Hello world!

Welcome to WordPress.com. After you read this, you should delete and write your own post, with a new title above. Or hit Add New on the left (of the admin dashboard) to start a fresh post.

Here are some suggestions for your first post.

  1. You can find new ideas for what to blog about by reading the Daily Post.
  2. Add PressThis to your browser. It creates a new blog post for you about any interesting  page you read on the web.
  3. Make some changes to this page, and then hit preview on the right. You can always preview any post or edit it before you share it to the world.
カテゴリー: Uncategorized | 1件のコメント

school bag, sac de L’ecole, backpack

y

https://i2.wp.com/product-image.tradeindia.com/00033120/b/Knapsacks-School-bags.jpg

https://i1.wp.com/www.asia.ru/images/target/photo/50220351/School_Bag.jpg

https://i1.wp.com/image.made-in-china.com/2f0j00ECQtRfcsmibT/School-Bag-Model-No-BG-02-.jpg

https://i1.wp.com/image.made-in-china.com/2f0j00EMptgTbqJeon/Laptop-Pack-School-Bag-SW-0196-.jpg Kids School Bag

September 13, 2007

School Bags 2007

I feel like I’ve written this post before, but school bags just seems to be one of those topic that no one ever gets tired of. Probably because we’re all always on the lookout for that perfect bag that is stylish yet still practical for daily wear, and the definition of stylish changes every season. So lets start.

Luckily for my wallet, my tastes and definition of style varies little over time (some may even call me boring). So for me, the perfect bag for school is still the tote. This year I’ve gotten even more classic and have switched from my printed Coach tote to this classic black nylon Prada tote. Coach is still high on my list, but the one I had was suede and just a little too seasonal for me- I may bring it back out come winter. The black Prada one on the other hand would last me all year, rain, snow or shine, AND it is easier on my poor lopsided shoulder than the Coach. Another similar choice to the Prada that is cheaper but just as classic is of course the Longchamp bag. I’m aware that this has been on the “list” year after year now, but what can I say, some things never change.

Just because it is still high on my list, I’m still going to include a Coach tote here. And to spice up the tote mix a bit, I’m going to throw in this lovely Kate Spade creation, simple but elegant.

Going a little funkier, I am loving these bags from UO(left) and Top Shop (right). The print makes it retro and the color makes it versatile. Plus, its big and very shoulder wearable. I hate those bags that I can’t put on my shoulders!

Something trendier, I am sure you’ve all seen the Prada messenger in magazines everywhere. The first thing that pops into mind when I see this style bag is- school! I wonder if my mom has one hidden away somewhere that I can “borrow”……….for a similar plain, lightweight messenger bag that is more affordable, there is my other school bag brand favourite- Le Sportsac (right).

And to get the best of the two worlds, there are these bags from UO. I am especially loving the electric blue (though I think the site calls it purple??!) messenger bag. its sooo this season! Anyways, I’m off. Have a stylish school year everyone!

Ps. The Prada tote is also great for work. Flights. All occasions really:)

PPs. I think you’re right and next time I am going back to my old hair salon. Even with the DVD player, it doesn’t compare to new salon doesn’t compare.

Image Source: Coach, Saks, Kate Spade, Longchamp, Urban Outfitters, Top Shop and Le Sportsac

https://i0.wp.com/fc07.deviantart.net/fs71/i/2011/036/8/5/sac_ecole_eric_by_emillye-d38wkdn.jpg

Bénédiction des sacs d’école 2007

Dimanche 16 septembre 2007- Avec la rentrée scolaire, revient la bénédiction des sacs d’école. C’est tout joyeux que les écoliers et les écolières ont déposé leur sac au pied des marches de l’autel.

Lors du partage de la Parole, les questions de notre pasteur, Michel Ayotte, ont donné lieu à des échanges animés. Il s’est ensuivi une explication du sens à donner à la bénédiction des enfants et de leurs sacs.

Durant la bénédiction, certains enfants ont fermé leurs yeux pour mieux intérioriser. Puis, Ghislaine, Josée et Louise leur ont ensuite remis un macaron, symbole de joie et rappel de la présence de Jésus. Chacune et chacun a pu le ranger dans son sac comme aide-mémoire que Jésus l’invite à être heureux et à rayonner de la joie quotidiennement.

 

https://i2.wp.com/www.1000-annonces.com/sac-d-ecole-hannah-montana-IMGH1313173139_montana.jpghttps://i1.wp.com/images04.olx.ch/ui/18/63/81/1326660914_300366281_2-Photos-de--Perdu-sac-decole-bleu-gris-Racoon.jpghttps://i0.wp.com/www.hellopro.fr/images/produit-2/2/5/8/sac-bandouliere-ecole-227852.jpghttps://i2.wp.com/storage.canalblog.com/38/50/120936/57437539_p.jpghttps://i2.wp.com/www.vetement-enfants.com/662-2490-thickbox/sac-ecole-cuir-etoiles.jpghttps://i1.wp.com/storage.canalblog.com/76/25/576150/65901667.jpg

SAC A DOS CUIR ETOILES BOBO CHOSES

Gsell https://i2.wp.com/img5.cherchons.com/222501194/sac-dos-eastpak-nouveau-motif-star-1225476482.jpghttps://i0.wp.com/img5.cherchons.com/3719309618/sac-dos-dakine-scooler-mainframe-987445515.jpghttps://i0.wp.com/img5.cherchons.com/2004517561/kipling-athan-sac-porte-epaule-beige-synthetique-2167732523.jpghttps://i1.wp.com/a31.idata.over-blog.com/500x375/3/21/45/54/PA200661.jpghttps://i1.wp.com/pmcdn.priceminister.com/photo/cartable-ecole-fille-hello-kitty-sac-bagagerie-875006780_ML.jpghttps://i0.wp.com/static.eprofeel.fr/salons/c/8/881u/CA003.jpghttps://i1.wp.com/static.eprofeel.fr/salons/c/8/252v/7322.jpg
https://i1.wp.com/www.tn-requinpaschers.com/pic/sac-main-louis-vuitton-vente-2Csac-a-main-ecole-pas-cher-5961-27632.jpghttps://i2.wp.com/www.toxel.com/wp-content/uploads/2009/08/backpack02.jpghttps://i2.wp.com/ecx.images-amazon.com/images/I/51HtLk0BDsL._SL500_AA300_.jpghttps://i1.wp.com/nativityinbend.com/wp-content/uploads/2009/10/backpack.jpghttps://i0.wp.com/www.toxel.com/wp-content/uploads/2009/08/backpack10.jpg

k

カテゴリー: NEWS | コメントをどうぞ

guitar

y

JerryC

JerryC (simplified Chinese: 张逸帆; traditional Chinese: 張逸帆; pinyin: Zhāng Yìfán; born August 31, 1981), also known by his English name Jerry Chang, is a Taiwanese guitarist and composer. He is best known for his song “Canon Rock“, a rock arrangement of Johann Pachelbel‘s Canon in D. He began playing the guitar at the age of 17, and the piano before age 15.[2] His style is influenced by classical music, neoclassical guitarists, as well as melodic metal bands such as Helloween and L’Arc-en-Ciel.[3]

From Wikipedia, the free encyclopedia

https://i2.wp.com/upload.wikimedia.org/wikipedia/en/7/70/CanonRockCover.jpg

 

 

k

カテゴリー: NEWS | コメントをどうぞ

snow 2012

y

https://i1.wp.com/www.globalsaskatoon.com/uploadedimages/IngestPhotos/XVG102-22_2012_152420_high.jpghttps://i0.wp.com/www.desiclub.com/community/culture/culture_images/2012-Snowfall-in-rome-europe.jpghttps://i2.wp.com/arabnews.com/world/article569597.ece/REPRESENTATIONS/large_620x350/wor_snow.jpghttps://i1.wp.com/www.irishtimes.com/newspaper/breaking/images/2012/0204/287679_1.jpghttp://www.scotsman.com/webimage/1.2099521.1328490191!image/2628907241.jpg_gen/derivatives/landscape_595/2628907241.jpg

https://i1.wp.com/deathby1000papercuts.com/wp-content/uploads/2012/02/Rome-Colosseum-Snow-February-2012.png

Europe News

More deaths in European cold spell; snow wreaks havoc in south

Feb 4, 2012, 14:57 GMT

The centre of Amsterdam is covered with snow, The Netherlands on Friday 3 February 2012. The whole country is covered in snow after the first snowfall of this year.  EPA/EVERT ELZINGAThe centre of Amsterdam is covered with snow, The Netherlands on Friday 3 February 2012. The whole country is covered in snow after the first snowfall of this year. EPA/EVERT ELZINGA

Kiev – A spell of freezing weather in Europe has caused more than 220 deaths, mostly in the east and particularly in Ukraine, where the authorities reported 21 more fatalities on Saturday.

Ukraine’s large population of homeless – estimated to number at least 100,000 people – were the most vulnerable to the frost, with temperatures regularly reaching -30 degrees Celsius. The consumption of alcohol is often an additional deadly factor in the freezing cold.

Eight new deaths were registered in Poland and four more in Romania. A homeless man froze to death in Prague, becoming the fourth victim of the cold spell in the Czech capital.

Berlin had its coldest night of the winter, at -19 degrees. Winter fun turned deadly in the German state of North-Rhine Westphalia where a Dutch national fell through the ice while skating on a lake Friday.

France’s second victim of the cold had Alzheimer’s, as did the first. The elderly woman had wandered off from a nursing home in Toulouse.

In Switzerland, temperatures as low as -34 caused some of the country’s usually punctual trains to run late. It remained far warmer, however, than the record -41.8 degrees recorded in the 1980s.

To the south, the deep-freeze of previous days eased, but was replaced by massive snowstorms.

Montenegro reported its first victim of freezing, as road services struggled with avalanches tumbling onto roads which often lead through ravines in the mountainous country. The authorities advised people against driving until conditions improved.

Rescuers were still trying to reach some 60 people trapped when an avalanche sealed both ends of a tunnel on a main road. According to mobile phone communications with people inside, nobody was injured.

A snowstorm brought Serbia to a virtual standstill, fueling criticism of the authorities’ apparently inadequate reaction to the snowstorm.

Traffic was crawling at best across Serbia and the authorities ordered that all schools remain shut next week to reduce traffic jams and energy consumption.

A statement on Friday by Infrastructure Minister Milutin Mrkonjic, that the snow ‘has fallen at a bad moment,’ caused an avalanche of outrage and ridicule in reactions on news forums.

It also snowed heavily in Bosnia where, as daily Dnevni Avaz reported, Sarajevo airport was closed and Serbian President Boris Tadic was stuck after a regional conference on Friday.

Rare snow, combined with a powerful gale from the sea, also hit the Croatian coast and islands.

Across the Adriatic to the west, Italian authorities were also being blasted by the public after Rome was paralyzed by 10 centimetres of snow – the most that has fallen on the Italian capital since 1985.

The snowstorm reached as far south as Algiers, on the northern shores of Africa, where children danced at the sight of snowflakes they had never seen before.

https://i2.wp.com/www.globaltoronto.com/uploadedimages/IngestPhotos/MAR101-22_2012_105711_high.jpghttp://nationalpostnews.files.wordpress.com/2012/02/venice.jpg?w=620

Minus 26.5 degrees: Thousands stranded in Europe by heavy snow

Death toll from Eastern Europe’s cold spell hits 114

Below:

Image: Wooden figurines transformed into sculptures of ice in Seegraeben, Switzerland

Steffen Schmidt  /  EPA

Wooden figurines transformed into sculptures of ice in Seegraeben, Switzerland, Thursday as arctic temperatures hit much of Central and Eastern Europe.
msnbc.com news services
updated 2/2/2012 8:41:19 AM ET

BELGRADE, Serbia — At least 11,000 villagers have been trapped by heavy snow and blizzards in Serbia’s mountains, authorities announced Thursday, as the death toll from Eastern Europe’s weeklong deep freeze rose to 114.

Those stranded live in some 6,500 homes in remote areas that cannot be reached due to icy, snow-clogged roads, emergency police official Predrag Maric said. Emergency crews were pressing hard to try to clear the snow and deliver badly needed supplies.

“We are trying everything to unblock the roads, since more snow and blizzards are expected in the coming days,” Maric said.

Twenty more deaths from the cold were reported in Ukraine on Thursday, with nine more in Poland and one more each in Serbia and the Czech Republic. Officials said most of the victims were homeless.

  1. Only on msnbc.com
    1. Obama: Israel has not made a decision on Iran
    2. Gingrich: ‘Our goal is to get to Super Tuesday’
    3. Vote for your favorite Super Bowl ad
    4. Romney gets boost with Nevada GOP caucus win
    5. Scientists study rug that makes people seasick
    6. North Korean accordion students take on A-ha
    7. Huge crowd protests upcoming Russian elections

“They say the whole February will be cold, and the first half of March, so we have to get ready for this somehow,” said Viktor, who is living on the streets of Kiev, Ukraine.

Parts of Black Sea freeze
Temperatures across the region sank to minus 26.5 F in some areas. Parts of the Black Sea froze near the Romanian coastline, and rare snow fell on Croatian islands in the Adriatic Sea.

In Bulgaria, 16 towns recorded their lowest temperatures since records started 100 years ago.

Polish government spokeswoman Malgorzata Wozniak said her country’s victims were mostly homeless people under the influence of alcohol who had sought shelter in unheated buildings. Officials appealed to the public Thursday to quickly help anyone they saw in need.

Video: Eastern Europe caught in severe winter cold snap (on this page)In Ukraine, 63 people have perished from the cold in the past week. Nearly 950 others were hospitalized with hypothermia and frostbite, and more than 2,000 heated tents have been set up with hot food for the homeless.

Story: Helicopters used to evacuate, send food in Europe freeze A source at the Russian gas export monopoly, Gazprom, which supplies a quarter of Europe’s gas imports, said it was getting more requests from export markets than it could physically accommodate as demand from Russia spiked.

“Despite increasing gas consumption in Russia due to heavy frosts, Gazprom continues implementing its contractual obligations to European clients,” it said.

PhotoBlog: Deep freeze hits Eastern EuropeTo the south, helicopters evacuated dozens of people from snow-blocked villages in Serbia and Bosnia this week and airlifted in food and medicine.

In central Serbia, choppers pulled out 12 people, including nine who went to a funeral but then could not get back over icy, snow-choked roads. Two more people froze to death in the snow, and two others are missing, bringing that nation’s death toll to five.

“The situation is dramatic. The snow is up to five meters (16 1/2 feet) high in some areas — you can only see rooftops,” said Dr. Milorad Dramacanin, who participated in the helicopter evacuations.

Two helicopters on Wednesday rescued people and resupplied remote villages in northern Bosnia.

“We are trying to get through to several small villages, with each just a few elderly residents,” said Bosnian rescue official Milimir Doder. “Altogether some 200-300 people are cut off. We are supplying them for the second day with food and medication.”

‘Barely coping’
In the small Bosnian hamlet of Han Kran on Mount Romanija, villagers waited for a helicopter at a flat spot that they had cleared of snow.

“We are barely coping. I live on my own — it is a real struggle,” said Radenka Jeftovic, an elderly woman wrapped in woolen scarves and hugging a food package she received.

Goran Milat, a younger resident, complained that “the minuses are killing us.”

“We are thankful for this help,” he said. “But the snow did what it did, and we are blocked here until spring.”

Some Bosnian villages have had no electricity for days, and crews were working round-the-clock trying to fix power lines.

Schools, nurseries and colleges across the region shut down, including one school in eastern Hungary that said it could not afford the high heating bills. The airport in Montenegro’s capital of Podgorica was shut down for a second day Thursday because of heavy snowfall.

The Associated Press and Reuters contributed to this report.

Video: Eastern Europe caught in severe winter cold snap

Open in new window

Snow cover

List of contents

Open Climate4you homepage

Recent northern hemisphere snow cover 

2011                                                                                                      2012

Northern hemisphere snow cover (white) and sea ice (yellow) 4 February 2011 (left) and 2012 (right). Map source: National Ice Center (NIC). Please use this link if you want to see the original figures or want to check for more recent updates than shown above.

Click here to jump back to the list of contents

Recent Europe-Asia snow cover  

2011                                                                                                       2012

Europe-Asia snow cover (white) and sea ice (yellow) 4 February 2011 (left) and 2012 (right). Map source: National Ice Center (NIC). Please use this link if you want to see the original figures or want to check for more recent updates than shown above.

Click here to jump back to the list of contents

Recent Alaska-Canada snow cover  

2011                                                                                                     2012

Alaska-Canada snow cover (white) and sea ice (yellow) 4 February 2011 (left) and 2012 (right). Map source: National Ice Center (NIC). Please use this link if you want to see the original figures or want to check for more recent updates than shown above.

Click here to jump back to the list of contents

Recent USA-Canada snow cover  

2011                                                                                                        2012

USA-Canada snow cover (white) and sea ice (yellow) 4 February 2011 (left) and 2012 (right). Map source: National Ice Center (NIC). Please use this link if you want to see the original figures or want to check for more recent updates than shown above.

Click here to jump back to the list of contents

Recent snow water equivalent

Recent seasonal snow water equivalent (cm) 3 February 2012 (NOAA 18). Only the terrestrial seasonal snow cover is considered in this analysis, not snow on sea ice or on the ice sheets in Greenland and Antarctic. The values indicate how much water (cm) would be produced by melting all snow present at a certain site. Map source: NOOA. Please use this link if you want to see the original diagram or want to check for a more recent update than shown above.

Click here to jump back to the list of contents

Northern hemisphere weekly snow cover since 1966

Northern hemisphere weekly snow cover since October 1966 according to Rutgers University Global Snow Laboratory. The thin line is the weekly data, and the thick line is the running 53 week average (approximately 1 year). The running average is not calculated before 1971 because of some data irregularities in this early period. Last week shown: week 52 in 2011. Last figure update 7 January 2012.

  • Please use this link to download the original data.

Northern hemisphere weekly snow cover since January 2000 according to Rutgers University Global Snow Laboratory. The thin line is the weekly data, and the thick line is the running 53 week average (approximately 1 year). Last week shown: week 52 in 2011. Last figure update 7 January 2012.

  • Please use this link to download the original data.

Eurasia weekly snow cover since October 1966 according to Rutgers University Global Snow Laboratory. The thin line is the weekly data, and the thick line is the running 53 week average (approximately 1 year). The running average is not calculated before 1971 because of some data irregularities in this early period. Last week shown: week 52 in 2011. Last figure update 7 January 2012.

  • Please use this link to download the original data.

Eurasia weekly snow cover since January 2000 according to Rutgers University Global Snow Laboratory. The thin line is the weekly data, and the thick line is the running 53 week average (approximately 1 year). Last week shown: week 52 in 2011. Last figure update 7 January 2012.

Please use this link to download the original data.

North America (Greenland excluded) weekly snow cover since October 1966 according to Rutgers University Global Snow Laboratory. The thin line is the weekly data, and the thick line is the running 53 week average (approximately 1 year). The running average is not calculated before 1971 because of some data irregularities in this early period. Last week shown: week 52 in 2011. Last figure update 7 January 2012.

  • Please use this link to download the original data.

North America (Greenland excluded) weekly snow cover since January 2000 according to Rutgers University Global Snow Laboratory. The thin line is the weekly data, and the thick line is the running 53 week average (approximately 1 year). Last week shown: week 52 in 2011. Last figure update 7 January 2012.

  • Please use this link to download the original data.

Greenland weekly snow cover since October 1966 according to Rutgers University Global Snow Laboratory. The thin line is the weekly data, and the thick line is the running 53 week average (approximately 1 year). The running average is not calculated before 1971 because of some data irregularities in this early period. As the whole of Greenland usually becomes snow covered during winter, the graph hits a ceiling during this period. Last week shown: week 52 in 2011. Last figure update 7 January 2012.

  • Please use this link to download the original data.

Greenland weekly snow cover since January 2000 according to Rutgers University Global Snow Laboratory. The thin line is the weekly data, and the thick line is the running 53 week average (approximately 1 year). As the whole of Greenland usually becomes snow covered during winter, the graph hits a ceiling during this period. Therefore, what is of main interest is the development of the summer minimum snow cover. Last week shown: week 52 in 2011. Last figure update 7 January 2012.

  • Please use this link to download the original data.

During the satellite-era of snow cover observations (from October 1966) the winter season snow cover in the northern hemisphere have been somewhat variable, but without a clear trend for any of the regions considered. For most regions there has been a relatively small decrease in the average area snow covered annually. However, based on the above observations, it would be difficult to characterize the overall reduction as very pronounced. 

For Greenland the maximum extension of the snow cover happens when the island is totally snow covered, wherefore the Greenland graph becomes stable each winter on a value corresponding to the total land area. Of greater interest for Greenland then becomes the minimum snow covered area reached each summer. This minimum value display variations throughout the observational period since 1966, but the overall trend appears to be that of an increasing trend in the size of the area covered by snow at the end of the summer in Greenland.

Click here to jump back to the list of contents

Snow cover variations in southern Norway since 1896

Daily snow cover thickness and -duration since 1896 at Bjørnholt (60.05N, 10.69E, 360 m asl.) near Oslo, southern Norway. There are no data between July 1937 and August 1954. Click here to download the original data (you have to register, but the service is free). Last day shown: 31 January 2012. Last diagram update: 2 February 2012.

The above data are interesting, as they illustrate snow cover conditions in southern Norway during the last period of the so-called Little Ice Age, which in Norway and adjoining regions ended early in the 20th century. Data are lacking 1937-1954, but between 1954 and 1965, the average winter snow cover thickness was relatively small, when compared to early part of the record. A somewhat thicker snow cover is characterising the period 1966-1988, more or less contemporaneous with a period characterised by relatively low winter temperatures. Since 1989, the average winter snow cover thickness at Bjørnholt has again been lower than previously, but comparable to the average thickness recorded for the years leading up to 1965.

Daily snow cover thickness and -duration (blue) since 1954 at Bjørnholt (60.05oN, 10.69oE, 360 m asl.) near Oslo, southern Norway. In the upper part of the diagram the daily average air temperature (green) at Blindern (Oslo) is shown. Click here to download the original snow and temperature data (you have to register, but the service is free). Last day shown: 31 January 2012. Last diagram update: 2 February 2012.

  

Daily snow cover thickness and -duration (blue) since 1979 at Bjørnholt (60.05oN, 10.69oE, 360 m asl.) near Oslo, southern Norway. In the upper part of the diagram the daily average air temperature (green) at Blindern (Oslo) is shown. Click here to download the original snow and temperature data (you have to register, but the service is free). Last day shown: 31 January 2012. Last diagram update: 2 February 2012.

The above diagram covers the time period since 1979 adopted for several global temperature graphs used on this webpage. The change from a relatively thick snow cover at Bjørnholt before 1989 is seen to be step-like, and not the result of a gradual development over time. Accordingly, great care should be exercised when attempting to illustrate the snow cover development by statistical methods. A simple approach using linear trends across such a step-like change may well be both meaningless and misleading. The years 1989-1993 following the 1988 record high snow cover thickness at Bjørnholt are characterised by a much shallower winter snow cover. The air temperature graph shows that these winters were relatively warm. From 1994, a somewhat thicker snow cover again becomes normal, but with significant inter-annual variations. It is difficult to see any clear trend as to snow cover thickness at Bjørnholt since 1989, provided one ignores the period 1989-1993 where the average snow cover thickness was very low, with the exception of the winter 1990-91.

Daily snow cover thickness and -duration (blue) since 2000 at Bjørnholt (60.05oN, 10.69oE, 360 m asl.) near Oslo, southern Norway. In the upper part of the diagram the daily average air temperature (green) at Blindern (Oslo) is shown. Click here to download the original snow and temperature data (you have to register, but the service is free). Last day shown: 31 January 2012. Last diagram update: 2 February 2012.

Click here to jump back to the list of contents

Dr. Jeff Masters’ WunderBlog

Europe cold wave deaths hit 200; low-snow winter for the U.S.
Posted by: JeffMasters, 4:06 PM GMT on February 03, 2012 +23
Brutal winter cold continues over most of Europe, where at least 200 people have died in a cold wave that began January 26. Hardest hit has been Ukraine, where the temperature bottomed out at -17°F (-27°C) at the capital of Kyiv this morning. It was the second coldest day of the cold wave, behind the -28°C reading of February 2. These temperatures are the coldest winter weather in six yearsin Ukraine, and at least 101 deaths are being blamed on the cold there. Also hard-hit has been Poland, where 37 people, most of them homeless, have died from the cold. Rome, Italy experienced a rare snowfall today, only its second day with snow during the past fifteen years. Very cold temperatures 10 – 20°C below average will continue for another seven days in Europe before gradually moderating late next week.
Figure 1.Departure of temperature from average as analyzed by the GFS model, for February 2, 2012. Remarkably cold air was present over Europe and western Alaska, while very warm air was over central North America and Siberia. This image is being generated experimentally by wunderground, and will be regularly available on our web site in the future.Meanwhile, a snow drought for the U.S.
In the U.S., it’s been the opposite story, with temperatures 10 – 15°F above average continuing this week over much of the nation. January 2012 is in the weather record books as the 3rd least-snowy January for the contiguous U.S. since snow records began in 1966, and December 2011 ranked as the 11th least snowy December on record. With no major snow storms in the offing over at least the next ten days, it’s looking probable that the non-winter of 2011 – 2012 will set numerous record-low seasonal snowfall totals. The National Weather Service sends out a daily “Weather and Almanac” product for several hundred major U.S. cities that we make available on wunderground. I went through yesterday’s statistics for those cities that reported measurable snow this winter. Only nine cities out of 166 major U.S. cities in the lower 48 states reported above-average snowfall as of February 1; 157 cities received below-average snowfall. The big winner in the snow sweepstakes has been Alaska, which is boasting 8 of the top 10 locations for heaviest snowfall this winter. While the 27.75 feet of snow that has fallen on Valdez has gotten a lot of attention, more remarkable is the 18.8 feet of snow Yakutat has received. That’s more than 12.5 feet above what they usually have by this time of year.

The big losers in the snow stats for this winter are the cities along the lake effect snow belts on the Great Lakes. Most notably, Syracuse, New York is nearly four feet of snow below average for this time of year. Perhaps more exceptional is Williston, North Dakota, which has received just 1.8″ of snow this winter–more than two feet below their average for February 1.

Have a super weekend, everyone, and I’ll be back Monday with a new post.

Jeff Masters

Freezed Guy (cathykiro)
Freezed Guy

Windows in the winter (cetus)
Snowy Golosiiv wood…
Windows in the winter

The snow and sun (Cirrostratuss)
Maximum temperature today -21c in the afternoon.
The snow and sun

Bulbs – Northern IL Jan. 31, 2012 (juslivn)
Noooo Babies! Hide, hide! It’s a trick! It’s too early.
Bulbs - Northern IL Jan. 31, 2012

Winter (roslany)
Winter

Frozen River (tomekandjola)
Frozen River
Categories: Winter Weather
Snow Falls On Rome For First Time In 26 Years, 260 Die of Cold In Europe
[ Updated 05 Feb 2012, 11:35:51 ]

watch video

Rome, Feb 5 : The historical Colosseum was closed in Rome and drivers abandoned cars as snow fell on Rome for the first time in 26 years on Saturday.

The death toll from the vicious cold snap across Europe has risen to more than 260, with hundreds having to be rescued after a ferry caught in a snowstorm hit a breakwater off Italy.

1

Ukraine has suffered the heaviest toll with 122 deaths, including many who froze to death in the streets as temperatures plunged to as low as minus 38.1 degrees Celsius.

2

Airports were shut, flights and trains delayed, and highways gridlocked as emergency services raced to clear falling snow.

In Italy, the ferry Sharden hit a breakwater shortly after setting off from the port of Civitavecchia near Rome.

3

It caused panic among the 262 passengers who feared a repeat of a cruise ship tragedy in the area last month that is thought to have killed 32 people.

Coastguard spokesman Carnine Albano said the accident, which tore a 25-metre hole in the ship’s side above the waterline, happened after the vessel was buffeted by a violent snow storm from the northeast.

4

All passengers were evacuated and no injuries reported.

Parts of the Venice lagoon also froze over.

5

Among the cold-weather deaths in Italy was 46-year-old woman who died in Avellino, near Naples in southern Italy, after a greenhouse roof laden with snow collapsed on her.

21

A homeless man in his sixties of German origin was found dead, apparently of cold, in the central town of Castiglione del Lago. These latest deaths brought the total in Italy to seven.

6

In Poland, the death toll rose to 45 as temperatures plunged to minus 27C in the northeast. In Romania, four more victims were found, bringing the number of fatalities in the country to 28.

The cold snap has also killed people in Bosnia, Latvia, Lithuania, Estonia, Bulgaria, the Czech Republic, Italy, Slovakia, France, Austria and Greece.

7

Snow fell in Bosnia for the second straight day, paralysing traffic, with one patient dying as an ambulance was unable to reach his village in the south of the country.

Two people were found dead in Croatia on Saturday, in the southern region near the Adriatic coast and the main port Split where the snow has surprised inhabitants, Hina news agency reported.

8

In Serbia, a man was found dead in the southern town of Lebane as the authorities in 28 municipalities, mostly in remote mountainous regions in the south and southwest, declared a state of emergency.

Maric said some “60,000 people … or 25,000 households, have been cut off by snow” with emergency services engaged in clearing off the areas and bringing the necessities to the population.

9

In tiny Montenegro, where one person was found frozen to death in a village, many hamlets in the mountainous north were cut off. Rescuers managed to evacuate 120 people, among them 31 school children from neighbouring Albania on a field trip, Interior Minister Ivan Brajovic said.

But as Europe huddled indoors for warmth, Russian gas giant Gazprom said it could not satisfy western Europe’s demand for more energy.

11

“Gazprom at the moment cannot satisfy the additional volumes that our Western European partners are requesting,” the company’s deputy chairman Alexander Kruglov said at a meeting with Prime Minister Vladimir Putin, according to Russian news agencies.

12

The freeze shut several airports in eastern and central Europe.

Further west, London Heathrow, the world’s busiest in terms of international passenger traffic, cancelled 30 per cent of Sunday’s flights as it braced for heavy snow and freezing fog.

13

In the Netherlands, Amsterdam-Schiphol airport reported dozens of delays and cancellations.

In France, snow fell from Lille in the north to Marseille in the south, though the west of the country and the capital Paris were spared.

Airport bosses came under fire last night after cancelling a third of today’s flights at Heathrow because of severe weather – nine hours before a flake of snow had even fallen.

15

Amid forecasts of six inches of snow and possible freezing fog,  Spanish-owned operator BAA announced yesterday morning that 30 per cent of today’s flights from the world’s busiest airport – about 200 – would not take off to ‘minimise disruption to passengers’.

16

It means that the flights of up to 18,000 travellers could be cancelled or rescheduled as airlines scramble to adjust their flight plans. The decision was in stark contrast to airports across most of Europe where, despite arctic conditions, flights were due to take off as normal.

17

Munich saw temperatures plunge to minus 27C on Friday night but the airport expected no disruptions today.

18

Traffic in the Italian capital ground to a halt as buses struggled to climb icy hills and authorities accustomed to a warm climate fought to cope.

19

Visitors were stopped from entering the Roman Forum and Palatine Hill, the former home of Rome’s ancient emperors, over fears they could slip on ice.

20

The last substantial snowfalls in Rome were in 1985 and 1986, though there have been other cases of lighter snow since then, including in 2010.

k

カテゴリー: NEWS, TraveL, WEATHER | コメントをどうぞ

f-35

y

11/20/2010

U.S. 6th generation fighter will be equipped with directed energy weapons, which combat targets against China and Russian

Data Figure: U.S. Navy the next F / A-XX aircraft carrier

In today’s world only one fifth-generation fighter – F-22 “Raptor”  has been in service later, do the U.S. need to develop the next generation of fighter aircraft? Why do not mass production of the U.S. F-22 fighter jets, which will air supremacy firmly in control in their own hands? The U.S. military did not give any answers on these questions.

