東北地方太平洋沖地震 (宮城三陸沖M8.4->8.8->9.0地震,8.9USGS) 福島第一(1、2、3号基)第二原発(1,2,4号基)降灰関係 2011/03/11 part 4-10

y


原爆投下後の広島のセシウム濃度 493 Bq/m2 vs 3月21日、東京のセシウム濃度 5300 Bq/m2

計画的避難、3千世帯の1万人対象 5市町村で実施

2011年4月22日14時18分

図:計画的避難区域と緊急時避難準備区域など拡大計画的避難区域と緊急時避難準備区域など

 枝野幸男官房長官は22日午前の記者会見で、福島第一原発から半径20キロ圏外の避難計画を発表した。震災発生から1年間の累積放射線量が20ミリシー ベルトを超えそうな福島県の5市町村にある地域を「計画的避難区域」に指定し、5月末までに住民を避難させる。約3千世帯の計約1万人が対象となる。

対象地域は、飯舘村の全域(対象住民約1700世帯、約6200人)と川俣町の一部(同約300世帯、約1200人)のほか、20キロ圏内をのぞく浪江 町(同約500世帯、約1500人)と葛尾村(村人口約500世帯、約1600人)の全域。さらに21日まで対象外の方向で調整していた南相馬市は飯舘村 と浪江町に隣接する森林地区(対象住民7世帯、10人)だけ含めることにした。

ほとんどの区域住民が新たな計画避難を迫られる飯舘村と川俣町には現地政府対策室を設置。総務、厚生労働、農林水産、経済産業の各省から計8人を派遣して常駐させる。

一方で、20〜30キロ圏内などで計画的避難区域から外れる地域の大部分を「緊急時避難準備区域」に指定した。広野町の全域と、南相馬市、田村市の一 部、楢葉町、川内村の20キロ圏内をのぞく全域で、約2万4千世帯の6万7千人近くが対象になるとみられる。政権は放射性物質の大量放出などに備え、圏外 避難などを準備しておくよう求めた。

菅直人首相は22日、原子力災害対策特別措置法に基づいて20〜30キロ圏内に出していた屋内退避指示の解除と、計画的避難区域と緊急時避難準備区域の設定を福島県知事や関係市町村長に指示した。

計画避難は22日から始まる。枝野氏は終了時期について「5月下旬がめどになる」と語った。今後、放射性物質のモニタリング結果に基づいて両区域の見直 しを行う方向だ。枝野氏は避難期間について、東京電力が示した収束見通しを取り上げ「6カ月から9カ月先の段階で環境モニタリングのデータを集積、分析し て見直しを行う」と述べた。


【福島】一日だけの名残の校舎 飯舘村で小中入学式

2011年4月22日12時1分

写真:小中学校合同の入学式で名前を呼ばれ、立ち上がる児童=20日午後2時11分、飯舘村の飯舘中学校拡大小中学校合同の入学式で名前を呼ばれ、立ち上がる児童=20日午後2時11分、飯舘村の飯舘中学校

福島第一原発事故の影響で、「計画的避難区域」に近く指定される見通しの飯舘村の飯舘中学校で20日、小中学校の合同入学式があった。村内の学校は21日から隣の川俣町の中学と高校の空き教室で授業をするため、新入生は1日だけで校舎とお別れした。

小学3校の計37人と中学1校の46人が出席。広瀬要人教育長はあいさつで「村は大きな課題に直面しているが、負けるわけにはいかない。村を再建する力になって」と呼びかけた。

21日からの学校生活では、給食はおにぎりやパン、牛乳など簡素にし、一つの教室を2学級で使うなど不自由を強いられる。村から通う子どもにはバスを用意し、定期的に放射線の影響を検査する。

菅野龍(りょう)さん(12)は「卒業するまで飯舘中の校舎に戻れなかったら、なんて考えちゃうけど、放射線なんかに負けたくない」。兄と姉も同校を卒業した高野詩織さん(12)は「早く私もここに通えるようになりたい」と話した。

唐木知子先生(29)は3月まで担任した1年2組の黒板にメッセージを書いた。「みんなが無事で毎日元気にしていることが何より大切。みんなで学校生活を送れることに感謝して困難を乗り越えていこう!」

前任校で受け持った生徒の家族が、大津波にのまれて命を落とした。「生きてさえいれば、必ずいいことはある。前を向いて強い気持ちで生きていこう。生徒たちにそう伝えたい」(松川敦志)


家畜の区域外移動に政府も最大限支援 官房長官

政治ニュース2011/04/22(金) 16:47

 枝野幸男官房長官は東京電力福島第一原発事故に伴う計画的避難区域や緊急時避難準備区域から家畜を区域外に移動させたり、出荷する場合に「(政府として)最大限支援していきたい」と22日、語った。

具体的な対応では(1)1頭ずつ放射線検査し、一定の基準を超える場合には除染する(2)1頭ごとにチェックリストを作成する(3)畜舎内で養 育されていたこと(4)適切に管理された水と飼料を与えられていたことなどを(5)福島県家畜保健衛生所が確認する(6)移送にあたってのトラックのタイ ヤも除染する(7)食肉についても県として所要のモニタリングをすることなど、こうしたことに対し、政府として最大限の支援をしていきたい、とした。

今回、計画的避難区域に指定された飯舘村では畜産農家が240戸あり、2861頭が飼われている。畜産農家にとっては家族同然の牛たちだけに、 飯舘村に開設される現地政府対策室に対しては家畜農家の避難計画と並行して家畜の避難計画が適切、迅速に立案されていくことが期待される。(編集担当:福 角忠夫)


福島5市町村、計画的避難区域に 5月下旬に避難完了

主要/2011年04月22日 12:25

警戒区域、計画的避難区域と緊急時避難準備区域

政府は22日、福島第1原発から半径20キロの警戒区域の外側で、放射性物質の累積量が高い地域を「計画的避難区域」に指定した。原子 力災害対策特別措置法に基づく対応で、福島県飯舘村の全域、葛尾村、浪江町、川俣町、南相馬市のそれぞれ一部が対象。半径20キロ圏内の「警戒区域」など と併せ、コメの作付けを制限する。枝野幸男官房長官が午前の記者会見で発表した。

指定された5市町村の住民は順次、避難を開始。枝野氏は5月下旬をめどに避難を完了させる考えを示した。政府は福島県や各自治体と協議し、住民の避難先確保を急ぐ。将来、対象地域の安全が確認されれば土壌改良を実施し、段階的な避難解除を検討する。

対象地域設定では、国際原子力機関(IAEA)などの基準値を考慮。原発周辺のモニタリングに基づき、事故発生から1年以内の積算線量が20ミリシーベルトに達する恐れのある地域を対象とした。

会見で枝野氏は「さらに大きなご苦労をおかけし、大変申し訳ない」と陳謝。現時点で住民の大半が居住している飯舘村、川俣町に現地政府対策室を置き、支援に当たる方針を発表した。

政府は、地元で要望が強かった牛など家畜の移動に向け、放射性物質の全頭検査を実施する。枝野氏は原発周辺地域の環境モニタリングを強化し、放射線量分布マップを策定する方針も示した。

また政府は、福島第1原発から半径20〜30キロ圏内で、計画的避難区域に入らない広野町の全域、楢葉町、川内村、田村市、南相馬市のそれぞれ一部について「緊急時避難準備区域」に指定した。住民に対し、緊急時に屋内退避や避難ができるよう準備を求める。

ただ、物資輸送などで一時的に立ち入ることは問題ないとして、枝野氏は「生活物資の運搬をお願いしたい」と求めた。

これに伴い、政府は半径20〜30キロ圏内の屋内退避指示を解除した。一部が30キロ圏内のいわき市は、緊急時避難準備区域の対象にしなかった。

経済産業省原子力安全・保安院によると、計画的避難区域の対象人口は約1万500人、緊急時避難準備区域の対象人口は約6万7千人。政府は11日、両区域を設定する方針を発表していた。


US Government Admits Radiation Found In Milk from Washington State (ワシントン州で牛乳から放射能検出、ノーベル物理学者は放射能に安全値はないと明言)

And there is a lot more to come:

“Nuclear radiation is forever,” she added. It doesn’t dissipate or disappear. Jeff Patterson, former Physicians for Social Responsibility president said, “There is no safe level of radionuclide exposure, whether from food, water or other sources. Period.” In 1953, Nobel laureate George Wald agreed saying “no amount of radiation is safe. Every dose is an overdose.”

“Radioactive iodine releases from Japan’s Fukushima Daiichi reactors may exceed those of Three Mile Island by over 100,000 times….While Chernobyl had one source of radioactivity, its reactor, there are seven leaking radiation sources at the Japanese site. Together, the three damaged reactors and four spent fuel pools at Fukushima Daiicho contain (much) more long-lived radioactivity, notably cesium-137, than the Chernobyl reactor.”

“The radioactive (iodine-131) fallout is now as much as 73 percent of the daily radiation emitted from Chernobyl following its meltdown disaster.” For cesium-137, it’s 60%.

“I hate to say it, but I am pessimistic….We have to think of all six (reactors) going down, and the possibility of that happening is not low.”
Updating Japan’s Nuclear Disaster

The US like now the EU has raised radiation limits for food:

EU Erhöht Grenzwerte Drastisch! EU Raises ‘Safe Level’ of Cesium in Japanese Food By 20 Times!

EU Drastically Raises Radiation Limits For Food! – EU Erhöht Drastisch Die Strahlungs-Grenzwerte Für Lebensmittel!

And those criminals will continue to play that game if necessary. All is well no need to prepare, which is exactly what the people in Japan were told before.

That recommendation says it all:

International Commission Recommends Japan Temporarily Increase Radiation Limits For Public

Raw milk is poison, whereas irradiated milk is safe!


Radiation Traces Found in U.S. Milk

(Wall Street Journal) –The U.S. government said Wednesday that traces of radiation have been found in milk in Washington state, but said the amounts are far too low to trigger any public-health concern.

The Environmental Protection Agency said a March 25 sample of milk produced in the Spokane, Wash., area contained a 0.8 pico curies per literlevel of iodine-131, which it said was less than one five-thousandth of the safety safety guideline set by the U.S. Food and Drug Administration.

The EPA said it increased monitoring after radiation leaked from Japan’s Fukushima Daiichi nuclear plant. It expects more such findings in coming days, but in amounts “far below levels of public-health concern, including for infants and children.”

Iodine-131 has a half-life of about eight days, meaning levels should fade quickly. “These findings are a minuscule amount compared to what people experience every day,” the agency said.

For example, a person would be exposed to low levels of radiation on a round trip cross country flight, watching television, and even from construction materials,” Patricia Hansen, an FDA senior scientist, said in a written statement distributed by the EPA late Wednesday.

The FDA last week said it will block imports of Japanese milk products and certain other foods produced in the area around the Fukushima nuclear facility because of concerns about radiation contamination.

An EPA spokesman said that while the agency isn’t certain that the iodine-131 found in the sampled milk came from Fukushima, its discovery is “consistent with” what the agency knows has been released so far from the damaged nuclear reactors there.

“We know we don’t normally see iodine-131 in milk. We know there’s been an incident where it’s been released,” the spokesman said. “And now we’re seeing it.”

Dairy industry officials stressed that products remained safe.

“Consumer safety is the highest priority for dairy farmers and dairy foods companies, and today’s report by EPA and FDA confirms that our nation’s dairy products continue to be safe to eat and drink,” said Rob Vandenheuvel, general manager of the Ontario, Calif.-based Milk Producers Council, which represents dairies in Southern and Central California. “We recognize the concerns of our consumers, and the U.S. dairy industry will continue to work closely with federal and state government agencies to ensure that we maintain a safe milk supply.”

ASIA NEWS
MARCH 31, 2011

Source: The Wall Street Journal


Is It Safe to Eat Sushi? The Experts Weigh In

(寿司は食べてだいじょうぶ?->日本政府の公表データが信頼できるかによる、うすまった放射能より寿司の水銀汚染の方が有害)

When the Fukushima nuclear crisis–now ranked at level 7– banned certain Japanese exports, we all wondered what effect the disaster would have on something San Franciscans love to eat: sushi. Henry Icinose of San Francisco’s ABS Seafood Inc., the fish supplier to ICHI Sushi in Bernal Heights, tells 7×7 that most of the fish his company purchases comes from the Fukuoka area of Japan, far south of Fukushima, below Tokyo and Sendai. “To put it into perspective,” he tells us, “the distance from Sendai to Fukuoka is roughly the equivalent of Seattle to San Francisco.” Ichinose also says that the radiation levels in fish are checked every 6 hours in Japan, and that the FDA is closely monitoring imports from Japan, including seafood from areas other than of the Fukushima, Ibaraki, Tochigi and Gunma prefectures.

We also spoke with the Director of the Nuclear Engineering and Radiation Health Physics at Oregon State and an expert in radioecololgical benchmarks, Professor Kathryn Higley. “People need to understand the iodine releases have basically stopped from the plant,” she says. “There might be some runoff, but the hefty discharges stopped over a month ago. Dilution is a pretty phenomenal thing.” While she cannot 100-percent guarantee that it’s impossible for Cesium-137 to show up in area wildlife, she does say that it’s unlikely anyone would get a “whopping high dose.” She also emphasizes that toxic organisms and mercury, which are regular risks associated with sushi, are far more of a concern than radiation.

As for the cooling water dumped into the ocean, Higley assures us it’s not a concern either. And while to some it may seem like an irresponsible decision, Higley says, “The doses generated are very low, so while it’s not the most desirable solution to dump that water into the ocean, considering the situation they were dealing with, it was the best choice.” She also notes that problems would occur only if people in the area ate and continued to eat contaminated fish, but that is unlikely to be a problem. While she hasn’t seen good data, she assumes that due to the tsunami, “the fisheries in that area are trashed.”

So, if you were having second thoughts about eating Japanese-sourced fish because of radiation concerns, rest assured. In addition to FDA and Japanese government checks, Higley points out that there are a ton of eyes on the situation right now, including several environmental organizations like Greenpeace, so any attempt to gloss the dangers by either government will fail. And in many ways, the upside of this disaster is a greater insistence on government transparency. She says, “The hard lesson here is really transparency and getting this information out so that people can trust their various governments.”

By Jess Hemerly on April 18, 2011 1:14 PM

EU secretly ups cesium safety level in food 20-fold

(EUは原発災害の緊急時には食品の放射能汚染許容値を20倍(オイルは600ベクレル/kg->12500ベクレル/kg)に引き上げて食糧不足を回避する決定を市民に公表しないで決めた。)

By Alexander Higgins

Kopp Online, Xander News and other non-English news agencies are reporting that the EU implemented a secret “emergency” order without informing the public which increases the amount of radiation in food by up to 20 times previous food standards.

According to EU by-laws, radiation limits may be raised during a nuclear emergency to prevent food shortages.

But there is anger across Europe because this emergency order was issued while officials say there is no threat to the food.

Food Watch is quoted [using Google translator]:

These rules now to bring into force is absurd, because in Europe there are no nuclear emergency, and certainly no shortage of food.

The European Union has authorized radioactive load in foods in Japan has increased substantially. Until now, a maximum of 600 becquerels of radioactivity (cesium 134 and cesium 137) per kilogram allowed, but since last weekend for example oil or herbal suddenly 12,500 becquerels per kilogram, more than 20 times as high. The increase was recorded in Emergency Ordinance 297/2011 on March 27 and was in force.

While politicians talk about “enhanced control measures” and “special protection standards” is universally silent on the huge increase in the allowable limits in food in Japan. Nevertheless we are reassured with the assurance that we have no worry about radioactive products from Japan.

Explain why a 20 times as high value would make no difference for the consumer safety did not come.

According to the Food Watch advocacy does this policy provides greater confidence of European citizens in the EU measures. Food Watch wants an immediate ban on all goods coming from the affected region are Japanese. Incidentally, in Europe there is very little food imported from Japan.

Read the full post here.

And see this Above Top Secret thread, which also quoted wiki:

Caesium-137 is water-soluble, and the biological behavior of caesium is similar to that of potassium and rubidium. After entering the body, caesium gets more or less uniformly distributed through the body, with higher concentration in muscle tissues and lower in bones. The biological half-life of caesium is rather short at about 70 days.[6] Experiments with dogs showed that a single dose of 3800 μCi/kg (approx. 44 μg/kg of caesium-137) is lethal within three weeks.[7]

Accidental ingestion of caesium-137 can be treated with the chemical Prussian blue, which binds to it chemically and then speeds its expulsion from the body.[8]

####

This follows the US EPA raising the safety level of radionucleids up to 100,000 fold.


Is USA food, milk & water safe to consume?カリフォルニアの野菜、ミルク、チーズは放射能汚染が低くても影響がでやすい子供、妊婦、母乳を与えている女性は避けた方がいい。(雨水、葉物、フレッシュミルク、クリーミーチーズ)4/7/2011

Pages:
ATS Members have flagged this thread 4 times
Topic started on 16-4-2011 @ 12:53 PM by againuntodust

They’ve confirmed low radiation levels in Californiavegetables.Is it safeto consume these products if you don’t live in California? France just put out a warning…

The document, published on 7 April, advises against consuming rainwater and says vulnerable groups such as children and pregnant or breastfeeding women should avoid consuming vegetables with large leaves, fresh milk and creamy cheese.

They say the risk is no longer negligible, and they also say the US has more radiationthan them!

Data for the west coast of the United States, which received the Fukushima radioactive fallout 6-10 days before France, reveals that levels of radioactive iodine-131 concentration are 8-10 times higher there, the institute says.

So my question is, if France is getting radiated food and it’s unsafe, does that mean it’s unsafe all through-out the US? Is the radiation limited to California? I doubt it, since they saw radioactive rainwater in Massachusetts. What’s the story? Are milk, vegetables, grass & the animals who eat it, now unsafe to eat?

reply posted on 16-4-2011 @ 12:57 PM by RADHESYAM

BAHAHAHA – flouride, GMO, Hormones …it wasnt safe BEFORE the Japan Nuke meltdown!!

reply posted on 16-4-2011 @ 12:58 PM by againuntodust

Originally posted by RADHESYAM
BAHAHAHA – flouride, GMO, Hormones …

it wasnt safe BEFORE the Japan Nuke meltdown!!

True, and I tried avoiding those things. So if I need to avoid other stuff, I need to know what it is, and for how long to avoid it.

