東北地方太平洋沖地震 (宮城三陸沖M8.4->8.8->9.0地震,8.9USGS) 福島第一(1、2、3号基)第二原発(1,2,4号基)降灰関係 2011/03/11 part 4-3主bk


オンライン放射線モニター

(全国)

http://japan.failedrobot.com/

The Japanese government recommended dose limit for public spaces is 1000 µSv per year, which is equal to 0.114 µSv per hour. Those measurements above the recommended limit are tagged orange.
(日本政府の規制値は年間1マイクロSv=0.114マイクロSv/時間平均、超える地点はオレンジ表示)

(東京)

Denphone Tokyo Office Geiger Counter

Posted: 2011-03-16 2:28 pm by Simon Gibson.

Here are the outputs from the Geiger Counter in our office in Azabujuban, Tokyo:

4 hour reading


Reload Image

24 hour reading


Reload Image

One week reading


Reload Image


Reload Image

The geiger counter in our office is similar to this unit: Craigset.

The units are micro sieverts per hour. See here for an explanation of sieverts: http://en.wikipedia.org/wiki/Sievert.

Kalin Kozhuharov has another counter down the road in Mita. You can check results from his counter here: http://thinrope.net/gamma/.

(三田)

Some measurments of the gamma radiation in Tokyo

My own data

Based on the log / data from my GAMMA-SCOUT® I have preapred the graph below. It will be updated from time to time (once a day?).

The device was on my balcony on the 3rd floor, Tokyo-to, Minato-ku, Mita 3-7-31 util 2010-03-23 18:15. After that I moved it inside next to a window due to bad weather.

At the moment the audio alarm for instant doses over 1.0 µSv/h is on, so I should be able to hear it.

The measured values are average per hour, in µSv/h (micro Sieverts per hour).

The normal average value for Tokyo is about 0.103 µSv/h.

Other data sources


Contents last updated: 2011-03-25
Copyright© 1990-2011 Kalin KOZHUHAROV. Design by KaliDesign®
All photographs unless otherwise indicated are copyright© 1990-2011 Kalin KOZHUHAROV.

放射能雲予報

放射能雲予報(放射性雲予報, 放射性煤煙予報, 放射性降下物予報; radioactive cloud forecast, radioactive fallout forecast, nuclear fallout map)のリンク集です。

Norsk institutt for luftforskning, Fukushima — Atmospheric Transport, Total Column I-131(ノルウェー大気研究所. 福島 − 大気移動. ヨウ素131全層)〈Norsk institutt for luftforskning(NILU; ノルウェー大気研究所)運営〉《英語》 http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_I-131_;region=Japan
Norsk institutt for luftforskning(ノルウェー大気研究所)によるヨウ素131の飛散予測です。Scroll over to navigate in time 上でマウス・カーソルを動かしてご覧ください。

全国の水道の放射能濃度一覧[日本全国水道水放射能濃度グラフ] http://atmc.jp/water/

全国の雨の放射能濃度一覧[日本全国放射性降下物グラフ] http://atmc.jp/ame/

上水(蛇口水)、定期降下物のモニタリング文部科学省大臣官房総務課運営〉[放射性ヨウ素,放射性セシウム] http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303956.htm

Zentralanstalt für Meteorologie und Geodynamik(ZAMG; 気象地球力学中央研究所)〔オーストリア共和国〕《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/
Aktuelle Informationen(最新情報)《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/
オーストリア共和国の Zentralanstalt für Meteorologie und Geodynamik(ZAMG; 気象地球力学中央研究所)による放射性物質(ヨウ素131)飛散予報です。
Unfall im japanischen Kernkraftwerk Fukushima (Update: 24. März 2011 12:00)(日本の福島原子力発電所事故 2011年3月24日12時00分更新)《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-03-24GMT11:24
Accident in the Japanese NPP Fukushima: Large emissions of Cesium-137 and Iodine-131/Spread of Radioactivity/ weather currently favourable/low level radioactivity observed in Iceland (Update: 24 March 2011 16:00)《英語》 http://www.zamg.ac.at/docs/aktuell/Japan2011-03-24_1600_E.pdf
Unfall im japanischen Kernkraftwerk Fukushima (Update: 23. März 2011 11:00)(日本の福島原子力発電所事故 2011年3月23日11時00分更新)《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-03-23GMT10:57
Unfall im japanischen Kernkraftwerk Fukushima (Update: 22. März 2011, 11:00)(日本の福島原子力発電所事故 2011年3月22日11時00分更新)《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-03-22GMT13:31
Accident in the Japanese NPP Fukushima: Spread of Radioactivity/first source estimates from CTBTO data show large source terms at the beginning of the accident/weather currently not favourable/low level radioactivity meanwhile observed over U.S. East Coast and Hawaii (Update: 22 March 2011 15:00)《英語》 http://www.zamg.ac.at/docs/aktuell/Japan2011-03-22_1500_E.pdf
Unfall im japanischen Kernkraftwerk Fukushima (Update: 21. März 2011 11:00)(日本の福島原子力発電所事故 2011年3月21日11時00分更新)《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-03-21GMT10:22
Accident in the Japanese NPP Fukushima: Spread of Radioactivity/weather currently not favourable/low level radioactivity meanwhile observed over Canada and Alaska (Update: 21 March 2011 15:00)《英語》 http://www.zamg.ac.at/docs/aktuell/Japan2011-03-21_1500_E.pdf
Unfall im japanischen Kernkraftwerk Fukushima (Update: 20. März 2011 11:00)(日本の福島原子力発電所事故 2011年3月20日11時00分更新)《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-03-20GMT10:21
Accident in the Japanese NPP Fukushima: Spread of Radioactivity/weather currently not favorable/low level radioactivity measured in California (Update: 20 March 2011 11:00)《英語》 http://www.zamg.ac.at/docs/aktuell/Japan2011-03-20_1100_E.pdf
Unfall im japanischen Kernkraftwerk Fukushima (Update: 19. März 2011 14:00)(日本の福島原子力発電所事故 2011年3月19日14時00分更新)《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-03-19GMT18:50
Accident in the Japanese NPP Fukushima: Spread of Radioactivity/from tomorrow onwards less favourable weather pattern/low level radioactivity measured in California (Update: 19 March 2011 14:00)《英語》 http://www.zamg.ac.at/docs/aktuell/Japan2011-03-19_1400_E.pdf
Unfall in Fukushima: Ausbreitung von Radioaktivität (Update: 18. Maärz 2011 13:00) http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-03-18GMT09:52
Accident in the Japanese NPP Fukushima: Spread of Radioactivity(Update: March 18, 2011, 13:00)《英語》 http://www.zamg.ac.at/docs/aktuell/20110318_Japan_1300_engl.pdf
Ausbreitungsrechnung der Strahlungswolke in Japan(日本における放射能雲の分散計算) http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-03-18GMT09:52
Fukushime accident . dispersion of radioactive elements (March 16th, 9am)(福島事故、放射性元素の飛散)《英語》 http://www.zamg.ac.at/docs/aktuell/20110316_Japan_0900_engl.pdf
Unfall im japanischen Kernkraftwerk Fukushima(日本の福島原子力発電所事故)《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-03-15GMT08:26
Störfall im japanischen Kernkraftwerk Fukushima, Ausbreitung von möglicher Radioaktivität (Update: 14. März 2011)《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=2&artikel=ZAMG_2011-03-14GMT11:51
Kernschmelze im Japanischen Kernkraftwerk Fukushima, Ausbreitung von möglicher Radioaktivität, (Update: 13. März 2011)《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=2&artikel=ZAMG_2011-03-13GMT09:20
Explosion in Japanischen Kernkraftwerk Fukushima, 12. März 2011《ドイツ語》 http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=2&artikel=ZAMG_2011-03-12GMT12:19
WikipediaによるZentralanstalt für Meteorologie und Geodynamik情報《ドイツ語》 http://de.wikipedia.org/wiki/Zentralanstalt_für_Meteorologie_und_Geodynamik
WikipediaによるCentral Institute for Meteorology and Geodynamics情報《英語》 http://en.wikipedia.org/wiki/Central_Institute_for_Meteorology_and_Geodynamics 

Katastrophe in JapanSPIEGEL ONLINE運営〉《ドイツ語》 http://www.spiegel.de/panorama/0,1518,751072,00.html
Gemessene Radioaktivität im AKW Fukushima I(福島第一原子力発電所の放射能の測定)《ドイツ語》 http://www.spiegel.de/panorama/bild-751072-192707.html
AKW Fukushima I: Prognose radioaktive Wolke(Animation: Windprognose)(福島第一原子力発電所 放射能雲予報(アニメーション:風予報))[放射性物質飛散予報]《ドイツ語》 http://www.spiegel.de/panorama/bild-751072-192707.html
オーストリア共和国の Zentralanstalt für Meteorologie und Geodynamik(ZAMG; 気象地球力学中央研究所)による放射性物質飛散(放射性降下物)予報です。CGは、福島第一原子力発電所からの放射性物質の可能性のある広がりを示してい ます。粒子の濃度は排出量に依存します(Konzentration(濃度) schwach(薄い) stark(濃い))。
3月19〜23日 http://www.spiegel.de/images/image-192707-galleryV9-mpcq.gif
3月15〜21日 http://www.spiegel.de/images/image-192707-galleryV9-mpcq.gif
3月15〜21日 http://www.spiegel.de/images/image-192707-galleryV9-pewm.gif
3月15〜20日 http://www.spiegel.de/images/image-192707-galleryV9-koxb.gif
3月15〜20日 http://www.spiegel.de/images/image-192707-galleryV9-jrpm.gif
3月12〜17日 http://www.spiegel.de/wissenschaft/natur/bild-750835-191816.html


Norsk institutt for luftforskning(NILU; ノルウェー大気研究所)〔ノルウェー王国〕《ノルウェー語》 http://www.nilu.no/
Atmospheric Transport(大気移動) http://transport.nilu.no/
Fukushima — Atmospheric Transport(福島 − 大気移動)《英語》 http://transport.nilu.no/products/fukushima
Total Column I-131(ヨウ素131全層)《英語》 http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_I-131_;region=Japan
Scroll over to navigate in time 上でマウス・カーソルを動かしてご覧ください。
Surface Concentration I-131(ヨウ素131地表濃度(海抜0〜100))《英語》 http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conc_I-131_0_;region=Japan
Total Column Cs-137(セシウム137全層) http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_Cs-137_;region=Japan
Surface Concentration Cs-137(セシウム137地表濃度(海抜0〜100))《英語》 http://transport.nilu.no/browser/fpv_fuku?fpp=conc_Cs-137_0_;region=Japan
Total Column Xe-133(キセノン133全層)《英語》 http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_Xe-133_;region=Japan
Surface Concentration Xe-133(地表濃度(海抜0〜100)))《英語》 http://transport.nilu.no/browser/fpv_fuku?fpp=conc_Xe-133_0_;region=Japan
WikipediaによるNorsk institutt for luftforskning情報《ノルウェー語》 http://no.wikipedia.org/wiki/Norsk_institutt_for_luftforskning
WikipediaによるNorwegian Institute for Air Research情報《英語》 http://en.wikipedia.org/wiki/Norwegian_Institute_for_Air_Research


Rheinisches Institut für Umweltforschung – EURAD-Projekt(Rhenish Institute for Environmental Research – EURAD-Project; ライン川環境研究所 – ヨーロッパ大気汚染拡散モデル・プロジェクト)〔ドイツ連邦ノルトライン=ヴェストファーレン州ケルン〕《ドイツ語,英語》 http://www.eurad.uni-koeln.de/
Fukushima – Mögliche Ausbreitung der radioaktiven Wolke über Nordhemisphäre(福島 — 北半球上の放射能雲の拡散予測)《ドイツ語》 http://db.eurad.uni-koeln.de/prognose/radio.html
Universität zu Köln(ケルン大学)の Rhenish Institute for Environmental Research(ライン川環境研究所)の EURAD(EURopean Air Pollution Dispersion model; ヨーロッパ大気汚染拡散モデル)プロジェクトによる北半球上おける地表(Bodennähe – surface)、上空2500m、上空5000m のセシウム137の広がり予測です。

Potential dispersion of the radioactive cloud over The Northern Hemisphere(北半球上の放射能雲の拡散予測)《英語》 http://www.weatheronline.co.uk/weather/news/fukushima?LANG=en&VAR=euradsfc&HH=0
Universität zu Köln(ケルン大学)の Rhenish Institute for Environmental Research(ライン川環境研究所)の EURAD(EURopean Air Pollution Dispersion model; ヨーロッパの大気汚染拡散モデル)プロジェクトによる北半球上おける地表(surface)、上空2500m、上空5000m のセシウム137の広がり予測です。


IRSN(Institut de Radioprotection et de Sûreté Nucléaire; 放射線防護原子力安全研究所)〔フランス共和国〕《フランス語,英語》 http://www.irsn.fr/
Se’isme au Japon : La situation en France《フランス語》 http://www.irsn.fr/FR/Actualites_presse/Actualites/Pages/201103_situation_en_france.aspx
Modélisation de la dispersion des rejets radioactifs dans l’atmosphère à l’échelle globale(地球規模での大気中への放射能排出分散のモデリング)《フランス語》 http://www.irsn.fr/FR/popup/Pages/irsn-meteo-france_19mars.aspx
Earthquake and nuclear crisis in Japan《英語,日本語》 http://www.irsn.fr/EN/news/Pages/201103_seism-in-japan.aspx
IRSNについて《日本語》 http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/irsn-about-irsn.pdf
2011年3月12日より福島第一原子炉から放出された放射能雲大気中拡散シミュレーション《日本語》 http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/irsn-simulation-dispersion-jp.pdf
La dispersion des rejets radioactifs dans l’atmosphe`re – 19 mars 2011(大気中に放出された放射性物質の拡散)《フランス語》 http://www.irsn.fr/FR/popup/Pages/animation_dispersion_rejets_19mars.aspx
Animation : Doses corps entier susceptibles d’e^tre rec,ues par un enfant de 1 an en l’absence de protection pendant les rejets(放射性物質放出期間中、無防備状態(屋外)において1歳児が受け得る対全身放射線量)《フランス語》 http://www.irsn.fr/FR/popup/Pages/animation_doses_corps_entiers_19mars.aspx
Animation : Doses a` la thyroi”de susceptibles d’e^tre rec,ues par un enfant de 1 an en l’absence de protection pendant les rejets(放射性物質放出期間中、無防備状態(屋外)において1歳児の甲状腺が受け得る放射線量)《フランス語》 http://www.irsn.fr/FR/popup/Pages/animation_doses_corps_thyroide_19mars.aspx
Animation : Doses a` la thyroi”de susceptibles d’e^tre rec,ues par un enfant de 1 an en l’absence de protection pendant les rejets – 22 mars 2011(放射性物質放出期間中、無防備状態(屋外)において1歳児の甲状腺が受け得る放射線量 – 2011年3月22日)《フランス語》 http://www.irsn.fr/FR/popup/Pages/animation_doses_corps_thyroide_22mars.aspx
日本から流れる放射能雲の移動:IRSN は環境の監視を強化 — 予想される空気中セシウム137は微量《日本語》 http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/irsn-monitoring-radioactivity-level-jp.pdf
IRSNによる3月22日迄に福島第一原子力発電所から放出された放射能の見積もり評価発表《日本語》 http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/IRSN_fukushima-radioactivity-released-assessment-JP.pdf
このレポートでは、福島第一原子力発電所事故では2011年3月22日までに、チェルノブイリ原子力発電所事故の推定放出量の約10%に相当する放射性物質が放出されたと推定しています。Wikipediaにおけるチェルノブイリ原子力発電所事故の解説では、広島に投下された原子爆弾約500発分に相当する放射性物質が飛散したとしていますから、それに従えば、2011年3月22日までに広島型原爆約50発分の放射性物質が飛散していることになります。つまり、1日に5発の広島型原爆が投下されている計算になります。
よくある質問《日本語》 http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/irsn-QA-jp.pdf
WikipediaによるInstitut de Radioprotection et de Sûreté Nucléaire情報《フランス語》 http://fr.wikipedia.org/wiki/Institut_de_Radioprotection_et_de_Sûreté_Nucléaire
WikipediaによるInstitut de Radioprotection et de Sûreté Nucléaire情報《英語》 http://en.wikipedia.org/wiki/Institut_de_Radioprotection_et_de_Sûreté_Nucléaire

Simulation : la course du nuage radioactif au large du Japon – Plane`te – Nouvelobs.com《フランス語》 http://tempsreel.nouvelobs.com/actualite/planete/20110318.OBS9873/simulation-la-course-du-nuage-radioactif-au-large-du-japon.html


Forecast for Plume’s Path Is a Function of Wind and WeatherThe New York Times運営〉[放射性物質飛散シミュレーション]《英語》 http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/16/science/plume-graphic.html

ドクター ジェフ マスターズ ワンダー ブログ
Dr. Jeff Masters’ WunderBlog〈Dr. Jeff Masters運営〉《英語》 http://nihongo.wunderground.com/blog/JeffMasters/
2011年03月《英語》 http://nihongo.wunderground.com/blog/JeffMasters/archive.html?year=2011&month=03

OAK RIDGE NATIONAL LABORATORY

アメリカのオークリッジ・ナショナル・ラボラトリーでは、核兵器の実験、製造による周辺河川の汚染状況を調査しました。 水銀、セシウム137などの有害物質が法で定められた基準値以内に納まっているかを調査し、 環境汚染のモニタリングを行ったわけです。その調査結果を、連邦政府の河川管理担当官に見せるためのツールとして AVS/Expressを採用しました。地層の任意断面を切り、3次元のアニメーションを使用して断面を移動させることにより、 地層の汚染状況を正確に把握することが可能となりました。

C Tech Development Corporation

地質、地層、地下汚染に関する解析や可視化を行うことができるソフトウェア。ボーリング・データから地層を生成可能。 地下水シミュレーション結果、CAD (DXF) データ、航空写真データとの合成が可能。

Fallout shelter

If available, inhabitants should take potassium iodide at the rate of 130 mg/day per adult (65 mg/day per child) as an additional measure to protect the human thyroid gland from the uptake of dangerous radioactive iodine, a component of most fallout and reactor waste. (For more information, including storage, and use of an inexpensive saturated solution, see potassium iodide.) (ヨード剤は成人で130mg/日服用すること、こどもは65mg/日)

核シェルターメーカー

bomb shelter design
building a bomb shelter

underground bomb shelters

NBC Filter Systems

Lunor NBC-filter systems protect against contamination, such as from radioactive fall-out and all known chemical and biological agents. The gas filters are suitable to Lunor ventilation units.

NBC blast doors
The contaminated air (red), sucked in by the ventilator(1), passes the valve (2) and the NBC-filter (3) Inside the NBC-filter the air flows through different filters (activated carbon, HEPA-filter), gets cleaned and is breathable again (blue). 

  1. Ventilation unit
  2. Shelter valve (explosion-protection valve with pre-filter)
  3. NBC – filter
NBC 

VA-75 $6,600.00Click Here for More Info

blast doors 

VA-150 $7,200.00Click Here for More Info

Planet x nibiru shelters
nibiru shelters
shelters
Planet x shelters
Nuclear bomb shelters
bomb shelters
Nuclear shelters
safe room

自動車用核物質除去フィルター


click on image to enlarge


click on image to enlarge


米国エネルギー庁(DOE)放射線モニター結果

AMS_Data_for_USDoS__March22_1530_JLC

排気ガスの放射線は0ー70歳までの合計被爆線量が70mSv(年平均年平均1mSv)までとする。

放射線審議会基本部会は、排気中濃度の算出に際して、年齢依存性を考慮し、同一人が0歳児から70歳になるまでの期間について年平均1mSvの被ばく線量に基づくものとするとともに、各年齢層に依存した線量係数を用い、更に各年齢層に依存した呼吸量を設定した( 図1 )。

天然放射線による人体の被ばく線量は地域によって異なるが、実効線量で表すと1年間に平均2.4mSvである。また、放射線や放射性物質を扱う場合の職業被ばくは、5年間で100mSv、かつ年間50mSvを限度とすることが放射線障害防止法で定められている。

http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/gen3-1L.jpg

被爆線量換算

ベクレル(Bq)、シーベルト(Sv)計算・換算

原発の北西30キロ内、高い放射線量 米が空から測定

2011年3月24日12時15分

写真 

米軍機などで観測した福島第一原発周辺の放射線量

「原発の北西30キロ内、高い放射線量 米が空から測定」より

【ニューヨーク=勝田敏彦】米エネルギー省(DOE)は22日、福島第一原子力発電所の周辺上空を飛ぶ米軍機などが測定した放射線量や地上のデータか ら、被災地域の地上の人が1時間あたりに浴びる放射線量を推定した結果を公表した。原発から北西方向に線量が高い長さ30キロほどの「帯」が広がっている ことがわかる。

空中測定は17〜19日に行われた。推定結果にある毎時125マイクロシーベルトを超える放射線量の帯は、地元自治体の観測でも高い放射線量が観測されている福島県の浪江町や飯舘村付近を通っている。

DOEは「調査した全域で毎時300マイクロシーベルトを超えておらず、放射線レベルは低い」としつつも、高い線量の帯の中では8時間ほどで、一般市民が年間で浴びる人工放射線の線量限度1ミリシーベルト(1ミリは1千マイクロ)を超える計算になる。

DOEは推定結果を随時更新し、ウェブサイト(energy.gov/japan2011)で公表する。

飯館村の雑草265万ベクレル 福島、野菜を大幅上回る

文部科学省は24日、福島県内で採取した雑草から検出した放射性物質の調査結果をまとめ、福島第1原発の北西約40キロの飯館村で20日に採取した雑草の葉から1キログラム当たりヨウ素254万ベクレル、セシウム265万ベクレルを検出したと発表した。

食品衛生法で定められた暫定基準値は、ヨウ素が1キログラム当たり2千ベクレル、セシウムが同500ベクレル。 厚生労働省によると、飯館村で採取された野菜からは1キログラム当たりヨウ素1万7千ベクレル、セシウム1万3900ベクレルが検出されたものもあるが、 雑草からの検出量はこれを大幅に上回る。

文科省の発表によると、原発から約25~45キロの複数地点で18日から21日に採取した雑草の葉から1キログラム当たりヨウ素3万6千~254万ベクレル、セシウム1万100~265万ベクレルを検出した。

飯館村では、20日に採取した土壌からも土1キログラム当たりヨウ素117万ベクレル、セシウム16万3千ベクレルが検出された。

2011/03/24 13:08   【共同通信】

https://i1.wp.com/www.asahi.com/special/10005/images/TKY201103230398.jpg

大気中の放射線量、東北南部と関東で高め

2011年3月23日19時15分

大気中の放射線量は、文部科学省などのまとめでは、23日も引き続き、東北南部と関東の10都県で平常時より高めに推移した。ほかの地域の放射線量は、平常時の範囲内の変動におさまっている。23日午後2時現在、福島県の一部と茨城県の一部では、1時間あたり1マイクロシーベルト(シーベルトは人間が放射線を浴びた時の影響度を示す単位)以 上の放射線量が測定された。茨城県高萩市は、福島第一原発から福島県いわき市よりも遠くにあるが、同市を超えるレベルの放射線量を記録した。

東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県での計測値は20日には平常値の範囲内だった。しかし、その後、21〜22日の降雨の影響などからやや高めになっている。

口蹄疫マスクN100マスクは厳格なNIOSH規格における最高ランクのろ過効率N100(99.97%以上)を持ち、ハーフマスク型としては現在世界最高レベルです。現在N100レベルに認可されているマスクは全世界で5社のもののみです。
このN100マスクの99.97%以上(非油性粒子)のろ過率は単にあらゆる花粉・黄砂・スモッグ・火山灰のような粒子を完璧にブロックするだけではなくウイルスや細菌などミクロの超微粒子にまで完全対応します。 

口蹄疫ウイルスや細菌そのもの、そしてストロンチウム・コバルト・ウラン・プルトニウムなどの放射性物質もろ過し、ヒ素・カドミウムに対してもOSHA PELの10倍の濃度に耐えます。

呼気バルブと新型エレクトロン膜(永久的極性を持つ誘電体物質)の一体化により、軽くて使い心地・密封性に優れ、涼しく呼吸ができるようになっています。また米国製の非常に優れた耐久性からこのN100マスク1枚で150〜200時間の使用が可能です。

アメリカ疾病対策センター(CDC)が疫病対応マスクとして認めるろ過率95%を遥かに超えるN100(99.97%以上)でインフルエンザなどのウイル ス、炭疽菌や結核菌などの空気感染菌もろ過しフェーズ6でも安心して使える世界最高グレードのマスクです。

【放射能漏れ】

汚染は数十年続く 避難範囲広がる恐れも指摘 仏原子力当局

2011.3.22 00:25

フランスの公的機関、原子力安全局(ASN)のラコスト局長は21日の記者会見で、福島第1原発の事故で放出された放射性物質による汚染は、今後数十年続く可能性があると表明した。また汚染が避難指示区域である原発から20キロの範囲を超えて広がる恐れも指摘した。

同局長は「放射性物質の放出は既に深刻であり、なお続いている。日本にとり(汚染との闘いは)何十年も続くことになるだろう」と指摘した。

特に土壌への残留放射性物質の問題が深刻だとした上で「日本政府はまだ放射性物質の汚染地域の地図を示していないが、原発から20キロの範囲を超えて広がることもあり得ないことではない」と述べた。

また別の担当者は「気象条件を考慮に入れると、汚染地域が原発から100キロ圏に広がることもあり得る」と述べた。(共同)

放射能汚染された食品の取り扱いについて

(福島原子力発電所事故関連)

上層大気風向数値予報(気象庁)


予想図一覧表へ

予想図一覧表へ


予想図一覧表へ


予想図一覧表へ


予想図一覧表へ

https://i1.wp.com/img.ski.vitaljapan.net/20110319_2135701.jpg

2011年03月20日

フランスの専門機関が福島原発の放射能飛散シュミレーション動画を公開
フランスのIRSN(放射線防護原子力安全研究所)が、セシウム137の大気中拡散をシミュレーションした動画を公開しました。
実は海外ではすでにドイツやアメリカのWEBサイトでこうしたシュミレーション動画が公開されています。何故日本の気象庁は、公開しないのか?(シミュレーションできる機器、技術があるのは間違いないので)疑問や不信感がつのっています。
また何故シミュレーションしないといけないのか?それは現在も放射能は漏れ続けているという事。その放射能は風に乗って移動しているという事です。

https://i0.wp.com/img.news.goo.ne.jp/picture/sankei/snk20110320115view.jpg

東京都による農畜産物中の放射能検査

放射性物質の拡散予測図を公表
原子力安全委、退避圏外も一定量

2011/3/23 23:52

国の原子力安全委員会(班目春樹委員長)は23日夜に記者会見し、原子力発電所の事故発生時に放射性物質が広がる範囲の予測結果を地震 後、初めて公表した。放射性ヨウ素による一定期間の積算放射線量が、屋内退避圏内の30キロメートルを超えて100ミリシーベルトになるという。100ミ リシーベルトは原子力安全委が、健康被害を防ぐために予防薬の安定ヨウ素剤の服用が必要となる目安とした線量。

枝野幸男官房長官は23日の記者会見で計算結果について「屋外で24時間活動した場合を前提としたシミュレーションだ。参考資料の一つにはなるが現時点でただちに(半径30キロ以内の退避範囲を)変更することにはならない」と述べた。

文部科学省系の原子力安全技術センターの緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を使った。福島第1原発の今回の事 故で実際に放出されている放射線量は不明なため、もっとも厳しい条件を仮定。放射性ヨウ素の影響を受けやすいとされる1歳児が3月12~23日まで一日中 屋外で過ごすことを想定し、甲状腺が受ける線量を推定した。

班目委員長は会見で、「屋内にいれば放射線の影響は屋外の4分の1~10分の1に減らせる。ただちに退避圏を拡大したり、安定ヨウ素剤を摂 取したりすることは不要」と強調した。そのうえで、乳児を持つ保護者に対しては「あくまで念のためだが、発電所の方から風が吹くときは外出を控えてほし い。風下のときは窓を閉めて密閉した方がいい」と注意喚起した。

日本人は海藻などからヨウ素をとるので、それが甲状腺に蓄積され放射性ヨウ素を取り込みにくいため健康被害の懸念は小さいとの指摘もある。2011年03月20日(日)19時58分

宇都宮市の水道水から基準値超の放射性物質

< 2011年3月25日 10:50 >

栃木県は25日、宇都宮市の水道水から、乳児が飲める基準を超える放射性物質が検出されたと発表した。これで、県などが乳児などに水道水を飲ませることを控えるよう呼びかけている自治体は4県の24市町村となった。

栃木県によると、県の保健環境センターの水道水を検査したところ、1歳未満の乳児が飲める基準を上回る放射性ヨウ素が検出された。水道水は鬼怒川から水を引いている松田新田浄水場から供給されているものだった。

そのため、栃木県は、同じ浄水場から供給を受けている宇都宮市で、乳児に水道水を飲ませることを控えるよう呼びかけた。

他の自治体では、これまでに、千葉県が市川市や浦安市など11市、茨城県が北茨城市や笠間市など5市村に、福島県がいわき市や郡山市など6市町に、乳児に水道水を飲ませることを控えるよう呼びかけている。福島・飯舘村は、大人が飲むことも控えるよう呼びかけている。

一方、東京都は、24日の検査で、葛飾区の金町浄水場で採取した水に含まれる放射性ヨウ素が基準を下回ったため、「乳児に飲ませることを控える必要はない」としている。

【原発問題】日本野菜から放射性物質 千葉、愛媛産も輸入停止 シンガポール 3/25 00:27

【シンガポール時事】シンガポール農業・食品・獣医庁(AVA)は24日夜、日本から輸入した野菜のうち
栃木産のミツバ、茨城産の菜の花、千葉産の水菜、愛媛産のシソの4種類の検体から、ヨウ素131などの
放射性物質を検出したと発表した。 

同庁はこれを受け、新たに千葉、愛媛両県産の野菜と果物を輸入停止の対象に追加指定した。

シンガポールは福島原発事故が起きた11日以降に輸出された日本産食品を対象に放射能検査を実施しているが、
放射性物質を検出したのは初めて。
同庁は23日、福島、茨城、栃木、群馬の4県産の乳製品、果物、野菜、魚介類、肉類の輸入停止を決めている。

土から1600倍超の放射能

3月23日 18時39分 

福島第一原子力発電所の事故で、福島県などが周辺で採取した土を分析した結果、飯舘村の原発から北西に40キロの地点で、通常の1600倍を超える放射性セシウムが検出されました。専門家は「農作物が取り込むと、出荷できなくなるおそれがある値だ」と指摘しています。

福島県と国の現地対策本部は、福島第一原発の事故の影響を調べるため、今月18日から22日にかけ て、原発周辺の市町村の6地点で、5センチの深さで土を採取し、放射性物質がどの程度含まれるか分析しました。その結果、福島県飯舘村の原発から北西に 40キロの地点で採取した土から、▽放射性セシウム137が、1キロ当たり16万3000ベクレル検出されました。土壌に含まれる放射性物質を対象にした 環境基準はないということですが、環境中の放射能に詳しい学習院大学理学部の村松康行教授によりますと、通常の土壌で検出される放射性セシウムは、1キロ 当たり多くて100ベクレル程度で、今回はその1630倍に当たるということです。このほか川俣町や南相馬市などの5つの地点でも、通常の12倍から 142倍に当たる放射性セシウムを検出したということです。これについて、村松教授は「非常に高い値で驚いている。放射線セシウムは、およそ30年残るた め、長期的な農作物への影響を考える必要がある。農作物が土壌から取り込む割合からすると、国の暫定基準を超え、出荷できなくなるおそれがある値なので、 詳細なデータを集め、対応を検討する必要がある」と指摘しています。今回の調査結果について、国の原子力安全委員会は詳しい評価作業を行っています。

茨城・日立の水道水でもヨウ素 乳児飲用基準の3倍

2011年3月24日18時10分

茨城県日立市は24日、市内の2カ所の浄水場で23日に採った水道水から、乳児の飲み水についての国の基準値(1キロあたり100ベクレル)を超える放 射性ヨウ素を検出したと発表した。十王浄水場で乳児の基準値の2.98倍の同298ベクレル、森山浄水場では1.5倍の同150ベクレル。十王の数値は、 大人の基準値同300ベクレル近い。市は当分の間、乳児が水道水を飲むことを控えるよう呼びかけている。

日立市上下水道部は「基準値以内だが高い値でもあるので、あと数日、採水を続けて様子をみたい」としている。市は24日夕方、2歳未満の乳幼児向けに、ペットボトル入り飲用水を1人8リットル配った。25日も朝から配る。

【放射能漏れ】

東京都の水道水、乳児の基準範囲内に改善 24日の検査で判明

2011.3.24 12:55
指標値を超える放射性ヨウ素が測定された金町浄水場=23日、東京都葛飾区(瀧誠四郎撮影)クリックして拡大する指標値を超える放射性ヨウ素が測定された金町浄水場=23日、東京都葛飾区(瀧誠四郎撮影) 

