東北地方太平洋沖地震 (宮城三陸沖M8.4->8.8->9.0地震,8.9USGS) 福島第一(1、2、3、4、5、6号基)メルトダウン 2011/03/11 part 5-3

The Situation in Japan (Updated 03/29/11)

More than 17,000 lbs. of equipment headed to Japan

NNSANews has added a photo to the pool:

More than 17,000 lbs. of equipment is loaded in to an Air Force C-17 just prior to take for from Las Vegas for Japan on Monday afternoon. The equipment and highly trained nuclear emergency response personnel are being sent to Japan as part of the Department of Energy and National Nuclear Security Administration’s effort to assist Japanese personnel with nuclear issues.

Follow us online:

twitter.com/NNSANews
facebook.com/NNSANews

More than 17,000 lbs. of equipment headed to Japan

C-17 Departs Las Vegas

NNSANews has added a photo to the pool:

An Air Force C-17 departs Las Vegas en route to Japan as part of the Department of Energy’s response to the March 11 earthquake and tsunami. Late Monday afternoon, the Department deployed 33 people and more than 17,200 pounds of equipment, including Consequence Management Response Teams and NNSA Aerial Measuring Systems.

Follow us online:

twitter.com/NNSANews
facebook.com/NNSANews

C-17 Departs Las Vegas

Scientists, technicians and engineers from NNSA leave for Japan

NNSANews has added a photo to the pool:

National Security Technologies scientists, technicians and engineers from the National Nuclear Security Administration’s Nevada Site Office board the Air Force C-17. Highly trained nuclear emergency response personnel and more than 17,000 lbs of hi-tech equipment are being sent to Japan as part of the Department of Energy and National Nuclear Security Administration’s effort to assist Japanese personnel with nuclear issues.

Follow us online:

twitter.com/NNSANews
facebook.com/NNSANews

Scientists, technicians and engineers from NNSA leave for Japan

https://i1.wp.com/www.bearishnews.com/wp-content/uploads/2011/03/fukushima-daiichi.jpghttps://i0.wp.com/pulse2.com/wp-content/uploads/2011/03/fukushima-reactor.jpeg

On a related note, ABC News’ Akiko Fujita tweets the photo below, along with this note: “At evac center in Fukushima prefecture where [people] are getting tested for radiation. Residents all on edge.”

Fukushima soil contains plutonium traces, according to Japanese officials

Government says levels are not harmful to human health as anxiety grows over leaks at stricken nuclear power plant

  • Justin McCurry in Tokyo and Suzanne Goldenberg in Nihonmatsu
  • The Guardian, Tuesday 29 March 2011
  • Article history
  • Fukushima nuclear plant The control room of the Fukushima nuclear plant. Officials say traces of plutonium have been found in the soil nearby. Photograph: Tepco Handout/EPA 

    Traces of plutonium have been found in the soil at the Fukushima Daiichi nuclear power plant, Japanese officials said on Monday, but not at levels considered harmful to human health.

    The discovery of plutonium – a byproduct of nuclear reactions – added to anxiety over the stricken plant, 150 miles north of Tokyo.

    Earlier, the government confirmed that levels of radioactivity in water leaking from a reactor at the facility resulted from a partial meltdown of fuel rods, amid growing fears that radiation may also have seeped into seawater and soil.

    The plant’s operator, Tokyo Electric Power [Tepco], said readings of plutoinium-238, 239 and 240 were similar to those recorded in other parts of Japan after nuclear tests conducted overseas.

    “I apologise for making people worried,” Tepco’s vice president, Sakae Muto, told reporters. “It’s not at a level that’s harmful to human health.”

    But an official from Japan’s nuclear safety agency was more cautious. “While it’s not at a level harmful to human health, I am not optimistic,” Hidehiko Nishiyama said. “This means the containment mechanism is being breached, so I think the situation is worrisome.”

    Tepco has yet to determine the source of the plutonium, although it appeared that in two places, the radioactive element had come from reactors rather than from the atmosphere. One of the plant’s three reactors contains plutonium in its fuel mix.

    Meanwhile, contamination in a pool of water in the turbine building of the No 2 reactor was found to be 100,000 times normal levels, Tepco said.

    On Sunday the firm said the figure was 10m times higher, a mistake the government’s chief spokesman, Yukio Edano, said was “absolutely unforgivable”.

    Tepco was forced into another embarrassing apology after it admitted it had twice named the wrong isotope in its corrections about the levels of radiation.

    “On one hand, I do think the workers at the site are getting quite tired,” Edano told reporters. “But these radiation tests are being used for making various decisions on safety … they are absolutely unforgivable.”

    In addition, radiation above 1,000 millisieverts per hour was found in surface water in concrete tunnels outside the No 2 reactor, Tepco said. It added that the tunnels did not lead to the sea, but conceded it could not rule out that radioactive water had seeped into the ground.

    Greenpeace, meanwhile, said that it had recorded radiation levels of up to 10 microsieverts per hour in Iitate, a village 25 miles from the plant, and urged authorities to expand the evacuation zone from its current 12-mile radius.

    “It is clearly not safe for people to remain in Iitate, especially children and pregnant women, when it could mean receiving the maximum-allowed dose of radiation in only a few days,” said Jan van de Putte, the group’s radiation safety expert. “When further contamination from possible ingestion or inhalation of radioactive particles is factored in, the risks are even higher.”

    Tepco has reportedly asked the French nuclear sector for assistance, seeking help from Electricite de France, Areva and the Nuclear Energy Agency, a research body, according to Eric Besson, France’s industry and energy minister.

    Japan’s nuclear and industrial safety agency (Nisa) said radioactive iodine-131 of 1,150 times the maximum allowable level had been detected in seawater near drainage outlets serving four of Fukushima’s reactors.

    Nisa’s spokesman Hidehiko Nishiyama said he suspected radioactive water from the plant was leaking into the sea. On Sunday he had denied any connection.

    Edano said partial meltdown had probably occurred when the plant was hit by the tsunami on 11 March, adding that there was no evidence of subsequent meltdown.

    Four of the facility’s six reactors have yet to be made safe, while efforts are continuing to pump in fresh water to prevent a far more dangerous full meltdown.

    “The radiation seems to have come from fuel rods that were partially melted down and came into contact with the water used to cool the reactor,” Edano said. “Steam may have condensed … carrying water from within the containment vessel.”

    Airborne radiation has been confined to the reactor buildings, and work to remove contaminated water from the structures continued on Monday.

    Setbacks to attempts to cool the reactors, and the realisation the crisis is far from over, have added to the plight of tens of thousands of people living nearby.

    Sakae Muto, vice-president of Tepco, said: “Regrettably, we don’t have a concrete schedule at the moment to enable us to say how many months, or years it will take [to make the plant safe].”

    About 70,000 people within a 12-mile radius of the Fukushima plant were evacuated soon after the disaster, while a further 130,000 people living in a 12-20-mile radius have been told to stay indoors. The government said that it had no plans to widen the evacuation zone.

    It is not known exactly how many people remain in the outer zone. Many have left voluntarily after days without essential supplies and services.

    Truck drivers are refusing to enter the zone, fearing radiation exposure.

    The government created confusion last week when it advised people within a 20-mile radius to consider leaving. It insisted the advice was given due to concern for their quality of life, not exposure to harmful levels of radiation.

    According to the public broadcaster NHK, self-defence force personnel in the evacuation zone said 30 people had yet to leave the 12-mile evacuation zone, and 10 had indicated they wanted to remain in their homes.

    Evacuees have been urged not to return to the area to collect belongings while the Fukushima plant remains unstable. Residents who return, even temporarily, would expose themselves to “great risk of radiation contamination”, Edano said.

    “It is very likely that the [12m] area is contaminated and there is a significant risk to health,” he added. Local authorities reported, however, that some people had already returned.

    Others forced out of their homes are coming to terms with the possibility that they may never be able to return.

    Even if they do, the many residents who depended on Tepco for employment accept that with the plant ruined, their chances of finding work in the area are close to nil.

    A large number of evacuees have already moved twice since the nuclear crisis began, and could be forced to move again if the situation worsens and the evacuation zone is expanded.

    “We’re assuming that in a worse-case scenario we might also be subject to evacuation,” Norio Hattori, a disaster official in Nihonmatsu, said, adding that he had sent his own daughter to Tokyo.

    Some of the refugees are beginning to accept that a vast area surrounding the Fukushima plant could be condemned as a nuclear wasteland. “If it had been an earthquake or a tsunami, we could have gone home again, but because it’s radiation, we can’t,” said Tokuko Sujimoto.

    Her home, in the village of Namie, was so close to the plant she heard the first reactor explosion on 12 March.

    Her husband had watched from the roof of their house as a cloud of smoke rose from the reactor, before they fled.

    Yoshimoto Nogi, who had a job at the Fukushima plant until he retired last summer, said he had no hopes of going home this year.

    “It’s going to take a year or two. It is not a question of months,” said Nogi. “Even if the nuclear plant is stabilised tomorrow, I don’t think the government is going to tell us it is safe to go back any time soon.”

Fukushima 50 Risk Lives to avoid Nuclear Disaster 01 The ‘Fukushima 50’ is the name given to the 180 employees of the Fukushima I Nuclear Power Plant who were assigned, or volunteered, to remain on-site after other 800 workers were evacuated during the Fukushima I nuclear accidents to continue to attempt to bring the reactors under control. Photo: NHK Tv 

The First Pictures Of The Heroic Fukushima Workers

Mamta Badkar | Mar. 23, 2011, 3:30 PM | 224,762 | comment 21
fukushima milk

Image: AP

Inside the Fukushima Nuclear Plant, a small group of heroes is working to prevent meltdown.There are 200 engineers, scientists and volunteers working in shifts of 50 at a time. The try to monitor explosions when escaped hydrogen gas combusts on contact with Oxygen.

These heroic workers are exposed to 100 – 200 millisieverts of radiation and face a high risk of death by radiation.

The Fukushima 50 were the first group of workers who remained on site when the plant was burning on March 15

The Fukushima 50 were the first group of workers who remained on site when the plant was burning on March 15

In this photo released by Nuclear and Industrial Safety Agency, Tokyo Electric Power Co. workers collect data in the control room for Unit 1 and Unit 2 at the tsunami-crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant in Okumamachi, Fukushima  Prefecture, Japan, Wednesday, March 23, 2011. (AP Photo/Nuclear and Industrial Safety Agency)

They face high levels of radiation but work to collect data and check safety levels

They face high levels of radiation but work to collect data and check safety levels

In this photo released by Nuclear and Industrial Safety Agency, Tokyo Electric Power Co. workers collect data in the control room for Unit 1 and Unit 2 at the tsunami-crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant in Okumamachi, Fukushima Prefecture, Japan, Wednesday, March 23, 2011. (AP Photo/Nuclear and Industrial Safety Agency)

When they take a break, the workers rest and eat in a small decontaminated room

When they take a break, the workers rest and eat in a small decontaminated room

In this photo released by Nuclear and Industrial Safety Agency, a Tokyo Electric Power Co. worker looks at gauges in the control room for Unit 1 and Unit 2 at the tsunami-crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant in Okumamachi, Fukushima  Prefecture, Japan, Wednesday, March 23, 2011. (AP Photo/Nuclear and Industrial Safety Agency)

Here workers in protective gear try to restore electricity

Here workers in protective gear try to restore electricity

In this photo taken on on March 18, 2011 and released on Wednesday, March 23, 2011 by Tokyo Electric Power Co. via Kyodo News, workers connect transmission lines to restore electric power supply to Unit 3 and Unit 4 at the tsunami-crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant in Okumamachi, Fukushima  Prefecture, Japan. (AP Photo/Tokyo Electric Power Co. via Kyodo News)

Part of their job is ensuring that the plants are constantly cooled

Part of their job is ensuring that the plants are constantly cooled

In this photo released by Tokyo Electric Power Co. (TEPCO) , workers in protective suits conduct cooling operation by spraying water at the damaged No. 4 unit of the Fukushima Dai-ichi nuclear complex in Okumamachi, northeastern Japan,Tuesday, March 22, 2011.

The international limit for radiation exposure for nuclear workers is 20 millisievert per year, these workers face much worse

The international limit for radiation exposure for nuclear workers is 20 millisievert per year, these workers face much worse

In this handout photo taken from a video footage released by Tokyo Metro Fire Department Tuesday, March 22, 2011, Tokyo Metro firefighters in protective suites listen to operational briefing before they go out to set up to spray water at the Fukushima Dai-ichi nuclear complex in Okumamachi, northeastern Japan, Friday, March 18, 2011. (AP Photo/Tokyo Metro Fire Department)

Japan Self-Defense Force cools unit 3, workers constantly have to leave the plant because of spikes in radiation levels

Japan Self-Defense Force cools unit 3, workers constantly have to leave the plant because of spikes in radiation levels

In this image taken from footage released by the Japan Defense Ministry, a fire engine from the Japan Self-Defense Forces sprays water toward Unit 3 of the troubled Fukushima Dai-ichi nuclear complex on Friday, March 18, 2011. In the backgrounds is Unit 4. Military fire trucks sprayed the reactor units Friday for a second day, with tons of water arching over the facility in attempts to prevent the fuel from overheating and emitting dangerous levels of radiation. (AP Photo/Japan Defense Ministry)

A port worker in a coastal city close to the Fukushima plant hopes to rebuild his home

A port worker in a coastal city close to the Fukushima plant hopes to rebuild his home

Hoping to rebuild, port worker Mitsuyoshi Abe stands in the street of his wife’s hair salon strewn with tsunami debris, in Soma, Fukushima prefecture, Japan, Wednesday, March 23, 2011. Soma sits in the shadow of Fukushima Dai-ichi, a crippled nuclear facility that was badly damaged by the tsunami and has been spewing radioactivity into the air and sea, forcing tens of thousands to flee or hunker down indoors. (AP Photo/Wally Santana)

Locals have to screen food for contamination and carefully dispose of it

Locals have to screen food for contamination and carefully dispose of it
Dairy farmer Kenichi Hasegawa watches as he dumps milk in a corn field in Iitatemura, Fukushima Prefecture, northeastern Japan, Wednesday, March 23, 2011. (AP Photo/Yomiuri Shimbun, Takuya Yoshino)

福島原発、飛散防止へ樹脂散布 東電公表データに疑念

福島第1原発事故で東京電力は1日、敷地内に落ちた放射性物質の飛散を防ぐため、水に溶かした粘着性の樹脂を試験的に散布した。原子炉で高温になった冷却水を冷やすための海水を海から取り込むポンプの設置作業も進めた。

一方、東電が放射性物質の濃度を調べる検出器のプログラムに誤りがあったことが判明。ある種の放射性物質を正しく測れない恐れがある。これまで東電が発表したデータの信頼性に疑問が生じる事態となった。

雨で延期していた樹脂散布は、地面の乾き具合を確認し同日午後、4号機の西側で実施した。樹脂に放射線を遮る効 果はないが、放射性物質を含むちりやほこりが敷地外や海に飛び散るのを抑えるほか、現場での作業環境の向上につながると期待されている。今後2週間で約6 万リットルをまく。

海水を取り込むポンプは2、3号機で設置済みで、1、4号機でも設置予定。ほかのポンプや配管などが使用可能な状態か調べる必要があるが、海水と真水を熱交換する系統が働けば、冷却システムが部分的にでも動きだす可能性がある。

タービン建屋内にたまった高濃度の放射性物質を含む水を同建屋内の復水器に入れるため、既に満杯になった復水器の水を別のタンクに移し替える作業も継続。1号機のタービン建屋外の立て坑で見つかった水は、約150トンが集中環境施設という別の建屋の貯水槽に移された。

2011/04/01 18:21   【共同通信】
汚染水貯蔵「メガフロート案」浮上深刻な状態が続いている福島第一原発の事故。懸案となっている放射性物質に汚染された大量の水の処理について、ある計画が浮上しました。


「(福島第一原発の)排水処理について現在清水港海づり公園として利用している“メガフロート”を譲渡してほしいとお願いがあった」(静岡市 小嶋善吉市長、午後4時すぎ)

政府が利用を検討しているのは、「メガフロート」。中が空洞になった巨大な鉄製の構造物で海に並べて浮かべることで、滑走路などとしても使用が可能です。

99年には実験として横須賀沖に、長さ1000メートルの海上空港がつくられました。最近では、沖縄の普天間基地の移設問題でもその使用が検討されました。現在、メガフロートの一部は静岡市の清水港で、海づり公園として利用されています。

福島第一原発では、1号機から4号機にたまった高濃度の放射性物質を含む1万3000トン以上の水の処理が作業の最大の懸案となっています。政府はメガフ ロートを静岡から福島第一原発沖まで運び、その空洞部分を汚染水の一時貯水場として使うことを検討していて、東京電力を通じ静岡市に打診。静岡市も貸し出 しを快諾したといいます。

「原子力発電所の事故という事態の重大さを鑑み、メガフロートの提供と、これに伴う清水港海づり公園の休止を決定した」(静岡市 小嶋善吉市長)

清水港海づり公園の反応は・・・。

「(公園は)釣り人に愛されてきた。それが役に立つことはうれしい」(利用者)

「昼ごろに福島へ持っていくと聞いた。時間がなくて戸惑っている」(公園管理事務所の人)

政府は既に大手造船会社などと協議を進めていて、今後、メガフロートには工場で放射線防護対策などが施され、その後、福島第一原発へ運ばれる見通しです。(01日16:55)

米人材会社、福島第一原発への専門家募集・派遣

【ニューヨーク=柳沢亨之】米国の原子力専門人材派遣会社が、福島第一原発の現場で事故対策にあたる専門家の募集を始め、選ばれた数人が3日、日本へ向かうことになった。ロイター通信が3月31日、報じた。

この会社はバートレット・ニュークリア社(本社・米北東部マサチューセッツ州)。原子炉を納入したゼネラル・エレクトリック(GE)などから業務 を委託された企業の要請で、約2週間前、熱意や家族の承諾などを条件に、地下水と放射線、使用済み核燃料の専門家を募集した。非常に高いレベルの放射線を 浴びる事態は想定していないという。

3日に第1陣の数人を送り、その後も追加派遣する方針だ。

派遣期間は未定だが、専門家らは当面、東京に宿泊。福島第一原発に車で向かい、通訳も付く。報酬は不明だが、バートレット社は「米国内の原子力技術者の平均額より高い」と説明しているという。

(2011年4月1日13時35分  読売新聞)

4号機の映像公開、絶え間なく上がる白煙

 

コンクリートポンプ車の先端のカメラから撮影した、4号機の映像(24日撮影)=東京電力提供

東京電力は1日、福島第一原子力発電所4号機の原子炉建屋内を上部から撮影したビデオ映像を公開した。

映像は約2分間、建屋に放水している生コン圧送機の長いアームの先端部に取り付けたカメラで24日午後撮影した。

映像には、壁が崩れ落ち、絶え間なく上がる白煙の奥に、太さ数十センチの配管が破損して口を開けた様子が映し出されている。宮健三・東京大名誉教 授(原子力工学)は「配管は建屋の換気を行う空調ダクトと思われる。炉心や格納容器に通じてはいないので、この配管から放射性物質が飛散する心配はない」 と話している。

(2011年4月1日12時34分  読売新聞)

福島第一1〜3号機、注水ポンプに外部電源

東京電力は1日、福島第一原子力発電所1〜3号機の原子炉に注水する仮設ポンプについて、外部電源につなぐ作業が2日までに完了する見通しだと発表した。

現在は非常用のディーゼル発電機を使っている。外部電源で駆動すれば、燃料切れの心配がない安定した注水ができると期待される。

一方、爆発事故で敷地内に飛散した放射性物質が舞い上がり、作業員が吸い込むのを防ぐため、東京電力は1日午後、放射性物質が砂やほこりと一緒に飛び散るのを防ぐ飛散防止剤の試験散布を始める。3月31日に開始の予定だったが、雨で延期されていた。

飛散防止剤は、特殊な合成樹脂製で、ガレキなどの表面を固めて砂などの飛散を抑える。散布場所は、重要な機器がない4号機の西側、5、6号機の北 側の2か所。原液約9000リットルを6〜7倍に薄めた希釈液約6万リットルを、2週間かけて散布し、結果をみて本格的な使用の是非を決める。1日は、4 号機の西側約200平方メートルの範囲に約400リットルをまく計画。散布には、容量2000リットルの特殊散水車1台を使用。作業員3人が一組となり、 散水車のホースを持って希釈液をまく。1〜4号機のタービン建屋地下にたまった汚染水の処理は、1、2号機は復水貯蔵タンクから圧力抑制室用水タンクへ、 3号機は復水器から復水貯蔵タンクへ、それぞれ水の移し替えが行われる予定。東電は1、2号機のタービン建屋の照明復旧も目指している。

(2011年4月1日14時00分  読売新聞)