However, recently the U.S. Air Force Materiel Command (AFMC) to issue a paper notice, so many people understand what Defense Secretary Robert Gates ordered the closure of F-22 fighter jet production line really want to do.

To find successors for the F-22

According to Reuters reported on November 5th Air Force has begun to look to the future, exploring the production of Lockheed Martin F-22 fighter subsequent models. Recently, the Air Force Materiel Command to the information industry, issued a consultation notice, requiring industry to provide information on available around 2030 initial operational capability of the “next-generation tactical aircraft systems” concept and the ability to form / information technology needs .

Defense experts believe that this “next-generation tactical aircraft systems” is actually referred to the sixth-generation fighter the Air Force, which is the future F-22 fighter “successor.”

U.S. Air Force requirements in the circular for companies interested in the Dec. 17 response to the information submitted, and hope that the latter can be related to the cost estimates submitted. Congressional Research Service (CRS), a MiG-American military aviation expert Jeremiah Butler, said: “This is the next generation of fighter jets the United States to quantify the technical and tactical targets may be the first step.”

Sixth-generation fighter will be the future look like? What are the characteristics and it will have an unprecedented ability? Some aviation experts in the world after that, the sixth generation of stealth fighter with great ability to effectively carry out several times the speed of sound from the subsonic to all flight modes, with the “variant” capacity; body surface material with intelligence, fighter itself to achieve a high degree of networking; fighters equipped with highly sensitive sensors, the time fighter pilot in the control of arbitrary, to the realm of human unity. Equipped in terms of airborne weapons, directed energy weapons can be a new generation of fighters as “killer.”

This time, the U.S. Air Force in the circular of the sixth generation of fighter aircraft performance is also put forward their own demands. The notice said “the next generation of tactical aircraft systems” must be able to have the airborne electronic attack capability, advanced integrated air defense systems, passive detection equipment, the comprehensive self-defense equipment, directed energy weapons and electromagnetic attack capabilities of the enemy network operations, must be able to 2030 to 2050, the “anti-intervention / regional isolation” in the combat environment.

Notice in the U.S. Air Force also made clear that “the next generation of tactical aircraft systems,” the main task is to carry out the mission offensive and defensive air operations – that is to destroy or weaken the enemy of the air capacity. The machine has completed the U.S. Air Force would also like missile defense, air interdiction and close air support and other tasks. In this circular, the Air Force also proposed that future fighter aircraft may be prepared with greater than the existing range and longer endurance, and better survivability, situational awareness, weapons performance, and “man-machine one “control coordination and sensitivity.

Three companies competing

Although the Air Force refused to comment publicly on its sixth-generation fighter to make the effort, but from the three major U.S. airframe manufacturer Boeing Company, Lockheed Martin and Northrop Grumman’s top aviation Designers say they are very eager to know what the U.S. Air Force requirements for such aircraft.

The sixth-generation fighter the Air Force may be able to like science fiction movies, high-tech products, as more than the fifth-generation stealth fighter, deformation in the flight to seek higher speed or endurance, aircraft engine in flight control to achieve the degree of effect of supersonic or subsonic. Sixth-generation fighter may be equipped with directed energy weapons – that is, high-energy microwave and laser weapons, protects against incoming missiles, can also serve as offensive weapons. Preparation of ammunition they could and are “control” type of weapon, can be played on air or ground targets destroyed from damage to different degrees of damage.

Materials and microelectronics technology will be a sixth-generation fighter large-scale integrated sensor. By then, the nose of the radar may no longer necessary. Moreover, its response may also be highly competent network attacks. However, the construction, use and upgrade costs of the sixth generation aircraft would still be high.

Northrop Grumman said: the development of the next round of aircraft may be dominated by the command and control information. Large amounts of data will be transported to the aircraft pilot. Bank staff will be able to see around the aircraft, “more room.” Aircraft will collect their own data and using on-board or off-sensor analysis of these data. In this regard, the sixth generation is different from the fifth-generation fighter aircraft is that the former is more detail and accuracy.

Boeing believes that the conventional electronic components may also make way for photonic components. The demand for aircraft will be reduced to the wire, connect all the systems will be diverse, fiber optic components, because people that time will be able to use different light. Sensitivity in the sixth-generation fighter on the issue of directed energy weapons play a very important role. “Light” weapons will be “completely denies” the importance of mobility of today’s fighters. In the face of modern warplanes attack directed energy weapons, there is no avoiding the time. In addition, the pulse directed energy weapons can also destroy enemy weapons systems – or the enemy ground systems.

Northrop Grumman’s current research shows that in the next 20 years, this technology will become a reality. In airborne application engine – may be an auxiliary engine – with the support of directed energy weapons to have an “infinite ammunition.”

Russian warplanes target is the sixth generation

According to U.S. Defense Secretary Robert Gates predicted, Russia’s fifth-generation fighters will be deployed in 2016 after the investment, after a few years China is expected to have their own fifth generation fighters. If the mass production of future Sino-Russian fifth generation fighter, then to the mid-2020s, the United States will lose the advantage of Russia’s air combat.

It is for this consideration, the U.S. military are determined to stop the expensive F-22 fighter production, the funds for the next few years, the sixth generation fighter development, to ensure that the U.S. has been great emphasis on air superiority .

F-22 fighter early conceptual studies began in the early 80s, when the F-15 fighters just to achieve mass production. The ability of these concepts into the early action took 20 years. The historical experience of industry leaders that the United States, the United States needs another 20 years to develop the next generation of fighters.

Air Force analysts believe that the U.S. Air Force aircraft inventory for the minimum 2250, 2030, when 971 aircraft the Air Force will appear in the gap. Moreover, this is the assumption that F-35 fighters to as scheduled, at an annual rate of at least 48 production to build and deliver on time. This gap is a F-15 and F-16 due to mandatory retirement – these aircraft have exceeded their service life, to continue the flight, then it may be dangerous.

In this case, sixth-generation fighter the Air Force need to speed up the development pace, as expected, the F-22 and F-35 fighter is a fixed quantity and not enough to fill the next 20 years, the gap between the fighters.

It is noteworthy that the U.S. Air Force fighter in the sixth-generation performance requirements specifically referred to “must be able to between 2030 and 2050 the ‘anti-access / regional isolation’ environment of war”, and “anti-intervention / regional isolation” is word several times in recent years, the Pentagon issued “China Military Power Report,” appeared, the U.S. military that the PLA is currently under the guidance of this strategic goal to develop all aspects of their operational capability and to use “anti-intervention / regional isolation” will block outside of the Western Pacific or Indian Ocean. Therefore, the United States since last year to throw the “air, sea, one of the war” concept, specifically for China’s military rise.

Today, the U.S. fighter in the sixth generation of the performance requirements of the public referred to in the “anti-intervention / regional isolation” combat environment, apparently hoping to become the next generation of aircraft weapon against China’s military power, and thus play a role in deter China.

Fighters “from generation to generation spectrum”

WASHINGTON May Stone River

Defined on the generation of fighter aircraft, has long been a controversial topic. Department under the authority of the U.S. Air Force magazine “AIRFORCE” (“Air Force” magazine) gives their generation fighter division of the world, the magazine that the fighter should be in accordance with the following generations by the broad “lines”:

1-generation fighter: The most important feature of these fighters is just using jet engines. Models for the United States on behalf of the F-80, the German ME 262.

2-generation fighter: The swept wing, in the airborne electronic systems ranging only equipped with radar, air combat weapons are usually equipped with infrared-guided missiles. Models for the United States on behalf of the F-86, MiG -15 the former Soviet Union.

3-generation fighter: to achieve supersonic flight, equipped with radar, capable of striking targets horizon. Prior to the third generation of fighters known as the largest generation of fighters across, on behalf of models for the U.S. F-105, F-4, the former Soviet Union’s MiG -17, MiG -21.

4th generation fighter: fighter equipped with a pulse Doppler radar, high mobility, as can be observed under the use of the missile down the attacks. Models for the United States on behalf of the F-15, F-16, the French “Mirage” 2000, Russia’s MiG -29

4th generation fighters: a very high agility, sensor data fusion, reduce the radar reflection signals. On behalf of the European fighter aircraft, “Typhoon”, Russia, Soviet -30 and improved F-16, F/A-18 and the French “Rafale.”

4-generation fighter: with the active phased array radar, to further reduce radar reflection signal or by a number of “active” invisible means (using the reflection of radar absorbing materials), and some time to achieve supersonic cruise. Model is representative of Soviet Russia and the United States -35 F-15SE.

5th generation fighter: The internal weapon outside of the body in order to achieve full stealth, with very excellent flexible capabilities, fully integrated sensor data, with the integration of avionics, in part or whole range supersonic cruise. Models for the United States on behalf of the F-22 and F-35.

The F35 Joint Strike Fighter: The Wrong Tool For Canada’s Air Force

Now that the Tories have been elected to a majority in the 2011 Canadian government, the controversial proposal to purchase 65 American F-35 fighter jets for the Canadian Air Force is likely to move forward.

The F-35 program has been deeply troubled since its inception. Aside from the projected cost for Canadian taxpayers – almost $30 billion over the 30-year lifespan of the airframe (far larger than the initial estimate of $9 – $16 billion) – the Canadian government’s very participation in the program is a fait accompli: no competitive bidding process to replace Canada’s aging CF-18 fleet was ever entered into (ignoring Ottawa’s own contracting regulations), and no alternatives were ever seriously considered. If Canada stays in the program, the nation pays whatever price the F35 is delivered at.

Most media coverage has focused on the ballooning costs of the program and the lack of a competitive open bidding process. But purchase of the F-35 is wrong for Canada for far more fundamental reasons.

Role

The F-35 is a high-thrust interceptor designed primarily for air-to-air engagements with targets beyond visual range and limited targeting of ground installations after most detection infrastructure has been destroyed, neither function ever used by the Canadian military. That does not mean that the airframe cannot be adapted into other roles, but its suitability for domestic service must be seriously questioned.

Canada’s Future Strategic Concerns

Global warming is pushing Canada’s interests northwards: rising temperatures are opening up the NorthWest Passage to shipping during the spring and summer. Increasingly ice-free areas also allow growing access to resources in the region, including oil, gas, and fishing.

Sovereignty over most of the strait is disputed; Canada considers the area part of her internal waters, meaning that the country could restrict access, inspect and levy cargo, fine polluters, and limit research. The US and many European counties consider the Northwestern passages an international strait. The area will be the primary strategic area for Canada in the 21st century.

Weapons

If the F35 did enter Canadian service, its most appropriate armament for engagement in northern waters would be the Joint Strike Missile, which would have to be purchased from Norway (Canada is not a development partner for the weapons platform). The range of the JSM is 240 kilometers, and the F35 is only able to carry two of them (more could be carried externally, compromising the F35’s stealth capability).

Range

Effective range of F-35 with external tanks from Canadian Force Bases with airfields.

The effective radius of the F-35 is 590 nautical miles, or 728 nm (1348 kilometers), with external tanks. This is at cruising speed, not full combat thrust. Adding external tanks also degrades the stealth capability of the airframe.

The F-35 can be refueled while in flight, but not from Canada’s two CC-150 Polaris tankers, at least not in any way the F-35 is currently configured. The tankers are principally stationed at 8 Wing Trenton in Ontario, and have a fully-loaded range of 4,630 kilometers. And if an F-35 does successfully mate with a CC-130 it loses its entire stealthed profile.

Canada’s Air Force Wings

There are Air Force bases across Canada, but in regards to the Arctic only three are relevant: 5 Wing Goose Bay, 14 Wing Greenwood and CFB Gander. (The planned military training center in Resolute Bay supports only Army personnel; the deep-water port being built in Nanisivik, on the northern tip of Baffin Island, only Navy).

There are four very small Forward Operating Locations north of the 60th parallel, but they remain deactivated except for brief visits. The FOL’s are in Rankin Inlet, Nunavut, Inuvik, Northwest Territories, and Iqaluit, Nunavut.  440 “Vampire” Transport Squadron, operating out of Yellowknife, is the only permanently based Air Force asset in the north.

Adding F35’s To Canada’s Air Force Means No Effective Force Projection Into The Northwest Passage

As you can see from the map above, the operating radius of the F-35 from Goosebay, Greenwood and Gander, even with external tanks, is severely limited.

Effective range of F-35 on internal tanks only from Forward Operating Locations

Deploying the aircraft from the Forward Operating Locations – of which Yellowknife is the only one that is permanently staffed, and all of which would require major upgrades in order to house and maintain F-35’s – still does not provide complete coverage of the Northwest Passage for surveillance or combat. Pushed to their limit and given an exact target location, the aircraft would be able to dip below cloud cover, take one shot, and then be forced to immediately return to base. Scrambled from the FOLs under full combat thrust, they would never make it to the strait at all.

Arctic Night and a Single Engine Is Not a Good Combination

As the Canadian Air Force is pushed further north it will encounter harsher conditions, higher maintenance costs, and inevitable loss of both airframes and lives. The most extreme example of this is CFS Alert, an armed services station for signals and intelligence interception. Alert is the northernmost facility in the world that is permanently inhabited by human beings, who’s motto is The People of the Land Beyond the Land Beyond. The base is in complete darkness from mid October to the start of March, and experiences polar weather year-round; these conditions have caused the loss of two aircraft and fourteen lives in a period of 40 years.

The F35 is a single-engine aircraft; if that engine fails to light while in the air the pilot has little choice but to eject (like most modern fighters, the F35 does not have the ability to glide unpowered; its continued flight depends on constant thrust).

In summary, the F-35 is an airframe that is hugely expensive and remains untested in Canadian conditions. It is neither appropriate for Canada’s traditional military role of the last 60 years – that of peacekeeping support – nor can it fulfill the requirements for the nation’s strategic interests over the next half-century.

As I don’t believe in criticism without providing alternative solutions, an upcoming article will suggest a very different, less expensive and far more effective alternative for Canada’s Air Force.


F35combatRadiusGraphAmended.gif
 Description:
 Filesize:  338.75 KB
 Viewed:  6386 Time(s)

F35combatRadiusGraphAmended.gif

Lockheed-Martin F-35 Joint Strike Fighter
Australian Aviation,  April/May  2002
by Carlo Kopp
Part 1 A Cold War Anachronism?

Judging from the media rhetoric in early January this year, one could almost be forgiven for believing that the Joint Strike Fighter (JSF) was the anointed replacement for Australia’s F/A-18A and F-111 fleets – no doubt to the annoyance of many in Defence who are immersed in the complexities of AIR 6000 capabilities definition. The reality of the Joint Strike Fighter is much less sparkling as many would like us to believe. In this month’s analysis we will explore some of the issues.

The new LM F-35 Joint Strike Fighter has the distinction of being a first in more than one respect. It is the first combat aircraft to leverage the massive US Air Force research & development investment in the F-22 family of aircraft. It is also the first attempt since the 1960s TFX (F-111) program failure to produce a fighter which can meet the needs of all three US services with fighter fleets, as well as the needs of export clients. As the Joint Strike Fighter program includes both conventional, carrier capable and STOVL variants, it is the first ever attempt to create a fighter which spans three very distinct deployment regimes. Finally, it is the first attempt to produce a very low cost aircraft with genuine stealth characteristics.

With the prospect of around 3,000 Joint Strike Fighters for the US services, replacing the F-16A-D, A-10A, F/A-18A-D and AV-8B, and the potential to render all European fighter offerings wholly uncompetitive in the large F-16 and F/A-18 replacement markets, the hope of US manufacturers and their congressional supporters is that the Joint Strike Fighter will become the next F-16 and secure the US industry with an unbeatable advantage in the future commodity fighter market. Greed is a powerful motivator in the Joint Strike Fighter program and one which is likely to see most of the obstacles to this aircraft, and its inherent limitations, ignored in the quest for market dominance.

The history of the Joint Strike Fighter (formerly the Joint Advanced Strike Technology – JAST) program is by any measure colourful, its earliest origins tracing back to technology demonstration programs for a Harrier follow-on for the US Marine Corps and multirole fighter for the US Air Force (refer AA December 2001 and http://www.jsf.mil/). The shrinking US aerospace industrial base soon saw significant congressional pressure applied for the initial technology demonstration goal to be extended into a production fighter program. In its current shape the Joint Strike Fighter program could lead to the production of around 3,000 Joint Strike Fighter variants replacing US Air Force F-16Cs, A-10s, US Navy F/A-18Cs, and US Marine Corps and RAF/RN Harrier variants. The lead service in the Joint Strike Fighter program remains the US Air Force.

From the very outset the principal aim of the Joint Strike Fighter program was to produce a low cost mass production strike aircraft which exploits the latest avionic/computer, stealth and production technologies. Given the incessant political threats of F-22 program cancellation held over the US Air Force through most of the 1990s, limiting the air superiority capabilities of the Joint Strike Fighter was a political imperative – moreso given that air superiority capabilities such as high thrust/weight ratio and sustained supersonic cruise are not very compatible with very low unit cost. If the Joint Strike Fighter were to be too snappy a performer in the air superiority game, the F-22 would have been promptly axed thereby shifting USD 20B or more of production costs back by at least a decade much to the delight of vote buyers in the US Congress.

Indeed as recently as a year ago the US Air Force had to defend the F-22 against repeated political attacks, most of which clearly illustrated the almost total technical illiteracy of the F-22’s critics. Invariably the argument is that the F-22 is too big, too costly, too capable or built around Cold War needs, thus irrelevant to the modern environment and that a Joint Strike Fighter can do the job well enough.

The US Air Force crafted the basic definition of the Joint Strike Fighter – its size, performance, load carrying ability and target cost around its principal tactical strike fighter, the Lockheed-Martin F-16CG/CJ. In the mid 1990s US Air Force force structure model the F-15C flew air superiority and air defence tasks, the F-111F, F-15E and F-117A performed the deep strike penetration tasks, with the latter used in more heavily defended environments. The venerable Fairchild-Republic A-10A Thunderbolt was used for battlefield interdiction and close air support, together with the F-16CG. Defence suppression was performed by the F-16CG, in concert with AGM-130 firing F-15Es, after the retirement of the formidable F-4G Weasel. In this model targets fall into two distinct bands – those within a 400 NMI radius of friendly runways, and those at 600 NMI and beyond.

This force structure model evolved during the latter part of the Cold War, and combined a relatively diverse mix of fighter capabilities. With the 1970s F-111F, A-10 and F-117A, 1980s F-15C/E and F-16C and a mix of weapons with lineages back to the 1960s, this model was a cumulative aggregation of almost three decades of technology and evolving doctrine. This was the force structure which the US Air Force applied with such devastating effect against the SovBloc modelled Iraqi defences in 1991 and it proved itself convincingly.

There is however one important division which can be drawn through this force structure model – size. With the exception of the small single engine single seat F-16, all of these aircraft are large twin engine fighters designed to push the performance envelope in their respective categories.

The ubiquitious F-16 was a uniquely Cold War phenomenon. With NATO and the Warsaw Pact geographically poised along either side of the Iron Curtain, presenting each other with a concentration of force and targets unprecedented in history, significant imperatives existed for both sides to saturate the theatre with high performance fighters. Whoever won the air superiority game over Central Europe held the decisive advantage in the Cold War standoff. Fighter combat radius and endurance over the target are not issues when the geographical environment puts the two largest military forces on the planet head-to-head across a single frontier.

The Light Weight Fighter (LWF) contest saw the GD YF-16 take the laurels and decisive build numbers over the YF-17. The production F-16A was a day-VFR light weight air combat fighter designed for exceptional transonic agility and good supersonic dash performance when clean, armed with Sidewinders and an internal gun. Its principal role was to destroy enmasse the Soviet and allied Warpac strike fighter fleets in close air combat, and then swing into day-VFR battlefield air interdiction and close air support to eradicate Soviet/Warpac land forces, the latter role to be shared with the F-15A, F-4E and F-111D/E/F. With the Soviet/Warpac fighter fleets dominated by the MiG-21, MiG-23/27 and Su-7/17/22 series, the F-16s would have enjoyed a decisively target rich environment.

With the impending retirement of the F-4E Phantom II, the US Air Force needed a substitute to fill the tactical fighter bomber role. The F-16C, equipped with the LANTIRN Terrain Following Radar and FLIR/laser targeting podset, was to fill this niche. With European theatre geography and threats driving this need, the radius of the F-16 airframe was yet again not an issue.

When the Soviet Empire collapsed, the US Air Force was forced into a massive downsizing program. Under significant budgetary pressure, the remaining F-4E and F-4G aircraft were retired, followed by the F-15A, much of the F-16A fleet and early model F-111A/D/E/G aircraft. By the mid to late nineties, the US Air Force fighter fleet comprised primarily the F-15C, F-16C variants, the F-15E and a small number of F-117As. Most of the massive B-52 fleet was retired and the buy of B-2A batwing bombers was chopped from 132 to 60 and then finally 21.

Expectations during this period were that the principal strategic problems the US would confront would be troublesome nations in the Balkans and the Middle East, with ethno-religious conflicts between smaller nation states dominating agenda. In this environment problem nations would be unable to threaten US basing, and the enormous political clout during the Pax Americana period would see easy access to basing. Concurrently the US Congress showed little interest in the defence budget, and the US Air Force faced the prospect of an aging and increasingly expensive to run fighter fleet, in a strategic environment where air superiority and safe in-theatre basing were virtually guaranteed.

This was the environment which shaped the Joint Strike Fighter program – a situation in which combat radius, endurance over the target, air superiority performance and availability of in-theatre basing were not principal design imperatives. Cost and industrial base survival pressures were the foremost drivers in the Joint Strike Fighter program. The US Air Force needed a cheap mass production bomb truck to provide a one-for-one replacement of its aging F-16C inventory. The US aerospace industry needed another F-16A with which to saturate export markets and retain their eroding market position against the Dassault Rafale and Eurofighter Typhoon.

Perhaps the greatest misconception about the Joint Strike Fighter program is that it represents a repeat scenario when compared to the YF-16/F-16A program – a low cost highly agile air superiority fighter designed to exploit cutting edge technology to provide a shorter ranging supplement to the top end twin engine large fighter (then F-15A, now F-22A) of the period. This misconception misrepresents the central design objectives of the Joint Strike Fighter program against the Light Weight Fighter program, and also ignores the decisive role in the F-16 fleet.

In its day the F-16A was perhaps the nastiest close-in air combat fighter in existance, requiring careful tactics by even the top end F-15A air superiority fighter. While the F-16C Block 40/50 is heavier, it is still a respectable air combat fighter even if a dubious bomb truck. The F-16’s central design optimisation was the transonic dogfight, reflected in thrust/weight ratio, wing loading, turn rates, climb rates and acceleration. In these parameters it was competitive against the best in the field, even if it could not compete with the thrust/weight ratio, wing loading, climb rates and acceleration of the F-15A.

The Joint Strike Fighter’s central design optimisation is in-theatre strike, battlefield interdiction and close air support, reflected in forward sector stealth, internal weapons/fuel capacity and cruise efficiency in clean configuration. In these parameters it outperforms the incumbent F-16C and F/A-18A/C, while providing relatively similar air superiority performance to these types. Against the current yardstick for air superiority performance, the F-22A, the Joint Strike Fighter is a non-contender – its 35 degree class transonic wing and 1:1 thrust/weight ratio are adequate for self-defensive purposes but not in the league for rapidly establishing air supremacy.

Just as the joint Tactical Fighter eXperimental (TFX) or F-111A/B program was cast at an early stage into a conceptual mold of a high speed long range bomb-truck, the Joint Strike Fighter has been cast into the mold of an incrementally improved F-16C / F/A-18C class light bomb-truck, exploiting stealth and modern avionics to provide a survivability edge over its predecessors. The TFX program crashed and burned on the evolving needs of the US Navy, who wanted more air superiority performance and lower carrier landing weights.

Some critics of the Joint Strike Fighter argue that it will inevitably go the route of the TFX experiencing cost growth, weight growth and performance loss as it undergoes development and its respective end users load it up with desired design extras to meet their specific needs. Indeed US reports suggest repeated political clashes in recent years, as the US Marine Corps and Navy sought performance and capability improvements which conflicted with US Air Force unit cost targets. Given that the maritime users of the Joint Strike Fighter do not have an F-22 equivalent to gain the high ground in an air battle, it is not inconceivable that we might see downstream disagreements in the Joint Strike Fighter program as these players try to fill this crucial gap in their basic capabilities.

The broader strategic issue for the Joint Strike Fighter will be its basic sizing in a world environment which sees two mutually supporting strategic trends – problem nations acquiring ballistic missiles, both mobile and semi-mobile, weapons of mass destruction, and a concurrent trend to implementing shoot-and-scoot SAM/AAA air defence tactics. In air power theoretic terms, the use of shoot-and-scoot SAM/AAA and ballistic missile/WMD technologies represent an anti-access strategy. Such strategies aim to deny the use of nearby runways by threatening ballistic missile or WMD attacks on runways as well as hosting nations, while providing a persistent and highly mobile air defence threat (A good summary of emerging ballistic missile capabilities in this area is at the FAS website : Iran, North Korea).

Prior to the 11th September, long term US Air Force envisaged a two tier force structure model: the Global Strike Task Force (GSTF) , an Air Expeditionary Force comprising 48 x F-22A and 12 x B-2A, would break the opponent’s air defences and launch high tempo attacks on critical command/control/communications, WMD sites and ballistic missile forces. As the opponent’s defences would crumble, a sustainment Air Expeditionary Force, comprising the Joint Strike Fighter, B-1B and B-52H, would then hammer the opponent to collapse. This model makes two implicit assumptions – the enemy cannot bombard friendly runways with ballistic missiles, and these runways are close enough to permit a viable sortie rate (missions/day) by the Joint Strike Fighter and F-22.

If the opponent chooses to play the ballistic missile bombardment game, then this model does get into some difficulty, since the 400-600 nautical mile range of evolved Scud class missiles presents difficulties for the Joint Strike Fighter – nearby nations might deny basing access and bases which are made available might be shut down by ballistic missile strikes. This is less of an issue for the supercruising F-22, as with decent tanker support it can sustain a high sortie rate from a much greater distance – the F-22 can transit to targets at roughly twice the speed of contemporary fighters and the Joint Strike Fighter.

This was a principal strategic argument against the whole concept of the Joint Strike Fighter prior to the September 11th events. Since then we have seen a pivotal in bombardment tactics, with long endurance loitering bombardment used to successfully engage and destroy fleeting and highly mobile ground targets. This in turn mitigates against smaller fighters and decisively favours aircraft which have larger bomb loads and endurance. The argument that Afghanistan was a one-off does not hold up to scrutiny – a campaign against Iran, Iraq, the PRC or more than one African problem nation could see the very same geographical problem issues arise yet again. Well spoken diplomacy is no match against the threat of domestic terrorism across porous Third World borders, or ballistic missile attacks with conventional or even WMD warheads – all being convincing disincentives to the basing of a US-led Air Expeditionary Force.

Whether one is hunting a high technology Russian mobile SAM system, a mobile ballistic missile system, or a bunch of terrorists in a four wheel drive or BTR-60, the inevitable reality is that the best technique is loitering bombardment which is not the forte of smaller fighters – including the Joint Strike Fighter.

The revived argument in the US promoting new build B-2C batwings and an F-111/FB-111A class regional bomber illustrates this important in the bombardment paradigm – and the increasing long term exposure of close-in based Air Expeditionary Forces to MRBM attacks. The argument pits direct operational needs for striking radius, sortie rates and bombloads in difficult to export or non-exportable top tier assets against the limited yet highly exportable and thus potentially profitable JSF.

Part 2 will compare the F-35/JSF against some in service and production fighter types.