東京都水道局の金町浄水場(葛飾区)で、水道水から乳児の摂取制限を超える放射性ヨウ素が 検出された問題で、都が24日検査を実施したところ、水道水1キログラム当たりの放射性ヨウ素は79ベクレルと、食品衛生法で定めた1歳未満の乳児の暫定 基準値100ベクレルの範囲内に改善したことが同日、分かった。

都では23日の時点で、金町浄水場の水を使っている東京23区と武蔵野、 三鷹、町田、多摩、稲城の5市で乳児が飲むのを控えるよう要請。該当地域の乳児(約8万人)のいる家庭に対し、1人当たり3本、計24万本のペットボトル (550ミリリットル)の配布を24日午前から始めていた。

都では22日午前9時に3カ所の浄水場で検査を実施。小作浄水場(羽村市)で32ベクレル、朝霞浄水場(埼玉県朝霞市)では検出されなかった。金町浄水場では23日午前9時の採取でも水道水1キログラムあたり190ベクレルを検出していた。

24日の検査では金町浄水場のほか、小作浄水場、朝霞浄水場でも検査を実施したが、検出はされなかった。

千葉・松戸市の2浄水場でも放射性物質

千葉県水道局は24日、ちば野菊の里浄水場(松戸市)と栗山浄水場(同)の2か所で23日に採取した水道水から乳児が飲む暫定規制値(1キロ・グラム当たり100ベクレル)を超える放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。

両浄水場の給水地域は、松戸、市川、船橋の各市。同局は乳児には飲ませないよう呼びかけている。

ちば野菊の里浄水場では1キロ・グラム当たり220ベクレル、栗山浄水場では同180ベクレルだった。

同局では、暫定規制値は長期にわたり摂取した場合の健康影響を考慮して設定したもので、代わりの飲用水がない場合は摂取してもさしつかえない、としている。

(2011年3月24日13時02分  読売新聞)

川口市の浄水場の放射性ヨウ素、規制値以下に

埼玉県川口市は24日、同市東本郷の市営新郷浄水場で、乳児が飲む暫定規制値(1キロ・グラム当たり100ベクレル)を超える120ベクレルの放射性ヨウ素131を検出したと発表した。

ただし、再検査では規制値を下回ったため、市は「健康に問題はない」として推移を見守ることにしている。

市によると、検出したのは22日に採取した水から。ただし、24日午前6時に採取した水は、46ベクレルと基準を下回った。このため市は、乳児の飲料を控える呼びかけなどはせず、週1回の検査を続けて様子を見るという。

同浄水場は、江戸川水系の県営新三郷浄水場(埼玉県三郷市)から供給された水と、地下水を混ぜて水道水を供給している。

(2011年3月24日12時53分  読売新聞)

9都県で水から放射性物質
降下物は7都県、影響なし

文部科学省は20日、福島第 1原発事故を受け、19日に採取した都道府県の水道水を検査し、放射性のヨウ素とセシウムを栃木と東京で、ヨウ素を群馬、埼玉、千葉、神奈川、新潟で検出 したと発表した。福島と茨城でも両物質が県独自の調査で20日までに見つかり、水道水からの放射性物質検出は9都県。いずれも健康への影響はないという。

水1キログラム当たりの量はヨウ素が栃木16ベクレル、群馬3・6ベクレル、東京2・9ベクレル、新潟2・1ベクレルなど。セシウムは栃木2・6ベクレル、東京0・21ベクレルなど。

福島県の調査では、20日午前9時に採取した水道水で、ヨウ素は17ベクレル。ただ厚生労働省は19日、福島県川俣町で17日に採取した水道水から、国の基準値を上回る308ベクレルのヨウ素を検出したと明らかにした。

国の原子力安全委員会の摂取制限基準は水1キログラム当たりヨウ素が300ベクレル、セシウムが200ベクレル。

文科省は、18日朝から24時間に降った雨やちり、ほこりなど降下物の検査結果も発表。ヨウ素とセシウムは栃木と群馬、ヨウ素は埼玉、神奈川、山梨など 計7都県で検出されたが、「空間や水道水の放射性物質は健康に問題ないレベルと既に判明している」(同省)という。

1平方キロ当たりの検出量は、ヨウ素が栃木1300メガベクレル(1メガベクレルは100万ベクレル)、群馬230メガベクレル、東京51メガベクレ ル、埼玉64メガベクレル、山梨175メガベクレルなど。セシウムは栃木62メガベクレル、群馬84メガベクレル。

水道水、降下物とも、一部の県は震災対応の影響で報告していない。

記事入力 : 2011/03/23 09:25:20

東日本巨大地震:魚介類からも放射性物質を検出

基準値の126倍

福島第1原子力発電所での放射能漏れで大気が汚染され、ホウレンソウなどの野菜や水道水から放射性物質が検出されているが、今度は海水からも半減期(放射 性元素が崩壊して原子の数が半分に減るのに要する期間)が30年にもなるセシウム134が検出された。また、ヨードは最高で基準値の126倍が検出され た。福島第1原発を管理する東京電力は22日、発電所から16キロ離れた沖 合の海から、基準値の16.4倍に当たるヨード131が検出されたと発表した。また、発電所の排水口から330メートル離れた海水からは、ヨード131が 基準値の126.7倍、セシウム137は16.5倍、セシウム134は24.8倍の濃度で検出された。

枝野幸男官房長官は会見で「基準値は1年間毎日摂取した場合の量を基準としているため、現在検出された程度の濃度では、人体に影響を及ぼすことは ない」と述べた。日本政府の発表によると、原発での事故発生後、周辺海域では漁業がほぼ中断しているため、この海域で水揚げされた魚介類は流通していない という。

一方で専門家は、放射性物質が魚介類に蓄積する可能性を懸念している。日本分析センターの池内嘉宏理事はNHKとのインタビューで「ヨード131 は半減期が8日と短いため、人体にそれほどの影響はないが、セシウムは半減期が最高で30年にもなるため、魚介類に蓄積される。そのため引き続き調査を行 わなければならない」と述べた。

日本は1人当たりの年間魚消費量が70キロを超え、世界1位だ。そのため、海から放射世物質が検出されたことによる影響は非常に大きいとみられ る。韓国でもロッテマートや新世界百貨店などの大型店が、日本からの魚介類輸入を一時中断した。中国、インドネシア、タイ、シンガポールなども日本産魚介 類の安全検査を強化している。

また首都圏を中心とする10地域では、21日と22日に降った雨に、大気中に浮遊していた放射性物質が混ざった影響で、土壌でも放射性物質の数値 が上がっている。茨城県では2カ所でそれぞれ9万3000ベクレル、5万8000ベクレルのヨードが検出された。これについて日本政府は「決して心配する ほどのレベルではない」と呼び掛けてている。

しかし世界保健機関(WHO)は「飲食物に含まれる放射性物質は人体に蓄積される可能性があるため、大気中の放射性物質に比べて健康に及ぼす影響が大きい」として、日本政府は直ちに対策を取るべきとの見解を示した。

フランス原子力安全局(ASN)のラコスト局長は「福島第1原発で発生した放射能漏れはすでに深刻な状況にあり、(日本政府は)今後数十年にわた り放射能汚染への対策を取らなければならないだろう」と述べた。またASNで放射能管理の責任者を務めるゴデ氏は「放射能により汚染された地域は原発から 半径20キロの範囲を超えており、気象条件を考慮すると、最大で100キロまで拡大することも考えられる」と予想した。

東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員

東電「放射性物質の拡散シミュレーションは困難」

2011/3/24 2:56

東京電力は24日未明の会見で、福島第1原子力発電所から放射性物質がどの地域まで広がるかを推計するのは難しいとの見解を明らかにし た。23日までの会見では「できる限り(推計をして結果を)明らかにする」(広報部)としていた。計算の前提になるデータが現時点ではそろわないため、公 表方針を実質的に撤回した。

東電は放射性物質の拡散具合をシミュレーションするソフトウエアを 持っているが、実際の計算には放射性物質の放出量と風向などの気象情報を入力する必要がある。気象情報については福島第2原子力発電所で測定したデータを 流用することができるが、放射性物質の放出量は、電源不足や津波の影響で計測機器が動かなかったため、情報がそろわないという。

また何パターンかの仮置きの情報で算出するなどの措置は、変化の幅が大きすぎて事実とかけ離れる懸念が大きいとして断念。「放射性物質の放出量を周辺情報などから推計できないか今後努力する」(広報部)としている。

Radiation Air Monitoring Data (EPA USA)(米国環境省 放射線モニター)

Common Power Plant Radionuclides

米原子力規制委員会(NRC)は被曝可能性として上の地図を示している。
1シーベルトは100レムである。
1マイル=1,609.344メートル
半径0.5マイル以内: 5400rems =数週間以内に死亡する量
半径1.0マイル以内: 1500rems =数週間以内に死亡する量
半径1.5マイル以内: 670rems =2ヶ月以内に死亡する可能性がある量
半径2.0マイル以内: 390rems =2ヶ月以内に死亡する可能性がある量
半径3.0マイル以内: 180rems =口や喉から出血
半径5.0マイル以内: 75rems =吐き気、めまい、頭髪が抜ける
半径7.0マイル以内: 40rems =血中の化学物質に変化をきたす
半径10.0マイル以内: 14rems =同上
半径15.0マイル以内: 15rems =同上
半径20.0マイル以内: 13rems =同上
半径30.0マイル以内: 11rems =同上
半径40.0マイル以内: 10rems =同上
半径50.0マイル以内: 10rems =同上  という見解を示している。

(参考:注)メートル法による記事があったので、追加しておく。
1.6 km以内は、数週間以内に死亡する
3.2 km以内は、2ヶ月で死亡の可能性
4.8 km以内は、口や喉からの出血
8.0 km以内は、吐き気、嘔吐、脱毛
80 km以内は、血液の化学的変化
50 miles(80km)以内は健康被害の可能性が高まるとのデータが出ている。避難範囲については、米国政府は自国民に対し「80km圏内は避難」として いる。しかし、日本政府は「原発から半径20km圏内の住民に避難、20km〜30km圏内では屋内退避」(2011年3月20時点)としている。

Forecast for Plume’s Path Is a Function of Wind and Weather

A forecast by the Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty Organization shows how weather patterns this week might disperse radiation from a continuous source in Fukushima, Japan. The forecast does not show actual levels of radiation, but it does allow the organization to estimate when different monitoring stations, marked with small dots, might be able to detect extremely low levels of radiation. Health and nuclear experts emphasize that any plume will be diluted as it travels and, at worst, would have extremely minor health consequences in the United States.
Related story »

Map of plume from Japan

Posted on | March 17, 2011 | 11 Comments

https://i1.wp.com/chanceofrain.com/wp-content/uploads/2011/03/20110315_fuku_Cs-137-glob_12.gif

オーストラリア政府発表 放射性物質の降灰予想図
Austria’s Federal Ministry for Science and Research has released this map showing radioactive material from the disaster in Japan moving across the Pacific Ocean, reports the Los Angeles Times. Small amounts of radiation could reach California by Friday. The Times has the map and the story. To read it, click here. To hear Accu-Weather meteorologists discuss the dispersal of the plume, click here. If you want to avoid the shampoo commercial, hint: We in the US are not the ones at risk. The Japanese are.

The New York Times carries this map and article.

3/18/2011: The LA Times has this update on monitoring. The comment string for this post leads me to add this clarification. If you are worried about dangerous levels of radiation reaching the West Coast from the Fukushima disaster, check with your local air quality management district. Whatever you do, don’t use this map for any sort of medical decision-making. To my mind, Americans tying up potassium iodide needed in Japan is not helpful when help is most needed. Others disagree.

Apropos of the misery there, the Japan Meteorological Agency has issued a spring tide warning because the land around the quake has sunk.

Further update: Because this blog is primarily dedicated to water, and the reaction to this post is overwhelming a comment service intended largely for our local water conservation movement, I regret to say that the comment string for this post has been closed. I hope the links are useful and urge all wishing to comment to please do so at the Los Angeles Times or New York Times. Concerned readers may also wish to  read Jonathan Parfrey’s memorandum at the Green LA Coalition. He is a Los Angeles Department of Water & Power Commissioner and former director of Physicians for Social Responsibility-LA who is less sanguine than most, including me, about the threat posed to Californians by the rolling catastrophe in Japan.

*Updated post.

http://www.aeronomie.be/fr/actualite/presse.htm

1 海水の核汚染拡散 福島第一原発3号機

2 大気の核汚染拡散 福島第一原発1号機

3 大気の核汚染拡散 福島第一原発3号機

放射線照射食品の許容値(FDA)

放射能汚染許容値(日本) ヨーソ133/セシウム


Is potassium iodide the only medication available for radiation exposure?

Potassium iodide is the only FDA-approved medication available to treat contamination with radioactive iodine. There are FDA-approved products available that increase the rate of elimination of other radioactive elements. They include:

  • Calcium-DTPA and Zinc DTPA, Hameln Pharmaceuticals. Approved to treat known or suspected internal contamination with plutonium, americium, or curium to increase the rates of elimination.
  • Radiogardase (Prussian blue insoluble capsules), HEYL Chemisch-Pharmazeutische Fabrik GmbH & Co. KG. Approved to treat known or suspected internal contamination with radioactive cesium and/or radioactive or non-radioactive thallium to increase their rates of elimination.

FDA許可 ヨード剤 その他のアイソトープ用薬剤 これらの供給不足は増産を指示してるが、個人で買う必要はない。日本からの薬剤の供給不足は個別対応、日本へのこれらの薬剤の輸出要請はない。許認可がからむ。

米国 輸入食品の核汚染許容値(チェルノブイリ原発事故)

■チェルノブイリ原発事故に関連して定められた基準値
「基準値」というのは1999年にベラルーシ政府が定めた食品の「許容レベル」のこと。ベビーフードなどの「子供がそのまま摂取する食品」の基準値は37Bq/kgになっている。
000_ベラルーシ食品放射能の規準値

■福島原子力発電所の事故に関連して定められた暫定基準値
※画面上の表をクリックすると拡大した表が表示されます
平成23年3月17日 放射能汚染された食品の取り扱いについて
注)100 Bq/kgを超えるものは、乳児用調製粉乳及び直接飲用に供する乳に使用しないよう指導すること。
001_福島食品放射能の基準値_S

https://i1.wp.com/www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09030112/02.gif

https://i1.wp.com/www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09030112/01.gif

放射能暫定限度を超える輸入食品

輸入食品の放射能

食料の自給率の低い日本では、その35%を輸入食品に依存しており、そのうちの5%をヨーロッパから輸入しています。そこで、厚生省では1986年 10月31日付けの通知で輸入食品中の放射能濃度の暫定限度をセシウム−134とセシウム−137の合計量で370Bq/kg以下としました。

厚生省は、1986年11月より各検疫所におけるヨーロッパからの輸入食品の放射能検査を開始し、現在も対象品目を絞って検査を継続しています。

愛知県衛生研究所では生活衛生課の依頼を受けて、1988年度より検査を開始し、現在も継続して実施しています.これまでには暫定限度を超えて検出されたものはありませんが、パスタやハーブ類、木の実のジャム類から検出限界を超えて検出された事例があります。

NaI(Tl)食品放射能測定器セシウム−134やセシウム−137はガンマー線を放出しますので、収去した輸入食品約500gから1kgを測定 容器に均一に詰めて、ヨウ化ナトリウムの検出器をもつ測定器にて20000秒から80000秒かけて計測し、セシウム−134とセシウム−137の合計の 放射能濃度を求めます。 いろいろな輸入食品こうして見ると、私たちはヨーロッパからの様々な食品を食べています。パスタ各種、ジャム類、果汁、ミネラルウォ−ター、チーズ&その他の乳製品、クッキー、ハーブ類・・・・

https://i0.wp.com/www.rist.or.jp/atomica/data/pict/10/10070202/01.gif

<関連タイトル>
食品中の放射能 (09-01-04-03)
各種食品中の放射性核種の種類と濃度 (09-01-04-04)
輸入食品中の放射能の濃度限度 (09-01-04-07)
内部被ばく (09-01-05-02)
飲食物摂取制限 (09-03-03-06)
年摂取限度(ALI) (09-04-02-14)


石川県 環境放射線データ リアルタイム表示

kogumarecord:  東日本大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP - Google マップ
Radiation from Japan not likely to harm North America
Posted by: JeffMasters, 12:53 PM GMT on March 14, 2011

Radiation from Japan’s stricken Fukushima Daiichi nuclear plant has been detected 100 miles to the northeast, over the Pacific Ocean, by the U.S. military. Westerly to southwesterly winds have predominated over Japan the past few days, carrying most of the radiation eastwards out to sea. The latest forecast for Sendai, Japan, located about 40 miles north of the Fukushima nuclear plant, calls for winds with a westerly component to dominate for the remainder of the week, with the exception of a 6-hour period on Tuesday. Thus, any radiation released by the nuclear plant will primarily affect Japan or blow out to sea. A good tool to predict the radiation cloud’s path is NOAA’s HYSPLIT trajectory model. The model uses the GFS model’s winds to track the movement of a hypothetical release of a substance into the atmosphere. One can specify the altitude of the release as well as the location, and follow the trajectory for up to two weeks. However, given the highly chaotic nature of the atmosphere’s winds, trajectories beyond about 3 days have huge uncertainties.One can get only a general idea of where a plume is headed beyond 3 days. I’ve been performing a number of runs of HYSPLIT over past few days, and so far great majority of these runs have taken plumes of radioactivity emitted from Japan’s east coast eastwards over the Pacific, with the plumes staying over water for at least 5 days. Some of the plumes move over eastern Siberia, Alaska, Canada, the U.S., and Mexico in 5 – 7 days. Such a long time spent over water will mean that the vast majority of the radioactive particles will settle out of the atmosphere or get caught up in precipitation and rained out. It is highly unlikely that any radiation capable of causing harm to people will be left in atmosphere after seven days and 2000+ miles of travel distance. Even the Chernobyl nuclear disaster, which had a far more serious release of radioactivity, was unable to spread significant contamination more than about 1000 miles.


Figure 1. Forecast 7-day movement of a plume of radioactive plume of air emitted at 12 UTC Saturday, March 12, 2011 from the Fukushima Daiichi nuclear plant. Radioactivity emitted at 2 levels is tracked: 100 meters (red) and 300 meters (blue). Images created using NOAA’s HYSPLIT trajectory model.


Figure 2. Forecast 7-day movement of a plume of radioactive plume of air emitted at 12 UTC Sunday, March 13, 2011 from the Fukushima Daiichi nuclear plant. Radioactivity emitted at 2 levels is tracked: 100 meters (red) and 300 meters (blue). Images created using NOAA’s HYSPLIT trajectory model.


Figure 3. Forecast 7-day movement of a plume of radioactive plume of air emitted at 12 UTC Monday, March 14, 2011 from the Fukushima Daiichi nuclear plant. Radioactivity emitted at 2 levels is tracked: 100 meters (red) and 300 meters (blue). Images created using NOAA’s HYSPLIT trajectory model.

I’ll have an update Tuesday morning.

Jeff Masters

Curie (キュリー:毎秒原子崩壊数)

From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to: navigation, search
For other uses, see Curie (disambiguation).

The curie (symbol Ci) is a unit of radioactivity, defined as

1 Ci = 3.7×1010 decays per second.

This is roughly the activity of 1 gram of the radium isotope 226Ra, a substance studied by the pioneers of radiology, Marie and Pierre Curie, for whom the unit was named.[1][2] In addition to the curie activity can be measured using an SI derived unit, the becquerel (Bq), which equates to one decay per second. Therefore:

1 Ci = 3.7×1010 Bq = 37 GBq
(100 mCi = 3.7 GBq)

and

1 Bq ≅ 2.70×10−11 Ci

A radiotherapy machine may have roughly 1000 Ci of a radioisotope such as caesium-137 or cobalt-60. This quantity of nuclear material can produce serious health effects with only a few minutes of exposure.

Also, a commonly-used measure of radioactivity is the microcurie:

1 μCi = 3.7×104 disintegrations per second = 2.22×106 disintegrations per minute

The typical human body contains roughly 0.1 μCi of naturally occurring potassium-40.

放射能 壊変毎秒 又は ベクレル dps, Bq mBq, kBq, MBq, GBq, TBq, EBq *
壊変毎分 dpm * *
キュリー Ci pCi, nCi, μCi, mCi, kCi, MCi *
中性子
放出率
中性子毎秒 n/s * *
中性子毎分 n/min * *
照射線量 クーロン毎キログラム C/kg nC/kg, μC/kg, mC/kg, kC/kg, MC/kg *
レントゲン R nR, μR, mR, kR, MR, GR *
吸収線量 グレイ Gy nGy, μGy, mGy, cGy, kGy, MGy *
ラド rad μrad, mrad, krad, Mrad, Grad *

Cs-137 (セシウム137、放射性物質、が、β線放出(0.19MeV)、(88Ci/g)、半減期30年)

Caesium-137 

General
Name, symbol Caesium-137,137Cs
Neutrons 82
Protons 55
Nuclide data
Natural abundance 0 (artificial element)
Half-life about 30.17 years
Decay products 137mBa
Isotope mass 136.907 u
Spin 112
Decay mode Decay energy
beta, gamma 1.176 [1] MeV
File:Caesium-137 Gamma Ray Spectrum-de.svg
Caesium-137_Gamma_Ray_Spectrum-de.svg‎ (SVG file, nominally 600 × 480 pixels, file size: 19 KB)
File:Cs-137 from nuclear tests.png
The ten highest deposits of caesium-137 from U.S. nuclear testing at the Nevada Test Site. Test explosions “Simon” and “Harry” were both from Operation Upshot-Knothole in 1953, while the test explosions “George” and “How” were from Operation Tumbler-Snapper in 1952
No higher resolution available.
Cs-137_from_nuclear_tests.png‎ (610 × 427 pixels, file size: 16 KB, MIME type: image/png)

What Happens to It in the Body? Cesium can be taken into the body by eating food, drinking water, or breathing air. After being taken in, cesium behaves in a manner similar to potassium and distributes uniformly throughout the body. Gastrointestinal absorption from food or water is the principal source of internally deposited cesium in the general population. Essentially all cesium that is ingested is absorbed into the bloodstream through the intestines. Cesium tends to concentrate in muscles because of their relatively
large mass. Like potassium, cesium is excreted from the body fairly quickly. In an adult, 10% is excreted with a biological half-life of 2 days, and the rest leaves the body with a biological half-life of 110 days. Clearance from the body is somewhat quicker for children and adolescents. This means that if someone is exposed to radioactive cesium and the source of exposure is removed, much of the cesium will readily clear the body along the normal pathways for potassium excretion within several months.What Are the Primary Health Effects? Cesium-137 presents an external as well as internal health hazard. The strong external gamma radiation associated with its short-lived decay product barium-137m makes external exposure a concern, and shielding is often needed to handle materials containing large concentrations of cesium. While in the body, cesium poses a health hazard from both beta and gamma
radiation, and the main health concern is associated with the increased likelihood for inducing cancer.(セシウムの健康被害は体内被爆によるもの(ベータ線とガンマ線がある)と、発ガン率を高めること。)What Is the Risk? Lifetime cancer mortality risk
coefficients have been calculated for nearly all
radionuclides, including cesium (see box at right).
While the coefficients for ingestion are somewhat
lower than for inhalation, ingestion is generally the
most common means of entry into the body. Similar
to other radionuclides, the risk coefficients for tap
water are about 80% of those for dietary ingestion.(体内被爆の原因は全食品にたいして水道水によるものが80%で他の放射性物質と同じ。体内被爆の他にγ線による体外被爆がある。 発ガンリスクの計算は100000人あたり、初期の土壌汚染が1pCi/gで、継続的に被爆したときに、セシウム137では100000人のうち6人がガ ンで死亡すると予測されている。これは米国平均でその他の原因による死者にたいして、ガンの死亡者20000人に相当する。このリスクは中間に作られるバ リウム137mからのγ線におおきくよるもの。)
In addition to risks from internal exposures, there is a
risk from external gamma exposure. Using the
external gamma risk coefficient to estimate a lifetime
cancer mortality risk, if it is assumed that 100,000
people were continuously exposed to a thick layer of
soil with an initial average concentration of 1 pCi/g
cesium-137, then 6 of these 100,000 people would be
predicted to incur a fatal cancer. (This is in
comparison to about 20,000 people from the group
predicted to die of cancer from all other causes per
the general U.S. average.) This risk is largely
associated with the gamma ray from barium-137m. 

Radiological Risk Coefficients
This table provides selected risk coefficients for
inhalation and ingestion. Recommended default
absorption types were used for inhalation, and dietary
values were used for ingestion. The cesium-137 values
include the contribution from the decay product
barium-137m. (See text at left for information on the
risk from external exposure.) Risks are for lifetime
cancer mortality per unit intake (pCi), averaged over
all ages and both genders (10-12 is a trillionth). Other
values, including for morbidity, are also available.

生涯発のガン死亡率は1pCi(1ピコキュリー)の摂取で全年齢、男女です。

Lifetime Cancer Mortality Risk
Isotope Inhalation(pCi-1) Ingestion(pCi-1)
Cesium-134 1.1 × 10-11 3.5 × 10-11
Cesium-135 1.3 × 10-12 4.0 × 10-12
Cesium-137 8.1 × 10-12 2.5 × 10-11
For more information, see the companion fact sheet on
Radioactive Properties, Internal Distribution, and Risk
Coefficients and the accompanying Table 1.

セシウム137は水溶性で少量でも化学的に有毒。ポタッシウムやルビジュムとおなじ生物的特性で、体内に入ると多少均一に体全体に分布し、筋肉に高い濃度で蓄積する。骨には少ない濃度で蓄積する。生物半減期は比較的短くて70日。犬の実験で3800 μCi/kg (約 44 μg/kg の セシウム-137) を3週間与えると死亡する。

セシウム137を誤って飲んだときは化学物質、プルシャンブルーで治療する。プルシャンブルーはセシウム137と結合して体内から排出させる速度を上げる。

チェルノブイリのあとのドイツのセシウム137の汚染は2000から4000Bq/m^2。これは1mg/km^2に相当、ドイツ全体で500gのセシウム137がたまっている。

Caesium-137 is water-soluble and chemically toxic in small amounts. The biological behavior of caesium-137 is similar to that of potassium and rubidium. After entering the body, caesium gets more or less uniformly distributed through the body, with higher concentration in muscle tissues and lower in bones. The biological half-life of caesium is rather short at about 70 days.[4] Experiments with dogs showed that a single dose of 3800 μCi/kg (approx. 44 μg/kg of caesium-137) is lethal within three weeks.[5]

Accidental ingestion of caesium-137 can be treated with the chemical Prussian blue, which binds to it chemically and then speeds its expulsion from the body.[6]

The improper handling of caesium-137 gamma ray sources can lead to release of this radio-isotope and radiation injuries. Perhaps the best-known case is the Goiânia accident, in which an improperly-disposed-of radiation therapy system from an abandoned clinic in the city of Goiânia, Brazil, was scavenged from a junkyard, and the glowing caesium salt sold to curious, uneducated buyers. This led to multiple serious injuries from radiation exposure.

Caesium gamma-ray sources that have been encased in metallic housings can be mixed-in with scrap metal on its way to smelters, resulting in production of steel contaminated with radioactivity.[7]

One notable example was the Acerinox accident of 1998, when the Spanish recycling company Acerinox accidentally melted down a mass of radioactive caesium-137 that came from a gamma-ray generator.[8]

In 2009, a Chinese cement company in China (the Shaanxi Province) was demolishing an old, unused cement plant and it did not follow the standards for handling radioactive materials. This caused some caesium-137 from a measuring instrument to be melted down along with eight truckloads scrap metal on its way to a steel mill. Hence, the radioactive caesium got melted down into the steel.[9]

Small amounts of cesium-134 and caesium-137 were released into the environment during nearly all nuclear weapon tests and some nuclear accidents, most notably the Chernobyl disaster. As of 2005, caesium-137 is the principal source of radiation in the zone of alienation around the Chernobyl nuclear power plant. Together with cesium-134, iodine-131, and strontium-90, caesium-137 was among the isotopes with greatest health impact distributed by the reactor explosion.

The mean contamination of caesium-137 in Germany following the Chernobyl disaster was 2000 to 4000 Bq/m2. This corresponds to a contamination of 1 mg/km2 of caesium-137, totaling about 500 grams deposited over all of Germany.

Due to caesium-137 mostly being a product of artificial nuclear fission, it did not occur in nature to any significant degree before nuclear weapons testing began. By observing the characteristic gamma rays emitted by this isotope, it is possible to determine whether the contents of a given sealed container were made before or after the advent of atomic bomb explosions. This procedure has been used by researchers to check the authenticity of certain rare wines, most notably the purported “Jefferson bottles“.

Co-58(コバルト58、放射性物質、β線、γ線放出、半減期71.3日)

危険度区分: C-レベル (低) : 10 uCi から 1 mCi
B -レベル(中) : > 1 mCi から 100 mCi
A – レベル(高) : > 100 mCi
外部被爆と遮蔽:
γ線が1 cm から 1 mCi は 5500 mR/hrにあたる。被爆レートは崩壊頻度と距離の2乗に反比例する。線量を1/10にする鉛の遮蔽層の厚さは2.9cm。

体内被爆の危険:

Co-58は生体内半減期が 9.5日、有効半減期は8.4日、最大許容蓄積量 (MPBB) は 3.0 uCi, スタンフォード大の基準は全体で 500 mRem/yrを超えないこと。年間許容摂取量 (ALI) は162uCi

tenth-value layer (TVL)

Etymology: ME, tenpe + L, valere, to be worth; AS, lecgan, to lie
the thickness of material required to attenuate a beam of radiation to one tenth of its original intensity. See also half-value layer.

half-value layer (HVL),

n the thickness of a specified material (usually aluminum, copper, or lead) required to decrease the dosage rate of a beam of radiograph at a point of interest to half its initial value. A determination of the half-value layer of a given radiographic beam is used to denote the quality of the radiographic beam. The half-value layer will vary depending on kilovolt peak and the amount of filtration at the source.
Mosby’s Dental Dictionary, 2nd edition. © 2008 Elsevier, Inc. All rights reserved.

各種放射性物質の発ガンリスク表

アイソトープ 生涯のガンリスク(死亡率・発症率/吸引・摂食・外部被爆)

Section Contents Menu

Radiation Safety


Updated March 22, 2011, 10:30 p.m. EDT

FDA (USA 食品医薬品局:日本食品の輸入制限開始)

What is FDA doing to ensure the safety of products imported from Japan?

FDA’s screening at U.S. borders will remain vigilant and will be augmented with radiation screening of shipments.

The Japanese Ministry of Health, Labour, and Welfare has ordered a stop to the sale of raw milk, spinach and kakina from  Fukushima prefecture, and of spinach and kakina from Ibaraki, Tochigi and Gunma prefectures.

In order to complement the measures that Japan has taken and to strengthen the global food safety net regarding certain products, on March 22, 2011, FDA issued an Import Alert (http://www.accessdata.fda.gov/cms_ia/importalert_621.html1) regarding the importation of all milk and milk products and fresh vegetables and fruits produced or manufactured from the four Japanese prefectures of Fukushima, Ibaraki, Tochigi and Gunma. In addition, FDA will continue to flag all entries from Japan in order to determine whether they originated from the affected area. FDA will test all food and feed shipments from the affected area.

Standard operating procedure requires shippers to submit and FDA to receive prior notice of a shipment before the arrival of any shipments of FDA-regulated food/feed products. FDA’s Prior Notice Center (PNC) enables the agency to stop these products upon arrival at the U.S. border or before they are distributed in U.S. commerce if a credible threat is identified for any shipment.

United States Customs and Border Protection (CBP) officers routinely use radiation detection equipment to screen food imports, cargo, and travelers. This screening helps identify and resolve potential safety or security risks. FDA is working with CBP to determine if their Automated Targeting System can assist in identifying shipments of FDA-regulated products, other than food, originating from Japan before they arrive so that these shipments can be better targeted for examination. FDA’s import staff will review each shipment of regulated goods originating from Japan and determine if it should be examined and sampled or released.

Questions about Food Safety

What is FDA doing to assess the situation in Japan?

Based on current information, there is no risk to the U.S. food supply. FDA is closely monitoring the situation in Japan and is working with the Japanese government and other U.S. agencies to continue to ensure that imported food remains safe. FDA already has a very robust screening process for imports and has staff in place at the ports to monitor incoming products. FDA does not have concerns with the safety of imported food products that have already reached the U.S. and that are in distribution.

As part of our investigation, FDA is collecting information on all FDA regulated food products exported to the U.S. from Japan, including where they are grown, harvested, or manufactured, so the Agency can further evaluate whether, in the future, they may pose a risk to consumers in the U.S. As FDA assesses whether there is a potential health risk associated with FDA-regulated food products imported from Japan, the Agency will develop a monitoring strategy that may include increased and targeted product sampling at the border.