米、日本にロボット支援準備 原発内で作業可能に

2011年3月30日 13時04分

【ワシントン=久留信一】米エネルギー省のライヨンズ次官補代行(原子力担当)は29日、上院エネルギー天然資源委員会で証言し、福島第一原発事故の復旧支援策として、原発内で作業できるロボットを日本に送る準備を進めていることを明らかにした。

福島第一原発からは危険性が高いとされる放射性物質プルトニウムが検出され、復旧にあたる作業員の健康被害が強く懸念される。ロボットは強い放射線が出て いる環境でも遠隔操作で作業可能。既に、日本政府に関連情報を提供し、ロボットのほか、関連機械や操作法を指導する複数の専門家を送る準備をほぼ整えたと いう。

ライヨンズ次官補代行は復旧作業について「重要なのは原子炉と使用済み燃料プールを長期にわたって冷やすことだ」と指摘。その上で「原子炉の復旧状況は遅いようにみえる」と述べた。

米エネルギー省は東日本大震災が発生した11日、対策チームを設置。日本に機材や40人の専門家を派遣するとともに、日本政府や米核安全保障局(NNSA)、米原子力規制委員会(NRC)などと連携して状況分析に努め、日本の作業チームへの助言にもあたっている。

(中日新聞)

1号機、原子炉冷却へ注水拡大 2、3号機で排水急ぐ
福島第1原発

2011/3/29 19:57

東日本大震災で被災した東京電力福島第1原子力発電所では29日、原子炉を冷やす注水作業を続けた。1~3号機では、放射性物質を大量に 含む汚染水がタービン建屋や外に通じる縦穴にたまっている。原子炉建屋などから漏れたとみられ、排水作業が追いつかない。ただ原子炉の過熱阻止へ冷却水を 注ぐ作業は止められない。汚染水が増える恐れはあるが、停滞も許されない状況だ。

1号機では29日午前4時、圧力容器の温度がセ氏323度に上昇。設計の上限値(同302度)を超えた。破損を防ぐため、原子炉内への注水量を2割前後増やした。午後1時には同299度に下がった。

同日午前には、原子炉に真水を入れる消防ポンプを電動ポンプに切り替えた。消防ポンプは燃料の補充が必要で、流量調整も難しい。同日までに1~3号機のすべてで電動ポンプに切り替える作業を終えた。

枝野幸男官房長官は29日午前の会見で、汚染水の排水を急ぐ必要があるとの見解を示す一方で「原子炉や燃料棒が高熱になり、空だきになることは避けないといけない。冷却は優先して進めざるをえないと思う」と述べた。

一方、タービン建屋地下の汚染水を取り除く作業も始まった。1号機に続き、2、3号機では汚染水をタービン建屋にある復水器と呼ぶ水槽に移 す準備に入った。2、3号機は復水器が満水。復水器の水をまず別のタンクに移す。周囲の放射線量が高く、作業完了のめどはついていない。

1号機は24日午後から汚染水を復水器に入れる作業を続けている。東電によると、水位はわずかに下がったが、変化ははっきりしないという。

1号機ではタービン建屋の外にある坑道の出口付近をコンクリートブロックと土のうでふさいだ。汚染水が海へ流れ出すのを防ぐ。

また4号機では29日午前11時50分、中央制御室の照明が点灯した。福島第1原発は1~4号機のすべてで中央制御室の照明が回復した。今後、計器の機能が戻れば、原子炉の状態をようやく推し量れる。

福島第1原発:2号機の圧力容器損傷か 安全委見解

福島第1原発について、内閣府原子力安全委員会は29日、高い放射性物質を含む汚染水が漏れ出している2号機の原子炉圧力容器が損傷している可能性が高いとの見解を示した。

会見した代谷誠治委員はその理由について、「圧力容器内は高温なのに圧力が上がってこない。どこかが損傷している可能性がある」と説明した。

圧力容器は厚さ16センチの鋼鉄製で、核燃料を封じ込めるための最も重要な防護壁と言える。

しかし、2号機では表面の放射線量が1時間当たり1000ミリシーベルト以上の汚染水がタービン建屋やその外で見つかった。これまで、政府や東電は漏えい経路について、「原子炉内で破損した核燃料に触れた水が、何らかの経路で漏れた」とみている。【西川拓】

福島第1原発:汚染水は数千トン 除去作業難航

東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発について、東電は29日、タービン建屋地下で見つかった高い放射線量を持つ汚染水の除去作業を継続し た。しかし、汚染水が数千トンを超える見通しで、高濃度の放射能を帯びているため作業は難航している。内閣府原子力安全委員会の代谷誠治委員は29日、2 号機の原子炉圧力容器が破損している可能性に言及した。圧力容器は厚さ16センチの鋼鉄製で、核燃料を封じ込める最も重要な防護壁だけに、事態は深刻さを 増している。

計画では、タービン建屋内にたまった汚染水をポンプで室内の復水器に送る。復水器は原子炉で発生し、発電のためにタービン建屋に送り込まれた蒸気を水に戻す装置だ。

このうち、1号機ではタービン建屋内の汚染水を24日夕から毎時6~18トンポンプでくみ上げ、室内にある復水器に送り込んでいる。効果は不明 だ。2号機では1号機と同様の作業を予定しているが、汚染水から毎時1000ミリシーベルト以上の高い放射線量を検出。被ばく回避の必要性から作業は遅れ ている。

2、3号機では復水器が満水で、汚染水を復水器に入れるための「玉突き作戦」に着手。復水器の水を「復水貯蔵タンク」に入れようと、このタンクの水を「サージタンク」と呼ばれるタンクに移す。

1~3号機ではタービン建屋外の「トレンチ」と呼ばれるトンネル状の構造物から放射能を帯びた水(計約1万3000トン)が見つかったが、回収の見通しは立っていない。

経済産業省原子力安全・保安院は「汚染水をすべて回収しようと、いろいろ考えている」としている。

このほか、1号機では原子炉の温度が一時300度を上回る異常事態だったが、注水量を毎分113リットルから141リットルに増やし、改善傾向にある。4号機では29日、中央制御室の照明が点灯し、同原発の全6基の制御室が再開した。

一方、圧力容器の損傷が指摘された2号機は14日に原子炉の冷却機能を喪失。炉の水位が低下し、燃料棒が8~9時間、水面から完全に露出する「空 だき状態」になった。15日には格納容器の一部の「圧力抑制プール」で爆発が起き、格納容器損傷が指摘されている。その後、放射線量が毎時1000ミリ シーベルト以上の汚染水がタービン建屋などで見つかった。代谷委員は「圧力容器内は高温なのに圧力が上がってこない。どこかが損傷している可能性がある」 と語った。

東電は高線量の汚染水について「原子炉内で破損した核燃料に触れた水が、何らかの経路で漏れた。圧力計が壊れている可能性もある」としている。【西川拓、伊藤直孝、藤野基文、日野行介】

毎日新聞 2011年3月29日 22時07分

1号機で排水作業続く ポンプ追加へ

< 2011年3月27日 13:47 >

福島第一原子力発電所では、冷却作業に向けた電気ケーブルを引くため、タービン建屋にたまった高い濃度の放射性物質を含む水を抜く作業を急いでい る。また、2号機のタービン建屋の水の表面から一時間当たり1000ミリシーベルト以上という非常に高い値の放射線が測定されたこともわかった。

1号機から4号機のタービン建屋に水たまりが見つかり、2号機と3号機では高い濃度の放射性物質を含んでいることが判明したことから、「東京電力」は水を抜く作業を行っている。

1号機では、外部に放射性物質が漏れることを避けるため、水を同じタービン建屋内の別の場所に移しているが、24日夕方に始まった作業は27日になっても 続いている。現在の排水ポンプは一台当たり一分間に100リットルしかくみ上げられないため、経産省の原子力安全・保安院によると、ポンプの数を3台に増 やすという。

また、2号機については、26日に採取したタービン建屋の水の表面から一時間当たり1000ミリシーベルト以上という非常に高い数値の放射線が測定されているが、27日中に排水作業を始めたいとしている。

たまった水を排出するまで地下で電気ケーブルを引く作業が中断するため、予定していた作業は遅れており、冷却機能が回復するメドは立っていない。

一方、原子炉に注入していた海水は、1号機と3号機に続いて2号機も真水に切り替わったが、自衛隊による水の補給作業が難航している。自衛隊は現在、真水 約2200トンをアメリカ軍の2隻の輸送船で運搬しているが、高波の影響などで、27日午前に到着する予定が夕方から夜にずれこむという。

建屋外のトンネルに高濃度放射性物質含む水

< 2011年3月28日 19:50 >

福島第一原子力発電所で、高濃度の放射性物質を含む水が、建屋の地下から外に向けて配管や電線を通す「トレンチ」と呼ばれるトンネルの中にまで流れ出ていることが新たにわかった。

これは、27日に「東京電力」が調べて明らかになったもの。1号機、2号機、3号機ともにこの状況が見つかり、2号機の外のトンネル内では、水の表面の放 射線量が一時間当たり1000ミリシーベルト以上という高いレベルで計測されたという。放射線の管理区域の外で高濃度の放射性物質が見つかったのは初め て。

放射性物質濃度、実際は約10万倍~東電

< 2011年3月28日 1:54 >

「東京電力」は27日午前、福島第一原子力発電所2号機のタービン建屋のたまり水から、通常の原子炉の水の約1000万倍という極めて高濃度の放 射性物質が検出されたと発表した。しかし、その後、たまり水を測定し直した結果、通常の約1000万倍ではなく、約10万倍の値だったと発表し直した。

東京電力は27日午前、2号機のタービン建屋にたまっている水から1立方センチあたり29億ベクレル、通常の原子炉の水の約1000万倍という極めて高濃度の放射性のヨウ素134が検出されたと発表していた。

しかし、27日夜になって、測定結果に誤りがあったことを明らかにした。東京電力は、あまりにも高い測定結果だったことから、同じ水を再び測定したとこ ろ、半減期が非常に短いヨウ素134であれば放射線を出す能力が大幅に減るはずなのに、数値があまり変わらなかったため、誤りに気づいたと説明した。

そして、28日午前0時過ぎからの会見で、あらためて27日に2回、2号機のたまり水を測定し直した結果、いずれの濃度も通常の約10万倍の値だったと発表した。放射性物質のセシウム134の値を、ヨウ素134と取り違えていたという。

東京電力は、2号機以外のたまり水の放射性物質の測定結果についても再検証することにしている。

2号機たまり水、核燃料と接触した水流出か

< 2011年3月28日 13:49 >

枝野官房長官は28日、高濃度の放射性物質が測定された福島第一原子力発電所2号機のタービン建屋のたまり水について、一時溶けた核燃料と接触した水が流出したとの見方を示した。

また、原子炉に水を注入して冷却するやり方については「継続が可能だと分析している」と述べた。「東京電力」がたまり水の放射性物質の数値を訂正したこと については、「測定は安全確保の大前提で、間違いは許されるものではない」とするとともに「どういう態勢で、どう測定を行うのか、抜本的に考えなくてはな らない」と述べた。

さらに、原発から20キロ圏内の避難指示が出ている地域の住民に一時帰宅する動きがあることについて、「現時点で大きなリスクがある」として立ち入らないように強く求めた。

3号機は原子炉内から漏水の可能性~保安院

< 2011年3月26日 19:43 >

経産省の原子力安全・保安院は26日午後4時過ぎ、会見を行い、作業員が被ばくした福島第一原子力発電所3号機のタービン建屋にたまっていた水の分析結果から、この水は使用済み燃料プールではなく、原子炉内から漏れ出した可能性が高いことを示唆した。

保安院・西山英彦審議官「半減期が短い核種があることは、長いこと置いている使用済み燃料の方ではなく、原子炉の方ではないかと推察される」

第一原発では、3号機に加え、1号機と2号機のタービン建屋の水たまりからも高濃度の放射性物質が検出されている。

“3号機原子炉 損傷の可能性”

福島第一原子力発電所の3号機の建物から高い濃度の放射性物質が検出されたことについて、経済産業省の原子力安全・保安 院は、「3号機では原子炉のどこかが損傷している可能性が十分にある」と述べて、『放射性物質を閉じ込める機能』が低下し、原子炉から放射性物質が外に漏 れ出しているという見方を示しました。
原子力安全・保安院は、25日午前10時半ごろから記者会見し、24日、作業員3人が被ばくした3号機のタービンがある建物で、運転中の原子炉の水のおよ そ1万倍の濃度の放射性物質が検出されたことについて、「3号機では一定の閉じ込め機能はあるようだが、原子炉のどこかが損傷している可能性が十分にあ る」と述べて、『放射性物質を閉じ込める機能』が低下し、原子炉から放射性物質が外に漏れ出しているという見方を示しました。
一方、東京電力福島事務所によりますと、福島第一原発の1号機では、原子炉の表面で計った温度が、一時、設計段階で想定されていた最高温度の302度を超 えておよそ400度に達していましたが、25日午前6時では204.5度まで下がったほか、原子炉が入っている格納容器の圧力も、24日午前5時でおよそ 3.85気圧だったのが、25日午前6時でおよそ3.10気圧になっています。
東京電力は、25日朝から外部電源を復旧させる作業を再開していて、1号機から4号機を中心に、本格的に電気を流す前にポンプなどの機械や装置が故障していないかを確認する作業を進めています。
このうち、2号機では、25日中に中央制御室の照明が点灯する見通しです。
また、3号機では、原子炉にポンプを使って真水を入れる作業を行うほか、川崎市の消防の協力を得て使用済み燃料プールに水を放水する予定です。
さらに、4号機では「残留熱除去系」と呼ばれる、水を循環して熱を取り除く装置を動かし、使用済み燃料プールの冷却を始めたいとしています。

3月25日 12:10更新

1万倍濃度の水の排水を実施

24日、作業員3人が被ばくした福島第一原子力発電所の3号機で、被ばくの原因となった水から運転中の原子炉の水のおよそ1万倍の濃度の放射性物質が検出されました。
東京電力では、作業の妨げとなるこの水を取り除く作業を行うとともに、作業員に対して放射線の量を測定する線量計の警報が鳴ったら直ちに作業を中断することなどを周知しました。
福島第一原発では、24日、3号機のタービンが入った建屋の中で、作業員3人が深さ15センチの水につかって作業をしたところ、173ミリシーベルトから180ミリシーベルトの被ばくをしました。
このうち2人は、多量の放射線で皮膚が損傷する「ベータ線熱傷」の疑いがあり、25日、入院先の福島県の病院から千葉市にある放射線医学総合研究所へ搬送され、専門的な治療を受けることになっています。
作業員が被ばくした水については、東京電力の分析で1cc当たり390万ベクレルと、運転中の原子炉の中の水のおよそ1万倍の濃度に当たる放射性物質が検出されています。
検出されたのは、いずれも原子炉内で核分裂した際に発生する放射性物質で、東京電力では、高濃度の放射性物質を含む水が3号機の復旧作業の妨げになることから、排水作業を行っています。
一方、作業員3人が被ばくしたことを受けて、経済産業省の原子力安全・保安院は東京電力に対して、再発防止のため、直ちに放射線管理の在り方を見直し、改善するよう指示しました。
このため、東京電力は、25日朝、すべての作業員に対して、▽放射線の量を測定する線量計の警報が鳴ったり、ぬれたりしたら直ちに作業を中断することや、 ▽もし、作業中、事前の想定と異なることがあった場合は、すぐに東京電力に連絡してもらい、指示を仰ぐことなどを、周知徹底したということです。

3月25日 12:21更新

原因の水から高濃度の放射性物質

24日、福島第一原子力発電所の3号機で作業員3人が被ばくしましたが、被ばくの原因となった水から、運転中の原子炉の 水のおよそ1万倍の濃度の放射性物質が検出されたことが分かり、東京電力では、核燃料が損傷したために、放射性物質が流れ出たとみて詳しく調べることにし ています。
福島第一原発では、24日、3号機のタービンが入った建屋の中で、作業員3人が、深さ15センチの水につかって作業をしたところ、173ミリシーベルトから180ミリシーベルトの被ばくをしました。
このため東京電力が、作業員の足がつかった水を調べたところ、1CC当たり、390万ベクレルと、運転中の原子炉の中の水と比べておよそ1万倍の濃度にあたる放射性物質が検出されたということです。
検出されたのは、1CC当たりの濃度で、▽セリウム144が220万ベクレル、▽ヨウ素131が120万ベクレルなど、いずれも原子炉内で核分裂した際に発生する放射性物質でした。
東京電力では、3号機の原子炉や使用済み燃料プールの中の核燃料が損傷して、放射性物質を含んだ水が流れ出たとみて、さらに詳しく調べることにしています。

3月25日 7:15更新

冷却作業 真水へ切り替え急ぐ

深刻な状態が続いている福島第一原子力発電所では現在、海水を入れて原子炉などを冷やそうとしていますが、このままでは、原子炉内に塩がたまって水の流れが悪くなるおそれがあることなどから東京電力は、海水から真水への切り替えを急いでいます。
原子炉などの冷却機能が失われ、深刻な状況が続く福島第一原子力発電所では、外部からの電源を復旧させる作業と同時に、原子炉や使用済み燃料プールに海水を入れて冷やす作業が続いています。
ところが、原子力安全・保安院によりますと、このまま原子炉に海水を入れ続けた場合、海水に含まれるゴミでポンプや弁などが目詰まりしたり、配管がさびたりするおそれがあるということです。
また、原子炉内で海水が蒸発して炉内に塩がたまると、今後、燃料棒を冷やす水の流れが妨げられ、十分冷やすことができなくなる危険性もあるということです。
このため、東京電力は、できるだけ早く原子炉などに供給する水を海水から真水に切り替える必要があるとして、外部電源でポンプを動かし真水を送り込む方法 のほかに、新たに、外部電源に頼らず、真水の入ったタンクと消防車のポンプをつなぎ、原子炉などに送り込む方法の検討を始めました。
東京電力では、25日の午前中にも、まず3号機の真水への切り替え方法を決めたうえで、ほかの原発でも真水への切り替えを急ぐことにしています。

3月25日 4:30更新

福島第一原発 見えぬ収束への道筋

東京電力福島第一原子力発電所で原子炉を安全に冷やす機能が失われてから、25日で2週間になりますが、事態の収束に向けた道筋は一向に見えていません。
24日、作業員2人が足に多量の放射線を浴びて病院に運ばれるなど、冷却機能の復旧に向けた作業は、高い放射線量とのたたかいとなっていて、安全を確保しながら、作業を進める難しさに直面しています。
福島第一原発では、24日、3号機のタービンが入った建屋の中で、作業員3人が深さ15センチの水につかって作業をしたところ、173ミリシーベルトから180ミリシーベルトの被ばくをしました。
さらに、このうちの2人が、多量の放射線で皮膚が損傷する「ベータ線熱傷」の疑いで、福島県立医科大学に運ばれました。
東京電力によりますと、前の日の調査で現場には問題になるような水たまりはなく、高い放射線量も計測されなかったため、本来、こうした被ばくのおそれがある現場では必要な放射線を管理する職員が24日は同行していなかったということです。
これについて東京電力は「事態が長期化する中で放射線管理の職員の被ばく量を抑えたいという考えもあった」としています。
また、今回の被ばくが分かったあとに作業していた場所の放射線量を計ったところ、1時間当たり200ミリシーベルト、作業員がつかっていた水の表面の放射線量も、1時間当たり400ミリシーベルトと非常に高い値が検出されました。
大震災から2週間、深刻な事態が続いている福島第一原発では、燃料の損傷によって発生したとみられる水素爆発が起きたり、建屋から煙が上がったりするたびに、作業を中断せざるをえないほか、発電所内の至る所で、高い放射線量が計測され、立ち入れない場所も出てきています。
事態の収束に向けた道筋が見えないなか、東京電力は、外部からの電源を供給して、失った冷却機能を復旧しようと、作業を進めていますが、高い放射線量とのたたかいとなっていて、安全を確保しながら、作業を進める難しさに直面しています。

3月25日 4:30更新

福島第1原発:津波被害の建屋 保安院が施設内写真を公開

東京電力福島第1原発1、2号機中央制御室=2011年3月23日正午ごろ(原子力安全・保安院提供) 

東京電力福島第1原発1、2号機中央制御室=2011年3月23日正午ごろ(原子力安全・保安院提供)

東京電力福島第1原発1、2号機防護管理ゲート前から新サービス建屋方面の状況=2011年3月23日正午ごろ(原子力安全・保安院提供)

東京電力福島第1原発1、2号機防護管理ゲート前から新サービス建屋方面の状況=2011年3月23日正午ごろ(原子力安全・保安院提供)

経済産業省原子力安全・保安院と東京電力は24日、東日本大震災で被災した東電福島第1原発施設内の写真を公開した。写真は計9枚で、うち8枚は23日昼ごろ、1枚は24日に撮影したもの。建屋(たてや)の内外で、津波などによる被害が大きかった様子が分かる。