A-10A Thunderbolt II
F-16D dropping GBU-15 EDGE round
Pic.1The USAF intend to use the F-35/JSF as a one-for-one replacement aircraft for their aging fleets of F-16C strike fighters and A-10A battlefield interdictors. Against both types the F-35/JSF provides a significant survivability improvement by virtue of its stealth capability, while it outranges the F-16C on typical strike profiles. The air superiority and air defence tasks of the F-15C and deep penetration tasks of the F-15E and F-117A will be absorbed by the supercruising stealthy F-22A Raptor (US Air Force photos).
Pic.2 F/A-18CThe USN aim to use the F-35/JSF as a replacement for the older F/A-18A-D models, to provide a survivable first day of the war strike fighter to supplement the reduced observable F/A-18E/F in carrier air wings. The navalised JSF has larger wings, stabilators and marginally more fuel than the USAF variant. It will provide a respectable combat radius gain over the F/A-18A-D but will not match the performance of the long departed A-6E Intruder (USN).
Pic.3The USMC, RN and RAF will use the STOVL F-35/JSF variant to replace a range of Harrier variants for operation from unprepared FOBs and STOVL carriers. With a supersonic dash capability, significantly better radius performance and a modern radar, the F-35/JSF is a vast improvement over the sixties technology Harrier family. The Shaft Driven Lift Fan technology will provide better hover performance than the Harrier (US Marine Corps).
B-2A dropping GBU-31
Pic.4 B-2ACurrent USAF planning sees the establishment of the Global Strike Task Force (GSTF) comprising 48 F-22As and 12 B-2As. This silver bullet expeditionary force is intended to demolish opposing air defences and critical WMD targets in the opening phase of an air campaign, upon which a sustainment force of legacy B-52H/B-1B and F-35/JSF fighters completes the bombardment. The JSF is predicated upon having runways within a 400-600 nautical mile class distance of intended targets, thus aligning the aircraft firmly with Cold War period geographical assumptions – a precondition which may not be met in future conflicts (US Air Force).
Pic.5A key issue for the JSF will be the proliferation of medium range ballistic missiles in the 600+ nautical mile range class. With North Korea having supplied this technology to Iran and Pakistan the long term outlook is that proliferation will be very difficult if not impossible to contain. While a supercruising F-22 can sustain a high sortie rate over such distances, the subsonic cruise optimised JSF will suffer a debilitating reduction in sortie rates as distances push out well beyond the design point of 600 nautical miles – both types requiring generous aerial refuelling support (Author/LM).
Part 2 Sizing up the Joint Strike Fighter

The public rhetoric surrounding the Joint Strike Fighter is no less deceptive to the uninitiated as the public rhetoric surrounding many of the other current production types being bid for AIR 6000. In all instances we hear the latest avionics technology and stealth performance as key attributes of a modern high tech fighter designed to meet the threats of the future.In comparing the Joint Strike Fighter against the Eurofighter Typhoon, Dassault Rafale, F-16C/B60 and F/A-18E/F, the Joint Strike Fighter will have a decisive advantage in its very moden integrated avionic architecture, which is modelled on that of the F-22A but built using militarised commercial computing technology. With a battery of GigaHertz clock speed processors, high speed digital busses with around 1,000 times the throughput of the Mil-Std-1553B busses in the teen series and Eurocanard fighters, it is no contest – the Joint Strike Fighter is in an unbeatable position. While growth versions of the teen series and Eurocanard fighters might see a similar integrated avionic architecture in the post 2010 period, this is unlikely to be a revenue-neutral design change.Against all of these contenders, the Joint Strike Fighter has an unassailable survivability advantage in its use of evolved second generation stealth technology, again derived from the F-22A technology base. With a forward sector radar cross section cited to be close to the F-22 the Joint Strike Fighter will present a challenging target to forward sector radar guided threats.As a bomb truck, the Joint Strike Fighter falls into a similar payload class to these players, but with the important distinction that it carries its bombs or missiles internally, and it has an internal fuel capacity similar to that of these competing aircraft loaded up with external fuel tanks. In practical terms this means that the Joint Strike Fighter can carry a similar load of fuel and bombs without the critical transonic regime drag penalty of external stores. Therefore it can carry the same bomb load further using a similar fuel load. Claims that the X-35 demonstrator exceeded the Joint Strike Fighter combat radius requirement should come as no surprise – the cited figure of 600+ nautical miles is credible and a distinct gain over the F-16C and F/A-18A/C. This radius is however unlikely to be acheivable if the F-35 is heavily loaded with external stores, since it will like its competitors incur a major drag penalty.Claims that the Joint Strike Fighter is an F-111 class bomb truck are scarcely credible, especially if the F-111 is armed with internal JDAMs or small bombs – a variable geometry wing and 34,000 lb of internal fuel is impossible to beat in the bomb trucking game. The comparison of a clean F-35 against an F-111 loaded with external BRU-3A/Mk.82 is not representative of what a post 2020 F-111 weapons configuration would look like. The only decisive system level advantage the Joint Strike Fighter has against the F-111 is its use of second generation stealth technology – no radar cross section reduction on the F-111 will make it competitive against this type. In terms of avionics, if the RAAF retains the F-111 post-2020 then Joint Strike Fighter generation technology would most likely find its way into the Pig and thus render this comparison meaningless.As an air combat fighter the Joint Strike Fighter is more difficult to compare, since the differences against the teen series and Eurocanards are less distinct. In terms of achievable radar performance its small aperture radar will fall broadly into the same class as its direct competitors. While transonic turn rate performance figures remain classified, the F-35 is a 9G rated fighter and is thus apt to deliver highly competitive transonic close-in dogfight performance against the teen series and Eurocanards. The empty weight of the F-35, at 26,500 – 30,000 lb is deceptive insofar as it must be compared against a conventional competitor’s weight including external pylons and empty fuel tanks – nevertheless it is in the empty weight class of an F-15 or F/A-18E rather than F-16C or F/A-18C.With a nominal payload of 2,000 lb of AAMs the USAF F-35 yields a combat thrust/weight ratio around 1.1:1 which is competitive against a modestly loaded F-16, F/A-18A/C or Eurocanard, but with a typically better combat radius or combat gas allowance – however it is not in the class of an F-15C let alone F-22A. Therefore the F-35 should provide competitive acceleration and climb performance at similar weights to the F-16, F/A-18A/C or Eurocanards. With the upper portions of the split inlets likely to produce good vortices, the F-35 should provide respectable high alpha performance and handling, especially if flight control software technology from the F-22A was exploited fully.Where the F-35 is apt to be less than a stellar performer is in the supersonic Beyond Visual Range combat regime, which is the sharp end of air superiority performance. This is primarily a consequence of the wing planform design which is in the 35 degree leading edge sweep angle class, thus placing it between the sweep of the F/A-18A/C and F-16A/C. Wing sweep in this class is good for transonic bomb trucking and tight turning, but incurs a much faster supersonic drag rise with Mach number against the supersonic intercept optimised wing planforms seen in the F-15, Typhoon, Rafale and indeed the F-22A. The important caveat is that the teen series and Eurocanards wear a hefty supersonic drag penalty from carrying external missiles and drop tanks, whereas the F-35 will have a clean wing in this regime.In the absence of published hard numbers for supersonic acceleration, energy bleed and persistence performance, the only reasonable conclusion is that the F-35 is likely to be competitive against the teen series and Eurocanards in combat configuration but decisively inferior to the F-22A.Another factor in the BVR game is radar performance, limited by the power/aperture of the radar design. While hard numbers on the F-35’s radar are yet to be published, what is available suggests an 800-900 element phased array which is in the class of the F-16C/B60, F/A-18E/F and Eurocanards but well behind the massive 2200 element APG-77 in the F-22A. With a superior processing architecture to the F-16C/B60, F/A-18E/F and Eurocanards the Joint Strike Fighter is very unlikely to have inferior radar performance, but may not have a decisively large detection range advantage either.If used as an air defence interceptor and air superiority fighter, the F-35 will deliver similar capabilities to the F-16C/B60, F/A-18E/F and Eurocanards at similar weights – its limitations in thrust/weight ratio and thus climb rate/acceleration, and wing optimisation for transonic regimes, will limit its ability to engage high performance supersonic threats by virtue of basic aerodynamic performance. Its small radar will also put limitations on achievable BVR missile engagement ranges, although this will be mitigated by very good forward sector stealth performance. A threat with a large infrared search and track set may however get a firing opportunity in a high altitude clear sky engagement. The radar performance bounds will also present similar limitations to those seen with the F-16C/B60, F/A-18E/F and Eurocanard series when hunting for low flying cruise missiles – without close AWACS support the F-35 may not be very effective in this demanding role.It is worth noting that the F-35 is not an all-aspect stealth design like the F-22A and YF-23 which have carefully optimised exhaust geometries and thus excellent aft sector radar cross section. The axisymmetric F-135 nozzle is not in this class and thus the F-35 is clearly not intended for the deep penetration strike role of the F-22A.Attempting to make an all encompassing comparison of the F-35 against current fighters is fraught with some risks, insofar as the design will further evolve before production starts and many design parameters, especially in avionics, may . In terms of basic sizing and performance optimisations probably the best yardstick is that the F-35 is much like a stealthy but incrementally improved F/A-18A/C which closely reflects the similarity in the basic roles of the two types – strike optimised growth derivatives of lightweight fighters.The F-35 is clearly out of its league against the F-22A in all cardinal performance parameters, with the exception of its bomb bay size which is built to handle larger weapons than the F-22A. Disregarding stealth capability and baseline avionics, the F-35 is also out of its league against the F-111 in the bomb trucking role by virtue of size and fixed wing geometry.All of these analytical arguments are essentially contingent upon the JSF meeting its design performance and cost targets. This remains to be seen since the JSF is arguably the highest technological risk program in the pipeline at this time. Key risk factors derive from its reliance upon bleeding edge technology to achieve the combination of capability for its size and cost. There are no less than five areas of concern: the COTS derived avionic system departs from established technology and is in many respects a repeat of the F-111D Mk.II avionics idea; the reliance upon software goes well beyond established designs and software systems with many millions of lines of code are not reknowned for timely deliveries; any durability problems with the hot running F135 engines would be handled by derating which cuts into an already marginal thrust/weight ratio; differing needs and expectations by the JSF’s diverse customer base could cause divergence in program objectives and cost blowouts in common areas; the sheer complexity of what the JSF project is trying to achieve in melding untried technologies with diverse missions could create unforseen problems in its own right. Until we see production JSFs coming off the production line, it remains a high risk option.The Joint Strike Fighter is a most curious blend of the F-22 technology base, state-of-the-art avionics and Cold War era strategic thinking – in its own way as much a Cold War anachronism as the Eurocanards. Insofar as one of its prime design aims is to shoot down the Eurocanards in the commercial dogfight, it represents an instance of an anachronistic fighter sizing strategy and associated cost structure becoming a principal design driver over achievable combat effect and long term strategic usefulness. Joint Strike Fighter vs A6K With the F-35 being the holy grail of budget minded force planners throughout the West, it has developed some followers in the Canberra defence establishment, especially amongst players who see little importance in the RAAF’s established doctrinal and strategic thinking or developing regional environment. Indeed, if we pretend that the PRC doesn’t exist and India’s strategic competition with the PRC in the region doesn’t concern us, and that cruise missiles are not the hottest selling item across the wider region, then the F-35 becomes an attractive proposition – a cheap to buy, cheap to run, stealthy hi-tech fighter which is an incremental improvement over the RAAF’s somewhat anaemic F/A-18A Hornet.As a bomb truck, disregarding stealth performance, the F-35 falls into the gap between the F/A-18A and F-111. As an air combat fighter, it will offer modest performance gains over the F/A-18A HUG and the advantage of stealth. In the eyes of many this is apt to be a good compromise at a good price.These arguments may appear superficially reasonable, but are based upon a number of premises which are not reasonable. Regional strategic issues may have disappeared from the press and TV bulletins but remain as they were a year ago:

  1. The regional arms race has yet to show signs of abating, and with the War on Terrorism forcing the US to make significant political concessions to China and India we should expect to see both players doing their best to shop for Russian (and Israeli) technology while world attention is focussed elsewhere.
  2. Shifting tactics in nations opposed to the West will see mobility become the basic tactic for evading air power, given that Afghanistan has proven yet again that bunkers, caves and tunnels are no defence against air power. Loitering bombardment will become the baseline tactic for defeating mobility, demanding larger fighters.
  3. Mobile ballistic missiles and cruise missiles are the most rapidly proliferating weapon class in Asia today, and given their value in implementing anti-access strategies against Western air power, and political coercion, this is unlikely to change soon. Korea has made a successful business out of the export of extended range Scud derivative technology.
  4. The cumulative total of Su-27/30 orders in Asia still remains around the 500 aircraft mark, representing an environment where a 600 nautical mile class subsonic combat radius is not a decisive strategic advantage against the Sukhoi’s similar or better radius performance.
  5. Turmoil in the Middle East is likely to see long term growth in alternative sources of oil and gas, accelerating development in Australia’s Timor Sea and North West Shelf energy industries – and Australia’s strategic vulnerability as a result.
  6. Uncertainties in the RAAF gaining basing access in South East Asia during a regional crisis remain. While the War on Terrorism may have shifted the focus of Australia’s regional interactions, the reality is that much of the region is culturally Muslim and whatever the outcome of the war, political sensitivies in the region will be exacerbated over the nearer and longer term.

The sad reality is that the regional strategic drivers remain as is – they are a consequence of the ongoing economic and military growth in Asia. While India’s current relationship with the West has thawed, this situation may not persist over coming decades – the strategic timeline which concerns A6K planning.What the War on Terrorism will produce, other than major strategic changes in the Middle East and Central Asia, is an increased move to mobility in Asian armed forces as the Afghan campaign is understood fully. It is also apt to produce a longer term demand for coalition campaign forces to support the US in expeditionary warfare.If we make the assumption that A6K will aim to field only new technology fighters with a very long term development future, then the only relevant candidates are the F-22 and F-35 – both stealthy and using the latest generation avionic architectures and engines.Numerous strategies exist – with or without F-111 replacement – for implementing the A6K program. If the F-111 is to disappear in 2015-2020, then the choices are a single type replacement using only the F-22, or only the F-35, or some Hi-Lo mix of the F-22 and F-35. If the F-111 is to be stretched beyond 2020, then the F/A-18A could be replaced with either the F-22 or the F-35. This provides no less than 5 possible force structure models, each with different funding needs and capability mixes. Which is best? That depends on the priorities of the observer.The case for a mix of F119 powered F-111s and F-22s was argued in some detail in AA late last year and presents a robust case in capabilities, with the benefit of significant domestic spending but the drawback of some developmental risk. The case for an F-22 and F-35 mix depends crucially on the perceived importance of bomb-trucking performance vs survivability of the F-35 against the F-111. The F-35’s stealth advantage must be weighed against the F-111’s superior ability to haul big loads over big distances – with an F-22 escort to kill opposing fighters and SAMs the survivability argument may prove narrower than many may think. A mix in which transonic F-35s escort supercruising F-111s is arguably non-viable and is merely a new technology reimplementation of the existing F/A-18 and F-111 mix.The alternatives of single type total force replacements with the F-22 or F-35 also raise interesting issues. While the F-35 at this time carries larger bombs than the F-22, it is a decidely inferior performer in the air combat game and the deep penetration strike game. With supercruise capability in a baseline bombing role using small bomb payloads the supercruising F-22’s higher sortie rate at longer ranges suggests that one F-22 can perform a similar workload to a pair of F-35s, with the caveat that two or more F-35s will be needed to perform the air defence coverage of a single F-22. In terms of deterrent credibility and potency in combat, the F-22 is unbeatable, in terms of political whining from air power detractors of every ilk, it is a guaranteed magnet (deja vu – F-111 1967?). Conversely, a pure F-35 force structure is apt to leave important capability gaps in air superiority, cruise missile defence and deep penetration strike, while pushing up total numbers and thus aircrew demands – the latter likely to be a major long term issue with ongoing demographic shifts.A key factor in any F-22 vs F-35 contest is that the F-35 order book is full, but the F-22 buy was hatcheted from around 750 down to 332 thus providing significant incentives for an export sale of an aircraft which would be exclusively available, like the F-111 during the 1960s, only to close and trusted allies of the US. US sources suggest a revived build of 750 F-22s would push the unit cost down to USD 74M, similar to an F-15E.Which of these strategies proves to be most attractive to Australia’s leadership is yet to be seen – and if the government is serious about the A6K effort this will not be known until a decision is reached around the middle of the decade.What is clear at this stage is that the fighter market is stratifying in a manner without precedent – two decades ago a buyer had more than one choice in any given size/weight/performance class. By 2010 this will be untrue – in non-stealthy fighters there is apt to be only the F/A-18E/F and Typhoon with different weights, aerodynamics and mission avionic capabilities, and in stealthy fighters the F-22 and F-35 which are much more diverse in capabilities than their teen series predecessors, the F-15 and F-16. Therefore a choice of fighter will determine the choice of strategy/doctrine since different classes of fighter provide distinctly different possibilities – and limitations – in roles and missions.One might ask the question of whether the classical model of a fighter competition is even relevant any more? With the only gains from the competitive process likely to be in ancillary benefits such as domestic support programs – aircraft prices being largely fixed by the domestic markets of the manufacturers – one might seriously contemplate the primary focus of the A6K evaluation being in assessing the ability of particular fighter types or mixes/numbers thereof to perform the intended roles, rather than the historical game of playing manufacturers off to secure the best pricing package.In the context of A6K, the F-35 Joint Strike Fighter is most notable in terms of the roles and missions it cannot do well, rather than those it can. If air superiority and long range strike are the long term priorities which government policy ostensibly declares them to be, then the F-35 may not be the best choice for replacing the F/A-18A or the F-111, either singly or in a mix.

Pic 1The comparison table is based upon provisional data and some assumptions about profiles and weapon loads. Nevertheless, it illustrates the significant disparity between the F-111, F/A-18A and F-35/JSF in the critical loitering bombardment regime against mobile targets. Loiter performance is also relevant for air defence operations as it determines how frequently the fighter must top up from a tanker to maintain station at a given radius [Ed: NB the F/A-22A fuel figures represent pre-FSD/LRIP configuration] (Author, L-M).
Pic.2 F-22AThe F-35/JSF is frequently portrayed as a cheaper, single engined F-22. This is a dangerous misrepresentation, since key design optimisations in the JSF wing and thrust/weight ratio make it anything but a performer in the class of the F-22A. The F-22A offers all aspect low observable (stealth) performance intended for deep penetration strikes, and is much superior to the F-35/JSF. With the ability to penetrate higher, faster and with greater stealth, the F-22 is a significantly more survivable strike aircraft than the F-35/JSF (USAF).
Pic.3 F/A-18AProbably the best contemporary equivalent to the F-35/JSF is the late build F/A-18C which is primarily used as bomber in USN service. The F-35/JSF is an incremental improvement over the F/A-18A-D in virtually every parameter, and has low observable performance which no teen-series or Eurocanard can compete with. The F-15C class empty weight and 18-19 klb class internal fuel capacity of the F-35/JSF are deceptive – as a stealthy aircraft it must carry internally the fuel an F/A-18A-C carries in external tanks on a basic profile (RAAF).
Pic.4 F-111The F-35/JSF is often described as a natural F-111 replacement due to its basic design optimisation for bomb trucking. This comparison is highly misleading, insofar as the USAF regard the F-111A/C/D/E/F/FB-111A as being in the regional bomber category rather than strike fighter category. With just over 50% of the internal fuel capacity of an F-111, the F-35/JSF cannot be directly compared. In strike operations the F-35/JSF has one genuine advantage over the F-111 – third generation low observable technology – which makes it much more survivable against top end SAM threats (RAAF).
Pic.5 F-35/JSFThe F-35/JSF is likely to devastate the Eurocanards in the export market, as most potential clients in the Far East, Middle East and Europe will be attracted to the F-22 generation avionic package, stealth capability and performance gains over their existing F-16A-D and F/A-18A-D export fighters. In an environment where top end air superiority performance and combat radius are non critical performance parameters, the F-35/JSF is apt to be an attractive proposition. The Australian environment, where combat radius and air superiority performance are vital for a small force defending a large area, is not the design target of the JSF (USAF).

Here’s Why The F-35 Is Going To Be The Allied Fighter Of The 21st Century

Robert Johnson | Dec. 21, 2011, 2:00 PM | 95,884 | 36
F-35

Image: Lockheed Martin

It’s no secret that spiraling F-35 development costs have made the aircraft the most expensive weapons project ever, it’s a project that’s become almost too big too fail.Japan’s announcement that it is buying 42 F-35s gives a much needed credibility boost to Lockheed, which continues to reel from a string of serious problems outlined by in a November 2011 Pentagon report obtained by the Project on Government Oversight.

Check out the pictures and facts about the F-35 >

All told, for 20-years of service, Japan expects to pay about $1 billion a year for its fleet of F-35s, and many potential buyers are questioning whether it’s worth it. The Lockheed fighter is great for penetrating enemy defenses undetected, doing its thing and getting back to base safely — all reasons that make the jet a sensible purchases for potential buyers like South Korea and India.But Australia has committed to the F-35, and Singapore is slated to give its final decision in October, and as Trefor Moss at The Diplomat points out, both countries have far greater defensive needs than the F-35 may provide.Canada has signed on for the F-35 to replace its fleet of CF-18s, with Britain, the Netherlands, Italy and Israel also vocalizing their intentionsto snatch up the fighter for their troops.With the list of buyers and potential buyers continuing to grow, the threat of a budget cut on the program from the U.S. is diminished and the likelihood that Lockheed will remedy the planes faults improves. The only question that remains is how long this will take.Buyers have a choice of three configurations for the F-35 Joint Strike Fighter. While all three share 80 percent of their parts the variations are:

  • F-35A, conventional take off and landing (CTOL) variant.
  • F-35B, short-take off and vertical-landing (STOVL) variant.
  • F-35C, carrier-based CATOBAR (CV) variant.

Lockheed promises the F-35 will be four times more effective than contemporary fighters in air-to-ground combat, three times more effective in reconnaissance and suppression, with better range, improved support, and equal costs.Regardless of which configurations allies choose or how long it will take to get them, the F-35 likely has too many countries, that have invested too much, to ever let it fail.

Three models: CTOL: conventional takeoff and landing, STOVL: short takeoff vertical landing, CATOBAR: catapult Assisted Take Off Barrier Arrested Recovery

The Air Force will buy 1,763 conventional models and the Navy will take 680 short takeoff and carrier models

Britain, Canada, Norway, Denmark, the Netherlands, Turkey, Italy, and Austria will contribute $4.8 billion apiece to development and intend to purchase 700 aircraft

Israel became the first foreign buyer, when it placed a $2.75 billion deposit to buy 19 F-35s, intending to purchase 75 of the fighter jets over time

Other interested countries include Singapore, South Korea, Finland, Spain, Greece, and Belgium

At just over 50-feet long, the F-35 hits Mach 1.6, has a range of up to 1,200 nautical miles, and can carry 18,000 pounds of weapons

The Pentagon says it will cost about $1 trillion to maintain and operate the F-35 over the next 50-years

Lockheed officials say operating and maintaining the F-35 will cost about half the amount to maintain older fighters

Including research and development the cost of each F-35 now stands at about $304 million

The F-35 is named after the World War II twin-prop Lockheed P-38 Lightning

Pentagon sources say that in 2007 and 2008 hackers stole several terabytes of F-35 development data, potentially allowing enemies to create defenses against the system

In February 2010 the government withheld $614 million to Lockheed over delays and cost overruns

The final configuration of the F-35 isn’t expected to be complete until 2018

The F-35 is only one component in the US arsenal

F-35
Autonomic Logistics (AL)
Because logistics support accounts for two-thirds of an aircraft’s life cycle cost, the F-35 will achieve unprecedented levels of reliability and maintainability, combined with a highly responsive support and training system linked with the latest in information technology. The aircraft will be ready to fight anytime and anyplace. Autonomic Logistics (AL) is a seamless, embedded solution that integrates current performance, operational parameters, current configuration, scheduled upgrades and maintenance, component history, predictive diagnostics (prognostics) and health management, and service support for the F-35. Essentially, AL does invaluable and efficient behind-the-scenes monitoring, maintenance and prognostics to support the aircraft and ensure its continued good health.

Commonality
Commonality is the key to affordability – on the assembly line; in shared-wing platforms; in common systems that enhance maintenance, field support and service interoperability; and in almost 100 percent commonality of the avionics suite. Component commonality across all three variants reduces unique spares requirements and the logistics footprint. In addition to reduced flyaway costs, the F-35 is designed to affordably integrate new technology during its entire life cycle.
Thumbnail: Chart comparing common  parts between each of the three variants.
Distributed Aperture System
In a joint effort with Lockheed Martin Missiles and Fire Control, Northrop Grumman Electronic Systems will provide key electronic sensors for the F-35, which includes spearheading the work on the Electro-Optical Distributed Aperture System (DAS). This system will provide pilots with a unique protective sphere around the aircraft for enhanced situational awareness, missile warning, aircraft warning, day/night pilot vision, and fire control capability.
Thumbnail: Diagram of Distributed Aperture System
Diverterless Inlet
The F-35’s diverterless inlet lightens the overall weight of the aircraft. Traditional aircraft inlets were comprised of many moving parts and are much heavier than newer diverterless inlets. The diverterless inlet also eliminates all moving parts.
Thumbnail: Divertless Inlet
Electro-Optical Targeting System
Lockheed Martin Missiles and Fire Control and Northrop Grumman Electronic Systems are jointly providing key electronic sensors for the F-35 to include the Electro-Optical Targeting System (EOTS). The internally mounted EOTS will provide extended range detection and precision targeting against ground targets, plus long range detection of air-to-air threats.
Thumbnail: Electro-Optical Targeting System
Helmet Mounted Display System
Vision Systems International, LLC (VSI) is developing the most advanced and capable Helmet Mounted Display System (HMDS) for the F-35. Utilizing extensive design experience gained on successful production Helmet Mounted Displays (HMD), the F-35 HMDS will replace the traditional Head-Up-Display (HUD) while offering true sensor fusion.
Thumbnail: Electro-Optical Targeting System

Integrated Communications, Navigation and Identification Avionics
Northrop Grumman Space Technology’s integrated avionics satisfy the requirements for greatly increased functionalities within extreme space and weight limitations via modular hardware that could be dynamically programmed to reconfigure for multiple functions. This “smart”-box approach delivers increased performance, quicker deployment, higher availability, enhanced scalability and lower life cycle costs.Interoperability
The F-35 will have the most robust communications suite of any fighter aircraft built to date. The F-35 will be the first fighter to possess a satellite communications capability that integrates beyond line of sight communications throughout the spectrum of missions it is tasked to perform. The F-35 will contain the most modern tactical datalinks which will provide the sharing of data among its flight members as well as other airborne, surface and ground-based platforms required to perform assigned missions. The commitment of JSF partner nations to common communications capabilities and web-enabled logistics support will enable a new level of coalition interoperability. These capabilities allow the F-35 to lead the defense community in the migration to the net-centric warfighting force of the future.Low Observability
An integrated airframe design, advanced materials and an axisymmetric nozzle maximize the F-35’s stealth features.Multi-Function Display System
An 8″x20″ Multi-Function Display System (MFDS) will be the panoramic projection display for the F-35. MFDS employs leading edge technology in projection engine architecture, video, compression, illumination module controls and processing memory – all of which will make the MFDS the most advanced tactical display. One-gigabyte-per-second data interfaces will enable the MFDS to display six full motion images simultaneously. The adaptable layout will be easily reconfigurable for different missions or mission segments. Projection display technology will provide a high-luminance, high-contrast, and high-resolution picture with no viewing angle effect.Multi-Mission Active Electronically Scanned Array (AESA) Radar
Northrop Grumman Electronic Systems is developing the Multi-Mission Active Electronically Scanned Array (AESA) Radar for the F-35. This advanced multi-function radar has gone through extensive flight demonstrations during the Concept Demonstration Phase (CDP). The radar will enable the F-35 JSF pilot to effectively engage air and ground targets at long range, while also providing outstanding situational awareness for enhanced survivability.Propulsion
The F-35 Propulsion Systems are the most powerful fighter/attack turbofans in the world. There are two manufacturers with propulsion systems currently being tested. The propulsion systems are interchangeable and both will power the F-35. There are two major engine variants for the F-35. One engine will power the CTOL and CV versions of the aircraft, while the other will power the STOVL version. The F135 engine is made by Pratt & Whitney, the F136 by a team, known as the Fighter Engine Team comprised of General Electric and Rolls-Royce. Both the F135 and the F136 STOVL engines will utilize common exhaust and Lift System systems.

F135
The Pratt & Whitney F135 family of advanced propulsion systems utilize cutting edge technology to provide the F-35 with higher performance than conventional fighter aircraft. The engine consists of a 3-stage fan, a 6-stage compressor, an annular combustor, a single stage high-pressure turbine, and a 2 stage low-pressure turbine.The F135 is currently in the SDD phase. The F135 is using the lessons learned from the F119 engine core and the JSF119 during the CDA stage to reduce risk in SDD. During SDD the F135 test engines will undergo a range of ground and flight tests to simulate various mission profiles. In these tests the system demonstration engines will be run for hours throughout various flight envelopes to ensure they meet performance requirements. One of the vital milestone tests occured at the end of 2003 with the first F135 engine to test.The first CTOL F135 engine test occurred on 11 October 2003. The first STOVL F135 engine test occurred on 14 April 2004. To date over 2,000 hours have been accumulated on the F135 test engines.F136
The GE Rolls-Royce Fighter Engine Team (FET) F136 engine is currently in the Pre-SDD phase. The objective of the F136 Pre-SDD phase is to reduce risk prior to entering SDD. The FET is utilizing technology developed from previous aircraft engine programs to design this engine. The F136 engine consists of a 3-stage fan, 5-stage compressor, a 3-stage low-pressure turbine section and a single stage high-pressure turbine.The F136 team will transition into the SDD phase of their program later in 2005. The F135 and F136 teams are working closely to develop common propulsion system components.The first CTOL F136 engine to test occurred on 22 July 2004. The first STOVL F136 engine to test occurred on 10 February 2005. To date, the F136 team has accumulated over 130 hours of engine tests.Rolls-Royce Lift System
While Rolls-Royce is a member of the Fighter Engine Team with GE on the F136, they are also subcontracted to Pratt & Whitney on the F135 to provide the Lift System for the F-35. The Lift System is comprised of the Lift Fan, Clutch, Drive Shaft, Roll Posts and the Three Bearing Swivel Module (3BSM).Shaft Driven Lift Fan (SDLF)
Lockheed Martin developed the idea for a Short Take-Off Vertical Landing (STOVL) lift system that uses a vertically oriented Shaft Driven Lift Fan (SDLF). A two-stage low-pressure turbine on the engine provides the horsepower necessary to power the Rolls-Royce designed Lift Fan. The Lift Fan generates a column of cool air that provides nearly 20,000 pounds of lifting power using variable inlet guide vanes to modulate the airflow, along with an equivalent amount of thrust from the downward vectored rear exhaust to lift the aircraft. The Lift Fan utilizes a clutch that engages the shaft drive system for STOVL operations. Because the lift fan extracts power from the engine, exhaust temperatures are reduced by about 200 degrees compared to traditional STOVL systems.The SDLF concept was successfully demonstrated through a Large Scale Powered Model (LSPM) in 1995-96 and during the flight-testing of the X-35B during the summer of 2001. The Lift Fan, a patented Lockheed Martin concept, was developed and produced by Rolls-Royce Corp. in Indianapolis, Indiana and in Bristol, England.

Robust Structure
Continuous tailhook-to-nose-gear structure and catapult-compatible nose gear launch system are strengthened for catapult and arresting loads.

Sophisticated Cockpit
The F-35 provides its pilot with unsurpassed situational awareness, positive target identification and precision strike under any weather condition. Mission systems integration and outstanding over-the-nose visibility features are designed to dramatically enhance pilot performance.
Thumbnail: F-35 Cockpit
Weapons Integration
The F-35 will employ a variety of US and allied weapons. From JDAMs to Sidewinders to the UK Storm Shadow, the F-35 has been designed to carry either internally or externally a large array of weapons.
Thumbnail: Weapons Placement

Home | Program | Leadership | F-35 | News | Gallery
History | Downloads | Acronyms | Careers | Site Map | Contact

Home » China military » Reputation can not be less than F-35 range standoff attack in the People’s Liberation Army

Reputation can not be less than F-35 range standoff attack in the People’s Liberation Army

Date:2011-09-02Author:adminCategory:China militaryComment:0

The article said that the U.S. Navy has been considering reducing the F-35 fighter purchase number The article said the U.S. Navy has been considering reducing the F-35 fighter purchase quantityLONDON Nov. 2 news: According to Navy Times, October 31, citing U.S. defense analysts as saying, As the F-35 fighter aircraft in flight can not support the U.S. blockade against People’s Liberation Army weapons outside the region to start operations, the U.S. Navy has been considering reducing the F-35 fighter purchase quantity. The Netherlands recently an authoritative defense analysts report that the view of the F-35 construction costs continue to rise, the threat facing all countries is changing, and new types of manned and unmanned aircraft have been put into use, the U.S. F-35 fighter total production than the program may eventually dropped by half.report analyst John in September this year in Boulder, submitted to the Dutch parliament’s defense analysis report, an assessment that, F-35 fighters of the final yield may be 2500 or so. Seoul won in the report also revealed that, as nine in the F-35 program developed by one of the countries, the Netherlands from the original plan to buy 85 reduced to 57. Yue Hanbo Tokuji that, F-35 fighter production will be reduced so that now stands at $ 100 million stand-alone costs continue to increase.if you win Seoul’s projections are accurate, then the final F-35 fighter aircraft manufacturing capacity will be far less than the manufacturer Lockheed Martin’s original 4500 sales forecast. The U.S. military has forecast sales of F-35 will reach 6000.Lockheed Martin has publicly refuted the results of the analysis win Seoul, said the company expected the F-35 sales decline does not occur. The company spokesman said, F-35 production has been very stable number, get a great deal of political and budgetary support, “F-35 fighter production will not change, even if the change is to increase rather than reduce production,” because “several one hundred fighters have close to retirement age of active duty, while nine projects funded outside the country have expressed their purchase of the F-35′s interest. ”However, the U.S. defense analysts 巴里瓦特斯 win Seoul’s analysis is recognition that the F-35 fighters than the final production plan to reduce by half. Watts said, from the historical experience the F-35 sales is difficult to optimistic. He explained that the United States before the F-35 fighters had four stealth fighter project: F-117, A-12, B-2 and F-22, the U.S. military has expressed the need for 2378 of these four types of aircraft, But in the end only bought 267. “The U.S. military now plans to buy 2443 F-35 fighters,” Watts said, “If history is a useful reference, then I think the most difficult to achieve procurement plan.”Watts served as the U.S. Air Force fighter pilot. Watts that the U.S. Air Force Although they claim to want to buy 1763 F-35 fighter, but will probably only buy 800 – 1000 架 F-35, because the Air Force has decided to retain A-10 and F-15E fighter long-term service.In addition, Watts also disclosed that the U.S. Navy is also considering buying back the number of F-35 fighters, because it is insufficient to support the range of U.S. aircraft carriers in China and other countries are developed area denial weapons against outside the scope of taking action, while the U.S. Navy carrier-based unmanned aerial vehicles is expected to provide a greater range of needs.Lockheed Martin spokesman insisted that the United States will continue to plan to buy 2443 F-35 fighters, the British will buy 138, the other seven projects in the F-35 total R & D national plan purchase 700. “There is no indication of participating countries will reduce the F-35 fighter purchase quantity.” The spokesman said. In addition to the above 3281, Lockheed Martin also hopes to Israel, Japan, Korea and other customers sold the F-35, total sales expected to reach 4500 or more.but won the Seoul that the U.S. military procurement of the F-35 commitment is wavering. At first the U.S. military plans to buy 2978 F-35 fighters, but in 2005 reduced the number to be purchased at more than 500 aircraft and even lower. In 2007, the United States in turn purchase 515 F-35 fighter was delayed to 2028 and 2035, which makes the outside world that the U.S. could eventually significantly reduce or even abolish F-35 fighter procurement plans. (Compiled: Spring)

US AIR FORCE AND US NAVY F-35 JSF (CTOL and STOVL)
AIRCRAFT PICTURES HISTORY AND FACTS

F-35 Lightning Fighter Jet

The Lockheed Martin F-35 Lightning II is a fifth-generation, single-seat, single-engine, stealth-capable military strike fighter, a multirole aircraft that can perform close air support, tactical bombing, and air superiority fighter missions.