What systems does FDA have in place to protect the U.S. food supply?

The U.S. enjoys one of the world’s safest food supplies. FDA has systems in place to help assure that our food supply is wholesome, safe to eat, and produced under sanitary conditions.

FDA has a team of more than 900 investigators and 450 analysts in the Foods program who conduct inspections and collect and analyze product samples. FDA oversees the importation of the full range of regulated products, including food and animal feed, among other responsibilities.

Altogether, FDA electronically screens all import entries and performs multiple analyses on about 31,000 import product samples annually. During Fiscal Year (FY) 2010, the Agency performed more than 175,000 food and feed field exams and conducted more than 350 foreign food and feed inspections.

FDA works to inspect the right imports—those that may pose a significant public health threat – by carrying out targeted risk-based analyses of imports at the points of entry.

If unsafe products reach our ports, FDA’s imports entry reviews, inspections, and sampling at the border help prevent these products from entering our food supply.

Although FDA doesn’t physically inspect every product, the Agency electronically screens 100 percent of imported foods products before they reach our borders. Based on Agency risk criteria, an automated system alerts FDA to any concerns. Then inspectors investigate further and, if warranted, do a physical examination of the product.

FDA also works cooperatively with U.S. Customs and Border Protection and other agencies to help identify shipments that may pose a threat.

What products come to the U.S. from Japan?

Imports from Japan include human and animal foods, medical devices and radiation emitting products, cosmetics, animal and human drugs and biologics, dietary supplements, and animal feeds. Foods imported from Japan make up less than 4 percent of foods imported from all sources. (Food products from Canada and Mexico each make up about 29 percent of all imported foods.) Almost 60 percent of all products imported from Japan are foods. The most common food products imported include seafood, snack foods and processed fruits and vegetables.

Are there dairy products that come from Japan?

Foods imported from Japan constitute less than 4 percent of foods imported from all sources. Dairy products make up only one-tenth of one percent of all FDA-regulated products imported from Japan. Most dairy products in the U.S. market are produced domestically. FDA is consulting with USDA’s Animal Plant Health Inspection Service (APHIS) to ensure the continued safety of dairy products.

Are there food harvesting (fields, fisheries) or processing facilities in the area of the Fukushima nuclear reactor?

It’s important to note that the damage caused by the earthquake and ensuing tsunami has reportedly halted production prior to the explosion at the reactor. While FDA does not track fields or fishery areas in foreign countries, the Agency does have a list of companies and manufacturing facilities in the affected area and will be paying special attention to imports from those locations.

Is there any reason for concern about radiation from these products when they are imported into the US?

Right now, due to the damage to the infrastructure in Japan, FDA believes that export activity is severely limited. FDA is monitoring all import records for Japan to determine when importation will resume and will conduct surveillance to assure safety. FDA does not have any concerns for products that were already in transit when the explosion occurred at the reactor.

What are the current procedures for measuring radiation contamination in food? How will these change? How will FDA ensure consumers’ safety?

FDA has procedures and laboratory techniques for measuring radionuclide levels in food, and can also utilize the Food Emergency Response Network (FERN)2. FERN integrates the nation’s food-testing laboratories at the local, state, and federal levels into a network that is able to respond to emergencies involving biological, chemical, or radiological contamination of food. FDA is working with Customs and Border Protection (CPB) to share resources and techniques for measuring contamination. FDA has the ability to measure contamination in products and issued guidance3 in 1998 regarding safe levels

Will FDA issue an import bulletin? What sort of techniques will FDA use to measure radiation in food?

FDA will issue an import bulletin or an assignment to the field once an assessment is completed on products and appropriate testing that can be completed. Products generally travel by vessel, and the typical transit time for products to reach the U.S. is about 8 days. FDA and other domestic regulatory labs have validated analytical methods to detect radiological contamination in food.

Is FDA looking at products that might have traveled through Japan at the time of the explosion?

FDA will be examining both food products labeled as having originated in Japan or having passed through Japan in transit. The same is true for raw ingredients.

How will the radiation affect fish and seafood that have not yet been fished or harvested?

The great quantity of water in the Pacific Ocean rapidly and effectively dilutes radioactive material, so fish and seafood are likely to be unaffected. However, FDA is taking all steps to evaluate and measure any contamination in fish presented for import into the US.

What are the chances of radiation affecting growing areas in the US? What action will FDA take to ensure the safety of consumers of those products?

At this time, there is no public health threat in the U.S. related to radiation exposure. FDA, together with other agencies, is carefully monitoring any possibility for distribution of radiation to the United States. At this time, theoretical models do not indicate that significant amounts of radiation will reach the U.S. coast or affect U.S. fishing waters. Please see www.epa.gov4 for more information about monitoring efforts.


Questions about Medical Products

Hypothetically, if they were needed, what are the FDA-approved products for treatment of internal contamination with radioactive iodine?

There are three FDA-approved potassium iodide (KI) products for use as an adjunct to other public health protective measures in the event that radioactive iodine is released into the environment. The three over-the-counter products are:

When administered at the recommended dose, KI is effective in reducing the risk of thyroid cancer in people at risk for inhalation or ingestion of radioactive iodine. KI floods the thyroid with non-radioactive iodine and prevents the uptake of the radioactive molecules. Potassium iodide works only to prevent the thyroid from uptaking radioactive iodine. It is not a general radioprotective agent.

Is potassium iodide the only medication available for radiation exposure?

Potassium iodide is the only FDA-approved medication available to treat contamination with radioactive iodine. There are FDA-approved products available that increase the rate of elimination of other radioactive elements. They include:

  • Calcium-DTPA and Zinc DTPA, Hameln Pharmaceuticals. Approved to treat known or suspected internal contamination with plutonium, americium, or curium to increase the rates of elimination.
  • Radiogardase (Prussian blue insoluble capsules), HEYL Chemisch-Pharmazeutische Fabrik GmbH & Co. KG. Approved to treat known or suspected internal contamination with radioactive cesium and/or radioactive or non-radioactive thallium to increase their rates of elimination.

We have heard that potassium iodide is in short supply. Is that correct?

FDA daily evaluates the pharmaceutical supply for a wide variety of drugs to assess shortage issues.

Despite the fact that there is no public health event in the U.S. requiring KI, FDA is aware of an increased demand for KI products. FDA is working with these companies to facilitate increased production. FDA can’t provide an exact date on when that might happen but it will occur as quickly as possible.

Due to public concern related to the nuclear incident in Japan, there is an increased demand for drugs used to prevent and treat harmful effects caused by radiation exposure or contamination with radioactive materials. At this time, however, the U.S. Government is not recommending that residents of the United States or its territories take potassium iodide, even as a preventative measure. According to the Nuclear Regulatory Commission, all the available information continues to indicate that the U.S. Territories and the U.S. West Coast are not expected to experience any harmful levels of radioactivity. Based on this, it is not expected that U.S. citizens will need potassium iodide. Nonetheless, the FDA is working with manufacturers to facilitate increased production of this medicine as quickly as possible.

Does FDA recommend that consumers purchase potassium iodide as a protective step?

No. There is no public health event requiring anyone in the U.S. to take KI because of the ongoing situation in Japan.

With exports from Japan disrupted, is there any possibility that some medical products could be in short supply?

FDA has been contacted by a few companies who receive product from Japan and the Agency is working with them on their supply issues.

Have U.S. manufacturers of potassium iodide been asked to ship any products to Japan?

At this time, the FDA is not aware of any request from Japan for potassium iodide. In addition, there is not a public health event requiring anyone in the U.S. to be taking KI because of the ongoing situation in Japan.

Drugs shipped to a foreign country, including as part of a humanitarian relief effort, are considered exports, and therefore, need to meet certain legal requirements under the Federal Food, Drug, and Cosmetic Act (FFDCA). If a drug is approved and is otherwise in compliance with the FFDCA’s requirements, there are no additional restrictions by FDA on its exportation. Drugs that are not approved or that otherwise are not in compliance with the FFDCA’s requirements may be exported if the exportation meets certain conditions and requirements.

If I see web sites advertising potassium iodide or alternative cures, should I buy the products?

Due to public concern related to the nuclear incident in Japan, there is an increased demand for drugs used to prevent and treat harmful effects caused by radiation exposure or contamination with radioactive materials. One drug, potassium iodide (KI), has been approved by the FDA to prevent thyroid cancer in people internally contaminated with radioactive iodine.

At this time, the U.S. Government is not recommending that residents of the United States or its territories take KI, even as a preventative measure. According to the Nuclear Regulatory Commission, all the available information continues to indicate that Hawaii, Alaska, the U.S. Territories, and the U.S. West Coast are not expected to experience any harmful levels of radioactivity.

The FDA is alerting consumers to be wary of internet sites and other retail outlets promoting products making false claims to prevent or treat effects of radiation or products that are not FDA-approved. These fraudulent products come in all varieties and could include dietary supplements, food items, or products purporting to be drugs, devices or vaccines.

­Consumers should be wary of the following:

  • claims that a product not approved by FDA can prevent or treat the harmful effects of radiation exposure;
  • suggestions that a potassium iodide product will treat conditions other than those for which it is approved, i.e., KI floods the thyroid with non-radioactive iodine and prevents the uptake of the radioactive molecules, which are subsequently excreted in the urine;
  • promotions using words such as “scientific breakthrough,” “new products,” “miraculous cure,” ”secret ingredient,” and ”ancient remedy”;
  • testimonials by consumers or doctors claiming amazing results;
  • limited availability and advance payment requirements;
  • promises of no-risk, money-back guarantees;
  • promises of an “easy” fix; and,
  • claims that the product is “natural” or has fewer side effects than approved drugs.

Don’t be fooled by professional-looking Web sites. Avoid Web sites that fail to list the company’s name, physical address, phone number, or other contact information. For more tips for online buying, visit Buying Medicines and Medical Products Online11. To determine if a particular drug is FDA approved, check The Orange Book12 or Drugs@FDA13.

Consumers and health care professionals are encouraged to report adverse side effects or medication errors from the use of both approved and unapproved radiation exposure products to the FDA’s MedWatch Adverse Event Reporting program at www.fda.gov/MedWatch14 or by calling 800-332-1088.

茨城産サニーレタスから検出

3月26日 6時44分 動画あり

https://i2.wp.com/www3.nhk.or.jp/news/html/20110326/K10049132211_1103260646_1103260650_01.jpg

25日、愛知県内の卸売市場に入荷された茨城県産のサニーレタスから国の暫定基準値を上回る放射性 物質が検出され、愛知県ではこのサニーレタスの出荷を停止しました。愛知県によりますと、検出された値は、仮に1年間食べ続けても健康に影響を与えるレベ ルではないということです。

放射性物質が検出されたのは、愛知県豊山町にある名古屋市中央卸売市場北部市場に25日に入荷され た茨城県古河市産のサニーレタスです。愛知県の衛生研究所で検査したところ、国の暫定基準値の1.15倍にあたる1キログラム当たり2300ベクレルの放 射性ヨウ素が検出されたということです。愛知県によりますと、検出された値は、仮に1年間食べ続けても健康に影響を与えるレベルではないということです。 このサニーレタスは1箱5キロ入りで15箱入荷されており、愛知県ですべて出荷を停止したため流通はしていないということです。サニーレタスは、福島第一 原発の事故を受けて茨城県が行っている農産物の出荷前の検査の対象には入っていませんでした。愛知県は検査結果を厚生労働省に報告するとともに、茨城県に 対し、出荷段階の検査を徹底するよう要請しました。これについて、厚生労働省は「今月17日以降、各自治体に流通段階も含め、必要に応じて放射性物質の検 査の実施をお願いしている。出荷前にすべての農産物を検査することは物理的に難しいので、出荷前と流通先の双方で検査することで食品の安全を確保していき たい」と話しています。

原発周辺住民に安定ヨウ素剤の投与を指示

< 2011年3月21日 0:49 >

福島第一原子力発電所の周辺住民に対し、被ばくを抑える薬品「安定ヨウ素剤」の投与を国が指示していたことがわかった。国内では初めての事例だという。

安定ヨウ素剤は、放射性物質によって甲状腺が被ばくすることを防ぐことが目的の薬品。経産省の原子力安全・保安院は16日、福島県などに対して安定ヨウ素 剤の投与を文書で指示した。文書には、福島第一原発から20キロ以内の地域に住む40歳未満の男女に対し、避難する際に安定ヨウ素剤を投与するよう記され ている。

安定ヨウ素剤は、複数服用すると人によってはアレルギーが出るなどの副作用がある薬品だが、14日に福島第一原発3号機が水素爆発したことなどを受け、保安院が投与の指示を検討していた。

保安院は「実際に何人が服用したかはわからない」としている。

子供の甲状腺被曝線量、基準値下回る 福島県で政府が調査

2011/3/25 6:32

政府の原子力災害現地対策本部は25日、福島第1原子力発電所の事故で屋内退避要請が出ている半径20~30キロの圏外の福島県内で、乳 幼児を含む1~15歳の子供の甲状腺について被曝(ひばく)した放射線量を調べたところ、健康に問題があるとされるレベルを下回っていたと発表した。

調査は24日、同県川俣町の保健センターなど2カ所で66人を対象に実施。自然に存在する放射線量を除いた実質の被曝線量は最大で1時間当たり0.24マイクロシーベルトで、国の原子力安全委員会が定めた基準値(1時間当たり2マイクロシーベルト)を下回った。

放射性ヨウ素は乳幼児の甲状腺にたまりやすい性質がある。

川俣町役場は福島第1原発から約50キロ離れており、原子力安全委が発表した緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム (SPEEDI)で、甲状腺の被曝線量が比較的高いとされた地域に当たる。調査対象には、避難指示や屋内退避の対象地域から避難してきた子供も含まれてい るという。

div/div.JSID_key_html
$.JSID_actGadgetReload_scrap

放射性物質/県内も一時基準超え

2011年03月25日

◇川口の浄水場 乳児向け数値/24日は下回る

川口市東本郷の新郷浄水場で22日に採取された水道水から、乳児の飲み水の基準値をやや上回る放射性ヨウ素が検出された。市が発表した24日の検査数値は基準値の半分程度まで下がったが、県内の自治体でも検査の動きが広がっている。

◇自治体 独自検査も

市によると、新郷浄水場で検出された22日採取分の放射性ヨウ素は1リットルあたり120ベクレルで、乳児の基準値100ベクレルを超えた。24日採取分は46ベクレルで、「直ちには乳児への摂取制限をせず、慎重に推移を見守る」(市水道局)という。

放射性物質については県が23日までに、五つの県浄水場のうち4カ所の検査に乗り出した。県によると、22日まで唯一の検査対象だった県 大久保浄水場(さいたま市桜区)では、基準値を大幅に下回る結果が続いているという。同浄水場は、さいたま市(岩槻区を除く)、川越市、所沢市、戸田市な どに広く給水している。

県内は秩父地域を除き、県浄水場から給水されていて、独自の水源を併用している自治体や事務組合もある。川口市は市の七つの浄配水場のうち4カ所を独自に検査。隣の鳩ケ谷市は22日の調査結果が64ベクレルだったと24日、発表した。

新郷浄水場からの給水地区に住む川口市の阿部由佳さん(24)は「もう離乳食で使ってしまった。情報を出すのが遅い」と怒る。1歳児の母 親(34)は「冷静に見極めないと。(ミネラルウオーターの買い占めなど)過剰反応すると、本当に必要な人に水が行き渡らない」と話した。

県企業局によると、計画停電開始後の新郷浄水場の水はほぼ全て、江戸川から取水する県新三郷浄水場(三郷市)からの送水。同局は、新三郷 から約18キロ上流の県庄和浄水場(春日部市)からの水を23日に採取し、24日の検査で、放射性ヨウ素は35ベクレルだったと発表した。

25日には、新三郷と、利根川から取水する県行田浄水場(行田市)の検査結果も公表する予定。同局が水を供給する59市町には約5万8700人の乳児がいて、高濃度の検出結果が出た場合は、乳児がいる家庭にペットボトルの水を配ることも検討している。

さいたま市は24日、市の浄貯水場20カ所のうち11カ所で独自水源として併用している地下水を採取し、検査機関に調査を依頼した。

川越市、東松山市、ふじみ野市、朝霞市、三芳町、坂戸、鶴ケ島水道企業団なども民間会社に検査を依頼。同様の依頼が各地から殺到し、結果が出るまで時間がかかる可能性があるという。

県営水道への依存度が1〜2割程度の自治体では、飯能市が浄水場2カ所の水を、本庄市が井戸からくみ上げた水などを、検査に出している。

荒川上流域の本支流を水源とする秩父市は、23日に検査を依頼し、結果待ちという。

◇各地の市役所に問い合わせ続々

江戸川水系の水道水が供給される草加市では24日、「水は大丈夫なのか」などの問い合わせが市役所に相次ぎ、市は県の検査内容を伝えた。ある職員は「不安は理解できるが、市役所レベルで解決できるものではない」。三郷市役所にも問い合わせの電話が集中した。

新座市では、水道関係だけで24日夕までに約300件の電話が相次いだ。計画停電の問い合わせも多いため、市は急きょ、職員10人態勢の「コールセンター」を開設。25日から本格稼働し、対応する。

◇24日の放射線量 県「問題ない値」/平常最大値の2倍

県保健医療政策課によると、さいたま市内で測定した24日の放射線量(午後7時まで)は0・113〜0・12マイクロシーベルトだった。平常最大値の2倍程度だが、問題のない値という。23日よりわずかに減少した。

住民4万人が被ばく検査 67人検出、健康被害なし

配信元:産経新聞2011/03/19 14:29更新

【東日本大震災】福島第1原発の事故を受け、福島県内で放射線の影響を調べるスクリーニング検査を受けた住民が、17日までに約4万2440人に達することが19日、分かった。

県によると、このうち67人から放射線を検出。いずれも靴や衣服に放射性物質が付着していた。健康に被害を及ぼす数値は出ておらず、全身洗浄が必要な住民もいなかった。県は11市町村13カ所のほか、移動検査車を使って検査している。

【放射能漏れ】

福島いわき市が全15万人に安定ヨウ素剤を配布 不安解消「高い濃度に備えた」と市長

2011.3.20 10:12 (1/2ページ)

福島県最大の人口34万人を抱え、一部が福島第1原発の屋内待機地域になっている、いわき市の渡辺敬夫市長が、放射性物質漏れで高まった市民の不安を抑えるため、備蓄していた安定ヨウ素剤を対象の全15万人に配布していることが20日、分かった。

安定ヨウ素剤は、体内被曝(ひばく)による甲状腺がんを防ぐ効果がある。一方、新生児の甲状腺機能低下症など、まれに副作用が生じたり、年齢などで服用量が異なるため、原子力災害対策特別措置法に基づき、国の指示後に住民に配布すると定められている。

しかし、国の指示がないため、いわき市は18日から独自に配布。第1原発から30キロ圏外の福島県三春町(人口1万8000人)も「万一に備え」(同町)、安定ヨウ素剤を配布していることが判明している。

渡辺市長は市のホームページで、「市民の不満に思う気持ちに応え、万が一、高い濃度の放射能物質にさらされた場合に備えた」と説明している。

いわき市は北端だけが第1原発から20~30キロの屋内待機のエリアに入るが、市役所には市内全域から住民の問い合わせが殺到していた。

服用効果などから、安定ヨウ素剤配布の国の基準は、妊婦を除き原則40歳未満で、いわき市の対象者は約15万人。

市長の配布指示を受け、いわき市は世帯ごとに錠剤や乳児用シロップを袋詰めし、用法の指示も同封。配布を始めた。配布には市薬剤師会も協力し、区長らに注意事項の説明をしているという。

渡辺市長は、ホームページで「市から指示があったとき以外は絶対に服用しないで」と強調。「服用いただく際には、あらかじめ私から『服用してください』と お知らせします。指示に従い、適切な対応をお願いします」と、本来は国が決める服用時期も、市が決める考えを示している。市独自の「ヨウ素剤相談窓口」を 設け、配布後の態勢も整えた。

【放射能漏れ】

ミズナ、出荷自粛要請せず 茨城の検査では基準値以下

2011.3.24 21:11

京都市保健福祉局が検査した茨城産ミズナから暫定基準値を超える放射性ヨウ素が検出された問題で、茨城県は24日、鉾田市と行方市の計4カ所で採取したミズナを県が検査した結果、いずれも暫定基準値を下回ったと発表した。県はミズナの出荷自粛を要請しない方針。

茨城県の検査では、京都市が検査したミズナと同じ鉾田市内の生産者から採取したミズナから放射性ヨウ素が1キログラム当たり1200ベクレル(基準値 2000ベクレル)、放射性セシウムが同213ベクレル(基準値500ベクレル)が検出され、4カ所で採取した検体の中では最も高い数値となったが、暫定 基準値を下回った。

関連ニュース

EU、日本からの輸入食品への放射能検査強化で合意

2011年 03月 25日 09:14 JST
[ブリュッセル 24日 ロイター] 欧州連合(EU)は、福島第1原発のトラブルにより農作物などから放射性物質が検出されていることを受け、日本から輸入される食品や飼料に対する放射能検査を強化することで合意した。EUの執行機関である欧州委員会が24日、東北と関東甲信越の1都11県から出荷された食品および飼料は、出国前に放射性物質検査を受ける必要があり、EUの定める放射線限度を超えていないとの日本当局の認定を伴わなければならないとの声明を発表した。欧州への到着時には、最低10%の無作為抽出による抜き取り検査を行い、検査には実験室分析が含まれるという。日本の他の1道2府32県から輸入される食品の20%に対しても抜き取り検査を行うとしている。 

1都11県は福島、群馬、茨城、栃木、宮城、山形、新潟、長野、山梨、埼玉、東京、千葉。

【埼玉】

水道水から放射性物質 川口市 定期的に検査を継続

2011年3月25日

新郷浄水場で二十二日に採取した水道水から、一リットル当たり一二〇ベクレルの放射性ヨウ素131が検出された川口市。二十四日の採取で乳児摂取 の暫定指標値一〇〇ベクレルを下回り、乳児への摂取制限などの呼び掛けは見送ったが、週一回は定期的に検査を続け、数値の変化を注意深く監視する方針。

同浄水場は、江戸川から取水している県の新三郷浄水場(三郷市)から供給を受け、新郷、南平地区の約十万人に給水している。同浄水場でも、県が採取した水の検査を進めている。

市によると、市内七カ所の浄水場・配水場のうち、四カ所で十七日に検査した際、放射性物質は検出されなかったが、二十二日の検査では四カ所すべて で放射性ヨウ素を検出。二十四日の採取で最も高い数値を示したのは上青木浄水場の六一ベクレルで、乳児摂取の暫定指標値を下回った。

市水道局は「雨で放射性物質が落ちて数値に現れたと想像できるが、原因は分からない」としている。

県は同日、庄和浄水場(春日部市)の水道水の検査結果を発表し、二十三日採取分の放射性ヨウ素は乳児摂取の暫定指標値を下回る一リットル当たり三五ベクレルだった。県企業局は「現時点で健康への影響は心配ない」としている。

県は今後、県営浄水場五カ所のうち、庄和、新三郷、行田(行田市)、大久保(さいたま市桜区)の四カ所で毎日測定を行い、吉見浄水場(吉見町)は 状況次第で実施するという。二十三日以降、放射性物質を一定程度吸着する粉末活性炭を各浄水場に投入するなどの対策も進めている。

さいたま市も今後、市内の約一割で使用されている地下水の検査を行う方針。 (大沢令、杉本慶一、前田朋子)

【茨城】

原乳とパセリも出荷停止指示 知事「大変な事態だ」

2011年3月24日

原子力災害対策特別措置法に基づく国の出荷停止指示が二十三日、県内の原乳とパセリにも拡大した。橋本昌知事は会見で「大変な事態だと思ってい る。原子力事故が収束しないと農家は心配で次の作付けもできない。すぐに事故を収束させてほしいと思っている」と懸念した。 (北爪三記)

県によると、原乳は十九〜二十一日に八市町で採取し検査したところ、放牧したものから最大で暫定規制値約六倍の一キロ当たり一七〇〇ベクレルの放射性ヨウ素を検出した。牛舎内で飼育したものは暫定規制値を下回った。

パセリは、二市でハウス栽培されたものを二十一日に採取して調べたところ、最大で暫定規制値六倍の一キロ当たり一万二〇〇〇ベクレルの放射性ヨウ素と、約四倍にあたる同二一一〇ベクレルの放射性セシウムが検出された。

農林水産省の統計では、本県の原乳生産量は十七万八千トンで全国の2・3%。県の調べで酪農家は五百六十七戸(いずれも二〇〇九年)。パセリは出荷量千八十九トンで全国二位(〇八年の農水省統計)。県によると生産農家は約六十戸という。

橋本知事は検査品目について「各県が気付いた範囲でやるのではなく、本来は国が周辺地域への影響について品目を指定して調査すべきではないか」と話した。一方、県の検査で牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵から放射性物質は検出されなかった。

【千葉】

JAちばみどり 25品目の出荷を再開 旭市の生産者 出荷停止、風評被害に不安

2011年3月25日

24日の出荷に合わせて収穫される野菜=旭市で

写真

旭市産のシュンギクから規制値を超える放射性ヨウ素が検出された問題で、二十二日から同市産の青果物全品目の出荷を自主規制していたJAちばみどり(旭市)は二十四日、シュンギク以外の約二十五品目の出荷を再開した。

県は引き続き旭市産の農産物十四品目のサンプリング検査を進め、近日中に結果が出る見通し。福島県や茨城県の農産物には政府の「出荷停止」などが出されたが、千葉県内では出ていない。

旭市の生産者は出荷再開を受けて収穫作業に励む一方で、「出荷停止」が県内に及ぶ可能性への不安や、風評被害を心配する声が聞かれた。

ビニールハウス一棟が津波で倒壊した飯岡地区の宮内恒夫さん(59)によると、トマトの出荷価格は二十一日の段階で地震前より四割近く落ちた。 「津波被害に加えて風評被害のダブルパンチ。こつこつやってきたことが一瞬で変わってしまう」と表情は渋い。「野菜を洗えば放射性物質が落ちるということ も政府がデータを示して、風評被害を食い止めてほしい。このままでは県内農業の一大生産地・東総がだめになる」と危機感を募らせる。

同地区でキャベツを生産する鈴木茂孝さん(32)は「出荷の再開はよかったが、風評被害で商品に見合った価格で売れるか…。いつ出荷停止になるか分からない」と懸念する。一緒にいた農家の男性(60)は「『まな板の上のコイ』という心境」と苦笑いした。 (那須政治)

【千葉】

松戸で水道水指標超す放射性ヨウ素  県、給水車で対応

2011年3月25日

母子手帳を提示してペットボトル入りのミネラルウオーターを受け取る市民=市川市で

写真

松戸市の浄水場の水から乳児向けの飲用指標値の一・八〜二・二倍の放射性ヨウ素が検出されたことを受け、県や各市では二十四日、乳児が水道水を摂 取しないよう呼びかけた。また各自治体が運営する広域水道企業団も、念のため乳児が水を飲まないよう呼びかけ、浄水などの検査を急いでいる。 (平松功 嗣)

県水道局によると、県が水道を給水しているのは、船橋、市川、浦安、鎌ケ谷各市の全域と、松戸、習志野、千葉、市原、成田、白井、印西各市の一部地域。県は放射性物質が検出されていない福増浄水場(市原市、養老川)の水を給水車で運んで給水する予定。

県内には県水道のほかに、五つの広域水道企業団が水道水を供給している。県水政課によると、各企業団は二十三日に、給水する自治体に念のため乳児の飲用を控えるよう通知したという。

また各企業団は同日、独自に持つ計八つの浄水場の水について、県を通して放射性物質の検査を進めている。各企業団では、県水道と同様に指標値を超える放射性物質が検出されれば、県や企業団で融通し合い、検出されなかった水を乳児向けに給水する予定。

二十四日に記者会見した森田健作知事は「県として安心して水が飲めるようにするので、冷静に対応してほしい」と述べ、飲料水の買い占めなどは慎むよう県民に呼びかけた。

◆市川、松戸、船橋 配布に追われ

松戸市にある県水道局のちば野菊の里、栗山の両浄水場の水から乳児の指標値を上回る放射性ヨウ素が検出された問題。両浄水場から給水を受ける市川、松戸、船橋の三市は二十四日、飲料水を一歳未満の乳児のいる家庭に配るなど対応に追われた。

市川市はペットボトル入り飲料水の備蓄分に加え、市内企業から提供を受けて四千四百本を準備。市役所や各支所で受け付けた。

行徳支所では母子手帳で年齢を確認した。受け取った同市湊新田の井上亜美さん(22)は「子どものご飯は別に炊いて、食器もミネラルウオーターで すすぐ。水はどこも売り切れている」と不安そうだった。同市は二十五日も午前九時から、大柏出張所を加えた市内四カ所で配布する。

松戸市は乳児用として、袋入りの水を市役所と各支所で配布。同市上本郷の女性(38)は九カ月の次男のため受け取りに来た。「友人から聞いてバスで来た。一日一リットルは必要だが、既にスーパーでは売り切れていた。実家に行こうかしら」と話していた。

同市は二十五日も小金、常盤平の両浄水場などで一人二リットル以内の給水を予定し、容器の持参を求めている。

両浄水場の給水地域以外の自治体も準備を進めている。

千葉市内に水を供給する柏井浄水場の放射性ヨウ素は指標値以下の八五ベクレル(二十三日採取)だった。同市は指標値を超えれば、災害用井戸や給水車を使って給水ポイントを設け、乳児のいる家庭に水を配布する方針。

鎌ケ谷市は二十五日から、安全が確保された災害用の井戸水を給水する予定。流山市は市水道局おおたかの森浄水場で二十五日も給水を予定している。

習志野市の担当者も「いつ指標値を超えてもおかしくないので、ポンプ車を配備している」と話す。 (那須政治、林容史、川田栄)

浄水場から放射性物質  一時的に規制値超え

飲料水、限定販売の動きも

福島第一原子力発電所の事故を受け、県内各地の浄水場でも放射性物質が検出されている。川口市東本郷の市営新郷浄水場では一時、乳児の暫定規制値 を超える放射性ヨウ素が検出されたが、24日朝には規制値を下回り、市は「現時点では安全という解釈をしている」と発表。飲用を控える呼び掛けはしていな い。県内の店舗には、乳児を育てる親らに限定してミネラルウオーターを販売するなど、消費生活の混乱を鎮めようとする動きも出ている。

■飲用の自粛要請行わず

市水道局によると、市内4か所の浄水場・配水場で22日に採取した水を検査したところ、新郷浄水場の水から乳児向けの規制値1キロ・グラム当たり 100ベクレルを上回る120ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたが、24日朝に再度採取して調べた結果、46ベクレルまで減少していた。市内には1歳未 満の乳児が約4700人いるが、市では「健康被害の恐れはない」として、飲用の自粛要請は行わず、週1回検査して推移を見守るとしている。

新郷浄水場は、江戸川水系から取水している県営新三郷浄水場(三郷市)の供給水と地下水を9対1の割合で混合。新郷と南平全域、安行の一部の計約 10万人が利用している。新三郷浄水場から供給を受ける上青木浄水場は61ベクレル、石神配水場と神根浄水場は54ベクレルだった。

全体の7割近くが新三郷浄水場からの供給水という鳩ヶ谷市浄水場でも、22日に採取した水から64ベクレルの放射性ヨウ素が検出された。

川口市保育課は市内の58の保育施設に対し、特別の対応は必要ないと通知したが、不安は広がっている。100人以上の幼児を預かり、給食の調理な どで水道水を使う保育所。5歳の子どもを迎えに来た市内の学校教員の母親(39)は「大丈夫と聞いてもやはり心配。浄水場のチェックは毎日してほしい」、 4歳の長男がいる会社員の母親(30)は「みそ汁などもしばらく作るのをやめたい」と話した。

市内各地のスーパーでは水が品薄状態。スーパーへ買い物に来た市内に住む女性会社員(51)は「どこも売り切れ。料理に水道水を使うのは仕方ないかな」と諦め顔だった。

県内で10店舗を展開するディスカウントストア「ロヂャース」(東京)は24日から、飲料水を妊婦や原則3歳未満の子どもの保護者に限定販売する 措置を取っている。川口店では同日、開店前に約60人が列を作ったが、水は前日夕に完売。昼に入荷した2リットル入りペットボトル1800本は、母子手帳 や保険証を持った客に限定販売し、夕方までにほぼ完売状態となった。25日以降も限定販売を続けるという。

■全5浄水場に活性炭を投入

新郷浄水場と同じ江戸川水系の東京・金町や千葉県松戸市の浄水場でも、規制値を超える放射性ヨウ素の検出が相次いでいるが、県によると、同じ水系 で上流部にある県営庄和浄水場(春日部市)で23日に採取した水は35ベクレルだった。新郷浄水場の供給元の新三郷浄水場(三郷市)と、上流にある利根川 水系の行田浄水場(行田市)については25日にも結果が出る予定。