24日に外部電源で照明が復旧した1号機の中央制御室は、地震の強い揺れにより天井のパネルがはがれてぶら下がっている。1、2号機の事務棟を海 側から写した写真は、海に面した窓が津波で破れ、金属製の構造物が間近に倒れかかっている。電源が失われた真っ暗な場所で、作業員が懐中電灯を手に復旧作 業をする様子も写っている。【関東晋慈、松本惇】

【放射能漏れ】

作業員2人がベータ線熱傷の可能性 福島原発 復旧作業は一時中止

2011.3.24 16:57

東京電力は24日、東日本大震災で被災した福島第1原子力発電所で作業をしていた協力企業 の従業員3人が173~180ミリシーベルトの被曝(ひばく)をしたと発表した。このうち2人は足の皮膚に放射性物質(放射能)が付着したとみられ、福島 市内の病院に搬送された。2人は放射線によるやけどである「ベータ線熱傷」の可能性も否定できないという。

東電によると、3人は午前10時ごろから、3号機の1階から地下1階にかけてケーブルを敷設する作業を行っていた。病院に運ばれた2人は現場にたまっていた水に足をつけていた。

東電は2人が放射線による皮膚損傷を負ったことを受け、1~4号機の地下での電源復旧作業などを一時中止した。3号機以外でも水がたまっている地下での作業は中止するべきだと判断した。

作業員3人被ばく、2人搬送=建屋地下で180ミリSv−復旧作業中・福島第1原発

東京電力福島第1原発で24日午後0時10分ごろ、3号機タービン建屋内で、作業員3人が170〜180ミリシーベルトの放射線を浴び、うち2人がベータ線熱傷の可能性を否定できないとして、病院に搬送された。
経済産業省原子力安全・保安院や東電によると、被ばくしたのはいずれも協力会社の男性社員で、30代2人に20代1人。3人は24日午前10時ごろから ケーブル作業のため、原子炉建屋に隣接するタービン建屋地下1階の現場に入り、放射性物質が含まれるとみられる水の中に足が漬かった状態で作業し た。(2011/03/24-16:57)

【地震】米メーカーが軍用ロボットを無償提供(03/24 14:53)

東電・福島第一原発の事故で、日本政府の要請でアメリカのロボットメーカーが送った軍用ロボット4台が日本に到着しました。日本に到着 したのは、アイ・ロボット社製で偵察や爆発物の処理などに使われる小型ロボット(510パックボット)2台と、より大型で重い荷物を運んだり、がれきの除 去ができるロボット(710ウォリアー)2台です。4台合わせて販売価格は1億円近くになりますが、無償で提供されました。ロボットとアイ・ロボット社の 社員6人は22日に到着し、組み立てや操縦方法のレクチャーなどをしているということです。

アイ・ロボット社、ティム・トレーナー副社長:「発注を受けてから26時間ぶっ続けで準備した」「スタッフは皆、事態がうまく収まることを期待している」

ただ、いずれのロボットも強い放射線のなかで使用した実績はないということです。

1号機の炉心、一時400度に…燃料棒露出続く

原子炉内の温度が、一時400度まで上昇した福島第一原発1号機に関して、東電は23日未明から仮設ポンプで、海水の注水量を増加、冷却作業を進め、午後6時現在で温度を306度まで下げた。

しかし、燃料棒は水面から露出したまま高温になったとみられ、圧力も上昇し、炉内の状態は不安定なままだ。専門家も炉心の一部が溶けた可能性があるなどとし、十分な警戒が必要としている。

元原子力安全委員の住田健二・大阪大名誉教授(原子力工学)は、「同じように原子炉内に注水し続けている2号機の温度(約100度)と大きな温度 差があるのが気になる」と指摘。「炉心の一部が溶け、炉内が高温になったと考えられる。圧力容器を溶かすほどではないが、炉内が落ち着いていない。温度は 今後、急上昇する危険性がある。細心の注意が必要だ。最も重要なのは、炉の近くで中性子線の有無を確認し、核分裂反応が連続して起きる臨界がわずかでも起 きているのかどうかを知ることだ」と話す。

「異常な高温状態だ」と話すのは杉山亘・近畿大原子力研究所講師(原子力安全学)。約70気圧になる通常運転中でも水温は280度程度にとどまるとし、「冷たい水を高温の原子炉内に入れると、(原子炉につながる)給水配管が急な冷却で、破損するおそれもある」という。

宮崎慶次・大阪大名誉教授(原子力工学)は「原子炉の上部と下部で同じ約400度を示したのは、燃料の上部が冠水していないというより、水がほとんど入っていないのではないか。圧力容器を壊すような数値ではないが、深刻な状況が続いていると言える」としている。

(2011年3月24日09時23分  読売新聞)

福島第一原発3号機 注水作業再開

深刻な状態が続いている福島第一原子力発電所では23日、3号機から黒い煙が上がったため、1号機から4号機でのすべて の作業が中断していましたが、黒い煙が収まったことから、東京電力は、24日午前5時30分すぎに3号機の使用済み燃料プールへの注水作業を再開しまし た。
福島第一原発では23日、3号機のポンプに外部からの電源をつないで冷却水を送り込む機能を復旧させる作業などを予定にしていましたが、午後4時20分ご ろに3号機の原子炉が納められた建物から黒い煙が上がったため、東京電力は、作業員を退避させ、1号機から4号機でのすべての作業を中断しました。
東京電力福島事務所によりますと、3号機から上がっていた黒い煙は、23日午後11時30分の時点と、24日午前4時50分の時点で、発生が止まっていたことが確認されたということです。
このため東京電力は、作業員への退避命令を解除し、午前5時30分すぎに3号機の使用済み燃料プールへの注水作業を再開したということです。
東京電力はこのあと、23日に予定していた、3号機のポンプに外部からの電源をつないで冷却水を送り込む機能を復旧させる作業などを再開することにしています。
また、1、2号機の中央制御室に電源を復旧させる作業も再開する予定で、作業が順調に進めば、24日中に1号機の中央制御室の照明が点灯するということです。
一方、5号機では23日夕方、ポンプにトラブルが発生し、冷却機能が再び失われましたが、使用済み燃料プールの温度は24日午前5時の時点で45.1度と安全な状態になっているということで、東京電力は、午前中には冷却機能を復旧させたいとしています。

3月24日 10:06更新

ニュース画像

4基から水蒸気のようなもの

24日午前7時前、NHKのヘリコプターから、福島第一原子力発電所の1号機、2号機、3号機、4号機の4基の原発から、いずれも水蒸気のようなものが上がっているのが確認されました。
福島第一原子力発電所ではこれまでも2号機、3号機、4号機からは水蒸気のようなものが上がっているのが確認されていましたが、1号機から上がっているのが確認されたのは初めてです。
NHKのヘリコプターは、原子力発電所から30キロ以上離れた上空から撮影しています。

3月24日 9:30更新

福島第一原発 外部電源作業再開目指す

深刻な状態が続いている福島第一原子力発電所では、23日、3号機から黒い煙が上がったため、外部からの電源をつないで冷却機能を復旧させる作業などが中断しています。
このため、東京電力は24日、煙や発電所内の放射線の状態を見たうえで、復旧作業を再開することにしています。
福島第一原発では23日、3号機のポンプに外部からの電源をつないで冷却水を送り込む機能を復旧させる作業などを予定していましたが、午後4時20分ごろに、3号機の原子炉が納められた建物から黒い煙が上がったため、1号機から4号機でのすべての作業が中断されています。
このため、東京電力では24日、3号機の煙や発電所内の放射線の状態を慎重に見極めたうえで、冷却機能の復旧作業などを再開することにしています。 一方、一足先に冷却用のポンプの電源を非常用の発電機から外部からの電源に切り替えた5号機では、23日午後5時20分ごろ、ポンプにトラブルが発生し、冷却機能が再び失われたということです。
5号機では、原子炉の中も使用済み燃料プールも、23日の午後5時の時点で温度が50度以下の安全な状態になっているということですが、東京電力は、24日の午前中には冷却機能を復旧させる計画です。

3月24日 7:15更新

(1)水プール貯蔵方式
水プール貯蔵方式は、使用済燃料をプール水中に設置されたラック(金属製の枠組み)に収納して貯蔵する方式であり、プール水により使用済燃料の崩壊熱を除去すると共に、使用済燃料からの放射線遮へいする。
代表的な施設としては、スウェーデンのCLAB中間貯蔵施設(図3参照)があり、水プール貯蔵方式としては、世界最大規模の貯蔵容量を誇る。
水プール貯蔵方式は除熱性能に優れているため、原子力発電所等における大容量の貯蔵および原子炉から取り出して間もない、発熱量の高い使用済燃料の貯蔵に適している。
また、水プール貯蔵方式は、国内外の原子力発電所等において長期の運転実績があり、その安全性や貯蔵技術は既に成熟されたものであるものの、施設外の中間貯蔵施設として利用しようとした場合、他の貯蔵方式と比較して、非常用電源や水冷系統の設置等、建設ならびに運転コストが高いものとなっている。

使用済燃料の崩壊熱使用済燃料の崩壊熱 しようずみねんりょうのほうかいねつ

使用済燃料のなかに含まれているいろいろな放射性核種の崩壊によって発生する熱のこと。これらの放射性核種は、それぞれの崩壊系列に したがって崩壊するが、この間に発生するエネルギーは、ほとんど熱に変換される。この崩壊熱の時間的発生率を縦軸に、原子炉を停止してからの時間を横軸に とったとき、この曲線を崩壊熱曲線という。


<登録年月>
1998年01月

1.6Mev/s*100000s/2=80000Mev/27hr

80000Mev*1.60217733(49)×10−19 J

玄海3号炉使用済燃料崩壊熱曲線図
図:玄海3号炉 使用済燃料崩壊熱曲線
Q.使用済MOX燃料は,使用済ウラン燃料に比べ発熱量が多く,また,発熱量がウラン燃料に比べて
下がりにくいと聞いたが,発電所に使用済MOX燃料を安全に保管できるのですか。また,発電所に
永久に貯蔵することになるのではないですか。

A.原子炉から取り出した直後の使用済ウラン燃料と使用済MOX燃料の発熱量はほぼ

同じです。その後,発熱量は時間とともに低下しますが,使用済MOX燃料は使用済ウラ

ン燃料に比べて発熱量の低下が相対的に遅いため,長期的には使用済MOX燃料の

発熱量が高くなります。

しかし,玄海3号機の使用済MOX燃料を貯蔵する使用済燃料ピットの冷却能力につい

ては,このような長期的に発熱量が大きいというMOX燃料の特性を考慮しても問題が

ないことを確認しており,原子力発電所において安全に貯蔵,管理することが可能です。

なお,玄海3号機で発生する使用済MOX燃料については当面の間,原子力発電所で

貯蔵,管理し,国の定める基本方針に沿って処理していきます。また,一定期間貯蔵し

た後は,安全に搬出することが技術的に可能であるため,貯蔵期間が永久になることも

ありません。

原子炉だけでなく使用済み核燃料プール

も脅威、仏専門機関

【3月18日 AFP】東京電力福島第1原子力発電所の6つの原子炉に世界の注目が集

まっているが、それより大きいかもしれない新たな脅威が存在する――使用済み燃料

貯蔵プールだ。

プールの深さは14メートル。使用済みの核燃料は、熱がとれて落ち着くまで何年もこの

プールの水中で冷やされる。もっとも、冷えたからと言って放射能がなくなるわけではない。

フランス原子力安全機関(ASN)は16日、4号機の使用済み核燃料のプールが「最大の

懸念」だとの見方を示した。また、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のティ

エリ・シャルル(Thierry Charles)ディレクターは、グリニッジ標準時(GMT)の16日8時(日

本時間16日午後5時)の時点で4号機のプールは「沸騰」しており、「その後の48時間が

非常に重要」との見解を示した。

「水が補充されなければ数日以内に燃料棒が露出し始める。プールの水が無くなれば、

最終的にはメルトダウンを引き起こすだろう。そのような事が起きれば、放出される放射

性物質の量はこれまでより急激に増える」(シャルル氏)

IRSNによると、

4号機と同じく定期点検中で運転を停止していた5号機、6号機のプールの水温も「上

昇傾向」にあり「冷やされなければ、これらのプールも数日以内に沸騰する可能性がある

」という。(c)AFP/Richard Ingham

使用済み燃料、共用プールにあと6400本

東京電力福島第一原発には、6基ある原子炉建屋の使用済み燃料プールとは別に、約

6400本もの使用済み燃料を貯蔵した共用プールがあり、津波で冷却装置が故障した

まま、水温や水位の変化を把握できなくなっていることが、17日わかった。

すでに数年以

上かけて冷却されているため、ただちに爆発する危険は少ないとみられるが、政府と東電

でつくる福島原発事故対策統合本部は、共用プールへの対応も迫られている。

共用プールは、4号機の西約50メートルの建物内にあり、縦29メートル、横12メートル、深さ

11メートル。使用済み燃料を6840本収容できる。現在、1〜6号機の原子炉建屋のプール

に保管されている燃料集合体の1・4倍にあたる6375本が貯蔵されている。

東電によると、10日までは水温が30度に保たれていたが、11日の地震後、水温や水位も

測定できなくなった。プールへの給水は自動的に行われて いるとみられるが、その水から

熱をとるための冷却システムは故障しており、十分な冷却はできていないとみられる。爆発

事故を起こした3号機、4号機に近い ため周囲の放射線量が多く、状況を把握できていな

いという。

(2011年3月18日07時22分  読売新聞)

<大項目> 原子力安全研究
<中項目> 原子力施設などの安全研究
<小項目> 核燃料リサイクル施設の安全研究
<タイトル>
使用済燃料中間貯蔵技術 (06-01-05-14)

<概要>
原子力発電所の運転に伴って発生する使用済燃料は、再処理または直接処分されることとなるが、

その方針は世界各国の政策によって異なるものである。
しかしながら、現時点では

再処理も直接処分も計画通りに進んでいるわけではなく、大半の使用済燃料は一時貯蔵されている

のが現状である。このような情勢の中、使用済燃料の貯蔵については、世界各国において種々の貯蔵

方式が開発・実用化されている。
一方、国においては、原子力発電所の敷地内貯蔵施設において、水プールおよび金属キャスク貯蔵方式

が実用化されており、他の貯蔵方式に関する様々な研究もなされている。また、青森県むつ市において

わが国初の原子力発電所敷地外中間貯蔵施設が2010年度貯蔵開始を目途に進められている。


<更新年月>
2007年09月


<本文>
1.中間貯蔵施設の必要性
原子力発電所の運転に伴って発生する使用済燃料は、再処理または直接処分の何れかの対策を施す

ことになる。世界各国における使用済燃料対策(表1参 照)は、各国の政策によって、再処理または直接

処分の何れかの方針が決められているが、国によっては、その両方を採用する場合もある。また、現時点

では、 その処理方針を決定せず、当面の間、使用済燃料を貯蔵しておく国も少なくない。表中の米国は、

直接処分としているが、「国際原子力エネルギー・パートナー シップ(GNEP)」構想を提案し、先進

的再処理技術開発を促進するとともに、取り出されたプルトニウム等を燃やすための高速炉開発を進める

ことに方針変 換をしている。
使用済燃料対策方法については、各国の政策により異なるものの、現実的には再処理も直接処分も計画

通りに進んでいるわけではなく、大半の使用済燃料は、 原子力発電所の敷地内貯蔵施設(燃料プールを

含む)または敷地外貯蔵施設において、一時貯蔵されているのが現状である。エネルギー資源の乏しいわ

が国にお いては、使用済燃料をリサイクル燃料資源として有効利用することを原子力政策の基本として

いる。
わが国の使用済燃料発生量は、建設中の六ヶ所再処理施設の年間処理能力を上回っており、更に、今後

の発電量増加に伴って使用済燃料の発生量が増えると見込まれていることから、長期的にみれば貯蔵する

使用済燃料の量は増加(図1参照)していくこととなる。
1998年6月の旧通産省(現経済

産業省)総合エネルギー調査会(現総合資源エネルギー調査会電気事業分科会)原子力部会中間報告で

は、原子力発電所内 の使用済燃料貯蔵施設に加えて、原子力発電所外において使用済燃料を中間的に

貯蔵する施設(中間貯蔵施設)が2010年までに必要であることが示されてい る。平成17年10月に閣議決定

された原子力政策大綱においても、中間貯蔵施設は、「使用済燃料が再処理されるまでの間の時間的な

調整を行うことを可能に するので、核燃料サイクル全体の運営に柔軟性を付与する手段として重要」として

いる。
2.使用済燃料の貯蔵方式および貯蔵技術の動向
使用済燃料の貯蔵は、図2に 示す通り世界各国において様々な方式が採用されている。貯蔵方式は、湿式

貯蔵と乾式貯蔵の2種類に大別され、湿式貯蔵では水プール貯蔵方式、乾式貯蔵では 金属キャスク貯蔵

方式、コンクリートモジュール方式(コンクリートキャスク貯蔵方式、サイロ貯蔵方式)およびボールト貯蔵方

式などがある。
わが国の使用済燃料貯蔵に関する研究開発は、1982年頃から、乾式キャスク貯蔵方式における確証試験

燃料被覆管の温度解析やクリープ試験等)など様々な研究が行われてきている。コンクリートモジュール方式

(主にコンクリートキャスク)の研究開発も進められており、実規模大のコンクリートキャスクを用いた確証試験

なども行われた。
以下に各貯蔵方式の特徴および貯蔵技術の動向等を記述する。
(1)水プール貯蔵方式
水プール貯蔵方式は、使用済燃料

をプール水中に設置されたラック(金属製の枠組み)に収納して貯蔵する方式であり、プール水により使用済

燃料の崩壊熱を除去すると共に、使用済燃料からの放射線遮へいする。
代表的な施設としては、スウェーデン

のCLAB中間貯蔵施設(図3参照)があり、水プール貯蔵方式としては、世界最大規模の貯蔵容量を誇る。
水プール貯蔵方式は除熱性能に優れているため、原子力発電所等における大容量の貯蔵および原子炉から

取り出して間もない、発熱量の高い使用済燃料の貯蔵に適している。
また、水プール貯蔵方式は、国内外

の原子力発電所等において長期の運転実績があり、その安全性や貯蔵技術は既に成熟されたものであるもの

の、施設外の中間貯蔵施設として利用しようとした場合、他の貯蔵方式と比較して、非常用電源や水冷系統の

設置等、建設ならびに運転コストが高いものとなっている。
(2)金属キャスク貯蔵方式
金属キャスク貯蔵方式は、使用済燃料等の輸送に使用してきた衝撃や火災などに耐えうる金属製の容器(キャ

スク)に収納して貯蔵する方式であり、金属キャスク自身が閉じ込め機能、遮へい機能、臨界防止機能および

除熱機能の4つの基本的安全機能(図4参 照)を有している。金属キャスクについては、キャスク内へ収納す

る燃料集合体数を増加させ貯蔵効率を向上させる工夫が行われている。輸送貯蔵を兼用とする 場合が多い

が、輸送条件を考慮しない貯蔵専用容器とし、キャスク内へ収納する燃料集合体数を増加させている例もある。

また、図5に示す米国HI−STAR100キャスクのように、輸送、貯蔵および処分兼用タイプのキャニスタ(MPC:

Multi−Purpose Canister)を用いた金属キャスクも実用化されている。
金属キャスク貯蔵方式は、必要な時

期に比較的容易に増設できるため、初期投資の抑制および投資計画の容易さ等のメリットがあることから、1990

年以降、欧州圏を中心に採用するサイトが増加してきている。代表的な施設としては、中間貯蔵施設ではドイツ

のゴアレーベン(図6(1)参照)、スイスのヴューレンリンゲン、敷地内貯蔵施設では、米国のサリー発電所(図6

(2)参照)などがある。
わが国においても既に、2つの原子力発電所において金属キャスクを用いた施設が貯蔵を行っている。東京電

力の福島第一原子力発電所では平成7年より9基の金属キャスクが貯蔵(図7(1)参照)されており、日本原子

力発電の東海第二発電所では平成13年より貯蔵を開始(図7(2) 参照)し、平成20年には使用済燃料を貯蔵

中の13基に加え、新たに2基の貯蔵が行われる予定である。福島第一原子力発電所においては、平成12年と

平成 17年に、貯蔵容器の抜き取り調査が実施され、金属ガスケットなどの密封性および使用済燃料被覆管の

健全性に問題がなかったことが確認されている。
発電所敷地外における貯蔵について

は、原子炉等規制法が一部改正され、同法律に必要な政令、規則、基準等も公布され、平成12年6月、施行さ

れている。また、原子力安全委員会は、「金属製乾式キャスクを用いる使用済燃料中間貯蔵施設のための安全

審査指針」を平成14年10月策定している。
青森県むつ市は平成12年11月、東京電力に対して使用済燃料中間貯蔵施設の立地可能性調査を要請し、

これを受け、東京電力は、平成13年4月から同市 において現地調査を開始、平成15年4月には、立地は可能

な旨、報告するとともに事業構想を公表している。その後、むつ市並びに青森県の諸検討、諸手続を 経て、平

成17年10月、青森県、むつ市の立地了承を得ている。東京電力と日本原子力発電は「リサイクル燃料貯蔵株

式会社」を同11月設立し、平成19年 3月、リサイクル燃料貯蔵株式会社は、国に事業許可申請書を提出し、

現在、安全審査が 行われている。申請された貯蔵施設(リサイクル燃料備蓄センター)は、最終貯蔵規模

5000t(照射前金属ウラン量)のうち、第一期工事分の約 3000t(BWR使用済燃料集合体約2600t、PWR使用

済燃料集合体約400t)の貯蔵能力を有し、貯蔵に用いる金属キャスクには4つのタイプがあ り(図8参照)、

最大288基の金属キャスクを貯蔵することとしている(図9参照)。同申請書の工事計画によれば、平成21年

4月に工事を開始し、平成22年12月操業を開始することとしている。
(3)コンクリートモジュール方式
コンクリートモジュール方式には、コンクリートキャスク貯蔵方式およびサイロ貯蔵方式などがあり、両者とも、