The F-35 has three different models; one is the conventional takeoff and landing variant, the second is short takeoff and vertical-landing variant, and the third is a carrier-based variant.The F-35 is descended from the X-35, the product of the Joint Strike Fighter (JSF) program. Its development is being principally funded by the United States, with the United Kingdom, and other partner governments providing additional funding. It is being designed and built by an aerospace industry team led by Lockheed Martin with Northrop Grumman and BAE Systems as major partners. Demonstrator aircraft flew in 2000, with the first flight on 15 December 2006.F-35A CTOL 3 View Picture SchematicDevelopment
The JSF program was created to replace various aircraft while keeping development, production, and operating costs down. This was pursued by building three variants of one aircraft, sharing 80% of their parts:F-35A, conventional takeoff and landing (CTOL) variant.
F-35B, short-takeoff and vertical-landing (STOVL) variant.
F-35C, carrier-based (CV) variant.
The F-35 is being designed to be the world’s premier strike aircraft through 2040. It is intended that its close and long-range air-to-air capability will be second only to that of the F-22 Raptor. Specifically the F-35’s requirements are that it be: four times more effective than legacy fighters in air-to-air combat, eight times more effective in air-to-ground battle combat, and three times more effective in reconnaissance and suppression of air defenses. These capabilities are to be achieved while still having significantly better range and require less logistics support than legacy aircraft.F35 Aircraft Launches MissileOrigins and selection
The Joint Strike Fighter evolved out of several requirements for a common fighter to replace existing types. The actual JSF development contract was signed on 16 November 1996.The contract for System Development and Demonstration (SDD) was awarded on 26 October 2001 to Lockheed Martin, whose X-35 beat the Boeing X-32. DoD officials and British Minister of Defence Procurement Lord Bach, said the X-35 consistently outperformed the X-32, although both met or exceeded requirements. The designation of the fighter as “F-35” came as a surprise to Lockheed, which had been referring to the aircraft in-house by the designation “F-24”.f35 cutaway drawingDesign phase
The F-35 was in danger of missing performance requirements in 2004 because it weighed too much — reportedly, by 2,200 pounds (1,000 kg) or 8 percent. In response, Lockheed Martin added engine thrust and shed more than a ton by thinning the aircraft’s skin; shrinking the weapons bay and vertical tails; rerouting some thrust from the roll-post outlets to the main nozzle; and redesigning the wing-mate joint, portions of the electrical system, and the portion of the aircraft immediately behind the cockpit.On 7 July 2006, the U.S. Air Force officially announced the name of the F-35: Lightning II, in honor of Lockheed’s World War II-era twin-prop P-38 Lightning and the Cold War-era jet, the English Electric Lightning. English Electric Company’s aircraft division was incorporated into BAC, a predecessor of F-35 partner BAE Systems. Other names previously listed as contenders were Kestrel, Phoenix, Piasa, Black Mamba and Spitfire II. Lightning II was also an early company name for the aircraft that became the F-22 Raptor.F35 Fighter Aircraft LogoDesign
The F-35 appears to be a smaller, slightly more conventional, one-engine sibling of the sleeker, two-engine F-22 Raptor, and indeed drew elements from it. The exhaust duct design was inspired by the General Dynamics Model 200, a 1972 VTOL aircraft designed for the Sea Control Ship. Lockheed teamed with the Yakovlev Design Bureau, developer of the Yakovlev Yak-141 “Freestyle”, in the 1990s. Stealth technology makes the aircraft difficult to detect as it approaches short-range tracking radar.Some improvements over current-generation fighter aircraft are:
Durable, low-maintenance stealth technology;
Integrated avionics and sensor fusion that combine information from off- and onboard sensors to increase the pilot’s situational awareness and improve identification and weapon delivery, and to relay information quickly to other command and control (C2) nodes;
High speed data networking including IEEE 1394b and Fibre Channel.Cockpit
The F-35 features a full-panel-width “panoramic cockpit display (PCD)”, with dimensions of 20 by 8 inches (50 by 20 centimeters). A cockpit speech-recognition system (Direct Voice Input) is planned to improve the pilot’s ability to operate the aircraft over the current-generation. The F-35 will be the first U.S. operational fixed-wing aircraft to use this system, although similar systems have been used in AV-8B and trialled in previous U.S. jets, particularly the F-16 VISTA. In development the system has been integrated by Adacel Systems Inc with the speech recognition module supplied by SRI International.F-35 STOVL IMAGEA helmet mounted display system (HMDS) will be fitted to all models of the F-35. While some fourth-generation fighters (such as the Swedish JAS 39 Gripen) have offered HMDS along with a head up display (HUD), this will be the first time in several decades that a front-line tactical jet fighter has been designed to not carry a HUD.The pilot flies the aircraft by means of a right-hand side-stick and left-hand throttle, both of which are supplied by BAE Systems.The Martin-Baker US16E ejection seat is used in all F-35 variants. The US16E seat design balances major performance requirements, including safe terrain clearance limits, pilot load limits, and pilot size. It uses a twin-catapult system that is housed in side-rails.F-35 Lightning Takeoff (CTOL)Engines
Two different jet engines are being developed for the F-35; the Pratt & Whitney F135 and the General Electric/Rolls-Royce F136. The STOVL versions of both powerplants use the innovative Rolls-Royce LiftSystem, patented by Lockheed Martin and built by Rolls-Royce. This system is more like the Russian Yak-141 and German VJ 101D/E than the preceding generation of STOVL designs, such as the Harrier Jump Jet.The LiftSystem is composed of a lift fan, driveshaft, clutch, 2 roll posts and a “3 Bearing Swivel Module” (3BSM). The 3BSM is a thrust vectoring nozzle which allows the main engine exhaust to be deflected downward at the tail of the aircraft. The lift fan near the front of the aircraft provides a counter-balancing thrust. Somewhat like a vertically mounted turboprop within the forward fuselage, the lift fan is powered by the engine’s low-pressure (LP) turbine via a driveshaft and gearbox. Roll control during slow flight is achieved by diverting pressurized air from the LP turbine through wing mounted thrust nozzles called Roll Posts.lockheed martin f35 fighter in flightThe F-35B lift fan achieves the same ‘flow multiplier’ effect as the Harrier’s huge, but supersonically impractical, main fan. Like lift engines, this added machinery is just deadweight during horizontal flight but provides a net increase in payload capacity during vertical flight. The cool exhaust of the fan also reduces the amount of hot, high-velocity air that is projected downward during vertical takeoff (which can damage runways and aircraft carrier decks). Though complicated and potentially risky, the lift system has been made to work to the satisfaction of DOD officials.Armament
The F-35 includes a GAU-22/A four-barrel 25 mm cannon. The Cannon will be mounted internally with 180 rounds in the F-35A and fitted as an external pod with 220 rounds in the F-35B and F-35C.Internally (current planned weapons for integration), up to two air-to-air missiles and two air-to-ground weapons (up to two 2,000 lb bombs in A and C models; two 1,000 lb bombs in the B model) in the bomb bays. These could be AIM-120 AMRAAM, AIM-132 ASRAAM, the Joint Direct Attack Munition (JDAM) — up to 2,000 lb (910 kg), the Joint Standoff Weapon (JSOW), Small Diameter Bombs (SDB) — a maximum of four in each bay, the Brimstone anti-armor missiles, Cluster Munitions (WCMD) and High Speed Anti-Radiation Missiles (HARM). The MBDA Meteor air-to-air missile is currently being adapted to fit internally in the missile spots and may be integrated into the F-35. The UK had originally planned to put up to four AIM-132 ASRAAM internally but this has been changed to carry 2 internal and 2 external ASRAAMs. It has also been stated by a Lockheed executive that the internal bay will eventually be modified to accept up to 6 AMRAAMs.

Lockheed Martin F-35 Lightning JSF (STOVL) Fighter Jet Stealth Video
(STOVL = SHORT TAKEOFF and VERTICAL LANDING)
(JSF = JOINT STRIKE FIGHTER)

At the expense of being more detectable by radar, many more missiles, bombs and fuel tanks can be attached on four wing pylons and two wingtip positions. The two wingtip pylons can only carry AIM-9X Sidewinders, while the AIM-120 AMRAAM, Storm Shadow, Joint Air to Surface Stand-off Missile (JASSM) cruise missiles and 480 gallon fuel tanks can be carried in addition to the stores already integrated. An air-to-air load of eight AIM-120s and two AIM-9s is conceivable using internal and external weapons stations, as well as a configuration of six two thousand pound bombs, two AIM-120s and two AIM-9s. With its payload capability, the F-35 can carry more air to air and air to ground weapons than legacy fighters it is to replace as well as the F-22 Raptor.

Sunday, June 13, 2010

F-35 Lightning II 8:53 AM

The Lockheed Martin F-35 Lightning II is a fifth-generation, single-seat, single-engine stealth multirole fighter that can perform close air support, tactical bombing, and air defense missions. The F-35 has three different models; one is a conventional takeoff and landing variant, the second is a short take off and vertical-landing variant, and the third is a carrier-based variant.
The F-35 is descended from the X-35, the product of the Joint Strike Fighter (JSF) program. Its development is being principally funded by the United States, with the United Kingdom and other partner governments providing additional funding. It is being designed and built by an aerospace industry team led by Lockheed Martin with Northrop Grumman and BAE Systems as major partners. Demonstrator aircraft flew in 2000, with the first flight on 15 December 2006.
The United States intends to buy a total of 2,443 aircraft for an estimated US$323 billion, making it the most expensive defense program ever. The USAF’s budget data in 2010 projects the F-35 to have a US$89 million flyaway cost based its planned production of 1,753 F-35As.

Autonomic Logistics (AL)
Because logistics support accounts for two-thirds of an aircraft’s life cycle cost, the F-35 will achieve unprecedented levels of reliability and maintainability, combined with a highly responsive support and training system linked with the latest in information technology. The aircraft will be ready to fight anytime and anyplace. Autonomic Logistics (AL) is a seamless, embedded solution that integrates current performance, operational parameters, current configuration, scheduled upgrades and maintenance, component history, predictive diagnostics (prognostics) and health management, and service support for the F-35. Essentially, AL does invaluable and efficient behind-the-scenes monitoring, maintenance and prognostics to support the aircraft and ensure its continued good health.

Commonality
Commonality is the key to affordability – on the assembly line; in shared-wing platforms; in common systems that enhance maintenance, field support and service interoperability; and in almost 100 percent commonality of the avionics suite. Component commonality across all three variants reduces unique spares requirements and the logistics footprint. In addition to reduced flyaway costs, the F-35 is designed to affordably integrate new technology during its entire life cycle.

Distributed Aperture System
In a joint effort with Lockheed Martin Missiles and Fire Control, Northrop Grumman Electronic Systems will provide key electronic sensors for the F-35, which includes spearheading the work on the Electro-Optical Distributed Aperture System (DAS). This system will provide pilots with a unique protective sphere around the aircraft for enhanced situational awareness, missile warning, aircraft warning, day/night pilot vision, and fire control capability.

Diverterless Inlet
The F-35’s diverterless inlet lightens the overall weight of the aircraft. Traditional aircraft inlets were comprised of many moving parts and are much heavier than newer diverterless inlets. The diverterless inlet also eliminates all moving parts.

Electro-Optical Targeting System

Lockheed Martin Missiles and Fire Control and Northrop Grumman Electronic Systems are jointly providing key electronic sensors for the F-35 to include the Electro-Optical Targeting System (EOTS). The internally mounted EOTS will provide extended range detection and precision targeting against ground targets, plus long range detection of air-to-air threats.

Helmet Mounted Display System

Vision Systems International, LLC (VSI) is developing the most advanced and capable Helmet Mounted Display System (HMDS) for the F-35. Utilizing extensive design experience gained on successful production Helmet Mounted Displays (HMD), the F-35 HMDS will replace the traditional Head-Up-Display (HUD) while offering true sensor fusion.

Integrated Communications, Navigation and Identification Avionics
Northrop Grumman Space Technology’s integrated avionics satisfy the requirements for greatly increased functionalities within extreme space and weight limitations via modular hardware that could be dynamically programmed to reconfigure for multiple functions. This “smart”-box approach delivers increased performance, quicker deployment, higher availability, enhanced scalability and lower life cycle costs.

Interoperability
The F-35 will have the most robust communications suite of any fighter aircraft built to date. The F-35 will be the first fighter to possess a satellite communications capability that integrates beyond line of sight communications throughout the spectrum of missions it is tasked to perform. The F-35 will contain the most modern tactical datalinks which will provide the sharing of data among its flight members as well as other airborne, surface and ground-based platforms required to perform assigned missions. The commitment of JSF partner nations to common communications capabilities and web-enabled logistics support will enable a new level of coalition interoperability. These capabilities allow the F-35 to lead the defense community in the migration to the net-centric warfighting force of the future.

Low Observability


An integrated airframe design, advanced materials and an axisymmetric nozzle maximize the F-35’s stealth features.

Multi-Function Display System

An 8″x20″ Multi-Function Display System (MFDS) will be the panoramic projection display for the F-35. MFDS employs leading edge technology in projection engine architecture, video, compression, illumination module controls and processing memory – all of which will make the MFDS the most advanced tactical display. One-gigabyte-per-second data interfaces will enable the MFDS to display six full motion images simultaneously. The adaptable layout will be easily reconfigurable for different missions or mission segments. Projection display technology will provide a high-luminance, high-contrast, and high-resolution picture with no viewing angle effect.

Multi-Mission Active Electronically Scanned Array (AESA) Radar

Northrop Grumman Electronic Systems is developing the Multi-Mission Active Electronically Scanned Array (AESA) Radar for the F-35. This advanced multi-function radar has gone through extensive flight demonstrations during the Concept Demonstration Phase (CDP). The radar will enable the F-35 JSF pilot to effectively engage air and ground targets at long range, while also providing outstanding situational awareness for enhanced survivability.

Propulsion

The F-35 Propulsion Systems are the most powerful fighter/attack turbofans in the world. There are two manufacturers with propulsion systems currently being tested. The propulsion systems are interchangeable and both will power the F-35. There are two major engine variants for the F-35. One engine will power the CTOL and CV versions of the aircraft, while the other will power the STOVL version. The F135 engine is made by Pratt & Whitney, the F136 by a team, known as the Fighter Engine Team comprised of General Electric and Rolls-Royce. Both the F135 and the F136 STOVL engines will utilize common exhaust and Lift System systems.

Robust Structure
Continuous tailhook-to-nose-gear structure and catapult-compatible nose gear launch system are strengthened for catapult and arresting loads.

Sophisticated Cockpit

The F-35 provides its pilot with unsurpassed situational awareness, positive target identification and precision strike under any weather condition. Mission systems integration and outstanding over-the-nose visibility features are designed to dramatically enhance pilot performance.

Weapons Integration

The F-35 will employ a variety of US and allied weapons. From JDAMs to Sidewinders to the UK Storm Shadow, the F-35 has been designed to carry either internally or externally a large array of weapons.

Specifications

General characteristics
Crew: 1
Length: 51.4 ft (15.67 m)
Wingspan: 35 ft (10.7 m)
Height: 14.2 ft (4.33 m)
Wing area: 460 ft² (42.7 m²)
Empty weight: 29,300 lb (13,300 kg)
Loaded weight: 44,400 lb (20,100 kg)
Max takeoff weight: 70,000 lb (31,800 kg)
Powerplant: 1× Pratt & Whitney F135 afterburning turbofan
Dry thrust: 28,000 lbf (125 kN)
Thrust with afterburner: 43,000 lbf (191 kN)
Internal fuel: 18,480 lb (8,382 kg)

Performance
Maximum speed: Mach 1.67 (1,283 mph, 2,065 km/h)
Range: 1,200 nmi (2,220 km) on internal fuel
Combat radius: 610 nmi (1,110 km) on internal fuel
Service ceiling: 60,000 ft (18,288 m)
Rate of climb: classified (not publicly available)
Wing loading: 91.4 lb/ft² (446 kg/m²)
Thrust/weight:
With full fuel: 0.84;
With 50% fuel: 1.04 B:
g-Limits: 9 g

Armament
Guns: 1 × GAU-22/A 25 mm (0.984 in) cannon  internally with 180 rounds
Hardpoints: 6× external pylons on wings with a capacity of 15,000 lb (6,800 kg) and 2 × internal bays with 2 pylons each for a total weapons payload of 18,000 lb (8,100 kg) and provisions to carry combinations of:
Missiles:
Air-to-air: AIM-120 AMRAAM, AIM-132 ASRAAM, AIM-9X Sidewinder, IRIS-T
Air-to-ground: AGM-154 JSOW, AGM-158 JASSM
Bombs:
Mark 84, Mark 83 and Mark 82 GP bombs
Mk.20 Rockeye II cluster bomb
Wind Corrected Munitions Dispenser capable
Paveway-series laser-guided bombs
Small Diameter Bomb (SDB)
JDAM-series
B61 nuclear bomb (in 2017)

Avionics
Northrop Grumman Electronic Systems AN/APG-81 AESA radar

Posted by கவினன்[Kavinan] 0 comments

US F-35 Joint Strike Fighter Program Progress, Photos & Videos

I didn’t see a specific thread about this aircraft and its progress, pictures, videos, etc, so thought I would start one as it has the potential to have such a huge impact on US and other nation’s military.

Latest info in the two following videos:

Two F-35B (STOVL) US Marine variant Operate off of the USS LHD USS Wasp:

An F-35C (Navy variant) is launched from EMALS, the new electromagentic catapault for the US Navy’s Ford class super aircraft carriers:

For pictures here on sinodefenceforum, see my gallery:

Jeff Head’s F-35 Picture Album:


Jeff Head’s SinoDefenceForum F-35 Photo Album

For a good read and write-up on the F-35 overall, see the following site:

Click this bar to view the original image of 800x600px.


The F-35 Joint Strike Fighter

Please post articles and particularly project updates regarding the aircraft, including pictures and videos to this thread.

Early in 2011 there were a total of 19 F-35s already built, 13 F-35As for the US Air Force, 4 F-35Bs for the US Marines, and 2 F-35Cs for the US Navy. Throughout 2011 eleven more F-35s have been added for a total of 30 aircraft by the end of 2011.

The first production delivery of an F-35A to the US Air Force occurred in May of 2011. A total of eight production aircraft for the US Air Force have now been built.

Current plans call for, starting in 2012 and through 2014, the production rate to be about three aircraft per month…and then ramp up to full production thereafter. By that time, the US will have built 148 aircraft.

Last edited by Jeff Head; 12-01-2011 at 04:14 PM. Reason: Corrected some typos

Re: US F-35 Joint Strike Fighter Program Progress, Photos & Videos

Click this bar to view the original image of 800x588px.

Re: US F-35 Joint Strike Fighter Program Progress, Photos & Videos

the current production batch is LRIP-4 (Low Rate Initial Production 4) with each LRIP with different numbers of airframes produced/procured

the first international/partner country airframe produced is UK F-35B
Lockheed Completes First U.K. Joint Strike Fighter – Defense News

here is F-35 dev schedule

Click this bar to view the original image of 744x558px.

F-35 Joint Strike Fighter (JSF) Lightning II

On 2 November 2011, USAF Major General Jay Lindell told House Armed Services Committee’s Subcommittee on Tactical Air and Land Forces that the USAF would declare the initial operating capability (IOC) for the F-35A based on achieving the required Operation Requirements Document-compliant capability and capacity criteria, and not on a specific date. Furthermore, the USAF was analyzing the impacts to program delivery timelines due to the most recent program restructure. The results of that analysis were expected to be available later in 2011, at which time the USAF would reevaluate its IOC estimate. As of June 2010, the estimated IOC date for the USAF’s F-35A was some time in 2016. Major General Lindell suggested that the USAF was subsequently expecting the IOC estimate to be revised by the end of 2011 to be sometime in 2018.

This reassessment was linked to a Technical Baseline Review completed in November 2010, which became the basis for additional program restructuring within the FY12 President’s Budget. Major General Lindell noted during his November 2011 testimony that the “The [F-35] program continues to experience challenges as it transitions from development to production despite the significant accomplishments.” From January 2011, the F-35 as a whole had experienced numerous cost increase issues, largely stemming from continued issues with the Marine Corps’ F-35B STOVL variant. Complications with the F-35B, which had been a factor in the program for the preceding decade (including a major wing redesign for the F-35B as opposed to the other variants), led to a reduced initial buy of F-35B aircraft, the need for an infusion of additional funds into the F-35B’s System Design and Development, and the decision to decouple testing from the USAF F-35A and US Navy F-35C variants. F-35B SDD was only expected to be completed by 2016 as of January 2011. That the F-35A and F-35C development had been directly linked to the F-35B until that point had adversely affected the IOC estimates for both of those aircraft, as well as the unit costs for those variants.

JSF is a joint, multinational acquisition program for the Air Force, Navy, Marine Corps, and eight cooperative international partners. Expected to be the largest military aircraft procurement ever, the stealth, supersonic F-35 Joint Strike Fighter (F-35) will replace a wide range of aging fighter and strike aircraft for the U.S. Air Force, Navy, Marine Corps and allied defense forces worldwide. The program’s hallmark is affordability achieved through a high degree of aircraft commonality among three variants: conventional takeoff/landing (CTOL), carrier variant (CV) and short takeoff/vertical landing (STOVL) aircraft. Innovative concepts and advanced technologies will significantly reduce weapon system life-cycle costs while meeting the strike weapon system requirements of military customers. Procurement is planned to continue through 2026 and possibly beyond. JSF aircraft may well stay in service until 2060 or longer.

The program began in November 1996 with a 5-year competition between Lockheed Martin and Boeing to determine the most capable and affordable preliminary aircraft design. On 26 October 2001 the Pentagon announced that Lockheed-Martin had won the largest military contract ever, a possible $200 billion competition to build the Joint Strike Fighter. Air Force Secretary Jim Roche said on the basis of strengths, weaknesses and degrees of risk of the program that the Lockheed-Martin team was the winner on a “best- value” basis. He said Lockheed-Martin was a clear winner over the team led by Boeing. Total cost of the contract to enter the systems development and demonstration phase is $19 billion. Pratt and Whitney has a $4 billion contract to design and build propulsion systems for the craft. The British will contribute $2 billion to the program.

Lockheed-Martin teamed with Northrop Grumman and British Aerospace on the project. Pete Aldridge, undersecretary of defense for acquisition, technology and logistics, said that both teams “met or exceeded the performance objectives established for the aircraft and have met the established criteria and technical maturity for entering the next phase of the program.”

The Lockheed Martin X-35 was chosen over the competing Boeing X-32 primarily because of Lockheed’s lift-fan STOVL design, which proved superior to the Boeing vectored-thrust approach. The lift fan, which is powered by the aircraft engine via a clutched driveshaft, was technically challenging but DoD concluded that Lockheed has the technology in hand. The lift fan has significant excess power which could be critical given the weight gain that all fighter aircraft experience.

Lockheed Martin Corp. is developing the F-35 at its fighter aircraft plant in Fort Worth, where the new stealth warplane is expected to provide about 9,000 jobs over the next three to four decades. Northrop Grumman Corp. is to build the F-35’s center fuselage in California and BAE Systems the aft body in England.

For much of the free world’s military forces, the F-35 represents the future- a new family of affordable, stealthy combat aircraft designed to meet the twenty-first-century requirements of the US Air Force, Navy, and Marine Corps, as well as the United Kingdom’s Royal Air Force and Royal Navy. The program is truly international in its scope and participation: Italy, the Netherlands, Turkey, Canada, Denmark, Australia, and Norway recently joined the F-35’s system development and demonstration (SDD) phase. All SDD partners will be active in the F-35’s development process and stand to gain economically from the program.

The JSF aircraft design has three variants: conventional takeoff and landing variant for the Air Force, aircraft carrier-suitable variant for the Navy, and short takeoff and vertical landing variant for the Marine Corps, the United Kingdom, and the Air Force. These aircraft are intended to replace aging fighter and attack aircraft currently in the inventory.

Historically, the 1970s saw development and production of many outstanding aircraft which comprise much of today’s U.S. fighter inventory. The combination of service-life exhaustion and escalating threats will require all three services to slowly retire their current fighter aircraft. The British Royal Air Force Harriers and Royal Navy Sea Harriers – aircraft that first flew more than 30 years ago – are encountering similar problems. The F-35 JSF will affordably replace the aging fleets, while also supporting the existing and expanding roles and requirements of F-35 JSF customers.

The Air Force’s F-35A version of the craft is a conventional takeoff and landing airplane to replace the F- 16 Falcon and A-10 Thunderbolt II. It will partner with the F-22 Raptor. The Marine Corps, Royal Navy and Royal Air Force need and want a short takeoff and vertical landing aircraft, dubbed the F-35B. The Marines want new aircraft to replace their AV-8B Harriers and F/A-18 Hornets. The British want to replace Sea Harriers and GR.7 Tornado fighters. The Navy’s F-35C version of the plane is a carrier-based strike fighter to complement the F/A-18E/F Super Hornet. It will replace earlier versions of the F/A-18 as well as the A-6 Intruder, which already has left the inventory.

The F-35 Joint Strike Fighter will be:

  • Four times more effective than legacy fighters in air-to-air engagements
  • Eight times more effective than legacy fighters in prosecuting missions against fixed and mobile targets
  • Three times more effective than legacy fighters in non-traditional Intelligence Surveillance Reconnaissance (ISR) and Suppression of Enemy Air Defenses and Destruction of Enemy Air Defenses (SEAD/DEAD) missions
  • About the same in procurement cost as legacy fighters, but requires significantly less tanker/transport and less infrastructure with a smaller basing footprint

The program’s objective is to develop and deploy a technically superior and affordable fleet of aircraft that support the warfighter in performing a wide range of missions in a variety of theaters. The single-seat, single-engine aircraft is being designed to be self-sufficient or part of a multisystem and multiservice operation, and to rapidly transition between air-to-surface and air-to-air missions while still airborne. To achieve its mission, the JSF will incorporate low observable technologies, defensive avionics, advanced onboard and offboard sensor fusion, and internal and external weapons.

Plans call for the F-35 to be the world’s premier strike aircraft through 2040. It will provide air- to-air capability second only to the F-22 air superiority fighter. The plane will allow the Air Force forces to field an almost all-stealth fighter force by 2025. The Navy and Marine variants will be the first deployment of an “all-aspect” stealth airplane.

The goals for the F-35 are ambitious: to be a single-pilot, survivable, first-day-of-the-war combat fighter with a precision, all-weather strike capability that uses a wide variety of air-to-surface and air-to-air weapons- and that defends itself in a dogfight. The F-35 program emphasizes low unit-flyaway cost and radically reduced life-cycle costs, while meeting a wide range of operational requirements. The stretch in combat radius means that the pilot can operate with reduced dependence on air refueling and can have significantly greater time on station for close air support or combat air patrol missions.

Survivability, a cornerstone of F-35 design, is enhanced foremost by the aircraft’s radar-evading properties. Stealth capability, available for the first time in a multirole fighter, will minimize the threat to the pilot during operations in heavily defended areas. The aircraft also is configured with advanced countermeasures to reduce the effectiveness of enemy defenses.

Integral to the aircraft’s low-observable equation is the large internal-weapons bay. When stealth is not required, the F-35 also can carry wingtip air-to-air missiles and up to 15,000 pounds of external ordnance mounted on underwing pylons. A pneumatically powered ordnance-release system replaces the traditional cartridge-powered equipment. This new design greatly reduces maintenance requirements. The internal 25 mm cannon will enable pilots to engage targets from higher altitudes and longer range.

The F-35’s mission systems are designed to return the pilot to the role of tactician and to increase combat effectiveness dramatically. Next-generation sensors will provide the pilot coherent and fused information from a variety of onboard and off-board systems. Sophisticated data links will connect the aircraft to both ground-combat elements and airborne platforms. In addition to fighter-to-fighter data links, the F-35 will be equipped with satellite-communications capability for both transmitting and receiving.

The aircraft’s onboard sensor suite is optimized to locate, identify, and destroy movable or moving ground targets under adverse weather conditions. This all-weather capability is achieved with the aircraft’s advanced electronically scanned array (AESA) radar built by Northrop Grumman. The AESA enables simultaneous air-to-ground and air-to-air operations. It can track moving ground targets and display them on a radar-generated terrain image, enabling precise target location relative to terrain features. These instruments, coupled with off-board sensors, will make the F-35 capable of all-weather close air support under the most demanding conditions.

An internally mounted electro-optical targeting system (EOTS) is installed in the nose of the F-35, enhancing both air-to-ground and air-to-air capabilities. The EOTS will provide long-range, high-resolution targeting-infrared imagery; laser-target designation; and battle-damage-assessment capability. This system will provide pinpoint weapons-delivery accuracy for close air support and deep-strike missions.

A distributed-aperture-infrared sensor system will provide full spherical infrared coverage around the aircraft. In addition to providing warnings of missile launches, information from the system can be displayed on the pilot’s helmet visor, permitting the pilot to see “through” the airplane’s structure in all directions, and eliminating the need for night-vision goggles. This system will dramatically increase the ability of the F-35 to conduct any type of mission at night.

The F-35 team is crafting an exceptionally lethal, survivable, and supportable next-generation strike aircraft. Compared with the aircraft it will replace, the F-35 will provide significant improvements in range, payload, lethality, survivability, and mission effectiveness. Uniting stealth with advanced mission systems and high maneuverability, the F-35 will bring revolutionary twenty-first-century capabilities to the battle space.

Google +1

F-35 JSF Weapon Carriage Capacity


      Does the Joint Strike Fighter have an internal gun? What are the weapon loads? It does not seem to have as much internal space as the F-22.

– question from NicholasThe primary purpose of the F-35 Joint Strike Fighter (JSF) is to fulfill the ground attack duties now performed by aircraft like the F-16 Fighting Falcon, F-18 Hornet, and AV-8B Harrier. In other words, the JSF is often referred to as a “bomb truck” that will attack ground targets once the skies have been cleared of any enemy fighter threat by dedicated air superiority fighters like the F-22 Raptor and F-15 Eagle.

The biggest driver behind the overall design of the JSF is affordability. The military needs to purchase a large quantity of this class of aircraft to complement larger and more capable planes like the F-22 and F-18E/F Super Hornet that are too expensive to buy in large quantities.

It is these two factors–its mission as a ground attack platform and the need for low cost–that largely dictate the size, layout, and weapons carriage capabilities of the F-35.