県は、放射性物質の除去に一定の効果があるとされる活性炭の使用を開始した。全5浄水場に連日、約18トンを投入する方針だ。

荒川から取水する大久保浄水場(さいたま市桜区)の水道水は12ベクレル。県は今後、大久保浄水場の上流部にある吉見浄水場を除く、庄和、新三郷、大久保、行田の4浄水場を継続的に調査し、監視を続ける。

■さいたま市検査行わず

さいたま市は24日、独自の水質検査は当面行わない方針を明らかにした。市内の水道水の水源が主に県の2浄水場の水で、いずれも検出量が基準値を下回っているためとしている。

市によると、市は水道水の92%を庄和浄水場と大久保浄水場から取水しているが、いずれも県の検査で摂取制限が必要ない水準と判明。残り8%も地下100〜200メートルの深い地層の地下水で、放射性物質が浸透する可能性が極めて低いと考えられるためという。

(2011年3月25日  読売新聞)

【原発】関東の放射線量 直ちに健康に影響なし(03/24 16:58)

関東地方で測定されている放射線量は、一部を除きおおむね通常の3倍から7倍の値で推移しています。

関東 地方のそれぞれの都県では、大気中に含まれる放射線の量を1時間ごとに測定しています。福島県に隣接する北茨城市では、通常の約25倍の放射線が検出され ています。東京・新宿区では通常の約4倍、それ以外の地域でも通常の3倍から7倍の値となっています。甲府市では通常並みの数値です。いずれも直ちに健康 に影響を及ぼす値ではありません。続いて風向きの情報です。福島第一原発の周辺ではこの後、25日朝にかけて陸から海へと吹く西寄りの風が続きそうです。 風の強さは3メートル前後になりそうです。日中は南東の風で、夕方にかけては少し強まる見込みです。

【原発】東京のコマツナから放射性セシウム(03/24 23:42)

福島第一原発の事故を受けて、東京都は2回目となる農畜産物の検査を行い、市場に出回っていないコマツナから暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されました。

東京都は7品目の野菜と原乳について、放射性物質に関する検査を行いました。このうち、コマツナからは国の暫定規制値500ベクレルに対して、890ベク レルの放射性セシウムが検出されました。コマツナは江戸川区の農林総合研究センターの試験場で露地栽培されたもので、市場に流通はしていないということで す。これを受け、都は直ちに江戸川区内の農家で露地栽培されているコマツナに関しても検査を行いましたが、放射性ヨウ素、放射性セシウムとも検出されませ んでした。東京都は、都内産の農畜産物の安全性を確保するため、今後も検査を実施していくとしています。

【原発】20〜30キロ圏の住民避難を検討 枝野長官(03/25 00:05)

福島第一原発の半径20キロから30キロ圏内の住民に対して出されている屋内退避について、枝野官房長官は30キロ圏より外への避難に切り替える可能性があるという考えを示しました。

枝野官房長官:「今のやり方で十分、屋内退避という状況の生活を継続できるのかどうかということについては、改めてこの間のどれくらいのサポートがどう行き渡っているかということの検証の指示をしております」
枝野長官は、20キロから30キロ圏内の住民の日常生活が可能かどうかを見極めながら、避難の呼びかけについて検討する考えを示しました。
一方、政府と与野党各党の実務者による合同会議で、野党側は、半径20キロから30キロ圏内の住民に食料や水が届いていないことや、放射線の影響は否定できないとして退避指示を出すよう要求しました。

放射性ヨウ素、茨城・栃木の浄水場でも

東京都葛飾区の金町浄水場で検出された乳児向けの暫定規制値(1キロ・グラム当たり100ベクレル)を超える放射性ヨウ素131の数値は、24日朝に改めて採取された水を検査した結果、1キロ・グラム当たり79ベクレルと規制値を下回り、都は同日、摂取制限を解除した。

配水管には2日程度は水が残ることもあるが、都では「数日飲んでも問題はない」などとして、解除を決めた。ただ、茨城、栃木県などでは、規制値を超える放射性ヨウ素が検出されている。

金町浄水場では22日の採水で210ベクレル、23日に190ベクレルと連続して規制値を超え、都は同日午後、同浄水場の水が供給されている東京 23区などに対し、乳児に水道水を飲ませないよう呼びかけていた。しかし、24日午前6時に採取された水は79ベクレルと、23日の半分以下まで低下。都 福祉保健局では「推移は見ていかなければならないが、今後一時的に超えたとしても危険性はない」とする。

江戸川から取水する金町浄水場の水は、同浄水場だけ、あるいは他の浄水場の水と混ざるなどした上で、東京23区や武蔵野市、町田市、多摩市などに 供給されている。荒川から取水する三園浄水場(板橋区)などと混ざった水が供給される都健康安全研究センター(新宿区百人町)で、蛇口から出る水道水を測 定したところ、金町浄水場で規制値を上回った22、23の両日とも、18・7ベクレル、25・8ベクレルだった。

地域によっては、規制値を超えた時の水が水道管などに2日間ほど残り、今後、一般家庭の蛇口から出る可能性もある。

マンションなどの集合住宅では、共用の貯水タンクに水道水をためてから各戸に水を供給する所も多い。都は「気になる人は2〜3日間、蛇口の水の使用を控えてもらえば、その後は規制値を下回った水が届くはず」としている。

都は24日から始めた乳児世帯への飲料水配布について、「家庭への配慮」として、25日も継続する。

埼玉県川口市の市営新郷浄水場でも、22日に採取された水から1キロ・グラム当たり120ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたが、東京と同様、24日早朝に採取した水は46ベクレルで、規制値を下回った。

一方、茨城県日立市は24日、市内2か所の浄水場で23日に採取した水道水から、乳児が飲む規制値を超える放射性ヨウ素を検出したと発表。市によると、十王浄水場で298ベクレル、森山浄水場で150ベクレルだった。

栃木県も25日未明、宇都宮市の県保健環境センターで24日に採水した水道水から、108ベクレルの放射性ヨウ素を検出したと発表した。同センターには、鬼怒川から取水する松田新田浄水場(同市)から、水が供給されている。

また、福島第一原子力発電所の事故で一部が屋内退避区域に入る福島県飯舘村では、20日に採取された水道水から一般の規制値の3倍以上となる 965ベクレルの放射性ヨウ素が検出された。福島県南相馬市でも、21日に採取された水道水から220ベクレルの放射性ヨウ素が検出されている。

(2011年3月25日03時13分  読売新聞)

千葉県内の浄水場、乳児の規制値超える 放射性ヨウ素

2011/3/24 12:55

千葉県は24日、千葉県内の2つの浄水場の水道水から、乳児向けの暫定規制値(1キログラムあたり100ベクレル)を上回る放射性ヨウ素が検出されたと発表した。浦安市など11の市に、乳児に限って飲用を控えるよう求めた。

規制値超えの放射性ヨウ素が検出されたのは、ちば野菊の里、栗山の両浄水場から23日に採取した水。検出値は、ちば野菊の里が220ベクレル、栗山が180ベクレル。ともに23日に規制値超えが判明した東京都の金町浄水場(東京・葛飾)と同じ江戸川を水源としている。

県は「国の規制値は長期間摂取した場合の影響を考えて定めている。代わりの飲用水が確保できない場合は、摂取しても差し支えない」と説明している。

県が乳児の水道水飲用を控えるよう求めた市は以下の通り。

船橋市、市川市、鎌ケ谷市、浦安市、千葉市、習志野市、松戸市、市原市、成田市、印西市、白井市。

東日本大震災:出荷停止拡大 「国産」農産物に痛手 農水省、供給不安は否定

放射性物質による農産物汚染の問題は23日、新たに福島県産のキャベツやブロッコリー、茨城県産の原乳など幅広い品目が出荷停止と摂取制限(食べ ることを控えること)の対象に加わり、更に深刻化した。政府は他県にも農産物に含まれる放射性物質を検査するよう促しているが、今後の影響の広がりは予測 できず、国産農産物全体への信頼感が損なわれる恐れも高まっている。【行友弥、井出晋平、小倉祥徳、太田圭介】

新たに出荷停止・摂取制限の対象となったのは福島県産の野菜が中心だが、全国の出荷量に占める比率はブロッコリーで4・6%、キャベツで0・4% などと低い。このため、農林水産省は「直ちに供給不安は生じない」(生産局)としている。また、茨城県産パセリのシェアは19・4%と高いが、料理の付け 合わせ用が主のため、他の食材で代替できる面もある。ただ、対象品目の拡大が今後も続けば、「国産野菜全体のイメージが低下する」(同)との懸念もある。

日本の野菜は信頼性が高く、コメや果物、牛肉などと並び輸出品目として有望視されており、09年度の野菜自給率も80%と高水準を維持している。だが、国内の生産減や安全性への信頼低下が続くことになれば、中国産など輸入が増えて、国内農業の衰退に拍車をかけかねない。

◇スーパー・外食、苦渋の撤去

出荷停止・摂取制限の対象が一気に広がったことで、スーパーや外食チェーンも対応に追われた。

西友は23日、対象になった野菜を店頭から撤去。ホウレンソウなどを中心に他産地からの調達を急ぐ。既に購入した消費者には、商品かレシートを持 参すれば原則的に払い戻しに応じる方針だ。イトーヨーカ堂は同日現在、福島県産の野菜は扱っていないが、茨城県産パセリは店頭から撤去した。

ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」などを運営するロイヤルホールディングスも、関東地区の数店舗で仕入れ済みだった茨城県産パセリの使用を 中止した。さらに、レストランチェーンのサイゼリヤは23日、福島県白河市の自社農場で栽培したレタス、パセリ、ルッコラについて、出荷停止・摂取制限の 対象外だが、提供を停止した。同社は「風評をあおらないよう、対象外の福島県産野菜は使い続けてきたが、やむを得ない」と話す。

◇調達先の変更、乳業大手検討

一方、新たに出荷が停止された茨城県産の原乳は10年の生産量が16万8680トンで全国8位、関東地方では14%のシェアを占める。明治乳業、 森永乳業、雪印メグミルクの乳業大手3社は震災後、茨城・福島県産とも入荷していない。ただ、出荷停止が続けば「原乳確保が予断を許さない状況にな る」(雪印メグミルク)として、従来はバターやチーズ用の原料乳を主に生産する北海道からの調達を検討し始めた。

生産者側も苦悩の色を深めている。関東と山梨・静岡両県の酪農家で作る関東生乳販売農業協同組合連合会は「茨城以外で急に生産量を増やすこともできない」と話している。

==============

■ことば

◇ベクレルとシーベルト

ベクレルは放射能の強さを表す単位で、1秒間に原子核の崩壊が1回起こる放射能の強さが1ベクレル。シーベルトは放射線の人体への影響を示す単 位。光に例えると、ベクレルは電球本体の明るさで、シーベルトは光を受けた場所の明るさに相当する。放射線や放射性物質の種類、放射線を受けた臓器によっ て人体への影響は異なる。1ベクレルの放射性ヨウ素を経口摂取した場合の人体への影響は、0・022マイクロシーベルトとなる。

==============

◆出荷停止・摂取制限された農産物のシェア

◇福島県産

ブロッコリー 4.6%

ホウレンソウ 1.6%

キャベツ   0.4%

原乳     1.3%

◇茨城県産

ホウレンソウ  5.4%(11.3%)

パセリ    19.4%(42.5%)

原乳      2.2%(14.9%)

(注)野菜は08年の出荷量、原乳は10年の生産量の全国に占める割合(茨城産のカッコ内は関東地方に占める割合)。出荷停止・摂取制限された他の品目は生産量が微少か主産地でないため統計がない

==============

■政府が摂取制限を指示した品目

・福島県産のホウレンソウ、ブロッコリー、キャベツ、クキタチナ、シノブフユナ、サントウナ、コマツナ、アブラナ、チジレナ、コウサイタイ、カリフラワーなど

■政府が出荷停止を指示した品目

・上記摂取制限の品目

・茨城、栃木、群馬県産のホウレンソウとカキナ

・福島県産の原乳、カブ

・茨城県産の原乳、パセリ

■出荷停止対象ではないのに風評被害が出ているとみられる品目

・レタス、チンゲンサイ、シュンギク、ニラ

(注)風評被害は農林水産省の調査と毎日新聞の取材による

東日本大震災:都水道水ヨウ素検出 水求め母奔走 「長期化したら…」品薄に募る不安

東京都葛飾区の浄水場から0歳乳児の飲用基準の2倍に当たる放射性ヨウ素検出が発表された23日、都内の保育園や乳児院、乳飲み子を抱える母親た ちはミネラルウオーターの確保に奔走した。地震直後から品薄が続いており、今後の供給を不安視する人や施設も。原発事故の影響が首都の水源にまで及び、事 態の長期化を懸念する声も聞かれた。【田村佳子、木村葉子、中村美奈子、杉本修作、桐野耕一】

東京都新宿区で24時間保育をしている無認可の「たいよう保育園」では、水道水を沸かして作っていた麦茶を市販のペットボトルのものに変えた。石 沢ハルノ園長は「『乳児の摂取を控えて』というが、1歳以上の子なら大丈夫という確信がない」。保護者からも心配する声が寄せられているといい、園の入り 口には「水道水は使っていません」との張り紙が張られた。

葛飾区の小宅産婦人科では22日から買い置きしていたペットボトルのミネラルウオーターで粉ミルクを調乳しているが、小宅正博院長は「今日はどこ に行ってもミネラルウオーターが売り切れ。この状態が長く続くなら国は産院が確実に入手できるよう対応してほしい」と要望した。

新宿区の二葉乳児院では乳幼児11人分のミルクと39人分の食事を作るための水を毎日必要としているが、都留和光施設長は「備蓄したミネラルウオーターはあと数日分。今後、数値が幼児向けの基準を超えたり、長期化したらどうなるのか」と焦りを隠さない。

全国規模で保育サービスを展開する「ポピンズコーポレーション」(本社・渋谷区)は23日午後、東京、神奈川、千葉3都県の保育所計約75カ所 で、0歳児と1歳児約1000人への調乳を軟水のミネラルウオーターで行うようにした。水道水で作った麦茶はすべて捨て、おやつのイチゴをミネラルウオー ターで洗った所も。

産婦人科や新生児科のある愛育病院(港区)は1本20リットルのミネラルウオーターを40~50本蓄える。約70日分に当たり、普段なら大人も飲 むが、都の発表を受け乳児のミルクを作る際などだけに使うようにした。ただし、中林正雄院長は「母親が水道水を飲んでも母乳は大丈夫だし、離乳食を調理す る際に水道水を使っても問題ない」と冷静だ。

千代田区のスーパー「冨士屋」では用意していた2リットル6本入りケース10箱が午後4時までの2時間で売り切れた。飲料担当の前川朝洋さん (39)は「倉庫にも在庫はなく、入荷は未定」と頭を抱えた。スーパー隣の自動販売機では、千代田区の会社員女性(38)が飲料水500ミリリットル入り ペットボトル十数本を購入。「2歳の子どもがいるので、どうしても水を手に入れないといけない」と語った。

消費者団体「食のコミュニケーション円卓会議」の市川まりこ代表は「現時点では大人が水道水を飲んでも健康への影響はない。むやみにミネラルウオーターを買いだめするのはやめよう」と呼び掛けている。

毎日新聞 2011年3月24日 東京朝刊

農畜産物の放射性物質調査、山形県は消極姿勢

読売新聞 – ‎44 分前‎
東北と関東地方の野菜や原乳から食品衛生法の暫定規制値を超える放射性物質が検出されている問題で、山形県が、県内産の農畜産物のサンプル調査を 躊躇 ( ちゅうちょ ) している。 福島県の隣県で調査をしていないのは、震災で混乱が続く宮城県を除き山形県だけで、東京

県 農畜産物放射性物質検査へ

読売新聞 – ‎3 時間前‎
県は23日、県産農畜産物の放射性物質検査を24日から始めると発表した。品目はホウレンソウ、原乳など7品目。ただ、水道水などの放射性物質を測定している県衛生研究所の検出器を併用するため、検査は1日1品目のみ。県民の暮らしや命に直結する食の問題にもかかわら
2011 年 03 月 23 日 17:51 現在

県産農産物、放射性物質の検査要請なし

福島県産の野菜などが出荷停止になったことを受け、厚生労働省は23日、新潟や長野を含む6つの県に農産物の放射性物質の検査を強化するよう求めました。厚生労働省が23日、放射性物質の検査を求めたのは宮城、山形、埼玉、千葉、新潟、長野の6つの県です。 

富山県の隣県まで検査が求められたことについて、富山県の担当者は「今のところ県内の大気や水の数値に異常はなく、農産物に放射性物質が付着したり、土壌から取り込んだりすることは考えにくい」としています。

県内唯一の検査機関、射水市の県環境科学センターの観測では、大気中の放射線量は23日午後5時現在、1時間当たり0.048マイクロシーベルトで平常通りだということです。

また、東京都の水道水から乳児が摂取する基準の2倍を超える放射性ヨウ素が検出され、東京都が乳児への飲用を控えるよう求めています。

富山県によりますと、県内の水道水からは放射性物質は検出されていないということです。

厚労省、宮城など隣県6県に放射性物質検査を要請

2011/3/23 12:27

厚生労働省は23日、福島県など4県に対する一部農産物の出荷停止措置を踏まえ、宮城県など隣接する6県に対しても農畜産物の放射性物質 検査を実施するよう指示した。同日に菅直人首相から福島県産のホウレンソウなどの摂取制限指示があったこと受け、一段とモニタリングを強化する必要がある と判断した。

検査実施指示を受けたのは宮城県、山形県、埼玉県、千葉県、新潟県、長野県の6県。

記者会見した大塚耕平厚生労働副大臣は「消費者の安全確保と風評被害の極小化という2つの観点からしっかりとした検査が重要。(葉物野菜など)蓋然性の高いものから検査していただくべきだ」と述べた。〔日経QUICKニュース〕

福島県産の葉物野菜など摂取制限、首相が指示

福島第一原発の放射能漏れ事故で、菅首相は23日、原子力災害対策特別措置法に基づき、福島県の葉物野菜と、ブロッコリーなど花蕾(からい)類について、出荷制限と食べることを控える摂取制限を指示、さらに、同県のカブ、茨城県の牛乳とパセリについて出荷制限を指示した。

厚生労働省が同日未明、福島県産のブロッコリーやホウレンソウ、カブなど11品目と、茨城県の加工前牛乳とパセリから、食品衛生法の暫定規制値を超える放射性物質が検出された、と発表したことを受けた措置。

また、厚労省は同日、出荷制限が行われている4県に隣接する宮城、山形、埼玉、千葉、新潟、長野6県に対し、放射性物質が付着しやすい葉物や牛乳などの農産物について放射性物質の検査を行うよう求めた。原発事故の影響について監視体制を強化する狙いだ。

福島県産のすべての葉物野菜について出荷制限と摂取制限が一律に指示されたのは、同県産の複数の葉物野菜で規制値を超える放射性物質が検出されたためで、23日午前に記者会見した枝野官房長官は、「全体的に同じような状況であることが想定される」と説明した。

カブも規制値を超える放射性物質が検出されたが、1検体分の検査結果しかなく、データが少ないため、摂取制限を見送った。

福島県は放射性物質が付着しやすい葉物野菜を中心に15品目35件を検査。放射性ヨウ素(規制値1キロ・グラム当たり2000ベクレル)は10品目21件、放射性セシウム(同500ベクレル)では11品目25件で規制値を超えた。

放射能の半減期は、ヨウ素が約8日に対し、セシウムは約30年と長い。

セシウムで最も値が高かったのは本宮市のクキタチナで、規制値の164倍に当たる8万2000ベクレル。1日100グラムを10日間食べ続けると、1年間に浴びる自然放射線量(2・4ミリ・シーベルト)の半分を超える計算だ。

ヨウ素で高い値を示したのは、飯舘村のブロッコリー(1万7000ベクレル)、平田村のホウレンソウ(1万6000ベクレル)など。茨城県は鉾田市と行方 市のハウス栽培でとれたパセリから最大で規制値の6倍にあたる1万2000ベクレルのヨウ素を検出した。水戸市と河内町の牛乳も最大で規制値(1キロ・グ ラム当たり300ベクレル)の5・7倍のヨウ素が検出された。

食品の安全に詳しい唐木英明・東大名誉教授は、「検出された暫定規制値の 164倍のセシウムは健康被害が出るレベルではないが、注意が必要な値で、政府が野菜の摂取や出荷を制限するのは妥当な判断だ。ただ、今後、市場に出回る 野菜は安全なので、無用な心配はしないで冷静に行動してほしい」と話している。

原子力災害対策特別措置法 同法20条3項では、首相が務める政府の原子力災害対策本部長は緊急事態に対応するため、知事らに必要な指示ができると規定。食品衛生法には一定区域内の 食品について摂取制限や出荷制限を求める規定がないため、今回、原子力災害対策特措法を根拠に、菅首相が各県の知事に県単位での制限を指示した。

(2011年3月23日 読売新聞)

東京 浄水場からヨウ素検出

3月23日 15時2分 

東京都葛飾区にある都の浄水場の水から、乳児の摂取量の上限となる暫定基準値を上回る量の放射性ヨ ウ素が検出されました。東京都は、この浄水場の水道水を利用する東京23区と多摩地区の5つの市で、乳児に限って水道水の摂取を控えるよう呼びかけていま すが、長期的に摂取しなければ健康に影響はないとしています。

東京都によりますと、東京都葛飾区にある都の金町浄水場で、22日午前9時に、検査のため採水した 水から、放射性ヨウ素131が、1リットル当たり210ベクレル検出されました。また、23日午前9時に同じ金町浄水場で採水した水からも、1リットル当 たり190ベクレル前後の放射性ヨウ素131が検出されたということです。これは、大人の摂取量の上限となる暫定基準値、水1リットル当たり300ベクレ ル以内に収まっていますが、乳児の摂取量の上限となる基準値の1リットル当たり100ベクレルを超えていて、東京都は、金町浄水場の水道水を利用する東京 23区と武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市で、乳児に限って水道水の摂取を控えるよう呼びかけています。さらに、この地域の事業者に対しても、乳 児が飲む可能性のある飲み物の原料にこの水道水を使わないよう呼びかけています。東京都は、放射性ヨウ素の量を巡る基準は、長期間にわたって摂取した場合 の健康の影響を考えて設けられたもので、長期的に摂取しなければ健康に影響はないとし、代わりの飲料水が確保できない場合はこの水道水を摂取しても差し支 えないと説明しています。厚生労働省は「乳児が飲んでも直ちに健康に影響を及ぼす値ではない」としています。ただ、念のため、乳児の飲み水や粉ミルクを溶 かす水として利用しないよう呼びかけています。

東京都、乳児の水道水飲用控える要請 23区など
金町浄水場、基準上回る放射性ヨウ素

2011/3/23 14:31

東京都は23日、金町浄水場(東京・葛飾)の水道水から、厚生労働省が通知した乳児向けの暫定的な基準を上回る放射性ヨウ素を検出したと 発表した。都は東京23区や武蔵野市、三鷹市、町田市、多摩市、稲城市の住民に対し、乳児が水道水を摂取することを控えるよう要請した。都は「基準は長期 にわたって摂取した場合の健康被害を考慮して設定したもので、代替となる飲用水が確保できない場合、数回にわたって飲んでも健康には影響がない」としてい る。

厚労省は1キログラム当たり100ベクレルを超えた水道水について、乳児用粉ミルクを溶くために使わないよう通知している。都が22日午前9時時点で検出したのは同210ベクレル。

福島5市町で制限超えるヨウ素、厚労省が乳児飲

まないよう要請

2011.3.22 20:04

厚 生労働省は22日、福島県内の4市1町(伊達市、郡山市、田村市、南相馬市、川俣町)の水道水から1歳未満の乳児を対象とした国の基準を上回る放 射性ヨウ素が検出されたと発表した。厚労省は「一時的に飲用しても健康被害が生じる可能性は低い」とした上で、4市1町に対し、乳児の飲用を控えるよう住 民に広報することを求めた。

国が定めた水道水の基準値は、ヨウ素が1キロ当たり300ベクレル。乳児は放射線の影響を受けやすいため、厚労省は21日、より厳格な基準値(1キロ当たり100ベクレル)を設けた。

厚 労省によると、政府の現地対策本部が21日、県内77地点の水道水を調査した結果、飯舘(いいたて)村簡易水道の2地点で国の基準を上回る430 ベクレ ル以上を検出。そのほか、伊達市月舘簡易水道(120ベクレル)▽川俣町水道(130ベクレル)▽郡山市上水道(150ベクレル)▽南相馬市水道(220 ベクレル)の4地点で乳児の基準値を上回るヨウ素が検出された。

政府が実施している別の調査で田村市水道でも17、18日の両日、300ベクレルを超える濃度が検出された。

飯舘村では21日、基準値を超えるヨウ素(965ベクレル)が検出されたため、厚労省が同日、水道水を飲むのを控えるよう要請している。

放射能漏れ

21~22日の各地の放射線量 雨の影響? 数値は停滞

2011.3.22 16:41

福 島第1原発周辺の22日の放射線量は、前日に比べて大きく減少している。一方で東北、関 東各地では前日から大きな変化はなく、ほとんどの地域で平常値をやや上回る数値で推移した。放射線量の減少傾向はやや停滞気味。前日から降り続いた雨の影 響で、放射性物質が雨水に付いて地上に落ちたことが影響しているようだ。

放水作業が続いている福島第1原発の正門付近では22日午後1時半に254・8マイクロシーベルトを観測。21日夕方に比べて4分の1程度まで下がった。

文部科学省の集計によると、21日午前9時から22日午前9時までの最大の放射線量は、茨城で平常値を上回る0・438マイクロシーベルトを記録。他の関東各地でも平常値を上回っているものの、大きな上昇はなく、健康には問題のないレベルで落ち着いている。

福島、宮城両県は地震の影響で、文科省への報告用に設置した地点でのデータ収集ができない状態が続いている。両県の別の調査では、福島市で22日正午に6・51マイクロシーベルト。仙台市は21日午前9時半ごろに0・19マイクロシーベルトだった。

文科省の調査では、福島第1原発の北西約30キロの浪江町付近で22日午前11時10分に75マイクロシーベルトを観測した。

福島原発、2号機の通電作業進む 海水汚染の広がり確認

東日本大震災による福島第1原発の事故で東京電力は22日、2号機の中央制御室などへの通電や、3号機の電力供給に向けた詰めの作業を行った。海水中の放射性物質は、前日より広範囲で観測され、海水汚染の広がりが確認された。

3号機の使用済み燃料プールには、東京消防庁が大阪市消防局と連携し放水を行った。4号機のプールには、長いアームを備えた生コン圧送機が放水する。

2号機に通電できれば、中央制御室の照明をつけ、原子炉の温度や圧力、放射線量などの測定装置を作動させる。次いで原子炉や使用済み燃料プールの冷却機能回復を目指す。また3号機へ電力供給が可能になれば、すべての原子炉で電力復旧の準備が整う。

東電は22日、前日よりも広い範囲で海水調査を実施した。南16キロの海域で基準値の16・4倍の放射性ヨウ素が検出されるなど、海水汚染の広がりが確認された。

毎日実施することになった自衛隊のヘリコプターによる原発上空からの温度測定は、22日は雨天のため実施していない。

2011/03/22 17:07   【共同通信】

農相「水産物も調査へ」 海水からの放射性物質検出

2011/3/22 11:49

福 島第1原子力発電所の放水口付近の海水から放射性物質が検出されたことを受け、鹿野道彦農相は22日の閣議後の記者会見で「都道府県ご とに水産物も調査することになるだろう」との見通しを示した。具体的な調査方法は言及しなかった。既に農産物については一部地域のホウレンソウなどから放 射性物質が検出されている。

茨城県以北の本州太平洋沿岸では「震災後、漁を再開したという話は聞いていない」 と述べ、現在流通している水産物については安全性が確保さ れているとの考えを示した。漁が本格的に再開された段階で調査を開始する。農産物と同様に基準値を上回る放射性物質が検出されれば、出荷停止などの措置を 検討するとみられる。

水道水にヨウ素 阿賀野・信濃川から取水

2011年03月22日

県 は21日、阿賀野川と信濃川から取水した水道水で、微量の放射性ヨウ素を検出したと発表した。ただ、最も高い数値で1キロあたり48ベクレル で、国の基準である同300ベクレルを下回っており、健康上の問題はないとしている。県は監視体制を強化し、推移を見守る方針だ。

県は、18日に新潟市西区の信濃川で採取した水道水から1キロあたり0・27ベクレルの放射性ヨウ素を検出したため、検査箇所を9カ所に増やした。

21日の分析で、放射性ヨウ素は阿賀町の阿賀野川上流で取水した水道水から1キロあたり48ベクレルが検出され、中流で取水した水道水からも同27ベクレルが検出された。また、長岡市の信濃川中流から取水した水道水では同12ベクレルが測定された。政府、4県知事に一部農産物の出荷制限指示

動画を再生

ニュース動画をみる
このニュースをブログに書く

 

政府、4県知事に一部農産物の出荷制限指示

< 2011年3月21日 19:07 >

政府は21日、食品衛生法上の暫定規制値を上回る放射性物質が検出された農産物について、当分の間、出荷を控えるよう4つの県の知事に指示した。

対象となるのは福島県、茨城県、栃木県、群馬県で産出されたホウレンソウとカキナの他、福島県で産出された原乳。菅首相は21日、各県の知事に対して、当面出荷を控えることを事業者に要請するよう指示した。

また、枝野官房長官は「健康に影響を与えるものではない」と重ねて強調するとともに、生産農家への適切な補償を行う考えも明らかにした。

2011.03.21 20:55
枝野長官 農産物の出荷制限について会見
2011.03.21 03:43
農作物取引などで冷静な対応を…農水省通知
2011.03.21 01:39
福島県内の原乳や露地野菜の出荷自粛を要請
2011.03.21 01:15
出荷規制、21日中に判断~枝野官房長官
2011.03.20 18:58
原乳などの出荷規制、21日中に判断へ

2011年03月21日(月)22時57分

一部で雨の放射性物質増加
水道水は10都県で

文部科学省は21日、20日朝から24時間の雨やちり、ほこりなど降下物の検査結果について、雨の影響で、放射性のヨウ素やセシウムの量が大幅に増えた地域があったと発表した。

文科省は「別の検査の結果を考慮すると、空間や水道水の放射性物質は健康に問題ないレベル」としたが「農作物への影響は、厚生労働省を中心に検査する必要がある」と説明した。

また文科省は21日、都道府県が20日採取した水道水の検査結果を集計し、ヨウ素とセシウムが茨城、栃木、群馬で、ヨウ素が埼玉、千葉、東京、神奈 川、 新潟、山梨で検出されたと発表。独自調査している福島県も21日午前8時の採水で、ヨウ素が水1キロ当たり23ベクレル検出されたと発表した。いずれも国 の基準値を下回った。

文科省集計分は20日(19日採取)と比べ、ヨウ素が山梨で検出。セシウムは東京で不検出となったが群馬で確認された。

水1キロ当たりの量はヨウ素が茨城12ベクレル、栃木10ベクレル、東京2・9ベクレル、新潟3・6ベクレルなど。セシウムは栃木2・8ベクレル、群馬1・2ベクレルなど。宮城県は震災の被害で計測不能。

国の原子力安全委員会の摂取制限基準は水1キロ当たりヨウ素が300ベクレル、セシウムが200ベクレル。

2011年03月20日(日)19時58分

9都県で水から放射性物質
降下物は7都県、影響なし

文部科学省は20日、福島第 1原発事故を受け、19日に採取した都道府県の水道水を検査し、放射性のヨウ素とセシウムを栃木と東京で、ヨウ素を群馬、埼玉、千葉、神奈川、新潟で検出 したと発表した。福島と茨城でも両物質が県独自の調査で20日までに見つかり、水道水からの放射性物質検出は9都県。いずれも健康への影響はないという。

水1キログラム当たりの量はヨウ素が栃木16ベクレル、群馬3・6ベクレル、東京2・9ベクレル、新潟2・1ベクレルなど。セシウムは栃木2・6ベクレル、東京0・21ベクレルなど。

福島県の調査では、20日午前9時に採取した水道水で、ヨウ素は17ベクレル。ただ厚生労働省は19日、福島県川俣町で17日に採取した水道水から、国の基準値を上回る308ベクレルのヨウ素を検出したと明らかにした。

国の原子力安全委員会の摂取制限基準は水1キログラム当たりヨウ素が300ベクレル、セシウムが200ベクレル。

文科省は、18日朝から24時間に降った雨やちり、ほこりなど降下物の検査結果も発表。ヨウ素とセシウムは栃木と群馬、ヨウ素は埼玉、神奈川、山梨など 計7都県で検出されたが、「空間や水道水の放射性物質は健康に問題ないレベルと既に判明している」(同省)という。

1平方キロ当たりの検出量は、ヨウ素が栃木1300メガベクレル(1メガベクレルは100万ベクレル)、群馬230メガベクレル、東京51メガベクレ ル、埼玉64メガベクレル、山梨175メガベクレルなど。セシウムは栃木62メガベクレル、群馬84メガベクレル。