使用済燃料を収納したキャニスタ(ステンレス鋼製の円筒状の密封容器)をコンクリート製の遮へい構造物内

に貯蔵する方式である。
コンクリートキャスク貯蔵方式の代表的な施設としては、発電所敷地内の貯蔵施設である米国のパリセード

図10参 照)、カナダのピッカリングなどがある。米国においてPFS社(Private Fuel Storage)がユタ州ス

カルバレーに計画中の敷地外の

中間貯蔵施設でもコンクリートキャスク貯蔵方式を採用する計画であり、2006年2月建設、操業 の許可が得

られ、同年5月には最終安全解析書が提出されている。その貯蔵規模は、最大40000tとされている(図11参照)。
サイロ貯蔵方式の代表的な施設

としては、何れも発電所敷地内の貯蔵施設であるが、カナダのジェンテリーPS2(縦型サイロ)、米国のオコ

ニー(横型サイロ)(図12参照)などがある。コンクリートモジュール方式は、北米大陸を中心に実用化が進んで

おり、貯蔵建屋を設置しない屋外貯蔵としている例が多い。
同方式については、軽水炉燃料用

として開発された横型サイロのNUHOMS(図13(1)参照)およびコンクリートキャスク貯蔵方式のVSC24

図13(2) 参照)以降、更なる燃料の高燃焼度化に対応した貯蔵容器の開発が行われている。また、容器単

位の拡張性を持っていることがメリットとして挙げられるが、容 器単位であるが故に貯蔵密度が低くなってしま

うことから、ボールト貯蔵施設と類似の連結タイプとすることにより、貯蔵密度を高めたタイプの開発が進めら

れ ている。また、フランスにおいては、より、長期の貯蔵が可能となるよう燃料集合体1体を内部コーティングし

た小型キャニスタに収納し、更に同キャニスタ複 数を大型キャニスタに収納する方式を用いた貯蔵システム

の開発・研究が行われている。
わが国においても、コンクリートキャスク貯蔵方式の採用に向け、平成18年4月、原子力安全・保安院は「コンク

リートキャスクを用いる使用済燃料貯蔵施 設(中間貯蔵施設)に係る技術要件について」を制定し、また、原子

力学会においても民間基準である「使用済燃料中間貯蔵施設用コンクリートキャスクおよび キャニスタ詰替

装置の安全設計および検査基準」を平成19年6月制定している。わが国の中間貯蔵施設は、港湾近傍に設置

されることとなるため、ステンレス製のキャニスタ表面への海塩粒子付着に起因する応力腐食割れを貯蔵期間

中にわたり如何に防止するかが重要になっている。
(4)ボールト貯蔵方式
ボールト貯蔵方式は、使用済燃料を収納したキャニスタをコンクリート製の貯蔵ピット内で貯蔵する方式で

ある。代表的な施設としては、米国のフォート・セント・ブレイン(図14参照)、ハンガリーのパクシュなどがあり、

何れも発電所敷地内の貯蔵施設でパクシュの貯蔵施設は、貯蔵モジュールを数期に分けて増設する方式を

採用している。
ボールト貯蔵施設は、貯蔵効率が良く、大容量の貯蔵に適した方式であるが、その分貯蔵密度が高くなるため、

冷却方法に工夫が必要となる。金属キャスクやコンクリートモジュール方式では、自然空冷により使用済燃料

からの崩壊熱を除去しているが、ボールト貯蔵方式では自然空冷が主流になりつつあるものの、ドイツやスイス

では、ヒートパイプ方式を採用する強制冷却方式についても開発が進められている。
今後の方向性としては、MPCを用いたボールト貯蔵施設の開発および冷却機能を維持しつつ、高い貯蔵効率

を有する施設の開発などが進められていくものと考えられている。
3.まとめ
わが国においては、原子力発電所の敷地内施設として、プール貯蔵方式と金属キャスク貯蔵方式が実現して

いる。また、敷地外貯蔵施設として、リサイクル燃 料貯蔵株式会社は、金属キャスク貯蔵方式の3000t規模

貯蔵施設の事業許可申請を行っており、平成22年に貯蔵を開始したいとしている。また、コンク リートキャスク

貯蔵方式についても技術要件等が制定されるなど、実現に向けた環境が整備されつつある。中間貯蔵施設は、

使用済燃料の放射能が 十分減衰した状態で、密封して静的に貯蔵する施設であり、その安全性は極めて高

い。この安全性を維持したうえで、貯蔵効率の向上による建屋建設費等の低 減、モジュール化による初期投資

の抑制等、貯蔵コストの低減を図りつつ、サイロやボールト方式も視野に入れ、わが国に適した貯蔵技術の

改良、適用が望まれ る。
(前回更新:2001年10月)

<図/表>
表1 各国の使用済燃料対策
図1 使用済燃料の発生量と再処理工場等への搬出量
図2 世界各国で採用されている貯蔵方式の割合
図3 CLAB中間貯蔵施設(スウェーデン)の概要
図4 使用済燃料貯蔵施設[金属キャスク方式]の安全機能
図5 輸送貯蔵兼用キャスクの構造(U.S.A:HI−STAR100)
図6 中間貯蔵施設の金属キャスクの例
図7 わが国の原子力発電所の金属キャスク貯蔵施設
図8 リサイクル燃料備蓄センターにて使用予定の金属キャスク
図9 リサイクル燃料備蓄センターのイメージ
図10 PFS社中間貯蔵施設のイメージ
図11 パリセード原子力発電所(米国)のコンクリートキャスク
図12 オコニー発電所(米国)の横型サイロ貯蔵施設
図13 横型サイロおよびコンクリートキャスクの概念
図14 フォート・セント・ブレイン原子力発電所(米国)のボールト貯蔵施設
・図表を一括してダウンロードする場合は ここをクリックして下さい。

<関連タイトル>
使用済燃料の受入、貯蔵 (04-07-02-01)
原子力発電所からの使用済燃料貯蔵の現状と見通し (04-07-03-16)
海外諸国の使用済燃料貯蔵の現状 (04-07-03-17)

<参考文献>
(1)三枝利有、白井孝治:リサイクル燃料資源の安全備蓄、月刊エネルギー、Vol.34、No.10、33−46(2001)
(2)柳下拓也、三枝利有、伊藤千浩、小松進一、吉村英二:諸外国における使用済燃料中間貯蔵技術の動向、日本原子力学会誌、Vol.42、No.11、64−78(2000)
(3)日本原子力産業会議(編):放射性廃棄物管理−日本の技術開発と計画、p.190−202
(4)資源エネルギー庁:総合エネルギー調査会原子力部会中間報告(1998年6月)
(5)原子力委員会:原子力政策大綱(2005年10月)
(6)資源エネルギー庁:使用済燃料貯蔵施設(中間貯蔵施設)に係る技術検討報告書(2000年12月)、p.4−8
(7)資源エネルギー庁:使用済燃料の中間貯蔵について(パンフレット)(1999年6月)
(8)東京電力:リサイクル燃料備蓄センターのあらまし(パンフレット)(2001年11月)
(9)資源エネルギー庁:使用済燃料中間貯蔵施設(5)Q&A(パンフレット)(2006年)
(10)リサイクル燃料貯蔵:リサイクル燃料備蓄センター使用済燃料貯蔵事業許可申請書(2007年3月)
(11)リサイクル燃料貯蔵株式会社ホームページ:http://www.rfsco.co.jp
(12)Private Fuel Storage,LLC:Response to Questions about the Operation of the Private Fuel Storage Facility(February 2001)
(13)Nuclear Energy Research Initiative:http://neri.ne.doe.gov
(14)SKB R&D−PROGRAMME 89(Handling and final disposal of nuclear waste)

1
○軽水型動力炉の非常用炉心冷却系の性能
評価に用いる崩壊熱データについて
平成4年6月11日
原子力安全委員会了承
標記の件について、当専門部会は平成3年9月24日以来検討を行いその結果を別添1の
とおり取りまとめたので報告します。また、本データの使用に関連して「軽水型動力炉の
非常用炉心冷却系の性能評価指針」の一部改訂案を別添2のとおり取りまとめたので併せ
て報告します。
【別添1】
軽水型動力炉の非常用炉心冷却系の性能評価に用いる崩壊熱データについて
1.審議目的
「軽水型動力炉の非常用炉心冷却系の性能評価指針」(以下「ECCS指針」という。)
では、非常用炉心冷却系(以下「ECCS」という。)の設計上の機能及び性能を評価する
ための解析に当たっての要求事項の1項目として「熱源」について示している。この「熱
源」の主要なものとなる崩壊熱の評価に当たっては、核分裂生成物(以下「FP」という。)
及びアクチニドによるものを考慮することとし、実験データ等との比較によって適切な安
全余裕を見込まなければならないとしている。
現行のECCS指針では次のデータを使用することは妥当であるとしている。(以下この
3つを「現指針データ」という。)
(1) ANS5.1の与える値に1.2を乗じたもの
(2) ANSI/ANS-5.1-1979に基づいてMAPI社の作成した崩壊熱曲線
(3) GE社の与える値に、その標準偏差の3倍を加えたもの
FPの崩壊熱については、国内外で様々な研究が行われてきており、精度もより改善さ
れつつある。平成元年8月に(社)日本原子力学会は同学会内の「原子炉崩壊熱基準」研究
専門委員会で最新の崩壊熱の測定と計算を中心に調査し、その評価を行った成果を「原子
炉崩壊熱とその推奨値」として報告書にまとめて刊行している。(1) さらに、平成2年7月
に同学会は、この推奨値を使いやすい形にまとめてデータブック「崩壊熱の推奨値とその
使用法」として追加刊行した。(2)
当専門部会では、同学会の推奨する崩壊熱データ(以下「AESJ推奨値」という。)の
2
使用をECCS指針に追加して認めることについて、AESJ推奨値の誤差の検討、実験
データとの比較等を行い、その妥当性の評価を行った。
2.AESJ推奨値の特徴
AESJ推奨値の特徴は以下の通りである。
(1) 短い冷却時間において問題とされるのは、崩壊データが実験で測られていない核種、
あるいは実験データが不備であると判断される核種による崩壊熱である。これらの核
種から放出されるβ線及びγ線の平均放出エネルギーに対して、AESJ推奨値では
β崩壊の大局的理論による計算値を採用し、これを用いて総和計算を行っている。こ
れにより、崩壊熱計算結果が測定結果に一致する方向に改善されている。
(2) FPの崩壊熱に対する推奨値は、熱中性子で核分裂するU-235、Pu-239及びPu-241
並びに核分裂時に発生する高速中性子で核分裂するU-238及びPu-240に対して与えら
れている。AESJ推奨値は、熱に転化しないニュートリノにより持ち出されるエネ
ルギーを除いたβ線及びγ線による全崩壊熱だけでなく、β線による崩壊熱及びγ線
による崩壊熱についても、それぞれ別個に、0~1013秒(~3×105年)の冷却時間の
範囲にわたって表の形で与えられている。表には、瞬時照射、1年照射、及び無限時
間照射の場合の値が与えられている。さらに、瞬時照射の結果を冷却時間に関する33
項の指数関数の形でそれらのパラメータを表示してあるので、これを用いて任意の照
射履歴に対する崩壊熱を計算することができる。
(3) 照射期間中のFPの中性子捕獲の効果に関しては、U-235及びPu-239のFPのβ線と
γ線の崩壊熱に対する補正係数が実炉での条件を包絡するような照射条件の範囲に対
して与えられている。なお、U-238、Pu-240及びPu-241のFPの補正係数については
Pu-239のそれによって代用している。
(4) 崩壊熱の値に対する誤差解析については、U-235、U-238、Pu-239、Pu-240及びPu-241
の瞬時及び無限時間照射の場合に対して、FP核種のβ線あるいはγ線の平均放出エ
ネルギー、崩壊定数及び核分裂収率の誤差を考慮し、各冷却時間ごとに計算した結果
が示されている。
(5) FPの崩壊に伴う遅発γ線のエネルギースペクトルは、U-235、Pu-239及びU-238の
核分裂に対して、エネルギー幅1MeVの10群の構造で、0~1013秒の冷却時間にわたっ
て表示されている。中性子捕獲効果を考慮した場合の遅発γ線スペクトルについても
示されている。
(6) アクチニドの崩壊熱に関しては、U-238の中性子捕獲反応により生じるU-239及び
Np-239の崩壊熱のみを取り上げて、その解析解が与えられている。その他のアクチニ
ド核種の崩壊熱、構造材核種の放射化による崩壊熱及び遅発中性子による核分裂出力
3
の評価は含まれていない。
3.AESJ推奨値と現指針データ等との比較
AESJ推奨値と現指針データの基になったANS-5.1-1979及びGEの基準値(「基準値」
には指針上で見込まれている安全余裕は含まない。以下同じ。)を、無限時間(1013秒)照
射時で、その主値及び評価された誤差について比較した結果、以下のことが確認された。
(1) AESJ推奨値とANS-5.1-1979はU-235、Pu-239及びU-238については、冷却時間4
×107秒(約1年)までは最大約3%以内の差で一致している。
(2) GE及びANS-5.1-1979の誤差は、冷却時間102秒以降では、2~3%(1σ)程度で、
AESJ推奨値の誤差と一致している。102秒まではGE及びANS-5.1-1979の誤差はA
ESJ推奨値の誤差より大きく、冷却時間が短くなるにしたがって大きくなる。一方、
AESJ推奨値の誤差は冷却時間が短いところでもそれほど変わらない。
このように、AESJ推奨値はECCSの性能評価で重要となる長時間照射の場合、104
秒までの冷却時間において、現指針データの基礎となった基準値の主値との差は小さく、
また、その誤差は特に102秒までの短い冷却時間で現指針データの基礎となった基準値の誤
差より小さくなっている。
AESJ推奨値は、最近の知見を取り入れて評価したFPの核データのライブラリー(3)
をもとに総和計算した結果に基づいている。そしてこの総和計算の結果を国内外の最近測
定された精度の高い崩壊熱の測定データ(東大及びORNL(Oak Ridge National
Laboratory)の瞬時照射実験等によるもの。)と比較すると、AESJ推奨値はほぼ測定誤
差の範囲内に入ることが確認されていることから、これらの測定値と同程度の信頼性があ
るものと考えることができる。
瞬時照射時について現指針データと比較すると、AESJ推奨値が最も上述の実験デー
タとの一致がよく、ANS-5.1-1979の主値は、U-235、Pu-239及びU-238について冷却時間4
×107秒(約1年)までで、それぞれ最大約5%、約8%及び約16%AESJ推奨値より大
きい。
4.AESJ推奨値の誤差について
AESJ推奨値は評価した核データを用いた計算結果に基づいている。計算結果はほぼ
実測データの測定誤差の範囲内に入ることから信頼性が高いと考えられる。従って、推奨
値の誤差も計算値を基に評価している。
この評価においては、FP核種の平均放出エネルギー、崩壊定数及び核分裂収率の誤差
を考慮している。ただし、誤差の計算を解析的に行えるよう崩壊系列を簡略化しているた
め、102秒までの短い冷却時間では、誤差全体に占める割合が最も大きい平均放出エネルギ
4
ーの誤差によるものを除いて、崩壊定数及び核分裂収率の誤差によるものは、より長い冷
却時間での傾向から外挿して求めている。
短い冷却時間において平均放出エネルギーの誤差の占める割合が大きいのは、平均放出
エネルギーを計算する基となる崩壊データが実験で測られていない核種及び実験結果が不
備であると判断される短寿命核種の寄与が大きい為である。AESJ推奨値ではそれらの
核種から放出されるβ線及びγ線の平均放出エネルギーに対して、β崩壊の大局的理論に
よる計算値を用いて総和計算を行っている。核データの誤差の評価を簡略化を行わず評価
しており、かつ、多種類の核種の相乗効果によって誤差が打ち消される効果を無視してい
ないため、ANS-5.1-1979より誤差が小さくなる。FP核種のβ線やγ線の平均放出エネル
ギーEβorγを理論計算で求める場合、その誤差σβorγは、以下の式で評価している。
σβorγ=
6
1 ×│Eβorγ (Qθθ=2.0MeV)-Eβorγ (Qθθ=0.0MeV)│……………(1)
(1)式は、理論計算においてパラメーターQθθを0.0MeV~2.0MeVの範囲で変化させた時の
β線やγ線の平均放出エネルギーの変化量を、測定データのばらつきを考慮して±3σの
幅に値するとし、この6分の1をそれぞれの平均放出エネルギーの誤差σとしたものであ
る。「崩壊熱の推奨値とその使用法」中には、上で述べたように、この平均放出エネルギー
の誤差だけでなく、崩壊定数及び核分裂収率の誤差を考慮しており、これらを互いに独立
として統計処理を行い崩壊熱推奨値の誤差(以下「σA」という。)としている。
当専門部会は、上記の誤差導出の過程を測定データとの比較などから詳細に検討した結
果、パラメーターQθθが0.0MeV~2.0MeVの範囲で変化する際の理論計算上のβ線やγ線の平
均放出エネルギーの変化量は、データの包絡性から保守的に判断し±3σではなく±2σと
すべきであると評価した。その結果σは、(1)式のような平均放出エネルギーの変化量の6
分の1ではなく、平均放出エネルギーの変化量の4分の1となる。また、測定された平均
放出エネルギー、崩壊定数及び核分裂収率の誤差についても裕度をみて同様にすべきであ
ると判断した。この結果、AESJ推奨値の誤差(以下「σG」という。)は「崩壊熱の推
奨値とその使用法」から求められる誤差σAの1.5倍とすることが妥当であると考える。
5.AESJ推奨値のECCS指針における崩壊熱データとしての追加について
3.で述べたようにAESJ推奨値は、ECCSの性能評価で重要となる104秒までの短
い冷却時間においては、現指針データの基礎となった基準値との差は小さく、かつ最近の
実測データと比較しても精度の向上がなされている。しかし、ECCS指針における崩壊
熱データとして採用するに当たっては、適切な安全余裕を見込まなければならない。
当専門部会としては、AESJ推奨値のECCS指針への追加に当たっては、現在指針
で使用を認めているANSI/ANS-5.1-1979に基づいてMAPI社の作成した崩壊熱曲線
5
(ANS-5.1-1979+2σ)と同様の思想で裕度を考慮することが妥当であると判断した。すな
わち、AESJ推奨値を現指針データに追加する際には、誤差σGの2倍を上乗せして使用
する事が妥当であると判断した。なお、4.での評価の過程から、2σG を上乗せすること
は、結果として報告書「崩壊熱の推奨値とその使用法」から求められるAESJ推奨値の
誤差σAの3倍を上乗せすることになる。
図1~図4に瞬時照射の場合の東大及びORNLの実験結果とAESJ推奨値の誤差
σAの3倍を上乗せしたもの(以下「AESJ推奨値+3σA」という。)との比較を示す。
これらの図に示されるようにAESJ推奨値+3σAは測定値を包絡し、適切な安全裕度を
有することを確認した。
図5にU-235における無限時間照射の場合の現指針データとAESJ推奨値+3σAとの
比較を示す。AESJ推奨値+3σAは現指針データのいずれよりも、冷却時間104秒までの
範囲で低い値となっている。これはAESJ推奨値が最新データを基に評価作成されたも
ので精度が向上し、裕度を大きくとる必要がないことによる。AESJ推奨値+3σAは、
現在の知見に基づいて適切な安全余裕を見込んだ崩壊熱データであり、これをECCSに
おける崩壊熱データとして追加することは妥当である。
なお、現指針データの使用についても、安全側に裕度がとられていることから、その使
用を排除するものではない。
6.まとめ
AESJ推奨値を報告書「崩壊熱の推奨値とその使用法」に与えられている誤差の3倍
を上乗せした上で、ECCS指針における崩壊熱の評価データとして追加することは妥当
と考えられる。
参考文献:
(1) 「原子炉崩壊熱とその推奨値」、「原子炉崩壊熱基準」研究専門委員会、社団法人日
本原子力学会、平成元年8月
(2) 「崩壊熱の推奨値とその使用法」、「原子炉崩壊熱基準」研究専門委員会、社団法人
日本原子力学会、平成2年7月
(3) “JNDC Nuclear Data Library of Fission Products -Second Version-”,K. Tasaka,
et al., JAERI-1320 (1990)
6
図1 測定との比較(235U瞬時照射)
図2 測定との比較(239Pu瞬時照射)
7
図3 測定との比較(238U瞬時照射)
図4 測定との比較(241Pu瞬時照射)
8
図5 原子炉崩壊熱現基準との比較(235U無限時間照射)
9
【別添2】
軽水型動力炉の非常用炉心冷却系の性能評価指針(改訂案)
付録Ⅲ(平成4年〇月〇日)
(以下略)
解説Ⅲ(指針改訂(平成4年〇月〇日)に当たっての
原子炉安全基準専門部会の見解)
(以下略)
(参考)
平成4年6月11日付け原子力安全委員会決定文
軽水型動力炉の非常用炉心冷却系の性能
評価に用いる崩壊熱データについて
当委員会は、平成4年5月22日付けをもって原子炉安全基準専門部会から標記の件に関
する検討結果の報告を別添のとおり受けたが、その内容を検討した結果、これを了承し、
別紙のとおり「軽水型動力炉の非常用炉心冷却系の性能評価指針」の一部改訂を決定する。