白雪姫が「日本のリンゴ?」 英字紙漫画に総領事館抗議

 21日、国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンに掲載された白雪姫とおばあさんの漫画(共同)

【ニューヨーク共同】国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンは21日付の論説欄の1こま漫画で「日本」「放射線」と書かれた新聞を持つ白雪姫が、リンゴを手にするおばあさんの方を向いて「日本から来たの?」と険しい顔で尋ねる場面を掲載した。

ニューヨークの日本総領事館は同紙を傘下に持つニューヨーク・タイムズ社に同日「日本からの食品に関して根拠のない不安をあおりかねない」と抗議した。

漫画は中国英字紙チャイナ・デーリーの漫画作者によるものと注記されているが、転載されたものかどうかは不明。

グリム童話の「白雪姫」では、白雪姫が毒リンゴをかじって倒れる。抗議は総領事館の川村泰久・広報センター長が申し入れ「日本産食品は日本でも米国でも十分な放射線検査をし、消費者は全く心配する必要がない」と述べた。

2011/04/22 11:04   【共同通信】


4兆153億円の復旧予算を決定 1次補正で「阪神」超える

 政府は22日、東日本大震災からの復旧に向けた総額4兆153億円に上る2011年度第1次補正予算案を閣議決定した。がれき撤去や仮設住宅の建設、道路の修復などで年度内に見込まれる費用を盛り込んだ。28日に国会に提出し、5月2日にも成立する見通し。

1次補正の規模は、阪神大震災の復旧・復興のため編成した3度の補正予算の計3兆2298億円を既に上回る。政 府は当初、阪神の例を参考に4月中旬の迅速な提出を目指していたが、与野党の対立から日程がずれ込み、本格的な復興資金を計上する2次補正以降の編成に課 題を残した。

1次補正の内訳は、道路や港湾、農地の修復といった公共事業が1兆2019億円で最大。10年度の予備費と合わせて10万戸を目指す仮設住宅の建設には3626億円、がれき処理には3519億円を投じる。

家計の担い手が死亡した世帯に500万円を支払う災害弔慰金などに485億円、住宅を再建した場合に最大300万円を支払う被災者生活再建支援金には520億円を計上した。

財源には基礎年金の国庫負担分の一部に充てる予定だった約2兆5千億円の臨時財源を転用。子ども手当上積みの見送りと高速道路の無料化凍結、「休日上限千円」撤回で約5500億円を捻出した。

11年度当初予算の経済危機対応・地域活性化予備費は8100億円全額を使い切り、国債の増発は回避する。

今後の焦点は、被害額が最大25兆円とされる震災からの復興へ大規模な予算を投じる2次補正の歳出や財源に移る。歳出は拡大する一方、景気悪化により税収の下振れもほぼ確実。増税や国債の大量発行が不可避とされ、政府はさらに難しい財政運営を迫られる。


放射性物質:福島・川俣で最高値 南相馬のセシウムも

 文部科学省は25日、福島第1原発から北西約45キロの福島県川俣町で、20日に採取した土1キログラム当たりから放射性ヨウ素15万1000ベ クレル、放射性セシウム1万5100ベクレルが検出されたと発表した。19日採取分のヨウ素8万5400ベクレル、セシウム8690ベクレルを上回る最高 値。北約25キロの南相馬市でも20日採取分のセシウムが4850ベクレルと最高値となった。

そのほか、南西約40キロの小野町(ヨウ素1万4100、セシウム4630)▽西約40キロの田村市(同5390、同1250)▽南約45キロの いわき市(同3万700、同1220)=単位ベクレル=が、18~21日採取分から検出された。小野町、いわき市は初調査。23日の調査でヨウ素117万 ベクレル、セシウム16万3000ベクレルが検出された飯舘村は新たな計測は行われていない。

都道府県に設置するモニタリングポスト(自動観測局、MP)は、25日午前9時時点で、茨城県0.285マイクロシーベルトなど7都県で通常値を超えた。数値は24日からほぼ横ばい。

一方、原発から25~55キロ離れた福島県内の33カ所の屋外で、25日午前7時半~午後2時28分にモニタリングカーで調査したところ、1時間 当たりの大気中の放射線量は0.5~92.5マイクロシーベルト。24日採取した沖合約30キロの8地点の海水1リットルからは、ヨウ素 16.9~59.1ベクレル、セシウム8.32~26.1ベクレルが検出された。いずれも健康に影響はないという。【篠原成行】

毎日新聞 2011年3月25日 20時00分


米タイム誌:「最も影響力ある100人」に南相馬市長ら

2011年4月22日 10時16分 更新:4月22日 10時49分

福島県南相馬市の桜井勝延市長

福島県南相馬市の桜井勝延市長

菅野武医師=共同

菅野武医師=共同

【ニューヨーク山科武司】米タイム誌は21日発表した「世界で最も影響力のある100人」に、福島第1原発事故での政府対応を動画投稿サイト 「ユーチューブ」で厳しく批判した福島県南相馬市の桜井勝延市長(55)と、宮城県南三陸町の公立志津川病院、菅野武医師(31)を選んだ。

同誌は2人の選出理由をそれぞれ、「11分間のビデオでの訴えで、効率の良さで知られた国で、弱者にもたらされた災厄に世界中が共感した」「津波警報後に患者の上階への搬送を即座に開始。その後、患者全員が救出されるまで病院にとどまった」などと説明した。

「100人」には今年、オバマ米大統領とミシェル夫人が別々に選ばれたほか、近く結婚する英王室のウィリアム王子と婚約者のケイト・ミドルトンさん、ミャンマーの民主化運動指導者アウンサンスーチーさんらも選ばれた。100人はタイムが毎年、独自に選出し、順位はない。

一方、一般からのネット投票で選ぶ別の「影響力のある100人」では、福島第1原発で作業に従事する「福島原発の作業員」が2万4789票を集めて16位となった。1位は49万2634票を集めた韓国のポップスター、Rain(ピ)さんだった。


避難者、訴え必死/首長らに謝罪

2011年04月22日

写真

避難所を訪れた菅直人首相の手にすがりつく女性もいた=21日午後2時28分、郡山市のビッグパレットふくしま、相場郁朗撮影

●菅首相が県内入り

菅直人首相が21日、県内入りし、田村市や郡山市の避難所などを訪れた。「安心できる対策を」「正しく早く連絡がほしい」。住民や自治体のトップの声は首相に届いたか。

「大丈夫ですか」。郡山市を訪れた菅首相は、県内最大の避難所・ビッグパレットふくしまで避難者に次々と声をかけて回った。

「お願いします」。富岡町の木工業杉本省作さん(55)は状況を改善してほしい一心で2、3回、首相に必死で呼びかけた。特に返事はな かったが「実際の避難所の様子を見てもらえてよかった。今日の視察を生かして、少しでも早く私たちが安心できる対策を講じてほしい」と話した。

福島第一原発1〜4号機がある大熊町の渡辺利綱町長と、田村市の冨塚宥〓(ゆう・けい)市長は、約60人が避難する同市の総合体育館で首相と面会。首相からは住民の長引く避難生活に対しての謝罪があったという。

面会後、報道陣の取材に応じた渡辺町長らによると、町長らが原発事故の一日も早い収束と避難住民への今後の生活支援を求めたのに対し、首相は「事故収束に国として全力を挙げて取り組む。住民には避難生活で苦労をかけている」と謝罪したという。

2市町長は、国から関連自治体への連絡は迅速、正確に▽個人でアパートを借りた避難住民への住宅費の手当て▽東電からの賠償金仮払いの今後のスケジュールを明らかにする——などを要望。首相は、連絡態勢の是正や住民の生活支援に取り組むと話したという。

渡辺町長は「総合体育館にも最初は2千人以上いた。正直に言えば、もっと早い時期に来てもらいたかった」。冨塚市長は「来ることはいい。でも頭に来ている。田村市民300人がいる近くの避難所にも来てあいさつしてほしかった」と憤りをあらわにした。

これに先立ち、首相は県庁に佐藤雄平知事を訪ねた。約30分間の会談後、首相は県庁内に置かれた国の原子力災害現地対策本部を視察。佐藤 知事は記者団の取材に応じ、「警戒区域や避難区域の話は地元首長や住民の了解を得ることが前提だ」と要請すると、首相は地元のみなさんの話を最優先にす る、と応じたと述べた。(渡辺志帆、霜田紗苗、村上晃一)

◎仮払い賠償金で東電説明/双葉・浪江の住民ら 怒声や質問相次ぐ

双葉町民500人以上が避難生活を送る猪苗代町のホテルで21日、東京電力の仮払い賠償金の説明会が開かれた。冒頭、東電の社員が全員で 「双葉町をはじめ多くの人にご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝罪。質疑応答では、「20キロ圏内と、20キロ〜30キロ圏で金額が同じなのは考え ものだ」「ローンを払い終わっていない人への補償は」などと質問が相次いだ。

浪江町民が避難する二本松市の体育館でも同様の説明会があり、町民から「いつ自宅に戻れるんだ」「来るのが遅い。1世帯100万円なんてすぐになくなるぞ」などと怒声が飛んだ。

 いわき市の久之浜・大久地区住民による復興対策協議会への説明は20日にあった。出席者から「精算の結果、返金もあるのか」「避難所と有料の宿泊施設を利用した住民を区別するのか」などの質問が出た。

現場の東電社員のストレスを危惧 診察の産業医が訴え   2011/4/20 05:24

福島第1、第2原発の東京電力社員約90人を16〜19日に現地で診察した愛媛大医学部教授の谷川武医師(49)=公衆衛生学=が共同通信の取材に応じ、 「不眠を訴える人も多く、このままではうつ病や過労死のリスクがいっそう高まる」と指摘、入浴や食事の環境を整え、休息が取れるよう配慮すべきだと訴え た。
「危険な作業」「被災者」「肉親や友人の死」「加害者」の四重のストレスを感じている人もおり、早急に精神的ケアが必要な状態だという。
谷川医師は1991年から福島第1、第2原発の非常勤産業医。今月16日から4日間にわたり、第2原発の免震重要棟に寝泊まりしながら診察した。
谷川医師によると、中には24時間態勢で作業に従事し、一時、外出を禁止されていた人もいた。最初は1日1食、現在は3食になったが、缶詰やレトルト食品が中心の偏った食事だという。
第1原発で作業を終えた人は除染し、第2原発の敷地内にある500人収容の体育館で雑魚寝。畳を敷き詰め、その上に防寒シートを敷き、毛布と寝袋にくるまる。幹部以外は「4勤2休」のシフトで、4日間は入浴できない。
谷川医師は「通気性のない防護服は大量の汗をかく。疲れも取れず、さまざまな病気や皮膚疾患になりやすいだけでなく、作業ミスも生みかねない」と懸念する。
約30人を問診したところ、危険な作業の重圧に加えて、「家族に『行かないで』と言われながら仕事に行っている」「家を失い、休日は避難所で生活しているが、住民から厳しい視線にさらされている」―など強いストレスがうかがわれたという。
谷川医師は「現場社員の8割以上が原発20キロ圏内に住まいがあり、中には家族を失った人もいる。一方で『加害会社に勤めている』との負い目を抱え、声を上げられていない」としている。

【写真説明】 福島第2原発の体育館で寝泊まりする東電社員や作業員=16日(谷川武医師提供)


ローン返済を最長5年猶予 住宅機構、液状化にも対応

 地震による液状化で被害を受けた千葉県浦安市=3月27日

国土交通省は21日、独立行政法人の住宅金融支援機構を通じて実施する東日本大震災を受けた住宅再建支援策を固 めた。住宅の新築で機構のローンを利用すれば、当初5年間は無利子とした上で、元金の返済も最長で5年間猶予。建物に損傷がなくても液状化などで宅地や擁 壁に被害があった場合、整地や修理に最高1020万円を融資する。

阪神大震災と同様の特例で、2011年度第1次補正予算の成立を待って受け付けを始める。

災害時の機構ローンは通常、半壊以上の被災者が住宅を建て直す場合、基本融資で最高1460万円を借りられ、金利は全期間固定で1・87%(21日時点)。支援策では、この条件に加え当初5年間は無利子、元金返済猶予となる。

既に機構ローンを利用中の被災者にも返済を最長5年間猶予した上で、利子負担も軽減。住宅や宅地の補修への融資でも、金利を1%未満に引き下げる。

国交省によると、液状化による地面の傾きの修復には宅地1件当たり500万~1千万円かかるという。

阪神大震災では新築と補修に計7万714戸が利用。当時は兵庫県などが設立した基金と国費による利子補給で実質無利子にしたが、今回は当面の措置として国が利息分を全額手当てする。

2011/04/21 19:12   【共同通信

汚染水、6月まで建屋に…3号機は移送せず

福島第一原子力発電所の高濃度汚染水の処理問題で、東京電力は21日、集中廃棄物処理施設に移送するとしていた2、3号機の高濃度汚染水のうち、3号機の汚染水は同施設へは移送せず、6月稼働を目標にしている浄化システムを使って処理する方針を明らかにした。

同施設の容量に限界があることが判明したからで、19日から1万トンの移送を始めた2号機の汚染水も残り全ては収容できず、3号機分までは手が回らないと判断した。

この結果、1〜3号機のタービン建屋周辺にたまっている汚染水は、少なくとも6月までは回収できない可能性が高くなった。これは、原子炉安定化に向けたタービン建屋内での作業も6月までは着手できないことを意味する。

(2011年4月22日03時06分  読売新聞)


福島産野菜の率先利用を 仙谷氏、府省に要請

(04/06 08:11)

仙谷由人官房副長官は5日の東日本大震災に関する各府省事務次官連絡会議で、福島第1原発事故の風評被害を受けた農家を支援するため、中央府省が率先して福島県産の野菜など農畜産物を利用するよう要請した。

風評被害に関連し「被災地の皆さんは苦しんでいる。首相官邸や中央官庁の食堂で仕入れてほしい」と呼び掛けた。


子どもの安全基準、根拠不透明〜市民の追及で明らかに(前編)

福島老朽原発を考える会をはじめ3団体の呼びかけで21日、文部科学省が児童の放射線許容量を年間20ミリシーベルトとする安全基準を出したことに関して、その数値を撤回

­するよう交渉を行った。出席した文部科学省と内閣府原子力安全委員会の担当者は、ほとんどの質問に対して回答することができず、子どもの安全基準の根拠が不透明であり、き­ちんとしたプロセスがとられていない可能性があることが明らかとなった。

交渉に出席したのは、文部省のスポーツ青少年局学校健康教育課や原子力安全委員会事務局などの係長クラス4人。文部省の担当者に対して、主催者側から「20ミリシーベルト­が放射線管理区域よりはるかに上回るレベルであることを理解しているか」との質問に対し、「個人的に、放射線管理区域は存じていない」と回答。管理区域の線量レベルが年間­5ミリシーベルトであり、労働基準法上18歳以下が働いてはいけないことになっていることや、20ミリシーベルトは原発労働者が白血病になった際、労災認定されるレベルで­あることなどを知らなかったことから、会場からは「そんなことを知らずに決めていたのか」との声があがり騒然とした。

また、20ミリシーベルトという安全基準を誰が決めたのかとの質問に対し、内閣府原子力安全委員会の事務局担当者は、19日に内閣府原子力安全委員会が「問題なし」と決定­し、助言したと回答。しかし、5人の委員が会合を開いた事実はなく、また議事録も見たことがないという。更に、国の設定した20ミリシーベルトには食物などや土ホコリなど­による内部被ばくなどは含まれてないことがも判明し、再び会場は騒然とした。

1時間半近くにわたる政府交渉の結果、市民からは、子どもたちは既に校庭で遊び初めており、一刻も猶予がないとして、(1)20ミリシーベルトの基準を撤回して欲しい(2­)少なくとも、20ミリシーベルトを安全とする根拠や審議の過程等が示されるまでは、20ミリシーベルトを撤回して欲しい、との提起がなされた。これに対し、政府交渉の調­整にあたった福島瑞穂事務所は、すぐに入手可能な回答は今日21日の夕方までに、また新たに検討すべき回答は明日22日の午前10時までに回答を得るようにすると確約、政­府交渉は終了した。

OurPlanetTVがこの模様をUSTREAM中継をしたところ1300人が視聴。出席した担当者がほとんど回答できないことに対して怒りのツイートが相次いだ。また­、若い担当者しか出席しなかったことに対し、「なぜ責任者がこないのか」といった声が殺到。OurPlanetTVの事務所にも、「なぜ、文部科学省は責任者をよこさない­のか」と怒りの電話が入った。

学校などの放射能汚染に関しては、原発震災復興・福島会議が福島県に対して、0.6μSV/h以上の学校の授業中止と学童疎開を求めて要望書を提出している。

子どもの安全基準、根拠不透明〜市民の追及で明らかに(後編)
http://www.youtube.com/watch?v=DUhlamqSQXg

http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/svh-652a.html
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
http://homepage3.nifty.com/fukurou-no-kai/
グリーン・アクション
http://www.greenaction-japan.org/
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
http://www.jca.apc.org/mihama/

———————————————————————-
制作:OurPlanet-TV


子どもの安全基準、根拠不透明〜市民の追及で明らかに(後編)


福島老朽原発を考える会をはじめ3団体の呼びかけで21日、文部科学省が児童の放射線許容量を年間20ミリシーベルトとする安全基準を出したことに関して、その数値を撤回

­­するよう交渉を行った。出席した文部科学省と内閣府原子力安全委員会の担当者は、ほとんどの質問に対して回答することができず、子どもの安全基準の根拠が不透明であり、­き­ちんとしたプロセスがとられていない可能性があることが明らかとなった。

交渉に出席したのは、文部省のスポーツ青少年局学校健康教育課や原子力安全委員会事務局などの係長クラス4人。文部省の担当者に対して、主催者側から「20ミリシーベルト­­が放射線管理区域よりはるかに上回るレベルであることを理解しているか」との質問に対し、「個人的に、放射線管理区域は存じていない」と回答。管理区域の線量レベルが年­間­5ミリシーベルトであり、労働基準法上18歳以下が働いてはいけないことになっていることや、20ミリシーベルトは原発労働者が白血病になった際、労災認定されるレベ­ルで­あることなどを知らなかったことから、会場からは「そんなことを知らずに決めていたのか」との声があがり騒然とした。

また、20ミリシーベルトという安全基準を誰が決めたのかとの質問に対し、内閣府原子力安全委員会の事務局担当者は、19日に内閣府原子力安全委員会が「問題なし」と決定­­し、助言したと回答。しかし、5人の委員が会合を開いた事実はなく、また議事録も見たことがないという。更に、国の設定した20ミリシーベルトには食物などや土ホコリな­ど­による内部被ばくなどは含まれてないことがも判明し、再び会場は騒然とした。