X-35 research plane and prototype for the F-35 JSF
X-35 research plane and prototype for the F-35 JSFSince the F-35 is primarily intended to be a replacement for the F-16, it is not surprising that the JSF is of roughly the same overall dimensions as the older craft. The F-22, by comparison, is much larger and comparable in size to the F-15 that it was designed to replace. The overall sizes of the F-16, F-22, and the conventional takeoff and landing (CTOL) version of the F-35 that will be purchased by the US Air Force are compared below.

Comparison of the F-16, F-35, and F-22
Comparison of the F-16, F-35, and F-22It is also not surprising that the weapons to be carried by both the F-35 and F-22 are comparable to those carried by the F-16 and F-15, respectively. Both the F-15 and F-22 were designed primarily for air-to-air combat and feature a corresponding weapons load of air-to-air missiles. As discussed in a previous question about the F-22 weapons carriage capacity, the aircraft is equipped with four internal bays. Two small side bays are designed for the short-range AIM-9M Sidewinder air-to-air missile while the two center bays were each sized around three medium-range AIM-120C AMRAAM missiles. The F-35, being a much smaller aircraft, has only two center bays. The location and size of these two bays, as well as six external wing pylons, can be seen in the following image. The diagram compares the weapons stations on the CTOL and largely identical short takeoff and landing (STOVL) variants of the JSF versus the carrier-based (CV) model that has a larger wing. Note that the bays of the F-35B STOVL variant were redesigned in late 2004 and are now 14 inches shorter, and perhaps reduced in width, compared to the F-35A CTOL model. This decision was made to reduce the weight of the F-35B in order to meet more important performance goals. Otherwise, the following diagram remains accurate.

General layout of weapons bays and external hardpoints on the JSF variants
General layout of weapons bays and external hardpoints on the JSF variantsCompared to the JSF, the F-22 Raptor is indeed larger in size and internal volume. Nevertheless, the F-22 suffers from one key limitation. Its center bays were designed around the AIM-120 AMRAAM that is only about 12 ft (3.65 m) in length and has a maximum fin span of about 1.5 ft (0.45 m). These dimensions are quite sufficient for the aircraft’s primary role as an air superiority fighter. However, the end of the Cold War forced the Air Force to change priorities and give the F-22 a stronger ground attack capability. Unfortunately, most air-to-ground weapons are significantly longer, wider, taller, and heavier than the AIM-120, making it difficult to integrate such weapons into the F-22 bays. The only weapon that has been integrated so far is the GBU-32 JDAM, a GPS-guided bomb that is about 10 ft (3.05 m) in length and is based on the 1,000 lb (455 kg) Mk-83 general purpose bomb.

Most air-to-surface weapons are in the 2,000-lb (910 kg) class, however, but these weapons are usually around 12.5 to 14 ft (3.80 to 4.25 m) long and too large to fit within the F-22. Bearing these limitations in mind, JSF designers purposefully sized the two internal bays around these larger 2,000-lb class weapons. The two weapons that have predominantly dictated the overall length and depth of the bays are the AGM-154 JSOW and the GBU-31 2,000 lb (910 kg) version of JDAM.

F-35 weapons bay
F-35 weapons bayEach bay contains two weapons stations, as shown above. Air-to-ground stores like JSOW and JDAM are carried on the outboard station. Air-to-air weapons can also be carried in this position but are carried primarily on the inboard station that is specifically dedicated to that purpose. One of the unique features of the design is that the air-to-air station swings out on a hinged rail as the inboard bay door opens.

The list of weapons that the JSF will carry when it enters service has not yet been finalized. However, it has been decided that all variants will be cleared to carry the same selection of weapons regardless of whether or not each user actually intends to arm its planes with that weapon. For example, the Navy CV variant will be cleared to carry the Wind Corrected Munitions Dispenser (WCMD) even though only the Air Force has that weapon in its inventory. Similarly, all US aircraft will be compatible with the ASRAAM air-to-air missile that only the United Kingdom plans to carry on its planes. The decision to clear all variants with the same weapon loads was made in order to simplify integration requirements, maintain commonality, and lower overall development costs. Note that the above statements are no longer entirely true since the bays of the F-35B STOVL version have been reduced in size as mentioned earlier. As a result, the F-35B is no longer compatible with JSOW and 2,000 lb JDAM weapons. The largest weapon this F-35 variant can carry internally is the GBU-32 1,000 lb version of JDAM. A list of the weapons that are currently planned for internal carriage on the F-35 is shown below.

F-35 internal weapons
F-35 internal weaponsNot included in this diagram are weapons in source selection as of this writing that are to be added to the internal carriage list. These weapons include the American GBU-39 Small Diameter Bomb, of which four can be carried on the air-to-ground station in each bay, and a new 500 lb laser guided bomb for the British (ultimately won by the Paveway IV). Another possible addition is a new variant of JDAM being considered by the US that will add a digital scene matching capability for improved accuracy.

The F-35 also has six external pylons, three under each wing. The inboard station is designed for up to 5,000 lb (2,265 kg) loads and will most likely be used to carry external fuel tanks. The pylon can carry 2000-lb class air-to-ground weapons as well. The midboard pylon is also primarily intended for air-to-ground weapons and can carry up to 2,500 lb (1,135 kg). The surface attack weapons compatible with these two pylons include many of the same ones carried internally as well as additional stores that are too large to fit in the bays. The outboard station on each wing, however, is a dedicated air-to-air station carrying up to 300 lb (135 kg) and designed specifically for short-range infrared guided missiles like AIM-9X Sidewinder. A list of weapons currently planned for external carriage is illustrated below. Note that training bombs have not been included in this list.

F-35 external weapons
F-35 external weaponsYou also ask about whether the aircraft has a gun, and the answer depends on what variant you ask about. The Air Force’s CTOL model is the only version carrying an internal gun. The GAU-12 25-mm cannon is mounted above the engine inlet on the left side of the plane, as shown in the diagram below.

Internal gun carried by the F-35 CTOL variant
Internal gun carried by the F-35 CTOL variantThe Navy and Marines, meanwhile, have both opted for a specialized external gun pod on their CV and STOVL variants. The same GAU-12 cannon is carried, but in a special tear-drop pod that can be mounted on a dedicated centerline pylon between the aft portion of the weapons bays. The pod is unique in that it employs stealth characteristics and should allow the aircraft to maintain low observability. Other advantages of the gun pod include room for a larger ammunition supply and the ability to remove the pod on missions where a gun is not necessary.

Optional external gun pod that can be carried by the F-35 CV and STOVL variants
Optional external gun pod that can be carried by the F-35 CV and STOVL variantsA number of sources indicate that the Mauser BK27 27-mm cannon will be carried on the F-35 instead of the GAU-12, but this information is inaccurate. The BK27 is commonly used on European fighters and was the leading candidate to be integrated aboard the JSF. Rights to manufacture the BK27 in the US had been sold to the Ordnance Division of Boeing, a division that is now part of Alliant Techsystems (ATK). The subcontract to develop a cannon for the F-35 became a competition between the BK27 offered by ATK and the GAU-12 manufactured by General Dynamics Armament and Technical Products (GDATP). The GAU-12 was eventually named the winner of the contract, but the decision is not without controversy as most observers feel the BK27 is the superior choice.

The information we gave gathered here is the latest available, but bear in mind that the Joint Strike Fighter design has not yet been finalized. The wish list of weapons that the various services originally asked to be put on the aircraft was enormous and would require tremendous time and cost to fulfill. As a result, the requirements are still under review, and the list has already been pared down significantly to focus on the most critically needed weapons.

Already eliminated from the list of internally carried stores are older unguided weapons like the Mk 82/83/84 general purpose bombs since it is very unlikely that the services would need to send the plane on a stealthy mission while carrying such archaic weapons. External stores that have been eliminated, or at least postponed, include the AGM-84 Harpoon and SLAM-ER, UK laser guided bombs, rocket pods, mines, and various data link, ECM and reconnaissance pods. Maverick and HARM may also be dropped because they do not currently comply with standard 1760 interface requirements.

Also note that production plans for the Joint Common Missile were cancelled in late 2004, and this weapon will no longer be carried by the F-35. Furthermore, the Navy has decided not to purchase JASSM, and it seems likely the Navy would want to integrate SLAM-ER onto the F-35 in its place.
– answer by Jeff Scott, 16 February 2004

Related Topics:

What fighter will serve the Air Force, Navy, and Marine Corps? What is the difference between the F-22 Raptor and the F-35 Joint Strike Fighter? … Which aircraft is for which service?

7 July 2011 Last updated at 11:28

Aircraft carriers: NAO fear over defence review change

Navy’s flagship the Ark Royal taken out of service (broadcast December 2010)

The National Audit Office has expressed deep concern about changes to the Royal Navy’s two new aircraft carriers made in the 2010 defence review.

The NAO queried whether the changes represent value for money and pointed out there would be a decade-long gap without aircraft carrier capability.

Margaret Hodge, chairman of the Commons Public Accounts Committee, said the report was “deeply worrying”.

Defence Secretary Liam Fox said changes put the programme “back on track”.

In its report, the NAO said changes to the carrier programme in the government’s strategic defence and security review (SDSR) had created “significant levels of operational, technical, cost and schedule uncertainty”, with the final total cost of the programme now set to exceed £10bn.

The ships – HMS Queen Elizabeth and HMS Prince of Wales – were saved from defence cuts under the coalition government because it said it would cost more to cancel the projects than proceed with them.

Ministers agreed to change the design of one, or both, of the aircraft carriers to make them compatible with the US Navy’s version of the Joint Strike Fighter.

Continue reading the main story

Analysis

image of Caroline Wyatt Caroline Wyatt Defence correspondent, BBC News

The NAO’s worries are that the impact of the changes is not yet fully understood by the MoD.

Such a major project requires a huge amount of planning and technical preparation, and costs have already escalated significantly since the project began. The government’s decision to change the variant of the aircraft to go on board – from the short-take off and vertical landing version of the joint strike fighter to the carrier version that requires catapult and arrestor gear – has added new risks to the project, which range from financial to operational.

While the decision to buy the more capable version of the aircraft makes operational sense, as it can drop heavier weapons and has a greater range, the ‘cats and traps’ that will be needed for take-off and landing are a whole new system which hasn’t yet been trialled or used.

Regenerating the Royal Navy’s ability to launch aircraft from a carrier after a gap of 10 years will bring its own challenges, in ensuring crews are trained, ready and able to perform this intricate and demanding job.

The report also makes clear even under the previous government’s plans, the MoD had a “funding gap” when it originally ordered the carriers – the order went ahead on the basis the MoD would make other savings in order to be able to afford the carriers.

The NAO said the way the SDSR was conducted was “not the ideal situation in which to have to take strategic decisions”, and it has warned it is concerned the carrier programme may be vulnerable to further changes if the promised increases in defence spending don’t materialise in 2015.

HMS Prince of Wales will not enter service – it will be built but not kitted out, and then kept as a reserve vessel – while HMS Queen Elizabeth is expected to go into service around 2020, with both said to cost some £6bn.

The NAO said the decision to buy a different version of the aircraft has delayed the entry into service date by two years, leaving the UK without a carrier able to launch aircraft for a decade and adding significant new risks to the project.

The Whitehall spending watchdog pointed out the decision to make only one carrier with aircraft operational means the UK will only have a carrier at sea for between 150 and 200 days per year – meaning it will rely heavily on allies to fill the gap.

Ms Hodge said the report also revealed that cancellation of the aircraft carriers had been feasible.

She said the report showed cancelling one carrier would save £200m in the long term and cancelling both would save £1.2bn over the same period.

Ms Hodge told the BBC: “It’s a very depressing report. This is a project that has been plagued with poor decision-making.

“What the government decided to do in the defence review was substantially change the design and buy a different plane.

“What the report says is that it’s something technically which has never been achieved elsewhere in the world and that we have no idea of the costs.

“What we are getting is a delay without a capability for a decade of a carrier on the seas.

“The costs haven’t been cut, they’ve been delayed by delaying the purchase of the plane, by mothballing one of the carriers.”

But BBC defence correspondent Caroline Wyatt said the MoD’s own list of options contained in the report showed that would have meant accepting the demise of the UK’s shipbuilding industry.

Dr Fox insisted that decisions made in the defence review had cut the overall costs by more than £3bn.

He said: “We inherited a complete mess from Labour, a carrier programme which they didn’t have the money for in the budget, where they had the wrong design on the ship, and the wrong planes to go on it.

“So we inherited a starting point that we would not have chosen, but having said that, we had to take the appropriate decisions to make it inter-operable with the United States and to give us 50 years of the best utility we could have in terms of power projection.”

Last November, the UK and France signed a defence treaty that agreed to share aircraft carrier resources by keeping at least one vessel at sea between the two countries at any one time.

Each will be able to use the other’s carrier in some form for training and possibly for operations.

The SDSR in October 2010 outlined cuts of £4.7bn over four years.

The new carriers will replace the 22,000-tonne Invincible class aircraft carriers, HMS Invincible, HMS Illustrious and HMS Ark Royal.

HMS Invincible, mothballed in 2005, was put up for sale on a government internet auction website, while Ark Royal – the navy’s flagship – was decommissioned in January and HMS Illustrious will be decommissioned in 2014.

HMS QUEEN ELIZABETH AND HMS PRINCE OF WALES

Graphic: Future aircraft carrier
  • Displacement: 65,000 tonnes
  • Length: 280m (920ft)
  • Width (at flight-deck level): 70m (230ft)
  • Keel to masthead: 56m (184ft)
  • Nine decks (plus flight deck)
  • Speed: 25+ knots
  • Range: 8,000-10,000 miles
  • Aircraft: 36 F-35 Joint Strike Fighters and four Airborne Early Warning aircraft, plus EH 101 Merlin helicopters
  • Crew: 1,450 (including air crew)
  • Weapons: Phalanx close-in weapon systems; 30mm and mini-guns

Source: Ministry of Defence

Dempsey Doubts That Procuring All Three JSF Variants Is Possible: Aviationintel Has An Answer For That!

http://www.bloomberg.com/news/2011-10-13/dempsey-concerned-whether-u-s-can-afford-three-f-35-models.html

I get a kick out of all the doubts being voiced concerning the affordability of this program, all the while nobody is putting forth alternatives or taking a hard stance against it. No wonder we are broke right?

Outside of the jobs program and export business case dogma that hangs on this program like cancer, the reality is that the two types that should be procured are the F-35C & B. The Navy needs a deep strike stealth fighter-bomber aircraft. Without it the Carrier Strike Group is not really a stand alone first day of war fighting force versus a modern foe with an advanced integrated air defense system (IADS) without blowing hundreds of millions of dollars on a limited inventory of standoff cruise and air launched missiles. On the other hand, the F-35B dictated the whole design concept of the F-35 and inflicted penalties on the airframe because of it’s very special STOVL needs. If we abandon the B model’s unique capabilities by canceling the type, the whole reason we invested in the JSF concept will be compromised. Further, the F-35B allows the US to basically double its carrier fleet (numerically) via the Navy’s Landing Helicopter Docks and forthcoming Landing Helicopter Assault carriers. With the F-35B, these smaller sized multi-role carriers will have almost the same capability (minus the C model’s longer range and 2,000LB class internal weapons carriage abilities) as their much larger nuclear cousins, all at a fraction of the cost. Although some say the F-35B’s stealthy STOVL philosophy was wrong to begin with, the ability to forward deploy such a powerful package of fighter, attack and ISR capabilities without large runways is pretty amazing.

The USAF’s A model is truly the consolation prize out of the three variants. Further, the F-35C model has more range so why not just sell this aircraft instead of the F-35A. It may be more expensive but much of that has to do with the low production numbers originally envisioned for the C model. If foreign partners want to buy the JSF they can purchase the C model. The same with the USAF, if they want eventually want the JSF they can buy the C model, or even a stripped down, lighter weight C model similar to the F/A-18L concept. This was done with the F-4 Phantom and there is no reason why it cannot be done with the F-35. Further, air arms around the world fly the Hornet, which is a navalized fighter, as if it were a land based fighter and there are no complaints. The only reason why there is a business case for the A model is cost, it’s internal cannon and the slight speed/maneuverability advantage offered by the smaller wing and lighter weight. It is well-known that the A model is a 9G plane, whereas the B and C are rated for 7.5Gs, but as discussed here before once the Helmet Mounted Sight and Distributive Aperture Systems is fully integrated the F-35 will have no need for super hard turning after the merge as they can cue AIM-9X Block II missiles 180′ degrees off boresight and guide them via data link to their hard turning targets.

In the end, I would love for someone in the Pentagon procurement world to read this and tell me why this is wrong or not possible. Everywhere seems to think that the F-35B is the variant on the chopping block, yet this would undermine the whole JSF design case and would in reality destroy the most promising variant of the whole lot. Further, at most the USAF should buy half the number of JSF’s planned today. They should take the savings from this reduced buy and purchase 100+ more raptors and plenty of fresh F-16s to fill the services increasingly vacant ramps.

More on my plan for cancelling (or at least a portion of) the F-35 program and the amazing alternatives to the JSF:

http://aviationintel.com/?p=1185

Posted on March 9, 2010
Posted by Fighter Country

F-35 Lightning II Fifth-Generation Fighter Cockpit

The F-35 Lightning II is a multinational, multi-service, single-pilot fighter designed with first-day-of-the-war, precision all-weather strike capability. This highly survivable fighter will be built in three variants – conventional takeoff and landing, short takeoff/ vertical landing, and carrier-based. Overall, the F-35 cockpit is a generation beyond preceding aircraft, as large liquid crystal touch-screen displays feature color-coded symbology, pictographs, and digital information. Also, the head-up display has been replaced by a helmet-mounted display as the primary flight reference. The complexity of missions, sensors used, and weapons employed make this fifth-generation cockpit necessary. Advanced technology makes it possible.

Manufacturer: Lockheed Martin/Northrop Grumman/BAE Systems
Type: Fighter (Multirole)
Number Built: 1 (as of January 2007) 2,581 currently planned
First Flight: 24 October 2000 (X-35A); 16 December 2006 (F-35A)
In Service: Service entry expected in 2012
Notable: The F-35 program is the largest aerospace defense program in US history. Eight international partners comprise the program.
Photographer/Location: Tom Harvey/Lockheed Martin, Fort Worth, Texas

F-35 Joint Strike Fighter debate continues

Sep 01

TynibelleNews , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , No Comments

Share3

For the first time in the history of the Joint Strike Fighter program, a senior Pentagon appointee has raised the question of whether one of the three versions of the Lockheed Martin F-35 should be canceled to save money. The move comes as program leaders and Pentagon cost experts are trying to prepare for a long-delayed Defense Acquisition Board review of JSF, including a comprehensive effort to establish reliable predictions of acquisition and operating costs.

Navy Undersecretary Robert Work told the Navy and Marine Corps in July to provide lower-cost alternatives to the Navy’s current tactical aviation plan, and to examine the consequences of terminating either the F-35B short-takeoff-and-vertical-landing (Stovl) version or the carrier-compatible F-35C. Work is seeking decisions in time for the 2013 budget submission.

He also directed service leaders to study whether the Navy and Marines could operate fewer than the 40 squadrons of JSFs currently planned (supported by 680 aircraft, divided equally between Bs and Cs) and to look at the possibility of accelerating development of unmanned alternative systems.

The instructions were included in a July 7 memo from Work to Navy acquisition chief Sean Stackley, Vice Chief of Naval Operations Adm. Jonathan Greenert and Assistant Marine Commandant Gen. Joseph Dunford. Work told the leaders to form a team to develop three alternative tactical aviation force structures, respectively representing cost savings of $5 billion, $7.5 billion and $10 billion across the future-years defense plan. Ultimately, Work expects to determine “the best value alternative, factoring in both cost and capability.”

“This relook must consider every plan and program,” Work wrote. “Even cuts to long-planned buys of JSF must be on the table.” The team was also tasked to define “the key performance differences between the Block II F/A-18E/F with all planned upgrades, F-35B and F-35C.”

The quick-look analysis was due to be completed three weeks after the memo date; that is, by July 28. That was also the date on which Marine leadership organized a high-profile demonstration of the F-35B’s Stovl capability at the Navy’s Patuxent River, Md., flight test center.

Under Work’s leadership, the Marines and the Navy signed an agreement in March under which the Marines would operate 80 F-35Cs and 340 F-35Bs. Earlier, the Marines had argued that all 420 of their JSFs should be F-35Bs.

Work did not direct the team to assess the economic or operational impact of F-35 program changes on the Air Force or international partners. A reduction in Navy Department orders for both the F-35B and F-35C would increase unit costs. Canceling either version would eliminate some remaining development costs, mostly in flight test, and could lead to increased production of the surviving variant.

The largest international JSF partner, the U.K., changed its plans in October 2010, switching from the B to the C model. If the F-35C were to be canceled, the U.K. would withdraw from the program and “look for a European solution” to its requirement for a carrier fighter, a senior U.K. official said in Washington earlier this month. Italy is the only international partner that plans to operate the F-35B.

Lockheed Martin declined to comment on the memo, saying that it was an internal Navy document. The F-35 Joint Program Office (JPO) had no immediate comment.

As an analyst with the Center for Strategic and Budgetary Assessments, Work coauthored studies that supported the case for early development of a carrier-based unmanned combat air vehicle (UCAV) with greater range and better stealth characteristics than the F-35.

Currently, there is a debate in Washington about the characteristics of a future Navy UCAV system. General Atomics Aeronautical Systems Inc. is still proposing the 15,000-lb. weight class, moderately stealthy Avenger design, while Northrop Grumman confirmed earlier this month that it would be proposing a design similar to its larger and stealthier X-47B. The latter would potentially fill some of the deep-penetration missions that the F-35C is intended to perform.

Boeing, meanwhile, is continuing to work on an improved version of the F/A-18E/F Super Hornet, which would reduce capability and performance gaps between it and the F-35C. The company plans to conduct wind-tunnel tests, late this year or early next, of the conformal tanks, which add 3,000 lb. of fuel, and a centerline weapons pod. General Electric is also offering an Enhanced Performance Engine variant of the Super Hornet’s F414, increasing thrust by as much as 25%.

The F-35B variant remains on probation, under a decree issued by then-Defense Secretary Robert Gates in January. Gates said at the time that problems affecting the aircraft—including the need for a redesigned lift-fan door, driveshaft and clutch mechanisms—would have to be solved without increases in cost or weight. The U.K. government said, in switching from the B to the C variant, that the Stovl aircraft cost more than either the F-35A or F-35C, and U.K. government reports repeatedly described the F-35B’s “bring-back” performance—its ability to land vertically with fuel reserves and unused weapons—as marginal.

Last year, Work suggested in remarks to a Washington forum that forward basing and refueling on improvised airstrips—one of two pillars of the Marine case for the F-35B—would become much more hazardous in the presence of G-RAMM (guided rockets, artillery, mortars and missiles) threats.

The F-35B’s basing flexibility is also being called into question by unresolved issues about the effects of the fighter’s hot, high-velocity exhaust on ground and deck surfaces. Lockheed Martin and senior Marine leaders have downplayed these issues, stated that the environment under a landing F-35B is almost identical to that of an AV-8B Harrier, and claimed that early 2010 tests confirmed these characteristics.

Navy construction specifications continue to warn that the F-35B will impose temperatures as high as 1700F (several hundred degrees higher than a Harrier exhaust) on vertical-landing pads, with a transonic exhaust velocity. This is enough to cause standard concrete to “spall”—that is, shed surface flakes in a near-explosive manner—with a 50% chance of damage on the first landing.

Navy standards require F-35B landing pads to comprise 100 X 100-ft. slabs of special heat-resistant concrete, poured in one piece and continuously reinforced in two directions. At least one contract has been issued to these specifications since early 2010, when Lockheed Martin asserted that such measures were not necessary.

The Office of Naval Research still has an active program to develop a cooling system for the decks of LHD- and LHA-class ships that will carry F-35Bs, reflecting concerns that thermal expansion and contraction and consequent buckling will cause fatigue and premature failure.

The JPO has not responded to repeated inquiries about the discrepancies between Lockheed Martin’s statements and Navy specifications. Navy engineering organizations have referred all queries to the JPO.

The Defense Acquisition Board review is required in order to renew Milestone B approval of the JSF development and low-rate initial production program—granted in 2001 but rescinded automatically after last year’s critical breach of Nunn-McCurdy cost limits. In May, the review was expected in June, but it was abruptly delayed into the fall.

Any changes in the Navy’s plans will also factor into the board’s review. Among other factors being considered is a trend among international partners to delay deliveries, driven by last year’s slip in the completion of development testing, which will have an impact on production rates, ramp-up plans and costs.

JSF test aircraft were cleared to return to flight on Aug. 18, after a two-week grounding caused by a failure in the integrated power pack (IPP). Production aircraft, including two at Eglin AFB, Fla., and F-35s being prepared for delivery at Fort Worth, remain grounded and restricted from engine and IPP runs.

-aviationweek.com

-wikipedia.org

LM gets $13 million contract to modify F-35

Oct 11

JobelleNews , 1 Comment

Share3

Lockheed Martin has received a $13 million contract to incorporate a shipborne rolling vertical landing (SRVL) capability with the short take-off and vertical landing F-35B, with the work to be performed on behalf of the UK.

The US Navy announced details of the Joint Strike Fighter award on 6 October, just two weeks before the UK’s coalition government will disclose the details of its Strategic Defence and Security Review (SDSR) process. This has assessed the nation’s long-term military requirements, including major equipment acquisitions such as the F-35 and two future aircraft carriers.

Developed by the UK, the SRVL technique will enable the F-35B to return to an aircraft carrier’s deck carrying more weapons or fuel than possible when making a vertical landing.

Qinetiq has supported previous development work, including the use of its VAAC Harrier demonstrator aboard the Royal Navy aircraft carrier HMS Illustrious.

A research simulator installed at the UK Ministry of Defence’s Boscombe Down site in Wiltshire has also been used to model the SRVL performance of the F-35B with the UK’s 65,000t Queen Elizabeth-class future aircraft carrier design.

The US Marine Corps has also shown interest in potentially using the SRVL technique with its own F-35B fleet.


– flightglobal

F-35B ‘Rephasing’ Possible According to Lockheed CEO

Sep 12

TynibelleAir Force, Marine Corps, News , , , , , , 3 Comments

Share14

Lockheed Martin continues to struggle with some parts reliability issues affecting the Harrier replacement so short-takeoff-and-vertical-landing (Stovl) F-35 testing will force slippage in the 2012 in-service date for the U.S. Marine Corps.

Tom Burbage, Lockheed Martin executive vice president for F-35 program integration, states that 251 Stovl flights are expected by the end of this year. And at the end of August, 122 were executed of 153 that should have been conducted by that time. “Where we are short is in some specific testing, mostly in Stovl vertical landing unique test points,” said Burbage.

During a teleconference this month with investors, Lockheed Martin CEO Robert Stevens to acknowledge a potential “re-phasing” for the Stovl flight-test plan. Acknowledging the restructuring to the program announced this year, Stevens adds that “the early corrective actions . . . are showing some beneficial outcomes [but] my sense is that it is not going to be enough.” The multinational Joint Strike Fighter will eventually comprise the lion’s share of the company’s profits.

The Marine Corps, however, stands by its plans to declare initial operational capability (IOC) with a Block II F-35 in 2012. The U.S. Air Force and Navy are expecting to declare their aircraft operational in 2016.

However, further delays in Stovl testing could have a dangerous ripple effect on the program. There is little margin to ensure that enough of the flight-testing envelope and software work will be ready to allow pilots to begin training in time for a 2012 IOC. Officials at the training center at Eglin Air Force Base, Florida, say they expect their first Block II aircraft to arrive in spring 2012.

Much of this ongoing delay is a result of parts reliability problems for BF-01, the only Stovl test aircraft instrumented to conduct vertical landing trials. BF-01 is needed to clear the envelope for vertical landing, after which other Stovl aircraft can contribute to more flight testing. Five vertical landings were executed in August. Ten have been done since the first one in March. Also, last month 26 Stovl flights were conducted, the most in any month to date, Burbage says.

F-35B Thrust Vectoring Nozzle and Lift Fan

About 80% of the parts on the aircraft have completed qualification requirements. Of those, 100% passed for safety-of-flight; half were deemed suitable for the life of the aircraft. The remainder must be redesigned.

Burbage says the target-sortie-generation rate for each test aircraft is 13 flights per month. Last month, each aircraft averaged six.

While each parts supplier is responsible for designing parts to withstand the stresses of vertical flight for the life of the aircraft, it is the prime contractor’s responsibility to ensure that the aircraft as a whole meets its requirements. There are “some parts that just fail when you get them on the aircraft until you understand the root cause,” Burbage says, noting that experts are still characterizing the thermal and acoustic environment for these specific items during vertical landings.

Meanwhile, government officials are conducting a thorough independent technical baseline review for the entire program, which includes the conventional-takeoff-and-landing and carrier variant aircraft. This is due to the Pentagon’s Defense Acquisition Board in November.

Burbage says it is likely to include alternate paths for the program depending upon varying levels of funding. Government officials are also building the first cost estimate for the aircraft, including the operating price.

Of 394 flights planned for the three variants for the year, 233 had been flown by the end of August. Burbage says 2,361 test points were complete by that time; a total of 3,772 are expected by the end of the year.

As a result of the restructuring earlier this year, Lockheed Martin is required to stand up an additional facility for testing software to ensure this portion of the F-35 program stays on schedule. Burbage says the equipment for this laboratory will be delivered in mid 2011 and be ready to conduct testing by fourth-quarter 2011.

-aviationweek.com

-wikipedia.org

Israel set to build wings for some 800 F-35s

Aug 31

JobelleAir Force, News , , , , No Comments

Share9

Israel is in negotiation to build the wings for the United States’s new F-35 stealth fighter aircraft, an Israeli official said on Monday.

An Israeli official who declined to be named said state-owned Israel Aerospace Industries would build the wings for Lockheed Martin’s 3,200 F-35s costing about $96 million each.

“We are in advanced talks for the IAI to produce around 800 sets of wings,” he told Reuters.

Lockheed Martin declined to comment on the details of a possible deal involving the aircraft, also known as the Joint Strike Fighter (JSF).

Earlier this month Israeli Defense Minister Ehud Barak approved in principle the purchase of 20 of the radar-evading fighters, in a deal worth $2.75 billion.

Israel would be the first foreign country to sign an agreement to buy the F-35 outside the eight international partners that have helped to develop the plane.

Israeli and U.S. officials with knowledge of the deal said Israel has an option to buy a further 55 aircraft.

“Israel possibly will end up building a significant portion of the F-35,” said one U.S. official familiar with the deal.

An Israeli official said reciprocal purchase deals worth $4 billion had been secured for Israeli companies for their participation in the plane’s manufacture and might be increased to $5 billion although it would be conditional on Israel exercising its option to buy the additional 55 planes.

The F-35 is designed to avoid detection by radar and could play a role in any Israeli effort to knock out what it regards as the threat to its existence posed by Iran’s nuclear program. Tehran denies Western and Israeli allegations that it is trying to produce atomic weapons.

Reuters

from weasel1962 http://militarynuts.com/index.php?showtopic=8&st=1545

Calculating range circles for the F-35A based on the same data (w and w/o 2x external tanks) using google maps.

Thursday, December 22, 2011

Over-hyping the Japan F-35 decision

Many news sources are over-hyping the Japan F-35 decision. Copy…paste…publish.While thisis one of the better examples, a lot of the unnamed Defence source quotes in the beginning of the piece have little merit.For instance, Japan fields a fighter aircraft different than anyone else.The Joint Strike Fighter partner nations were supposed to be good for over 700 F-35s. This has not happened because of huge technical delay and various governments not handing over money at an earlier date.That includes Australia.