2号機 制御室復旧22日以降

3月22日 4時47分
冷却機能が失われ、深刻な事態に陥っている東京電力福島第一原子力発電所では、21日、3号機から煙が出た影響で、放水活動や外部電源の復旧作業が打ち切りになり、21日中を目指していた2号機の中央制御室の復旧は22日以降にずれ込みました。

東日本大震災:福島第1原発事故 甲府の水道、放射性物質出ず /山梨

県は19日、福島第1原発の事故を受けて実施した水道水に含まれる放射性物質の測定結果を、初めて公表した。甲府市の水道から採取された水からは、放射性ヨウ素や放射性セシウムなどの放射性物質は検出されなかった。

調査は同市にある県衛生環境研究所が実施した。県は今後、水道水に加え、空気中のちりや雨水など大気からの「降下物」に含まれる放射性物質についても測定し、ホームページで公表する。【中西啓介】

毎日新聞 2011年3月20日 地方版

2011年3月21日 月曜日

3/22 02:33
露軍機が日本海側に飛来、空自機が緊急発進
3/22 02:24
原子力専門部隊、派遣準備ある~米軍司令官MOVIE
3/22 03:36
米長官が記帳「支援の準備はできている」
3/22 02:53
露大統領夫人が記帳、地震犠牲者の冥福祈る
3/22 02:44
福島など在住の米政府職員にヨウ素剤準備
3/22 07:54
首都圏から東北方面への22日の交通情報
3/22 07:05
福島原発近くの海水に基準超える放射性物質MOVIE
3/22 07:05
福島原発で煙、安全確認されれば作業再開へMOVIE
3/22 06:14
9日ぶり救助の高校生「助かって良かった」MOVIE
3/22 03:19
仙台市のガス供給 23日から順次再開へMOVIE
3/22 02:10
地震被害の高速道路、93%が応急復旧へ
3/22 01:57
被災者に聞いた「いま、つたえたいこと」MOVIE
3/22 00:38
「今、伝えたいこと」宮城県の被災地よりMOVIE
3/22 00:15
宮城県の被災者が「今、伝えたいこと」MOVIE
3/21 23:37
宮城県で移動郵便局、22日は2か所で営業
3/21 22:23
調査捕鯨船・日新丸が帰国、今後は被災地へMOVIE
3/21 21:33
関東のガソリン不足、備蓄引き下げで解消へMOVIE
3/21 15:33
ヤマト運輸、岩手・宮城・福島で宅配便再開MOVIE

福島第一原発4号機の放水終了~防衛省 動画を再生

ニュース動画をみる
このニュースをブログに書く

 

福島第一原発4号機の放水終了~防衛省

< 2011年3月21日 8:51 >

防衛省によると、自衛隊は21日午前6時37分から8時30分まで、約2時間にわたり、福島第一原子力発電所4号機に向けて放水した。20日に引き続き、使用済み核燃料プールを冷却するために行われたもので、自衛隊の消防車12台などが約90トンを放水したという。

【関連記事】
2011.03.21 07:07
福島第一原発4号機に向けて放水~自衛隊
2011.03.21 06:40
第一原発2号機 部品交換には2、3日か
2011.03.20 20:22
自衛隊、福島第一原発4号機へ放水
2011.03.20 11:00
自衛隊、福島第一原発4号機に地上から放水
2011.03.20 09:07
福島第一原発4号機に向け、地上から放水
3/20 23:19
6万9000人が37億円引き出す~みずほ
3/20 20:22
福島原発周辺の住民にガソリン輸送~経産省MOVIE
3/20 18:43
農水省、コメ945万食分を首都圏に供給MOVIE
3/20 12:33
ハイパーレスキュー隊、20日午後も放水へMOVIE
3/20 12:18
福島2号機で冷却装置復活に向けた作業開始MOVIE
3/20 11:00
自衛隊、福島第一原発4号機に地上から放水MOVIE
3/20 09:07
福島第一原発4号機に向け、地上から放水MOVIE
3/20 08:35
自衛隊 福島第一4号機に地上から放水
3/20 04:40
放水、ケーブル接続とは 解説員に聞くMOVIE
3/20 01:28
東京消防庁 19日は3号機に2回放水MOVIE
3/21 08:51
福島第一原発4号機の放水終了~防衛省MOVIE
3/21 07:23
福島・飯舘村の水道水から放射性物質検出MOVIE
3/21 07:07
福島第一原発4号機に向けて放水~自衛隊MOVIE
3/21 07:02
雨にぬれた場合の注意呼びかけ~保安院
3/21 06:40
第一原発2号機 部品交換には2、3日かMOVIE
3/21 05:18
首都圏各鉄道会社の21日の運行予定MOVIE
3/21 04:59
二本松市などで震度4 津波の心配なしMOVIE
3/21 04:58
震源地は福島県沖 津波の心配なし
3/21 04:57
東北地方で震度4の地震
3/21 04:30
大地震の死者・不明者2万1000人超えるMOVIE
3/21 03:43
農作物取引などで冷静な対応を…農水省通知
3/21 01:39
福島県内の原乳や露地野菜の出荷自粛を要請MOVIE
3/21 01:19
第一原発は廃炉とせざるを得ない~官房長官MOVIE
3/21 01:15
出荷規制、21日中に判断~枝野官房長官MOVIE
3/21 01:01
岩手・三陸鉄道の一部区間で運転再開MOVIE
3/21 00:49
原発周辺住民に安定ヨウ素剤の投与を指示MOVIE
3/21 00:15
80歳女性と16歳孫を9日ぶりに救助MOVIE
3/21 00:33
防衛相「核燃料プールは全て100℃未満」MOVIE

福島第一原発襲った津波は14m以上

東北の太平洋沿岸を襲った大津波でさまざまな設備が故障し、冷却機能が失われた福島第一原子力発電所と、隣の福島第二原子力発電所では、想定の2倍を超える14メートル以上の津波を観測したことが分かりました。
東京電力が、11日の地震のあと、福島第一原発と福島第二原発を襲った津波について調べた結果、原子炉がある建物の壁に残った跡などから津波の高さは、いずれも14メートル以上あったことが分かりました。
東京電力が想定していた津波の高さは、▽福島第一原発では最大5.7メートル、▽福島第二原発では最大5.2メートルで、いずれも、想定の2倍を超える高さの津波が襲っていました。
福島第一原発では、海沿いに設置された非常用ディーゼル発電機や海水を取り込むポンプなどの設備が水につかって故障し、原子炉を冷やすための機能が十分に確保できない事態になっています。
福島第一原発の、原子炉がある建物やタービンがある建物は、海抜10メートルから13メートルのところに建てられていて、これらの設備でも一部が浸水する被害が出ました。
東京電力は、「想定していた地震の規模は、マグニチュード8.0と実際の地震より『1』小さく、今回は空前の規模だと認識している。今後原子炉を安定させたうえで、津波の被害について検証する必要がある」と話しています。

3月22日 6:05更新

放射線量上昇は2号機影響か

21日、福島第一原子力発電所の2号機から白い煙が上がり、その後、2号機の西で放射線量の値が一時的に上昇したことについて、経済産業省の原子力安全・保安院は、風向きや時間帯などから、関連があるという見方を示しました。
福島第一原子力発電所の2号機では、21日午後6時20分ごろ、原子炉の入った建物の屋根から白い煙が上がっているのが見つかり、1号機から4号機で作業していた全員が屋内に避難しました。
東京電力によりますと、2号機から西におよそ1キロ離れた発電所正門付近の放射線量は、午後5時40分に1時間当たり494マイクロシーベルトだったのが、午後6時半には、1時間当たり1932マイクロシーベルトまで上がりました。
値はその後、再び下がり始め午後10時には1時間当たり380マイクロシーベルトになったということです。
これについて原子力安全・保安院は、白い煙は使用済み燃料プールの水が蒸発した水蒸気の可能性があるとしたうえで、当時の風が2号機側から正門側に向かっ て吹いていたことや、時間帯が一致することから放射線量の値の上昇に2号機から出た白い煙が影響しているのではないかという見方を示しました。
原子力安全・保安院は燃料棒が壊れて、プールに放射性物質が漏れ出している可能性もあるとして、注意深く監視することにしています。

3月22日 3:45更新

海水からも放射性物質を確認

東京電力が、福島第一原子力発電所近くの海水を調べた結果、国の基準を上回る放射性ヨウ素や放射性セシウムなどが含まれていることが分かりました。
東京電力は、福島県などに報告するとともに、放射性物質が広がっていないか、範囲を広げて調査することにしています。
東京電力は、21日午後2時半に、福島第一原発で施設からの水を流し出す「放水口」の南100メートルの地点で、海水に含まれる放射性物質を調査しました。
その結果、▽放射性ヨウ素131が法律で決められた基準値の126.7倍の濃度で検出されたほか、▽放射性セシウム134が24.8倍、▽放射性セシウム137が16.5倍の濃度で検出されました。
また、▽国の基準値を下回る放射性コバルト58が検出されました。
基準値は、国民が飲む平均的な量を1年間毎日飲み続けると、一般の人が1年間に浴びても差し支えないとされる1ミリシーベルトに相当する濃度を示しているということです。
東京電力は、「1か所だけでの調査で海域全体や魚介類への影響はまだ評価できない」として福島県などに報告するとともに、放射性物質が広がっていないか、今後範囲を広げて調査することにしています。

3月22日 3:45更新

自衛隊 4号機への放水を実施

3月21日 8時42分 

福島第一原子力発電所4号機の使用済み核燃料を保管するプールを冷却するため、自衛隊は、20日に 続いて21日も放水を行い、午前8時40分にいったん終了しました。自衛隊は、今後、政府の対策本部の作業の進展状況を見ながら、再び放水をするかどうか 検討することにしています。

福島第一原子力発電所の3号機と4号機は、使用済み核燃料を保管したプールが冷却できなくなってお り、このままの状態が続くと放射性物質が大量に漏れ出すおそれがあります。自衛隊は、3号機に続いて20日、初めて4号機への放水を行い、午前と午後の2 回であわせて160トンの水を放水しました。福島第一原子力発電所3号機と4号機の冷却作業を巡っては、政府の対策本部が、場所を絞って大量の水を注ぎ込 める特殊な車両の活用を決めており、21日にも設置作業が始まる見通しです。自衛隊は、この特殊な車両の運用が始まるまでの間、引き続き4号機の冷却を行 う必要があるとして、21日も放水を行うことを決め、現地に展開した消防車が午前6時37分から午前8時40分までおよそ2時間にわたって放水を行いまし た。防衛省によりますと、21日は東京電力がアメリカ軍から借り受けた消防車を含めて、あわせて13台の態勢で90トンの水を放水したということで、水は 建屋の中に届いているということです。自衛隊では、これで21日の放水活動をいったん終了し、今後、政府の対策本部の作業の進展状況を見ながら、再び放水 をするかどうか検討することにしています。

[関連ニュース]
自動検索

自衛隊 4号機への放水を終了

自衛隊は、福島第一原子力発電所4号機の使用済み核燃料を保管するプールを冷却するため、21日も午前6時半すぎから放水を行っていましたが、午前8時30分に終了しました。

3月21日 8:45更新

外部電源の復旧作業進む

冷却機能が失われた福島第一原子力発電所で、放水と並行して行われている外部電源の復旧作業は、20日までに1号機と2号機、それに5号機と6号機の4つの原発で電気を流せる状態になりました。
残る3、4号機も、22日には電気が供給される見込みで、東京電力では冷却機能の回復に全力を挙げることにしています。
福島第一原発の外部電源の復旧作業は20日、2号機と5号機について、それぞれ電気を送るための配電盤まで電気が供給され、1号機と2号機、それに5号機と6号機は電気を流せる状態になりました。
また、高い放射線量が検出されたため、慎重な作業を余儀なくされていた3号機と4号機についても、22日には配電盤まで電気が供給される見通しです。
ただ、実際に電気を流せるようになるには、機器が壊れていないかや、漏電がないかなどの点検が必要です。
経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、最も作業が進んでいる2号機については、点検の結果、ポンプが使える系統が見つかっているということですが、部品の取り替えに2、3日かかる見込みで、復旧にはなお時間がかかりそうです。
東京電力では、原子炉や使用済み燃料プールの冷却機能の回復には、外部電源の復旧が欠かせないとしており、事態の収束に向けて全力を挙げることにしています。

3月21日 5:15更新

3号機の放水 プールの約3倍

福島第一原子力発電所の3号機を冷却するため、東京消防庁が20日夜から再開していた連続放水は、6時間半にわたって行われ、21日午前4時前に終わりました。
これまでに使用済み燃料を保管するプールの容量のおよそ3倍の海水が放水されたとみられ、プールの状態がさらに改善することが期待されています。
東京消防庁は、福島第一原発の3号機の使用済み燃料を保管するプールに対して、20日の未明まで2回に分けて、14時間にわたって連続放水したあと、20日夜9時半から放水を再開しました。
放水はこれまでと同様、大型のポンプ車で海水をくみ上げたうえ、高い位置から放水できる特殊な車両を使って連続放水するシステムで行われましたが、20日 まで使用した車両が長時間の放水による負担で異常を示したため、同じ機能を持つ代わりの消防車が使われたということです。
隊員は、放水の方向や距離を調整したあと敷地の外に退避し、ほとんどの時間は無人の状態で放水が行われ、連続放水は、6時間半後の21日午前4時前に終わりました。
これで、これまでに放水された海水の量は、使用済み燃料を保管するプールの容量のおよそ3倍になるとみられています。
20日までの放水のあと、3号機周辺の放射線の量は減少する傾向を示したということで、今回の放水で燃料プールの状態がさらに改善することが期待されています。

3月21日 5:15更新

自衛隊 21日も4号機放水へ

自衛隊は、福島第一原子力発電所4号機の使用済み核燃料を保管するプールを冷却するため、20日に続いて21日も放水を行うことを決めました。
福島第一原子力発電所の3号機と4号機は、使用済み核燃料を保管したプールが冷却できなくなっており、このままの状態が続くと放射性物質が大量に漏れ出すおそれがあります。
自衛隊は、3号機に続いて、20日、初めて4号機への放水を行い、午前と午後の2回であわせて160トンの水を放水しました。
福島第一原子力発電所3号機と4号機の冷却作業をめぐっては、政府の対策本部が、場所を絞って大量の水を注ぎ込める特殊な車両の活用を決めており、早ければ21日にも設置作業が始まる見通しです。
自衛隊は、この特殊な車両の運用が始まるまでの間、引き続き消防車による放水で4号機の冷却を行う必要があるとして、21日も早朝から放水を行うことを決めました。
防衛省によりますと、21日は消防車10台以上の態勢であわせて90トンの水を放水するということです。
放水は、計画どおりに行けば、21日午前中に終わる見通しです。

3月21日 4:15更新

1〜6号機 表面100度未満

北澤防衛大臣は、防衛省で記者会見し、福島第一原子力発電所について、19日に続いて、上空から表面温度を測定した結 果、3号機の格納容器の上を除いて、1号機から6号機まで、いずれも100度未満で、専門家の分析で、使用済み燃料を保管するプールに水が入っていること を裏付ける貴重なデータになるという見方が示されたことを明らかにしました。
この中で、北澤防衛大臣は、19日に続いて、20日も午後1時ごろから、およそ1時間、自衛隊のヘリコプターが福島第一原子力発電所の上空から、赤外線を使って表面温度を測定する活動を行ったことを明らかにしました。
そのうえで、北澤大臣は、20日の測定の結果について、それぞれの表面温度は、1号機が58度、2号機が35度、3号機が62度、4号機が42度、5号機が24度、6号機が25度で、いずれも100度未満だったことを明らかにしました。
このうち、1号機、3号機、4号機については、使用済み燃料を保管するプールの表面温度とみられるとしています、この結果について、北澤大臣は「原子力安 全委員会によれば、『使用済み燃料を保管するプールに水が入っていることが明らかになり、大変貴重なデータだ』という評価だった。
いずれも100度未満と言う、きのうと同様の結果で、国民に安心してもらえる数値が出て、ほっとしている」と、述べました。

3月21日 0:20更新

自衛隊 がれき撤去で戦車派遣

福島第一原子力発電所では、水素爆発などの影響で、原子炉の建屋の周辺に高い値の放射線を出す大量のがれきが散らばり、 放水活動などの妨げになっていることから、自衛隊はがれきを撤去するため、装甲が厚く、放射線に対して一定の防護能力がある戦車を派遣することを決めまし た。
福島第一原子力発電所で、自衛隊は東京消防庁などとともに放水活動を続けていますが、現場である3号機と4号機の原子炉の建屋の周辺には、水素爆発などの影響で高い値の放射線を出す大量のがれきが散らばっています。
防衛省によりますと、これらのがれきは隊員たちの安全を確保するうえでの大きな懸念材料となっているうえ、消防車が思うように通行できないなど、放水をはじめさまざまな活動の妨げにもなっています。
このため、自衛隊は政府の了解を得たうえで、がれきを撤去するため現場に戦車を派遣することを決めました。
派遣されるのは、静岡県御殿場市にある駒門駐屯地の74式戦車2両で、車両の前の部分にがれきを押しのける頑丈な鉄板を取り付け、作業を進めるということです。
また、戦車は装甲が厚く、放射線に対しても一定の防護能力があり、隊員は車外に出ることなく作業を行えるということです。
戦車はトレーラーに乗せられて、20日午後6時半ごろ駐屯地を出発し、20日夜、朝霞駐屯地で燃料などの補給を行い、福島県へ向かいました。
21日早朝にも現場近くの活動拠点に到着する見通しです。

3月21日 0:20更新

最新ニュース

このニュースをブログに書く

福島2号機で冷却装置復活に向けた作業開始

< 2011年3月20日 12:18 >

深刻な状況が続いている福島第一原子力発電所で20日、2号機で計測機器や中央制御室を機能させることや冷却装置を復活させるための作業が始まった。

福島第一原発では19日、1号機と2号機への電源を復旧するために外部からケーブルを引く作業が完了した。「東京電力」によると、2号機で作業が始まって いて、実際に電気を通す前に、機器類に破損がないかの確認や弱い電流を流すテストが行われる。外部電源を通すことで計測機器や中央制御室を機能させた後、 冷却装置を復活させたい考え。成功すれば、燃料棒が露出して危険な状態になっている原子炉の圧力容器の内部や、使用済み燃料プールを冷やすことができ、状 況が大きく改善される。

一方、東京消防庁による放水作業が終わった後、20日午前3時40分に計測した施設内部の放射線量は2758マイクロシーベルトで、値は下がったという。東京電力は、放水によって放射線量が下がり、現場で作業がしやすくなる一定の効果が出ているとみている。

