性の供述が信用できない多くの理由がある」との声明を発表した。

検察側は裁判所に提出した書類で「収集した証拠では有罪には合理的な疑いが残る」と理由を述べた。ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は「祖国ギ ニアでの強姦(ごうかん)の証言がうそだったことなど、ディアロさんの供述が信用しきれず、公判維持は困難と判断した」と報じた。

前専務理事はフランスへ帰国でき、仏大統領選への出馬も可能となるが、AP通信によると世論調査で3分の2が「大統領候補にふさわしくない」と回答。仏社会党も立候補を認めない方針という。

毎日新聞 2011823日 1029分(最終更新 823日 1108分)

IMF前専務理事の訴追取り下げ申請 NY州検察当局

 

2011/8/23 10:04

 【ニューヨーク=弟子丸幸子】ホテル女性従業員への性的暴行罪などで起訴され、国際通貨基金(IMF)専務理事を辞任したストロスカーン 被告(62)の事件で、米ニューヨーク州検察当局は22日、裁判所に訴追の取り下げを申請した。告訴した女性の証言に虚偽とみられる内容があり、犯罪事実 の証明が困難と判断したため。裁判所は23日にも対応を決める。

米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が伝えた事件関係者の話によると、性的暴行を裏付ける有力な証拠とみられていた女性の外傷を巡り、体の部位によって負傷した時間に差があることなどが分かってきたという。

主要メディアの報道によれば、女性の着衣に付着した体液のDNAは鑑定の結果、被告のものと一致していた。しかし、強制的だったかを判断す るには物的証拠が不十分で、女性の証言の信ぴょう性が焦点となった。事件の翌日、女性が服役中の知人男性に電話し、ストロスカーン被告について「金持ち」 と語ったことも判明。数々の証言の食い違いや、過去に母国ギニアで性犯罪を偽証した経緯も問題視された。

事件は5月14日、ニューヨークの繁華街タイムズ・スクエアのホテルで発生したとされていた。被告は事件直後にケネディ国際空港で逮捕され、その後、性的暴行など7つの罪で起訴された。起訴を受けてIMF専務理事を辞任したが、一貫して無罪を主張している。

米検察、前IMFトップの起訴取り下げを申請

2011.08.23 Tue posted at: 09:53 JST

ニューヨーク(CNN) 国際通貨基金(IMF)前専務理事のドミニク・ストロスカーン被告がホテル客室係の女性に暴行したなどとして起訴された事件で、米ニューヨークの検察は22日、同被告に対する起訴の取り下げを裁判所に申請した。

ス トロスカーン被告は強姦未遂や性的暴行などの罪に問われていたが、検察側は、事実関係をめぐって新たな証拠が浮上し、女性の証言の信憑(しんぴょう)性に 疑問が生じたと説明。この日裁判所に提出した書面で「被害者と被告人との間に起きた出来事について真実がどうだったとしても、女性がついたうその内容と数 からして、その証言は信用できないと判断するに至った」と述べた。

裁判所は申請を受け、起訴取り下げを認めるかどうか判断する。次回審理は23日に開かれる予定。

こ れに対して、ストロスカーン被告に暴行されたと訴えていた女性、ナフィサトゥ・ディアロさんの弁護士は同日記者団に対し、「警察は強姦事件で女性が正義を 手にする権利を否定した。罪のない被害者に背を向けたばかりか、事件に関する法医学的、医学的証拠にも背を向けた」と批判した。

一方、ス トロスカーン被告の弁護士は歓迎の談話を発表し、同被告は無実であり、女性の訴えは信頼できないと一貫して主張してきたことが認められたと強調。「ストロ スカーン氏とその家族は、検察が我々の懸念を真剣に受け止め、公判は維持できないと自ら判断したことを歓迎している」とした。

この事件では、ディアロさんがニューヨークのホテルで当時IMF専務理事だったストロスカーン被告に性的暴行を受けたと訴えたことを受け、大陪審が5月に同被告を起訴した。

一方、同被告は一貫して無罪を主張。検察側はその後、ディアロさんの証言にうそがあったことが分かったとして、7月に同被告の自宅軟禁を解除していた。

ディアロさんはストロスカーン被告を相手取って民事訴訟を起こしているほか、担当の検事から不当な扱いを受けたなどとして、同検事をこの事件の担当から外すよう、22日に改めて申し立てを行った。

■ 検察、IMF前トップの起訴取り下げへ

ページ更新時間:20110823() 1000

IMF=国際通貨基金のストロスカーン前専務理事が性的暴行などの罪に問われている事件が急展開です。検察側は22日、女性の証言が信用できないなどとして、起訴取り下げが妥当とする勧告書を裁判所に提出しました。

この事件をめぐっては、被害女性が事件直後の行動などについてウソをついていたことが明らかになったほか、事件直後に女性が刑務所の服役囚と不審な電話のやりとりを行っていたことなども明るみに出て、検察側は女性の証言の信憑性を検証していました。

そして22日、検察は捜査の結果と照らしてみて女性の証言は信用できないとして、“起訴取り下げが妥当”とする勧告書を裁判所に提出。23日の裁判前手続きの中で、起訴取り下げが認められる見通しです。

「検察官は被害者に背を向けただけでなく、この事件のあらゆる証拠に背を向けた」(被害女性の弁護士)

暴行が行われたとされる部屋や女性の制服からは被告の体液が見つかっていますが、目撃者がいない中、信用性が疑われる女性の証言だけで暴行が行われたと証明することは難しいと検察は判断しています。

25ページにわたる勧告書は、同意の上での行為が行われた可能性をにおわす内容となっていますが、フランスの元大統領有力候補を失脚させたスキャンダルは、結局、真相がうやむやのまま幕引きを迎えることになります。(2309:15