水道水、降下物とも、一部の県は震災対応の影響で報告していない。

2011年03月20日(日)12時46分

茨城北部の水道水にセシウム
微量「人体に影響なし」と知事

茨城県は20日、同県北部の北茨城市と高萩市の浄水場の水道水から微量の放射性ヨウ素とセシウムを検出したと発表した。

福島第1原発事故の影響とみられる。いずれも国の基準値以下で、橋本昌知事は「人体に与える影響は考えられない」としている。

県によると、19日に採取した水道水を測定した結果、北茨城市で水1キログラム当たり10ベクレルのヨウ素と1・17ベクレルのセシウムを、高萩市で8・4ベクレルのヨウ素と1・26ベクレルのセシウムをそれぞれ検出した。

国の原子力安全委員会が定める摂取制限の基準は、水1キログラム当たりヨウ素が300ベクレルで、セシウムが200ベクレル。

2011年03月19日(土)22時21分

1都5県で水道水から放射性物質
健康に影響なし

文部科学省は19日、福島第1原発事故を受けて都道府県の水道水を検査した結果、栃木と群馬で放射性ヨウ素とセシウム、東京と埼玉、千葉、新潟で放射性ヨウ素を検出したと発表した。いずれも微量で国の安全基準を下回り、健康には影響しないレベルとしている。

水1キログラム当たり検出量はヨウ素が栃木77ベクレル、群馬2・5ベクレル、埼玉0・62ベクレル、千葉0・79ベクレル、東京1・5ベクレル、 新潟 0・27ベクレル。セシウムは栃木1・6ベクレル、群馬0・22ベクレルとなっている。国の原子力安全委員会が定める摂取制限基準は、水1キログラム当た りヨウ素が300ベクレル、セシウムが200ベクレル。

宮城は震災による被害が大きいため、茨城は断水で検査ができなかった。福島は県が独自の調査結果を公表している。

文科省は今後、原則で1日1回、全都道府県の水道水に含まれる放射性物質の量を取りまとめる方針。近く、雨やちりなど空からの降下物についても検査結果の公表を始める。

震災関連情報

2011年03月20日

■放射性物質を公表

県大気水質保全課は19日、水道水と雨やちりなどの「降下物」に含まれる放射性物質濃度の公表を開始した。

同課によると、甲府市の放射線量(午後5時現在)は1時間当たり0・044マイクロシーベルト。水道水には放射性物質はなかったが、降下物から微量の放射性ヨウ素が検出された。同課は「健康に影響は全くない」としている。

東日本大震災:福島第1原発事故 甲府の水道、放射性物質出ず /山梨

県は19日、福島第1原発の事故を受けて実施した水道水に含まれる放射性物質の測定結果を、初めて公表した。甲府市の水道から採取された水からは、放射性ヨウ素や放射性セシウムなどの放射性物質は検出されなかった。

調査は同市にある県衛生環境研究所が実施した。県は今後、水道水に加え、空気中のちりや雨水など大気からの「降下物」に含まれる放射性物質についても測定し、ホームページで公表する。【中西啓介】

毎日新聞 2011年3月20日 地方版

2011年3月21日 月曜日

3/22 02:33
露軍機が日本海側に飛来、空自機が緊急発進
3/22 02:24
原子力専門部隊、派遣準備ある~米軍司令官MOVIE
3/22 03:36
米長官が記帳「支援の準備はできている」
3/22 02:53
露大統領夫人が記帳、地震犠牲者の冥福祈る
3/22 02:44
福島など在住の米政府職員にヨウ素剤準備
3/22 07:54
首都圏から東北方面への22日の交通情報
3/22 07:05
福島原発近くの海水に基準超える放射性物質MOVIE
3/22 07:05
福島原発で煙、安全確認されれば作業再開へMOVIE
3/22 03:19
仙台市のガス供給 23日から順次再開へMOVIE
3/22 02:10
地震被害の高速道路、93%が応急復旧へ
3/21 23:37
宮城県で移動郵便局、22日は2か所で営業
3/21 21:33
関東のガソリン不足、備蓄引き下げで解消へMOVIE
3/21 15:33
ヤマト運輸、岩手・宮城・福島で宅配便再開MOVIE

水道水からヨウ素検出 甲府

山梨日日新聞 – ‎1 時間前‎
山梨県は21日、甲府市の上水道から微量の放射性ヨウ素を検出したと発表した。県内の水道水から放射性物質が検出されるのは初めて。東京電力福島第1原発の事故の影響とみられるが、検出値は摂取制限の0・08%で、県は「健康被害の心配はない」としている。

県産農産物から放射性物質 専門家、過剰反応に警鐘「正しい知識を」

(3月22日 05:00)

食品衛生法で 定められた「暫定規制値」を超える放射線量が検出された県内産ホウレンソウや、規制値と同量だったカキナ。21日には本県を含む4県に対し、国から出荷停 止の指示が出されたが、専門家は「規制値は健康に影響を与えかねない値よりも、かなり余裕を持って設定されている。過剰に心配する必要はない」と冷静な対 応を呼び掛けている。

県が19、20の2日間、県内15地点で調査したのは、露地野菜のうち出荷量の多いホウレンソウ、カキナ、ネギの3種。ホウレンソウからは放射性 セシウムが最大790ベクレル(規制値500ベクレル)、放射性ヨウ素最大5700ベクレル(同2千ベクレル)が検出。カキナからは放射性セシウム最大 280ベクレル、放射性ヨウ素最大2千ベクレルが検出された。

医療放射線防護連絡協議会総務理事で、自治医大RIセンターの菊地透管理主任は「放射性物質は風で運ばれるため、今回のような事故があれば当然、検出されるもので、驚く数値でもない」と説明する。

暫定規制値は、食品衛生法に放射性物質の基準がなかったため、福島第1原発の事故を受けて設定された。「基準を超えたらどうするのか、その議論を飛ばして出荷停止となってしまった」と指摘する。

最も放射性物質が多く検出された茨城県のホウレンソウも1キロ食べても約330マイクロシーベルトとなり「健康に影響が出始める10万マイクロ シーベルト(100ミリシーベルト)」には、遠く及ばない。「正しい知識が周知されないと、消費者間に混乱が広がり、風評被害は深刻化するばかりだろう」 と懸念を示す。

「世界で放射能の人体への影響は、広島、長崎のデータが基準とされているが、100ミリシーベルト以下であれば、幼児、妊婦、子どもにも、がんなどの影響は出ていない。過剰な反応はせず、冷静に対応するべきだ」としている。

災害に伴う放射線の影響について、自治医大が行った講演「福島原発の原子力災害に伴う放射線影響と緊急被ばく医療対応」はインターネットで公開さ れている。アドレスはhttp://lib-stream0.jichi.ac.jp/contents/all/201100000029.htm

福島原発近くの海水に基準超える放射性物質

< 2011年3月22日 7:05 >

福島第一原子力発電所の近くの海水から、国の基準を超える放射性物質が検出された。

「東京電力」によると、21日午後、福島第一 原発の放水口付近の海水を調べたところ、国の基準を超える放射性物質が検出された。検出された放射性物質は、「ヨウ素131」が規制値の126.7倍、 「セシウム134」が24.8倍、「セシウム137」が16.5倍に上った。東京電力は、経産省の原子力安全・保安院と福島県に報告する一方、範囲を広げ て4か所の海水をさらに分析することにしている。

海産物や漁業への影響については、現時点ではわからず、「範囲を広げて調べた上で、専門家らを交えて評価し、判断する必要がある」としている。

【関連記事】
2011.03.21 00:49
原発周辺住民に安定ヨウ素剤の投与を指示
2011.03.20 03:31
水道水から放射性物質 福島・川俣町
2011.03.17 02:18
原発の影響で支援滞る 福島県が緊急要請
2011.03.15 17:12
都内で放射線量数値上がる 健康に影響なし
2011.03.15 04:24
微量な放射性物質観測、艦船一時待避~米国

【埼玉】

放射能は規制値以下 県産ホウレンソウ検出結果

2011年3月22日

放射能漏れが続く福島第一原発事故で二十一日、県は県内五カ所で採取したホウレンソウからの放射性物質検出結果を発表した。放射性ヨウ素を初めて 検出するなど事故の影響が見られたが、いずれも食品衛生法上の暫定規制値を下回った。県は「食べても健康に影響はない」として冷静な対応を呼び掛けてい る。

県によると、検出されたのは放射性ヨウ素(規制値=一キロ当たり二〇〇〇ベクレル)が熊谷、本庄両市内三カ所の露地栽培で一三〇〇〜一九〇〇ベク レル。本庄市内二カ所のハウス栽培で五七〇〜九〇〇ベクレル。セシウム(同=五〇〇ベクレル)は、熊谷、本庄両市内の露地栽培で一〇八〜一七三ベクレル、 本庄市内のハウス栽培で五〇〜五五ベクレルだった。

県は二〇〇四年度から毎年、衛生研究所(さいたま市桜区)が県内産野菜の測定をしてきたが、〇七年度にコマツナからセシウムを〇.〇四五ベクレル を検出した例がある程度だった。今後も定期的に調査する方針で、規制値を上回った場合は「県からJAなどに出荷自粛を要請する」としている。

(杉本慶一)

東日本大震災:放射性物質、10都県降雨から検出 水道水も9都県から

文部科学省は21日、同日午前9時までの24時間で採取した岩手、秋田、山形、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、新潟の10都県の1平方メー トル当たりの定時降下物(雨やちりなど)から24~9万3000ベクレルの放射性ヨウ素が、岩手、山形、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京の8都県の降 下物から16~1万3000ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。他の道府県は未検出。文科省は「高い数値になったのは雨の影響。雨にぬれて も被ばくをする数値ではないが、体内に入ると健康への影響も懸念されるので、国や自治体が発表する水道水や露地野菜、牛乳などの放射線量に注意してほし い」と呼び掛けた。

検出された1平方メートル当たりの放射性物質は、山形県(放射性ヨウ素5万8000ベクレル、放射性セシウム4300ベクレル)▽茨城県(同9万 3000ベクレル、同1万3000ベクレル)など。宮城、福島県は震災被害など、神奈川県は停電の影響、奈良県は計測機器の調整中で測定できなかった。

計測できなかった福島県の降下物にも高濃度の放射性物質が含まれていることが予想され、文科省は「他の自治体に分析を依頼するなどの方法を検討したい」とした。

20日に採取した水道水からは、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨の9都県で1キログラム当たりの放射性ヨウ素が0・ 24~12ベクレル、茨城、栃木、群馬県で放射性セシウムがそれぞれ0・48、2・8、1・2ベクレル検出された。茨城、山梨県を除く7都県では19日の 水道水からも放射性物質が検出され、計測地点によっては数値が微増。ほかの道府県では未検出、宮城、福島県は震災被害など、奈良県は計測機器を調整中で計 測できない。

また、文科省が都道府県に設置するモニタリングポスト(自動観測局、MP)は、21日午後5時時点で▽山形0・1マイクロシーベルト▽茨城0・ 34マイクロシーベルト▽東京0・125マイクロシーベルトなどの8都県で大気中の1時間当たりの放射線量が通常値を上回った。20日午後5時時点で通常 値を上回っていたのは、茨城、栃木、群馬の3県で、最も数値が高かった茨城県は0・174マイクロシーベルトだった。

一方、福島第1原発から20~60キロ離れた福島県内の37カ所の屋外で、21日午前8時40分~午後6時にモニタリングカーで調査したところ、 1時間当たりの大気中の放射線量は0・7~110マイクロシーベルトだった。北西に約30キロで20日午後に110マイクロシーベルトだった浪江町は、 90マイクロシーベルトに下がったが、北西約32キロで自宅退避圏外の飯舘村は110マイクロシーベルトと、20日午後の60マイクロシーベルトから上 がった。【篠原成行】

==============

◆定時降下物(雨など)の環境放射線量水準調査結果◆

都道府県名 放射性ヨウ素      放射性セシウム

20日   21日   20日  21日

岩手      -    7800 0.24   690

秋田      -      24    -     -

山形     22   58000   20  4300

茨城    490   93000   48 13000

栃木    540    5300   45   250

群馬    190     990   63    87

埼玉     66    7200    -   790

千葉     44     160  3.8    16

東京     40    2900    -   560

神奈川    38     計測中    -   計測中

新潟    2.5      47    -     -

※文部科学省発表。20日、21日はそれぞれ午前9時までの24時間に採取。単位はベクレル毎平方メートル。宮城、福島、奈良県は計測不能などでデータなし

==============

◆大気中の環境放射線量水準調査結果◆

都道府県名 20日   21日   過去の通常値

北海道   0.027 0.028 0.02  ~0.105

青森    0.022 0.022 0.017 ~0.102

岩手    0.037 0.034 0.014 ~0.084

宮城      --    --  0.0176~0.0513

秋田    0.036 0.035 0.022 ~0.086

山形    0.117 0.100 0.025 ~0.082

福島      --    --  0.037 ~0.071

茨城    0.170 0.340 0.036 ~0.056

栃木    0.146 0.133 0.030 ~0.067

群馬    0.074 0.085 0.017 ~0.045

埼玉    0.062 0.106 0.031 ~0.060

千葉    0.031 0.082 0.022 ~0.044

東京    0.049 0.125 0.028 ~0.079

神奈川   0.046 0.083 0.035 ~0.069

新潟    0.048 0.046 0.031 ~0.153

富山    0.052 0.047 0.029 ~0.147

石川    0.058 0.047 0.0291~0.1275

福井    0.050 0.045 0.032 ~0.097

山梨    0.044 0.058 0.040 ~0.064

長野    0.060 0.057 0.0299~0.0974

岐阜    0.066 0.060 0.057 ~0.110

静岡    0.035 0.046 0.0281~0.0765

愛知    0.042 0.039 0.035 ~0.074

三重    0.050 0.045 0.0416~0.0789

滋賀    0.035 0.032 0.031 ~0.061

京都    0.039 0.037 0.033 ~0.087

大阪    0.044 0.042 0.042 ~0.061

兵庫    0.037 0.036 0.035 ~0.076

奈良    0.049 0.047 0.046 ~0.08

和歌山   0.033 0.032 0.031 ~0.056

鳥取    0.065 0.063 0.036 ~0.11

島根    0.038 0.036 0.033 ~0.079

岡山    0.051 0.048 0.043 ~0.104

広島    0.049 0.047 0.035 ~0.069

山口    0.095 0.090 0.084 ~0.128

徳島    0.039 0.038 0.037 ~0.067

香川    0.054 0.053 0.051 ~0.077

愛媛    0.048 0.049 0.045 ~0.074

高知    0.030 0.027 0.023 ~0.076

福岡    0.036 0.043 0.034 ~0.079

佐賀    0.040 0.041 0.037 ~0.086

長崎    0.028 0.029 0.027 ~0.069

熊本    0.027 0.027 0.021 ~0.067

大分    0.049 0.051 0.048 ~0.085

宮崎    0.026 0.039 0.0243~0.0664

鹿児島   0.034 0.034 0.0306~0.0943

沖縄    0.021 0.021 0.0133~0.0575

※文部科学省発表。20日は午後11時~21日午前0時観測、21日は午後4~5時観測。単位はマイクロシーベルト毎時。宮城、福島は計測できず

==============

◆水道水の環境放射線量水準調査結果◆

都道府県名 放射性ヨウ素      放射性セシウム

19日採取 20日採取 19日採取 20日採取

茨城    計測不能  12    計測不能  0.48

栃木    16    10    2.6   2.8

群馬    3.4   5.9    -    1.2

埼玉    0.93  2.0    -     -

千葉    1.2   0.68   -     -

東京    2.9   2.9   0.21   -

神奈川   0.43  0.46   -     -

新潟    2.1   3.6    -     -

山梨     -    0.24   -     -

※文部科学省発表。単位はベクレル毎キログラム。宮城、奈良県は計測できず。福島県は県が独自に公表

毎日新聞 2011年3月22日 東京朝刊

東日本大震災:4県出荷停止 健康への影響は 洗浄、煮炊きで放射性物質低減

人間は普段も野菜や魚などを食べて体内で被ばくしており、日本人では年間0・3ミリシーベルトになる。茨城県高萩市で18日採取したホウレンソウ からは1キロ当たり1万5020ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたが、日本人の平均摂取量(約15グラム)で体への影響をみるシーベルトに換算すると1 日0・0049ミリシーベルト。菊地透・医療放射線防護連絡協議会総務理事は「100ミリシーベルト以下であれば将来的にも健康への影響がないことは明ら か」と強調する。

ホウレンソウ以外の野菜は安全なのか。茨城県が19日に採取した県内産トマト、イチゴ、キュウリ、ニラ、ミズナ、チンゲンサイ、レンコン、キャベ ツの8品目を調査した結果、ハウス、露地栽培ともに規制値を下回った。農林水産省の調査では同県産の露地栽培のネギ、キャベツの安全が確認されている。

また栃木県で19日に採取したネギ、20日採取した原乳も規制値を下回っていた。群馬県では19日に取ったネギ、キャベツ、キュウリが規制値以下だった。

ホウレンソウで放射性物質が多く検出される理由について、茨城県農林水産部は「葉が多く、地面をはうように育つため、ちり状の放射性物質を多く吸着するのでは」と話す。

放射線医学総合研究所のホームページによると、野菜についた放射性物質は皮や外葉をむき、洗ったり煮る(煮汁は捨てる)ことで低減が見込める。また牛乳は「約1500ベクレルが検出された福島県の原乳でも、飲み続けなければ大丈夫」(関澤純・元徳島大教授)という。

水道水について、厚労省は放射性ヨウ素が規制値を超えた福島県飯舘村での飲用を控えるよう要請したが、「飲用水がなく、一時的に飲むのであれば健 康への影響は極めて低く、問題ない」(同省水道課)。菊地氏は「過剰な心配で強いストレスを抱えるとかえって体に悪い」と話す。【山崎友記子、田村佳子】

毎日新聞 2011年3月22日 東京朝刊

東日本大震災:福島・飯舘村、水道水からヨウ素 飲用自粛求める

国の原子力災害現地対策本部は21日、福島県飯舘村の簡易水道水から、国が定めた摂取基準(300ベクレル)の3倍以上の放射性ヨウ素が検出され たと発表した。水道は村内1700世帯の6割に供給されており、県は村民に飲用自粛を求め、飲料水のペットボトルの配給を始めた。検出されたのはヨウ素 131で1リットルあたり965ベクレル。対策本部は「1リットル飲んで受ける放射線量は胃のエックス線検診1回の28分の1」としている。同村人口約 6000人のうち約4000人が村内に残っているという。【種市房子】

毎日新聞 2011年3月22日 東京朝刊

福島・飯舘「水道飲用控えて」 放射性物質を検出

厚生労働省は21日、福島県飯舘村の水道水から安全基準を超える放射性のヨウ素131を検出した、と発表した。飯舘村は同日、村内に残っている住民約950世帯に水道水の飲用を控えるよう通知し、ペットボトル入りの飲用水を全世帯に配布した。
厚労省が20日実施した検査によると、放射性ヨウ素は飯舘村で水1キロ当たり965ベクレルを検出、摂取制限(300ベクレル)の3倍以上になった。21 日の検査では492ベクレルまで下がった。ヨウ素131はウランの核分裂によってできる物質で、東京電力福島第1原発(大熊町、双葉町)の事故による環境 放出が原因とみられる。福島市でも17日、180ベクレルを検出している。
県災害対策本部は21日、ペットボトル(500ミリリットル)入りの飲用水約10トンを村に運び、村は1世帯に6本(3リットル)ずつ配った。22日には、仙台市から約120〜150トンの飲用水が運ばれる見込みだという。
飯舘村はごく一部が屋内退避区域(原発から半径20〜30キロ)に含まれたが、ほとんどは区域外。ただ、県や国の調査で福島市や南相馬市などよりも高い放射線量が観測されている。村によると、村民約6000人のうちの30〜40%は村外へ避難しているという。
菅野典雄村長は「事故直後から早急な水の調査を県に求めていたが、実際に調査に入ったのは20日朝だった」と対応の遅れを指摘している。
国は21日、県災害対策本部の要請を受け、県内全域77カ所で水道水のサンプル調査を始めた。

◎いわきでは上昇/福島県の放射線量

福島県災害対策本部によると、21日午後3時現在の県内各地の放射線量(1時間当たり)は、いわき市で前日を1.92マイクロシーベルト上回り 2.75マ イクロシーベルトとなった。ほかは下回った地点が多く、飯舘村は3.47マイクロシーベルト減の9.83マイクロシーベルト。
福島市は7.34 マイクロシーベルトで、前日より1.33マイクロシーベルトの減少。郡山市1.87マイクロシーベルト(0.49マイクロシーベルト減)、白河市1.60 マイクロシーベルト(0.40マイクロシーベルト減)だった。南相馬市は2.12マイクロシーベルト(0.28マイクロシーベルト減)となった。
会津若松市は0.33マイクロシーベルト(0.03マイクロシーベルト減)。南会津町は0.09マイクロシーベルトで前日と変わらなかった。

2011年03月22日火曜日

ページ更新時間:2011年03月22日(火) 05時32分

■ 福島第一原発、海水から放射性物質

依然、深刻な状況が続く福島第一原発。東京電力は福島第一原発近くの海水から、国の基準値を上回る放射性物質が検出されたと発表しました。

これは21日午後2時半に福島第一原発近くで採取された海水から検出されたもので、放射性ヨウ素131が基準値の126.7倍、放射性セシウム134が基準値の24.8倍だったということです。

東京電力は3号機、4号機への放水や雨によって放射性物質を含んだ水が海に流れ込んだ可能性があるとしています。

「(海水の)採取ポイントが1か所の測定結果なので、もう少し周りの海への影響がどうか、測定する計画です」(東京電力の会見)

東京電力は「直ちに健康に影響があるとは思っていない」としていますが、漁業への影響はまだ評価できないということで、22日にさらに範囲を広げて調査を続ける予定です。

一方、福島第一原発の3号機と2号機から21日、相次いで煙が上がっていることが確認されました。敷地内の放射線の数値が一時上昇し、21日夜に行われる予定だった放水や電源復旧の作業はすべて中止されました。

放射線量の数値は、その後、下がって安定していて、原子力安全・保安院によりますと、22日朝から安全の確認を行い、作業を再開できるかどうか判断するということです。(22日04:46)

2011年3月22日 05時21分 更新

ロイター
福島第一原子力発電所。2011年3月18日。

原発近くの海水に放射性物質-基準値の127倍も

東京電力は22日、福島第一原子力発電所の放水口付近で、海水から放射性物質が検出されたと発表した。

東京電力は21日の午後2時半、福島第一原子力発電所の南放水口から南側に約100mの地点で海水を採取し、放射性物質の調査を行った。その結果、ヨウ素131は基準値の126.7倍の濃度で検出された。またセシウム134は24.8倍、セシウム137は16.5倍の濃度で検出された。

この放射性物質がどのように海洋に拡散したかについて、東京電力は「まだ評価できない」と述べ、福島第二原子力発電所でも同様の調査を行うなど、さらなる調査を進めるとしている。

放水で放射線減、でも3号機なぜ灰色の煙

読売新聞 – ‎41 分前‎
東京電力福島第一原子力発電所3、4号機で、使用済み核燃料の一時貯蔵プールを水で冷やす「放水作戦」は21日で5日目を迎えた。原発周辺の放射線量は減る傾向にあり、効果はあったとの見方が多い。 それなのに3号機からは同日午後、灰色がかった煙が上がった。

30キロ地点で高い放射線量

文部科学省は、福島第一原子力発電所周辺の放射線の量について、18日の測定結果を発表し、原発から北西におよそ30キ ロ離れた地点で、17日に続いて1時間当たり100マイクロシーベルト台の比較的高い値を検出する一方、そのほかの地点ではふだんよりやや高いものの、直 ちに健康には影響のないレベルとなっています。
周辺の放射線の量は、文部科学省などが福島第一原発から20キロから60キロ離れた福島県内の8か所で、18日午前10時から正午まで専用の測定車両を使って屋外で測定しました。
その結果、最も高かったのは、現在、屋内退避の指示が出ている原発から北西30キロ付近の地点で、午前11時33分の時点での放射線の量は、1時間当たり140マイクロシーベルトという値でした。
この地点では、17日午後2時にも1時間当たり170マイクロシーベルトを検出しています。
これらの値は、屋外にいると一般の人が1年間に浴びても差し支えないとされる限度量の1ミリシーベルトに6、7時間で達する数値です。
一方、福島第一原発から30キロから60キロ離れたそのほかの測定地点では、1時間当たり40マイクロシーベルトから1マイクロシーベルトだったということで、ふだんの値よりは高いものの、直ちに健康には影響のないレベルとなっています。
これについて、枝野官房長官は午前の記者会見で、「直ちに人体に影響を与える値ではない。
地形や風向きなどの気象状況にも左右されるので、モニタリングを強化して詳細にデータを分析していく」と述べました。
そのうえで、「この値が長期間続くという可能性が万一あれば、しっかり対応する」と述べました。

3月18日 15:18更新

Travel Warning
U.S. DEPARTMENT OF STATE
Bureau of Consular Affairs

Japan March 16, 2011

The Department of State is working to assist U.S. citizens to depart from affected areas.  U.S. citizens in Tokyo should review our Japan Earthquake/Pacific Tsunami webpage at http://travel.state.gov for updated departure-related information.

オバマ大統領が記帳、全面支援の姿勢示す

< 2011年3月18日 11:08 >

東日本大地震を受け、アメリカ・オバマ大統領は17日、ワシントンの日本大使館を訪れて記帳を行い、あらためて日本を全面的に支援する姿勢を示した。

オバマ大統領は17日、ワシントンの日本大使館に設けられた記帳所を急きょ訪問。大統領は5分にわたって沈痛な面もちで記帳を行った。「アメリカは 重要な 同盟国が必要とする時には常に支援する準備ができている」「日本が必ず復興し、これまでより強くなると信じている」などと記帳したという。大地震などを受 けて、アメリカの大統領が記帳に訪れるのは異例。

オバマ大統領「厳しい状況の同盟国の日本を、アメリカは全力で支援していく。困難と悲しみに直面する中、日本は孤独ではない」

一方で、アメリカ政府は、日本にいるアメリカ人の国外への退避を急ピッチで進めている。国防総省は17日、新たに、日本の本州に駐 留するアメリカ軍の家族 らに対し、自主的な退避を呼びかけた。さらに、有害な放射性物質への懸念が強まっていることから、日本からの直行便が就航する全ての空港で放射線検査を 行っている。

アメリカでは、福島第一原発の事故はスリーマイル島よりも深刻だと不安が広がっている。アメリカ政府は、安全が確認されるまで日本から離れるよう国民に対して呼びかける構え。

原発周辺 北西風のち南西風へ

3月18日 12時33分

福島第一原子力発電所の周辺では、陸側の北西から海側の南東に向う風が吹いているとみられていて、このあと風向きが変わり、18日夕方からは南西から北東に向かう弱い風が吹くと予想されています。

気象庁によりますと、福島第一原子力発電所の周辺では、地震のあと観測データが入らずに、風向きや 風の強さなどが観測できない状態が続いていますが、発電所から南に60キロ余り離れたいわき市の勿来山田では、正午には北西の風4メートルを観測しまし た。福島第一原子力発電所の周辺でも、現在、陸側の北西から海側の南東に向かって風が吹いているとみられます。気象庁によりますと、冬型の気圧配置が緩む ため、このあと風向きが変わり、18日の夕方から19日の日中にかけては、陸側の南西から海側の北東に向かって弱い風が吹くと予想されています。

原発周辺 北風強まる見通し

3/18 12:26
IAEA・天野事務局長、日本に到着MOVIE
3/18 12:11
東京都、支援物資受け付け開始 4品目のみ
3/18 11:44
ハイパーレスキュー隊、午後にも放水作業へ
3/18 11:40
内定切り懸念 文科省、緊急支援策を検討
3/18 11:27
死者・行方不明者1万6664人~警察庁
3/18 10:45
ハイパーレスキュー隊、福島到着 放水へMOVIE
3/18 08:47
首都圏の鉄道の運行予定(午前8時半現在)
3/18 06:13
福島第一原発にハイパーレスキュー隊が出動MOVIE
3/18 05:33
南相馬市 屋内退避区域の住民を県外避難へMOVIE
3/18 04:42
秋田新幹線 盛岡~秋田の運行再開へMOVIE
3/18 03:49
人工透析を受けられなくなった患者が東京にMOVIE
3/18 03:46
マンション火災、男性の胸に刃物 東京
3/18 03:41
関東で2例目 鳥インフル感染の鶏見つかる
3/18 03:32
発電機などが盗まれる事件が相次ぐ 埼玉
3/18 03:17
河合塾 被災した受験生の授業料全額免除
3/18 03:08
岩手・大船渡市から最新情報(動画)MOVIE
3/18 03:02
東京電力 青森県に福島第一原発の事故陳謝MOVIE
3/18 02:58
噴火警戒レベルを伊豆半島火山群に導入へ
3/18 02:53
森ビル、東京電力に電力の一部を提供へ
3/18 02:47
震度5強以上の余震確率、3日間で40%
3/18 02:45
首都圏の各鉄道会社の18日運行予定
3/18 00:46
文科省 健康相談ホットラインを開設
3/18 00:11
福島・南相馬市 希望住民を避難へMOVIE
3/18 00:04
厚労省 食品の放射能汚染の基準設置へ
3/18 12:58
1、2号機 18日中に電源回復作業終了も
3/18 06:46
福島第一原発への放水、放射線量に変化なしMOVIE
3/18 01:33
福島第一原発の空撮映像を公開~東京電力MOVIE
3/18 11:08
オバマ大統領が記帳、全面支援の姿勢示すMOVIE
3/18 07:00
IAEA事務局長、福島原発事故受け訪日へMOVIE

福島原発3号機から白煙 核燃料保存プール干上がったか

2011年3月17日10時57分

東日本大震災で被害を受けた東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)は17日、3号機で核燃料を保存するプールから白煙が立ち上っている。水の蒸発が進み、使用済み核燃料が破損し、放射性物質が大気中に飛散する危険性が高まっている。

経済産業省原子力安全・保安院によると、16日午前に白煙が上がった3号機では、17日午前も引き続き白煙が上がり続けている。15日に爆発事故を 起こ した4号機とともに、原子炉建屋が損壊し、使用済み燃料プールの水が干上がりつつあり、使用済み燃料が外気にむきだしになっている。破損した核燃料から大 量の放射性物質が大気中に飛散する危険性が高まっている。

一部の非常用ディーゼル発電機が作動し、比較的状態が安定している5、6号機も海水を取り込む冷却装置が故障しており、燃料プールに温水を注ぐ状態が続いている。プールの水が蒸発し、水位が下がり続けている。

発電所は大量の放射性物質が飛散し、作業員が現場に近寄れない。原子炉の状態を知るための圧力計や原子炉や燃料貯蔵プールの水位計も故障し、原子炉の監視が難しい状態になっている。停電などによる電源喪失、火災や爆発などが原因だ。予備電源もなくなりつつある。

経済産業省の西山英彦大臣官房審議官は17日午前の記者会見で「使用済み燃料プールに注水することを最優先に行う。そのためには外部電源の確保が欠かせない」と話す。

一方、米原子力規制委員会(NRC)のジャツコ委員長は16日の米議会公聴会での証言や米ABCの取材で、福島第一原発4号機の燃料プールには「水がなくなっていると理解している」と述べた。

17 March 2011 Last updated at 01:44 GMT

US alarm over Japan atomic crisis

A person wearing protective clothing Please turn on JavaScript. Media requires JavaScript to play.

“They are leaving us to die,” says the mayor of Minamasoma inside the exclusion zone

Increasing alarm has been voiced in the US about the crisis at the Fukushima Daiichi nuclear plant in Japan.

A top US nuclear official said attempts to cool reactors with sea water to prevent a meltdown appeared to be failing and workers could be exposed to “potentially lethal” radiation doses.(ヘリでの消火に失敗、作業員は致命的な放射線被曝?)

Japanese army helicopters on Thursday dumped water on the reactors to try to cool overheated fuel rods.

The plant was severely damaged by last week’s huge earthquake and tsunami.

US Energy Secretary Steven Chu has said that the situation at the plant appears to be more serious than the partial meltdown at the Three Mile Island nuclear plant in Pennsylvania in 1979. (ヘリでの消火に失敗)

Continue reading the main story

Analysis

image of Richard Black Richard Black Environment correspondent, BBC News


Over the days of the Fukushima crisis, attention has switched from reactor building 1 to 3, to 2, back to 3 – and now, to 4.

Here, it is not the actual reactor that is causing concern. Instead, it is a pool storing fuel rods that had been taken out of the reactor when it was shut down for maintenance before the earthquake struck.

There have been reports that water levels were low; and now the US Nuclear Regulatory Commission (NRC), which has a team of experts advising in Japan, says the pool is completely dry.

This means the fuel rods are exposed to the air. Without water, they will get much hotter, allowing radioactive material to escape – and the NRC says radiation levels are probably extremely high, creating a danger to workers at the plant.