【関連記事】
2011.03.20 09:07
福島第一原発4号機に向け、地上から放水
2011.03.20 01:28
東京消防庁 19日は3号機に2回放水
2011.03.19 19:14
枝野官房長官、注水に成功したとの見方示す
2011.03.19 15:17
原発1、2号機 きょう中の電源復旧目指す
2011.03.19 12:21
原発1、2号機 19日中の電源復旧目指す
3/20 12:33
ハイパーレスキュー隊、20日午後も放水へMOVIE
3/20 12:18
福島2号機で冷却装置復活に向けた作業開始MOVIE
3/20 11:00
自衛隊、福島第一原発4号機に地上から放水MOVIE
3/20 09:07
福島第一原発4号機に向け、地上から放水MOVIE
3/20 08:35
自衛隊 福島第一4号機に地上から放水
3/20 04:40
放水、ケーブル接続とは 解説員に聞くMOVIE
3/20 01:28
東京消防庁 19日は3号機に2回放水MOVIE
3/20 12:55
隊員を誇りに思う…首相、防衛大卒業式出席MOVIE
3/20 00:40
谷垣氏に入閣要請 野党側からは反発の声もMOVIE
3/20 12:27
不明だった岩手・大槌町長、遺体で発見MOVIE
3/20 11:51
JR再開メド立たず 高速バスは混雑 仙台MOVIE
3/20 11:11
東日本大地震の死者、7700人にMOVIE
3/20 10:37
色麻町などで震度4 津波の心配なしMOVIE
3/20 10:36
震源地は福島県沖 津波の心配なし
3/20 10:34
東北・関東地方で震度4の地震MOVIE
3/20 10:33
東北・関東地方で震度4の地震
3/20 03:31
水道水から放射性物質 福島・川俣町
3/20 03:20
“ガン”リスク高まる影響ない~専門家MOVIE
3/20 03:01
女性被災者を女性陸自隊員が支援 宮城MOVIE
3/20 02:54
仮設住宅の建設始まる 岩手・陸前高田市MOVIE
3/20 02:39
福島・飯舘村 1割以上の住民が一斉避難へMOVIE
3/20 02:30
大阪市の緊急消防援助隊 放水支援で福島へMOVIE
3/20 02:21
町全体に避難指示 双葉町の住民が埼玉へMOVIE
3/20 00:58
3号機放水の隊員ら会見「ミッション達成」MOVIE
3/20 00:22
東日本大地震の死者、7600人超えるMOVIE

自衛隊 4号機への放水終了

福島第一原子力発電所4号機の使用済み核燃料を保管するプールを冷却するため、自衛隊は、20日午前、1時間余りにわたって放水を行いました。
自衛隊による放水はこれでいったん終了し、午後からは東京消防庁が4号機に対する放水を行う計画です。
福島第一原子力発電所の3号機と4号機は、使用済み核燃料を保管したプールが冷却できなくなっていて、このままの状態が続くと放射性物質が大量に漏れ出すおそれがあります。
このうち、3号機に対しては、自衛隊と東京消防庁が放水を行いましたが、4号機にはこれまで放水が行われていませんでした。
このため、自衛隊は、早急に冷却を行う必要があるという政府の対策本部の要請を受けて放水活動を行うことを決め、20日午前8時20分から放水を始めました。
放水は、午前9時半ごろまで1時間余りにわたって行われ、自衛隊の消防車10台に東京電力が在日アメリカ軍から借り受けた消防車1台も加わり、あわせて11台の態勢で80トンの水を放水したということです。
放水は、水を建屋の内部に届かせるため、火災などで損傷した屋根や壁の穴に向けて行われ、防衛省によりますと、水は建屋の内部に届いているということです。
4号機に対する自衛隊の放水はこれでいったん終了し、このあと、東京電力による外部電源の復旧工事が行われる予定です。
そして、東京消防庁はこの工事の間に準備を行い、順調に進めば、20日午後6時ごろから21日の朝にかけて連続放水を行う計画だということです。

3月20日 10:00更新

自衛隊 4号機への放水開始

自衛隊は、福島第一原子力発電所3号機に続いて4号機に対しても、使用済み核燃料を保管するプールを冷却するため、放水活動を行うことを決め、現地に展開した消防車が、午前8時20分から放水を始めました。
福島第一原子力発電所の3号機と4号機は、使用済み核燃料を保管したプールが冷却できなくなっていて、このままの状態が続くと放射性物質が大量に漏れ出すおそれがあります。
このうち、3号機に対しては、自衛隊と東京消防庁が放水を行いましたが、4号機については、これまで放水は行われていません。
このため、自衛隊は、早急に冷却を行う必要があるという政府の対策本部の要請を受けて、放水活動を行うことを決め、現地に展開した消防車が、午前8時20分から放水を始めました。
20日は、自衛隊の消防車10台に、東京電力が在日アメリカ軍から借り受けた消防車1台も加わり、あわせて11台の態勢で80トンの水を放水する計画で、水を建屋の内部に届かせるため、火災などで損傷した屋根や壁の穴に向けて放水しているということです。
また、活動にあたっては放射線による影響を抑えるため、隊員たちが車の外に出ずに放水できるタイプの消防車が使われているということです。
福島第一原子力発電所の4号機に対する自衛隊の放水は午前中には終了し、その後、東京電力による外部電源の復旧工事が行われる予定です。
また、東京消防庁は、この工事の間に準備を進め、午後6時ごろから21日の朝にかけて連続放水を行う計画です。

3月20日 8:40更新

5・6号機 冷却機能回復へ

使用済み燃料プールの水温が上昇していた福島第一原子力発電所5号機と6号機は、19日から、いずれも冷却用のポンプが動かせるようになって、5号機では通常の水温に近い30度台まで下がるなど冷却機能が回復しつつあります。
福島第一原発5号機は、地震のあと、すべての電源が使えなくなり、唯一動いていた隣の6号機の非常用の発電機を共用で使って、原子炉や使用済み燃料プールを冷やしていましたが、電源が十分でなく、プールの水温が上がり続けていました。
19日に新たに復旧した6号機の非常用発電機を使って、5号機の燃料プールの冷却用のポンプを動かした結果、上昇が続いていたプールの水温が下がり始め、 19日午前5時の時点で、68.8度だった水温は、20日午前7時には37.1度と、通常の水温の30度前後に近づきつつあります。
さらに、6号機の使用済み燃料プールの冷却ポンプも動き始め、19日午後11時に67.5度だった水温が、20日午前7時には41度と、こちらも8時間で26度余り下がりました。
一方で、原子炉内の水の温度は、19日午後6時の段階で、5号機が194.5度、6号機が152.4度と、運転している時に比べて低い状態にあるものの、水温は全体として上昇傾向にあります。
このため、燃料プールの温度が下がりしだい、原子炉の中の水の冷却を始める予定だということで、東京電力では非常用の発電機だけでなく、今後、外部電源も復旧させ、さらに安定的に冷却できる状態を作り出したいとしています。

3月20日 10:00更新

3号機に放水後 放射線量減少

使用済み燃料の冷却機能が失われ、深刻な状態が続いている福島第一原子力発電所の3号機は、19日、東京消防庁による放水が始まったあと、周辺の放射線の量が減少傾向にあることが分かり、原子力安全・保安院は「放水で一定の安定状態を保っている」としています。
福島第一原子力発電所の3号機は、使用済み燃料プールの冷却機能が失われて燃料が露出し、外部に大量の放射性物質が漏れ出すおそれのある状態が続いています。
このため、19日午後2時すぎから、東京消防庁が無人の放水車を使って、断続的に20日午前3時40分まで放水しました。
経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、3号機から北西におよそ500メートル離れた地点で測定した放射線の量は、19日午後9時に2906マイクロシーベルトと、放水が始まる前より500マイクロシーベルト余り下がるなど、減少傾向にあることが分かりました。
これについて、原子力安全・保安院は「放水の効果はもう少し分析してみないと分からないが、放水によって一定の安定状態を保っていると思う」と述べ、放水を続ければ燃料プールの状態はさらに改善するという見方を示しました。
20日は、4号機でも、使用済み燃料プールを冷却するために自衛隊が放水を行うことにしています。

3月20日 5:35更新

東京消防庁の連続放水 終わる

福島第一原子力発電所の3号機を冷却するため、東京消防庁が放水車を無人にして連続して行っていた放水は20日午前3時40分に終りました。
「3号機の安全性を保つため、できるかぎり長く続けてほしい」という政府の対策本部の要請で、放水は計画の7時間を大幅に超えて13時間半余りにわたって続けられました。放水された海水の量は、使用済み燃料を保管するプールの容量のほぼ2倍に上ったとみられています。
東京消防庁は、今後も福島第一原発で放水作業を続けるかどうか、政府の対策本部と調整することにしています。

3月20日 5:35更新

自衛隊 4号機への放水決める

自衛隊は、福島第一原子力発電所3号機に続いて、4号機に対しても、使用済み核燃料を保管するプールを冷却するため、20日、放水を行うことを決めました。
福島第一原子力発電所の3号機と4号機は、使用済み核燃料を保管したプールが冷却できなくなっていて、このままの状態が続くと、放射性物質が大量に漏れ出すおそれがあります。
このうち、3号機に対しては、自衛隊と東京消防庁が放水を行いましたが、4号機についてはこれまで放水は行われていません。
このため、自衛隊は、4号機についても早急に冷却する必要があるとして、20日、放水を行うことを決め、準備を進めています。
防衛省によりますと、今回の作業では、あわせて数十トンの水を放水する計画で、水を建屋の内部に届かせるため、火災などで屋根や壁にできた穴に向けて放水するということです。
また、4号機の周辺は依然として放射線量が高いため、活動にあたっては、隊員たちが車の外に出ずに放水できるタイプの消防車が使われるということです。

3月20日 4:50更新

3号機 設計想定超える揺れか

東北関東大震災の地震で、福島第一原子力発電所の3号機では、観測された揺れの強さが設計上の想定を超えていたとみられることがわかりました。
東京電力によりますと、今月11日の地震で、福島第一原発で観測された揺れの強さを示す値は、6号機についてはデータが残されていて、3号機と4号機については作業員が計器を見て報告していました。
東京電力は、これを暫定の値として19日に発表し、このうち、3号機では地震の揺れの強さを示す加速度が水平方向で507ガルと、設計上の想定の最大値441ガルを上回っていました。
また、6号機では、水平方向で431ガルと、設計上の想定の最大値の448ガルに迫る値を記録していました。
福島第一原発では、5年前、国が原発の耐震指針を見直したのにあわせて、水平方向で600ガル、垂直方向で400ガルの揺れに耐えられるよう補強する方針を決めていますが、工事はまだ完了していません。
東京電力は「今回の原発が受けた被害は津波の影響が大きいとみられるものの、地震の揺れが想定を超えているので、揺れに対して施設がどのような被害を受けたのか分析したい」と話しています。

3月20日 4:50更新

消防隊員 試行錯誤の放水語る

福島第一原子力発電所で放水活動に関わった東京消防庁の消防隊員3人が記者会見を開き、地震や津波で車両の通行もままならず、放射線にさらされるぎりぎりの状況のなかで、試行錯誤を繰り返しながら作業をやり遂げたことを明らかにしました。
会見の中で、消防隊員は、派遣の3日前に都内の河川敷でさまざまな想定で放水の訓練を行ったうえで、18日、原子力発電所に向かったと説明しました。
ところが、午後5時すぎに敷地に着いてみると、津波や水素爆発によるがれきが散乱して車両が通行できない場所が多く、当初計画していた岸壁には、海水をくみ上げるポンプ車を置くことができなかったということです。
また、重さが100キロある送水用のホースを設置するための車が、予定していた場所を通行できないことも分かり、いったん指揮本部に戻って作戦の練り直しを迫られたということです。
そして、夜11時すぎに再び現場に向かい、全長800メートルのホースのうち、350メートルほどを手作業で設置することにし、40人の隊員が二手に分かれて放射線にさらされる恐怖のなか、車を降りて作業に当たりました。
この際、作業する隊員離脱用の車が付き添って放射線の測定を続けたといいます。
また、19日午前0時半から始めた放水では、地上22メートルの高さまで放水用のアームが伸びる「屈折放水塔車」という消防車を、3号機からわずか2メー トルほどの場所に置いて、白煙が上がっていた50メートルほど先の使用済み燃料を保管するプールをめがけて放水したということです。
消防隊員は「送水した直後に、東京電力の担当者から『周囲の放射線量がゼロ近くに下がった』と聞き、放水が確実にプールに届いたと思い、ほっとした」と心境を語りました。
消防隊員の1人は「非常に難しい危険な任務だったが、国民の期待に応えることができたという充実感でほっとしている」と述べました。
また、別の隊員は「部下の隊員は非常に士気高く現場に臨んでくれたが、家族にはおわびとお礼を申し上げたい」とことばを詰まらせながら話していました。

3月20日 4:50更新

5号機プール温度 48度台に

使用済み燃料プールの水温が上昇していた福島第一原子力発電所5号機で、冷却用のポンプが動かせるようになった結果、水温が下がり始め、19日午後6時の時点で48度1分と、朝よりも20度余り下がったことが分かりました。
東京電力は「冷却がうまくいっている」としています。
福島第一原発5号機は、地震のあとすべての電源が使えなくなりましたが、唯一動いていた隣の6号機の非常用の発電機を共用で使って、原子炉や使用済み燃料プールを冷やしていましたが、電源が十分でなく、プールの水温が上がり続けていました。
このため、19日朝に復旧した6号機の2台目の非常用の発電機を使って、5号機の使用済み燃料プールの冷却用のポンプを動かした結果、上昇が続いていた プールの水温が下がり始め、午前5時の時点で68度8分だった水温は、13時間後の午後6時には48度1分と、20度余り下がったことが分かりました。
東京電力では「冷却がうまくっている」と話し、今後、外部電源も復旧させて安定的に冷却できる状態を作り出したいとしています。
一方、1号機や3号機などで起きた水素爆発を防ぐため、5号機と6号機の原子炉建屋の屋根に穴を開けて水素がたまらないようにする対策も取ったということです。

3月20日 0:55更新

東京消防庁の連続放水 継続へ

福島第一原子力発電所の3号機を冷却するため、東京消防庁が行っている連続放水は、7時間の計画を3時間余り超える20日午前0時半まで続けられることになりました。
東京消防庁によりますと、政府の対策本部から、「3号機をより安全な状態に保つため、できるかぎり長く放水を続けてほしい」と要請されたということです。

3月19日 22:05更新

1・2号機 外部電源つながる

冷却機能が失われ、深刻な事態となっている福島第一原子力発電所の1号機と2号機に、外部から電気を引く電源ケーブルがつながりました。
東京電力では、20日以降、機器の点検を行い、原子炉を冷やす機能の回復に全力を挙げることにしています。
しかし、多くの機器が津波で海水につかったため、すぐに冷却機能が回復するかどうかは未知数です。
福島第一原子力発電所では、非常用の発電機の故障などで原子炉や使用済み燃料を保管するプールの水を冷やす機能が失われ、このままでは放射性物質が大量に漏れ出しかねない深刻な事態が続いています。
このため東京電力は、外部から電気を受けて冷却機能を回復させるため、送電線から電源ケーブルを引き込む工事を進めました。
その結果、19日夕方までに、1号機と2号機に外部から電気を引く電源ケーブルがつながったということです。
20日以降、ポンプやバルブなど原子炉などの冷却に必要な機器の点検を行い、問題がないと確認されれば電気を流すということです。
経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、外部電源の復旧を受けて、まず原子炉などの状態を確認する計測器などを動かし、その後、原子炉の冷却、使用済み燃料プールの冷却の順に機能を回復させるとしています。
また、3号機から6号機のあわせて4基についても、20日を目標に外部電源の復旧を目指すとしており、東京電力では、対策の切り札ともいえる、外部からの電気を使った本来の冷却機能の回復に全力を挙げることにしています。
しかし、多くの機器が津波で海水につかったため、すぐに冷却機能が回復するかどうかは未知数です。

3月19日 20:10更新

基準値超の食品 冷静に対応を

厚生労働省は、福島県産の原乳と茨城県産のほうれんそうから、国の基準値を超える放射性物質が検出されたことを明らかにしました。
原乳は基準値のおよそ3倍から5倍、ほうれんそうはおよそ3倍から7.5倍に上っていますが、厚生労働省は、直ちに健康に影響を及ぼす値ではないとして、冷静な対応を求めています。
これは、厚生労働省の大塚副大臣が19日の夕方に開いた記者会見で明らかにしました。
それによりますと、18日までの3日間に行われた福島県川俣町産の原乳の検査で、3つのサンプルすべてから放射性ヨウ素131という物質が、食品衛生法の 暫定基準値である1キログラム当たり300ベクレルのおよそ3倍から5倍に当たる932ベクレルから1510ベクレル検出されたということです。
また、18日に茨城県内で採取されたホウレンソウの検査でも、高萩市や日立市など6か所で採取されたサンプルから、暫定基準値である1キログラム当たり 2000ベクレルのおよそ3倍から7.5倍に当たる6100ベクレルから1万5020ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されたということです。
このうち、1か所のサンプルからは、暫定基準値の1キログラム当たり500ベクレルを超える放射性セシウムも検出されたということです。
厚生労働省は、福島県と茨城県に対し、同じ農場で同じ日に生産された製品については、販売禁止などの措置を取るよう要請するとともに、今後、放射性物質の検出がどこまで広がるか調査したうえで、出荷を禁止する地域などについて、政府の対策本部と検討することにしています。
大塚副大臣は「検出された放射性物質の値は直ちに健康に影響を及ぼす値ではないので、冷静に対応してほしい」と呼びかけています。

3月19日 20:10更新

防衛相 放水で冷却に一定効果

北澤防衛大臣は防衛省で記者会見し、19日朝、福島第一原子力発電所の上空で、自衛隊のヘリコプターを使って、温度を計 測した結果、1号機から4号機のそれぞれの表面温度は、暫定値で、いずれも100度以下とみられるとしたうえで、3号機への放水で、使用済み燃料棒の冷却 に一定の効果を上げているという認識を示しました。
防衛省は、福島第一原子力発電所の冷却作業の効果を調べるため、19日午前5時45分から、自衛隊のヘリコプターで、上空から赤外線を使って福島第一原発の温度を計測しました。
これについて、北澤防衛大臣は記者会見で、1号機、2号機、3号機、4号機のそれぞれの表面温度は、正確なデータは、さらに分析する必要があるものの、暫定値で、いずれも100度以下とみられることを明らかにしました。
そのうえで、北澤大臣は、今回の計測結果について、「政府の対策本部から、100度以下という数値は、思ったよりも安定しているという見解が得られてい る」と述べたうえで、菅総理大臣から、詳細な測定と分析をするよう指示されたとして、20日以降も測定を継続する考えを示しました。
また、北澤大臣は、これまでの放水作業について、「使用済み燃料棒が保管されたプールに一定の水量が確保されているとみられる。効果はかなり上がっているのではないか」と述べ、3号機への放水で、使用済み燃料棒の冷却に一定の効果を上げているという認識を示しました。

3月19日 17:45更新

一部食品 基準値超の放射線量

枝野官房長官は、記者会見で、福島県内で採取された原乳と茨城県内で採取されたほうれんそうの一部から食品衛生法上の暫定基準値を超える放射線量が検出されたことを明らかにしたうえで「摂取制限や出荷規制が必要かどうか、早急に検討したい」と述べました。
その一方で、枝野長官は「今回検出された放射性物質濃度の牛乳を、仮に日本人の平均摂取量で1年間摂取した放射線量は、CTスキャン1回分程度であり、ほ うれんそうも、年平均摂取量で1年摂取して、CTスキャン1回分の5分の1程度だ」と述べ、国民に冷静な対応を呼びかけました。
この中で、枝野官房長官は「きのう午後5時半ごろ、福島県内の農場から採取された原乳から、食品衛生法上の暫定基準値を超える放射線量を検出したと報告があった。
また、きょう11時、茨城県環境放射線センターの検査で、ほうれんそう6検体から、暫定基準値を超えたという情報があった」と述べました。
そのうえで、枝野長官は「厚生労働省において、きょう未明、福島県に、また、きょう昼に茨城県に対し、食品衛生法に基づき、検体の入手先や、流通先を調査 し、結果によっては販売の禁止など、食品衛生法に基づく必要な措置を講じるよう依頼した。国として、福島第一原発事故との関連を想定しつつ、さらなる調査 を行っていく。そのうえで、調査結果の分析評価をしっかり行い、一定地域の摂取制限や出荷規制などの対応が必要かどうか、早急に検討してまいりたい」と述 べました。
その一方で、枝野長官は「今回検出された放射性物質濃度の牛乳を、仮に日本人の平均摂取量で1年間摂取した放射線量は、CTスキャン1回分程度であり、ほ うれんそうも、年平均摂取量で1年摂取して、CTスキャン1回分の5分の1程度だ」と述べ、国民に冷静な対応を呼びかけました。
また、枝野長官は、食品衛生法上の暫定基準値を超える放射線量が検出された食品によって、仮に健康被害が出た場合の国の責任について、「将来的な問題があ ることは、認識しているが、今は、健康被害を防ぐことに全力を挙げている。それ以外の要素は、考慮に入れる、入れないの段階ではない。将来的に、国とし て、しかるべく対応を取ることも当然だ」と述べました。
環境中の放射能について詳しい学習院大学理学部村松康行教授は「ヨウ素などの放射性物質はほうれんそうなど、葉の面積が大きい野菜や牧草につきやすいの で、高い値が出ることは予想できた。ただ、葉物については、よく洗うことである程度は放射性物質を減らすことができる。今回は基準値をかなり上回っている ものがあるので、こうしたものについては、食べることは控えたほうがいいだろうが、基準となっている数値は余裕をもって作られているので、食べ続けないか ぎりは、人の健康に影響が出ることは考えにくい」と話しています。