The idea that Australia will hand over the money in 2012 for 14 F-35s is not a done deal. Defence Minister Smith is not happy with the program. He very well could recommend pointing that money at Nelson v2 for more Super Hornets.

Japan is both dumb and smart. Dumb in picking a virtual fighter aircraft with severe problems. Smart in being independent enough to never get involved in something like the Joint Strike Fighter Partner Nation Ponzi Scheme.

Because Japan is an FMS deal with strong home-political considerations–along with having some existing home aerospace industry–they will get more value out of the home workshare. Also, the potential Korean F-35 FMS deal will offer better home-workshare agreements. A Korean F-35 FMS deal could look something like how KF-16s were done.

Locally, the F-16s will be designated KF-16. Under the terms of the agreement, Lockheed Fort Worth will manufacture the first 12 aircraft, the next 36 will be delivered in kit form and assembled in South Korea, whereas the last 72 will be built in South Korea by Samsung Aerospace. This makes South Korea the 5th country to produce the F-16, after the US, Belgium, the Netherlands and Turkey. Major subcontractors are Daewoo and Korean Air. The expertise gained in the program will be put to use in the Korean Trainer Experiment program. South Korea took delivery of the first of these (LMTAS-built) aircraft on December 2nd, 1994.

That is a lot of missing “best value” for the JSF Partner Nations holding out their hands for work.

Note: Israel is different given they receive $3B in U.S. foreign aid credits every year.

Politicians in JSF Partner Nations should be wondering why their country is getting hosed.

Each JSF Partner Nation (depending on their level of participation) gets a fee paid back to them for each F-35 FMS sale. For example, if the fee for each Japanese F-35 is $6M, the Partner Nations would get (assuming 42 jets) $252M split up between them based on their participation level. For instance, the UK is a level 1 JSF Partner and would get a higher percentage of the kick-back than anyone else. While it is not chicken feed, it isn’t much either because there is so little work being done with JSF Partner Nation home workshare because of all the missing orders thus far.

The Japan deal is helpful to JSF Partner nation’s best value industry (and U.S. industry) in the way that a half-box of band-aids are helpful to a patient with multiple arterial bleeding wounds.

The math backing up the unnamed Defence official quoted in the article is really that bad.

Over-hyping Japan’s announcement isn’t going to change the fact that there are a lot of technical hurdles to get over with the F-35. That and the original business plan–the heart of JSF affordability; concurrency–is dead.

And, the F-35 will be obsolete vs. the threat over its alleged service lifetime.

Wednesday, December 21, 2011

Big money for Caribou replacement

Defence is now infamous for getting rid of existing capability and replacing it with something that has dumbed-down logistics/support, is much more expensive and in the end isn’t a real “replacement”.Consider this readabout the Caribou “replacement” project. Both the C-295 and C-27 are good aircraft however they are not a “replacement” for the Caribou. Certainly not with the money involved.The Caribou had a lot of potential to soldier on for those who were not lazy. Performing a refurb was not impossible. See this PDF on the topic.Today, the C-295 is cheaper to procure and operate than a C-27. The C-27 is probably more survivable.The replacement could cost around $1.5 billion.

We are seeing more and more signs that this Defence bureaucracy is not responsible with tax dollars. The Caribou “replacement” is just one more example.

Tuesday, December 20, 2011

Japan picks a flying question mark

Japan has selectedthe F-35 to replace their F-4 Phantoms.Fortunately for them it is an FMS deal with offsets and work-share and not the smoke and mirrors for the unlucky stiffs that are Joint Strike Fighter Partner nations.

The package includes a final assembly and checkout (FACO) facility in Japan as well as work there to build components – potentially including the wings or center fuselage – and subcomponents. Specific details on the value of this FACO facility were not disclosed.

Production “capacity” will be available because JSF Partner Nations have not put in orders of any significant number.

Japan’s Mitsubishi Heavy Industries and IHT Corp will help with final assembly of the F-35 along with other components.

Lockheed officials declined to identify a potential contract value, but some analysts estimate it to be worth $8 billion. The contract for the first four jets, likely to be used for training, is expected in Japan’s fiscal 2012, beginning in April.

I guess Japan didn’t learn much from the F-2.

There is a lot of work to do to fix up significant problems with the F-35. It will be interesting to see how Japan deals with all of this.

And, it is unlikely the F-35 will be useful against emerging threats in the Pacific Rim over its alleged lifetime.

Maybe Japan can bring some credibility back into the F-35 program.

Others have tried, without success.

Why projects get behind

Who knows? Or, who knew?This May 2011 slide from a U.S. DOD/DOT&E brief makes for an interesting companion to the recent F-35 problems leaked to the public.

(click image to make larger)

Interesting: even in March 2011, the expectation was to start pilot training by the end of 2011. We all know how that turned out.

In a short time, the estimate of when full-rate production would start slipped 3 years.

Historically for the F-35 program, slips are now a form of routine.

Monday, December 19, 2011

Hard path ahead

How do we avoid disaster with the F-35 and not let it be cancelled with a complete halt on work? It will be difficult and maybe even impossible given that it was poor and limited thinking that got us into the tac-air disaster in the first place.I suggest the following:Stop LRIP production of the F-35. The F-35A, B and C will become X-35A, X-35B and X-35C falling into an open-ended test program that will use these airframes to learn what works and what does not over the long term.Jobs will be lost. But not as many as the outcome of the pending program failure as we see it now.Lessons learned will spill over into USAF and Navy requirements for a new Joint Strike Fighter aircraft. There will be a CV variant and a CTOL variant. No STOVL.

The requirement should include the following:

2x1000lb internal carry of weapons. The F-22 main weapons bay will be used for this design. There will be a gun on both variants. Again, the F-22 configuration with lots (compared to the F-35) of ammo. There will be a HUD and JHMCS system. There will be a bubble canopy for better rear visibility. It will have two motors on it. The same ones used in the F-18 Super Hornet. It will have an internal self-defense jammer and towed decoy. Low observable quality will be robust and maintenance friendly over ultimate-stealth.

The end joint strike fighter could be a mixed vendor deal where Boeing and LM work together. Any foreign sales will be traditional FMS. It will not be an ultimate fighter but a good strike fighter that should work well with the F-22.

F-22 production will be started up. This could take a few years just to get the supply chain restarted. This means that refurbs on old fighter aircraft continue.

F-22A

1. Upgrade path
2. Training
3. Test
4. Long term sustainability initiatives

F-22B

– US and export for ABC’s (Australia, Britain, Canada).

F-22C

– Export version of B, for non-ABC’s (Israel, Japan)

F-22D

– Technology demonstrators (D-1,D-2, D-3 and so on) for a variety of F-22 initiatives: IRST, Cheek AESA, LO external storage, 2 aircrew, etc.

F-22E

1. Follow on of B from what was learned from D model

F-22F

– Follow-on of C from what was learned from D model

All of this will be very hard to do to pick up the pieces left from a raft of poor air power leadership since the end of the Cold War. However, it beats the alternative of faith-based insanity sponsored by the failed F-35 team.

Sunday, December 18, 2011

Yes Canada, there is no $65M F-35

Like a time warp, silly arguments from Canada keep reappearing.Not so much analysis as copy/paste ignorance.Answered as follows. Just like last time.

Incompetence or cover-up? How did the F-35 pass CDR?

In 2007, the F-35C was the last aircraft variant to achieve the critical design review (CDR) milestone. As explained in a 2007 Lockheed Martin marketing video:

“2007 saw the completion of the critical design review for the F-35C. The completion of CDR is a sign that each F-35 variant is “mature and ready for production.”

Here are some other news items from 4 years ago.

F-35 Completes Design Review For Future Pilot Training

The Lockheed Martin F-35 Lightning II has successfully completed its Pilot Training System Critical Design Review (CDR), a significant development milestone that verifies the design maturity of the pilot training system and its subcomponents. The review, conducted by Lockheed Martin’s Simulation and Support in Orlando, included representatives from the Joint Strike Fighter Program Office, the F-35 contractor team, members of the U.S. military services and the F-35 international partner services.

F-35 Navy Version Undergoes Successful Design Review, Readies For Production

The U.S. Navy’s F-35C Lightning II carrier variant has completed its Air System Critical Design Review (CDR), a significant development milestone that verifies the design maturity of the aircraft and its associated systems. The review was conducted June 18-22 at Lockheed Martin in Fort Worth, and involved officials from Naval Air Systems Command (NAVAIR), the Joint Strike Fighter Program Office, the F-35 international-participant nations and the F-35 contractor team. Completion of the CDR is a prerequisite for the F-35C to move into Low Rate Initial Production.

“We’re pleased with the CDR results, which reinforce our confidence in the F-35C’s design,” said Dan Crowley, Lockheed Martin executive vice president and F-35 program manager. “The review highlighted the program’s development progress and the 5th generation capabilities that the carrier variant will bring to the Navy.”

“Completion of this design review is a very significant milestone — the die is now fully cast for the unique, three-variant Joint Strike Fighter program envisioned when the planning began in the late 1990s,” said JSF Program Executive Officer Brig. Gen. C.R. Davis. “This is a momentous day never seen in another acquisition program in history. The entire team should be proud of the work that got us here today.”

F-35 Navy Version Undergoes Successful Design Review, Readies For Production

Terry Harrell, Lockheed Martin director of F-35 carrier variant development, added, “We met our objectives for detailed design and performance while removing more than 200 pounds from the aircraft in the past seven months — a major accomplishment. Getting the design ready for this important milestone required tremendous teamwork among NAVAIR, the Joint Strike Fighter Program Office, Air Force Materiel Command’s Aeronautical Systems Center and the entire JSF contractor team.”

Hmmm. Then F-35C CDR needed to loose 200 pounds of weight and it was described as a “major accomplishment”. Today, weight margins on all variants are thin and some have the brass to say there is “growth room” in the design.

Given this not all-inclusive summary of F-35 problems, it is hard to believe that such formerly competent organisations such as NAVAIR and USAF AFMC aero systems and others did their homework with the F-35. Or they did and those that raised flags were ignored. Or, NAVAIR and USAF AFMC aero systems and others have been dumbed down over the years to be incompetent? Odd, when you consider it was Venlet in his old job in NAVAIR who stated O&S costs of the F-35 were going to be higher than legacy. This goes against all of the rabid F-35 marketing hype. So I will go with the theory that concerns of some of those people who raised flags in CDR were covered up.

(-click image to make larger)

The image above: One of the many things CDR missed; a serious engineering flaw of placement of the tail-hook on the jet. The F-35C recently failed all of its roll tests with the hook. This will require a complete redesign to find a suitable place on the airframe to locate the hook. Not trivial.

This is especially interesting to the U.S. Navy. The current F-35C design will not get aboard an aircraft carrier. Also bad; the UK MOD just shifted from one faulty version of the F-35 (the B STOVL) to this F-35C carrier variant. What qualified carrier aircraft will the UK put on their new and troubled aircraft carriers when they (if they) see service?

Japanese MoD Confirms Selection of F-35 Fighter Aircraft

00:49  SenjataMerah  No comments

It’s official now: the Japanese Ministry of Defence (MoD) confirmed on Tuesday that it intends to purchase F-35A Lightning II for its F-X future fighter aircraft programme. The selection of the US-built stealth aircraft had been anticipated by analysts and in different press reports that aired in November and earlier this month, mainly due to the close ties between Japan and the United States.

Japan’s decision adds a new country to the long list of partners and potential customers for this aircraft, which has been through tough times due to development setbacks, delays and political pressure. The programme has been joined by nine partner nations, comprising the United States, the United Kingdom, Italy, the Netherlands, Turkey, Canada, Australia, Denmark and Norway. In addition, Israel selected the F-35A in October 2012 as the Israeli Air Force’s (IAF) next generation fighter aircraft.

Lockheed Martin can now anticipate the signing of a purchase contract worth an estimated $4.7 billion. In an official statement on the formal decision, the Japanese cabinet confirmed: “The government shall acquire 42 units of the F-35A after fiscal 2012 in order to replenish and to modernise the current fleet of fighters held by the Air Self-Defense Force.”

According to Lockheed Martin, the initial contract will be for four jets in Japan Fiscal Year 2012, which begins 1 April 2012. Japan’s Defence Minister Yasuo Ichikawa told AFP that he is confident that his country will receive the first fighters within the agreed schedule, stating: “We have received assurances that the delivery will be made on time.”[1]

In response to today’s announcement, Lockheed Martin Chairman and CEO Bob Stevens said: “We are honoured by the confidence the Japanese government has placed in the F-35 and our industry team to deliver this 5th generation fighter to the Japan Air Self Defense Force. This announcement begins a new chapter in our long-standing partnership with Japanese industry and builds on the strong security cooperation between the U.S. and Japan.”[2]

Prevailing over the F/A-18 Super Hornet and the Eurofighter Typhoon, which had also been considered within F-X tender, the F-35A is planned to replace the ageing fleet of 117 F-4 Phantom II, which have been in service with the Japan Air Self-Defense Force (JASDF) since 1968. According to AFP, the F-35 bid by the US government and Lockheed Martin was the most expensive of the three offers under consideration, with an estimated price tag of $US113 million per aircraft.

Ichikawa emphasised that, despite the higher costs, the F-35 was selected due to the capabilities that it provides. “It is a fighter with capacity to respond to the changing security environment,” the Defence Minister explained.

The F-35A is the conventional takeoff and landing (CTOL) configuration of the single-seat and single-engine 5th generation fighter aircraft that is designed to offer advanced stealth capabilities, in order penetrate enemy air defences unseen. In addition to the F-35A, Lockheed Martin and its principal industrial partners, Northrop Grumman and BAE Systems, develop a short take-off and vertical landing (STOVL) variant for the US Marine Corps, the Royal Air Force and Navy, and the Italian Navy (F-35B), as well as variant for carrier landings to be operated by the US Navy (F-35C). Thereby, the F-35 fighter aircraft is expected to become the backbone of the US air fleet, similar to or even to a larger extent than today’s role of the F/A-18 family of multi-role fighter aircraft.

However, due to demanding technical requirements and the programme’s complexity, it has become the most expensive weapons programme in the history of the U.S. Department of Defence (DoD) and is troubled by increasing costs and delays.

Japan’s decision comes amid an increasingly unstable security-political environment in the Far East. In addition to China’s continuous military build-up, as well as likely increase of tensions between the US and China over strategic influence in the western Pacific area, the announcement of the selection has been made one day after the news of the death of Kim Jong Il caused a great stir region. The uncertainties of the transition of power to the deceased North Korean leader’s son, Kim Jong Eun, raise fears over the possible flare-up of an armed conflict on the Korean peninsula.[3]

With the F-35 in its inventory, Japan will be able to remain an important part in the large puzzle that the United States is carefully putting together piece by piece to sustain and increase its strategic influence in the region. This includes the delivery of important military hardware to key partners such as the Philippines, South Korea, Taiwan, Singapore, Malaysia, Indonesia, India, and Australia, forming a ring of close US allies along the southern and eastern borders of China’s regional sphere of influence.

Posted in: ,
You might also like:
Defending The Homeland – The Future Of Japan’s And Taiwan’s …
Japan Would Seek a Fighter US
Mitsubishi ATD-X ShinShin a Japanese Stealth Fighter
Russian Missile-gun AD System will be required near-zone in …

Re: @Orko, SSIK when?

December 8 2011, 11:22 PM 
[linked image]
SU-30mk rocks and makes F-35 suck its dick.Su30 is superior to F-35 in every category except RCS and AESA radar. In a dogfight I pick the F-16 over the F-35 due to its higher kinematic energy and superior sustained turn rate. the F16 can turn inside the F-35 every time.The F35 isnt a true stealth fighter having a RCS 100 times greater than the F22 and 40 times greater than the T-50Try to compare 30 F-35 vs 30 EF-2000…

——

You can not compare F-35 with even F-16 block 60 with current situations.

And EF-2000 is 4.5th generation fighter.
TuAF is also going to have source codes by Eurofighter GmbH.

Without codes there will not be difference between Turkish Airlines and Turkish Air Forces.

http://www.sabah.com.tr/Dunya/2011/05/31/avrupadan-eurofighter-acilimi [linked image]
————————————————————————————————————

k

カテゴリー: ストロンチウム汚染 strontium 90, NEWS | コメントをどうぞ

防災用品

y

https://i2.wp.com/www.emergencyfoodsupplynews.com/wp-content/uploads/2010/11/1289458818-98.gifhttps://i0.wp.com/disastersurvivaltools.com/wp-content/uploads/2011/08/Floundering-sail-boat.jpg https://i1.wp.com/webshop.montbell.jp/common/system/user/infomation/images/detailimg_02_0049_028.jpg http://www.k3.dion.ne.jp/~bona/LOVELOG_IMG/2009aug18.jpg

万が一に備えて非常食

非常食はあまり使用したくないものですが、道に迷い、下山予定を過ぎても下山できないといった緊急用の食料ですから、少量でカロリー、栄養素を豊富に含んだものをそろえるようにしましょう。 もちろん保存のきくものでなければいけません。 昔は梅干しとかつおぶしを持参しましたが、今ではチョコレート、クッキー、乾燥イモ、干ブドウなどが手ごろでしょう。 固型のカロリーメイトのようなものも便利です。 非常食はあくまで非常用ですが、いつでも新しいものに取り替えておくことを忘れないでください。 いざというときに食べられないというのでは困ります。 choco.jpg http://machikawaco.files.wordpress.com/2011/08/72hour_food.jpg?w=300

非常食セット画像 非常食セット
 商品番号
88210
 内容
大型カンパン(115g) …9包、缶入カンパン100g …5缶 非常用飲料水(340ml) …5缶、ハチミツ缶(110g) …2缶
 ケースサイズ
255×250×210mm
 ケース重量
5.2kg
 保存期間
5年間
 通販価格
4,515円

忘れちゃいけない、行動食と非常食

補給の目的を的確に!
日帰り山行はもちろん、夕食と朝食、そして昼の弁当を山小屋で用意してもらう場合でも、非常食は必ず用意するようにしよう。 登山では朝、昼、夕の3食以外にも、糖分・炭水化物などの栄養をこまめに補給することでバテの防止となるからだ。 行動食は、ハイカロリーで、体への吸収性が高く、軽くて保存性が利くものを選ぶこと。 また、疲れているときに食べるものなので、食べやすいものを選ぶというのも大切なポイントだ。 また、大量の汗をかくので塩分の補給も必要となる。 これらの条件を全て満たしているものの代表が、日本の伝統的携行食・おにぎり(海苔は消化に悪いの)だ。

行動食と非常食 ※おすすめ行動食は、おむすび、バナナ、ウィダーエネルギーバーがおすすめ。

非常食は予備の行動食と考えてもよいが、火や食器がなくても、水でふやかすだけで食べることができるものが安心だ。 そのほか、ビスケットや飴など、自分の好きなものを持って行こう。

行動食と非常食 ※讃岐名物の中から行動食を選べば、仲間達との交流も深まるはず…。 三友堂「菓子弁当(525)」がおすすめ。 行動食と非常食 ※水とバーナー、コッフェルさえあれば、楽しい食事タイムが誕生。

アルファ米などのドライフーズは軽くておすすめ。 きなこ餅も水だけでOKだ。 おなじみのレトルト食品やインスタント食品も便利、コーヒー、紅茶などの飲み物もあると嬉しい。

シチューとごはんのセット【山弁】【保存食・携帯食・登山食】 シチューとごはんのセット【山弁】【保存食・携帯食・登山食】
ハイキングの食事の新常識! 水も火も電気も不要だから便利! 素敵な景色を見ながらアツアツごはん!シチューとごはんのセット 【山弁】 【保存食・携帯食・登山食】
商品番号 yamaben-s
メーカー希望小売価格 オープン価格
特別価格 913円 (税込) 送料別

11/08/19(金)18:18:34 No.69778484

じゃあ 登山食とか行動食って何持っていくのがいいのよ?

11/08/19(金)18:18:54 No.69778535

ビーフジャーキー

11/08/19(金)18:19:27 No.69778616

カンパンと米とソーセージだな俺は

11/08/19(金)18:20:30 No.69778752

スニッカーズ

11/08/19(金)18:22:23 No.69779033

>スニッカーズ あれは駄目だった 歯にくっついて水を消費してしまう 夏場は袋のなかで溶けてるし 逆にm&mみたいなコーティングされたチョコは良かった

11/08/19(金)18:20:51 No.69778802

パスタは登山食としては結構メジャー 登山食というか携行食系の商品が出てるから

11/08/19(金)18:23:16 No.69779150

登山には棒ラーメンだと聞いたが

11/08/19(金)18:25:01 No.69779408

高カロリーなあずき羊羹

11/08/19(金)18:25:24 No.69779450

登山じゃないけど 鞄の中にはいつもかりんとう入れてる カロリーあって営業職や街歩きが趣味ならおすすめ

11/08/19(金)18:25:49 No.69779518

柿ピー

11/08/19(金)18:26:44 No.69779665

干しぶどう

11/08/19(金)18:27:19 No.69779743

行動食だとカロリーメイト、ベビーチーズ 昼飯だと食パンにマーガリンとレタスとハムのせて食ったり 夜は好きに食べるが何かのゆで汁はお茶として全消費するのが鉄の掟だったので まぁいろいろ知恵を絞るわけです

11/08/19(金)18:28:41 No.69779922

学生時代一度登山やって それから常に柿ピーとドライフルーツ持ち歩いてる 歩いてる時疲れたらこれ食うだけで違うよ セブ ドライマンゴー 200g

11/08/19(金)18:29:55 No.69780106

甘納豆が基本と小耳に挟んだのだが

11/08/19(金)18:30:03 No.69780130

ピーナッツ類はカロリー高いから行動食むけだわな

11/08/19(金)18:30:25 No.69780173

コンビーフ

11/08/19(金)18:31:17 No.69780287

登山でもキャンプでもなんでもいいんだが 夜に野外で食うなら ランチョンミートかコンビーフだろ モソモソ食うとまずくても美味く感じる

11/08/19(金)18:32:48 No.69780494

>ランチョンミートかコンビーフだろ >モソモソ食うとまずくても美味く感じる なにかわかるような気がする 労働飯みたいなもんか

11/08/19(金)18:37:20 No.69781100

街中をカメラ持って歩く俺はチョコぐらいでちょうどいい

11/08/19(金)18:39:12 No.69781371

>街中をカメラ持って歩く俺はチョコぐらいでちょうどいい 熱中症対策に干し梅のお菓子持ってくといいよ

11/08/19(金)18:40:37 No.69781558

登山食って保存食にも応用できるから その延長で考えると色々出てくるな

11/08/19(金)19:01:57 No.69784600

やっぱり干し梅とドライフルーツ

11/08/19(金)19:11:13 No.69785880

行動食 非常食 携帯食 主食 微妙に違いがわからない

11/08/19(金)19:09:46 No.69785685

M&Mと小粒のビスケットとドライフルーツ混ぜて 筒状の入れ物に入れてざらざら食ってる俺

11/08/19(金)18:34:35 No.69780739かりんとう ドライフルーツ ようかん ピーナッツやクルミ うぐいす豆 行動食はこれ 夜や昼は仲間の好みに合わせてる

ハイキング/トレッキング(知識と準備編)
野山歩きの元気をつくる・行動食と非常食
ハイキングやトレッキングの楽しみと言えば、お弁当はもちろん、休憩時に手軽に食べられる“おやつ(携行食)”もありますね。長時間のウォーキングでの空腹は疲労のもと。携行食を上手に利用して、効率の良いエネルギー補給を行いましょう。
野山歩きに適した携行食とは?
長い距離、特に起伏のある山道を歩く時はかなりのエネルギー を消耗します。普段の食事内容だけでは、エネルギー不足になってしまうこともよくあります。そこで、不足しがちなエネルギーを歩きながら手軽に補給した り、ウォーキングの合間の短時間の休憩時間につまんだりできる携行食が必要になってくるのです。携行食を選ぶ際のポイント ・高カロリーで消化が良いものか? ・嵩張らないか? ・歩きながらでも食べられるか?また、代表的な携行食には次のようなものが挙げられます。<携行食の例> ・乾パン、水もどし餅(水を加えるだけで食べられる即席餅) ・氷砂糖、固形ハチミツ、コンデンスミルク ・栄養補助食品(カロリーメイトなど) ・チョコレート、飴 ・ビーフジャーキー ・ナッツ類 など
3つの働きを考えて疲れ知らず!
携行食の主な役割は不足しがちなエネルギーの補給ですが、食材の持つ様々な働きに着目してみると、ウォーキング時の疲労予防にも役立ちます。疲労予防にも効果的な携行食を選ぶ際は、次の3つの要素が満たされるようラインナップを考えると良いでしょう。砂糖などの即効性のあるエネルギー源で疲労予防 からだを動かす時のエネルギー源として即効性があるのは、砂糖や果糖などの糖質です。砂糖を多く含む飴やチョコレート、果糖を多く含むフルーツ類(バナナなど)がオススメ!クエン酸などの有機酸で疲労回復を助ける 酸っぱい食品に含まれる有機酸は、体内に溜まった疲労物質の排出を助け、疲労回復を促します。乾燥梅干しや酢昆布などがオススメ!ポリフェノールなどの抗酸化物質で活性酸素の発生を防ぐ アウトドアでは紫外線を多く浴びます。紫外線を浴びたり、疲労がたまったりすると体内では老化を促進させる活性酸素が発生しやすくなります。この活性酸素が増えるのを抑制するのが抗酸化物質です。ドライフルーツやナッツ類、あんこのお菓子などがオススメ!
行動食と非常食を用意しておくと安心
いろいろな携行食を挙げてきましたが、野山歩きではこれらの携行食は「行動食」と「非常食」と2つに分けて、ビニール袋などに入れて区別して持ち歩くようにしましょう。そして、実際の歩行中に食べるのは「行動食」の袋に入れたものだけにします。非常食とは、山などで道に迷ってしまった時や遭難してしまった時など、予定よりも下山に時間がかかってしまった場合の万一の状況に備えておくもの。そのため、通常は何事もなければ、そのまま持ち帰るようにしてください。携行食を2つに分ける際、どちらも中身は同じもので構いません。しかし、非常食の役割を考えると、保存がきいて糖分が多く、高カロリーなチョコレートや飴、腹持ちの良い水もどし餅などを多めに入れておくと良いでしょう。

登山栄養学1シャリバテと糖質の落とし穴


【登山栄養学1 糖質】
 栄養素の中で運動の直接エネルギー源となるのがいわゆる三大栄養素=糖質、脂質、たんぱく質で、体内の代謝を円滑にするのがビタミン、ミネラル類であることは、すでに御存知のことと思う。 この三大栄養素の中で筋運動のエネルギー源になり易いのが糖質。そして糖質が無くなった時に脂質がエネルギー源として使われる。最後の最後、いわば遭難 した時などに使われるのが蛋白質である。だから登山では糖質がもっとも効率が良いとされ、また疲労時には消化機能が減退するため、脂質や蛋白質よりも糖質 を多く含む食品をとるようにと大方の本は勧めている。 極端な例だが、この糖質不足ゆえに起こるのがシャリバテ(シャリ=飯が足りずにバテること)で、登山では最も多いケースである。早立ちのために朝食を抜いたり空腹で歩き続けたことが原因で低血糖症を起こす。その結果、へろへろになって動けなくなってしまうのだ。筆者も一度黒部で経験したことがある。欅平から剱岳に登り真砂沢から黒部ダムへでるコースだが、途中台風と豪雨のせいで2日間停滞した。そのため最終日の6日目には早朝に予備食非常食を食い つくして、真砂沢から黒部ダムまで行動食もなく出ることになってしまった。歩き始めて1時間もすると猛烈な空腹に悩まされる。ダムまでのルートに崩壊箇所 が多かったため高巻きが多く、5時間以上かかってやっと黒部ダムの下にでた。 何度も襲ってくる激しい空腹感に泣き出したくなるような状態だった。ここをのぼり切るとダムの食堂で飯が食えると、最後のジグザグをのぼり始めた時であ る。とにかく足が前に出ないのだ。あれ?あれ?と思う間もなくふらついてしまい、3歩進むとヨロヨロと2歩下がってしまう状態。自分の足が10cmづつぐ らいしか前に出ないし、どうってことのない砂利路によろけてしまう。食料を食い尽くし、ザックは軽くなっているのにどーしてなんだ。まるで気分は風呂での ぼせたような感じである。相方も「水だけだと目がちらちらする。足に力が入らん」と言い、足が左右にもつれはじめている。貧血一歩手前の状態だ。10分程 度の距離を登るのに30分以上かかったような気がする。 なんとか上の展望台にたどり着き、缶ジュースをがぶ飲みして天麩羅蕎麦をかっこんだとたん二人ともケロリと直ってしまった。トンネル内に停車していたバスに向かって走りだせるほど元気が戻っている。先ほどの夢遊病状態がうそのようである。この事例の場合、明らかなガス欠状態である。4日以上の幕営行ともなると軽量化のため食料もインスタント中心となり、加えて停滞すればどんどん粗食に なってしまうので、どうしても食事が不足気味になる。その状態でろくに食わずに行動したのだからシャリバテや低血糖症も当然の成りゆきだったのだ。ちなみ に、初心者が1日め2日目あたりで動けなくなるというパターンは、シャリバテというより体力不足が原因。 低血糖症の影響は筋運動だけではない。大脳のエネルギー源も血糖(グルコース)なのである。したがって糖が欠乏すると、大脳の働きも悪くなり、筋肉のコ ントロールができないばかりか、バランス失調、注意力散漫、判断力や視力の低下さえひき起してしまう。そのため糖質は運動には欠かせないといえる。実際、 山行前に筋肉中にたくわえていた糖質(筋グリコーゲン)は3、4時間もするとなくなるといわれている。だから行動中にも糖質は必要なのだ。一時的な低血糖 症は飴玉をなめれば回復するので、腹がへってイライラまたは思考が鈍くなるまえに行動食や甘いものをとることが大事である。それなら砂糖が一番効率いいじゃないかと思われるかも知れない。たしかに砂糖(ブドウ糖・果糖)はカロリー以外の栄養素は0で、食物というより薬に近い。とくに血糖値をあげるうえでは速効性がある。 ところが一方でこんな話がある。ある男が遭難した。氷砂糖が一袋だけ残っていたので、のどの乾きや空腹を氷砂糖で癒していたが、五日目に発見された時は目もろくに見えない半死半生の状態だった。ビタミン欠乏症やその他の栄養失調だったという。つまり、砂糖は消化する時に多量のビタミンやミネラルを消耗するので、砂糖ばかり取っていると数日で体中のビタミンやミネラルを使い果たし、脂肪やたんぱく質を使わずに死んでしまうらしい。 同様な話では「悪魔の飽食」で悪名高き七三一部隊の飢餓実験がある。マルタ(実験用捕虜)に水だけを与えた場合60~70日生き延びる。しかし水を絶ち パンばかり与えた場合、五日めには例外なく脱水状態によるむくみがでて、一週間程度で口から血を吐いて死んだといわれている。まさに人はパンのみに生きる にあらず。 点滴に代表されるように、ブドウ糖は摂取した糖がすぐさまエネルギーとなり、筋グリコーゲンの消耗を抑えるうえでは効果的。しかし、あまりにも燃え易い ために取り過ぎると余分に筋グリコーゲンまで消耗させる。激しいスポーツでは行動の1時間前にとりすぎるとかえって低血糖症を呼ぶとまでいわれている。つ まり焚き火に着火するのににガソリンをぶっかけて燃やすような状態に等しいとのこと。過ぎたるは及ばざるがごとし。かといって米やイモなどの炭水化物は消 化・吸収に2時間はかかる。そもそも、この糖質を含む食品(糖類や炭水化物=穀物)で全カロリーを補おうとすると、量を多くとらねばならず、食料の軽量化に逆行する。先述した1日 のエネルギー消費量3000kcalを白飯に換算するとなんと12~13杯分になってしまう。登山に持ち込む量と利便性を考えるならば、結局は使い果たし た基礎代謝分の糖質(普段食べている量)にプラスアルファする程度を補うのが目安か。不必要に取り過ぎないためにも効率良く糖質をえらんで摂取し、脂質そ の他をバランス良く献立に取り入れることが必要といえる。