1時間半近くにわたる政府交渉の結果、市民からは、子どもたちは既に校庭で遊び初めており、一刻も猶予がないとして、(1)20ミリシーベルトの基準を撤回して欲しい(2­­)少なくとも、20ミリシーベルトを安全とする根拠や審議の過程等が示されるまでは、20ミリシーベルトを撤回して欲しい、との提起がなされた。これに対し、政府交渉の­調­整にあたった福島瑞穂事務所は、すぐに入手可能な回答は今日21日の夕方までに、また新たに検討すべき回答は明日22日の午前10時までに回答を得るようにすると確約­、政­府交渉は終了した。

OurPlanetTVがこの模様をUSTREAM中継をしたところ1300人が視聴。出席した担当者がほとんど回答できないことに対して怒りのツイートが相次いだ。また­­、若い担当者しか出席しなかったことに対し、「なぜ責任者がこないのか」といった声が殺到。OurPlanetTVの事務所にも、「なぜ、文部科学省は責任者をよこさな­い­のか」と怒りの電話が入った。

学校などの放射能汚染に関しては、原発震災復興・福島会議が福島県に対して、0.6μSV/h以上の学校の授業中止と学童疎開を求めて要望書を提出している。

子どもの安全基準、根拠不透明〜市民の追及で明らかに(前編)
http://www.youtube.com/watch?v=jnOD55uLA7c

http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/svh-652a.html
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
http://homepage3.nifty.com/fukurou-no-kai/
グリーン・アクション
http://www.greenaction-japan.org/
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
http://www.jca.apc.org/mihama/

———————————————————————-
制作:OurPlanet-TV


被災者雇用、2万人分確保=自治体や企業の求人で−政府

 政府は21日、東日本大震災で被災した人の就労を支援する雇用創出推進会議の会合を開いた。座長の小宮山洋子厚生労働副大臣は終了後の記者会見で、今月5日にまとめた支援策により、官民で約2万人分の雇用を確保できる見通しになったことを明らかにした。
支援策では、被災者を自治体が直接雇用できるよう、一時雇用を創出する「緊急雇用創出基金」や、介護など成長分野の雇用拡充を目的とする「重点分野雇用創 造基金」の支給要件を緩和。避難所での子どもの預かりやがれき処理などに雇えるようにした結果、20日時点で1万1200人分の雇用を確保できる見込みと なった。県別内訳は岩手5000人、宮城4000人、福島600人、その他1600人。
また、企業からは被災者を対象に15日時点で6400件の求人があり、農漁業などからも求人が来ているという。(2011/04/21-20:54)

出荷制限の多古町産ホウレンソウ流通 県、15日に把握も公表せず

2011年4月22日

 写真ホウレンソウが出荷された経緯を説明する奥倉努・県安全農業推進課長(右)=県庁で 国が原子力災害対策特別措置法に基づいて出荷制限を指示している多古町産のホウレンソウが「パルシステム生活協同組合連合会」(東京都文京区)を 通して流通していた問題で、千葉県がこの問題を十五日に把握していたにもかかわらず、二十一日まで公表していなかったことが分かった。 (平松功嗣)

 県内では、県が出荷自粛を求めていた旭市産のサンチュが都内で販売され、農林水産省から農家への指導を徹底するよう指示されたばかり。相次ぐ問題に県の指導力が問われている。

 県によると、多古町の畑で作ったホウレンソウを出荷した芝山町の農家は「出荷自粛は知っていたが、国の出荷制限の指示については認識が甘かった」と説明しているという。多古町産業経済課では「農家が芝山町に住んでいることもあり、国の指示が伝えられなかった」とした。

 農水省生産流通振興課によると、出荷自粛や出荷制限の指示が出ている野菜が市場に出回った例は、他にはないという。同課の担当者は「千葉は都心部 に近く、農協などを通さずに直接出荷する農家も多いので、指示が伝わりにくい部分がある」と理解を示すが、「出荷制限している野菜が市場に出るのはよくな い。再度徹底するよう県に指示する」と苦言を呈した。

 また県は二十一日、同日午前の発表を訂正し、実際に家庭で食べられたホウレンソウが四束ではなく三十六束だったと発表した。


警戒区域、イネの作付け禁止 計画的避難・準備区域も

2011年4月22日3時3分

 菅政権は、福島第一原発から半径20キロ圏内の「警戒区域」と、20キロ圏外の「計画的避難区域」、「緊急時避難準備区域」で、イネの作付けを禁止する方針を固めた。原子力災害対策特別措置法に基づき、菅直人首相が22日に指示する。

政府は8日、土壌中の放射性セシウム濃度が土1キログラムあたり5千ベクレルを超える水田を作付け禁止とする基準を発表。農林水産省は当初、屋内退避などの指示が出ていた30キロ圏内に加えて、土壌調査でこの基準を超えた地域での作付けを禁じる方針を示していた。

その後、政府が計画的避難区域や緊急時避難準備区域を新たに設定する方針を示したことを踏まえ、具体的な地域について福島県と協議を続けてきた。計画的避難区域に指定される予定の飯舘村はすでに、今年はすべての農作物の作付けをしない方針を決めている。

農水省は今年の作付けを認める地域でも、秋に収穫したコメの汚染について調査し、食品衛生法に基づく暫定基準値(1キログラムあたり放射性セシウム500ベクレル)を超えるコメが流通しないようチェックする。

農水省、作付け制限の是非を22日に決断 福島原発事故で

2011/4/21 20:40

 農林水産省は21日、東京電力福島第1原子力発電所事故に伴い、放射性物質が基準値を超えて含まれる水田でのイネの作付け制限の発動の是非を22日に決断することを決めた。政府が22日、福島県の計画的避難区域と緊急時避難準備区域を設定するのに合わせて判断する。

 政府は今月8日、水田の土壌に含まれる放射性セシウムが1キログラム当たり5000ベクレルを超えた場合、作付け制限の対象とすると発表。 第1原発周辺約30キロメートル圏外で農水省と各県が土壌調査した結果、9県の調査地域でいずれも1キログラム当たり5000ベクレルを下回った。

 しかし、福島県が県内の17市町村の計54カ所の水田を再調査した結果、浪江町と飯舘村の計8カ所で基準値を上回る放射性セシウムを検出。2町村は計画的避難区域に含まれることから農水省と福島県が作付け制限の対象とするか協議を続けてきた。

 計画的避難区域は福島第1原発から半径20キロメートル以上で積算の放射線量が高い区域について、段階的に住民に避難を求める内容。福島県の5市町村が対象となっている。

 筒井信隆農水副大臣は21日の記者会見で「避難区域の確定と同時に作付け制限についての判断もはっきりさせたい」と述べた。


ホウレンソウ農家証言、出荷停止知らず

国により出荷停止とされた千葉県・多古町のホウレンソウが流通していた問題です。出荷した農家がJNNの取材に応じ、「出荷停止がかかっていることは全く知らなかった」と話しました。

この問題は、今月4日から出荷停止となっていた千葉県・多古町産のホウレンソウが、「パルシステム生活協同組合連合会」を通じて今月11日に70世帯に届けられていたものです。

ホウレンソウを出荷した農家はJNNの取材に対し、「出荷停止は全く知らなかった」と話しました。

「最初は自粛と聞いていた。規制(出荷停止)に変わったのが分からなかった。ちゃんと連絡して欲しいですね」(出荷した農家)

この農家はハウスを多古町にももちながら、所在地が隣接する別の町にあるため、自治体による通知が行き届かなかったとみられます。千葉県は、今月15日にパルシステムから報告を受けながら、この事態を公表していませんでした。

Q.この問題を知ったのはいつ?
「これはパルシステムのことですね。きのう報告・・・きのう報告受けたっけね。ごめんなさい、15日に来てました」(千葉県 森田健作 知事)

県は「あくまで生産者とパルシステムの手違いで生じた問題で、パルシステムには速やかに公表するように伝えた」としています。(21日17:36)

原発20キロ圏内、放射線量の基準超え地点確認 文科省

国際放射線防護委の毎時0.1ミリシーベルト超

2011/4/21 19:29

 文部科学省は21日、福島第1原発から20キロメートル圏内で3月末以降に測定した大気中の放射線量を初めて公表した。期間を2つに区切って計150地点で測定、原発から2~3キロ離れた福島県大熊町の4カ所で毎時0.1ミリシーベルトを超えた。

 東京電力などと協力し、20キロメートル圏内の道路上で線量計を一定時間置いて測った。1回目は3月30日~4月2日、2回目を4月18~19日に実施した。最も高かったのは原発から西北西約2キロ地点の大熊町夫沢で1回目に記録した毎時0.124ミリシーベルト。

 国際放射線防護委員会(ICRP)は原発事故などが長期化する際に、一般人が浴びる線量の限度を年間1~20ミリシーベルトに定めている。 大熊町の4カ所では10時間外にいると到達する。ほかの計測地点の大半でも1年間同じ線量が続くと達してしまい、避難の必要性を裏付ける形になった。

 福島第1原発では一時、2号機の取水口付近から高濃度の放射性物質に汚染された大量の水が海に漏れていたが、その総量が推定520トンだっ たことも21日わかった。放射性物質の量は4700テラ(テラは1兆)ベクレルで、大気中に放出した量の約100分の1。通常時の年間流出制限量の2万倍 に相当する。

福島第一4号機の燃料棒「大部分が健全」

< 2011年4月14日 6:53 >

福島第一原子力発電所の4号機は、使用済み燃料プールにある燃料棒の損傷の程度が懸念されていたが、分析の結果、少なくとも大きくは損傷していないとみられることがわかった。

4号機の使用済み燃料プールについては、これまで水位が下がって燃料棒が損傷し、大量の放射性物質が放出されているおそれがあると指摘されていた。この プールの水について「東京電力」が分析した結果、放射性のヨウ素やセシウムの量は比較的高いものの、燃料棒が大きく損傷した場合よりは少なく、東京電力は 13日、「燃料棒は大部分が健全だ」との見方を示した。ただ、一部が破損している可能性も否定できないとしている。

この他、高濃度の放射 性物質を含む汚染水を取り除いたり、海への流出を防いだりする作業は13日も続けられた。2号機では、タービン建屋の地下や、「トレンチ」と呼ばれる作業 用トンネルに高濃度の放射性物質を含む汚染水が2万トンたまっている。このうち、トレンチにたまっている水について、建屋の中の復水器に移す作業が12日 夜から始まり、13日までに6センチ分水位が下がったという。

汚染水浄化、5月末に開始~仏・アレバ

< 2011年4月20日 1:34 >

フランスの原子力大手「アレバ」は、福島第一原子力発電所の汚染水の浄化について5月末に始める意向を示した。

来日したアレバ・ ロベルジョンCEO(=最高経営責任者)は、汚染水の浄化について、「東京電力」から5月末までに始めてほしいと要望されたことを明らかにした。具体的に は、アレバが汚染水に含まれる放射性物質を沈殿させる装置を提供する。この装置を使った場合、放射性物質の濃度は1000分の1から1万分の1になるとい う。

アレバは「すでに工場で使っている方法で、汚染水の浄化は一時間に50トンのペースでできる」と説明した。


原発、がれき撤去と処分に課題 汚染水移送も継続

福島第1原発の事故で、東京電力は21日、敷地内に散乱したがれきを遠隔操作の重機で撤去する作業を進めた。完了には半年かかる見通しで、10日の作業開始からこれまでに4立方メートルのコンテナ30個分以上を回収した。

放射性物質の付着したがれきを撤去することで、周辺の放射線量を下げるとともに、通路を確保して作業環境の向上を図る。ただ、がれきの最終的な処分方法は決まっておらず、今後の検討課題となっている。

東電はこの日も2号機近くの立て坑から集中廃棄物処理施設への汚染水の移送を続行。水位は午前7時までの24時間で2センチ下がり、地表から83センチになった。

2011/04/21 17:49   【共同通信】


米軍は93キロ圏内の立ち入り禁止 パイロットにはヨウ素剤

2011.3.17 10:45
福島第1原子力発電所。(右から)1、2、3、4号機の建屋=17日午前9時14分、福島県大熊町の30キロ以上沖合で共同通信社ヘリからクリックして拡大する福島第1原子力発電所。(右から)1、2、3、4号機の建屋=17日午前9時14分、福島県大熊町の30キロ以上沖合で共同通信社ヘリから

 米国防総省のラパン副報道官は16日、東日本大震災に伴う福島第1原発事故を受け、米軍が同原発から半径50カイリ(約93キロ)圏内への米兵の立ち入りを原則として禁じていると明らかにした。

日本政府は国民に同原発から半径20キロ圏内からの避難を指示し、在日米大使館は米国民に80キロ圏内からの避難を勧告しているが、米軍はより慎重な対応を取ったとみられる。ただ、支援活動のために圏内に入る可能性はあるという。

ラパン氏によると、放射線被曝(ひばく)による健康被害が出ている米兵は今のところいない。現地の米軍パイロットらには、放射線被曝対策として、ヨウ素剤が配布されたという。

在日米軍は空からの状況把握のために無人偵察機グローバルホークも展開中。在沖縄米海兵隊の第31海兵遠征部隊(31MEU)は強襲揚陸艦エセックスなど3隻で日本海側に到着した。(共同)

このニュースの写真

福島第1原子力発電所。(右から)1、2、3、4号機の建屋=17日午前9時14分、福島県大熊町の30キロ以上沖合で共同通信社ヘリから
無人偵察機グローバルホーク

関連ニュース


東京電力福島第1原発の避難指示区域から移動した人たちが過ごす避難所では2・9マイクロシーベルトを検出=15日午後、福島県郡山市

福島第1原発から20km圏内を警戒区域に 指定前の21日、一時帰宅する人相次ぐ

21日、福島第1原発から20km圏内を法的に立ち入りを制限する警戒区域に指定することが正式に発表された。
21日の発表により、福島第1原発から半径20kmの範囲は、22日午前0時をもって災害対策基本法に基づく警戒区域となる。
20km地点の検問所では21日、警戒区域指定の直前に駆け込みで自宅に戻る人たちが次々に20km圏内へと入っていった。
20km圏内に住む人は「(何を持ってきた?)お布団とか貴重品とか。ショックで、1日でも早く帰りたい」と語った。
また、原発から25kmにある南相馬市のスクリーニング場所は、20km圏内に入った人たちが列をつくった。
保健所の人によると、20日の同じ時間帯に比べ、21日は多くの人が来ているという。
スクリーニング検査を受けた人は「安心しました」と語った。
このスクリーニング場所では20日、500人が放射線の測定を受けたということだが、担当者によると、21日は500人を超えそうだという。

(04/21 17:33)

20キロ圏を警戒区域に、立ち入り規制強化 福島第一原発

2011.04.21 Thu posted at: 17:13 JST

東京(CNN) 東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故で、枝野幸男官房長官は21日、第一原発から半径20キロ圏内を「警戒区域」に指定し、立ち入りを22日から禁止すると発表した。

20 キロ圏はこれまで避難指示の対象地域となっていたが、家財持ち出し、農地チェックや家業などの理由で住民が立ち入る例が過去数週間増えていたことへの対応 措置となっている。災害対策関連法に則った警戒区域とすることで、立ち入る住民が出た場合、より厳しい対応が可能となる。

また、20キロ圏内に居住し、避難している住民の一時帰宅を認めるとし、放射線防護服を着用するなどの放射能汚染対策も施し、指定されたバスで集団実施する。滞在は2時間に限られる。

長官は先に、20キロ圏内に避難指示より厳しい警戒区域を設けることについて住民の健康と安全を守るための手段と説明していた。

20キロ圏内の住民数は約7万8000人。枝野長官は、半径3キロ圏内については一時帰宅は認めないとも述べた。

20キロ圏内に通じる道路では警察が検問所を設置して出入りを監視していたが、検問所や警官ごとに対応が異なるのが実情だった。

原発警戒区域「人生見通し立たぬ」 避難住民、怒りあらわ

2011年4月21日 17時05分

 「人生の見通しが立たない」「これで、あきらめがつく」。福島第1原発事故で政府は21日、半径20キロ圏内が立ち入り禁止の「警戒区域」にする と発表した。東海地方に避難した住民からは、故郷の先行きがますます不透明になったことへのやるせなさ、憤りをあらわにする声が漏れた。

原発20キロ圏内の福島県浪江町に自宅がある会社社長蓬田節さん(53)は、3月末から愛知県岡崎市の県営住宅に妻と母、子ども4人で避難している。

「何もかも台無しにされた」。東京電力への怒りは収まらない。地元の最大手にまで育て上げた家業の燃料販売会社は、原発事故で、休業に追い込まれた。15人の社員も散り散りになった。

「故郷には住めず、お金にも困っている。東電の役員にも『20キロ圏内に住んでいる者の立場になってみろ』と言いたい」と話す。

3月末、会社の資料を持ち帰るため、乗用車を運転して自宅に戻った。今春、中学生になった次男のために用意していた学生服は「放射性物質で汚染されていたら困る」から、持ち帰ることはできなかった。

今後「警戒区域」に指定されることで、自宅のある一帯には自由に入ることはできなくなる。それでも「立ち入りできるかどうか、あいまいなままでは収拾がつかない。駄目と言われれば、あきらめもつく」。家族と共に岡崎に永住することも考え始めている。

福島県大熊町から愛知県豊田市に避難している塙幸さん(43)は、原発から1キロ程度の所に自宅がある。政府が一時帰宅の対象外とした3キロ圏内だ。「国や東電は放射線量などの数値をきちんと測って公表してほしい」と不満をぶつける。

補償の道筋が見えないまま、帰郷の望みが減っていくことに「ただ『入るな、帰宅も駄目』では人生の見通しが立たない。家や土地を手放すことになるなら、国がどう支援するのかを同時に説明すべきだ」と憤った。

自宅が原発の4キロほどにあり、愛知県安城市に避難している福島県双葉町の大沼勇治さん(35)は「妻が6月に出産予定。今すぐ戻り、結婚指輪や貴重品を持ってきたい」と一時帰宅を望む。

その半面、「家の中は家具が倒れてかなり被害が出ており、短い時間では持ち出せない物もある。立ち入りが禁じられるのは納得できない」と漏らした。

(中日新聞)

原乳・ホウレンソウ、一部地域の出荷停止解除

2011年4月21日16時30分

 枝野幸男官房長官は21日夕の記者会見で、福島第一原発事故を受けた農産品の出荷停止指示をめぐり、福島県相馬市と新地町産の原乳(搾ったままの牛の乳)と、栃木県那須塩原市と塩谷町産のホウレンソウについて、同日付で制限を解除すると発表した。


福島、栃木で出荷停止解除 一部の原乳、ホウレンソウ

枝野幸男官房長官は21日午後の記者会見で、福島県の相馬市、新地町の原乳と、栃木県の那須塩原市、塩谷町のホウレンソウについて、いずれも同日付で出荷停止を解除したと発表した。検査の結果、放射性物質の量が食品衛生法で定めた暫定基準値を3週連続で下回ったため。