3月19日 17:20更新

5号機 プール水温徐々に低下

福島第一原子量発電所の5号機と6号機では、これまで十分な電源が確保できず、使用済み燃料プールの水温が上昇していま したが、19日、新たに1台の非常用の発電機が使えるようになったことで、5号機の冷却用のポンプ1台が起動し、燃料プールの水温は徐々に下がり始めてい ます。
福島第一原子力発電所の5号機と6号機は、地震のあとも唯一動いていた6号機の非常用の発電機を使って、両方の原子炉や燃料を保管するプールを冷やしていましたが、電源が十分でないことから、プールの水温は上がり続けていました。
このため東京電力は、6号機にあるもう1台の非常用の発電機の修理を進めた結果、19日未明に動くことが確認されました。
これを受けて、19日午前5時に5号機の冷却用のポンプ1台を起動したところ、午前5時の時点で68.8度だった燃料プールの水温が、午前9時には67.6度と、徐々に下がり始めています。
東京電力では6号機の冷却系も19日中に起動させる予定で、さらに、外部電源についても19日中に接続させ、安定的に冷却できる状態を作り出したいとしています。
また、1号機や3号機で起きたのと同じ水素爆発を防止するため、あらかじめ5号機と6号機の原子炉建屋の屋根に穴を開けて、水素がたまらないようにする対策をとったということです。

3月19日 17:10更新

福島第一原発 改善見せるも予断許さず

枝野官房長官は記者会見で、福島第一原子力発電所について、「菅総理大臣のイニシアティブの下で、官民挙げて事態の悪化を阻止し、事態の収束に向けて全力を挙げている。一歩一歩の改善を見せているが、なお予断を許さない状態だ」と述べました。
また、枝野長官は、自衛隊や消防などが放水している3号機について、「現時点で、確定的なことは言えないが、3号機の使用済み核燃料を保管しているのプー ルへの一定の注水に成功したとみており、現時点では、一定の安定状況にある。予断を持つことなく、3号機への注水を続けるとともに、4号機も、改善の方向 に向かわせるべく努力していく」と述べました。
そのうえで、枝野長官は「抜本的な改善に向けて、外部電力の復旧により、各原子炉の状況のモニタリングや、冷却について安定的な状況を作るべく努力してい る。さらに、より安定的に注水できる手段を検討し、さまざまな装備を準備していると報告を受けている」と述べ、引き続き、事態の改善に向けて全力を挙げる 考えを示しました。

3月19日 17:10更新

福島第一原発 外部電源の復旧工事急ぐ

冷却機能が失われ、深刻な事態となっている福島第一原子力発電所では、放水作業と並行して外部の電源を使えるようにする工事を急いでいます。
東京電力によりますと、放水が行われている間、作業を中断するということですが、2号機は19日中に、4号機は20日までには、電気を流せる状態にしたいとしています。
福島第一原子力発電所では、非常用の発電機の故障などで原子炉や使用済み燃料を保管するプールの水を冷やす機能が失われ、このままでは放射性物質が大量に漏れ出しかねない深刻な事態が続いています。
このため東京電力では、外部から電気を受けて冷却機能を回復させるため、送電線から電源ケーブルを引き込む工事を進めました。
その結果、2号機の手前の配電盤まで電源ケーブルがつながるめどが立ったということで、19日中に2号機については電気を流せる状態にしたいとしています。
そのうえで、原子炉に冷却水を注入するモーターやポンプの状態を点検し、異常がないことが確認できれば、実際に機器を動かすことにしています。
また、20日には4号機でも手前まで電源ケーブルがつながる見通しだということで、東京電力では1号機から6号機まで、すべてに外部の電源をつなぐ作業に全力を挙げたいとしています。
しかし、外部から電気を受けることができても多くの機器が津波で海水につかったため、冷却機能が回復するまでにはまだ時間がかかる見通しだということです。

3月19日 17:10更新

ニュース画像

自衛隊 放水活動の映像を公開

自衛隊は、福島第一原子力発電所3号機を冷却するため18日に行った放水活動の映像を、19日、公開しました。
福島第一原子力発電所3号機は、使用済み核燃料を保管したプールが冷却できず、放射性物質が大量に漏れ出すおそれが出ており、自衛隊は17日と18日、ヘリコプターと消防車を使って上空と地上から放水活動を行いました。
公開されたのは、このうち18日午後2時前からおよそ40分間にわたって行われた地上からの放水活動の映像で、3号機付近の詳しい状況が撮影されています。
映像の長さは、およそ7分で、原子力災害などに対応する陸上自衛隊の中央特殊武器防護隊の隊員が撮影しました。
この活動では、全国の自衛隊の航空基地から集められた特殊な消防車6台と東京電力が在日アメリカ軍から借りた消防車1台が、あわせて50トンの水を3号機に向かって放水し、防衛省によりますと、水は3号機の建屋の中まで届いたということです。

3月19日 16:30更新

ニュース画像

放水を再開 連続7時間を計画

福島第一原子力発電所の3号機を冷却するため東京消防庁は、午後2時すぎから放水を再開しました。
離れた場所で海水をくみ上げて連続して放水する仕組みで放水車を一時的に無人にして7時間にわたって放水を行う計画です。
放水を再開したのは東京消防庁の部隊で、地上22メートルの高さから放水できる「屈折放水塔車」という消防車で福島第一原発3号機の使用済み燃料を保管するプールに高い位置から放水しています。
東京消防庁は、18日夜、現地に手作業で全長300メートルのホースを設置して、大型のポンプを備えた車両で離れた場所で海水をくみ上げて放水車に送りながら連続して放水する仕組みを作りました。
そして、19日午前0時半から20分間にわたって3号機に向けて送水し、連続して放水することができることを確認しました。
東京消防庁は、放水する車両や設備を現場に設置したままにし、午後2時すぎから新たな隊員を送り込んで放水を再開しました。
隊員は放水の距離や方向を調整したあと放水車を離れて待避し、放水は一時的に無人で行われることになっており、東京消防庁は、途中で車両の給油をしながら7時間にわたって放水を続けることにしています。
1分間に3トンの出力で7時間、放水を続けた場合、放水される海水は1260トンに上り、使用済み燃料を保管するプールの容量とほぼ同じになる計算です。

3月19日 14:40更新

保安院“一部 比較的高い値”

経済産業省の原子力安全・保安院は、午前11時前からの記者会見で、福島県内で、放射線量が比較的高い値が検出された地 域について、「福島第一原子力発電所からおよそ30キロ離れた浪江町のある地点で18日、周辺より高い、1時間当たり140マイクロシーベルトを検出して いる」と述べました。そのうえで、「この地点は、風向きなどの影響で放射線の値が高く出る傾向にあるとみられる。この値は、直ちに体に影響は出ないが、 ずっとさらされていると影響がある可能性があるので、そのことを考えて対応する必要がある」と説明しました。
そして、「浪江町のこの地点では住民が自主的に避難をしていると聞いている」と述べました。
また、浪江町の地点とは別に飯舘村のある地点で、1時間当たり60マイクロシーベルトと、比較的高い値を示していると説明しました。
これについて放射線医療が専門の東京大学医学部の中川恵一准教授は「屋外で1時間当たり140マイクロシーベルトという値は、1か月間、毎日浴び続けると 健康への影響が指摘される10万マイクロシーベルトに達する値だ。ただし、これは、1か月の間、24時間、屋外で過ごした場合の計算で、屋内にいれば、浴 びる放射線の量は少なくなり、実際には、健康への影響を心配する必要はない。今、心配されるのは、むしろ心理的なストレスで健康影響が出ることだ。ただ、 こうした高い放射線量が長期間続くことは、決してよいことではなく、原発から放射性物質が出るのを一刻も早く収束させることが大切だ」と話しています。

3月19日 14:40更新

上空からプール温度など測定

防衛省は、福島第一原子力発電所で行った冷却作業の効果を調べるため、19日朝早く、自衛隊のヘリコプターで上空から使用済み燃料を保管するプールの温度などを測定し、今後、原子力安全・保安院などが測定結果を詳しく分析することにしています。
深刻な状態が続いている福島第一原子力発電所を巡って、防衛省は、17日から3号機の使用済み燃料を保管したプールに向けて地上からの放水作業を行っており、19日も午後には4号機に向けて放水を行う方向で調整しています。
これに先立って防衛省は、これまでの冷却作業の効果を調べるため、19日朝早く、自衛隊のヘリコプターに防衛省技術研究本部の職員を搭乗させ、福島第一原発の上空から、赤外線を使って原子炉や使用済み燃料を保管したプールの温度を測定しました。
測定されたデータは今後、原子力安全・保安院などが、詳しく分析することにしています。

3月19日 13:40更新

ニュース画像

ピンポイント注水 車両投入へ

福島第一原子力発電所の冷却作業を行うため、政府の対策本部は、長いアームを持ち、離れた場所からピンポイントで大量の水を注入できる工事用の特殊な車両を使うことを決め、19日、現地に機材を運び込むことにしています。
この特殊車両は、ドイツ製で本来はビルの建設現場などでコンクリートを流し込むために使われますが、長いアームがついていて、離れた場所からピンポイントで大量の水を流し込むことができるということです。
特殊車両は19日午後、福島県のいわき市にある東京電力の施設で操作のテストを行ったあと、19日中に福島第一原発に運び込まれることになっています。

3月19日 12:20更新

保安院 外出時の注意呼びかけ

経済産業省の原子力安全・保安院は、午前11時前からの会見で、屋内退避が出ている半径20キロから30キロの範囲にいる住民に対し外出時に気をつけるべき点について初めて注意を呼びかけました。
これは住民の間に買い物などで外出するのが不安だという声があるのを受けたもので、保安院では「全く外出してはいけないということではない」としたうえで ▽徒歩よりは車で移動すること▽マスクをすること▽肌を出さないように長袖のものを着ること▽雨にぬれないようにすることの注意点を呼びかけました。

3月19日 11:24更新

原子力安全・保安院の会見

放射線の影響について

ニュース画像

外部電源の復旧作業について

ニュース画像

5号機 朝からプールを冷却

原子力安全・保安院は、午前11時前からの記者会見で、福島第一原子力発電所のうち、使用済み核燃料のプールの水温が 徐々に上昇し、非常用ディーゼル発電機1台で冷却に当たってきた5号機と6号機について、6号機では、もう1台、別の発電機が動くようになったほか、5号 機では、冷却用のポンプ1台が新たに動くことが確認できたことを明らかにしました。このため5号機の使用済み核燃料のプールの冷却を19日朝5時ごろから 始めたということです。
一方、福島第一原発の3号機から西におよそ1.1キロ離れた「西門」付近での放射線量が午前8時10分に1時間当たりで830.8マイクロシーベルトと比較的高い値を検出したということです。
その後、値は徐々に下がって、午前9時には1時間当たりで364.5マイクロシーベルトに下がったということです。
これについて原子力安全・保安院は「まだデータを入手したばかりで、今後、分析を急ぎたい」としています。

3月19日 11:45更新

放水の再開 午後1時半以降に

東京消防庁は福島第一原子力発電所の3号機を冷却するため、19日正午をメドに連続して放水する活動を再開する予定でしたが、東京電力の送電線の引き込み工事が長引いているため、放水の再開は午後1時半以降にずれ込む見通しです。
東京消防庁は、福島第一原子力発電所で19日午前0時半から、3号機の使用済み燃料を保管するプールに向けて20分間にわたって放水しました。
放水には、地上22メートルの高さから放水できる「屈折放水塔車」という消防車が使われ、別の車両が離れた場所でくみ上げた海水を300メートルのホースを使って、この車に送り、連続して放水が行われました。
3号機に放水された海水はおよそ60トンに上るとみられ、東京電力などがどれほど効果があったか分析しています。
放水に使われた消防車と海水をくみ上げる車両、それに送水用のホースは、現場に設置されたままになっていて、東京消防庁では19日正午をめどに連続して放水する活動を再開する予定でした。
しかし、現地で夜を徹して行われている東京電力の送電線の引き込み工事が長引いているということで、放水の再開は午後1時半以降にずれ込む見通しです。

3月19日 10:55更新

東京消防庁 2次部隊が現地へ

深刻な状態が続いている福島第一原子力発電所で放水作業を行う消防隊員の安全を考慮して東京消防庁は、交代要員として2次部隊を派遣することを決め、19日朝、およそ100人の消防隊員が14台の消防車で現地に向かいました。
福島第一原子力発電所3号機を冷却するため、東京消防庁は19日午前0時半から地上22メートルの高さから放水できる「屈折放水塔車」という消防車を使って3号機の使用済み燃料を保管するプールに向けて放水しました。
放水は、隊員が手作業で設置した全長300メートルのホースを使って、近くの海からくみ上げた海水を放水車に送りながら20分間にわたって連続して行われ、およそ60トンの海水が放水されたとみられています。
海水を送るためのホースは、現場に残したままで東京消防庁は19日正午をめどに、再び連続放水を行うことにしていますが、現場では放射線の量が高いとみら れることから放水作業を行う消防隊員の安全を考慮して、交代要員として2次部隊を派遣することを決め、102人の消防隊員は19日朝、茨城県守谷市にある 常磐自動車道の守谷サービスエリアに集結しました。
派遣隊の小室憲彦総隊長は「困難な活動になるが隊員の安全を考えたうえで人員や資機材を有効に活用し国民の期待に応えるべく頑張りたい」と述べました。
そして午前8時前隊員たちは14台の消防車に乗り込み、サイレンを鳴らしながら現地へ向けて出発しました。
2次部隊は午前中に現場近くに到着する予定です。

3月19日 9:59更新

東電 複数の作業員が基準超え

深刻な状況が続いている福島第一原子力発電所では、複数の作業員の放射線の被ばく量が、これまでの緊急時の限度とされて きた100ミリシーベルトの基準を超えたということで、東京電力では、過去にない緊急事態でやむをえないとして、被ばく量の限度を一部、引き上げて対応し ています。
これは、東京電力が19日午前1時に行った記者会見で明らかにしたものです。
原発施設で働く作業員の放射線の被ばく量について、これまで、緊急時には1回の作業当たり100ミリシーベルトを限度としてきました。
しかし、今回の事故では、原子炉などが冷やせずに深刻な事態に陥っているなかで、原発施設の屋外で作業に当たっている複数の作業員の被ばく量が100ミリシーベルトを超えたということです。
これに対して、東京電力では、過去にない緊急事態であり、やむをえないとして、屋外で働く作業員など一部については、限度を150ミリシーベルトに引き上げて対応しているということです。
さらに、厚生労働省では、今回の事故対応にあたっては、原発施設での必要な作業時間を確保するため、250ミリシーベルトまで作業員の被ばく量の限度を引き上げることを認めています。
東京電力では、100ミリシーベルトを超えた人については、再び現場に行かせないなど、作業員の放射線管理に努力することにしています。

3月19日 5:35更新

東電社長 事態収束に向け全力

福島第一原子力発電所で相次いでいる事故について、原子力安全・保安院は、事態の深刻さを示す国際的な基準に照らして評価をした結果、32年前にアメリカで起きたスリーマイル島原発での事故と同じ「レベル5」に引き上げました。
これについて、東京電力の清水正孝社長は「極めて重く受け止めています。発電所の周辺地域の皆様や県民、社会の皆様に大変なご心配とご迷惑をおかけして、 心より深くおわびします。大規模な地震に伴う津波という自然の脅威によるものとはいえ、このような事態に至ったことは痛恨の極みで、今後も政府や各省庁、 自治体の支援と協力を仰ぎながら、事態の収束に向けて全力を挙げて取り組んでいきます」というコメントを出しました。

3月19日 5:10更新

警視庁 放水は目標に届いていた

福島第一原子力発電所の3号機に対して警視庁の機動隊が行った放水活動について、警視庁は「現場から戻った隊員から聞き取ったところ、44トンの水を放水し、東京電力の担当者が示した目標に届いていた」と説明し、活動の成果はあったという認識を示しました。
警視庁は、17日、福島第一原発に機動隊員11人を派遣して、「高圧放水車」を使って使用済み燃料を保管したプールに冷却のための水を注入する活動を行い ました。 警視庁は、17日の夜、「水は目標に届かなかった」と説明していましたが、18日夜、改めて会見を開き、「現場から戻った機動隊員から詳しく聞き取ったと ころ、44トンの水を10分近くかけて放水し、東京電力の担当者が示した3号機の目標の場所に届いていた」と説明しました。
機動隊の「高圧放水車」は、3号機に20メートルから30メートルの距離まで近づいて放水車のタンクの水4トンと現場の水槽にあった水40トンを放水し、東京電力の担当者が同行していたということです。
警視庁は、現場との通信が困難だったり無線の情報を取り違えたりして「当初、“水は目標に届かなかった”と誤った説明をしたが、放水の多くは目標に届いていて活動の成果がはあった」という認識を示しました。
また、17日は「隊員の線量計のアラームが鳴り危険だったため待避した」と説明していましたが、隊員が受けた放射線は7ミリシーベルトで、危険なレベルではなかったことも明らかにしました。

3月19日 5:10更新

東京消防庁 3号機に向け放水

福島第一原子力発電所の3号機を冷却するため、東京消防庁の部隊は、19日午前0時半から、離れた場所でくみ上げた海水をホースで放水車に送りながら20分間にわたって連続して放水しました。
放水された海水は推定で60トンに上るとみられ、東京消防庁は19日正午をめどに再び連続放水を行うことにしています。
福島第一原子力発電所の3号機と4号機は、使用済み燃料を保管したプールが冷却できなくなっていて、このままの状態が続くと放射性物質が大量に漏れ出すおそれがあります。
このうち3号機に対して、東京消防庁の部隊が19日午前0時半から、地上22メートルの高さから放水できる「屈折放水塔車」という消防車を使って放水作業を行いました。
放水は、隊員が手作業で設置した全長300メートルのホースを使って、別の車両が離れた場所でくみ上げた海水を放水車に送りながら20分間にわたって連続して行われました。
東京消防庁によりますと、「屈折放水塔車」は1分間に3トンの水を放水することができるため、今回、放水された海水は推定で60トンに上るとみられるということです。
現場では、このあと、東京電力が夜を徹して送電線の引き込み工事を行っていて、東京消防庁は海水を送るためのホースを残したままにして、東京電力の工事が終わる正午をめどに3号機に向けて再び連続放水を行うことにしています。

3月19日 4:35更新

原発への放水 大阪の消防車も

福島第一原子力発電所の冷却作業を行うため、新たに大阪市消防局の特殊な消防車が放水作業を行うことになり、近く、大阪を出発して福島の現地に向かうことになりました。
派遣されるのは、大阪市消防局の「特別高度救助隊」と呼ばれる特殊な機能を持った消防車などとみられています。
18日夜になって、片山総務大臣から大阪市の平松市長に対して、福島第一原子力発電所に消防車の派遣を求める要請があったもので、大阪市消防局は派遣する隊員や車両を選定したうえで、近く、大阪を出発し、現地に向かう予定です。
震災で深刻な状態が続いている福島第一原子力発電所を巡っては、すでに3号機に対して自衛隊のヘリコプターが上空から水の投下を行うとともに自衛隊の消防車が地上からの放水を行ったほか、東京消防庁のハイパーレスキュー部隊なども放水を行っています。

3月19日 4:35更新

外部電源 19日にも復旧へ

冷却機能が失われ深刻な事態となっている福島第一原子力発電所では、地震のあと止まっていた外部からの電源の一部が19日にも使えるようになる見込みです。
東京電力では、今の緊急事態を収拾するいわば対策の切り札としており、原子炉などを冷やす本来の安全装置の復旧に全力を挙げることにしています。
福島第一原子力発電所では、原子炉や核燃料を保管するプールの水を冷やす機能が失われ、このままの状態が続くと、放射性物質が大量に漏れ出すおそれがあり、深刻な事態が続いています。
18日から19日未明にかけても自衛隊や東京消防庁などの放水作業が行われましたが、こうした対策だけで失われた冷却機能を回復することはできません。
このため東京電力は、地震のあと止まっていた外部からの電源を使えるようにしようと、近くまできている電気を直接、発電所に引き込むための作業を本格化させています。
このうち、1号機と2号機では、東北電力の送電線から電気を受けるため、19日朝までに発電所内にケーブルを引き込む作業を終える予定で、19日にも電気が流せる状態になる見通しです。
一方、3号機と4号機は、本来、発電所から外に電気を送り出す電線を利用して逆に電気を受ける予定で、19日は、4号機の変圧器とケーブルをつないで電気を流せる状態にすることを目指すとしています。
ただ、外部電源が復旧しても多くの機器が津波で海水につかっているため、機器の確認や交換などが必要で、すぐには電気を流すことはできないということで、本格的に使えるようになるにはまだ時間がかかりそうです。
東京電力では今の緊急事態を収拾するいわば対策の切り札としており、原子炉などを冷やす本来の安全装置の復旧に全力を挙げることにしています。