|CONTENTSに戻る |登山栄養学2/脂質| |登山栄養学3/蛋白質・ビタミン・カルシウム|

登山栄養学3蛋白質・ビタミン・カルシウム


【登山栄養学3 蛋白質】
 これまでに、糖質と脂質が登山エネルギーとして効率的であることを述べてきた。それなら蛋白質はさほど重要でないように思わ れるかも知れない。ところがですよ、そもそも人間の体と言うものを考えていただきたい。私達の体の約60%は水分で、その残りの半分は蛋白質で占められて いる。この蛋白質を構成しているのがアミノ酸で、登山の時に酷使する筋肉・骨・血液・腱・じん帯・軟骨などの大部分はアミノ酸が形を作っているのです。いわば蛋白質は運動に必要なハードウェアの部分なのである。 筋肉を酷使する運動では、筋繊維が何百、何千本と切れてしまう。このままの状態で歩いていると、足の踏ん張りがきかない、足が上がらなくなって引き摺る なんてことになる。このときアミノ酸が体内に豊富にあると、筋繊維は以前の2割増しの強さでつながり、筋肉が太くなっていく。運動をすればするほど筋肉が つくのはこのため。筋肉が太くなれば切れにくくなるし、血液量も増す。結果、疲労物質の乳酸も貯まりにくくなるのである。 そういう点では糖質や脂質が即戦力エネルギーであるのに対し、蛋白質は後方補給部隊といったエネルギーかも知れない。一日二日の山行なら下山後ゆっくり 回復を待つこともできるが、長期間の山行ともなるとやはり見過ごせない問題である。特に途中に「大下り」などの長い下降ルートがある場合などは一気に沢山 の筋繊維が切れてしまう。寝ている間にもできるだけ筋繊維を修復しダメージを回復するためにも、やはり多少は取る必要があるだろう。 実際問題として、糖質に比べ蛋白質は消化・吸収に手間取る。疲れて消化機能が減退してくると、なおさら胃に負担がかかってしまう。したがって、長い山行 の場合は山行の前半や元気なうちにチーズや肉類をとってゆくのが望ましく、そして毎日ぐっすり寝て蛋白質を再合成してやりたい。 もう一つ。蛋白質には、食事に伴ってエネルギー代謝が数時間にわたって持続するという特異動的作用が、他の栄養素より大きいという特徴を持つ。わかりやすく言えば、食事を取ると体が暖かく感じ、それが糖質や脂質より長時間続くという作用。このため、蛋白質は寒さに対抗する栄養素ということもできる。ゆえに蛋白質やカロリーの高い脂質は耐寒食といえるだろう。 なお、アミノ酸による筋修復については、別項にて「アミノバイタル」に触れている。
【ビタミン】
 昨今の健康ブームでビタミン剤は大人だけじゃなく子供にまで愛用されている。しかし、誰でもビタミンをとれば元気ハツラツ!健康になれる!という思い込みもあるんじゃないでしょうか。 たしかに、ビタミンは五大栄養素のひとつだし、体内で合成されないので食物から摂取しなくてはならない。さらに厚生省による所要量まで決められている し、「一種類が欠けても、体の調子が狂う」なんて言われると、なにがなんでもビタミン剤を飲まなくてはいけないような気になってくる。 しかし実際には日常生活できちんとした食生活をとっていれば、ビタミン不足にはならない。1990年代に厚生省が実施した国民栄養調査の結果によると、平均値で見る限り、一般人はビタミンの所要量を1.2倍~2.5倍も 多くとっているらしい。普段、偏食気味や栄養バランスが悪くてビタミン剤に頼っている人は、山に入る以前に食生活を見直した方が良いね。登山の本などでも ビタミン剤について触れられているが、長期山行でインスタントやFD食品が続く場合を除いては、深く考える必要はないと思う。ビタミンは本来、体調の維持 に必要なだけで、スタミナが向上するとかパワーを生みだすものではないのである。 それにビタミンは欠乏してから対処的に摂取するのが効果的。実際、別段異常がない時に事前にとっても水溶性のビタミンは蓄積できないし、すぐ小便になっ て体外に排出されてしまう。ビタミンドリンク剤を飲んだら小便が真っ黄色で薬臭さくなったという経験を持つ人もいるだろう。脂溶性のビタミンAはとりすぎ ると頭痛や吐き気、腫瘍などの副作用もある。長期山行者のためにあえてとりあげるならば、ビタミンB1。 たとえばスポーツ選手など毎日激しい運動をしている人は、一般人の10倍のビタミンB1が必要だとされている。これは糖質を燃焼するときに沢山のB1が消費されるため。B1が不足すると糖質が不完全燃焼をおこし、疲労物質もたまりやすくなる。 長期幕営山行の場合はインスタントに片寄りがちということもあるし、ストレスや運動量も大きいので、B1は多めにとるほうが望ましいようだ。ちなみにインスタントラーメンの ほとんどに、一日行動に必要な量の3~4割ぐらいのビタミンB1・B2が添加されている。日常食品では胚芽精米・玄米、豚肉・レバー、納豆・豆腐・豆類、 ゴマ、ニンニクなどに多く含まれている。山にもっていけるとすれば、強化米・ライ麦パン・オートミール、豚肉はペミカンにするかベーコン・ロースハム。他 には落花生、のり、ゴマ、乾燥ニンニク、脱脂粉乳あたりかな。ついで、寒冷対策としてビタミンE。皮膚の末梢血管を拡張する作用、つまり血行がよくなるので凍傷防止に役立つとされる。筆者のカミさん は体質的に冷え性なので、雪山には凍傷予防に服用するようだ。女性の立場から言うと、日焼け・シミ・肌荒れ、あかぎれに効果的ということもあって、美容の ためにも一石二鳥ですね。
【カルシウム】
 登山と言う激しいスポーツでは、汗をかくほどにミネラル成分が流れ出してしまう。ミネラルは鉄・ナトリウム・カルシウム・マ グネシウム・リン云々といった様々な成分の総称で、生理機能の円滑化や疲労回復の促進などの働きをするもの。このなかで注意したいのはカルシウムである。 先の国民栄養調査で、現代日本人に唯一不足していたものはカルシウムだったのだ。骨粗ショウ症が問題化するのもうなずける。人の体液に含まれるカルシウムは常に一定に保たれている。しかし、食事からの摂取量が不足したり、スポーツで汗を流していると、骨からカルシウムを補充する。これが骨のカルシウム量の減少、骨密度低下を招くのである。 中高年登山者で、登山歴が長く永年鍛えているはずなのに、簡単に骨折したとか骨粗ショウ症だったという話は意外に多い。これは文字どおり骨を削りながら運動してきたといっても過言ではないのだ。残念なことに骨量は、20代に身体の成長が止まった時から増えなくなり、あとは減少の一途をたどることとなる。したがって登山をする人ほど、骨量の減少を最少にするため継続してカルシウムを補給することが重要だ。 子供の頃毎日飲んだ牛乳も、大人になって未だに毎日飲み続けている人は少ないと思う。また、食事の欧米化で肉などの蛋白質過多はあっても、小魚などは食べなくなってきた。登山者ほど、普段の生活で毎日乳製品や小魚をきっちりとるように心掛けたい。

|CONTENTSに戻る| |登山栄養学1/糖質 |登山栄養学2/脂質|

食山人ノート4行動食ア・ラ・カルト 飴・キャンデー類 揚げセン類 チョコレート類 クッキー・ビスケット類 ナッツ類 ツマミ系食物・チーズ類 ドライフルーツ類 あずき系食物類 サプリメント類


【行動食ア・ラ・カルト】
 登山関係の本などで様々な行動食が紹介されているが、個人の好みによってその内容はどんどん変化してゆくと思う。ここでは筆 者の経験を中心に現状の行動食を分類し、お勧め品やそれぞれの使用感について述べるが、清貧登山をめざす筆者ゆえに低予算で質素な傾向があるかも知れな い。 極論ではあるが、そもそも行動食は、登山効率のために考えられた貧しい食事というのが本質である。 筆者の行動食の中身で、過去も現在も必ず持参し、定番となっているのは飴類と揚げセン類である。あとは基本的に特価品・セール品として手に入り易いもの 優先に購入し、日程や計画によって種類を増やして行く形だ。また、一食単位に分けて袋詰めするために、できるだけ一個または二枚入などの個別包装になって いるものを選んでいる。
【飴・キャンデー類】 飴類は、経験上ノド飴系が多い。スースー爽やかなタイプである。また別に一袋に何種類ものフルーツ味が入っているものも選ぶ。結果、ノド飴フルーツ飴の二袋が基本構成だ。最近はフルーツのど飴なんてのも出ているので短い日程の時はこれで間に合わせている。 また、フルーツ飴のほとんどにビタミンCやE、あるいはクエン酸まで添加されているので、食品表示をみながら気に入ったものを選ぶ。ベタベタ甘ったるい ものや刺激の強い甘味料のものは、舌の表面が荒れやすいような気がするので、できるだけマイルドな味のものの方がおすすめ。マシュマロ:ゼラチン・卵白・砂糖でできたマイルドなお菓子。たまに行動食に加えることがある。最近は中身にジャムやチョコレートを内蔵 したものがあるが、筆者はプレーンな奴が気に入っている。これはコーヒーに落とすとウィンナーコーヒーになるから。紅茶やココアにも良く融けて合います。カリカリ梅(梅しば):ノスタルジックな駄菓子的商品。梅の半加工品で、着色・味付けして個別包装したもの。クエン酸が豊富なので疲れた 時や飴に飽きた時にしゃぶっている。筋肉痛解消の精神的効果を与える存在だ。果肉をけずって白粥に入れても可。同様にお茶に入れてもよし。焼酎を山に持ち 込んだ時は、梅チューになった。
【揚げセン類】 イチオシなのは、おやつの帝王「歌舞伎揚げ」。油で揚げてあるので脂質・糖質エネルギーの決定版になっている。味も甘辛さが飽きずによい。色んなメーカーで類似品があるが、やはり天野屋の製品が甘からず辛からず程よいバランスだと思う。次いで筆者の定番になっているのは「ソフトサラダ」(亀田)である。同メーカーのサラダ一番より塩味ひかえめだ。歌舞伎揚げとともにソフトセンベイは、普通のせんべいより食べやすい。ザックの中で壊れやすそうだが、パッキング技術でカバーしている。ソフトサラダは粉々になったら、スープや味噌汁の具にしてしまえる利点がある。 このロングセラーの二つは、近所でよく2袋特価で売られているので購入しやすいというのも定番理由の一つである。
【チョコレート類】 近年では、チョコレート単体で持参することがなくなった。板チョコは融けた時の食べにくさはワースト1になるんじゃなかろうか。銀紙を噛んだ時の感触は最悪だよね。 融けにくいコーティング処方のアーモンドチョコレートも、ナッツが入っていることで登山食向きだが、箱入というのが気に入らない。 個別包装の製品を追求して行くと、大袋入のキットカット・ミニ(ネスレ)が定番になってきた。これはスナック内蔵なので、ビスケット兼用食である。以前、マクビティ・チョコビスケットを持参したが、一袋4枚入が融けて全部くっついてしまった。暑さで融けるのは仕方がないが、キットカットの方が2本づつ小袋に入っているのでいくぶん食べやすい。 他、「チョコっとひまわり」という商品についてはナッツ類で後述。
【クッキー・ビスケット類】 筆者は全掲の揚げセン2種を定番としているし、甘いものは飴類とチョコ兼用ビスケットで間に合わせる傾向にある。そのためこれらを携行する比重は少な い。また、サブレやビスケットは概して個別包装が少なく、持ち運びに難がある。基本的には安売りしているものだけ購入するので、そのつど商品が変わってし まう。一時期気に入っていたのは「ハーベスト・セサミ」(東ハト)で、これはゴマいりサブレである。ゴマのビタミン価については別項参照。甘い だけではなくわずかな塩味を含んでいる。最近見なくなったが、これの紅茶味がパーティー内でも評判が良かった。ただし、薄いサブレなので粉々になりやすい のが難点。他にはココア味(チョコレート味?)があった。ハーベスト・セサミは5枚単位の個別包装だったと思う。東ハト・オールレーズンは、干しぶどうクッキーである。昔は干しぶどうだけを一袋持参することもあったが、干しぶどうだけ食べていると飽 きるんですよ。それに重い。レーズン・チョコも同様で意外と一袋が重い。オールレーズンはそんな思いを解消してくれるクッキー兼用食だった。若干しんなり した口当たりも、登山食に変化があって良い。しかし、個別包装していないから一袋を分けにくいんだよなあ。個別包装品かつ大袋入で良く目にするのは不二家のホームクッキー。一般にお勧めなのだが、食べていてボロボロこぼれやすい。その他不二家カントリー・マアムが30個入で個別包装のチョコチップ入りソフトクッキー。しんなりした食感がいいのだけれど、両者とも筆者にとってはちょっと甘過ぎるかなあ。
【ナッツ類】 同じく登山携行食としてあげられるナッツ類。アーモンド、ピーナッツ、松の実(パインシード)、ひまわりの種などが定番、しかしアーモンドやピーチョコ はあっても種類が少ないし、他はほとんど塩煎りなのでやはり飽きてしまうのが現状だった。結局最近は後述のツマミ系ミックスナッツで間に合わせる様になっ てしまっている。ところがここでとりあげる「チョコっとひまわり」(LOTTE/ロッテ電子工業株式会社)はかなり画期的な商品。ローストしたひまわりの種をチョココーティングしたものだが、溶けにくい製法でカリカリした触感。甘さひかえめで香ばしく後を引くおいしさ。甘いもの苦手の男性諸君でも大受けして、仲間に見せたらあっという間に数分で無くなってしまった。 ひまわりの種からできる油には体に良いといわれるリノール酸が70%も含まれるという。他に鉄分や食物繊維を含むので低血圧ぎみの人にはヘルシーでお勧めである。ひと袋30g入。 本来ならチョコレート類に分類すべきかもしれないが、後述の「プチフルーツ」同様めったにお目にかかれないので、いまのところ消えもの類の地位にある。
【ツマミ系食物・チーズ乳製品類】 酒を必携する筆者には欠かせない一群である。別項でも触れたがソーセージ、サラミ等の蛋白質脂質食品はほとんどツマミにとってかわり、行動食や夕食後にも食べる様にしている。逆に揚げセン行動食の残りは酒のツマミになることがほとんどだ。 スナック系では「柿の種」でん六製品のミックスパック等。前述のナッツ類や昆布、小魚のミネラルはこれらでまかなっている。そのほか揚げイカ、するめ、つまみくんせい。酒屋で調達するものが多い。乳製品であるチーズでは、雪印「さけるチーズ」(ストリングチーズ)がお気に入り。これは薫製の様に縦に裂いて食べられる。チーズ独特の臭みもなく、つまみ風でおいしい。別にビール向きのスモーク味があるがこちらは味がキツイ。プレーン味の方が行動食としてもツマミとしても適当な味だ。チーズといえば子供の頃から「雪印6pチーズ」が最も大衆的で、大学山岳部時代までたびたびお世話になった。しかし、いつもいつもこのプロセスチーズだったのでマンネリズムに陥り、社会人となってからは消えものの類いになってしまった。 そんな時に出会ったのがクラフト「小さなチーズケーキ」(クリームチーズ6p入)である。先の雪印6pと重さも携帯性も同じだが、これの プレーン味はまさにレアチーズケーキの味だ。レモン果汁入りなのでチーズ独特の臭みも抑えられている。食感もソフトで食べやすい。夏山では暑さのためかク リームチーズの水分が若干浮いてくるが問題ない。汁気があるぶんノドの乾きも潤され、酸味と甘味が行動中にフレッシュ感をもたらしてくれる。 他に苺味、ブルーベリー、シナモン味があって味に変化がつけやすい。チーズが苦手な人にもお勧めできるデザート兼用行動食である。類似商品に明治ブルガリアヨーグルトの6pチーズがある。こちらはヨーグルト添加のクリームチーズでプレーンの他に苺味とブルーベリーがある。クラフトより定価がやや安く、安売りの機会が多いが、ヨーグルトの酸味とのバランスのせいか少し甘味が強いような気がする。このあたりは個人の好みによって選択すべし。 別に同じブルガリアヨーグルトのシリーズで袋入りがあるけど、こちらはセロファンで包んであるプロセスチーズの味付き版なので間違えない様に。
【ドライフルーツ類】 登山の携行食としてドライフルーツ等がよくあげられるが、実際の所使い勝手が悪いもの多かった。代表的な干しぶどう、干しあんず、プルーンといった ウェット系はべたべたするし重い。しかも大体ひと袋一種類で、内容量についても短い山行だと飽きてしまい余りがちである。一方、ドライ系のバナナチップや フルーツチップはパリパリで乾きをいやせないし、ザックの中で粉砕してしまう。そのためここ数年はドライフルーツも消えものになっていた。ところが、そんな悩みを一気に解消してくれたのが、「プチフルーツ」(LOTTE/ロッテ電子工業株式会社)である。 まず手が汚れない。5ミリサイズカットの小粒で7種類のフルーツ入り。ベタつかないドライフルーツで、しかも歯ごたえがソフト。ケーキ用フルーツビットよりはるかに重宝です。30g入と携帯に便利な小袋入りが1日分のおやつの量としてうれしいサイズである。内容量30gあたり99.3kcal/クエン酸、ビタミンC他食物繊維入。 筆者はこれを、たまたま知り合いからタダで数袋貰い受ける機会に恵まれたのだが、1999年新発売のせいか、まだあまり店頭にならんでいない。また、 OLやコギャルをターゲットにしたミニサイズ商品と聞いているが、値段は150以上するらしく、やや割高感あり。めったに手に入らないので、行動食とし てのドライフルーツ類は消えもののままだ。残念。
【あずき系食物類】 これも消えものである。一口羊羹・塩羊羹は学生時代の定番だったし、その頃は羊羹を溶かして汁粉にしてみたものだった。キスリング内で羊羹爆発事故をお こして以来持参しなくなり、社会人になって食後のデザート的存在である缶入りゆであずきにとって変わった。甘納豆はひと袋全部食べるのに苦労したし、マメ 類の栄養素としてはおかずのひじき大豆があるので要らなくなったのだ。
【サプリメント類】 長丁場の山行に意識して行動中にとることがある。比較的よく使うものでは鉄分補給の「シーマックス・アイアン」(ちと高い)。これは水に溶かす発泡タブレットで、たまに水筒に放り込んでスポーツドリンク的に飲んだ。さらっとした微炭酸アセロラジュースといった飲み物になる。  その他のサプリメント系食物に関しては別項を参考の事。

|CONTENTSに戻る| |食山人ノート1/山での食事の取り方| |食山人ノート2/幕営の食料計画・朝食編| |食山人ノート3/幕営の食料計画・夕食編| |食山人ノート5/水分とスポーツドリンク|

最強の防寒着 その名は「モコモコ」

みなさんは、風雪吹き荒れるマイナス20度くらいの極寒の雪山の山頂で、コーヒーを飲んだり のんびり昼寝をする時は、どんな格好をしますか?
(そんなバカいね~よ!)
おそらく 多くの人は、ハードシェルの上下を着て登られると思うのです。
登山中は、基本的に暑くて汗が出ますからね
それでも寒けりゃ中にインナー用のフリースなんか着れば問題ないでしょう
で問題は、山頂に着いた後です。
極寒の中では、動きを止めたとたん一気に汗が冷たくなり寒くなります。
そこで多くの人は、ダウンジャケットを使うと思うのです。
最近のダウンジャケットは、軽量コンパクトで尚且つ暖かいです。
基本的には、インナー用とアウター用があると思うのですが、インナー用は、いちいちハードシェルを脱がないといけませんし、短時間ですが、死ぬほど寒いです。
なのでアウター用を使用するのがセオリーでないかと考えます。
巨星君は、両方持っているのですが、どちらとも酷い目に有ったことがあります。
まず インナー用ですが、何とか着替えに成功したものの 登山後のハードシェルの中は、汗でビチョビチョなわけで、せっかくのダウンが汗に濡れてしまいました。
せっかくの高品質ダウンがうまく膨れてくれませんでしたね
おまけに乾かすのに時間がかかった。
次にアウター用ですが、これは使用状況にも問題があったのですが、暴風雪の中で使用し、おまけに雪がベタ雪だったためにダウンが濡れてしまいました。
当然その後は、インナー用と同じ状況です。
基本的に巨星君は、山頂に長居したいのです。
例え それがエベレストの山頂でも コーヒーを飲み お昼寝をしたいのです。
(やったら 人類初だろう)
そんな巨星君は、探しました。
極寒の山頂でも長居出来るウェアーを
ヒントは、非常識かもしれませんが ある遭難事故でした。
記憶にある方も多いでしょうが、元F-1ドライバーの片山右京さんが、富士山で遭難した事故がありましたね
巨星君は、その事故の様子をテレビで見ていたのです。
そこで無事に救助された片山さんの映像が流れた時に偶然目にした物
片山さんの右手にぶら下がっていたダウンジャケットです。
暴風雪の富士山でも命を繋いでくれたダウンジャケット
これこそ究極ではないかと思いましたね
で早速買いに行きました。
値段はかなりしましたけどね
<モンベル ウィンドストッパー EXP ダウンジャケット>
イメージ 1
下もあるんですけど 出すのが面倒なので上だけ写しました。
こいつは上下で8万以上しました。
(しばらく カップめん生活)
これは普通のダウンジャケットとは違い モンベルがヒマラヤや南極などの極地探検用に作ったもので、その保温性と言ったら半端ないです。
表地は、雪などの付着を許さず、氷の上で匍匐前進しても問題ないくらい丈夫に出来ています。
その下には、ゴアテックスウィンドストッパーが入っていて耐風透湿性を確保し、ダウンの蒸れを抑制します。
そしてその下に高品質なダウンを「これでもか!」と言うぐらい大量に入れて、気持ち化繊を織り交ぜ膨らみを制御しています。
ダウンの入れ方は、モンベルのシュラフ技術を応用し、作られている為、完成度が高いです。
でモンベルが言うには、「これは歩くスリーピングバック」だそうです。
つまりこれを着ていれば、極寒の雪山でも寝られると言うことでしょうね
<完全に装着するとこうなる>
イメージ 2
目以外 出てるところがありません
ちなみにフードは、取り外し可能です。
下も同じような作りになっていて、サイドにジッパーが付いており、登山靴を履いたままでも装着可能です。
この辺は、ハードシェルの下と同じ作りですね
ちなみに これを真冬の下界で使用すると、サウナスーツになるので要注意です。
つまりそのくらい暖かいです。
試しに マイナス5度の風速10メートルくらいで中は裸で表に出てみましたが、
一言 「暑いです」
これをフルに使える雪山は、国内では殆ど無いでしょうね
有るとすれば、極寒の富士山か大雪山くらいかな
北アルプスでもオーバースペックかもしれません
これなら極寒の山頂で、コーヒーを飲み お昼寝をすることが可能ですが、未だ使用したことがありません(泣)
あと 名前が長ったらしくて呼びづらいので、今後これは「モコモコ」と呼ぶことにしました。
あ~ 早く来ないかな 「氷河期」
https://i1.wp.com/img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/lrg/22/22/74/lrg_22227479.jpghttps://i0.wp.com/img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/lrg/22/22/74/lrg_22227496.jpg

https://i2.wp.com/img01.ti-da.net/usr/tomytomishiro/%E9%98%B2%E7%81%BD%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA.gif https://i1.wp.com/pds.exblog.jp/pds/1/201103/14/59/e0171259_1337723.jpg https://i0.wp.com/www.kotobuki-hifuku.com/file/23/10.jpg https://i1.wp.com/www.tssp.jp/upImages/0028_02_20070911094310.jpg https://i2.wp.com/www.hotfrog.jp/Uploads/PressReleases2/%E9%98%B2%E7%81%BD%E7%94%A8%E5%93%81%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-11984_image.jpg https://i2.wp.com/image.rakuten.co.jp/jisin-bousai-goods/cabinet/sinnkencategory.jpg https://i2.wp.com/www.houwa.net/bousai-1.jpg https://i2.wp.com/www.houwa.net/ikomasamabousai1.jpg https://i0.wp.com/bousairank.up.seesaa.net/image/bousai.jpg http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/5a/a9/ura1394/folder/971099/img_971099_61674902_0?1301214592 https://i1.wp.com/www.gizmodo.jp/upload_files2/101227ascentpeakdownsuit.jpg

https://i1.wp.com/www.big-tail.com/product/img/k_ab1.jpg

https://i0.wp.com/thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/yojo/cabinet/01885679/01978500/img57089208.jpg http://www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/yil/the-expedition/weblog/images/img_78

https://i2.wp.com/pds.exblog.jp/pds/1/200610/10/05/d0073005_7122953.jpg https://i1.wp.com/www.j-desc.org/modules/tinyd2/rewrite/expeditions/r_images/329_14_1.JPG https://i1.wp.com/pds.exblog.jp/pds/1/200812/21/24/a0051924_221788.jpg

  • MIS220
    MIS220
    86,100 円
    1,291pt
    銀行振込OK
    MIS220 Neoprene Immersion Suit (アメリカ沿岸警備隊承認済) マスタングサバイバルの新しいイマーションスーツは、商業運転で使用す…
    通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
  • MIS230
    MIS230
    86,100 円
    1,291pt
    銀行振込OK
    MIS230 Neoprene Immersion Suit (アメリカ沿岸警備隊承認済) マスタングサバイバルの新しいイマーションスーツは、商業運転で使用す…
    通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
  • MJ6214 FR
    MJ6214 FR
    82,950 円
    1,244pt
    銀行振込OK
    MJ6214 FR Flame Resistant 静電気帯電防止対策済 Nomex(ⅢA) / Neoprene-backed耐火耐熱火傷から保護耐寒耐水風…
    通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
  • MIS210
    MIS210
    81,900 円
    1,228pt
    銀行振込OK
    MIS210 Neoprene Immersion Suit (アメリカ沿岸警備隊承認済) マスタングサバイバルの新しいイマーションスーツは、商業運転で使用す…
    通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
  • MP4212 FR
    MP4212 FR
    79,800 円
    1,197pt
    銀行振込OK
    MP4212 FR Flame Resistant 静電気帯電防止対策済 Nomex(ⅢA) / Neoprene-backed耐火耐熱火傷から保護耐寒耐水風…
    通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
    • MC1535 オレンジ
      MC1535 オレンジ
      68,250 円
      1,023pt
      銀行振込OK
      MC1535 Thermo-System (カナダ沿岸警備隊承認済) 防寒防水風雨を完全に遮断し、体力の消耗を防ぎます。保温絶縁水中に於ける体温の…
      通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
    • MC1535 レッド
      MC1535 レッド
      68,250 円
      1,023pt
      銀行振込OK
      MC1535 Thermo-System (カナダ沿岸警備隊承認済) 防寒防水風雨を完全に遮断し、体力の消耗を防ぎます。保温絶縁水中に於ける体温の…
      通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
    • MD1127
      MD1127
      67,200 円
      1,008pt
      銀行振込OK
      MD1127 Twin Chamber Life Jacket manual (FAA連邦航空局承認) 航空機乗務員用 PFD …
      通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
      • MC1525 レッド
        MC1525 レッド
        57,750 円
        866pt
        銀行振込OK
        MC1525 Integrity (カナダ沿岸警備隊承認済) 防寒防水風雨を完全に遮断し、体力の消耗を防ぎます。保温絶縁水中に於ける体温の維持は特…
        通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
      • MC1525 オレンジ
        MC1525 オレンジ
        57,750 円
        866pt
        銀行振込OK
        MC1525 Integrity (カナダ沿岸警備隊承認済) 防寒防水風雨を完全に遮断し、体力の消耗を防ぎます。保温絶縁水中に於ける体温の維持は特…
        通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
      • MP4225 HX オレンジ
        MP4225 HX オレンジ
        57,750 円
        866pt
        銀行振込OK
        MP4225 HX Integrity (カナダ沿岸警備隊承認済) 防寒防水風雨を完全に遮断し、体力の消耗を防ぎます。保温絶縁水中に於ける体温の維…
        通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
      • MP4225 HX ブラック
        MP4225 HX ブラック
        57,750 円
        866pt
        銀行振込OK
        MP4225 HX Integrity (カナダ沿岸警備隊承認済) 防寒防水風雨を完全に遮断し、体力の消耗を防ぎます。保温絶縁水中に於ける体温の維…
        通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
      • MP4225 HX レッド
        MP4225 HX レッド
        57,750 円
        866pt
        銀行振込OK
        MP4225 HX Integrity (カナダ沿岸警備隊承認済) 防寒防水風雨を完全に遮断し、体力の消耗を防ぎます。保温絶縁水中に於ける体温の維…
        通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
      • MJ6225 Integrity レッド
        MJ6225 Integrity レッド
        56,700 円
        850pt
        銀行振込OK
        MJ6225 Integrity (カナダ沿岸警備隊承認済) 防寒防水風雨を完全に遮断し、体力の消耗を防ぎます。保温絶縁水中に於ける体温の維持は特…
        通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
      • MJ6224 Integrity オレンジ
        MJ6224 Integrity オレンジ
        56,700 円
        850pt
        銀行振込OK
        MJ6224 Integrity (カナダ沿岸警備隊承認済) 防寒防水風雨を完全に遮断し、体力の消耗を防ぎます。保温絶縁水中に於ける体温の維持は特…
        通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
      • MJ6225 Integrity ブラック
        MJ6225 Integrity ブラック
        56,700 円
        850pt
        銀行振込OK
        MJ6225 Integrity (カナダ沿岸警備隊承認済) 防寒防水風雨を完全に遮断し、体力の消耗を防ぎます。保温絶縁水中に於ける体温の維持は特…
        通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
        • MJ6214 T1 レッド
        • MJ6214 T1 レッド
        • 53,550 円
        • 803pt
        • 銀行振込OK
        • MJ6214 T1 Reflective Tape Version (アメリカ沿岸警備隊承認済)            反射テープにより視認性を高めています。 …
        • 通販ショップ: Northern Factory | カテゴリー: ウェア (フィッシング)
        • https://i2.wp.com/gd.image-gmkt.com/mi/222/373/406373222.jpg
        •  https://i2.wp.com/ec.midori-anzen.com/img/goods/L/4061002000.jpg

        https://i1.wp.com/www.n-tokuso.co.jp/img/dw_pch.jpghttps://i0.wp.com/www.n-tokuso.co.jp/img/dw_boots.jpghttps://i2.wp.com/www.n-tokuso.co.jp/img/dw_oakley.jpghttps://i2.wp.com/www.n-tokuso.co.jp/img/dw_glv1.jpghttps://i2.wp.com/www.n-tokuso.co.jp/img/dw_pad.jpgヘッドライト コマンダー ファイヤー 10

        ヘッドライト コマンダー ファイヤー 10の製品画像です

        • ヘッドライト コマンダー ファイヤー 10の製品画像です

        ヘルメット専用ヘッドランプ。 ヘルメット専用ヘッドランプ。ストラップは耐熱シリコンストラップ。一列に10個の高輝度白色LEDを配置し、幅広い視野を確保。中央2灯のLEDはさらに高輝度タイプを使用。