政府は原子力災害対策特別措置法に基づき、福島県の原乳と栃木県のホウレンソウについて3月21日に出荷停止を指示。その後、出荷停止の範囲を県単位から市町村単位に細分化し、基準値を下回った地域から順次、措置を解除している。

2011/04/21 17:4

相馬市などの原乳、出荷制限解除

 枝野幸男官房長官は21日午後の記者会見で、福島県相馬市と新地町で取れた原乳と、栃木県那須塩原町、塩谷町のホウレンソウについて、出荷制限を解除すると発表した。(2011/04/21-16:18)


区域外れた広野町 引き続き避難呼び掛け

2011.4.21 17:34

 福島第2原発周辺の避難区域が半径10キロ圏内から半径8キロ圏内に縮小されたことで避難区域から外れた福島県広野町の災害対策本部は21日、町全体が第1原発の屋内退避区域にもなっていることや断水していることなどから、住民に引き続き避難を呼び掛けた。

災害対策本部によると、同町の人口は約5500人。町全体が福島第1原発から20~30キロの屋内退避区域に入り、さらに北部の一部が第2原発の10キロの避難区域に入っていた。

町は住民全体に避難を呼び掛け、ほとんどの住民が県内外に避難。現在、町には約110人が残っているとみられるという。

一時立ち入り 原発3キロ圏内などは除外

    原子力災害対策本部原子力被災者生活支援チームは21日、東京電力福島第一原発から20km圏内について、原子力災害対策特別措置法に基づく総理の指示 を受けた関係市町村長が22日午前零時をもって警戒区域を設定することを発表するとともに、違反して警戒エリアに入った者には10万円以下の罰金または拘 留の罰則があることをホームページで広報した。

また、一時立ち入りについて、立ち入り対象区域は原発から20km圏内で、このうち(1)原発から3km圏内(2)高い空間線量率などにより立 ち入りリスクが大きいと考えられる区域(3)津波被害を受けた地域で一時立ち入り者に危険を及ぼすと考えられる地域については立ち入り対象区域から除外す る、としている。

原子力被災者生活支援チームのイメージでは原発から20kmから30km圏内に一時帰宅希望者の集合場所を設け、警戒区域内の集合場所までバス で移動。そこから2時間を限度に用事を済ませ、集合場所に戻り、バスで再び20kmから30km圏内に設けられた集合場所に。そこでスクリーニング、除染 し、もとの避難場所に戻ることとしている。(編集担当:福角忠夫)

毎時100マイクロシーベルト超 警戒区域内の4カ所

文部科学省は21日、福島第1原発から1~21キロ離れた150地点で先月末以降に測定した1時間当たりの放射 線量を初めて公表した。20キロ圏内の住民の立ち入りを禁じる「警戒区域」のほぼ範囲内。毎時100マイクロシーベルトを超えたのは、原発から2~3キロ 地点の福島県大熊町の4カ所だった。

最も高かったのは原発の西北西約2キロの大熊町夫沢で4月2日に観測した毎時124マイクロシーベルト。経済産 業省原子力安全・保安院は、20キロ圏内の住民の一時帰宅について、毎時200マイクロシーベルトを目安としたが、今回の測定結果でこれを超えた場所はな かった。

2011/04/21 16:00   【共同通信】

積算線量18・9ミリシーベルト 福島県浪江町、27日間で

文部科学省は20日、福島県浪江町内にある観測地点で、19日までの積算放射線量が18・940ミリシーベルト (1万8940マイクロシーベルト)に上ったと発表した。3月23日に観測を始めて以降27日間で、政府が検討している「計画的避難区域」を指定する際の 1年間の基準である20ミリシーベルトに近づいた。飯舘村内の観測地点でも10・920ミリシーベルト(1万920マイクロシーベルト)を記録した。

浪江町の積算線量は毎日数百マイクロシーベルトずつ増加しており、週内にも20ミリシーベルトを超えるのが避けられない情勢。政府は近く、浪江町や飯舘村などを計画的避難区域に指定する方向だ。

浪江町内の観測地点では、福島第1原発の3号機などで爆発事故が起きた後の3月17日に毎時158マイクロシーベルトの放射線量を観測。その後、1時間当たりの放射線量は減少を続けたが、4月5日に20マイクロシーベルト台に低下した後、横ばい傾向が続いている。

このため、積算線量は4月3日に10ミリシーベルトを超えた後も増加が衰える兆しが見えず、11日には15ミリシーベルトを突破。22日前後には20ミリシーベルトに達する計算だ。

飯舘村も3月23日から観測を開始。4月1日には5ミリシーベルトを超え、16日には10ミリシーベルト台となった。

いずれの観測地点も、福島第1原発から北西約30キロで、半径30キロの屋内退避指示区域のわずかに外側にある。

一方、原発の北に約35キロ離れた南相馬市内の観測地点で、19日までの積算線量は0・553ミリシーベルト。 北西約60キロの福島市内は0・673ミリシーベルト(3月24日以降)、西約35キロの田村市内では0・929ミリシーベルト(同)、南約35キロのい わき市内は0・326ミリシーベルト(31日以降)となっている。

2011/04/20 19:15   【共同通信】


最大110マイクロシーベルト=原発20キロ圏内の放射線量−文科省

 文部科学省は21日、福島第1原発から20キロ圏内の大気中の放射線量を発表した。18〜19日に128カ所を調査し、原発の西南西3キロの大熊町夫沢で最大の毎時110マイクロシーベルトを観測した。
調査地点は、幹線道路沿いにある公共施設の敷地など。原発の数キロ圏内と浪江町など北西方向にある地域の放射線量が数十マイクロシーベルトと高かった。他は数マイクロシーベルト程度だった。
同省は先月30日から今月2日にかけても50カ所を調査。最大は大熊町夫沢の別の地点(西北西2キロ)の124マイクロシーベルトだった。(2011/04/21-15:20)

東日本大震災:福島第1原発事故 県、いわきの作付け容認 汚染、結論待たず

 ◇田植え考慮

福島第1原発の事故を受け、福島県内の周辺13市町村でのコメの作付けが凍結された問題で、県がいわき市については事実上容認したことが分かっ た。現在、県は土壌の放射性物質の調査結果を基に作付け可否を国と協議しているが、いわき市内の一部農家はすでに作付けを進めている。

県が14日付で農林事務所やJA向けに出した「農業技術情報(第1号)」によると、「避難指示区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域以外では稲の作付けを行って差し支えない」とした。

避難指示区域は原発の半径20キロ圏内。計画的避難区域は20キロ圏外で累積放射線量が多くなる恐れのある地域を指す。さらに20~30キロの範 囲で計画的避難区域以外の場所は緊急時避難準備区域に指定される可能性がある。いわき市を除く12市町村は避難指示区域に該当するか、今後、計画的避難区 域、緊急時避難準備区域が設定されるとみられる。

一方、いわき市は北部の一部が30キロ圏内にあるため市全域の作付けが凍結されたが、計画的避難区域や緊急時避難準備区域は設定されない見通し だ。4月中旬に、もみまきを始めたという市内の専業農家は「県にも問い合わせたが、『いわき市は大丈夫だろう』ということだった」と話した。

背景には、5月下旬までに田植えを終えなければならない時間的制約がある。市内の別の農家は「可否の発表を待っていたら、間に合わなくなる」と話した。【和田武士、荻野公一】

毎日新聞 2011年4月21日 東京夕刊

福島第1原発:高濃度汚染水、海へ流出4700兆ベクレル

無人ヘリが4月10日に撮影した福島第1原発2号機の原子炉建屋=東京電力提供

無人ヘリが4月10日に撮影した福島第1原発2号機の原子炉建屋=東京電力提供

東日本大震災で被害を受けた東京電力福島第1原発2号機の取水口付近から高濃度の汚染水が海へ流出した問題で東電は21日、汚染水によって放出さ れた放射性物質の総量は、少なくとも4700テラベクレル(ベクレルは放射線を出す能力の強さ、テラは1兆倍)と推定されると発表した。東電の保安規定で 定めた同原発1~6号機の年間限度の約2万倍に相当する。また、流出想定量は約520トンだったという。

1000テラベクレルというレベルは、史上最悪の海洋汚染とされる英セラフィールド核施設で70年代に放出された放射性廃液の年間の総量と同程度だという。東電は「影響については魚介類のサンプリングなどを通じて調査を続けたい」としている。

放出されたと考えられるのは、放射性ヨウ素が2800テラベクレル、放射性セシウム134と137が各940テラベクレル。集中廃棄物処理施設 (集中環境施設)などから海に放出された低濃度の汚染水に含まれた放射性物質の総量(0.17テラベクレル)の約2万8000倍に当たる。

流出総量は、4月1日から流出が始まり6日の止水確認時まで一定量が続いたと仮定して試算した。東電は汚染水が海へ拡散するのを防止するため、 1~4号機取水口前面や取水口を囲む堤防の隙間(すきま)に「シルトフェンス」を設置するなどの対策を取っている。【藤野基文、山田大輔、八田浩輔】

復興願い東北ブース人気 19県の名産品集合

名古屋で22日まで

大にぎわいの「ふるさとフェア」

名古屋市中区の中日ビルで、全国の19県が名産品を販売したり観光PRしたりする「ふるさとフェア 第45回全国センター合同物産観光展」(全国 物産観光センター連絡協議会主催)が開かれている。東日本大震災で大きな被害を受けた福島県や岩手県、青森県など東北地方も出展しており、早期の復興を願 う市民で各ブースは大にぎわいとなっている。

福島県のブースには、「がんばろう ふくしま! ふくしまの農業を応援してください!」と書かれたのれんがかかる。喜多方ラーメンやくるみゆべ し、あられなどを販売。19日は午後2時頃に段ボール箱(ミカン箱大)5箱に入ったスープ付きのラーメンの麺を運び入れたが、約30分後に売り切れた。 「明日も入荷しますか」「きょうはもうないの」と買い物客らはスタッフに尋ねていた。ゆべしやあられの売れ行きも好調だった。

福島県新地町のあられ販売業、市川博文さん(58)は、「震災でどの業種も廃業の危機にあり、困っている知り合いは多い。風評被害で売れないので はないかと思って名古屋に来たが、大勢の人に応援してもらってうれしい。この調子で売れれば」と話した。春日井市から来た女性客(72)は、「何かのかた ちで被災地を応援できればと思っていた。大好きなゆべしを買って貢献できるのならいい」と話した。

同展は22日まで。会場では、ほかに秋田県の稲庭うどんや石川県のきんつばなども販売し、観光地も紹介している。


(2011年4月20日  読売新聞)


中央卸売市場一般にも販売千葉

風評被害に負けず売り込み

一般販売を続ける千葉市中央卸売市場(千葉市美浜区で)

東日本大震災の影響で物流が一時滞ったことを受け、一般家庭の食材の買い出しに利用してもらおうと、千葉市中央卸売市場(千葉市美浜区)で一般消 費者への販売が行われている。原発事故による風評被害などで魚や野菜の入荷量が落ち込み、一部で価格が下がるなど逆風を受けているが、市場の仲卸業者らは 負けじと売り込みに力を入れている。

同市場は市内や市原、四街道市などに生鮮食料品を供給する首都圏有数の市場。水産は卸売会社2社と仲卸業者43社、青果は卸売会社1社と仲卸業者15社があり、早朝からマグロのセリや鮮魚の買い付けが行われる。

通常、市場での食材調達は小売店の仕入れ担当者や飲食店経営者らプロが行い、一般市民による購入は毎月第4土曜日の「市民感謝デー」に限られてい た。しかし、震災後に生鮮食料品の流通が滞ったことから、家庭の買い物にも利用してもらおうと、3月23日から一般開放を開始。休業日を除く午前8時から 正午頃まで、場内の仲卸業者の店で鮮魚や水産加工品などを自由に買えるようにした。

各店にはイワシやカツオ、ハマチ、ウニなど新鮮な魚介類が豊富に並ぶ。魚種によっては客の求めに応じて小分けに袋詰めしてくれる店もあり、同市稲 毛区の主婦は「市場には初めて来たが、買い物を楽しめた。(一般販売は)良い取り組みだと思う」と、脂がのったサケなどを買い求めていた。

水産物仲卸業者の組合によると、震災後に三陸から常磐沖にかけての入荷がストップしたほか、消費の自粛ムードによる需要の落ち込みから、入荷量は2割程度減少。青果物でも風評被害が響き、ホウレンソウなどの葉物を中心に値が下がっているという。

水産仲卸店「田谷」を経営する千葉水産物仲卸協同組合の田谷功理事長は「(茨城県沖産が出荷停止となった)コウナゴがほとんど売れなくなるなど、 風評被害も結構あるが、カツオなど旬の魚もたくさん入ってきている。市場の魚は新鮮で安全。もっと食べてもらいたい」とアピールしている。

(2011年4月21日  読売新聞)


福島避難者に「科学的根拠ない風評被害」

東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故で、福島県から県外へ避難してきた住民らが、心ない仕打ちを受けるケースが相次いでいる。

長期にわたる避難生活を強いられている被災者が「人への風評被害」にも苦しめられる事態に、識者は「科学的に全く根拠のない風評被害だ」と冷静な対応を求めている。

「福島県から来たことを隠しますか」。福島県南相馬市の男子児童は千葉県内の小学校への転入手続きで、教師からこう聞かれた。母親は意味がよく分からずに「隠さなくていい」と答えた。男児の席は教卓の前で左右は空席になっていた。

日本弁護士連合会によると、母親は弁護士に相談し、「原発事故による一時転入なので学校に改善を求めると子供が居づらくなる」と話したという。

(2011年4月21日  読売新聞)


TEPCO installs steel wall, fence to stem ocean contamination

Posted by Here In Reality on April 10, 2011 · Leave a Comment

1301774602_1

TOKYO, April 9 (Xinhua) — The operator of the crippled Fukushima No. 1 nuclear power plant in Japan began on Saturday to build a steel wall and fence, in an attempt to prevent more contaminated water from flowing into the Pacific Ocean. Tokyo Electric Power Co.(TEPCO) plans to plug a seawater intake connected to the No. 2 reactor of the complex with seven steel sheets and a 120-meter-wide curtain-like fence near the intake and two other locations nearby, according to Kyodo News. In addition, TEPCO also discharged some 9,000 tons of water with relatively low-level radioactivity into the Pacific. The company said massive amount of such water in the plant hampered the work of getting the troubled plant under control. Related: Outflow of highly radioactive water into Pacific stopped: nuke operator TOKYO, April 6 (Xinhua) — The outflow of highly radioactive water into the Pacific Ocean from the crippled Fukushima Daiichi nuclear power plant has stopped after the injection of a chemical agent, Tokyo Electric Power Co. (TEPCO) said Wednesday. TEPCO, the nuclear plant operator, injected sodium silicate, also known as “water glass,” and another agent near a seaside pit where the highly radioactive water had been seeping through to stem the leakage. Full story Japan injects nitrogen into nuke reactor to prevent hydrogen explosion TOKYO, April 7 (Xinhua) — Tokyo Electric Power Co. (TEPCO began pumping nitrogen gas into a stricken reactor at the troubled Fukushima Daiichi nuclear power plant on Thursday to prevent the risk of a hydrogen explosion. Workers injected nitrogen gas into the containment vessel of the plant’s No. 1 reactor in process that could take several days, according to the embattled utility firm. Full story Water leaks found at Onagawa nuke plant after Thursday quake TOKYO, April 8 (Xinhua) — Water leaks were found Friday at Onagawa nuke plant in Miyagi prefecture after the quake measuring 7.4 on Richter scale shook Japan’s northeast Thursday night, Kyodo News quoted the plant’s operator as saying. The report didn’t say where the water came from or whether it contains radioactivity.

Japan’s nuclear safety agency said on Sunday that radioactive iodine in the waters off the quake-hit site rose to 1,850 times the usual level from 1,250 times measured on Saturday.

Posted by Here In Reality on March 27, 2011 · Leave a Comment

JAPAN fukushima reactor 3
Radioactivity near Japan’s Fukushima nuclear plant has risen to 1,850 times the legal level as the nuclear crisis is worsening in the quake-hit country after more than two weeks.

Japan’s nuclear safety agency said on Sunday that radioactive iodine in the waters off the quake-hit site rose to 1,850 times the usual level from 1,250 times measured on Saturday.

Separately, senior agency official Hidehiko Nishiyama said leakage from reactor vessels was likely to have been the cause for high levels of radiation found in water that has accumulated in turbine buildings, Reuters reported.

The radioactive water within the plant has hampered workers from restoring its cooling systems.

International shipping companies say their cargo ships will not enter Japanese ports for the fear of radioactive contamination from the Fukushima nuclear plant.

Many of the companies on Saturday avoided Tokyo Bay, which is home to two major ports of Tokyo and Yokohama.

On Saturday, the International Atomic Energy Agency (IAEA) said it could offer no timeline on when Japanese engineers could stop radioactive leakage from the stricken nuclear facility, even though the likely source of the emissions has been identified.

“We don’t know how long there will be releases,” senior IAEA technical advisor Graham Andrew told reporters at the agency’s seat in the Austrian capital, Vienna.

In addition to suspected leaks of the vessel’s shielding reactor cores at the plant’s units 1 and 2, data also indicated a leak at reactor 3, IAEA officials said.

On March 11, a powerful quake, off the northeast coast of Japan’s main island, unleashed a 23-foot (7-meter) tsunami and was followed by more than 50 aftershocks for hours.

The Japanese government has put the post-quake rebuilding cost at $309 billion.

Japan has announced that nearly 28,000 people have died or are feared dead as a result of the disastrous quake and tsunami that hit the country two weeks ago.

The quake is now considered Japan’s deadliest natural disaster since the 1923 Great Kanto Earthquake that claimed the lives of more than 142,000 people.

A magnitude 7.4 earthquake hit off the coast of Japan today near the already hard hit area of Miyagi resulting in warnings of a tsunami. The quake was measured at a depth of about 25 miles and struck about 11:32 p.m. local time, the U.S. Geological Survey reported on its website. Japan issued a tsunami alert for a possible two-meter wave. Fukushima home of the failing reactors is under a tsunami warning as well.

Posted by Here In Reality on April 7, 2011 · Leave a Comment

miyagi tsunamis

By Greg Chang – // Apr 7, 2011

A magnitude 7.4 earthquake hit 215 miles (345 kilometers) northeast of Tokyo, resulting in warnings of a possible tsunami.

The quake was measured at a depth of about 25 miles and struck about 11:32 p.m. local time, the U.S. Geological Survey reported on its website.