The company operating the plant has even warned of “re-criticality” – that a nuclear chain reaction could start among fuel rods in the now dry pool.

That would not cause a nuclear explosion but it would increase the release of radioactive substances.

The US state department has urged Americans living within 80km (50 miles) of Fukushima Daiichi, which lies 220km from Tokyo, to leave the area – a much wider exclusion zone than the 20km advised by the Japanese government. (米国半径80kmから避難命令)

Some US military personnel in Japan have been given tablets against possible radiation effects. (米軍ヨード剤投与)

Britain has now advised its nationals currently in Tokyo and to the north of the capital to consider leaving the area. (英国 東京以北から退去命令)

  1. 0201: Water spraying operations have been temporarily suspended and helicopters have left the area of the Fukushima Daiichi plant, NHK reports. A Tokyo police unit is set to use water spray vehicles to continue cooling operations at Reactors 3 and 4. The Japanese defence minister is about to give an update on how the water drops went. (へり消火活動終了、会見予定)
  1. Washington has expressed alarm over the crisis at the Fukushima Daiichi nuclear complex in Japan, which has experienced a series of explosions and fires since being severely damaged by the huge earthquake and tsunami last week. Senior US nuclear official Gregory Jaczko said he thought the spent fuel rods from one of the reactors were now exposed (使用済燃料が露出したもよう)
  2. Japanese military helicopters have dropped four loads of water on the stricken plant, trying to avert a full meltdown. Plant operators say they are trying to finish a power line which could bring the plant’s cooling systems back online.(へりで消火中、電源復旧作業中)
  3. Some US military personnel in Japan have received potassium iodide tablets to help counter any radiation exposure and the US has urged American citizens living within 80km (50 miles) of the Fukushima complex to leave; Japan’s own exclusion zone is only 20km(米軍はヨード剤投与、半径80km避難命令) BBC

“米国民は80キロ圏外に”

3月17日 6時17分

福島第一原子力発電所の相次ぐトラブルを受けて、アメリカ政府は、発電所から80キロ以内に滞在しているアメリカ国民に対し、80キロ圏外に避難するか、避難が難しい場合には屋内に待避するよう勧告しています。

ホワイトハウスのカーニー報道官の発表によりますと、この勧告は、アメリカ国内で原発事故が起きた 場合のNRC=原子力規制委員会による基準に基づくもので、福島第一原発から80キロ以内に住むアメリカ国民を対象に、大使館などを通じて呼びかけられて います。対象となる地域は、日本政府が付近の住民に対して避難や屋内待避を求める基準より範囲が広くなっていますが、これについて、カーニー報道官は「日 本政府の指示に、まず従ってほしい」としたうえで、「事態は危機的だ。この基準はわれわれが独自に状況を分析した結果に基づくものだ」と述べ、あくまでも 勧告は日本に住むアメリカ国民の安全を確保するための予防的措置だと説明しています。

4号機 17日にも地上放水へ

火災が起きた福島第一原子力発電所の4号機を冷却するため、警察庁は、政府の対策本部の要請を受けて、警視庁が保有する強力な放水車を使って、地上から放水する方針を固めました。
早ければ17日の早朝にも放水が始まる見通しです。
福島第一原子力発電所の4号機は、15日から16日にかけて相次いで火災が発生し、核燃料を入れていた保管用のプールの温度が上がっていることが分かっています。
この状態が続けば、燃料が溶けたり水素が発生したりするおそれがあるため、東京電力は、上空からヘリコプターで建物の屋根の損傷した部分からプールの中に 水を入れることを検討しましたが、一度に運べる水の量が少ないことなどから、ヘリコプターを使うことは断念したということです。
このため警察庁は、政府の対策本部の要請を受け、特殊な放水車を使って地上から放水し、4号機に水を入れる方法をとることにしたもので、放水車を保有する警視庁の機動隊に出動を指示しました。
放水作業は、機動隊員が自衛隊から防護服を借りて行い、放射線量を計測しながら、安全な距離をとったうえで、高いところから強力な圧力で放水できる特殊な放水車を使って、核燃料が入っている保管用のプールに向けて放水するということです。
自衛隊側との調整や使う水の準備などを終えたうえで、早ければ17日の早朝にも放水が開始される見通しです。

3月16日 22:09更新

福島市など 放射線“影響のないレベル”

福島第一原子力発電所で爆発や火災が相次ぐなか、東北地方などで、ふだんよりやや高い放射線の数値が計測されていますが、いずれも健康に影響が出るレベルではないということです。
福島県では県内の7か所で放射線の計測をしており、このうち原発から北西に65キロほど離れた福島市では16日午前0時に1時間当たり21.4マイクロシーベルトと通常の530倍余りの放射線を計測しました。
また、原発から南におよそ70キロ離れた茨城県の北茨城市では、16日午前11時40分ごろ、通常のおよそ300倍となる1時間当たり15.8マイクロシーベルトを計測しました。
これらの数値の放射線を1時間浴びたとしても、胃のX線検診で受ける放射線量のおよそ30分の1から40分の1で、健康に影響が出るレベルではないということです。
このほか、宮城県の一部で通常の40倍余りの放射線が計測されたほか、新潟や群馬、栃木、埼玉、千葉、神奈川、それに東京の7つの都県で通常より、わずかに高い放射線の数値が計測されました。
これらの都県で計測された1時間当たりの放射線の量は、高い数値でも一般の人が1年間に浴びてよいとされる200分の1以下で、それぞれの自治体は、健康に影響が出る数値ではないとしています。
これについて放射線影響研究所の長瀧重信前理事長は「いずれの場所でも、ふだんどおりの生活をしていても、健康に影響が出る放射線の量には達しないので、安心してほしい」と話しています。

3月16日 20:32更新

放射線量上昇 2号機が原因か

枝野官房長官は、午後6時の記者会見で、福島第一原子力発電所の正門付近で、16日午前、放射線の数値が急激に上昇したことについて、圧力抑制室に破損が見つかっている2号機から、放射性物質が漏れ出たことが原因ではないかという見方を示しました。
福島第一原子力発電所の正門付近で、放射線の数値が急激に上昇した原因について、枝野官房長官は、午前11時すぎの記者会見で、白煙が上がった3号機の格 納容器の一部が破損し、放射性物資が漏れた可能性が高いとみられるとしましたが、原子力安全・保安院は、圧力抑制室に破損が見つかっている2号機から、放 射性物質が漏れ出ているのではないかという見方を示していました。
これについて、枝野長官は午後6時の記者会見で「午前中の記者会見の時点では、相対的に可能性が高いのは3号機の水蒸気との関連であり、そうだとすると圧 力抑制室の可能性があるのではないかという報告は受けていた。その後、専門家が、その時点で私に入っていなかった情報などに基づいて、2号機の可能性がよ り高いと分析したという報告を受けた」と述べ、現時点では2号機が放射線の数値の急激な上昇の原因とみていることを明らかにしました。
また、枝野官房長官は、1号機と3号機について、「現時点では、冷却がしっかりとなされていると、合理的に推測される外形的なデータになっていると聞いて いる。かなりの期間、安定的に冷却を続けなければいけないので、そのための対応については、さらにしっかり努力していかなければならない」と述べました。
さらに、核燃料を保管するプールの冷却装置が動かなくなっている4号機と同様、点検のために運転を停止している5号機と6号機について、「しっかりと温度管理をして、リスクが生じないよう態勢をとっているという報告を受けている」と述べました。

3月16日 19:53更新

ニュース画像

自衛隊ヘリ 3号機へ投下断念

政府の対策本部からの要請を受けて福島第一原子力発電所の3号機へ水を投下する準備を進めていた自衛隊のヘリコプターは、上空を飛行中の隊員が受ける放射線量が、規定された上限を大幅に超えたことから、16日の作業を断念しました。
福島第一原子力発電所では、16日朝から3号機付近で白い煙のようなものが上がり、東京電力は、3号機の使用済み燃料を保管しているプールが冷却できない状態になって水が蒸発しているとみています。
このため、政府の対策本部では、このままでは燃料が露出してしまうおそれがあるとして、ヘリコプターで上空から水を投下する作業を行うよう自衛隊に要請しました。
これを受けて、仙台市内の霞目駐屯地に展開している陸上自衛隊の第1ヘリコプター団のCH47ヘリコプターが準備を始め、午後4時前、滑走路を離陸しました。
しかし、上空を飛行中の隊員が受ける放射線量が任務中に浴びることを許容されている上限の50ミリシーベルトを大幅に超えたことから、16日の作業を断念しました。
自衛隊が計画している作業は、大量の水を入れた容器を使って3号機の上空を何度も通過しながら水を投下するというものです。
自衛隊は、16日以降、政府の対策本部と調整しながら、作業を行う場合は、上空を飛行中の隊員が受ける放射線量や現場付近の気象状況などを踏まえ、慎重に判断することにしています。
(映像は福島県いわき市沖 18:00撮影)

3月16日 19:12更新

“20キロ 人体影響なし”

枝野官房長官は午後6時に記者会見し、福島第一原子力発電所から20キロ程度離れた地点で文部科学省が測定した放射線の量の数値について、「直ちに人体に影響を及ぼす数値ではない」と述べました。
文部科学省が、福島第一原発の20キロから60キロ離れた福島県内の14か所で、16日午前8時15分から午後2時15分までの間、専用の車両を使って測 定して結果を発表し、いずれも屋外の測定で、最も高かったのは原発から西北西25キロの地点で放射線の量は1時間当たり80マイクロシーベルトといういう 値でした。
これについて、枝野官房長官は「発表された数値は、直ちに人体に影響を及ぼすような数値ではない。専門家の皆さんの概略的な報告では、365日24時間、 この数値の場所にいれば問題が出るかもしれないというレベルの数値であり、数日単位でこうした地域で外で活動しても、人体に影響を及ぼす数字ではない。安 心していただきたい」と述べました。
さらに、枝野長官は、屋内退避が指示されている半径20キロから30キロの地域について、「この地域の中に入ることが人体に影響を及ぼすものではない。過 剰な反応をすることなく、こうした地域の人々に物流でものを届けていただきたい」と述べ、民間業者が通常どおり物資の運搬を行うことに期待を示しました。
そのうえで枝野長官は、国が果たすべき役割について、「屋内退避が長期にわたる場合は、物資の運び入れをすることもあり得る。特に津波で被災した北部地域 の人たちは、買い出しに出ることも難しいと思うので、生活支援に目配りをしなければならない」と述べ、屋内退避をしている人たちへの支援に力を入れていく 考えを示しました。

3月16日 19:08更新

全国の放射線技師 福島に派遣

3月16日 14時42分

福島第一原子力発電所の事故を受けて、日本放射線技師会は、全国の放射線技師を福島県内に派遣して、原子力発電所の周辺から避難してきた人たちの被ばくの有無を調べる検査に当たらせることになり、第1陣として派遣される技師たちの結団式が東京・港区で行われました。

放射線技師の派遣は内閣府の要請を受けて行われ、結団式には北海道や香川県など全国各地から集まっ た11人が出席しました。はじめに、日本放射線技師会の中澤靖夫会長が「被ばくを心配している原子力発電所の周辺住民の方々の心配を一刻も早く取り除いて ほしい」と激励しました。技師たちは、ふだんは医療機関でレントゲン検査などを行っていますが、人体の被ばくや空気中の放射線濃度を調べる専門の技術を 持っています。技師たちは今月21日まで福島県内に滞在し、原子力発電所の周辺から避難してきた住民などが被ばくしていないかどうか調べる検査に当たると いうことです。放射線技師の市川重司さんは「被災者を助けるため、住民の検査だけではなく相談などにも乗っていきたい」と話していました。放射線技師会で は、今後、被災地の自治体などからの要望に応じて、技師を追加派遣することにしています。

福島第一原発で放射線上昇、自衛隊ヘリで消火へ

東日本巨大地震で被災した東京電力福島第一原子力発電所3号機で16日午前8時30分頃、白煙が立ち上っているのが確認された。

白煙は原子炉建屋内の使用済み核燃料一時貯蔵プールからとみられる。これに先立つ午前5時15分頃、4号機の使用済み 核燃料一時貯蔵プール付近でも火災が発生したが、間もなく自然鎮火した。いずれのプールも地震で冷却水の循環が停止しており、周辺の放射線量が極めて高 く、人が近づけない状態だ。冷却水が沸騰して蒸発しているとすれば、大量の放射性物質が外部に飛散している可能性がある。政府は自衛隊のヘリコプターで上 空から消火を行う方向で調整を始めた。

経済産業省原子力安全・保安院によると、発電所正門では、16日午前10時過ぎから放射線量が急激に上がり、10時10分に0・9ミリ・シーベルトだったのが、10時40分には10ミリ・シーベルトまで上昇、作業員が一時退避した。

3号機で確認された白煙について、東電は「プールの水温が上がって沸騰し、水蒸気が立ち上っている恐れがある」と説明している。3号機のプールには、使用済み核燃料棒514本が入っており、冷却水は放射能を帯びている。

枝野官房長官は午前11時過ぎの記者会見で、3号機の原子炉格納容器が破損している可能性について、「現時点の情報では一番可能性が高いと推測される」と述べたが、東電と保安院は否定している。

4号機では783本の核燃料棒を収めたプールの冷却水の循環が停止、15日朝に起きた1回目の火災の前日には、ふだん40度程度の冷却水の温度は 84度まで上昇したことがわかっており、その後、冷却水の蒸発が進んだと考えられる。1回目の火災で、プールと同じ階の原子炉建屋の側壁が崩壊しており、 放射性物質の大気への放出を防げない状態だ。1回目の火災の後、一時は毎時400ミリ・シーベルトという極めて強い放射線量が観測されている。

5号機、6号機にも多数の燃料棒が収まっており、その冷却水の温度も、4号機ほどではないが、高くなっている。

同原発内では度重なる爆発で放射能汚染が広がっており、状況確認や復旧作業は日増しに困難な状態に陥っている。原子炉の状態を監視する運転員も中 央制御室への常駐を避け、不定期にデータを確認に行くのにとどめている。このため、爆発や火災を起こした1〜4号機では、プールの冷却水の温度や水位など を常時監視できない状態が続いている。

(2011年3月16日13時26分  読売新聞)
人工衛星がとらえた福島第一原発。右から1、2、3、4号機。3号機から白い蒸気がもうもうと立ち上がり、2号機の壁に開いた穴からも煙が上がっている(16日午前9時35分撮影)=ロイター/デジタルグローブ社提供
2011.3.16 12:01

15日に撮影された白煙を上げる東京電力福島第1原発3号機(左)。中央奥は4号機(東京電力提供)

【放射能漏れ】

福島4号機、外壁崩壊、がれきの山…東電が写真公開

2011.3.16 12:01

 15日に撮影された白煙を上げる東京電力福島第1原発3号機(左)。中央奥は4号機(東京電力提供)クリックして拡大する

15日に撮影された白煙を上げる東京電力福島第1原発3号機(左)。中央奥は4号機(東京電力提供)

東京電力は16日、福島県の災害対策本部で、福島第1原発4号機の写真を報道各社に公開し た。15日撮影の写真には、4号機の建屋が崩壊し、外壁素材や鉄骨ががれきの山のようになった様子が写っていた。白い煙も立ち上り、深刻な事態が発生した ことがうかがえる。格納容器部分は不鮮明で、どのような状態かは分からない。

東電の担当者は写真を指さし、こわばった表情で状況を説明。「あとで焼き増しし(報道各社に)配ります」と話した。

東日本大震災:福島第1原発事故 南魚沼、放射線値が上昇「健康上問題なし」 /新潟

毎日新聞 – ‎18 分前‎
東日本大震災の被害を受けた東京電力福島第1原発の放射能漏れ事故を受け、県が県内17カ所で行っている放射線測定で、南魚沼 市での15日午後7時現在の測定値が1時間当たり0・570マイクロシーベルトに上昇した。 同4時40分現在では通常値の0・049マイクロ …
福島第1原発からの放射線量、専門家の見解 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

福島第一3号機で格納容器損壊か 4号機では再び火災

2011年3月16日12時8分

東日本大震災で被害を受けた東京電力福島第一原発4号機(福島県大熊町)の原子炉建屋内で、16日早朝に火災が発生した。3号機付近からも白煙が上 がっ ていることが確認された。枝野幸男官房長官は3号機の白煙について「格納容器から放射能を帯びた水蒸気が漏れている可能性が高い」と述べた。2号機に続き 3号機も格納容器が損壊した可能性がある。

4号機は15日に火災が発生し原子炉建屋が破損している。冷却できずに高温になった使用済み核燃料から高濃度の放射性物質が出ている恐れがある。

東京電力によると、16日午前5時45分ごろ、4号機建屋で炎が上がっているのを、見回りに行った社員が見つけた。発電所で同日午前6時15分に再度、発電所が見下ろせる高台から確かめたところ、炎は出ていなかったという。

建屋付近では毎時400ミリシーベルトの高い放射線が計測された。一般の人が1年間に浴びる限度は1ミリシーベルト。人が入って作業するのが難しい状態が続いている。通報を受けた消防隊が午前9時前に到着、消火活動の方法を検討している。

現場は、15日に火災が発生した場所と同じ4号機の建屋にある再循環ポンプ付近。東京電力は15日、建物の外から見た限りでは煙が出ていなかったため自然に鎮火したと発表していたが、建屋内で燃え続けていた可能性もある。

4号機は昨年11月末から定期点検のため運転を停止していた。15日に発生した火災で、鉄筋コンクリート製の原子炉建屋に8メートル四方の穴が二つ開いた。

原子炉建屋内には停止で炉内からいったん取り出した燃料を含め、高温状態の使用済み核燃料が置かれている。核燃料を貯蔵するプールの水は燃料の熱で 蒸発 するので水を供給する必要がある。しかし地震後、外部からの送電や非常時発電機が止まり、水を供給する電源が確保できず蒸発しているとみられる。14日時 点で、プールの水温は84度だったという。

東京電力は米軍に依頼し、16日中にも使用済み燃料の核分裂反応を抑えるためのホウ酸をヘリコプターでまくことを検討している。敷地の外から建屋内に放水車で水をまく方法も検討されている。

東電福島事務所によると、原発の正門では16日午前8時現在、毎時628マイクロシーベルト、福島市では16日午前8時現在、毎時20マイクロシーベルトの放射線が観測された。

米国の民間研究機関・科学国際安全保障研究所(ISIS)は15日、福島第一原発の状況は悪化しており、国際原子力事象評価尺度(INES)で上か ら2 番目の「レベル6(大事故)」に近いとする声明を発表した。過去、最も高いのは「レベル7」と認定された1986年のチェルノブイリ原発事故。(ワシント ン=勝田敏彦)

東日本大震災:福島第1原発3号機 格納容器が損傷か

16日朝、東京電力福島第1原発の3号機から、白煙が立ち上っていることが確認された。枝野幸男官房長官は同日午前の会見で、「3号機の格納容器 が損傷し、放射性物質を含む水蒸気が放出された可能性が高い」と説明した。格納容器の損傷が確認されれば、2号機に続く深刻な事態となる。一方、4号機で は同午前5時45分ごろ、原子炉建屋(たてや)北西部付近から炎が上がっているのを社員が確認した。爆発音などはなかった。消火は確認されていない。【江 口一、酒造唯】

枝野官房長官によると、16日午前8時半前後から3号機付近で白煙が出ていることが確認され、原因を調査している。福島第1原発の正門付近では同 日午前10時すぎ、放射線量が急激に上がった。枝野長官によると「マイクロシーベルト単位から(1000倍の)ミリシーベルト単位に急激に上がった」とい う。現在、必要最小限の作業員以外は退避し、状況を注視している。

一方、東京電力によると、3号機の白煙は15日から出ていたという。

枝野官房長官は3号機の現状について、「一番大きい可能性として、2号機のように、格納容器の一部から放射性物質を含む水蒸気が放出され、煙が出 ていると考えられる」と述べた。ただし、爆発音の報告はなく、16日午前10時54分現在、正門の放射線量は下がりつつある。避難範囲の拡大については、 「急に数値が上がらない限り、現時点では必要ない」との考えを示した。

3号機は、地震による自動停止後、14日に水素爆発が発生、原子炉建屋上部が吹き飛んだ。また、2号機では、14日に冷却機能が喪失し、翌日、原子炉格納容器の一部「圧力抑制プール」が損傷した恐れが出ている。

一方、4号機では、15日朝に同じ場所で爆発と火災が起きた。いったん消火したとされていたが、東電は「消えていなかった可能性が高い」と説明し ている。現場には、自治体消防隊が現地に到着したが、4号機の原子炉建屋周辺では15日夜以降、放射線量が一般の人の年間被ばく限度1ミリシーベルト (=1000マイクロシーベルト)を大幅に上回る1時間あたり100~400ミリシーベルトと高い場所があり、近づくことが難しい。

社員は、中央制御室の電源に使うバッテリーを、中央制御室に運んだ後、4号機から北西に約500メートル離れた災害対策本部のある免震重要棟に戻る際に炎を見つけた。

東電は出火から再出火までの間、全く消火をせず、現場確認もしていなかった。東電は「現場が建屋の高い場所にあり、放射線量が高いため近づけない。使用済み燃料プールに冷却水を注入する作業もあった」と説明している。

また、3号機のトラブルの影響で、計画されていた地上からの放水作業が難航している。

東日本大震災:原発から20キロでも放射線量が高濃度

福島第1原発から北西に約20キロ離れた福島県浪江町内の放射線量が、人間が屋外で1年間に浴びても健康に影響が出ないとされる放射線量限度の 2233~2890倍に当たる1時間当たり255~330マイクロシーベルトに達していることが、文部科学省の調査で分かった。浪江町内には介護施設など に避難できない住民が多数いるとの情報もあり、文科省は「問題がある数値で官邸に報告した」と説明した。

調査は15日午後8時40分~同50分にかけ、同町内3地点で計測機器を積んだ「モニタリングカー」を使って実施した。その結果1時間当たりの放 射線量は、19キロ離れた場所で車外255マイクロシーベルト、車内223マイクロシーベルト▽20キロ離れた場所で車外270マイクロシーベルト、車内 220マイクロシーベルト▽21キロ離れた場所で車外330マイクロシーベルト、車内300マイクロシーベルト--となった。

文科省によると通常の生活で1年間に浴びても健康に影響が出ないとされる放射線量は1000マイクロシーベルト、同町内の数値は屋外にいると3時 間前後で限度に近付くことになる。屋内でも車内に近い数値が計測されることも予想され、文科省は16日から「測定者の健康に被害が出ない範囲で計測を続け る」としているが、住民の健康被害については「枝野幸男官房長官からコメントするなと指示があった」と説明している。【篠原成行】

写真をクリックすると次の画像がご覧いただけます

東日本大震災:ホウ酸支援を韓国に要請 原発の核分裂抑制

【ソウル西脇真一】聯合ニュースは16日、東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発のトラブルに対処するため、日本から韓国にホウ酸52トンの支援要請があったと報じた。ホウ酸には核分裂を抑える効果がある。

韓国知識経済省によると、関西電力から15日にホウ酸の支援要請があった。韓国政府は在庫分を緊急に日本へ送る方針だ。16日朝に2度目の火災が発生した同原発4号機に対し、ヘリで上空からホウ酸を散布することも検討されている。

【関連記事】

東電「3号機からの蒸気では」 福島第1の白煙
「使用済み燃料プールから出ている」

2011/3/16 11:23

東京電力は16日午前10時半ごろからの記者会見で、福島第1原子力発電所で発生している白い煙について「詳細を確認中だが、3号機から 蒸気が出ているのではないか」と説明した。「蒸気は使用済み燃料プールから出ている可能性がある」としており、放射性物質が外部に出てしまう危険性もあ る。

使用済み燃料プールでは、原子炉からとりだした燃料を水中で保管している。燃料の温度を下げるために冷却を続ける必要があるが、冷却機能が停止しプール内の温度が上昇すると、水が蒸発する。今回発生している白い煙は、この水蒸気である可能性があるという。

水が蒸発してプールの水位が下がると、燃料が露出し、一部が破損して放射性物質が出る可能性がある。3号機では、地震発生後の水蒸気爆発で建屋の上部が崩壊しており、放射性物質が外部に出ていく危険性がある。

3号機の使用済み燃料プールにある燃料は集合体数で514体。最近では2010年6月18日まで使用されていた燃料が入っており、最も短い場合でも地震発生までの約9カ月間、冷却されていたという。

IAEA、来週にも日本に支援チーム派遣へ

< 2011年3月16日 11:04 >

IAEA(=国際原子力機関)・天野事務局長は15日、日本からの要請を受けて、早ければ来週にも放射能レベルをモニターする支援チームを派遣する意向を明らかにした。

天野事務局長は会見で、原発事故の支援調整チームがIAEA内で発足したと述べた。支援する内容の精査を急ぎ、事故の規模拡大で懸念される放射能レ ベルの モニターなどの支援から着手することになるとしている。そして、まず少人数の専門家と連絡係をIAEAから日本に送る意向を示した。

加盟国からも支援に協力するという申し出があるため、各国間の調整も行うという。

日本政府関係者は今後、速やかに派遣を受け入れることになる省庁や自治体と調整を進め、早ければ来週にもIAEAの専門家が派遣されれば、と話している。

3/16 03:32
福島第一原発、16日は強い北西風の見込み
3/16 11:12
福島第一原発4号機で再び火災、鎮火かMOVIE
3/16 10:40
福島第一原発の建物から煙、状況を報告MOVIE
3/16 10:16
福島第一原発の建物から白い煙MOVIE
3/16 09:24
福島原発4号機建物から炎を確認、東電会見MOVIE
3/16 08:28
送電線設置し、炉心冷却装置の復旧目指す
3/16 07:52
福島第一原発、燃料棒の損傷拡大の可能性MOVIE
3/16 06:46
福島第一原発4号機建物から炎~東電社員MOVIE
3/16 02:12
福島原発4号機、建屋内で水素爆発の可能性
3/16 02:11
福島原発4号機、ヘリによる注水を検討MOVIE
3/16 01:27
東京電力の「計画停電」の問題点を聞くMOVIE

福島第1原発2号機で爆発音  放射能漏れが拡大

(2011年3月15日午前11時01分)

 米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)が公表した、14日に撮影された福島第1原発の衛星写真。(矢印下から順に)12日の爆発で建屋が損傷した1号機、15日に爆発が確認された2号機、14日の爆発で建屋が損傷した3号機。上は4号機(デジタルグローブ・ISIS提供・共同)

米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)が公表した、14日に撮影された福島第 1原発の衛星写真。(矢印下から順に)12日の爆発で建屋が損傷した1号機、15日に爆発が確認された2号機、14日の爆発で建屋が損傷した3号機。上は 4号機(デジタルグローブ・ISIS提供・共同)

経済産業省原子力安全・保安院は15日、東京電力福島第1原発2号機で午前6時15分ごろ、原子炉格納容器の圧力抑制プールという設備付近で爆発音があり、プールが損傷したもようだと発表した。外部へ広範囲に放射性物質が漏れたとみられる。

同原発正門で、午前8時31分に毎時8217マイクロシーベルトの放射線量を検出した。一般人の年間被ばく線量限度の約8倍。

菅直人首相は、政府と東電が一体となって対処するため、統合対策本部を立ち上げた。

格納容器の放射性物質閉じ込め機能が損なわれた。2号機の原子炉建屋も、隣接する3号機で14日に起きた水素爆発で損傷しており、閉じ込め機能が次々と失われ、外部への拡散が懸念される深刻な状況となった。

東電は「放射線量が急激に上がる可能性がある」として、炉心への注水作業などに必要な人以外を一時的に退避させた。周辺住民の避難範囲について「データの変化次第では、広げることを検討する余地がある」としている。

茨城県東海村の東京大の研究施設で15日朝、1時間当たり5マイクロシーベルトの放射線量が検出され、法に基づき国に通報した。北からの風が吹いており、福島第1原発事故の影響とみられる。

東電は今後、燃料の大半が溶けるメルトダウン(全炉心溶融)について「燃料の損傷がある。起きる可能性は否定できない」とした。

保安院によると、爆発音の後、プール内の圧力が通常の3気圧から1気圧に下がり、損傷があると判断した。

核燃料が入っている原子炉圧力容器に海水を注入する作業は続けており、燃料が全露出していた状態から回復。燃料の下から1・2メートルまで水に漬かる高さになった。

2号機は東日本大震災で11日に自動停止。14日に原子炉の冷却機能が失われ、原子炉の水位が急低下、核燃料が2度にわたり水面から完全に露出した。東電は15日午前1時10分、原子炉圧力容器の蒸気逃し弁を開け、海水の注入作業を再開した。

緊急事態宣言が出ていた福島第2原発4号機は、安定的な「冷温停止」状態になった。

Tuesday, March 15, 2011

福島第一原発4号機出火

東京電力は、午前9時38分ごろ、福島第一原子力発電所4号機の原子炉がある建物
4階の北西部付近で出火を確認したということです。
福島第一原子力発電所から半径 20km 圏内の住民の方は避難してください。
福島第二原子力発電所から半径 10km 圏内の住民の方は避難してください。
福島第一原発から半径 20km 圏の住民に対して、すでに避難指示が出ていますが、
半径 20km 〜 30km 圏にいる住民には、屋内退避指示が出ています。

避難指示および屋内退避指示区域地図

津波警報等は解除されましたが、海の近くで活動する方は余震による津波を常に
警戒し、無線やラジオを常時聞く、避難路を確保するなど、十二分に注意してください。
政府の最新の対応状況については
東北地方太平洋沖地震への対応」(首相官邸ホームページ)をご覧ください。
官邸において発表された情報が、順次掲載されています。
内閣官房内閣広報室
東京都千代田区永田町1-6-1

北茨城で放射線量上昇 茨城県が発表

2011年3月15日9時15分

茨城県は15日未明、福島との県境の北茨城市で測定している大気中の放射線量が午前0時20分から上昇を始めた、と発表した。午前5時50分には1 時間 あたり5575ナノグレイに達した。県原子力安全対策課によると、この値は胸部レントゲン1回で浴びる放射線量5万ナノグレイの約10分1にあたり、健康 に影響はないとみられるという。

値は上昇と下降を繰り返している。県は、東京電力福島第一原発の爆発で放出された放射性物質が風で運ばれてきた可能性が高いとみており、「今後の見通しは全く分からない」としている。

福島原発4号機火災、燃料漏れ出す恐れも

2011年3月15日13時42分

東日本大震災で被害を受けた東京電力福島第一原子力発電所(福島県大熊町、双葉町)の2号機で15日午前6時14分ごろ、爆発音があった。経済産業 省原 子力安全・保安院に東京電力が報告した。格納容器につながる圧力抑制室が損傷した可能性があり、放射性物質の閉じこめ機能が失われた可能性がある。一方、 地震前から停止中の4号機の原子炉建屋も損傷し、火災が発生した。建屋に保管中の使用済み燃料の冷却ができなくなった可能性があり、燃料が損傷して漏れ出 す可能性が出てきた。鎮火したが、付近の放射線量は急上昇した。消火には米軍も協力した。

東電は、注水作業に直接関わらない作業員や社員を、原発の外に退避させることを明らかにした。第一原発全体で50人の作業員が残るという。

保安院によると、圧力抑制室(サプレッションプール)は格納容器の下部にあり、冷却水が張られた設備。原子炉圧力容器内の蒸気を送り込んで冷やし、水に戻して圧力容器内の圧力上昇を抑える。緊急炉心冷却システム(ECCS)の水源にもなる。

2号機は爆発音がした後、圧力抑制室の気圧が通常の3気圧から、大気圧とほぼ同じ1気圧まで急低下した。このため、穴が開き、外気と通じるようになった可能性が高いという。圧力抑制室内にある、放射性物質が高い濃度で含まれる水や蒸気が外気に漏れ出した可能性がある。

2号機では14日になって炉心を冷やす水を循環させる仕組みが働かなくなった。原子炉内の水位が下がり、燃料棒全体がすべて露出。14日夕に2時間 20 分間、さらに14日深夜から6時間半にわたり空だき状態が続き、炉心溶融が否定できない状態になっていた。爆発音の後、水位はやや回復したが、燃料の一部 が露出した状態が続いている。

爆発音の原因は不明で、1、3号機と同様に原子炉内で発生した水素が爆発した可能性もある。また、溶けた燃料が下部の水に落ち、水蒸気爆発を起こし た可能性も否定できないという。ただし、圧力抑制室と通じる格納容器の圧力には変化がなく、大きく破損していない可能性も残るという。圧力抑制室が破損し ていたとしても、破損部分が上 部であれば、これまでに実施した蒸気の放出と同様の状態にとどまる。下部が破損していると、放射性物質を含む水が漏れ出すおそれがある。