3月19日 4:35更新

自衛隊 放水活動の全般を指揮

福島第一原子力発電所への放水について、自衛隊は、東京消防庁や東京電力など関係機関との連絡・調整を行う「現地調整所」を設け、活動全般の指揮に当たることになりました。
これは、福島第一原子力発電所への放水活動などについて、「自衛隊が全体の指揮を執る」とした政府の方針に基づくものです。
自衛隊は、18日午後、東京消防庁など関係機関との連絡・調整を行う「現地調整所」を、福島第一原子力発電所から20キロほど離れた、楢葉町の運動施設に臨時に設けました。
「現地調整所」のトップは、陸上自衛隊中央即応集団の田浦正人副司令官で、放水活動を前に東京消防庁や東京電力など関係機関の担当者と効果的な放水のための体制づくりや連携の在り方について、調整を図ったということです。
自衛隊は、「現地調整所」を19日以降、福島第一原子力発電所からおよそ40キロ離れ、交通の便もよい福島県いわき市の四倉パーキングエリアに移すとともに、活動に従事する人たちが宿泊できる設備を新たに整備することも検討しています。
自衛隊は、今後も放水活動全般を指揮しながら、深刻な状況にあるとされる3号機の冷却を当面、急ぐことにしています。

3月19日 0:20更新

東京消防庁 放水の準備続ける

福島第一原子力発電所の3号機を冷却するため、東京消防庁の部隊は、離れた場所でくみ上げた海水をホースを使って放水車に送りながら、長時間放水し続けることができる態勢を整えようとしています。
これまでの作業で、海水をくみ上げて放水車に送る「遠距離大量送水車」という車両を置く予定だった場所が、地震や津波で崩壊していることが分かり、置き場所を変更することにしました。
また、およそ300メートルに及ぶ放水用のホースは、「ホース延長車」という車両を使って設置する計画でしたが、がれきなどで足場が悪く、車両による設置は難しいということです。
このため東京消防庁では、隊員による手作業によってホースを設置する方針に切り替え、午後9時から新たな隊員を投入してホースの設置作業を行っているものとみられます。

3月19日 0:20更新

自衛隊 2回目の放水は見送り

福島第一原子力発電所3号機を冷却するため、自衛隊は18日夜、消防車を使った2回目の放水を行う検討を進めていましたが、現地で東京消防庁が行う作業などを優先させるため夜の放水を見送ることを決めました。
福島第一原子力発電所3号機を冷却するため、自衛隊は各地の航空基地から集めた特殊な消防車6台を使って、18日午後2時前からおよそ40分間、放水作業を行いました。
6台は、17日と同じように1台ずつ、3号機の近くまで前進して放水し、これに続いて、東京電力の協力会社の社員が在日アメリカ軍から借りた消防車1台を使って放水を行ったということです。
放水した量は、この7回であわせて50トンで、防衛省によりますと、水は3号機の建屋の中まで届いているということです。
自衛隊は、この作業に続いて18日夜、消防車を使った2回目の放水を行う検討を進めていましたが、見送ることを決めました。
防衛省によりますと、現場では、東京消防庁が海からホースで直接海水をくみ上げ、長時間放水し続けることができる態勢を整えようとしています。
放水地点付近での東京消防庁によるこの作業や、近くでそのあと行われる予定の東京電力による外部電源の復旧工事などを優先させるため、自衛隊は、18日夜の放水を見送ったということです。

3月18日 21:20更新

自衛隊 夜間に再度放水を検討

福島第一原子力発電所3号機を冷却するため、自衛隊は、18日の午後に続いて夜、消防車を使った2回目の放水を行う検討を進めています。
一方、東京消防庁は、離れた場所にある水源からホースで水をくみ上げ、長時間放水し続けることができる態勢を整えようとしていますが、現在、作業をいったん中断しているということです。
福島第一原子力発電所3号機を冷却するため、自衛隊は、各地の航空基地から集めた特殊な消防車6台を使って、18日午後2時前からおよそ40分間、放水作業を行いました。
6台は、17日と同じように1台ずつ、3号機の近くまで前進して放水し、これに続いて、東京電力の協力会社の社員が在日アメリカ軍から借りた消防車1台を使って放水を行ったということです。
放水した量は、この7回であわせて50トンで、防衛省によりますと、水は3号機の建屋の中まで届いているということです。
自衛隊は、この作業に続いて18日夜、消防車を使った2回目の放水を行う準備を進めています。
一方、防衛省によりますと、東京消防庁が離れた場所にある水源からホースで水をくみ上げ、長時間放水し続けることができる態勢を整えようとしていますが、現在、作業をいったん中断しているということです。

3月18日 19:55更新

保安院 外部電源使用には時間

震災で被害を受けた福島第一原子力発電所の外部電源の復旧作業について、18日、原子力安全・保安院が説明し、1号機と2号機に外部電源を引き込む作業は、19日に終わるものの本格的に外部電源が使えるようになるにはさらに時間がかかるという見通しを示しました。
福島第一原発では、地震による停電に加え、津波で非常用の発電機も故障して電気が使えなくなり、1号機から3号機で原子炉などが冷やせずに深刻な事態に陥っています。
現在、原子炉や使用済み燃料プールの冷却機能を回復するため、外部電源を復旧させる工事が行われています。
これについて、原子力安全・保安院は、18日夕方の記者会見で、1号機と2号機に外部電源を引き込む作業が終わるのは、19日になる見通しで、3号機と4号機については20日に完了する予定だということです。
しかし、その後は被害を受けた施設の機器に電気を通しても問題がないかなどの点検が必要で、本格的に外部電源が使えるようになるには、さらに時間がかかるという見通しを示しました。

3月18日 19:26更新

警察庁“放水 一部は目標に”

福島第一原子力発電所の3号機に対して17日、警視庁の機動隊が行った放水活動について、警察庁は「水の一部は原子炉の建屋の中に届いており、一定の成果はあったとみられる」として事実関係を修正しました。
警察庁によりますと、警視庁の第1機動隊は17日夜、「高圧放水車」を使って福島第一原発3号機の20メートルから30メートルほどの場所から、44トンの水を放水したということです。
警視庁は「水は目標に届かなかった」と説明していましたが、警察庁は18日、「水の一部は原子炉の建屋の中に届いており、一定の成果はあったとみられる」として事実関係を修正しました。
また、警察庁は放水活動後に「隊員の線量計のアラームが鳴り、放射線量が高く、危険だった」と説明していましたが、アラームは誤作動で、実際の放射線の量は最も高い数値の隊員でも、内部の安全基準の10分の1だったと修正しました。
警察庁は「現場の通信状態が悪く、警視庁が隊員から誤って聞き取った内容を説明してしまった」としています。
また、放水活動を打ち切った理由として、安全面が確保できないことを挙げていましたが、警察庁は「自衛隊の消防車が到着したため、撤収を決めた」と説明しています。

3月18日 19:16更新

保安院 レベル5に引き上げ

福島第一原子力発電所で相次いでいる事故で、原子炉内の核燃料の損傷が大きく、外部に放射性物質が漏れていることから、 経済産業省の原子力安全・保安院は、事態の深刻さを示す国際的な基準に照らして評価をした結果、32年前にアメリカで起きたスリーマイル島原発での事故と 同じ「レベル5」に引き上げました。
「レベル5」は、これまで国内で起きた原子力事故としては最悪の評価となりました。
原子力施設で起きた事故については、原子力安全・保安院が、国際的な評価基準のINES=国際原子力事象評価尺度に基づいて、事態の深刻さをレベル0から7までの8段階で評価することになっています。
原子力安全・保安院は、18日午後6時前からの記者会見で、福島第一原発の1号機から3号機で相次いで起きている事故について、原子炉内の核燃料の損傷が 全体の3%以上と大きく、発電所の外に放射性物質が漏れていることから、32年前の1979年にアメリカで起きたスリーマイル島原発での事故と同じ「レベ ル5」に引き上げました。
原子力安全・保安院は、今月12日、今回の事故の評価を、12年前に、茨城県東海村で起きたJCO臨界事故と同じ「レベル4」に当たると判断していました。
「レベル5」は、これまで国内で起きた原子力事故としては最悪の評価となりました。
原子力安全・保安院は、「事態が進展しているので『引き上げる』という判断をした。評価は今後も実態に合わせて随時更新をしていく」と話しています。

3月18日 18:44更新

“消防庁の放水は深夜まで”

防衛省幹部は深刻な状態が続いている福島第一原子力発電所での冷却作業について、「東京消防庁は、離れたところからホー スで水を送ることができる特殊な送水車を使って、水をくみ上げながら持続的に作業に当たることができるため、きょうの深夜まで作業が続けられると聞いてい る」と述べました。
そのうえで、この防衛省幹部は「自衛隊もきょう、消防車を連結して、水をくみ上げながら放水する予定だったが、地盤が安定しないため、水をくみ上げながら の作業は難しかった。自衛隊としても、きょう2回目の地上からの放水を行う準備はしているが、消防庁の作業が深夜に及べば自衛隊による放水は行わないので はないか」と述べました。

3月18日 18:25更新

“外部電源 作業進んでいる”

枝野官房長官は18日午後の記者会見で、福島第一原子力発電所で冷却機能を回復させるために進められている外部電源の復旧に向けた作業は進んでいるとの認識を示すとともに、3号機への放水について、「燃料プールに水が入っていることはほぼ間違いない」と述べました。
この中で、枝野官房長官は、外部電源の復旧に向けた作業について、「作業は進んでいるという報告を受けている。ただ、まだ、それによってどこかの部分が外部電力によって復旧したという段階にはなっていない」と説明しました。
また、枝野長官は18日の放水について、「現時点で確定的なことを言える段階ではない。ただ、水蒸気が放水にあたって出ていることから、燃料プールのほうに給水が届いていることは、ほぼ間違いないと思う」と述べました。
さらに、枝野長官は、福島第一原子力発電所で、1号機から6号機に保管されている核燃料とは別に、6400本の核燃料が保管されていることを明らかにし、 「これに、今の段階で危険が生じている状況ではなく、しっかりとモニターしている。現在のところ、水蒸気などの発生は見られていないというのが、けさの時 点での報告なので、温度などをしっかりと監視し、管理していく」と述べました。
また、枝野長官は、新たな原子力発電所の建設を巡って、「今、政府の原子力関係者は、総力を挙げて福島第一原子力発電所の事態の収束に向けて取り組んでお り、いずれにしても、これが収束を迎えるか、その方向がはっきりするまでは、前に進めることはありえない」と述べました。

3月18日 18:25更新

東北の放射線 やや高い所も

自治体などの観測によりますと、福島県や宮城県では、依然としてふだんよりも、やや高い放射線の数値が計測されていますが、いずれも健康に影響が出るレベルではないということです。
18日午前0時から午後3時までの各地の観測によりますと、▽福島第一原子力発電所から北西に65キロほど離れた福島市では、午前0時に1時間当たり12.7マイクロシーベルトと通常よりも高い放射線を計測しました。
▽宮城県では、福島第一原発から北東に120キロほど離れた女川町の女川原発で、午前0時に1時間当たり2.8マイクロシーベルト、▽茨城県では北茨城市 で午前11時半に1時間当たり1.13マイクロシーベルト、水戸市で午後0時40分に1時間当たり0.2マイクロシーベルトと、いずれも通常より高い放射 線を計測しました。
▽栃木県では那須町で、午前5時に1時間当たり1.17マイクロシーベルトを計測しました。
那須町では、今回の大震災から観測を始めたため、これまでの通常の値はありませんが、県庁所在地の宇都宮市の通常よりも高くなっています。
しかし、これらの数値の放射線を1時間浴びたとしても、最も高い福島市でも胃のX線検診で受ける放射線量の50分の1ほどで、健康に影響が出るレベルではないということです。
また福島市では、今月15日の午後に数値が上昇しましたが、その後は減少傾向となっています。
札幌市、青森市、秋田市、岩手県の盛岡市、山形市では通常以上の放射線は計測されませんでした。

3月18日 18:15更新

30キロ地点 高い放射線量

文部科学省は、福島第一原子力発電所周辺の放射線の量について、18日の測定結果を発表し、原発から北西におよそ30キ ロ離れた地点で、17日に続いて1時間当たり100マイクロシーベルト台の比較的高い値を検出する一方、そのほかの地点ではふだんよりやや高いものの、直 ちに健康には影響のないレベルとなっています。
周辺の放射線の量は、文部科学省などが福島第一原発から30キロから60キロ離れた福島県内の18か所で、18日午前10時から午後3時まで専用の測定車両を使って屋外で測定しました。
その結果、最も高かったのは、現在、屋内退避の指示が出ている原発から北西30キロ付近の地点で、午後1時32分の時点での放射線の量は、1時間当たり150マイクロシーベルトという値でした。
この地点では、17日午後2時にも1時間当たり170マイクロシーベルトを検出しています。
これらの値は、屋外にいると一般の人が1年間に浴びても差し支えないとされる限度量の1ミリシーベルトに6時間から7時間で達する数値です。
一方、福島第一原発から30キロから60キロ離れたそのほかの測定地点では、1時間当たり52マイクロシーベルトから0.5マイクロシーベルトだったということで、ふだんの値よりは高いものの、直ちに健康には影響のないレベルとなっています。
これについて枝野官房長官は、18日午前の記者会見で、「直ちに人体に影響を与える値ではない。地形や風向きなどの気象状況にも左右されるので、モニタリングを強化して詳細にデータを分析していく」と述べました。
そのうえで、「この値が長期間続くという可能性が万一あれば、しっかり対応する」と述べました。

3月18日 17:35更新

情報公開でIAEAと連携

松本外務大臣は、日本を訪れているIAEA=国際原子力機関の天野事務局長と会談し、福島第一原子力発電所の状況について、透明性の高い情報を速やかに世界各国に公開するため、日本政府とIAEAが連携していくことを確認しました。
この中で、IAEA=国際原子力機関の天野事務局長は、福島第一原子力発電所で深刻な事態が続いていることについて「IAEAも、各国が申し出ている支援の調整を行っているほか、今回はIAEAの放射線測定の専門家を日本に連れてきた」と述べました。
そのうえで、天野事務局長は「今回の原発の事故は国際的な関心が高く、IAEAに対して、情報の収集や公開を求める国際社会の期待が強い。日本との情報共有や連携を強化していきたい」と述べました。
これに対し、松本外務大臣は「政府、関係者が一丸となって、全精力をつぎ込んでいる。国内はもちろん、国際社会にも透明性を持った説明をすることが必要で あり、努力していきたい」と述べ、福島第一原子力発電所の状況について、透明性の高い情報を速やかに世界各国に公開するため、日本政府とIAEAが連携し ていくことを確認しました。

3月18日 17:35更新

東電 放水後に放射線量が微減

東京電力福島事務所は午後4時すぎに記者会見し、福島第一原子力発電所の3号機で行われた自衛隊などによる使用済み燃料プールへの放水のあと、原発の敷地内の放射線の量がわずかに下がっていることを明らかにしました。
福島第一原子力発電所3号機の使用済み燃料プールの冷却のため、自衛隊による放水作業が、午後1時55分ごろから午後2時38分にかけて、あわせて6台の消防車で行われ、アメリカ軍の消防車両を使って行われた東京電力の放水作業も午後2時45分に終了しました。
東京電力福島事務所によりますと、3号機のおよそ500メートル北西にある事務本館の北側の放射線の量は自衛隊の放水が始まる前の午後1時50分には1時 間当たり3484マイクロシーベルトだったのに対し、放水が終わったあとの午後2時50分には1時間当たり3339マイクロシーベルトと、わずかに下がっ ていたということです。
これについて、東京電力福島事務所は、変化としては少ないので、今の段階で効果を評価することはできず、今後、詳しく分析することにしています。

3月18日 17:05更新

東京消防庁 放水高い位置から

福島第一原子力発電所の3号機を冷却する東京消防庁の放水作業は地上22メートルの高さから放水できる「屈折放水塔車」を使って高い位置から行うことになり、消防車5台が現地に向かっています。
東京消防庁は、政府の対策本部からの要請を受けて、18日午前、深刻な状態が続いている福島第一原子力発電所に向けて特殊な機能を備えた消防車30台と隊員139人を派遣しました。
東京消防庁の部隊は、福島県いわき市の消防施設に集合し、いったん自衛隊が設けた前進指揮所に移って放水活動の方法を検討したうえで、午後3時半すぎ消防車5台と隊員13人が現地に向かいました。
東京消防庁の放水作業は、自衛隊に引き続いて3号機で行われ、地上22メートルの高さから1分間に3トンを放水できる「屈折放水塔車」を使って高い位置から行うことになっています。
また、2キロ余り離れたところから水を送ることができる「遠距離大量送水車」という車両を使って、離れたところでくみ上げた海水をホースで放水車に補給して放水するということです。

3月18日 17:05更新

IAEA 現地に専門家派遣へ

日本を訪れているIAEA=国際原子力機関の天野事務局長は、記者団に対し、福島第一原子力発電所が深刻な事態に陥っていることを受けて、IAEAの専門家チームを、一両日中に現地に派遣し、放射線量の測定を始めたいという意向を示しました。
この中で、天野事務局長は、IAEAから放射能測定のために専門家を日本に派遣し、第一陣として、4人がすでに到着したことを明らかにしたうえで、一両日中に、現地で放射能の測定などを始めたいという意向を示しました。
そのうえで、天野氏は、福島第一原子力発電所について「非常に重大で深刻な事故であり、IAEAを含めて国際社会が一丸となって取り組むことが大事だ」と 述べるとともに、日本政府の対応について、「炉心の冷却を含めて冷却に最大限の努力をされている。冷やすことが非常に大事だと思っている。時間との戦い だ」と述べました。

3月18日 17:05更新

ニュース画像

自衛隊“水は届いたと思う”

航空自衛隊トップの岩崎茂航空幕僚長は、記者会見で、福島第一原子力発電所で18日午後に行われた放水作業について、「活動は終了した。映像を見るかぎり水は本体に届いていると思う」と述べました。
18日午後行われた会見の中で、岩崎航空幕僚長は、福島第一原子力発電所の3号機へ向けて午後行われた自衛隊の消防車による放水活動について、「自衛隊の 消防車6台と東京電力がアメリカ軍から借りたポンプ車1台で、きょう午後2時前から放水活動を行い、終了した。映像を見るかぎり水は本体に届いていると考 えている。50トンの水を放水する計画だったが、放水量についてはまだ報告がきていない」と述べました。
さらに作業に当たる隊員の安全確保については、「これまでのところ隊員が浴びた放射線量は最大でも数ミリシーベルト以下で、活動には支障がないと思ってい る。あす以降も放水活動をするかどうかは専門家の判断を待ちたい。今後もすべての力を使って原子力災害派遣の活動に取り組んでいく」と述べました。

3月18日 16:04更新

自衛隊 3号機への放水を実施

福島第一原子力発電所3号機を冷却するため、自衛隊は、各地の航空基地から集めた消防車を使って、18日午後2時前からおよそ40分間、放水作業を行いました。
このあと、東京消防庁の消防車が放水を行う計画で、深刻な状況にあるとされる3号機の冷却を急いでいます。
福島第一原子力発電所の3号機と4号機は、いずれも使用済み燃料を保管したプールが冷却できない状態になっており、このままでは放射性物質が大量に漏れ出すおそれがあります。
このうち3号機について、自衛隊は、17日、ヘリコプターと消防車を使って上空と地上から放水作業を行いましたが、依然としてプールの水位が低い状態が続いているとみられています。
このため、自衛隊は、18日も地上からの放水作業を行うことを決め、全国の航空基地から集めた特殊な消防車6台が午後2時前からおよそ40分間にわたって、放水を行いました。
6台は、17日と同じように1台ずつ、3号機の近くまで前進して放水し、これに続いて東京電力の協力会社の社員が在日アメリカ軍から借りた消防車1台を使って放水を行ったということです。
放水した量は、この7回であわせて50トンで、防衛省によりますと、水は3号機の建屋のなかまで届いているということです。
18日は東京消防庁の消防車も派遣され、すでに現地に到着しているということで、まもなく3号機へ向けて放水する予定だということです。

3月18日 16:36更新

machikawaco3 について

a TORO lawn mower dealer in Japan
カテゴリー: 福島第一原発状況, NEWS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中