Japan issued a tsunami alert for a possible two-meter wave. A tsunami is not expected to reach Hawaii, according to a report from the Pacific Tsunami Warning Center.

Tokyo Electric Power Co. told reporters that the quake caused no new problems at the Fukushima Dai-Ichi and Dai-Ni nuclear power units. The Fukushima units were crippled by a 9.0 quake and tsunami on March 11 that killed or left missing more than 27,000 people.

Today’s quake caused power failures in Sendai, Yamagata and Fukushima City, according to broadcaster NHK. Miyagi Prefecture reported no immediate damage from the quake, which caused the region to close highways, Kyodo said. Bullet trains were also idled after the temblor.


流出放射能、4700兆ベクレル=高濃度汚染水、500トン超−福島第1原発

 東京電力は21日、福島第1原発の2号機取水口付近から一時期流出していた高濃度の放射能汚染 水について、流出量は少なくとも約520トン、放射能量は4700テラベクレル(テラは1兆)と推定されると発表した。同原発1〜6号機から1年間に放出 が許容される量の約2万倍に相当するという。
流出は2日朝に発見され、6日朝に工事で止めた。1日昼ごろの取水口付近の放射線量は比較的低く、 その当時は大きな流出はなかったとみられるが、1日から大規模な流出が始まったと仮定。流出状況の写真から、毎時約4.3トンの流出が120時間続いたと して計算した。(2011/04/21-12:29)

出荷停止ホウレンソウ、70人に販売 パルシステム生協

2011年4月21日12時10分

 千葉県は21日、パルシステム生活協同組合連合会(東京都文京区)が、出荷停止になっている千葉県多古町産のホウレンソウを、千葉、埼玉、群馬3県の組合員70人に販売した、と発表した。

千葉県によると、同県芝山町の生産者が10日、同生協に380束のホウレンソウを納入した。翌日に多古町産と判明。廃棄するなどしたが、74束は販売し た。14、15の両日に同生協が販売した70人に廃棄を求める電話とはがきを出したが、36束は購入者が食べたという。生協は県に連絡したが、県は「販売 先が特定されている」として公表していなかった。

生産者は県に対し、「急な注文が入って出荷してしまった。認識が甘かった」と話しているという。

同生協広報部は「安心安全な商品を届けるはずが、心配をかけて申し訳ない」とコメントした。

農林水産省によると、同県旭市の集荷業者が出荷自粛の同市産のサンチュを出荷していたことが判明した際、今回の事案が判明したという。農水省は県に対し、農家の出荷状況などを適切に調査、把握するよう指導した。


出荷停止のホウレンソウを宅配 千葉県が業者厳重注意

千葉県は21日、政府の出荷停止対象とされた同県多古町のホウレンソウ74束を、パルシステム生活協同組合連合会(東京・文京区)が70人に宅配していたと発表した。

県によると、宅配先は群馬、埼玉、千葉の3県で、一部は既に消費されていた。同県芝山町の業者が多古町から10日に出荷。業者は「自粛は知っていたが、出荷停止対象とは知らなかった」と話したため、県は口頭で厳重注意したという。

出荷したホウレンソウを同生協が調べたところ、暫定基準値を大幅に下回る放射性物質が検出された。

多古町のホウレンソウは、千葉県が3月25日に出荷自粛を要請。4月4日に政府が出荷停止の対象としていた。

2011/04/21 11:12   【共同通信】


出荷制限のホウレンソウ宅配…暫定規制値以下

原子力災害対策特別措置法に基づく出荷制限の対象になっている千葉県多古町産のホウレンソウ380束がパルシステム生活協同組合連合会(東京都)に納品され、うち74束が埼玉、群馬、千葉3県の70世帯に宅配されていたことが21日、分かった。

千葉県によると、生産者は同県芝山町の「北総ベジタブル」で、商品名は「コア・フード ホウレンソウ」。10日に生協 に納品され、生協が11日に商品内容を同社に確認したところ、多古町内のほ場で生産していたことが分かった。74束は組合員に宅配され、うち36束は消費 されていた。

生協が14日に回収したホウレンソウを検査したところ、放射性ヨウ素は1キロ・グラム当たり70ベクレル(暫定規制値同2000ベクレル)、放射性セシウムは28ベクレル(同500ベクレル)で、いずれも暫定規制値を下回った。

(2011年4月21日11時53分  読売新聞)


【群馬】

カステラや団子 被災地へ届ける 桐生の菓子メーカー

2011年4月20日

写真宮城県の被災地へ送られるカステラ=桐生市で

 桐生市本町の菓子製造販売会社「青柳」(有)青柳菓匠 本店 〒376-0031 群馬県桐生市本町5丁目364 0277-22-0303 ‎ の社員たちが二十日、東日本大震災で被害が大きかった宮城県南三陸町の被災者に、カステラやどら焼きなどを 送る。被災地で温かな菓子が足りないと知った同社社長の宮地由高さん(63)と社員計十五人がボランティアとして同日に桐生を出発し、現地で熱いお茶と一 緒に振る舞う予定だ。

 市ボランティア協議会会長を務める宮地さんは三月下旬、南三陸町の歌津中学校の避難所へ炊き出しに行った。お年寄りや子どもらから「温かくて甘い 物が食べたい」という声が強く、菓子を届けることを決意。社員からボランティアを募ると「役に立ちたい」と若手を中心に集まった。

 菓子は団子、バームクーヘン、かりんとうまんじゅうなど六種類をそれぞれ約三百人分用意。十九日に車に積んだ。

 カステラを作った栗原拓也さん(20)は「おいしく焼けたと思う。食べて元気になってほしい」。宮地さんも「避難生活を続ける人が少しでもホッとしてもらえれば」と話している。 (中山岳)


保護者恐る恐るの日々 福島13校屋外活動制限

福島市の三育幼稚園は「5つのおやくそく」を教室に張り出し、園児に土や砂を触らないことなどを言い聞かせた

「恐る恐るの日々が続く」。国が示した学校などの放射線量の基準値により、福島、郡山、伊達3市の小中学校や幼稚園など13校で、屋外活動が制限されることになった。放射線量が比較的高い福島県北地方の保護者や教師らに20日、落胆と懸念が広がった。
屋外活動が制限される放射線量は毎時3.8マイクロシーベルト以上。4.3マイクロシーベルトと基準を上回った福島市の三育幼稚園の菅野久美子園長(58)は「心が曇った」と落胆した様子。
既に外遊びは中止し、遠足の取りやめも決めていたという。「園児や保護者の不安を解消できるよう努力したい。今後、基準値を下回っても、恐る恐るの日々が続くだろう」と見えない放射線と向き合うつらさを語る。
同園に息子の響ちゃん(5)を通わせる福島市のパート菅原あずささん(32)は「線量が一番高い時は何も指示がなかったのに今更、基準値を示されても…」と行政の対応の遅さに憤る。
響ちゃんは外遊びの禁止がストレスになり、夜中に起きるようになったという。菅原さんは「外で遊んでいろいろ吸収できないのは心配。今後も続けばプールに入れないし、運動会もない。体力面で他の子と差がつくのではないか」と不安を募らせる。
福島市御山小の尾下峰夫校長(58)は「基準値が示され、屋外活動の範囲も明確になった。学校生活の今後が見えてきた」と評価。同校の測定値は4.3マイクロシーベルトで、屋外活動が1時間以内に収まるよう時間割を作り直す。
尾下校長は「子どもを守るのが一番の仕事。何がベストか分からないので、手探りでやるしかない。慎重に対応していく」と言う。
基準を下回った学校でも不安は残る。3.5マイクロシーベルトだった同市岡山小は屋外活動の自粛を続ける。伊藤一美教頭(50)は「下回ったとはいえ、安心できない。近隣の学校の線量が高いので、子どもの安全を考えて判断した」と説明した。
基準の3.8マイクロシーベルトは、児童らの年間の積算放射線量が20ミリシーベルトに達するかどうかを目安に算定された。根拠は国際放射線防護委員会が「非常事態収束後の一般公衆レベル」とする1〜20ミリシーベルトで、その上限を採った形だ。
しかし市民団体「原発震災復興・福島会議」の世話人を務める川俣町のNPO法人代表の佐藤幸子さん(52)は「通常時の一般人の許容限度は年間1ミリシーベルト。今回の基準は甘すぎる」と疑問を向ける。
「一般人が立ち入り制限になる放射線管理区域の基準に相当する毎時0.6マイクロシーベルト以上の学校は、授業を中止して学童疎開を進めるべきだ」と強調する。

◎公園などの線量、福島県が再調査

国が教育施設の放射線量の基準を示したことを受け、福島県は20日、放射線量の再調査を実施することを決めた。国の基準より10%程度低い学校や公園などが対象で、住民の安全確保が狙い。
調査対象は県内の小中学校、高校、特別支援学校、幼稚園、保育所、公園のうち、これまでの測定値が毎時3.4マイクロシーベルト以上だった福島、郡山、二 本松、本宮各市の47施設。国が利用制限の基準としているのは毎時3.8マイクロシーベルト以上だが、安全面で余裕を取った。
計画的避難区域や緊急時避難準備区域にある施設、国が再調査した毎時3.7マイクロシーベルト以上の施設は除いた。調査は週内の晴天の日に実施する。


2011年04月21日木曜日


屋外活動制限 子どもを守れるのか

4月21日(木)

 校庭に1時間以上出てはいけない−。そんな学校生活を何カ月も続けてよいのか。子どもたちの心身への影響が心配になる。

福島第1原発の事故を受けて、文部科学省が福島県内の計13の小中学校と保育所、幼稚園に対し、屋外活動の制限を求めた。対象となるのは1時間あたりの 放射線量が3・8マイクロシーベルト以上ある地域。子どもが1日のうち屋外で8時間過ごした場合、年間の積算が20ミリシーベルトに達する。

具体的には、校庭での活動を1日1時間程度に抑え、砂場の利用を控えることなどを求めている。

注文に無理がないか。体育の授業や部活動が大きく制約される。野外体験の機会も奪われる。外遊びができなければ子どもはストレスがたまる。文科省は現場の意見を丁寧に聴く必要がある。

13校では放射線量の測定を継続するほか、県内の各校に線量計が備えられる。綿密な監視を続けることが重要だ。一方、線量計ではとらえきれないリスクがある。空気中や地表の放射性物質を吸い込むなどして、体内に取り込む「内部被ばく」である。

気をつけなくてはいけないのは一般に、子どもは大人に比べて放射線の影響を受けやすいことだ。

東京電力の工程表では、第1原発を安定した状態にするには6〜9カ月かかる。この先少なくとも半年以上、放射性物質がまき散らされる。この間、子どもたちは微量とはいえ放射線を浴び続け、内部被ばくの危険にもさらされる。

新学期の開始から2週間もたって、屋外活動の制限を求める文科省である。被ばくのリスクを過小評価していないか気にかかる。子どもは、できる限り放射線から遠ざけるべきではないか。政府は集団疎開を検討してほしい。

疎開を進めるには、一つ大きな問題がある。福島県から千葉県に避難してきた小学生のきょうだいが、「放射線がうつる」などと言われ、いじめを受けた。

子どもは大人の言動をまねるものだ。避難者の宿泊を断る。タクシーの乗車を拒否する。転入に際し、自治体が放射線検査を求める…。福島の人たちに対する心ない仕打ちが各地で起きている。

もちろん、放射線はうつらない。まずは大人が、正しい知識で不安をコントロールする。避難者に寄り添い、温かく迎え入れる姿勢を徹底することだ。

福島県から長野県内に、すでに100人を超える児童、生徒が転入学している。安心して学校生活を送れるよう心を配りたい。

玄海・川内原発の緊急対策、保安院が立ち入り検査

発電機車の配備状況を確認する検査官ら(20日午後、玄海原子力発電所で)

東日本大震災を受け、経済産業省原子力安全・保安院は20日、九州電力の玄海原発(佐賀県玄海町)と川内原発(鹿児島県薩摩川内市)で、緊急安全対策の実施状況を調べるため立ち入り検査を始めた。21日まで。

玄海原発では、津波で通常の電力供給がストップした時に使われる高圧発電機車の配備、仮設ポンプ、給水ホースなどの設備を点検した。玄海原発では震災後、海抜約25メートルの高台に発電機車4台を配置するなどの対策をとっているという。

川内原発でも、発電機車2台やポンプの配備状況などを確認した。

緊急安全対策は、国が3月30日、原発を保有する各電力会社に指示した。保安院は今月中に審査し、結果を公表する。

(2011年4月21日  読売新聞)


東日本大震災:雨中からごく微量の放射性ヨウ素検出 福島第1原発事故以来初 /愛媛

 県は18日、県原子力センター(八幡浜市)で17、18日に採取した雨水から放射性ヨウ素131を検出した、と発表した。福島第1原発事故で、県内で雨水からの放射性ヨウ素検出は初めて。県は「ごく微量で人体への影響はない」としている。

県によると、検出された放射性ヨウ素は、1平方メートルに24時間で降った雨中から2・3ベクレルで、県は、水道水に影響の出るレベルの量ではないとしている。

先月23日以来、同センターでは大気中のチリから放射性物質が断続的に検出されており、県は、雨が放射性ヨウ素を吸着して地面に降ったとみている。【栗田亨】

四日市で微量の放射性ヨウ素131 県発表

2011年4月19日

 三重県は18日、県保健環境研究所(四日市市桜町)の放射線のモニタリングで、大気中から微量の放射性ヨウ素131を検出したと発表した。

 福島第1原発事故が原因と考えられるが、健康への影響はないという。

 県によると、17日午前9時から18日午前9時にかけ、1平方メートルあたり3・0ベクレルのヨウ素を検出。自然環境中の1日あたりの放射線量の2万5000分の1にあたる。 (鈴木龍司)


犬猫みなしご救援隊

最悪のレベル7に引き上げられた福島原発の事故。大熊町に住んでいた友人が 県外に避難していますひとり暮らしの友人の 大切なパートナーだったミューちゃん(ロシアンブルーの猫)を周囲の人への配慮から家に置いて避難した友人。すぐに帰れると思ったので 2日分の食事しかおきませんでした事の重大さを知った友人の悲しみは大きくて夜も眠れず泣いてばかりその悲しみはおばさんにも伝わってきて。。。私も何かしなければ・・・と、そして みつけたのが 「犬猫みなしご救援隊」。福島で保護依頼のあった犬・猫の捜索および取り残された動物へのフードと水やりを目的としています。活動記録には、避難区域のため検問を通らねば先には進めず・・・しかし事情を話すと警察の方も同じ人間・・・動物を救ってほしいという気持ちもあるのでしょう。『終わったらすぐ圏外に出るように!」とのお言葉と共に通してくれました。次にくるまで生きていけるだけの大量のフードを置いてきました。と書いてありました(感謝!)4月11日の救援隊理事長のメールには→ → →20㎞圏内から保護している犬・猫ちゃんたちは、その間飲まず食わずで生き抜いた子たちで、ガリガリに痩せて食べ物が消化吸収できない子ばかり健康状態を診てくれている獣医さんや日々の世話をしてくれている ボランティアの方たちと話し合った結果、せっかく生き延びた命を大切に守るために、消化器に優しい処方食以外は一切与えないことにしました。そこで、急遽、一般フードの募集をとりやめ、処方食のみを募集することにしました。処方食は動物病院で獣医さんに問えばわかります。ここは1つ、贅沢だとか思わないで生きる命を守る活動にご賛同ください。とあります。昨日、ミューちゃんの保護をお願いしたのでした・・・。(生きていますように)→   NPO犬猫みなしご救援隊福島 http://blog.livedoor.jp/touhoku_inunekokyuen/福島市陣馬町1−25 福島TKビル5F (株)タベ・インターナショナル内

2011.04.03

警戒区域 9市町村百数十人超 処罰覚悟の住民も

2011年4月21日 07時10分

 政府が「警戒区域」に設定する福島第一原発の半径二十キロ圏内に、少なくとも百数十人が今も住んでいることが、圏内にかかる九市町村への取材で分 かった。警戒区域になれば強制退去もあり得るが、住民からは「慣れない土地に行きたくない」と渋る声も上がる。行政側も「説得に応じてくれるか分からな い」と困惑している。 (原発事故取材班)

●妥協

「もう疲れたので妥協するが、また戻る。罰則は気にしない」。震災後も第一原発から十数キロの自宅で、妻(81)と暮らしてきた南相馬市小高区上浦の阿部清さん(83)は二十日、市の説得で避難することを決めたが、納得はしていない。

二十キロ圏内が避難指示区域となった震災翌日の三月十二日、近隣住民は皆避難した。直後は電気も使えて不自由は感じなかったが、月末に突然停電。電力会社 に抗議しても「国の方針」と言うばかり。冷蔵庫の食料は腐り、米を炊くプロパンガスも残りわずかとなり、阿部さんは避難を受け入れた。だが「私はガン宣告 を受け、ほかにも持病がある。避難所に行った方が寿命が縮む」といずれ帰宅するつもりだ。

二十キロ圏内の楢葉町の自宅に残る松井義男さん (84)は「一度は避難所に行ったが、人混みが嫌で戻った。寂しかあないよ」。足が悪く外出はほとんどしないが、友人がカップ麺や弁当を届けてくれるとい う。警戒区域の設定については「年寄りだけえね。放射能はどこさ行っても同じ。原発の南側で風上だし、大丈夫だ。心配しないでええ。放っといてくれればえ えよ」と笑った。

●治安

「町の治安を守るためには警戒区域が必要」と話すのは、原発から二十一キロの緊急時避難準備区域 に住む南相馬市原町区下太田の七十代男性。「二十キロ圏内は県外車両が来て空き巣が横行している」として仲間と防犯パトロールをしている。「圏内に入る人 に『どこへ行く』と聞いても、『親類の家に来た』と言われたらおしまい」。立ち入り禁止になれば警戒しやすくなると考えている。

●説得

九市町村のうち、避難していない住民が最も多いのは南相馬市。市南部の二十キロ圏内に、今も約百人がとどまっているという。

楢葉町には十二世帯十七人の住民が残留。町は自衛隊と協力して十二日までに二〜三回にわたり、直接家を訪ねて避難するよう説得したが、拒まれた。町の担当 者は「生まれた土地を離れたくないという高齢の住民ばかり。警戒区域になる前に、あらためて説得したいが応じてくれるか分からない」と苦悩を明かす。

町全域が圏内に入る富岡町。十日時点の町の調査では、少なくとも高齢者を中心に七世帯八人の住民が確認された。避難の説得にあたっているが、町の担当者は「牛を置いてはいけないという人もいた」と当惑気味だ。