〈シーベルト〉放射線を浴びた時の人体への影響を表す単位。放射線にはいくつもの種類があり、人に対する影響度は違う。それを共通の尺度で測るため の単 位だ。人は世界平均で、普段の生活でも年間2.4ミリシーベルトの放射線を浴びている。1時間あたりに直すと0.274マイクロシーベルトだ。胸部のCT スキャンの1回の放射線量は6.9ミリシーベルト。一度に大量の放射線を浴びた方が体へのダメージは大きい。業務に従事する人の年間上限は50ミリシーベ ルト。約500ミリシーベルトでリンパ球が減り、1000ミリシーベルトで吐き気や嘔吐(おうと)の症状が出てくる。

放射性物質 東京など微量観測

3月15日 14時14分

福島第一原子力発電所からは、原子炉の圧力を下げるための作業などにより、周辺に放射性物質が放出され、東京などでも微量の放射性物質が観測されていますが、いずれも健康に影響が出るレベルの数値ではないということです。

福島第一原子力発電所から40キロ余り離れたいわき市では、15日午前4時に、1時間当たり 23.72マイクロシーベルトと、通常の470倍に当たる放射線の量を観測しましたが、その2時間後には、通常のおよそ80倍の、毎時3.94マイクロ シーベルトまで下がりました。南に110キロ余り離れた茨城県東海村では、午前7時46分に、放射線の値が毎時5マイクロシーベルトを観測したため、国に 対して「異常事態」を通報をしましたが、正午現在の放射線量は、微量の、1時間当たり2マイクロシーベルトになっています。いずれも、直ちに健康に影響が 出るレベルの数値ではないということです。東京都や神奈川、千葉、埼玉、栃木の各県でも、早朝を中心に通常の数倍から数十倍程度の放射線量を観測しました が、いずれも直ちに健康に影響が出るレベルではないということです。東京都ではヨウ素やセシウムなどの放射性物質も観測されたということです。これらの地 域で計測された1時間当たりの放射線の量は、高い数値でも一般の人が年間に浴びても許容されるレベルの100分の1以下で、それぞれの自治体ではいずれも 直ちに健康に影響が出る数値ではないとしています。宮城、山形、秋田、青森の東北地方の各県や、新潟県、群馬県では、放射線の数値に大きな変化は見られな いということです。放射線医療が専門の東京大学医学部の中川恵一准教授は、「福島の原子力発電所から漏れ出たものだと考えられ、都内でも検出されることは 十分ありえることだ。ただ、量は極めて微量なので健康への影響は全くない。今の状況であれば、今後も健康に影響が出るレベルに達するとは考えにくいので、 安心してほしい」と話しています。

20キロ圏内の住民 避難完了

警察庁によりますと、避難指示が出されている福島第一原子力発電所から半径20キロ圏内の住民について、15日午前中にすべて避難が完了したということです。
福島第一原子力発電所の周辺では、福島県警と、警視庁から派遣された警察の応援部隊、それに自衛隊が住民の避難誘導に当たってきました。
このうち警察は、徹夜で活動に当たった結果、自力で避難できない病院の入院患者や老人介護施設の入所者などあわせて450人を、バスなどで県内の別の場所に移し終えました。
最後まで残っていた別の病院の入院患者など96人も、15日午前中に自衛隊のヘリコプターで避難し、これで20キロ圏内の住民すべての避難が完了したということです。
警察庁は、半径20キロから30キロの範囲の住民について、引き続きパトカーなどで屋内に退避して窓を開けないよう呼びかけています。

3月15日 15:40更新

ニュース画像

20〜30キロ 屋内退避指示

福島第一原子力発電所では、敷地内で放射線の量が人の健康に影響を及ぼす程度まで増えていて、政府はこれまでより影響が広がるおそれがあるとして、新たに原発から半径20キロ以上30キロ以内の範囲に住む人に屋内退避を指示しました。
福島第一原子力発電所では、15日午前6時すぎ、2号機で原子炉が入っている格納容器の圧力を調整する圧力抑制室=サプレッションプールと呼ばれる設備の 付近で爆発があり、地震発生当時、定期検査中だった4号機でも、15日朝、これまで1号機と3号機で起こったような水素爆発が起きたとみられています。
福島第一原子力発電所に設置されたモニタリングポストでは、午前10時22分の時点で1時間当たりの値が3号機付近で400ミリシーベルト、4号機付近で100ミリシーベルト、2号機と3号機の間で30ミリシーベルトが観測されています。
これらの値は、その場所にいると人の健康に影響を及ぼす可能性のある数値です。
政府は放射線の値は距離が離れるほど下がるとしていますが、これまでより影響が広がるおそれがあるとして、新たに福島第一原子力発電所から半径20キロ以上30キロ以内の範囲に住む人に屋内退避を指示しました。
菅総理大臣は、午前の記者会見で「今後の原子炉の状況を考えると、外出をしないで、自宅や事務所などの屋内に退避することをお願いしたい」と呼びかけました。

3月15日 12:19更新

放射性物質観測 健康影響なし

福島第一原子力発電所からは、原子炉の圧力を下げるための作業などにより、周辺に放射性物質が放出され、東京などでも微量の放射性物質が観測されていますが、いずれも健康に影響が出るレベルの数値ではないということです。
福島第一原子力発電所から40キロ余り離れたいわき市では、15日午前4時に、1時間当たり23.72マイクロシーベルトと、通常の470倍に当たる放射線の量を観測しましたが、その2時間後には、通常のおよそ80倍の、毎時3.94マイクロシーベルトまで下がりました。
南に110キロ余り離れた茨城県東海村では、午前7時46分に、放射線の値が毎時5マイクロシーベルトを観測したため、国に対して「異常事態」を通報をしましたが、正午現在の放射線量は、微量の、1時間当たり2マイクロシーベルトになっています。
いずれも、直ちに健康に影響が出るレベルの数値ではないということです。
東京都や神奈川、千葉、埼玉、栃木の各県でも、早朝を中心に通常の数倍から数十倍程度の放射線量を観測しましたが、いずれも直ちに健康に影響が出るレベルではないということです。
東京都ではヨウ素やセシウムなどの放射性物質も観測されたということです。
これらの地域で計測された1時間当たりの放射線の量は、高い数値でも一般の人が年間に浴びても許容されるレベルの100分の1以下で、それぞれの自治体ではいずれも直ちに健康に影響が出る数値ではないとしています。
宮城、山形、秋田、青森の東北地方の各県や、新潟県、群馬県では、放射線の数値に大きな変化は見られないということです。 放射線医療が専門の東京大学医学部の中川恵一准教授は、「福島の原子力発電所から漏れ出たものだと考えられ、都内でも検出されることは十分ありえること だ。ただ、量は極めて微量なので健康への影響は全くない。今の状況であれば、今後も健康に影響が出るレベルに達するとは考えにくいので、安心してほしい」 と話しています。

3月15日 14:35更新

ニュース画像

4号機火災で放射線数値上昇か

枝野官房長官は、記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の周辺の放射性物質の濃度について、「身体に影響を及ぼす可能性のある数値であることは間違いない」と述べるとともに、4号機で発生した火災が原因ではないかという見方を示しました。
この中で、枝野官房長官は、地震が発生したときには休止していた福島第一原子力発電所の4号機の建物で、火災が発生したことを明らかにしたうえで、「4号 機の中には、使用済み核燃料があり、それが熱を持って水素が発生し、1号機や3号機と同じように水素爆発が起きているものと推測している。4号機は建屋に 覆われた状態でなくなったため、放射性物質が大気中に排出される状況になっている。なんとか火災を早期に鎮火させ、使用済み核燃料の冷却を進めることで、 事態を収束させたい」と述べました。
そのうえで、福島第一原子力発電所の周辺の放射性物質の濃度について、「10時22分の時点でモニタリングしたところ、2号機と3号機の間で30ミリシー ベルト、3号機付近が400ミリシーベルト、4号機付近が100ミリシーベルトと、従来のマイクロシーベルトとは単位が1つ異なっている。身体に影響を及 ぼす可能性のある数値であることは間違いない」と述べました。
さらに、枝野長官は「断定はできないが、4号機の爆発で、高い数値が出ているのではないかと思われる」と述べ、4号機で発生した火災が放射線数値の上昇の原因ではないかという見方を示しました。

3月15日 12:28更新

全国放射線データ 毎日公表へ

高木文部科学大臣は、閣議のあとの記者会見で、全国の都道府県に対し各地で計測している放射線のデータを、1日に2回以上、文部科学省に報告するよう指示したことを明らかにするとともに、文部科学省で取りまとめて公表する方針を示しました。
この中で、高木文部科学大臣は、福島第一・第二原子力発電所の近くで、通常より高い放射線の量が測定されたことを受け、全国の都道府県に対し、各地のモニ タリングポストで環境調査のために計測している放射線のデータを、1日に2回以上報告するとともに、通常の数値を超える値が検出された場合には、特に速や かに知らせるよう指示したことを明らかにしました。そのうえで、高木大臣は「文部科学省としては、その数字を1日2回以上発表する予定だ」と述べ、文部科 学省が全国の都道府県の結果を取りまとめて公表する方針を示しました。文部科学省によりますと、早ければ、15日から公表を始めたいとしています。

3月15日 14:00更新

ニュース画像

屋内退避対象にいわき市と飯舘村

枝野官房長官は記者会見で、屋内退避の対象となる自治体として、これまで避難指示の対象だった10の市町村に加えて、いわき市と飯舘村が含まれることを明らかにしました。
福島第一原発から半径20キロ以内、または福島第二原発から半径10キロ以内で、避難指示の対象となっていた自治体は、南相馬市、葛尾村、浪江町、双葉町、大熊町、川内村、田村市、富岡町、楢葉町、広野町の10の市町村です。
半径30キロ以内には、この10市町村に加えて、いわき市と飯舘村が新たに加わります。

3月15日 12:39更新

福島第一4号機 火災消える

福島第一原子力発電所の4号機では、15日午前、格納容器の中にある使用済みの核燃料を保管するプールで火災が発生し、東京電力によりますと火災は消えたということです。
4号機では、原子炉のある建物で屋根付近に損傷が見つかったほか、使用済みの核燃料を保管するプールの温度が上がっているという情報もあり、東京電力が状況を確認しています。
東京電力によりますと、福島第一原発の4号機では、午前9時38分ごろ、原子炉がある建物の4階の北西部付近で出火を確認しました。
火災は、その後消えたということです。
4号機では、出火の確認の前に、爆発音のあと、原子炉のある建物で屋根付近に損傷が見つかっているほか、格納容器の中にある使用済みの核燃料を保管するプールの温度が、通常の40度から84度に上がっているという情報があるということです。
東京電力は、「4号機では水素爆発が起きたとみられるが、火災との関係など詳しいことは分からない」と話しています。
4号機の火災を巡っては、枝野官房長官が午前11時すぎからの記者会見の中で、「4号機については火災が起きている。原子炉は地震のあと止まっているが、 プールに保管されている使用済み核燃料が熱を持っていることから水素が発生している。これまで1号機と3号機で起こったような水素爆発が起きたと推察され る」と述べ、4号機でも水素爆発が起きたという見方を示しています。

3月15日 12:37更新

新たな屋内退避 13万人余

福島県によりますと、新たに屋内退避の指示が出された地域に住む住民はおよそ13万6000人で、この地域の避難所にはこれまでの避難指示で4000人が避難しているということです。

3月15日 12:44更新

福島第一原発、高い数値の放射線検出
15日午前6時過ぎ、東京電力・福島第一原発の2号機で爆発があり、原子炉を覆う格納容器の一部が破損された可能性が出てきました。4号機でも火災が発生し、周囲からは人体に影響を及ぼす400ミリシーベルトという高い数値の放射線が検出されました。
東京電力や原子力安全保安院によりますと、午前6時14分ごろ、福島第一原発2号機で爆発音があり、「圧力抑制室」という内部の圧力を抑制するための設備の気圧が急激に低下しました。「圧力抑制室」は原子炉を覆う格納容器につながるものです。

さらに午前9時半頃、福島第1原発の4号機で火災が確認されました。枝野官房長官は午前11時過ぎの記者会見で、「午前10時22分頃に3号機付近 で最大400ミリシーベルトの放射線量を観測した」と発表しました。「従来の『マイクロ』と単位が1つ違う。身体に影響を及ぼす可能性のある数値であるこ とは間違いない」(枝野官房長官)1ミリシーベルトは1000マイクロシーベルトにあたり、一般には250ミリシーベルトで、吐き気やめまい、髪の毛が抜 けるなどの影響が起きるとされています。枝野官房長官は、原子力発電所から20キロ以内の住民には避難を指示したほか、20キロから30キロ離れた場所の 住民には建物の中に退避するよう指示しました。

東京電力によりますと、4号機の火災は午前11時頃に鎮火を確認したということですが、けが人がいるかどうかについては、まだ情報は入ってきていません。(15日13:11)

福島第一原発4号機で火災−官房長官会見

掲載日 2011年03月15日 11時40分
枝野幸男官房長官は会見で、福島第一原子力発電所4号機で現在火災が起こっていることを明らかにした。11日 の震災時には休止中で原子炉内に核燃料はなかったが、使用済み核燃料があり、それが何らかの原因で熱を持ち、水素が発生して水素爆発が起こったと考えられ るという。その上で枝野長官は「使用済み核燃料そのものが火災になることはない」として、「消火作業と核燃料の冷却に取り組み、事態を沈静化させたい」と 語った。
一方で、同1号機、同2号機、同3号機については3機とも注水作業が順調に進んでおり、「冷却の効果が出ている」という。ただ、「火災を起こしている4号機との関係で(注水による冷却効果を)どう持続させていくかが課題だ」とした。
10時22分現在の同原発敷地周辺の放射線量は、2号機と3号機との間で毎時30ミリシーベルト、3号機で400ミリシーベルト、4号機で100ミリ シーベルト。これまでの数値が1000マイクロ−2000マイクロシーベルトだったのに比べて、大幅に数値が上昇している。同長官は「身体に影響を及ぼす 数値であるが、距離が遠ければ落ちていく」とし、同原発から20−30キロメートル圏内の住民は外出せず、建物内部

福島原発4号機火災、燃料漏れ出す恐れも

2011年3月15日13時42分

東日本大震災で被害を受けた東京電力福島第一原子力発電所(福島県大熊町、双葉町)の2号機で15日午前6時14分ごろ、爆発音があった。経済産業 省原 子力安全・保安院に東京電力が報告した。格納容器につながる圧力抑制室が損傷した可能性があり、放射性物質の閉じこめ機能が失われた可能性がある。一方、 地震前から停止中の4号機の原子炉建屋も損傷し、火災が発生した。建屋に保管中の使用済み燃料の冷却ができなくなった可能性があり、燃料が損傷して漏れ出 す可能性が出てきた。鎮火したが、付近の放射線量は急上昇した。消火には米軍も協力した。

東電は、注水作業に直接関わらない作業員や社員を、原発の外に退避させることを明らかにした。第一原発全体で50人の作業員が残るという。

保安院によると、圧力抑制室(サプレッションプール)は格納容器の下部にあり、冷却水が張られた設備。原子炉圧力容器内の蒸気を送り込んで冷やし、水に戻して圧力容器内の圧力上昇を抑える。緊急炉心冷却システム(ECCS)の水源にもなる。

2号機は爆発音がした後、圧力抑制室の気圧が通常の3気圧から、大気圧とほぼ同じ1気圧まで急低下した。このため、穴が開き、外気と通じるようになった可能性が高いという。圧力抑制室内にある、放射性物質が高い濃度で含まれる水や蒸気が外気に漏れ出した可能性がある。

2号機では14日になって炉心を冷やす水を循環させる仕組みが働かなくなった。原子炉内の水位が下がり、燃料棒全体がすべて露出。14日夕に2時間 20 分間、さらに14日深夜から6時間半にわたり空だき状態が続き、炉心溶融が否定できない状態になっていた。爆発音の後、水位はやや回復したが、燃料の一部 が露出した状態が続いている。

爆発音の原因は不明で、1、3号機と同様に原子炉内で発生した水素が爆発した可能性もある。また、溶けた燃料が下部の水に落ち、水蒸気爆発を起こした可能性も否定できないという。

ただし、圧力抑制室と通じる格納容器の圧力には変化がなく、大きく破損していない可能性も残るという。圧力抑制室が破損していたとしても、破損部分 が上 部であれば、これまでに実施した蒸気の放出と同様の状態にとどまる。下部が破損していると、放射性物質を含む水が漏れ出すおそれがある。

〈シーベルト〉放射線を浴びた時の人体への影響を表す単位。放射線にはいくつもの種類があり、人に対する影響度は違う。それを共通の尺度で測るため の単 位だ。人は世界平均で、普段の生活でも年間2.4ミリシーベルトの放射線を浴びている。1時間あたりに直すと0.274マイクロシーベルトだ。胸部のCT スキャンの1回の放射線量は6.9ミリシーベルト。一度に大量の放射線を浴びた方が体へのダメージは大きい。業務に従事する人の年間上限は50ミリシーベ ルト。約500ミリシーベルトでリンパ球が減り、1000ミリシーベルトで吐き気や嘔吐(おうと)の症状が出てくる。

MOX燃料のプルトニウムは吸い込むと肺に長くとどまり肺ガンになります。アメリカ疾病予防管理センターCDC)

Radioisotope Brief: Plutonium

Plutonium-238 (Pu-238)
Half-life:
87.7 years

Plutonium-239 (Pu-239)
Half-life:
24,110 years

Plutonium-240 (Pu-240)
Half-life:
6,564 years

Mode of decay: Alpha particles

Chemical properties: Solid under normal conditions, plutonium can form compounds with other elements.

What is it used for?

Plutonium-238 generates significant heat through its radioactive decay process, which makes it useful as a heat source for sensitive electrical components in satellites, as a well as a power source (for example, battery power) for satellites. Plutonium-239 is used to make nuclear weapons. Pu-239 and Pu-240 are byproducts of nuclear reactor operations and nuclear bomb explosions.

Where does it come from?

Plutonium is created from uranium in nuclear reactors. It is a by-product of nuclear weapons production and nuclear power operations.

What form is it in?

Plutonium is a solid material that is fashioned into rods for use in nuclear reactors and into ceramic ?buttons? for use in satellite systems.

What does it look like?

Plutonium is a silvery-gray metal that becomes yellowish when exposed to air. Most plutonium in the environment is in the form of microscopic particles that are the remnants of nuclear weapons testing and nuclear reactor accidents.

How can it hurt me?

Because it emits alpha particles, plutonium is most dangerous when inhaled. When plutonium particles are inhaled, they lodge in the lung tissue. The alpha particles can kill lung cells, which causes scarring of the lungs, leading to further lung disease and cancer. Plutonium can enter the blood stream from the lungs and travel to the kidneys, meaning that the blood and the kidneys will be exposed to alpha particles. Once plutonium circulates through the body, it concentrates in the bones, liver, and spleen, exposing these organs to alpha particles. Plutonium that is ingested from contaminated food or water does not pose a serious threat to humans because the stomach does not absorb plutonium easily and so it passes out of the body in the feces.

For more information about plutonium, see the Public Health Statement by the Agency for Toxic Substances and Disease Registry at http://www.atsdr.cdc.gov/toxpro2.html, or visit the Environmental Protection Agency at http://www.epa.gov/rpdweb00/radionuclides/plutonium.html.

For more information on protecting yourself before or during a radiologic emergency, see CDC’s fact sheet titled ?Frequently Asked Questions (FAQs) About a Radiation Emergency? at emergency.cdc.gov/radiation/emergencyfaq.asp, and ?Sheltering in Place During a Radiation Emergency,? at emergency.cdc.gov/radiation/shelter.asp.

For information about possible countermeasures for internal contamination with plutonium, please see CDC’s fact sheet on DTPA.


プルトニウムの毒性はアルファ線によるもの。吸いこんだ場合に、大きな影響が出る。
プルトニウムが放出するアルファ線は、短い距離しか体内を透過しない。飲みこんだ場合は、ほとんど排泄されてしまう。しかし、吸いこんでしまうと長い間、肺に付着し、徐々に血液中に入る。

■放射線の毒性
プルトニウムの毒性には、放射線の毒性と化学的な毒性が考えられる。
放射線の毒性は、プルトニウムが放出するアルファ線によるもので、このアルファ線は人体の中を極めて短い距離しか透過しない(組織の中で約40ミクロ ン、骨では約10ミクロン)。 この短い距離の間に、アルファ線は細胞や組織、器官に全部のエネルギーを与え、それらの機能を損なわさせる。プルトニウム 1g当たりの放射能の強さは、同じようにアルファ線を放出するウランに比べてかなり高くなるので、放射線の毒性も強くなる。
プルトニウムは、半減期が長いことも毒性に関係している。一番存在量の多いプルトニウム239の半減期は、約2万4000年で、長い間にわたってアル ファ線を出し続けている。しかし、人体は異物を排除する排泄機能があるから、プルトニウムを体内に取り込んでも一生体内にとどまっているわけではない。プ ルトニウムが体内にとどまる時間を表す生物学的半減期は、骨では50年、肝臓で20年と評価されている。
■化学的な毒性
プルトニウムは、ウランと同様に腎臓に対する化学的な毒性が考えられる。しかし、化学的な毒性は放射線の毒性よりもはるかに小さいと考えられている。

■ほとんど排泄される経口摂取

プルトニウムは無傷の皮膚からは体内に吸収されない。傷があると、そこから侵入し、比較的長い時間その場所にとどまり、ゆっくりとその部分のリンパ節に集まる。また、血液の中に入ったものは、肝職や骨に付着する。
プルトニウムが体内に取り込まれるのに、飲食物などを介して口から入る(経口接取)か、呼吸を通して吸入される(吸入摂取)かの二通りが考えられる。
飲み込んだプルトニウムは、消化管にほとんど吸収されずに排泄されてしまう。消化管から吸収される割合は、年齢や化合物の種類で異なり、大人の場合、酸化プルトニウムで約0.001%、硝酸プルトニウムで約0.01%とごくわずかである。
■肺に付着する吸入摂取
一番影響が大きいのは吸い込んだ場合だ。吸い込まれたプ ルトニウムは、長い間、肺に付着する。しかし、人体は、器官に生えている繊毛という毛がチリなどの異物をつかまえ、粘液と一緒に食道に送り排泄するメカニ ズムを持っている。吸い込まれたプルトニウムもこの働きによって体外へ排泄されるから、肺に付着するのは4分の1程度。肺に付着したプルトニウムは、徐々 に血液の中に入り、リンパ節や肝臓、骨などに集まり、排泄されずに長くとどまる。
※生物的半減期
体の中に存在する放射性物質が排泄機能によってその半分が排泄されるまでの時間のこと。

毒性

プルトニウムの同位体および化合物はすべて放射性で有毒である。化学毒性についてはウランに準ずると考えられているが[7]、その化学毒性が現れるよりもはるかに少ない量で放射線障害が生じると予想されるため、化学毒性のみでプルトニウムの毒性を論ずることはできない[8][9]。プルトニウムのような不溶性の化合物は腸で吸収されないが、そういった論とは無縁である。

プルトニウムは重金属の仲間であることから、ウランと同様に腎臓への障害が予想され、その大きさは鉛と同程度と推定される(鉛はプルトニウムよりも人類に馴染みのある元素だが相当に有害な物質でもある。詳しくはまたはテトラエチル鉛を参照)。また、ランタノイド元素とアクチノイド元素の同じ順番にある元素は互いに似ている傾向があることから、プルトニウムはランタノイドで同じ順番にあるサマリウムと似ていると考えられている。

プルトニウムの毒性は既知の毒物の中でも最悪レベルで、「角砂糖5個分で日本が全滅」するという指摘がある[10]。これについて、電気事業連合会は事実誤認だとする[11]

プルトニウムと人体

プルトニウムを嚥下し消化管に入った場合、そのおよそ0.05%程度が吸収され、残りは排泄される[12]。吸収されたプルトニウムは、骨と肝臓にほぼ半々の割合で蓄積される。皮膚との接触については、傷が無い限り吸収されない。

最も重要な取り込み経路は、空気中に粒子状になったプルトニウムの吸入である。気道から吸入された微粒子は、大部分が気道の粘液によって食道へ送り 出されるが、残り(4分の1程度)が肺に沈着する。沈着した粒子は肺に留まるか、胸のリンパ節に取り込まれるか、あるいは血管を経由して骨と肝臓に沈着す る[13]

プルトニウムは一度吸収されると体外へ排出されにくいのが特徴である。生物学的半減期はウランやラジウムと比べても非常に長く、骨と肝臓でそれぞれ20年と50年である。吸収線量あたりの有害さは核種や同位体によらずラジウム等と同程度であるが、プルトニウムの扱いに特に注意が必要なのは、まさに排出されにくいという特徴によるものである。

プルトニウムは人体には全く不必要な元素である。毒性の強い元素の中には必須ミネラルで微量は人体にとっても必要なものもあるが(例:ヒ素セレン)、プルトニウムは必須ミネラルでさえない。

MOX燃料モックスねんりょう)とは混合酸化物燃料の略称であり、使用済み燃料中に含まれるプルトニウム再処理により取り出し、二酸化プルトニウム(PuO2)と二酸化ウラン(UO2)とを混ぜたものである。 主として高速増殖炉の燃料に用いられるが、既存の軽水炉用燃料ペレットと同一の形状に加工し、核設計を行ったうえで適正な位置に配置することにより、軽水炉のウラン燃料の代替として用いることができる。これをプルサーマル利用と呼ぶ。MOXとは(Mixed OXide)の頭文字を採ったものである。

NHK
  • 東電:福島第一原発3号機でMOX燃料が再び露出-海水注入(3)‎ – 1 日前
    3月13日(ブルームバーグ):東京電力の福島第一原子力発電所3号機でMOX燃料が再び露出した。注水で同11時半に水面下となったが、午後零時30分にMOX燃料が再び露出したため、ホウ酸水を注入した後、海水を注入し水位の上昇を図っている。

    ブルームバーグ関連記事 199 件

  • 都内でも通常より高い放射線量…健康影響なし

    東京都は15日、都内で検出される放射線量が通常の約20倍に増え、一時0・809マイクロ・シーベルトに達したと発表した。健康に影響はないという。

    都によると、新宿区内にある都健康安全研究センターでの観測結果は、14日まで0・035マイクロ・シーベルト前後で 推移していたが、15日は午前10時台に最大0・809マイクロ・シーベルトを記録した。ただ11時台は0・151マイクロ・シーベルトに下がった。過去 4年間の最大数値は0・079マイクロ・シーベルトだった。

    (2011年3月15日13時05分  読売新聞)
    福島原発
    爆発、高濃度放射能が拡散
    原発特集
    専門家に聞く被曝対策
    被曝
    症状、わかりやすく説明
    被曝
    2000ミリSv以上で点状出血
    福島の天気
    北よりの風、続く見込み
    放射線
    関東で通常の3から100倍

    福島2号機、格納容器損傷…高濃度放射能が拡散

    地震発生直後の福島第一原発(11日、福島県大熊町で、読売ヘリから)=菅野靖撮影

    東日本巨大地震で被災し、原子炉の冷却機能が低下している東京電力福島第一原子力発電所2号機で15日午前6時14分、大きな爆発音が起きた。

    原子炉格納容器の下部にある圧力抑制室(サプレッション・プール)の圧力が3気圧から1気圧に下がっており、圧力抑制室の一部が損傷し、格納容器 から外部に放射性物質が漏れだした可能性がある。東電が同7時50分に発表した。政府と東電は15日、事故対策統合本部を設置した。

    福島第一原発の正門前では、爆発1時間半後の午前7時50分、毎時1941マイクロ・シーベルトの放射性物質を観測。さらにその40分後には、一 般人が1年間に浴びてもいい放射線量の8倍を超える同8217マイクロ・シーベルトに急上昇した。15日朝には同原発周辺で北東から毎秒1・5メートルの 風が吹いており、正門は2号機の風下だったという。

    菅首相は同日午前11時に記者会見し、福島第一原発周辺の半径20〜30キロ・メートル内の住民に対し、屋内退避を呼びかけた。

    同原発の南約100キロ・メートルにある茨城県東海村の東京大学の研究施設敷地内では、爆発後の同日午前7時45分頃、原子力災害対策特別措置法の基準値に定められた毎時5マイクロ・シーベルトを超える放射線量を観測した。

    東電によると、圧力抑制室は、格納容器内の蒸気圧が高まった場合に、圧力を逃がして下げる機能を持つ。格納容器本体の圧力は7・3気圧で変化していない。

    経済産業省原子力安全・保安院によると、圧力抑制室には放射性物質の混じった蒸気と水が入っている。抑制室のある原子炉建屋の上部には、隣接する3号機で14日に起きた爆発ですき間が生じており、そこから放射能を帯びた蒸気が流れ出た懸念がある。

    爆発直後、原発の敷地周辺の放射線量が毎時969・5マイクロ・シーベルトを記録。東電は何らかの異常事態が発生したとみて、直ちに原子炉への注水作業に関係のない作業員らを退避させた。

    2号機の原子炉内は14日に著しい水位変動を繰り返し、燃料棒が2度にわたって完全に露出し、一時的に空だき状態になっていたとみられる。

    原子炉の水位は改善傾向にあるが、燃料棒は午前6時半現在、2・7メートル露出した状態になっている。

    (2011年3月15日11時33分  読売新聞)

    福島第一放射線濃度は「身体に影響」…官房長官

    枝野官房長官は15日午前記者会見し、東京電力福島第一原発4号機で発生した火災で、同10時22分に、同原発3号機付近で毎時400ミリ・シー ベルト(40万マイクロ・シーベルト)、隣接の4号機周辺で同100ミリ・シーベルト、2号機と3号機の間で、同30ミリ・シーベルトの極めて高い放射線 を観測した、と発表した。

    100ミリ・シーベルトの放射線を浴びると、がんになる人が増加するといわれる。

    枝野官房長官は、3号機付近の放射線レベルについて、「身体に影響を及ぼす可能性があることは間違いない」と述べた。

    (2011年3月15日11時27分  読売新聞)

    福島 470倍超の放射線検出

    15日朝、福島第一原子力発電所2号機で爆発音があった2時間前の午前4時に、南に40キロ余り離れたところに福島県が設けた線量計が、通常の470倍を超える高いレベルの放射線を検出していたことが分かりました。
    これは、15日午前10時すぎから福島市で開かれた県の災害対策本部の会議で報告されました。
    それによりますと、現場から南に40キロ余り離れた福島県いわき市に県が設置した線量計では、14日夜、福島第一原子力発電所2号機で原子炉を覆う格納容器から空気を抜いて圧力を下げる作業が行われたあと、15日午前0時ごろから放射線量の数値が上がり始めました。
    そして、爆発音の2時間前に当たる、15日午前4時には、ガンマー線に換算して1時間当たり23.72マイクロシーベルトと、通常の470倍に当たる高いレベルに達したということです。
    その後、数値は下がる傾向になったということですが、爆発音のあとの午前6時以降のデータはまだまとまっていないため、福島県では、今後の数値を注意深く見守っていきたいとしています。

    3月15日 12:05更新

    ニュース画像

    20〜30キロ 屋内退避指示

    福島第一原子力発電所では、敷地内で放射線の量が人の健康に影響を及ぼす程度まで増えていて、政府はこれまでより影響が広がるおそれがあるとして、新たに原発から半径20キロ以上30キロ以内の範囲に住む人に屋内退避を指示しました。
    福島第一原子力発電所では、15日午前6時すぎ、2号機で原子炉が入っている格納容器の圧力を調整する圧力抑制室=サプレッションプールと呼ばれる設備の 付近で爆発があり、地震発生当時、定期検査中だった4号機でも、15日朝、これまで1号機と3号機で起こったような水素爆発が起きたとみられています。
    福島第一原子力発電所に設置されたモニタリングポストでは、午前10時22分の時点で1時間当たりの値が3号機付近で400ミリシーベルト、4号機付近で100ミリシーベルト、2号機と3号機の間で30ミリシーベルトが観測されています。
    これらの値は、その場所にいると人の健康に影響を及ぼす可能性のある数値です。
    政府は放射線の値は距離が離れるほど下がるとしていますが、これまでより影響が広がるおそれがあるとして、新たに福島第一原子力発電所から半径20キロ以上30キロ以内の範囲に住む人に屋内退避を指示しました。
    菅総理大臣は、午前の記者会見で「今後の原子炉の状況を考えると、外出をしないで、自宅や事務所などの屋内に退避することをお願いしたい」と呼びかけました。

    3月15日 12:19更新

    “身体影響 可能性ある数値”

    枝野官房長官は、午前11時すぎからの記者会見で、「福島第一原子力発電所の敷地の中の設置された放射線を測定する『モ ニタリングポスト』の値が、午前10時22分現在で、3号機付近で1時間当たり400ミリシーベルト、4号機付近で100ミリシーベルト、2号機と3号機 の間で30ミリシーベルトという結果が出ている。従来の数値と異なり単位が違う。身体に影響を及ぼす可能性のある数値であることは間違いない」と述べまし た。
    さらに枝野長官は、「2号機の格納容器の部分が損傷を受けているという可能性が高いという報告を受けている。1号機、2号機、3号機ともに、一定の人体への影響を及ぼす放射性物質が出ている」と述べました。
    検出された400ミリシーベルトとは、40万マイクロシーベルトに当たります。
    人が浴びる放射線で、健康への影響がほとんどないとされているのは、100ミリシーベルト=10万マイクロシーベルトとされますが、400ミリシーベルト=40万マイクロシーベルトは、その4倍に当たります。
    また、400ミリシーベルトは、血液の中の白血球が減るなど体への影響が出るレベルだとされています。