ストロスカーン前IMF専務理事への公訴取り消しを申請-検察(1)

8月22日(ブルームバーグ):国際通貨基金(IMF)前専務理事のストロスカーン被告が宿泊していたホテルの女性客室係に性的暴行を加えたなどとして起訴された事件で、ニューヨークの検察は22日、性的暴行罪などすべての罪状の公訴取り消しを裁判所に申請した。女性客室係の供述の信ぴょう性が低く、犯罪事実の立証が困難と判断した。

マンハッタン地区検察局のバンス首 席検事は同日、ニューヨーク州地裁に提出した書面で、「原告女性の偽証により、女性と被告の接触の真実がどのようなものであろうと、合理的な疑いを超える 主張だと信じることはできない」と説明。さらに「科学的な物証や他の証拠は、被告との間で性急な性的接触があったことを示しているが、それが強制的かつ非 合意の接触だったとの原告主張を直ちに裏付けるものではない」としている。

ストロスカーン被告(62)は5月、滞在していたマンハッタンのホテルで、客室清掃に来た女性従業員ナフィサトゥ・ディアロさんに暴行したとして逮捕・起訴されたが、その後無罪を主張していた。

ストロスカーン被告の弁護士ビル・テイラー氏らは、「われわれは事件の当初から依頼人の無実を主張してきた。ストラスカーン氏と家族は検察がわれわれの懸念を真剣に受け止めたことを感謝している」とのコメントを発表した。

民事訴訟

原告のディアロさんの弁護士は「レイプ事件で正義を実現しようとして女性の権利を検察は否定した」と述べた。

ディアロさんは刑事裁判とは別に、「ホテル客室内で暴力と悲惨な行為を受けた」として、ニューヨーク州地裁に損害賠償(金額未定)を求める民事訴訟を起こしている。

更新日時: 2011/08/23 09:30 JST

IMF専務理事の性的暴行事件終結へ、検察当局が起訴取り下げを申請

  • 2011082309:46 発信地:ニューヨーク/米国

米 ニューヨーク(New York)で、検察当局による国際通貨基金(IMF)の前専務理事、ドミニク・ストロスカーン(Dominique Strauss-Kahn)被告の起訴取り下げ申請決定に憤りを示す被害者女性のナフィサトウ・ディアロ(Nafissatou Diallo)さん(左)と弁護士のケネス・トンプソン(Kenneth Thompson)氏(2011822日撮影)。(c)AFP/TIMOTHY A. CLARY

    • 国際刑事裁判所、カダフィ大佐次男の身柄移送を要請
    • 米NY検察当局、前IMF専務理事の起訴取り下げか

823AFP】米ニューヨーク(New York)の高級ホテルで女性従業員に性的暴行を加えた罪で国際通貨基金(IMF)の前専務理事、ドミニク・ストロスカーン(Dominique Strauss-Kahn)被告(62)が起訴された事件で、検察当局は22日、同被告に対する起訴の取り下げを裁判所に申請した。

申請は23日の審理で受け入れられる見通しで、ストロスカーン被告の体面を著しく傷つけ華やかな政治キャリアの汚点となった逮捕・起訴劇は、3か月で終結することとなる。

ニューヨーク検察当局は、裁判所に提出した起訴取り下げ申請文書のなかで、被告と被害者女性のナフィサトウ・ディアロ(Nafissatou Diallo)さん(32)との間に、同意の上ではない性的行為があった可能性は認めながらも、女性従業員がうその供述を繰り返したことについて、これが裁判で致命的となることは避けられないと説明している。

一方、22日、検察当局と面会したディアロさんは弁護士のケネス・トンプソン(Kenneth Thompson) 氏とともに記者会見を開いた。トンプソン氏は「マンハッタンの検察官は、性的暴行を受けた女性が裁判で正義を勝ち取る権利を否定した」と検察当局の起訴取 り下げ申請決定に対する怒りをあらわにした。面会はわずか15分足らずで終了した。(c)AFP/Sebstian Smith and Mariano Andrade

「ウソをついた」検察、訴追取り下げを申請 IMF前専務理事性的暴行事件

2011.8.23 09:04

ニューヨーク州の裁判所に出廷した際のストロスカーン被告=6月6日(AP)

クリックして拡大する

ニューヨーク州の裁判所に出廷した際のストロスカーン被告=6月6日(AP)

【ニューヨーク=黒沢潤】国際通貨基金(IMF)前専務理事のストロスカーン被告が5月、 ニューヨーク市内のホテルで、女性従業員のナフィサトゥ・ディアロさん(32)に性的暴行を加えたとして起訴された事件で、検察当局は22日、裁判所に対 し訴追の取り下げを申請した。

同事件をめぐっては、ディアロさんの証言に不審な点があるとして、検察が訴追取り下げを検討していた。23日に予定される審理で裁判官が事件の取り扱いについて最終判断を下す。

ディアロさんと弁護士は22日、検察から訴追取り下げについて説明を受けた。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によれば、検察はディアロさんに対し、「あなたは私たちにたびたびウソをついた。裁判では勝てない」と伝えたという。

ディアロさんの弁護士はこの後、記者会見し、「検察は女性が正義を獲得する権利を否定した。犠牲者に背を向けるだけでなく、事件の証拠にも背を向けた」と検察側を非難した。

一方、ストロスカーン被告の弁護士は声明で、「私たちは事件の直後から、依頼人(被告)が無実だと主張し続けてきた」と述べた。

同紙によれば、ストロスカーン被告の母国フランスでは、今回の検察側の判断をたたえる声が多いというが、女性有権者の間では、政界進出も狙うとされる同被告への信頼感が著しく低下しているという。

K

machikawaco3 について

a TORO lawn mower dealer in Japan
カテゴリー: NEWS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中