村東部が圏内に入る川内村では、一人暮らしの五十七歳と八十四歳の女性が残る。職員は何度も自宅を訪れたが、「慣れない土地に行きたくない」「避難所での 共同生活に自信がない」など本人の意志が固く、避難の説得に難航している。八十四歳の女性には介護施設に入所してもらうことを検討しているが、要介護認定 の手続きも済んでおらず時間がかかる見通しという。

田村市と浪江町にも数人残っており、連日説得を続けている。一方、第一原発がある大熊町と双葉町、一部が圏内にかかる葛尾村には、避難していない住民はいないという。

(東京新聞)

米国にせっつかれて福島第一原発20キロ圏内でようやく放射線測定始まる

 原発事故について現下はまだ緊急事態であり、人災的要因などの追究は後日でもいいように思うのだが、さすがにこれはがっくりきたので記しておきた い。ようやく福島第一原発から半径20キロ以内大気中の放射線量の測定が開始になったことだ。しかも、米国からの要請なのである。
ニュース記事を拾っておこう。3日5時4分NHK「20キロ内でも放射線量測定」(参照)より。

福島第一原子力発電所の周辺での放射性物質の拡散状況について、政府と東京電力は、これまで調査を行っていなかった、原発から半径20キロ以内の地域についても、新たに大気中の放射線量の測定を始めました。

これまで公式には調査がなされていなかったというのが事実、というのを確認しておきたい。
なぜこれまで測定しなかったのか。

福島第一原子力発電所の周辺での放射性物質の拡散状況について、政府と東京電力は、これまで、原発の敷地内や、「避難指示」が出されている半径20キロ より外側の地域で、大気中の放射線量の測定を行っていますが、半径20キロ以内では、ほとんどの住民が避難を終えていることや、測定には被ばくの危険性が 高まることなどから、詳しい測定を行っていませんでした。

理由は2点とされている。 (1) すでに20km以内は住民が避難しているので測定する必要はない
(2) 測定すると被爆の危険性が高まる。

理由になっていないと思われる。(1)については、一定期間の測定があれば、一時帰宅の可能性の検討できるし、該当環境の被害の累積的な状況がわかるはずだ。明らかに有益な情報となる。
被爆の危険性とする(2)だが、すでに原発現場で作業されている方との比較で考えても対応は可能であろうし、原発近くの線量が高いのであれば、例えば5km圏内は測定しないということでもよいだろう。
陰謀論的に考えたくはないが、これまで計測してこなかった理由は、緊急時ということは当然あるとしても、それ以外にも避けたい理由はあったのだろう。
ではなぜ実施されるようになったかというと米国からの要請である。

しかし、福島第一原発の対応を検討する日米協議の中で、アメリカ側は「放射性物質の拡散状況を調べるためには、調査が不十分だ」と指摘し、これを受けて、政府と東京電力は、原発から半径20キロ以内でも、およそ30の地点で、新たに大気中の放射線量の測定を始めました。

米国側からの要請がなければ、こうした政治決断ができなかったというのが、一番がっくりくるところだ。
新しく計測される結果も公表される見通しは低そうだ。

調査結果は公表されていませんが、これまでの測定では、原発の北西方向にある福島県浪江町の調査地点で、1時間当たり50マイクロシーベルトを超える、や や高い放射線量を計測した一方、原発の北の方向にある南相馬市の調査地点では、1時間当たり1マイクロシーベルトを下回ったということで、半径20キロ以 内でも地域によってばらつきがあるということです。政府は、よりきめ細かいデータを把握し、アメリカ側と情報共有を進めるとともに、今後の対応策の判断材 料に役立てたいとしています。

20km圏内の情報を開示するかについては、政府判断もあるだろう。逆にいえばそう問われるのがいやで計測しなかったのかもしれないと穿って考える余地を残してしまう。
米国がこのちょっかいを出した背景は、すでに米国エネルギー省(DOE)が米軍機や地上観測データから算出した福島第一原発周辺の放射線量の推定値を公 表しており、セシウム137など今後累積していく放射性物質の問題を含めて、このまま日本側が沈黙し、米国側だけの情報となっては、日米共同作業および世 界に向けての公報という点で問題があると判断したためだろう。日本政府はその判断ができそうにないと見切ったということでもある。
DOEの公開データは「The Situation in Japan」(参照)で誰でも閲覧できる。現状では29日更新された24日と26日のデータが公開されている。
The Situation in Japan
 DOEの地図には福島第一原発から同心円状の円が2つ描かれていているが、内側が13海里(約24km)、外側が25海里(約46.3km)ということで、大ざっぱに25km圏内と45km圏内と見てよいだろう。
地図上色分けされた放射線量の単位、mR/hrは10マイクロシーベル/時である。北西方向40km圏内に黄色からオレンジ色の2mR/hrの領域があ ることが見て取れる。ミリシーベルト/年に換算すると(24時間×365日)、約175.2ミリシーベルト/年となる。なお、国際放射線防護委員会 (ICRP)は緊急事態発生時の一時的な緩和基準として20ミリシーベルト/年を日本政府向けに声明を出している(参照)。
日本政府側からは原発周辺放射線量の情報は出てこない可能性が高いが、現状のDOE情報を見るかぎり、現状については居住については、問題がありそうだ。
原発の状況を見て、政府は今後も慎重な対応が必要になることは言うまでもないが、安定的に推移していけば、一時帰宅などの対応も求められることはあるだろう。

追記
コメント欄にてご指摘いただき、mR/hrの計算を勘違いしていたことに気がついた。居住の安全性についても誤解していたので本文を訂正した。併せて、マイルを海里に直し換算しなおした。


2日連続で微量の放射性ヨウ素検出

2011 年 04 月 20 日 19:10 現在

東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で、県は19日に続き、県内で採取した雨やちりから極めて微量の放射性ヨウ素が検出されたと発表しました。

県によりますと、射水市にある県の観測施設で19日午前9時からの24時間に採取した雨やちりを分析したところ、放射性物質のヨウ素131が1平方キロメートルあたり3.1メガベクレル検出されたという事です。

県内での検出は2日連続ですが、人に与える影響度に換算すると1日あたり0.000089マイクロシーベルトで、仮に一日中屋外に居続けたとしても胸のX線集団検診を1回受けた場合の56万分の1程度で、県は「健康に影響を及ぼすものではないレベル」としています。

今のところ水道水や環境放射線に異常はないということです。

また、19日の発表を受け県にはこれまでに内容の確認など11件の問い合わせがあったということです。

女性の母乳から放射性ヨウ素…千葉、茨城で

2011.4.21 05:04

おっぱいから放射性物質! 福島第1原発事故で各地の水道水や農作物から放射性物質が検出された問題を受け、市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」 が独自に母乳を民間放射線測定会社に送り分析、その結果を20日に発表した。千葉県内居住の女性の母乳から1キログラム当たり36・3ベクレルの微量の放 射性ヨウ素を検出、放射性セシウムは検出されなかった。

 同団体は生活協同組合などを通じて呼び掛け、千葉のほか、宮城、福島、茨城県内の女性9人から提供を受けた。3月24日と30日に1人約120〜130ccずつ採取した母乳を、文部科学省の放射能測定マニュアルに基づき、民間の放射線測定会社で分析した。

その結果、千葉県柏市の産後8カ月の女性から36・3ベクレル、茨城県守谷市の女性から31・8ベクレルを検出。茨城県つくば市の女性2人からも、それぞれ8・7ベクレル、6・4ベクレルを検出。守谷市の女性は2回目の検査で8・5ベクレルに低下したという。

宮城県白石市、福島市、福島県棚倉町、茨城県つくばみらい市の4人からは検出されなかった。福島県郡山市の女性の母乳は分析中という。

厚生労働省によると、原子力安全委員会は母乳に含まれる放射線量について安全基準の指標を示していない。同省は水道水の放射性ヨウ素が1キログラム当たり 100ベクレルを超える場合、粉ミルクなどに入れて乳児に摂取させないよう求めているが、今回検出された数値はそれを下回っている。

ネットワークの村上喜久子代表は「安全性について判断はまだできないが、母乳は赤ちゃんが口にする。国は早急に広範囲な調査を実施してもらいたい」と訴えている。


【栃木】

県内生シイタケ 全域基準値以下 県の放射性物質調査

(4月21日 05:00)

福島第1原発事故を受け、 栃木県内産生シイタケの初の放射性物質モニタリング調査を行ってきた県環境森林部は20日、すべての検体で放射性セシウム、放射性ヨウ素が食品衛生法上の暫定 基準値を下回ったか不検出だった、と発表した。福田富一知事は「イチゴ、トマト、ニラなど15種類の農産物に加え、シイタケでも安全性が確認されたことは 大変よかった」などとコメントした。

調査は県北、県央、県南の3地域に分けて実施。18日に各地域から栽培方法別に菌床(施設)、原木(同、露地)のシイタケを1検体1キロ(15個程度)ずつ採取し、国の機関で調べた。

結果によると、放射性ヨウ素は全9検体でいずれも不検出放射性セシウムも原木(露地)で県北(大田原市)が191ベクレル、県央(芳賀町)が77ベクレルを検出した以外は、いずれも不検出で、国の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を下回った。

県は原発事故の状況を見ながら、今後も3週間程度の間隔で、継続して調査する予定。

同部によると、本県の生シイタケ生産量は4230トンで全国5位(2009年)。このうち菌床栽培が約7割を占め、総産出額は60億円弱に上ると いう。 シイタケに関しては、13日に福島県東部5市8町3村露地ものから、食品衛生法の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出され、政府が出荷停止を 指示。厚生労働省が本県など9都県にシイタケの検査を強化するよう要請していた。

シイタケ暫定規制値下回る 放射性物質検出量

2011年4月21日

 県は二十日、県産シイタケをモニタリング調査した結果、放射性物質の検出量が食品衛生法の暫定規制値を下回ったと発表した。

 調査は、施設または露地でシイタケを栽培している九カ所で実施。放射性ヨウ素は検出されず、放射性セシウムは最も高かった検体で一九一ベクレルと規制値(同五〇〇ベクレル)に達しなかった。二〇〇九年の県内のシイタケの生産量は四千二百三十トンで全国五位。


放射性物質:微量のストロンチウム初検出 福島県内の土壌

 文部科学省は12日、東京電力福島第1原発の30キロ圏外で、福島県内の土壌や植物から微量の放射性ストロンチウムを検出したと発表した。今回の 事故を受けた調査でストロンチウムの検出は初。土壌や植物のストロンチウムの濃度限度について法令に基準値はないが、同省は「極めて少ない量で、健康に影 響はない」と説明している。専門家は蓄積した場合の健康影響を懸念しており、大量の汚染水が流出した海洋などで本格調査が必要となる可能性もある。

ストロンチウムはカルシウムに似た性質があり、体内に入ると骨に取り込まれやすい。内部被ばくではガンマ線よりも危険度が高いとされるベータ線を出し続け、骨のがんや白血病の原因になる恐れがあると考えられている。

土壌では、空間放射線量の高かった福島県浪江町と飯舘村の計3カ所を調べ、ストロンチウム89は1キロ当たり13~260ベクレル、ストロンチウム90は同3.3~32ベクレルだった。

植物は大玉村、本宮市、小野町、西郷村の計4カ所が対象で、ストロンチウム89は1キロ当たり12~61ベクレル、ストロンチウム90は同1.8~5.9ベクレルだった。

土壌や植物は3月16~19日に採取された。文科省は「ストロンチウムの分析には専用の装置が必要で、検出に時間がかかった」としている。

毎日新聞 2011年4月13日 11時53分

放射性物質:被ばく線量測定バッジ配布を提案 福島県で

放射線の被ばく線量を測定できるバッジ

放射線の被ばく線量を測定できるバッジ

国立がん研究センターの嘉山孝正理事長は14日の会見で、個人ごとに放射線の被ばく線量を測定できるバッジを福島県の希望者に配るよう、国に提案 することを明らかにした。住民の不安に応えると同時に、健康被害と放射線量の関連を調べる医学的データの収集にもなるとしている。

バッジは5センチほどのガラス製で、浴びた線量を記録。メーカーが回収し、およそ2週間で測定結果を個人に知らせる。約2万人分のバッジを確保で きる見通しだが、総費用が1億円以上かかるため、センターは国の負担を求めている。嘉山理事長は「個人ごとの放射線量が分かれば、安心できるのでは」と話 している。【小島正美】

毎日新聞 2011年4月14日 20時13分(最終更新 4月14日 20時33分)

放射性物質:福島県立高も屋外制限へ

 福島県は20日、小中学校で児童・生徒が屋外活動する際などの文部科学省の放射線安全基準「1時間当たり3.8マイクロシーベルト」を、県立高校 と公園にも適用することを決めた。12~16日の全県調査で3.4マイクロシーベルト以上となった19施設を今週中に再調査し、3.8マイクロシーベルト を超えれば県教委や自治体に校庭などの使用制限を求める。

再調査の対象は、県立高が福島市5校と郡山市1校。公園が、福島市5▽二本松市6▽郡山市1▽本宮市1。国から避難か屋内退避の指示が出ている福島第1原発周囲30キロ圏と計画的避難区域に指定される見込みの地区は再調査から除く。

県災害対策本部は「子どもたちの安全確保と県民の不安解消のためには、より厳しい水準で再調査することが必要と判断した。国の発表後、基準値の根拠が知りたいなどの問い合わせが相次ぎ、県民の関心は高い」と話した。【関雄輔】

毎日新聞 2011年4月20日 23時47分

放射性物質:飯舘の学校の砂から検出…文科省が注意喚起

文部科学省は5日、先月28日に福島県飯舘村内の40カ所で採取した土や草から1キログラム当たりで、放射性ヨウ素131が1万3200~15万 8000ベクレル、放射性セシウム134は3670~5万4700ベクレル、放射性セシウム137は3800~5万8500ベクレル検出されたと発表し た。小中高校の砂などからも放射性物質が検出された。文科省は「ただちに健康に影響を与える数値ではないが、舞い上がった砂などが口に入らないように注意 したほうがいい」と説明した。

福島第1原発の爆発事故以来、高い放射性物質が検出されている飯舘村について調査が必要と判断した福島県が土、砂、草を分析し、文科省にデータを提出した。

学校施設では、深谷地区の高校の土(ヨウ素131が8万2800、セシウム134が3万3500、セシウム137が3万6300)▽草野地区の小 学校の砂(同3万5500、同2万8900、同3万2500)▽伊丹沢地区の中学校の土(同4万8000、同2万2500、同2万4500)=単位はベク レル=などから検出された。半減期はヨウ素131が8日、セシウム134が2年、セシウム137が30年という。

先月23日から4日までの累積放射線量は、原発から北西約30キロの同県浪江町の国道399号沿いで10.99ミリシーベルト、北西約32キロの飯舘村で6.482ミリシーベルトとなった。

4日採取の水道水1キログラム当たりでは、関東7都県と岩手、新潟県で放射性ヨウ素0.23~11ベクレル、関東5都県で放射性セシウム(134 と137の合計)0.19~4.8ベクレルを検出。1時間当たりの大気中放射線量は5日午後5時現在で茨城、栃木など6都県で通常値を超えた。

また、原発から20~60キロ離れた福島県内42カ所の屋外で5日実施したモニタリングカーによる調査では、1時間当たりの大気中放射線量は0.3~58.3マイクロシーベルトだった。【篠原成行】

毎日新聞 2011年4月5日 20時50分(最終更新 4月6日 12時15分)

放射性物質:相馬産セリなど暫定規制値超え セシウム検出

 厚生労働省は20日、福島県産の野菜計44検体の検査で、セリやホウレンソウなど4検体から食品衛生法の暫定規制値を超える放射性物質が検出されたと発表した。

セリは相馬市で採取されたもので、暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)の約3.7倍にあたる1860ベクレルの放射性セシウムが検出された。セリで規制値を超えたのは2度目だが、震災後、同県のセリは出荷されていない。

このほか、大玉村のホウレンソウから5400ベクレル、川俣町のシノブフユナから1960ベクレル、桑折町のコマツナから1040ベクレルの放射性セシウムを検出した。この3種は政府の摂取・出荷制限の対象になっている。【野倉恵】

毎日新聞 2011年4月20日 23時41分(最終更新 4月20日 23時42分)

福島第1原発:80キロ圏内年1ミリシーベルト超 米予測

 【ワシントン海保真人】米エネルギー省は、東京電力福島第1原発の周辺地域で事故後1年間に受ける推計の累積被ばく線量の予測図を発表した。推計 では、日本政府が「計画的避難区域」の基準とした年間被ばく線量20ミリシーベルトの範囲が、原発から半径30キロ圏を超えて北西方向に40~50キロ程 度まで広がっており、先に日本政府が示した汚染拡大の予測とほぼ同じ内容となった。一方、30キロから米国が自国民に退避を求めた80キロまでの広範囲 で、平常時の人工的被ばく限度1ミリシーベルトを超える恐れがあることを示している。

同省に属する国家核安全保障局による18日付の評価結果として発表した。

予測図によると、福島第1原発から北西へ50キロ近い地点にかけて、1年間とどまり退避しなかった場合、20ミリシーベルトかそれ以上の累積線量 を受けると推計される。屋内でも浴びる放射線量は減少しないという仮定の下で推計した。1日24時間を屋外で過ごしたという計算と同じことになる。

日本政府が公表した予測図には、20キロ圏内の累積線量値や1~10ミリシーベルトの低線量の被ばく範囲は示されておらず、米側の方が精緻な内容だ。

米国は福島の事故を巡り、大気収集機「コンスタントフェニックス」や無人機「グローバルホーク」を派遣するなど、最新機材で独自に情報収集してき た。今回の予測図は、航空機材による計334時間の飛行観測▽日米当局の約15万件の地上での計測値▽大気収集機などでの504件の大気サンプルの収集 データ--に基づくもの。

同省はまた、17日までの計測の結果、放射線のレベルは引き続き低減しているが、原発の周囲の数百キロ四方で水や土壌を含む農業にかかわる監視が必要だとしている。

毎日新聞 2011年4月20日 23時03分

福島第1原発:「地震動原因でない」安全委委員、初視察

 国の原子力安全委員会(班目=まだらめ=春樹委員長)の小山田修委員が東京電力福島第1原発を訪れ、20日、福島市内で会見した。地震直後の対応 について所長らに聞き取りを行った結果、「地震動で(原子炉に)根本的に大きな問題が生じたのではない」と述べ、津波が事故の原因との見解を改めて示し た。委員の視察は事故後初めて。

小山田委員は19日に同原発を約5時間かけて視察。所長のほか、100ミリシーベルト以上の被ばくをした社員2人に作業時の状況などを聞いたとい い、「当初過酷な状況にあった環境も最近は改善されている」と述べた。原子炉の機器について、「揺れに耐えた」点は強調したが、水素爆発後の健全性につい ては言及を避けた。