    3月15日 12:05更新

    “4号機 水素爆発と推察”

    枝野官房長官は、午前11時すぎからの記者会見で、「福島第一原子力発電所の4号機については火災が起きている。原子炉 自体は震災発生時から休止しているが、内部に保管されている使用済み核燃料が熱を持っていることから水素が発生しており、これまで1号機と3号機で起こっ たような水素爆発が起きたと推察される」と述べて、水素爆発が起きたことを明らかにしました。

    3月15日 11:23更新

    福島第一原発 4号機で出火

    東京電力は、東京の本店で午前11時から記者会見を行い、午前9時38分ごろ、福島第一原子力発電所の4号機の原子炉がある建物の4階の北西部付近で出火を確認したことを明らかにしました。
    また、これより前に、15日朝の福島第一原発での爆発音のあと、4号機の原子炉のある建物で5階の屋根付近に損傷を見つけたということです。
    さらに、4号機の格納容器の中にある使用済みの核燃料を保管するプールの温度が、通常の40度から84度に上がっているという情報があるということです。
    一方、枝野官房長官は、午前11時すぎからの記者会見で、「4号機については火災が起きている。原子炉は地震のあと止まっているが、プールに保管されてい る使用済み核燃料が熱を持っていることから水素が発生している。これまで1号機と3号機で起こったような水素爆発が起きたと推察される」と述べ、4号機で も水素爆発が起きたという見方を示しました。

    3月15日 12:10更新

    放射性物質漏れた場合の注意

    原子力災害が起きて施設の外に放射性物質が漏れ出た場合、何に注意すればよいでしょうか。
    原子力発電所から放出される放射性物質は、ヨウ素や希ガスといった気体の状態で出るため、まずは、これらから出る放射線からの被ばくを防ぐ必要があります。
    そのため、▽室内にいる場合は、ドアや窓を閉めたうえで、換気扇やエアコンなどを止めること、▽一方、屋外にいたり避難で移動したりする場合は、マスクをしたりタオルやハンカチを水でぬらして口や鼻を覆うと放射性物質の吸い込みを防ぐ効果があります。
    また、▽服装は皮膚の露出をできるだけ抑えることが大切です。
    さらに、▽呼吸や食べ物によって体内に放射性物質を取り込む「内部被ばく」も防がなければなりません。
    「内部被ばく」では、体内に放射性物質が蓄積されると、長期間にわたって放射線の影響を受けることになります。
    一方、▽屋外から自宅へ戻った場合は、衣服を着替えたうえで顔や手を洗うことが必要です。
    ▽水道の水や井戸水、それに屋外に放置されていた食べ物などはなるべく口にしないように気をつけることも必要です。

    3月15日 10:48更新

    福島第二原発 原子炉が安全に停止

    福島第二原子力発電所について、東京電力は、4つある原子炉が、15日までにすべて安全に停止したと発表しました。
    福島第二原発では、3号機が今月12日に原子炉が安全に停止、1号機と2号機は原子炉内の水を冷やすポンプが津波の影響で動かなくなったものの、14日、原子炉が安全に停止し、残る4号機で、内部を冷やす機能が十分に確保できない状態が続いていました。
    しかし、原子炉に海水を入れるためのポンプを調整した結果、冷却機能が回復し、東京電力によりますと、4号機は、15日午前7時15分に原子炉の温度が100度以下にまで下がって、安全に停止したことが確認されました。
    これにより、福島第二原発にある4つの原子炉は、すべて安全に停止しました。

    3月15日 10:34更新

    2号機で爆発音 従業員が退避

    東京電力福島第一原子力発電所2号機で、15日午前6時すぎ、原子炉が入っている格納容器の圧力を調整する設備の付近で爆発音がして、格納容器内の圧力が下がり、敷地周辺の放射線量が急激に上がったため、原発の所長の判断で一部の従業員が退避をしたということです。
    経済産業省の原子力安全・保安院や東京電力によりますと、15日午前6時14分、福島第一原発2号機で、原子炉が入っている格納容器の圧力を調整する圧力抑制室=サプレッションプールと呼ばれる設備の付近で爆発音がしました。
    この直後、設備の中の圧力が急速に下がったことから、原子力安全・保安院は、詳しいことは分からないものの、この設備に損傷があったものとみています。
    爆発音の確認の直後に、福島第一原発の敷地の周辺では、1時間に965.5マイクロシーベルトの放射線の値を計測し、この値は、国に緊急事態を知らせる基準を超えていたため、原発の所長の判断で、一部の従業員が退避をしたということです。
    対象となったのは、原子炉を冷却する作業に直接従事していない作業員で、福島第二原子力発電所などの安全な場所に移動しました。
    放射線の値については、その後も上がり続け、午前8時31分には原発の正門付近で1時間あたり8217マイクロシーベルトと、一般の人が1年間に浴びてもよいとされる8倍の量を1時間で浴びる計算になります。
    これについて、原子力安全・保安院は、「まだ詳しいことが分かっていない。仮にサプレッションプールという設備に穴が開いているとした場合、壊れている場所によって、液体か気体かで漏れ方が変わってくる」と述べました。
    また、2号機では、水位が低下して、燃料棒全体が露出した状態が続いていたとみられますが、その後、水位が若干回復し、核燃料が、水面から2.7メートルほど露出した状態になっていることが分かりました。
    露出している長さは核燃料全体の半分程度に当たり、東京電力では引き続き原子炉に水を注入する作業を続けることにしています。

    3月15日 10:48更新

    東海村 基準超の放射線値観測

    福島第一原子力発電所からおよそ110キロ離れた茨城県東海村にある東京大学の施設では、午前7時46分に、放射線の値 が毎時5マイクロシーベルトを観測し、10分間継続して基準値の5マイクロシーベルトを超えたため、午前8時15分までに国に対して原子力災害特別措置法 に基づく10条通報をしました。
    現在の放射線量は毎時3マイクロシーベルトになっているということです。
    この場所での通常の放射線量は、毎時0.05マイクロシーベルトだということです。

    3月15日 9:46更新

    首相 万全の対応を強く指示

    政府は、福島第一原子力発電所について、政府と東京電力が一体となって対応する必要があるとして、両者による「統合対策本部」を15日朝に発足させ、菅総理大臣は関係者に対し、対応に万全を尽くすよう強く指示しました。
    菅総理大臣は、十分な冷却機能が確保できなくなっている東京電力の福島第一原子力発電所について、政府と東京電力が一体となって対応する必要があるとし て、15日朝、みずからを本部長とする「統合対策本部」を発足させることを発表し、総理大臣官邸で「事故の被害が広がらないよう、ありとあらゆる手を打っ ている。憂慮すべき状況が続いているが、この危機を乗り越えるため、陣頭指揮に立ってやりぬきたい」と述べました。
    そして、午前5時半すぎ、東京電力本店を訪れ、「統合対策本部」の初会合に出席しました。
    この中で菅総理大臣は、今月12日に福島第一原子力発電所の1号機で起きた爆発に関連し、「テレビで爆発の様子が報道されているのに、総理大臣官邸には1 時間くらい連絡がなかった。一体どうなっているのだ」と述べ、情報開示を巡る東京電力側の対応に強い不快感を示しました。
    そのうえで、菅総理大臣は東京電力の関係者を前に、「あなたたちしかいない。覚悟を決めてください」などと述べ、今後の対応に万全を尽くすよう指示しました。
    このあと、菅総理大臣は、2号機の現状について、東京電力側に説明を求め、サプレッションプールと呼ばれる原子炉を覆う格納容器につながる設備に損傷があることが報告されました。
    菅総理大臣は、東京電力にある統合対策本部におよそ3時間いたあと、総理大臣官邸に戻り、午前9時半から予定されている閣議に臨むことにしています。

    3月15日 9:17更新

    3号機核燃料プール 覆いなし

    東京電力の記者会見で、15日午前7時5分ごろ、福島第一原子力発電所3号機の原子炉が入っている建物の上部に、蒸気のようなものが漂っていることを明らかにしました。
    また、福島第一原子力発電所の3号機で、格納容器の中にある使用済みの核燃料を保管するプールが、14日午前に発生した水素爆発によって、格納容器の上にある原子炉建屋の屋根が吹き飛んだことから、プールの上を覆うものがなくなっている状態であることも明らかにしました。
    このプールは、原子炉で燃焼させて使い終わった使用済み核燃料を移動させて冷やすために設けられた設備です。
    通常の状態では、プールの水を循環させて核燃料を冷やしていますが、福島第一原発では停電が起きていることなどから、冷やす機能が失われている可能性も大きいということです。
    東京電力は記者会見の中で、3号機の原子炉が入っている建物の上部に蒸気のようなものが漂っていることとの関連について、「現時点では明確な答えはできない」としています。

    3月15日 9:32更新

    福島第一原発周辺 北からの風

    気象庁によりますと、東京電力の福島第一原子力発電所周辺では、午前8時現在、北から南へと向かう風が吹いているとみられます。
    気象庁によりますと、福島第一原子力発電所のすぐ周辺では、地震のあと観測データが入らず、風向きや風の強さなどが観測できない状態が続いていますが、福 島第一原子力発電所から南におよそ50キロ離れた福島県いわき市の小名浜では、午前8時現在、北東の風4.4メートルが観測されています。
    また、北に離れた仙台市でも北北東の風1.5メートルが観測されていることから、原子力発電所の周辺でも北から南へ向かう風が吹いているとみられています。
    気象庁によりますと、15日は午前中を中心に、周辺ではこうした北からの風が吹きやすいということです。

    3月15日 9:06更新

    3号機建物上部 蒸気状のもの

    東京電力の記者会見によりますと、爆発音のあとの午前6時28分、2号機の原子炉や格納容器の圧力、それに燃料棒が水につかっている値に大きな変化はないとしています。
    また、午前7時5分ごろ、福島第一原子力発電所3号機の原子炉が入っている建物の上部に蒸気のようなものが漂っていることを明らかにしました。
    蒸気のようなものが何なのか、詳しいことは分かっていないということです。
    3号機では14日午前11時ごろに爆発が起きていて、原子炉内部で発生した水素が原子炉のある建物にたまって爆発したとみられています。
    これについて、東京電力は、爆発に伴う原子炉を覆う格納容器への影響はないとしていました。
    さらに、福島第一原子力発電所2号機の格納容器の圧力を抑制している「圧力抑制室」で衝撃音がしたあとの午前7時50分、原発の正門付近で1時間当たり1941マイクロシーベルトという放射線の量を計測したということです。
    この値は、国に対して緊急事態を知らせるいわゆる「15条通報」の基準値の4倍近くに当たります。

    3月15日 9:06更新

    4号機の建物の屋根に損傷

    東京電力の記者会見によりますと、15日午前7時すぎ、福島第一原子力発電所4号機の原子炉のある建物の5階の屋根に損傷が見つかったということです。
    この損傷について、東京電力は、詳しいことは分からないとしています。
    4号機は、地震発生当時は定期検査中でした。

    3月15日 9:06更新

    福島第一原発2号機で爆発音

    経済産業省の原子力安全・保安院が午前8時前から行った会見の中で、「福島第一原子力発電所の2号機で午前6時10分に爆発音があった」ことを明らかにしました。
    サプレッションプールと呼ばれる施設に損傷があるという情報について「まだ詳しいことが分かっていない。仮に穴が開いているとした場合、壊れている場所によって、液体が漏れるのか、気体が漏れるのか変わってくる」と述べました。
    「サプレッションプール」は原子炉を覆う格納容器につながる設備で、放射性物質などを内部に閉じ込める機能も持っていて、この設備の一部に損傷が見つかったことで、放射性物質の閉じ込めが十分に機能しない可能性が出てきました。
    また、2号機では、核燃料が水面から2.7メートルほど露出していることも明らかにしました。
    露出している長さは、核燃料全体の半分程度に当たります。
    さらに、福島第一原子力発電所の周辺で、爆発音の確認の直後に965.5マイクロシーベルトという放射線の値を観測したことを明らかにしました。
    また、その後、882マイクロシーベルトにやや下がり、午前7時5分に387.3マイクロシーベルトに下ったということです。
    原子力安全・保安院は「この放射線の値の変化がサプレッションプールの損傷によるものだと思うが、詳しくは分からない。監視は続けている」としています。
    この放射線量について、「直ちに健康に被害が出る値ではない」と説明しています。
    東京電力は、爆発音がしたあとに、現場で作業をしていた東京電力の社員を一時退避させました。
    福島第一原発2号機では、15日朝の枝野官房長官の記者会見で、「サプレッションプール」と呼ばれる設備で、損傷があることが明らかになっています。
    枝野官房長官は「周辺の放射線の数値は急激な上昇を示していない」と述べ、直ちに住民の健康に被害を及ぼすような事態ではないとの認識を示しています。

    3月15日 8:40更新

    “2号機 一部欠損見つかる”

    枝野官房長官は、15日午前6時40分すぎに記者会見し、東京電力第一原子力発電所の2号機の一部で欠損が見つかったことを明らかにしました。
    枝野長官によりますと、欠損が見つかったのは、2号機の中で、原子炉と格納容器をつないでいる、水蒸気を水に変えるための部分で、東京電力本店で菅総理大臣が東京電力側から報告を受けたということです。
    ただ、枝野長官は「周辺の放射線の濃度は急激な上昇を示しておらず、人体に被害を及ぼすような事態ではない」と説明しました。

    3月15日 7:10更新

    政府と東電が統合対策本部へ

    菅総理大臣は、15日午前5時半ごろ、総理大臣官邸で記者団に対し、十分な冷却機能が確保できなくなっている東京電力の福島第一原子力発電所について、政府と東京電力が一体となって対応する「統合対策本部」を発足させることを明らかにしました。
    この中で、菅総理大臣は「福島の原子力発電所の事故に対して、政府と東京電力が一体となった『統合対策本部』を立ち上げることにした。私が本部長で、海江 田経済産業大臣と東京電力の清水社長に副本部長をお願いしている。事業者である東京電力と政府の対策本部がリアルタイムで対応するためには、両者を一体化 したほうがいいので、本部を東京電力本店に置くことにした」と述べ、政府と東京電力が一体となった「統合対策本部」を発足させることを明らかにしました。
    そのうえで、菅総理大臣は「現在、全力を挙げて事故の被害が広がらないよう、ありとあらゆる手を打っている。憂慮すべき状況が続いているが、この危機を乗 り越えるための陣頭指揮に立って、やりぬきたい。国民の皆様には心配をかけるが、わが国の国民の結束で、この危機を乗り越えていきたい」と述べました。
    菅総理大臣は、15日午前5時半すぎ、東京電力本店に入りました。
    このあと、「統合対策本部」の初会合に出席することになっています。

    3月15日 5:55更新

    放出の放射性物質 隣の県まで

    福島第一原子力発電所では予断を許さない状況が続いていますが、3基の原子炉から放出された放射性物質が隣の県にまで運ばれたとみられるケースが相次いでいます。
    いずれも健康への影響はない水準とされています。
    福島第一原発の3基の原子炉は、いずれも燃料が水から露出して一部が溶けた可能性があるとされ、1号機と3号機では建物の一部で爆発が起きたほか、原子炉の圧力を下げるために放射性物質を含む空気を放出する作業も余儀なくされています。
    原発から南におよそ80キロ離れた福島県との県境にある茨城県の北茨城市では、15日になって放射線の量の値が上昇していることが茨城県の測定で分かりました。
    午前4時には1時間当たり4.87マイクロシーベルトと通常の100倍近い値を示したということです。
    これは、胸のレントゲンのおよそ10分の1に当たり、茨城県は、健康には影響がない水準だとしています。
    また、宮城県にある東北電力の女川原発では、13日、最大で1時間に5.7マイクロシーベルトの放射線の量を計測したほか、仙台市の周辺でも、地震の救助 活動にあたったアメリカ軍の隊員がわずかながら放射性物質に汚染されたケースもあり、福島第一原発から出た放射性物質が風によって隣の県にまで運ばれてい るものとみられます。

    3月15日 5:45更新

    福島第一原発 予断を許さない状況

    十分な冷却機能が確保できなくなっている東京電力の福島第一原子力発電所では、14日、2号機で、原子炉を冷やす水の高さが下がって、燃料棒がすべて露出した状態になり、一部が溶けたとみられています。
    また、3号機では水素爆発とみられる爆発が起きて、原発の作業員と自衛隊員のあわせて11人がけがをしました。
    東京電力は原子炉を安全に停止させるため、海水を流し入れて冷却を急いでいますが、予断を許さない状況が続いています。
    2号機では、原子炉に水を入れるポンプが停止したことで、14日午後6時半ごろから2時間20分にわたって燃料棒がすべて水の上に露出した状態になり、一部が溶けたとみられています。
    職員が監視のために離れた間にポンプの燃料がなくなったのが原因で、その後ポンプを動かした結果、水位が上昇しました。
    しかし、14日午後11時ごろになって、原子炉の中の圧力が高まって燃料棒を冷やすための水が注入できなくなり、炉内の水位が急激に下がって再び燃料棒がすべて露出した状態になりました。
    その後、午前1時すぎから注水ができるようになりましたが、午前3時現在も水位の上昇は確認されておらず、燃料棒が露出した状態が続いているとみられます。
    3号機は、14日午前11時すぎ、爆発が起きて原子炉建屋の天井や外壁が吹き飛びました。
    14日以降、原子炉を冷やす水の水位が下がって、燃料棒が水面の上に露出し、大量の水素が発生した可能性が高いことから、13日の1号機と同じように水素爆発が起きたとみられます。
    しかし、敷地周辺の放射線の量の値は異常な上昇がないため、国や東京電力は、原子炉を覆う格納容器は機能を維持しているとしています。
    現在、原子炉内の圧力は安定しているということで、一時中断していた原子炉を冷やすための海水の注入を15日午前3時に再開し、冷却を続けています。
    この爆発で、原発の作業員と自衛隊員のあわせて11人がけがをしました。
    13日に爆発が起きた1号機は、原子炉を冷やすために原子炉とそれを覆う格納容器の中に海水を満たす作業が続けられていましたが、14日未明に、海水をくみ上げるポンプが動かなくなり、注入作業が中断しました。
    その後、ポンプなどの資材が整ったため、15日午前0時ごろから再び海水を入れる作業を再開しました。
    現在、原子炉の水位や圧力などは安定しているということで、東京電力は原子炉を安全に停止させるため冷却を急いでいます。
    一方、福島第二原発については、1号機と2号機、4号機のあわせて3基で、海水をくみ上げて原子炉内の水を冷やすポンプが津波の影響で動かなくなり、内部を冷やす機能が十分に確保できない状態が続いていました。
    しかし、ポンプを動かすモーターを交換するなどした結果、1号機と2号機は冷却機能が回復し、14日午後4時までに原子炉の温度が100度以下にまで下がって、安全に停止したことが確認されました。
    残る4号機についても、順調に温度が下がっているということです。
    地震の発生から5日目を迎え、第二原発では状況が改善してきたものの、第一原発の3基は、依然として予断を許さない状況が続いています。

    3月15日 5:40更新

    福島第一原発2号機 水位回復せず

    原子炉を冷やすための水が注入できなくなり、燃料棒がすべて露出した状態になったとみられる東京電力福島第一原子力発電 所2号機では、15日午前1時すぎから原子炉に海水が注入できるようになりましたが、午前3時現在も水位は回復せず、燃料棒が露出した状態が続いていると みられ、予断を許さない状況が続いています。
    福島第一原発2号機では、14日午後11時ごろ、原子炉の中の気体を逃がして圧力を下げるための弁が閉まり、炉の中の圧力が高まったため、原子炉に水を送れなくなりました。
    このため、東京電力は原子炉の水位が急激に下がり、燃料棒がすべて露出した状態になっているとみられると発表しました。
    その後、15日午前1時すぎになって原子炉内の圧力を下げるための弁を開けることができ、海水を注入できるようになったということですが、午前3時現在も水位は上がらず、燃料棒が露出した状態が続いているとみられるということです。
    東京電力によりますと、原子炉内の圧力は上昇しておらず、敷地境界の放射線の値も大きく変化していないことから「すぐに危機的な状況に陥ることはないと思う」と話していますが、予断を許さない状況が続いています。
    2号機では、14日もポンプが停止して、原子炉に海水が入らなくなり、午後6時半から2時間20分の間、燃料棒がすべて露出しましたが、その後、ポンプを動かした結果、午後9時半すぎに燃料棒の半分が水につかった状態に戻っていました。
    露出した状態が長く続くと燃料棒は溶けるおそれがあり、東京電力は水位の回復を急ぐことにしています。

    3月15日 4:50更新

    ニュース画像

    2号機 再び核燃料すべて露出

    東京電力は、福島第一原子力発電所2号機で、14日午後11時ごろ、原子炉を冷やすための水が注入できなくなり、原子炉の水位が急激に下がって再び燃料棒がすべて露出した状態になったとみられると発表しました。
    また、敷地周辺の放射線の量が、午後9時37分に基準の6倍と、これまでで最も高くなり、緊急事態を知らせる通報を国に行いました。
    東京電力によりますと、福島第一原子力発電所2号機で、14日午後11時ごろ、原子炉の中の気体を逃がして圧力を下げるための弁が閉まり、炉の中の圧力が高まったため、原子炉を冷やすための水が送れなくなりました。
    このため、原子炉の水位が急激に下がり、再び燃料棒がすべて露出した状態となったとみられるということです。
    2号機では、14日もポンプが停止して原子炉に海水が入らなくなり、午後6時半から2時間20分の間、燃料棒がすべて露出しましたが、その後、ポンプを動かした結果、午後9時半すぎに燃料棒の半分が水につかった状態に戻っていました。
    東京電力では、原子炉の中の気体を逃がす弁は、あわせて10個ほどあり、ほかの弁を開けて圧力を下げる対策などを進め、原子炉に海水を注入して水位を回復したいとしています。
    また、2号機では敷地周辺の放射線の量が、午後9時37分に基準の6倍のこれまでで最も高い3130マイクロシーベルトとなり、国に対して緊急事態を知らせるいわゆる「15条通報」を行いました。

    3月15日 1:20更新

    東電“2号機水位計測できず減圧”

    東京電力は、福島第一原子力発電所2号機の問題で、15日午前0時すぎから記者会見しました。
    この中で、東京電力は「午後11時20分に原子炉の水位が計測できないほど低くなり、海水を注入できるよう原子炉の圧力を下げる措置を取った。引き続き、原子炉に海水を注入する作業を行っている」と述べました。

    3月15日 0:40更新

    介護施設280人避難できず

    避難指示が出ている東京電力の福島第一原子力発電所の周辺にある福島県浪江町では、14日午後10時半現在、介護施設にいる280人の入所者と職員が避難できずにいます。
    福島県によりますと、午後10時半現在、避難指示の対象地域にある浪江町の特別養護老人ホーム「オンフール双葉」では、入所者のお年寄りと職員あわせて280人が避難できずにいるということです。
    また、南相馬市の小高赤坂病院、浪江町の西病院、それに大熊町の双葉病院の入院患者と職員については、自衛隊の支援を受けて避難を進めています。
    福島県によりますと、避難した人たちは南相馬市の相双保健所で、被ばくしていないかどうか線量計を使った検査を受けるということです。

    3月15日 1:20更新

    “2号機爆発の可能性低い”

    枝野官房長官は、14日夜の記者会見で、福島第一原子力発電所の1号機と3号機で相次いで水素爆発が起きたことを受けて、原子炉内を冷やす機能が十分でない2号機でも水素爆発が起きるかどうかについて触れました。
    枝野長官は「2号機では建物に空気が通る状態が出来ているので、水素が発生しても大規模な爆発が起きる可能性は相当低いと報告を受けている」と述べました。
    また、枝野長官は「2号機でも1号機や3号機と同様に燃料棒の破損が起きている可能性が高い。原発の周辺で放射線の量を計測して異常がないか監視していきたい」と述べました。

    3月14日 22:35更新

    福島県が被曝検査態勢強化 医師チーム180組以上、県内500カ所の全避難所で希望者に 人員確保が課題、国に要望

    MSN産経ニュース – ‎30 分前‎
    福島県災害対策本部は14日、福島第1原発の事故を受け、被曝の有無を調べる検査態勢を15日から強化する方針を確認した。 医師や看護師のチームを県や国で180組以上作り、県内約500カ所の全避難所で希望者全員が検査を受けられるようにする考え。

    米第7艦隊、原発風下から離脱 放射線検出受け

    AFPBB News-‎58 分前‎-FNN 日本経済新聞 MSN産経ニュース 関連記事 46 件 »

    放射線モニタリング地点

    空間放射線量率(敦賀サイト:北)ここ2日間のグラフ

    青森県環境生活部原子力安全対策課 リアルタイム空間放射線モニタリング情報
    (左ナビで「トレンドグラフ」選択し、左上の窓で局を選ぶ)

    福島第一発電所リアルタイムモニターデータ(停止中)

    柏刈羽原発モニタリングデータ

    お しらせ モニタリングポスト用データ伝送装置の切替及び試験のため、下記の期間、データが表示されませんでした。  MP−1:平成23年3月 7日  9時40分〜13時30分(実績)  MP−2:平成23年3月 8日  9時40分〜11時50分(実績)  MP−3:平成23年3月 8日 13時00分〜14時40分(実績)  MP−4:平成23年3月 8日 15時10分〜17時00分(実績)  MP−5:平成23年3月10日 13時00分〜16時00分(実績)  MP−6:平成23年3月10日  9時30分〜11時10分(実績) (平成23年3月10日) モニタリングポスト用データ伝送装置の切替及び試験のため、下記の期間データ表示されない場合があります。  MP−2〜6:平成23年3月11日 9時00分〜19時00分(予定) (平成23年3月10日) モニタリングポストの測定値は降水に伴い上昇します。降水による測定値の上昇メカニズムは、解説の「雨と放射線の関係」をご覧ください。 また、モニタリングポストと海水モニタの実測例を用いて解説した「雨と放射線測定値の関係」 http://www.tepco.co.jp/nu/kk-np/info/pdf/190731.pdf をご覧ください。(平成19年8月1日) 過去の測定結果の詳細をご覧になりたい方は、トップページから「発電所データ集」の「放射線監視調査報告書」をご覧下さい。
    ※ご意見・ご感想については、トップページよりお聞かせ下さい。

    ウインドチャート

    気象庁データ


    オリジナルデータ (気象業務支援センターから取得しているオリジナルのデータ)

    03/14/2011

    ウィンドプロファイラ(観測表)

    観測地点 留萌 帯広 室蘭 宮古 酒田 高田 福井 熊谷 水戸 名古屋 河口湖 静岡 尾鷲 勝浦 八丈島 鳥取 浜田 美浜 厳原 平戸 大分 熊本 延岡 屋久島 市来 高松 高知 清水 名瀬 与那国島 南大東島
    平成23年3月14日 水戸
    時刻
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    1km 2km 3km 4km 5km 6km 7km 8km 9km
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    南南西 7 南西 9
    南南西 9 南西 11
    南南西 9
    南南西 10
    南西 7
    南西 12 西南西 13
    西南西 11
    南西 14
    西南西 11 西 9
    西南西 11 西南西 11
    南西 5 西南西 13
    西南西 6 西 11

    ウィンドプロファイラ(時間-高度断面図)

    観測地点 留萌 帯広 室蘭 宮古 酒田 高田 福井 熊谷 水戸 名古屋 河口湖 静岡 尾鷲 勝浦 八丈島 鳥取 浜田 美浜 厳原 平戸 大分 熊本 延岡 屋久島 市来 高松 高知 清水 名瀬 与那国島 南大東島

    ウィンドプロファイラ地図形式へ 観測表へ

    表示開始時刻 03月14日06時〜03月14日 05時〜03月14日04時〜03月14日03時〜03月14日02時〜03月14日01時〜03月13日24時〜03月13日23時〜03月13日22 時〜03月13日21時〜03月13日20時〜03月13日19時〜03月13日18時〜03月13日17時〜03月13日16時〜03月13日15時〜 03月13日14時〜03月13日13時〜03月13日12時〜03月13日11時〜03月13日10時〜03月13日09時〜03月13日08時〜03 月13日07時〜03月13日06時〜03月13日05時〜03月13日04時〜03月13日03時〜03月13日02時〜03月13日01時〜


    ウィンドプロファイラで観測した上空の風のようすを、横軸に観測時刻、縦軸に海抜高度で表した図です。 矢印の長さは風速(長いほど風が強い)、矢印の方向は風向を示します。 また、上下方向の鉛直速度を色で表します。 上昇流は赤系色で、下降流または降水は青系色で表現されます。表示している風向風速は、観測前10分間の平均値です。

    03/12/2011

    Fallout Calculator

    This java-based interactive calculator shows the distribution of fallout, by wind, from nuclear bomb blasts of various yields. The contours depict calculated radiation doses of 300, 25, and 1 REM at 96 hours after detonation.

    In using the calculator, you may select from an assortment of virtual satellite maps of major world cities. You may select the magnitude (15, 30, or 45 miles per hour) and direction of the wind. You may choose from an assortment of yields ranging from 1 kiloton to 50 megatons. And, you may choose the location of the bomb blast on the map simply by clicking on the preferred location.

    Japan may hand out iodine near nuclear plants: IAEA

    Police wearing protective clothing and respirators head towards the Fukushima Daiichi Nuclear Plant in trucks in Minamisouma City, Fukushima Prefecture March 12, 2011. REUTERS/Yomiuri

    VIENNA | Sat Mar 12, 2011 11:59am EST

    (Reuters) – Japanese authorities have told the U.N.’s atomic watchdog they are making preparations to distribute iodine to people living near nuclear power plants affected by Friday’s earthquake, the Vienna-based agency said.

    Mar 12

    IAEA: Japan may hand out iodine near nuclear plants (Reuters):

    1. News for meltdown


      Reuters
    2. US Nuclear Experts Worry About Possible Japan Reactor Meltdown
      48 minutes ago 

      Japanese officials have reassured the public, saying there is no danger of a meltdown of the reactor core. But US nuclear experts say they are worried about

      Voice of America7343 related articlesShared by 5+

    During a Nuclear Power Plant Emergency

    The following are guidelines for what you should do if a nuclear power plant emergency occurs. Keep a battery-powered radio with you at all times and listen to the radio for specific instructions. Close and lock doors and windows.

    If you are told to evacuate:

    • Keep car windows and vents closed; use re-circulating air.

    If you are advised to remain indoors:

    • Turn off the air conditioner, ventilation fans, furnace, and other air intakes.
    • Go to a basement or other underground area, if possible.
    • Do not use the telephone unless absolutely necessary.

    If you expect you have been exposed to nuclear radiation:

    • Change clothes and shoes.
    • Put exposed clothing in a plastic bag.
    • Seal the bag and place it out of the way.
    • Take a thorough shower.

    Keep food in covered containers or in the refrigerator. Food not previously covered should be washed before being put in to containers.

    Last Modified: Wednesday, 11-Aug-2010 14:39:31 EDT

    FEMA

    03/12/2011 15:36 福島第一原発1号炉爆発

    [関連ニュース]
    自動検索

    ウィンドプロファイラ(観測表)

    観測地点
    平成23年3月13日 水戸
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    1km 2km 3km 4km 5km 6km 7km 8km 9km
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    風向 風速
    (m/s)
    南南西 11 南西 6 西北西 8 西 17
    南南西 9 西南西 7 西 15 西 18 西 22
    8 西 16 西 18 西 21
    南西 5 西 6 西 10 西 15 西 17
    南西 6 西 5 西北西 11 西 17
    南西 5
    南西 3
    西 3

    tb

    Actinides Half-life Fission products
    244Cm 241Pu f 250Cf 243Cmf 10–30 y 137Cs 90Sr 85Kr
    232 f 238Pu f is for
    fissile
    69–90 y 151Sm nc➔
    4n 249Cf  f 242Amf 141–351 No fission product
    has half-life 102
    to 2×105 years
    241Am 251Cf  f 431–898
    240Pu 229Th 246Cm 243Am 5–7 ky
    4n 245Cmf 250Cm 239Pu f 8–24 ky
    233U   f 230Th 231Pa 32–160
    4n+1 234U 4n+3 211–290 99Tc 126Sn 79Se
    248Cm 242Pu 340–373 Long-lived fission products
    237Np 4n+2 1–2 my 93Zr 135Cs nc➔
    236U 4n+1 247Cmf 6–23 my 107Pd 129I
    244Pu 80 my >7% >5% >1% >.1%
    232Th 238U 235U   f 0.7–12by fission product yield

    machikawaco3 について

    a TORO lawn mower dealer in Japan
    カテゴリー: 福島第一第二原発降灰, NEWS パーマリンク

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中