小山田委員は震災後1カ月以上たった17日に国の現地対策本部に派遣された。福島県側からは対応の遅れに批判が出ていたが、「(現場は)事故当初は次々と事象が変化する対応に追われていたため」と釈明した。【八田浩輔】

毎日新聞 2011年4月20日 23時31分(最終更新 4月20日 23時36分)

原発損傷“地震の揺れでない”

4月20日 23時8分

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、初めて現地を視察した国の原子力安全委員の一人が作業員などからの聞き取りの結果、福島第一原発は「地震の揺れによって根本的な損傷を受けたわけではない」という見方を示しました。

福島第一原発を視察したのは、国の原子力安全委員会の小山田修委員で、20日夜、福島市で記者会見 し、東京電力の福島第一原発の所長や現場の作業員などから聞き取った地震直後の様子や原発内の作業環境などについて話しました。この中で、小山田委員は、 「現場にいた作業員の話から、原子炉の緊急停止は問題なく行われたと考えられ、地震直後には原子炉や建物に根本的な損傷はなかったと考えられる」と述べ、 地震のあとの津波によって電源がすべて失われるなどの深刻な事態に陥ったという見方を示しました。ただし、それを証明できる計器の数値などは入手できない 状態だということも明らかにしました。また、事故の発生から1か月以上がたって、初めて委員による福島第一原発の視察が行われたことについては、「事故発 生当時の状況は刻々と変化していて、現場に入ることは考えなかった」と述べました。今回の視察の結果は、原子力安全委員会で報告されるということです。

市場に氾濫する「放射能防止グッズ」 中国、原発事故で売り上げ右肩上がり

2011.4.17 14:42 (1/2ページ)

 東日本大震災にともなう原子力発電所事故を受けて、中国では放射能汚染への警戒感が高まり、「放射能防止グッズ」の売れ行きが伸びている。

「特殊処理住宅」も

中国紙、東南快報(電子版)によると、ネット通販大手のタオバオ(淘宝網)では、地震が発生した3月11日から、防災グッズの売れ行きが急激に増えた。地 震対策用の防災袋や救難信号用のシグナルミラー、避難用ロープ、保温シートといった商品が人気を集めているほか、妊婦用の放射能防護服など、「放射能防止 効果」をうたっている商品の売れ行きが好調という。

放射能測定器も人気商品のひとつだ。「2000元(約2万5660円)を超える測定器 のネット販売が右肩上がりとなり、家庭用の電磁放射線測定器も好調な売れ行き」(南方都市報、電子版)だ。買い手は中国在住の日本人や、日本へ郵送目的で 購入する中国人が中心だが、中国国内で使用するために中国人が購入するケースも少なくないという。

一方、空前の放射能防止グッズ人気を背景に、防止効果が疑わしい“偽物商品”も登場し始めた。

「アロマキャンドルや手袋、ジーンズ、ブレスレット、下着といった、通常の一般概念からすると、放射能防止とまったく関係がない商品にも「放射線防止のラ ベルが貼り付けられ」(厦門商報、電子版)、「外壁に放射線防止の特殊処理を施したと称する住宅物件まで登場」(北京日報、電子版)する始末だ。

火事場泥棒的な商魂

便乗商品まで登場する背景には、中国社会の放射能汚染に対する強い不安が ある。上海市や重慶市、内モンゴル自治区、広東省などの幅広い地域で、日本から飛来したと思われるごく微量の放射性物質が大気中から検出されており、放射 能汚染は身近な危機として強く意識されている。

原発事故直後に中国で発生した食塩の買い占め騒動はまだ記憶に新しい。最近では、中国中央テレビの番組で「放射能予防の効果がある」と紹介されたニンジンとブロッコリーについて、一部で買い占めが起きたとも伝わった。

そこには中国社会の放射能汚染に対する強い警戒感と風評に翻弄されやすい不安心理がある一方で、その弱みに付け込もうとする“火事場の泥棒”的な投機筋の商魂も見え隠れしている。(上海支局)

中国商務省、日本食品の輸入禁止措置「適切だ」

2011.4.19 13:38

 中国商務省の姚堅報道官は19日の定例記者会見で、中国政府が福島第1原発事故による放射 性物質漏洩(ろうえい)を受けて日本産の食品や農水産物を輸入禁止としたことについて「多くの国で相応の措置を取っており、中国の措置も適切だ」と述べ た。日本は中国に規制緩和を働き掛けているが、実現までには時間がかかりそうだ。

中国は東北、関東、甲信越計12都県産の食品や農水産物 などを輸入禁止とし、他地域産品にも日本政府の安全検査合格証明書や原産地証明書の添付を義務付けた。日本側に証明書を発行する正式な機関がなく、事実 上、日本全域からの輸入が停止しているが、姚報道官は「こうした方法は公共の安全に基づき考慮しており、国際的にも適切だ」と述べた。(共同)

日本食品の輸入事実上停止 中国

2011.4.16 00:10

 福島第1原発事故による放射性物質漏えいを受け、中国が輸入禁止措置を取った12都県に限らず、日本全域からの食品や農水産物の輸入を事実上停止していることが15日、分かった。日中関係筋が明らかにした。

中国は輸入禁止対象外の道府県の農水産物などにも日本政府による放射性物質の安全検査の合格証明書や原産地証明書の添付を義務付けたが、日本にはこうした 証明書を発行する正式な機関がなく、通関ができないためだ。日本は中国に規制緩和を働き掛けているが、欧州連合(EU)や韓国も同様の規制を実施してお り、農水産物などの輸入停止は長期化しそうだ。

規制強化は国家品質監督検査検疫総局が8日に発表、同日施行された。(共同)

中国、ホウレンソウ半額に 放射性物質で野菜値崩れ

2011.4.13 01:30

 12日付の中国紙、北京晩報によると、野菜から微量の放射性物質が検出された中国でホウレンソウなどの買い控えが起き、値崩れが始まった。北京のホウレンソウの価格は半額以下になったという。

福島第1原発の事故後、中国当局はホウレンソウやチンゲンサイなどの野菜から放射性ヨウ素131を検出したと発表。衛生省は「検出量は極めて微量で健康に 影響はない」と強調するが、ホウレンソウなど葉物野菜は「表明に微細な毛があり、空気中の放射性物質が付着しやすい」と報じられたため、大量に売れ残るよ うになった。

北京の野菜市場では、4月初旬に500グラム当たり1・5元(約20円)だったホウレンソウが0・7元に急落。ハクサイやチンゲンサイなども大きく値下がりし、業者は「売っても損失が出る」と嘆いているという。(共同)

チベット以外の全域で検出 中国、微量の放射性物質

2011.4.2 12:03

 中国環境保護省は1日、チベット自治区を除く全ての省、自治区、直轄市で同日、大気中から福島第1原発事故で放出されたとみられる極めて微量の放射性物質が検出されたことを明らかにした。中国中央テレビなどが2日伝えた。

環境保護省は人体への影響はなく、いかなる防御措置も必要はないと説明している。(共同)

中国ほぼ全土で放射性物質 各種野菜からヨウ素

2011.4.8 23:29

 中国環境保護省は8日、全31の省・自治区・直轄市のうち、雲南省を除く全土で福島第1原発事故による放射性ヨウ素131を、25の省・自治区・直轄市で放射性物質セシウム134とセシウム137を検出したと発表した。

新華社電によると、検査当局は各省のホウレンソウやレタス、チンゲンサイなど各種野菜からヨウ素131を検出した。

いずれも極めて微量で、人体に影響はないとしている。(共同)

燃料棒の一部溶融、東電が認める 福島第一1〜3号機

2011年4月20日21時32分

 東京電力は20日、福島第一原発1〜3号機の原子炉内の燃料棒が一部溶融していると認めた。これまで燃料の損傷は認めていたが、溶融については「判断材料を持ち合わせていない」として、認めてこなかった。

東電はこの日、1〜3号機のタービン建屋地下などで3月30日までに採取した汚染水の成分分析のやり直し結果を発表。燃料が溶融しないと放出されない物質が高濃度で含まれていた。

1〜3号機は燃料溶融の可能性が指摘されていたが、東電や経済産業省原子力安全・保安院は燃料棒の「損傷」とだけ認めていた。保安院は今月18日、ようやく1〜3号機で燃料を焼き固めたペレットが溶けて崩れているとの見解を原子力安全委員会に報告した。

東電原子力・立地本部の松本純一本部長代理は保安院の見解を認めたうえで、「燃料の一部が溶けてむき出しになっているところはあると思う。だが、炉心がどろどろに溶けて底部にたまっている状態までは確認できていない」と話した。

燃料溶融の可能性認める 東電、福島第1原発

福島第1原発事故で、東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理は、1号機の燃料溶融について「炉心の状態が確認できないが、決して溶融していないと断定して申し上げているわけではない」と燃料溶融の可能性を認めた。20日の記者会見で話した。

松本部長代理は、炉心溶融のイメージとして「炉心がドロドロに溶けてぼたぼたとたまっている状態。被覆管が割れ て燃料棒が飛び出してくる形状もあると思うが、それらを炉心溶融ととらえている」とした上で、燃料が溶融しているか損傷しているかについては「わたしども としては急いで定義することは考えていない」とした。 経済産業省原子力安全・保安院は既に、原子炉内では燃料本体である「ペレット」が溶融、深刻な損傷 が起こったとの推定結果を原子力安全委員会に報告している。

2011/04/21 01:46   【共同通信】


海況情報タイトル

このページは、当水産試験場または関係各機関が収集している海況情報を公開しています。

1.表面水温分布

毎週金曜日に発行している海況図(表面水温分布)を掲載しています。
海況図に用いる水温は、前週金曜日~今週木曜日までの1週間分を合成しています。

今週の水温図
今週
先週の水温図
先週
去年の水温図
去年同時期
一昨年の水温図
一昨年同時期

2.海洋観測結果 -福島県沿岸水温の推移-

福島県水産試験場では、月1回海洋観測を行い、 水温・塩分・潮流の測定のほか、プランクトン採集などを行っております。
このページでは、観測で得られた海洋環境情報をお知らせします。

沿岸平均水温の推移(ご覧になりたい項目をクリックして下さい。)

距岸30海里以内の平均水温…《表面水温》 《水深100mの水温》 《30海里以内の平年偏差グラフ》
距岸50海里以内の平均水温…《表面水温》 《水深100mの水温》 《50海里以内の平年偏差グラフ》

3.その他の情報(外部サイトへのリンク)

福島県水産試験場のトップページへ戻る



<連絡先>
水産試験場
〒970-0316 いわき市小名浜下神白字松下13-2
電話:0246-54-3151
FAX:0246-54-9099
suisansi@pref.fukushima.jp

★2009.02.15の海水温度です。

まず、茨城県から福島県の沿岸にかけての海水温度分布は、大きく分けて、3つの区域に分けられます。

(1)A域
南から北上してくる、暖かい黒潮の流れです。千葉から北東に大きく蛇行してしまいます。冬でも18度くらいあります。

(2)B域
黒潮と親潮が、せめぎ合いをしている地域です。その時々の勢力分布によりめまぐるしく海水温度が変化します。

(3)C域
親潮(寒流)の影響をまともに受ける地域です。とにかく、海水温度の上昇が遅いです。

20090610-02.png

★2009.03.18の海水温度です。

20090610-03.png

南からの黒潮の影響はそれほど強くありません。2月とほとんどかわりません。

★2009.04.16の海水温度です。

20090610-04.png

黒潮の勢力が強いらしく、B域の沿岸に暖かい海水が押し寄せてきました。このまま、温度が上昇してくれれば最高なんですが、無理です。こんなことは、めったにありません。この後、冷たい親潮が、沿岸に押し寄せてきます。

★2009.05.15の海水温度です。

20090610-05.png

案の定、黒潮に押されて、行き場が無くなった冷たい親潮が沿岸に押し寄せてきました。

例年通りの展開です。この時期、梅雨に入り日照時間も少なく、太陽光の放射による温度上昇も見込めないので、このまま沿岸は低い水温が7月まで続きます。

D域なんですが、ここは地形上、親潮の影響を受けづらいので、南の地域よりも早めに温度が上昇します。これが、南相馬市よりも北にある相馬の方がシーバス が釣れだす時期が早い理由だとおもいます。あとは、松川浦の水深が浅いので、気温や日射の影響を受けやすく温度が上昇しやすいことも影響してるんだと思い ます。

★2009.06.03の海水温度です。

20090610-06.jpg

結局、いつもどおり、今年も茨城から福島の沿岸には、親潮が流れ込み、6月の今になっても、温度がそれほど上昇してません。
この後も、7月中旬まで本格的な温度上昇は見込めません。

こんなかんじで、毎年、海水温度が変化してます。

5-2-1 6本付け漁具の中央部と浮子に近い所とでの水深比較(水深計No.1とNo.2、図8−a・b)
浮縄から幹縄で90m離れたNo.1と、45m離れたNo.2を比較した。最大深度はNo.1が水深75m、No.2は52mで、No.1の方が23mも 深くまで到達していた。 平均的な深度もNo.1が約70m、No.2が約50mで20mの差があった。 No.1の方が浮子の浮力の影響を受けにくいため縄がたるみ、深部まで到達すると考えられた。

図8-a 水深計No.1と水温計No.1の記録

図8-b 水温計No.2の記録
5-2-2 4本付け漁具で浮縄の長さが10mと15mの水深比較(水深計No.3とNo.4、図8−c・d)
浮縄の長さが10mのNo.3と15mのNo.4で比較した。最大深度はNo.3が水深51m、No.4が71mで、No.4の方が20mも深くまで到 達していた。No.3、No.4ともに沈みきった後、すぐに浮上傾向になり、No.3は40m、No.4は50mで落ち着き、その差は10mになった。浮 縄の長さの差は僅か5mでも、縄の重さや漁具のバランスにより、それ以上に深さに差がでると考えられた。

図8-c 水温計No.3の記録

図8-d 水深計No.4と水温計No.2の記録
5-2-3 6本付けと4本付けの水深比較(水深計No.2とNo.3、図8−b・c)
針数以外の条件の近い、6本付け漁具のNo.2と4本付け漁具のNo.3を比較した。最大深度は、ともに投入直後の約50mであった。No.2はそのまま50m付近で安定していたが、
No.3はすぐに浮上する傾向が見られた。6本付けは漁具全体が重いため、縄が引っ張られにくく、安定した深度を維持し、4本付けはすぐに浮上が始まり不 安定な結果となった。狙う深度が定まっている場合は6本付け、深度を広く探りたい場合は4本付けが有利であると考えられた。

5-2-4 水深観測全体での傾向(水深計No.1〜No.4、図8−a〜d)
No.3、No.4では14時40分頃に急激な浮上が見られ、特にNo.4では10分足らずに25mもの浮上が見られた。No.1、No.2ともに同時刻 に浮上があったが、10m未満に収まっていた。揚縄開始後であるため、揚縄作業の影響である可能性が高く、海流や潮目による影響も考えられた。理論上 2.5km以上離れているNo.1とNo.4に同時刻に浮き沈みがあったことから、このような現象は漁具の広範囲にわたり影響が及んでいることがわかっ た。
海中での延縄漁具は、漁具の計算上の深さの約2倍の70m以深まで到達していること、水中に入った釣り針は、まず、投縄直後に最も深部まで沈降し、徐々に 浮上傾向にあること、想像以上に急激な浮上、急激な沈降が漁具全体に起こっていること、揚縄時には小刻みな上下動をしていることが確認できた。

5-2-5水温について(水温計No.1とNo.2・図8-a・d)
水温は17から18℃程度で、今回、観測した水深75mまでに大きな水温変化は確認できなかった。この時期は躍層などが無ければ漁具を投入する範囲の水深は水温変化が少ないと考えられた。

「村復活国が責任」 官房長官、福島・飯舘を訪問

記者団の質問に答える枝野官房長官枝野幸男

官房長官は17日、福島第1原発事故で計画的避難区域となる見通しの福島県飯舘村を訪れ、菅野典雄村長に「土壌改良と補償にしっかり取り組む。村の復活に国が責任を持つ」と表明、避難に向けた政府の対応に理解を求めた。
枝野氏の被災地入りは震災後、初めて。原発周辺地域では菅直人首相の対応への不満や先の見えない避難生活への不安が強まっている。枝野氏の訪問は地元の理解を得て円滑な避難実施につなげるのが狙い。
枝野氏は、福島県庁で会談した佐藤雄平知事にも「既に避難した住民や今後、計画的避難区域となる住民には補償を含めて政府がしっかり対応する」と伝えたという。
計画的避難区域については会談後、記者団に「区域拡大を検討する状況ではない。事故が悪化しないよう、しっかりと対応する」と説明した。
枝野氏は県庁内に設置された政府の原子力災害現地対策本部も訪ね、職員約110人を前に「地元の要望に柔軟に対応してほしい。制度や法律が壁になるなら、 私の責任で乗り越えられるよう全力を挙げる」と激励。一部が計画的避難区域に指定される南相馬市、川俣町も訪問し、原発から半径20キロ圏内での遺体捜索 現場を視察した。


2011年04月18日月曜日


福島県警、避難指示区域内で63世帯確認

福島県警は、福島第一原発から半径20キロの避難指示区域内に18日まで63世帯がとどまっていたことを明らかにした。

発表によると、県警は区域が設定された後の3月29日から4月18日まで区域内の世帯を戸別訪問して確認した。県警は早期の避難を呼びかけている。

(2011年4月20日10時55分  読売新聞)


菅首相、21日に福島県訪問 「警戒区域」指定を表明へ

菅直人首相は21日、福島県を訪問する。避難指示が出ている福島第1原発から半径20キロ圏内について、一帯へ の立ち入りを強制的に禁じる「警戒区域」に近く指定し、併せて住民の一時帰宅を段階的に実施する方針を表明する見通しだ。避難中、生活支援に万全を期す決 意を住民に伝える。

枝野幸男官房長官は20日の記者会見で、首相が田村、郡山両市にある避難所を訪れ、第1原発周辺から避難している住民を慰問すると発表。福島県庁で佐藤雄平知事とも会談し、警戒区域についてこれまでの検討状況を説明する。

枝野氏は「原発事故で着の身着のまま避難した方が多数いる。こうした方の生活をしっかり支えるのが政府の責任だ」と強調。警戒区域の指定時期や、20キロ圏内への一時帰宅の具体的な実施方法に関しては「最終調整中だ」と述べるにとどめた。

2011/04/20 17:42   【共同通信】

「放射線量下がっている。準備区域にして」南相馬市長、枝野長官に要請

2011.4.17 20:49

 福島県南相馬市の桜井勝延市長は17日、同市を訪れた枝野幸男官房長官と会談し、「放射線 量は山側の一部を除いて低い。(新たに設ける計画的避難区域が)なるべく民家にかからないようにしてほしい」などと述べ、避難が伴わない「緊急時避難準備 区域」とするよう強く求めた。

これに対して、枝野長官は線引きについて「今後詰めたい」と明言を避けた。

福島県によると、17日午後6時現在の南相馬市原町区の環境放射能測定値は毎時0.58マイクロシーベルト。飯舘村の8分の1、福島市や郡山市の3分の1程度の水準だ。

桜井市長は会談後、記者団に「金融機関、郵便、物流など不自由な点を枝野長官に話した。区域設定はそうした点も考慮して決まると思う」と述べ、市街地を極力、計画的避難区域に指定しないよう配慮がなされるとの見通しを示した。


2号機、立て坑の水位1センチ低下 高濃度汚染水の移送続く

2011.4.20 12:11
ロボットが撮影した福島第1原発2号機の原子炉建屋1階。湿度が高くレンズが曇っている=18日(東京電力提供)クリックして拡大するロボットが撮影した福島第1原発2号機の原子炉建屋1階。湿度が高くレンズが曇っている=18日(東京電力提供)

 福島第1原発事故で東京電力は20日、2号機タービン建屋の外の立て坑にたまった高濃度の汚染水の水位は、集中廃棄物処理施設への移送により午前7時までの24時間で1センチ下がり、地表から81センチとなったことを明らかにした。これまでは上昇傾向だった。

汚染水の移送は、19日午前10時すぎの作業開始から1時間に約10トンのペースで続いている。一方、3号機の立て坑の水位は上昇しており、午前7時時点で前日から3センチ上昇、地表から108センチになった。

2号機では原子炉建屋内の湿度が94~99%と非常に高く、18日に遠隔操作のロボットで行われた調査も、カメラのレンズが曇り中断した。高い湿度は、破損したとみられる「圧力抑制プール」が関与している可能性もある。

汚染水が海に流出した2号機の取水口付近では、18日に採取した海水から、法令の濃度限度の6500倍の放射性ヨウ素を検出した。保安院によると、取水口 を囲むように設置したカーテン状の「シルトフェンス」によって汚染水が閉じ込められ、滞留している可能性があるという。



このニュースをブログに書く

<input id=”newscrip” type=”text” value=”

” readonly=”readonly” />

米エネ省、原発周辺の放射線量予測図を公表

< 2011年4月20日 15:38 >

アメリカ・エネルギー省は、福島第一原子力発電所の周辺に1年間滞在した場合の積算の放射線量の予測図を明らかにした。

こ れは、 エネルギー省が航空機などを使って集めたデータを基に19日までに作成したもの。1年間の積算の放射線量が20ミリシーベルトを上回る可能性がある地域が 予測図の赤色部分で示されていて、福島第一原発から北西に約40~50キロの範囲に広がっている。ただ、屋内で過ごし、影響が減る分については考慮されて いない。

日本政府は、1年間の積算の放射線量が20ミリシーベルトに達するおそれがある地域を「計画的避難区域」に指定する方針を決めている。

【関連記事】
2011.04.14 21:53
原発キーワード「被ばく線量」
2011.04.12 08:45
第一原発で一時注水停止、放射線量変化なし
2011.04.12 00:39
被ばく線量の試算値、原発から北西に拡散
2011.04.11 20:16
20キロ圏外の避難指示を見直し~枝野長官
2011.04.10 15:44
福島の放射線量、安全性評価へ~文科省

東日本大震災:降下物から放射性物質 セシウム、四国初 「健康に影響なし」 /高知

  県衛生研究所(高知市丸ノ内2)は19日、同研究所で採取した雨やちりなどの降下物から、放射性物質のセシウム137とヨウ素131が検出された と発表した。福島第1原発の事故以降、セシウム137の検出は四国では初めてという。同研究所は「ごく微量で、健康には影響はない」としている。

同研究所によると、18日午前9時からの24時間で、セシウム137が1平方メートル当たり2・4ベクレル、ヨウ素131が同4・4ベクレルを検出した。自然界から1年間に受ける放射線量の10万分の1以下に相当するという。水道水からはともに検出されていない。

同研究所の今井淳所長は「福島から直接ではなく、気流に乗って地球を1周して到達したとみられる」と説明。「乳幼児だけでなく、農作物にも全く影響はない」と話している。【千脇康平】

毎日新聞 2011年4月20日 地方版




New respect for no-nukes messenger

Photographer Kenji Higuchi spent decades warning of nuclear power’s risk in Japan. He now finds a voice in the current crisis.

When the Fukushima disaster struck, Higuchi did not grab his camera and drive to the plant; he was exposed to radiation during his last visit to an evacuation zone. But he went to a shelter at an arena outside Tokyo and sneaked past a barricade to interview the families.

Tetsuya Kato / For the Washington Post

Japanese government seeks to calm food fears

A Japanese government restaurant is now offering Fukushima vegetables, fresh from the nuclear emergency zone. It’s not the first time governments have sought to convince citizens that local food is ready for the eating.

Foreign Minister Takeaki Matsumoto, left, eats a dish of curry with vegetables from Fukushima prefecture at the ministry's cafeteria in Tokyo. He was promoting the safety of farm products from the prefecture and other areas affected by consumer fears of radioactive contamination due to the crisis at the Fukushima Daiichi nuclear power plant.

June 4, 2010

President Obama, sitting next to convenience store owner Patti Rigaud, eats a shrimp as he visits Camardelle’s, a live bait and boiled seafood restaurant shop, to meet with residents regarding the BP Gulf Coast oil spill in Grand Isle, La. Obama was seeking to convince Americans that seafood from the Gulf of Mexico was fit to eat.

Charles Dharapak / AP

March 20, 1996

Former agriculture minister John Selwyn Gummer and his 4-year-old daughter Cordelia tuck into hamburgers on a visit to the East Coast Boat Show, in Ipswich, eastern England. Gummer was trying to soothe fears over mad cow disease.

Jim James / AP

Feb. 23, 1997

A year after mad cow disease hit the markets, French President Jacques Chirac, left, is presented with a piece of beef by a farmer from central France during his visit at the 34th International Agriculture Show in Paris.

Joel Robine / AP

Jan. 20, 2004

Prime Minister Thaksin Shinawatra eats fried chicken to show the public that chicken is safe in Thailand. Hoping to allay fears that bird flu had struck Thailand, government leaders feasted on an array of chicken dishes at a Cabinet meeting, and Thai exporters pledged to pay $25,000 to the families of anyone who died from eating the local poultry.

/ AP

不気味な静けさに満ちた原発の町

  • 2011年 4月 18日  21:07 JST

 【双葉町(福島県)】コインランドリーの乾燥機の中には、オレンジ色のスエットシャツと緑の作業ベスト、ジーンズ2本が残されており、湿ってカビ臭を放っている。

Ko Sasaki for The Wall Street Journal双葉町は福島第1原発の事故のため避難区域となった8市町村の1つだ

駅近くのレストランには、ベーコンとナスのトマトクリームパスタをはじめとするランチメニューが掲げられている。洋品店の入り口のドアには5日間の「在庫 処分」セールを宣伝するチラシが貼られている。町の中心を貫く道路上には、白地に青い文字で「原子力 正しい理解で豊かなくらし」と書かれた大きな看板が 掲げられている。

だが、福島第1原子力発電所からわずか数キロメートルに位置するこの町では人々の生活がおおむね失われている。

かつて7000人が暮らしていた福島県双葉郡双葉町は、3月11日の震災で福島第1原発で事故が発生して以来、退避を余儀なくされている8つの町のうち の1つ。事故発生後の数日間に避難した原発から半径20キロ圏内の住民は数万人に上る。日本政府は4月11日、原発から20キロ圏外の一部地域を新たに 「計画的避難区域」に指定した。

イメージ Ko Sasaki for The Wall Street Journal

東京電力は17日、事故収束に向けた作業工程を発表し、6-9カ月で原子炉内の圧力と温度を安全な水準にまで低下させ「冷温停止状態」にもっていくことを目指すとした。海江田万里・経済産業相は、冷温停止状態になれば避難者の一部は帰宅できる可能性があるとしながらも、全員帰宅は困難であることを認めた。

一方、双葉町の井戸川克隆町長は町に帰れたとしても「何年も先」になると述べた。東京電力は15日、原発から半径30キロ圏内の避難・屋内退避区域の住 民を対象に、1世帯当たり100万円、単身世帯は75万円の補償金を仮払いすると発表した。だが、避難者の一部は金額は不十分であり、一時的なご機嫌取り に過ぎないとしている。

避難区域を東西に走る国道6号線には、警察によって通行規制が敷かれている。原発から半径20キロ圏内については退避指示が出され、20キロ~30キロ 圏内の住民に対しては屋内退避が指示されている。退避指示区域ではパトカーや救急車、消防車が時々巡回を行っている。退避指示区域への立ち入りは、違法で はないものの、控えるよう強く要請されている。

通りを歩いていた一人の記者に消防隊員が、何をしているんですか、と尋ねた。助手席に座った別の消防隊員の手には放射線モニターが見える。消防隊員は、ここは立ち入り禁止区域であり危険なため、すぐに立ち去るようにと指示した。

なかには双葉町には二度と戻れない可能性もあるとの認識から、自分たちの荷物を取りに戻るため、通行規制をかいくぐり、狭い裏道から区域に侵入している地元住民もいる。

14日、一人の女性が美しい伝統的な日本家屋に慌ただしく出入りしていた。その女性は自らを「高崎」と名乗っていた。高崎さんによると、一家は現在約 100キロほど内陸にある福島市の親戚の家に身を寄せているが、30分でできる限り多くの荷物を持ち出そうと、夫と娘、義理の父で双葉町の自宅に戻ってき た。

高崎さんは透明の雨合羽に身を包み、フェースマスクとサングラスを着用していた。靴は透明なビニール袋で覆われ、足首の周りはテープで留められていた。

とても急いでいる、と高崎さんは洋服の入ったケースを自動車のトランクに積み込み、腕いっぱいに抱えた冬用のコートを別の見知らぬ人物に手渡しながら言い、それでもここに戻ってくるのは恐らくこれが最後になるため、持ち出さなければならないものがあるのだと述べた。

私道に大型のスポーツタイプ多目的車(SUV)が止まった。中には高崎さんの夫と娘が乗っていた。二人は金庫を取りに親戚の家に立ち寄っていたという。 二人は急いで自宅から洋服を持ち出した。それが済むと、靴を覆っていたビニール袋と雨合羽を私道に置いてあった手押し車に脱ぎ捨てた。そして前のドアを ロックせずにそのまま走り去った。

原子炉の冷却作業が終息しない限り、退避指示区域の放射線レベルや被害状況がどの程度になるかは明確には分からない。日本の当局は、現在までのところ放 出された放射性物質の量は数十万テラベクレルに上るとしている。これは、1986年に発生したソ連のチェルノブイリ原発事故で放出された放射性物質の量の 約10分の1に相当する。

主に漏出した放射性物質はヨウ素131で、8日で放射線量は半分になるため、数カ月たてば放射線量はかなり減少する。だが、国際原子力機関(IAEA) は、福島第1原発から約40キロに位置する福島県相馬郡飯舘村では、半減期が30年に及ぶセシウム137に関して、許容範囲を超える量が検出されたことを 明らかにした。

双葉町の一部地域では、放射線の被ばく量を測定する線量計が1時間当たり10マイクロシーベルトを示していた。この量の放射線を1年浴び続ければ、防災 業務に従事する原子炉作業員や警察官、消防隊員の最大許容被ばく量の2倍近くに達することになる。これだけの放射線量が検出されたとなると、双葉町の農家 にとって米や野菜、花の栽培を再開するのは難しい可能性がある。

双葉町周辺地域には荒廃と絶望感が漂っていた。双葉町と同じく福島第1原発の一部が立地する大熊町では、さらに高い放射線量が検出された。そこでは、避 難した家畜農家が残した牛が痩せ細った状態で通りをふらふらと歩いていた。ある納屋の中では、少なくとも5頭の牛が柵に鎖でつながれたまま死んでいた。母 牛の隣で死んでいる子牛の姿も見られた。

住民の帰宅時期が大きな問題となりつつあるなか、双葉町や大熊町をはじめとする原発周辺地域の状況は今や政治問題にまで発展している。13日、菅直人首 相の側近の一人が、菅首相が「福島第1原発周辺は10年、20年は住めない」と語ったと発言した。その後、菅首相はそれを否定し、同側近は発言を撤回し た。

だが、この発言に対し、福島県当局は、ただでさえ萎縮している避難者の気持ちに追い打ちをかけかねないとして怒りをあらわにした。この問題は、菅首相退陣論に拍車をかける格好になった。

原発から数キロに位置する町は荒涼とし、絶望的な雰囲気に満ちている。福島第1原発から約16キロ南に位置する楢葉町では、スズキ・エイコさん(80) とヨシオさん(48)が政府から避難指示が出ているにもかかわらず依然自宅にとどまっていた。エイコさんは糖尿病を患っており、震災直前に膀胱の一部を取 り除く手術を行って以来おむつを着用しているため避難所では暮らせないと話す。ヨシオさんもてんかんを持っており、避難所暮らしで症状が悪化することを恐 れている。

外に設置されたプロパンガスのタンク1本が彼らにとって残された唯一の燃料だが、それもなくなりつつある。食料品店は閉鎖され、近隣住民も全員避難してしまっていることから、家族の家で見つけた米やみそ、缶詰めの魚などで食いつないでいるという。

ヨシオさんは「放射能がなくなったら、みんな戻ってくると思う」と述べた。二人は部屋の隅に置かれた小さなテレビで震災のニュースを見ながら日々過ごしている。ヨシオさんは、原発はここの住民の重荷であり、破壊すべきだと腹立たしげに述べた。

楢葉町議会副議長の山内左内氏は、二人に避難を促したが拒否されたと述べた。避難指示が出されてから数週間、自衛隊員と共に定期的にスズキさん宅を訪れ、食べ物や水を届けていたという。だが、ここ5日は彼らの訪問は途絶えている。

エイコさんは「ここに残るのが間違っているんだってことは自分でも思っている。でも、どこで死ぬのも同じだ」と述べた。

記者: Daisuke Wakabayashi

 東京電力が福島第1原発の冷却作業を続ける一方で、事故のために避難区域となっている場所では将来的な見通しが全く立たない状態だ。
  • JGHOST01 福島県双葉町の道路をうろつく迷い犬。町は静まり返り、風が金属のシャッターを揺らす音しか聞こえない Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST02 双葉町は福島第1原発の事故のため避難区域となった8市町村の1つだ Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST03 大熊町も避難区域だ Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST04 この牛小屋では鎖につながれたまま少なくとも5頭の牛が死んでいた Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST05 7000人の人口を抱える双葉町。井戸川町長は住人が町に戻れるまでに何年もかかるだろうと話す Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST07 双葉町の地域センターにも人影はない。双葉町は津波の被害は免れたものの福島第1原発の事故によって避難を余儀なくされた Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST08 大熊町の民家 Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST09 双葉町の家に残された女の子の写真。東京電力は15日、福島第1原発から30キロ圏内の住民に100万円の仮払金を支払うことを決定した Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST11 双葉町の商店 Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST13 住民が急いで避難した大熊町で、鎖につながれたまま置き去りになっていた犬 Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST14 双葉町の消防隊員は住民が避難した後の町のパトロールにあたる Ko Sasaki for The Wall Street Journal
  • JGHOST15 この双葉町の住民は、生活物資を取りに避難先から少しの間戻ってきた Ko Sasaki for The Wall Street Journal
 東京電力が福島第1原発の冷却作業を続ける一方で、事故のために避難区域となっている場所では将来的な見通しが全く立たない状態だ。

10/12
住民が急いで避難した大熊町で、鎖につながれたまま置き去りになっていた犬
Ko Sasaki for The Wall Street Journal

原発の足元でペット保護活動「犬猫みなしご救援隊」

2011/4/15 13:34

イメージ 1
イメージ 1

 ゴーストタウンと化した福島第1原発周辺に取り残されたままになっているペット3 件たちは今どうなっているのか。https://i0.wp.com/sky.geocities.jp/attakakokoronet/_gl_images_/img055_1.jpg立ち入り自粛が求められている20キロ圏内で犬や猫の保護にあたっている動物愛護団体がいた。「犬猫みなしご救援隊」(中谷百里理事長)。救援隊が記録用に撮影した映像をもとに、取り残されたペットの様子を伝えた。

「よう生きとったね、良かったね~」

この救援隊は、広島県内で引き取り手のいないイヌやネコを保護して新たな飼い主を探すNPO団体だ。震災2日後に仙台市内の被災地に入り、イヌ、ネコを保護してきた。福島原発3 件20キロ圏内に初めて入ったのは震災19日目の3月30日(2011年)。

 中谷理事長は「福島は放射能の問題で手つかずの場所があると聞き、それはいけないということですぐ入った」という。万一に備えて、毎日スクリーニング検査を受け健康状態を確認しているという。

 繋がれたイヌを見かけると、「よう生きとったね、良かったね~」と声をかけ、持参した餌を与える。脱水症状で起きあがれないイヌは「水、飲めんの? 頑張るのや~」と励ます。

 この日、保護を依頼されたイヌや、衰弱が激しいイヌなど10匹を保護したが、餌に興味は示すものの、警戒して近寄ってこないイヌもいる。保護できないイヌには「明日また来るからね」と大量の水と餌を置いていく。

これまで200匹のイヌ、ネコ保護

 次に回ったのは、埼玉県に避難中の住民から愛犬の保護を依頼された富岡町。第1原発からわずか9キロしか離れていない。町に入った中谷が 「ラッキー、ラッキー」と呼ぶと、尻尾を振って駆け寄ってきたのがラッキーだった。中谷からラッキー無事の報告を受けた飼い主は涙ぐんだという。中谷は被 災地でこれまで200匹のイヌ、ネコを保護しており、被災地で保護活動をしているのは20団体もあるという。

 司会の加藤「中谷さんはボランティアで無償でやられているということですよ」

 キャスターのテリー伊藤「飼い主にとってペットは家族。避難指示を出すなら、ペットを一緒に連れていけるような場所も用意しておいてもいい」

 動物保護に関する法律はあるが、こういう時にそれが建前でしか過ぎないのがよく分かる。


machikawaco3 について

a TORO lawn mower dealer in Japan
カテゴリー: 福島第一第二原発降灰, NEWS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中