      • https://i2.wp.com/gigazine.jp/img/2009/05/02/new_firefighter_helmet/mm_002.jpg
      • こども用 アルミ加工防災ずきん 耐熱、耐火のアルミ加工 子供用 ギンポー 銀鳥

そしてこれが新型。大きな眼球部分と鼻のラインがダース・べイダーっぽい。フランスのMSA社製で1つ130ポンド(約2万円)。特殊な耐熱樹脂製で摂氏1000度の熱にさらされても内部温度を35度に保つことが可能。防護面は紫外線などの強力な熱や光を防ぐため金色にコーティングされています。

横に取り付けられている黄色い棒状のものはフラッシュライト。これも摂氏300度までの耐熱性能をもっているそうです。ちなみに「ヘルメットは金属のほう が丈夫なのでは?」と思ってしまいますが、火災現場での感電事故が相次いだことで20世紀初めには廃止されていたのだそうです。 バイク用ヘルメットにデザインが似ているため、交通事故の現場などでは紛らわしいかも……という心配の声もあるそうですが、内部構造の改良により安全性が増したことで現場ではおおむね好意的に受け入れられているということです。

安全防護服

化学防護服 耐熱服
作業服 制電難燃服
感染防止衣 空気呼吸器
ボンベ エアライン
防護マスク 避難用マスク
防毒マスク 防塵マスク
飛沫・粉塵用ゴーグル 保護メガネ
耐切創用手袋 使い捨てマスク
耳せん イヤーマフ
安全ヘルメット ゴム長靴
耐熱フェイスマスク(ニット) CBM2

耐熱フェイスマスク(ニット) CBM2

商品コード 4061052403
商品名 耐熱フェイスマスク(ニット) CBM2
販売価格 6,170 (本体価格:5,876)
販売単位 1枚
入数 1枚
素材・材質 素材=コーネックス100%
ホワイト
出荷予定 7営業日以内出荷
耐熱フェイスマスク(ニット) CBM2
SPARCOスパルコUNDERWEARアンダーウェアBALACLAVA
最新鋭レース用 耐火・耐熱マスク☆X-Coolトリートメント SPARCO スパルコ UNDER WEAR アンダーウェア BALACLAVA
商品番号 BALACLAVA
価格 12,550円 (税込) 送料込
SPARCOスパルコUNDERWEARアンダーウェアBASICBALACLAVA
ベーシックな耐火・耐熱マスク☆ SPARCO スパルコ UNDER WEAR アンダーウェア BASIC BALACLAVA
商品番号 BASIC BALACLAVA
価格 7,090円 (税込) 送料別

http://t3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQehhipMHHrs_LX-GU3lOmXhtduJ3FkurXicU8H32kieRxPouqA

【防放射能マスク】イタリア製マスクSGE400/3 放射能物質対応フィルター

防放射能マスク 放射能マスク 通販 対放射能マスクイタリアの有名企業Mestel Security製のプロ仕様のガスマスクSGE400/3と
多目的で放射能物質にも対応するフィルターをセットにしました。アメリカ製のマスクやフィルターは海外販売制限があるため、個人輸入も難しいのですが、
イタリアはそういった制限がなく、正規のルートで輸入致しました。このマスクは、放射線対策だけではなく、火事や汚染された場所での作業や退避など、
様々な場面で活用できます。アスベストにも対応しています。
バルクの状態での輸入ですので、化粧箱はありませんが、写真のように、
製造メーカーからの、ビニールに入ったままの状態でお送りいたします。
フィルター: 使用期限は製造されたばかりですので、2016年4月まで有効です。 フィルターの別売りございます。1個5.250円(税込) マスクのサイズ: M~L メーカーによりますと95%の人がこのサイズで問題ないそうですので、大人ならまずサイズは問題ないと思います。
お子様或いは特別お顔の小さな方向けには、少しお時間いただければS/Mサイズを用意できますので、必要な場合は仰せ下さい。 フィルター口: 3箇所(真ん中と左・右。フィルターを両側に二つ付けることも可能)
フィルターの使用可能時間: * 化学物質 - 匂いを感じ始めたら交換時期
* 放射性ダスト - フィルターが詰まってくるので呼吸しづらくなってきたら交換時期
* アスベスト - 汚染物質が充満している環境では6時間ほどが目安
古いマスクは素材の劣化などにより密閉性が悪化する可能性があります。フィルターも性能を発揮する期限がありますので、マスクご購入の際にはぜひチェックされることをお勧めいたします。
【防放射能マスク】イタリア製マスクSGE400/3 放射能物質対応フィルター拡大 ( Size : 67 kb )

商品名 : 【防放射能マスク】イタリア製マスクSGE400/3 放射能物質対応フィルター 原産地 : イタリア 定価 : 29,400

価格 : 21,000円(税込)

次へ

ガスマスク 3M社製 6800

16500円

放射能、花粉、インフル等完璧に防ぐ最高級ガスマスク。3M最高級ガスマスク、6800ガスマスク!フィルター交換式、浄化フィルター2個付き!視野ビューワイドの最新型、放射能 対策、放射能 防護服、放射線対策!「スリーエム、セール」 韓国からの輸入品になります。 国内には未発売になりますが、 国内使用で全く問題はございません。 ご安心下さいませ。 品質の3Mの最高級、最新式のガスマスク! 前面の防毒フィルターと両サイドの浄化フィルターは 全て交換式になっており、長く使えます。 3M6800防毒マスク  箱6001濾過する資格がある2個  綿5N11濾過する資格がある2個 蓋501濾過する資格がある2個

 3M 6800
 3M 6800
重松製ケムラーIII(避難・防災用品・防煙マスク)
大きい画像を見る

緊急避難用防煙マスク/一酸化炭素から避難用に!

重松製ケムラーIII(避難・防災用品・防煙マスク)

商品コード:10036 ■災害時の煙からの避難に有効!■■日本消防設備安全センター認定品で安心!■ 定価:12,390円(税込) 販売価格:11,550円(税込)

携帯防煙マスク かぶるんです 一番怖い一酸化炭素をシャットアウト!
携帯防煙マスク かぶるんです 一番怖い一酸化炭素をシャットアウト!
アフィリエイトリンク作成
販売価格 8,190円

避難用マスク パラートC  RESPIRATOR

  • 一酸化炭素や煙はもちろん青酸ガス(シアン化水素)や硫化水素、アクロレインなどの有毒ガスからも呼吸を15分以上守ります。
  • 難燃自消性のフードが、炎や火の粉から頭部全体を守ります。
  • 曇り止め処理をした透明、広視野のバイザーにより夜間でも避難路の発見が容易です。
  • 取扱いが簡単で、素早く確実に被れます。
  • 使わなければ5年間はメンテナンスフリー、しかもフィルターだけを交換することができます。
  • EN規格の定める安全基準に適合しています。

MRE’s

https://i2.wp.com/www.nitro-pak.com/media/catalog/product/cache/1/image/9df78eab33525d08d6e5fb8d27136e95/8/2/825-1.jpghttps://i1.wp.com/www.nitro-pak.com/media/catalog/product/8/5/856-a.jpghttps://i0.wp.com/www.nitro-pak.com/media/catalog/product/8/2/826-a.jpgShow us a better price and we will match it. Try a military-grade MRE from Nitro-Pak. Our MRE selection has great variety and quality. MRE are Meals-Ready-to-Eat, freeze dried food packages from the military that provide nutrition and survival. MRE’s were traditionally used by the military as survival food that wasn’t only nutritious, but that could also be prepared without many resources. Nitro-Pak MRE’s are a great thing to have in your emergency food supply. Shop now for the right type of MRE package for you!

超長期保存サバイバルフーズ超長期保存サバイバルフーズ超長期保存サバイバルフーズ超長期保存サバイバルフーズ

超長期保存食 サバイバルフーズ2号缶フルセット【洋風えび雑炊・洋風とり雑炊・野菜シチュー・トリシチュー・クラッカー】
大きい画像を見る

全種類がセットになった超長期25年保存のサバイバルフーズ!

超長期保存食 サバイバルフーズ2号缶フルセット【洋風えび雑炊・洋風とり雑炊・野菜シチュー・トリシチュー・クラッカー】

商品コード:32600013 ※単品の販売は行っておりません。 ※この商品はメーカーからの直送になるため、土日祝日の出荷は行っておりません。 ※サイズはすべて2号缶になります。 ・洋風とり雑炊×1缶 ・洋風えび雑炊×1缶 ・野菜シチュー×1缶 ・トリシチュー×1缶 ・クラッカー×2缶 RING特価:27,300円(税込) https://i2.wp.com/modernsurvivalblog.com/wp-content/uploads/2010/10/costco-survival-food-roast-beef.jpg Costco (Kirkland) Roast Beef in a canThese 12 oz. cans are a good choice item to add with other foods in a 72 hour survival kit and are also a good item to keep in with your other longer term food storage items. The price was $2.50 per can. Some reasons why this is a good food storage item

  • It is Beef (meat – protein)
  • No refrigeration required
  • It will last years (I recently consumed the contents of an older can that I had, dated “Best By” 2 years ago. It was absolutely fine)
  • It is Fully Cooked (perfect for a survival kit)
  • Each can contains 320 calories

Monday, September 27, 2010

BEST Family Survival Kit By Far!

This is the BEST family survival kit we have come across yet.

ESPECIALLY, for those of you that are wanting to create a family preparedness plan.I will list as much as I can of what is included in this amazing emergency kit for families, and let YOU decide if it is cheaper to make your own or buy one like this.PERSONALLY, quite often, by the time you have gathered everything together to make your own family sized survival kit, you SAVE time and energy by simply BUYING one!

Here is a VERY partial list of what is all inside this kit….the list is way too long for me to copy and it’s much easier for me to just have you Click HERE ==>> Ultimate Family Kit <<== to get that. =) •No-Cooking or Preparation’ Delicious Freeze-Dried Foods (25 Year Shelf-Life) •Water Filters and Storage Barrels •Emergency Lighting •Emergency Heat & Warmth •Medic Quality First-Aid Supplies •Sanitation Supplies •PLUS Evacuation Gas Masks & Spare Filters •10 Year Storing Vitamins •Potassium Iodide (radiation nuke pills) •Our BEST Solar/Battery Powered Lantern with AM/FM/Radio •2 Executive 72 Hour Evacuation Kits for Your Vehicles •…and Much, Much More! Once again visit this page ==>> Best Family Survival Kit<<== to get yours TODAY!

AlpineAire Gourmet Freeze Dried Food Survival Food | Food Storage | Emergency Food

AlpineAire Gourmet Reserves SuperpakLong Term Food Storage Systems Scroll down to see our entire selection

SuperPak System – 2 People 1 Year The Gourmet Reserves® freeze dried food product line was developed in 1989 to address the needs for emergency preparedness. Gourmet Reserves is suited to meet the needs of individuals or organizations that desire to be self-sufficient during a situation where normal food supplies are not readily available. We use our familiar, great tasting pouch recipes as well as everyday staples that are practical and easily incorporated into the daily diet. The food systems are formulated to sustain one person for a variety of months and or years. All systems are assembled to supply both long and short-term food storage needs.

Our exclusive “just-add-water” Gourmet Supreme™ is easy to prepare with no cooking required. Items featured include, “eat-as-is” or just add hot and/or cold water for re-hydrating.

All system and individual items are packaged in #10 cans (approximately one gallon) or #21/2 cans (approximately one quart). Our cans are constructed of heavy-gauge steel with food grade enamel coating on the inside. A “state of the art” oxygen absorber is placed in each can to insure the very best shelf-life. All systems will also come with 1 plastic lid per item at no cost. When ordering individual items 2 plastic lids per case will be included at no cost.

The large selection of ready-made entrees plus convenience make this system exceptional. The SuperPak System is made for two people for one year or one person for two years. We have included “Just-Add-Water” entrees, breakfasts, soups and desserts as well as basic familiar staples to be prepared in the traditional manner.

  • The largest selection of entrees
  • Higher quality calorie level at 2,142 per day
  • The system features 56 different items
  • It has an 81 % no cook feature, with hot or cold water convenience

Reg. $7,571.08 – View Details Receive a FREE Travel Berkey w/ Purchase

http://machikawaco.files.wordpress.com/2011/08/food-storage1.jpg?w=300

← Survival Food Storage Tips

food_storage_survival_prep_pro

By Maria | Published May 4, 2011 | Full size is 1600 × 1200 pixels

Survival Food Storage Pantry

Buying Survival Food Wholesale

One of the best ways to save money as you make long term survival preparations is to buy survivaWholesale Survival Foodl food wholesale. Whether it’s freeze dried food, wheat berries, rice, beans, beef jerky, dried fruit, canned goods or MRE’s, buying in bulk lets you stretch your purchasing power to cover more items and a wider variety of foods. You can accomplish bulk survival food buying at warehouse stores, through food co-ops and online. I’ve done all three. Warehouse stores are great for acquiring large bags of white rice, salt and sugar and canned goods, as well as helpful items like matches, plastic bags, aluminum foil, and toilet paper. While prices aren’t necessarily wholesale, they are as close as you will get on some of these things short of opening a store yourself. My wheat, whole grain rice, raisins, nuts, beans and organic food items such as arrowroot powder (a thickener for gravy) come from a bulk foods co-op. There are various levels for price breaks based on quantity ordered; 50-pound increments are the best deal on organic sugar and hard white wheat berries. This Ultimate Year’s Supply of freeze-dried foodin #10 cans is the best way to get wholesale pricing on long-term storage food and can be bought online and shipped directly to you. It costs 40% less than buying the cans individually. A unit of 162 cans will feed one person for a full year all by itself, or two people for six months. Several units may be purchased to outfit your entire family for whatever amount of time you are building up to withstand.These 162 cans, made by Mountain House and Saratoga Farms, include:

  • Breakfast (18 Cans | 432 Servings):
    6 cans Scrambled Eggs
    6 cans Scrambled Eggs & Sausage Crumbles
    6 cans Granola with Blueberries & Milk
  • Lunch Entrees (36 Cans | 365 Servings): Includes a selection of these entrees:
    Beef Teriyaki
    Hearty Beef Stew
    Lasagna with Meat Sauce
    Pasta Primavera
    Noodles & Chicken
    Chicken Teryaki
    Long Grain & Wild Rice Pilaf
    Vegetable Stew with Beef
    Beef Stroganoff
    Chili Mac with Beef
    Spaghetti with Meat Sauce
    Rice & Chicken
  • Vegetables (18 Cans | 432 Servings): Selection from the following veggies:
    Super Sweet Corn
    Garden Green Peas
    Green Beans
    Asparagus
  • Dinner Entrees (36 Cans | 365 Servings): Selection from the following entrees:
    Beef Teriyaki
    Hearty Beef Stew
    Lasagna with Meat Sauce
    Pasta Primavera
    Noodles & Chicken
    Chicken Teryaki
    Long Grain & Wild Rice Pilaf
    Vegetable Stew with Beef
    Beef Stroganoff
    Chili Mac with Beef
    Spaghetti with Meat Sauce
    Rice & Chicken
  • Fruit (12 Cans | 296 Servings): Selection from the following fruits:
    Cinnamon Apple Slices
    Strawberry Slices
    Banana Slices
    Diced Apples
    Peach Slices
    Apricot Dices
    Pineapple Chunks
    Mango Chunks
    Marion Blackberries
    Whole Blueberries
    Whole Raspberries
  • Sides (6 Cans | 144 Servings):
    6 cans Instant White Rice
  • Snacks (12 Cans | 840 Servings):
    12 cans Mountain House Pilot Crackers
  • Drinks (24 Cans | 2,112 Servings):
    8 cans Saratoga Farms Instant Orange Drink Mix
    8 cans Saratoga Farms Instant Apple Drink Mix
    8 cans Saratoga Farms Instant Peach Drink Mix

To buy the year’s supply of freeze-dried food, or read more about freeze dried food options, check out the ReadyStore site. Purchasing survival food wholesale or in bulk is the best way to prepare for emergencies while stretching your dollar. Do you buy extra items for your stash while shopping for day-to-day needs? Or are you planning a one-time large bulk purchase of freeze-dried foods? I’m interested to hear your strategy for survival prep.

https://i2.wp.com/aboutrecessiondepression.com/wp-content/uploads/2010/03/Preparing-for-the-worst-survival-food-supplies-you-cant-live-without.jpghttps://i0.wp.com/j-walkblog.com/images/disasterdinner.jpg

Emergency Preparedness Supplies & More!

At The Ready Store our goal is to offer the finest emergency preparedness and survival supplies available anywhere. Our purchasing power allows us to provide great products at the best prices. But if you really want to be prepared you need great information to go along with the emergency supplies. Thats why we introduced the survival and emergency preparedness blog. If you have questions about anything don’t hesitate to contact us. Below are some of the emergency supplies we specialize in.

Food Storage

One of the foundations of a comprehensive emergency preparedness plan is a food storage supply. Ideally you would have enough food storage for you and your family to shelter in place for at least several months. If you have to leave home you’ll want to have at least a 72 hour survival kit. Freeze dried foods and mixes provide the longest shelf life while preserving the taste and nutrition of your food storage. A critical part of your food storage plan is water storage and filters.

MRE’s & Military Meals

MRE’s (Military Meals Ready to Eat) are portable rations that are the same or very similar to the meals used by US Military personnel. An MREcan be stored safely for several years and provide both emergency food and water rations when needed.

Freeze Dried Food

Since freeze dried food can last for as long as 30 years and still maintain most of its nutritional value (along with its light weight), its often used as the building block for a comprehensive emergency preparedness plan. We carry Saratoga Farms and Mountain House freeze dried food which is available in many different kits and sizes from pouches to #10 cans. Datrex 2400 Cal Ration Emergency Survival Food Bar Quantity in Basket: None Code: 3000 Shipping Weight: 1.41 pounds Regular price : $5.70 Sale as low as:$5.36

Ready-to-eat, non-perishable, non-thirst-provoking Datrex emergency food bars are an important source of energy in any emergency. Compact and lightweight, these disaster rations are made with all natural ingredients and contains no preservatives. Flavor and texture similar to coconut cookies. Durable, stackable and allows for compact storage. Each person should eat at least 800 Calories per day. A 2400-Calorie Datrex emergency ration bar provides a 3-day minimum supply of food for one adult.United States Coast Guard, Canadian Coast Guard and EC approved. 5-yearshelf life reduces the need for replacement and lengthens the life of any emergency kit. Note: Consume this product with sufficient fluids. When you open the white vacuum sealed overwrap, within it you will find 12 individually wrapped portions of 200 calorie each. Ingredients: Wheat flour, vegetable shortening, cane sugar, water, coconut,and salt. (701g)/pack Nutritional information: Serving size: 1 portion, approximately 1.4 oz (42 g) Servings per package: 12 Calories: 200 Carbohydrates: 27 g Protein: 3 g Total fat: 9 g Sat fat: 2g Mono-unsat: 6 g Poly-unsat: 1 g Sodium: 0.18% 20 rations per case

https://i1.wp.com/www.alpinesurvival.com/rr-omelet_salsa.jpghttps://i2.wp.com/dehydrated-food.net/Plainwhite01-crop.jpg

https://i2.wp.com/www.survivalmoment.com/files/3574178/uploaded/FW36.jpg

How to Become a Distributor for Survival Foods

By Vanessa Cross, eHow Contributor
<a data-href=”http://i.ehow.com/images/a06/er/7n/become-distributor-survival-foods-800×800.jpg&#8221; data-type=”modal” data-modal-content=”dried fruit and nuts image by Alison Bowden from Fotolia.com“> How to Become a Distributor for Survival Foodsthumbnail

Dried fruits and nuts become precious commodities when in survival mode.

As youth, we learn the big three long-term survival needs are food, water and shelter. Distribution of survival foods, part of emergency supplies, is a niche industry within the general foods distribution industry. It generally includes foods requiring no cooking (including microwave cooking) in case electrical and gas power become unavailable. This includes both can and jar containers of foods like peanut butter, honey, jams, vegetables, legumes, potted meats, dried fruits, crackers, cereals and nuts.

https://i2.wp.com/photos.demandstudios.com/144/233/fotolia_10369672_XS.jpg

Survival food

朝5時前に目が覚める。娘がベッドの柵に頭突きをしていたからなのか、カーテンの隙間からさしていた日光に気づいていたからなのかは定かではない。 洗濯物を片付けたりなどをしていると7時を過ぎていた。朝食には冷凍庫にたまっていたうどんを…とも考えたが、賞味期限切れ間近の防災食料が残っていたことに気がついた。 先日近所の防災倉庫から放出されたものだった。こういう機会でもないとなかなか口にすることはない。むしろそういう時にだけ口にできればよいのだが。 [image] 放出品の中から、試しに五目御飯の素をあけてみる。熱湯を注いでしばらく置いておくだけのようだが、中身は数日放置して干からびたご飯のようにも見える。この時点ではまともに食べられる代物になるか、まだ半信半疑だ。 熱湯ならば20~30分、水ならば1時間少々、との記載に従い今回は熱湯を入れてみた。出来上がりまでの間はこれまた防災倉庫から放出されたビスケットをつまみつつ時間が過ぎるのを待つ。 約25分後、程よく温度が下がったところで袋を開けてみる。 作り置きを電子レンジにかけて温め直したものにも似た、存外に違和感なく食べられる五目御飯になっていた。非常用食料にしては、なかなかの味。

https://i2.wp.com/campingandhikinggear.biz/wp-content/uploads/Emergency_Survival_Food_Storage_Dinner_Kit_207_Servings_01_mfky.gif

Emergency Survival Food Shortage - Ready Reserve      Emergency Survival Food Shortage - Ready Reserve      Emergency Survival Food Shortage - Ready Reserve      Emergency Survival Food Shortage - Ready Reserve 180 Tablets per Canteen Bottle (15 Days) 100% USRDA of 15 essential vitamins and minerals. This is a true “Survival Food” that will keep you alive and moving! Just on the amount you can carry in your own pack Superior Shelf Life of TEN (10+) Years! The best possible nutrition in the smallest possible volume Serving size 12 tablets – 15 servings per “canteen” bottles. 15 days of life sustaining nutritional essentials (3×4 Tabs a day)

Survival Food: How to Make Parched Corn

ParchedCorn 300x225 Survival Food: How to Make Parched CornDried corn ready to be parched

Corn – You can boil it, toast it, roast it, parch it, eat it raw, grill it, steam it, stew it, cream it, grind it, feed humans or animals with it.  You can eat it fresh, freeze it, can it,  dry it, drink it or burn it in your vehicle.  It’s a diverse food that can serve a prepper well if they know what to do with it. Parched corn was eaten regularly by American Indians warriors and hunters as an extremely lightweight, high energy trail food long before European explorers showed up and was a typical food or treat for the pioneers as well.  It is the original “trail snack” and can also be ground up for stews or soups. If you’re asking “What is parched corn” at this point, let me fill you in.  Parched corn is a lot like the partly popped kernels in popcorn – you know, the ones with the white stripes down them – except it’s a lot more tender, tastes a bit better and doesn’t get stuck in your teeth. It’s kind of like corn nuts – except it’s the real thing! Making parched corn is really quite simple – you just take dried corn kernels and roast them over heat and eat them.  But even then there is a variety of things you can do with it – you can season it with onion salt, regular salt, Lowry’s salt, garlic salt – or whatever flavorings you like.  The way I was taught (and the way I’m about to teach) was to cover it in brown sugar – which makes it kind of like eating caramel corn. My good friend, Justin H. who is a primitive survivalist and one of my heroes, taught me to keep parched corn in a cloth bag and carry it in all my survival kits, I suggest you do the same. Here is a step by step pictorial on how to make parched corn.

  1. Your corn must be dried.  There are several ways you can dry it but the most common I know of is to hang it in a dry area in your home.  It can also be dehydrated in your oven.  Once dried, you can store the corn on the cob just about forever – this is a great way to preserve your harvest.
  2. Remove the kernels from the cob – this should be as simple as lightly rubbing the cob.  If it is difficult to get the kernels to drop off the cob, your corn is probably not dry enough.ParchedCornShucking Survival Food: How to Make Parched Corn
  3. After cleaning all the cobs, you should have a container full of cornParchedCornBowl Survival Food: How to Make Parched Corn
  4. Set for around medium heat and oil your skillet, once the oil has heated, coat the entire skillet with oil and drain the excess (we’re not deep frying here).  Add enough corn kernels to almost cover the bottom of the skillet.  Your kernels should only be one level high.  Notice in this picture that the kernels are yellow/white and look rather flat.ParchedCornRawCooking Survival Food: How to Make Parched Corn
  5. Stir continuously.  I prefer to shake the pan back and forth, similar to popping corn over a fire.  After 1 – 5 minutes, the corn will begin to turn light brown and will puff up like it’s being filled with air.  It will also begin to pop.  A few pops is fine but if it start popping a lot, you probably have too much heat.  Notice the difference in color and shape of the corn in this picture and the previous one.  If you are adding seasoning you can do it during this part of the process or you can do it in the next step.ParchedCornParching Survival Food: How to Make Parched Corn
  6. Once the corn is browned and has a nice round shape, remove it from the heat and place it on a container with a paper towel on it to absorb the excess oil.   Dab the corn with another paper towel to make sure there is as little oil left on it as possible.ParchedCornCooked Survival Food: How to Make Parched Corn
  7. Once the oil has been absorbed, you can move it to a container to hold it all in.  At this point, I add some brown sugar in, put the lid on and shake it.  You can add any other flavorings at this point if you didn’t do it previously.ParchedCornBrownSugar Survival Food: How to Make Parched Corn
  8. The final product of parched brown sugar corn. ParchedCornFinished Survival Food: How to Make Parched Corn
  9. In just a few minutes you can easily create a high energy delicious trail food that can sustain you for quite a long time – and doesn’t need preservatives or crinkly packaging to keep it from going bad!

https://i0.wp.com/survivalskillsandgear.com/wp-content/uploads/2011/05/03.jpghttps://i0.wp.com/a2.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-snc6/226044_10150246211086081_274062066080_8959484_7493068_n.jpghttps://i0.wp.com/farm6.static.flickr.com/5148/5693665967_dd38b654c2.jpghttps://i0.wp.com/www.completesurvivalstore.com/my_files/images/emergency_food_storage.JPG

https://i2.wp.com/www.emergencyfoodsupplynews.com/wp-content/uploads/2011/02/1298196018-17.jpg
https://i0.wp.com/armedforcessupply.com/images/products/detail/ebe7_12.jpghttps://i0.wp.com/storageoffood.com/wp-content/uploads/2011/04/1302228010-84.jpg

MRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B

商品番号[ ZZ MRE(B) ]

実際に米軍が現在使用しているCレーションです。 賞味期限付き12個 ※一袋で1日分のエネルギー分はありますので、12日分はこれで大丈夫です。 あとはお水を確保してください ※代引き不可、銀行振り込みかカード決済でお願いします ※非常用備蓄にいかがでしょうか? 在庫5箱分、在庫より順番にお出しします。 CASE-A(No.1-No.12) CASE-B(No.13-No24)

CASE-A
No,01 ビーフステーキ メキシカンライス ピーナッツバター クラッカー ビーフジャーキー キャラメル 粉末ジュース アクセサリーパックA
No,02 ジャマイカ風ボンレスポーク りんごのスパイス風味 パウンドケーキ チーズスプレッド クラッカー 粉末ジュース アクセサリーパックA
No,03 照焼きビーフ 白米 チーズとピーナッツバター風味のクラッカー ストロベリージャム クラッカー キャンディー 粉末ジュース アクセサリーパックA
No,04 ハムスライス バターヌードル ベジタブルクラッカー チーズスプレッド(ハラペーニョ) パウンドケーキ ココア アクセサリーパックC
No,05 鳥の胸肉のグリル焼き メキシカンライス パウンドケーキ アップルゼリー クラッカー ココア アクセサリーパックD
No,06 鳥と麺料理  イチジクバー ピーナッツバター スナックパン ココア アクセサリーパックD
No,07 サルサ風チキン メキシカンライス ショートブレットクッキー ピーナッツバター クラッカー アクセサリーパックA
No,08 鶏飯 ファッジブラウニーパウンドケーキ ピーナッツバター ベジタブルクラッカー 粉末ジュース アクセサリーパックA
No,09 ビーフシチュー ローストナッツ チーズスプレッド(ハラペーニョ) クラッカー チョコレート ココア アクセサリーパックC
No,10 チリとマカロニ パウンドケーキ ピーナッツバター ベジタブルクラッカー ココア アクセサリーパックE
No,11 トマトソースベジタブルパスタ ミックスフルーツ 穀物バー ピーナッツバター クラッカー ピーナッツバー アクセサリーパックC
No,12 ビーンズ&ライスブリート フルーツ フルーツバー ピーナッツバター クラッカー ピーナッツバー アクセサリーパックD
CASE-B
No,13 チーズトルティーニ アップルソース 穀物バー ピーナツバター クラッカー ハードキャンディー アクセサリーパックC
No,14 ベジタブルパスタアルフレッドソース フルーツ 穀物バー ピーナツバター クラッカー フルーツバー アクセサリーパックD
No,15 ビーフフランク ポテトスティック ピーナッツバター スナックパン キャラメル 粉末ジュース アクセサリーパックB
No,16 タイ風ソースチキン 白米 レーズン&ナッツミックス チーズスプレッド クラッカー 粉末ジュース アクセサリーパックE
No,17 ビーフラビオリ アップルスパイスソース ファッジブラウニーパウンドケーキ チーズスプレッド クラッカー アクセサリーパックA
No,18 七面鳥のグレービーソース煮 桃シロップ漬け オートミールクッキー(チョコレート) ピーナッツバター ベジタブルクラッカー スポーツバー 粉末ジュース アクセサリーパックC
No,19 ビーフとマッシュルーム煮 ホワイトライス ゼリーキャンディー グレープゼリー クラッカー レモンライム粉末ジュース アクセサリーパックB
No,20 ミートソーススパゲッティ トーストピーナッツバタークラッカー チーズスプレッド ベジタブルクラッカー チョコレート ココア  アクセサリーパックB
No,21 チキンシチュー プレッツェル   チーズスプレット クラッカー パウンドケーキ 粉末ジュース アクセサリーパックC
No,22 ポークチャウメン チャウメン(乾燥麺) パウンドケーキ ピーナッツバター ベジタブルクラッカー 粉末ジュース アクセサリーパックC
No,23 チキンとパスタ パウンドケーキ ブラックベリージャム クラッカー  アクセサリーパックB
No,24 グレィービーミートローフ バターヌードル TosterPastry  チーズスプレットハラペーニョ クラッカー ココア アクセサリーパックD

屋外で軍事活動中などに食べることを前提としたフィールドレーション・タイプC(Cレーション)は、肉類の缶詰ビスケットの缶詰で構成された物で、第一次世界大戦中の1918年型「リザーブレーション」よりも栄養バランス、品質保持性、頑丈な包装を重視したものであった。しかし、大型の缶となって持ち運びにが不便であり、食品を密閉封入した缶詰を更に缶容器に収める2重構造は、複雑さのために生産性が悪いという欠点があった。 その後、改良が続けられ、1食1缶構成であった物を1食2缶構成へと変更され、更に内容物の変更及び改良が加えられる。第2次世界大戦の勃発により、Cレーションの問題解決が急がれる事になる。しかし、完成した製品が行き届かないうちに、第2次世界大戦が終結してしまう。 Cレーションの抱える最大の問題点は、空腹感を手っ取り早く癒す主食メ ニューの種類が少なすぎる事である。種類より数の上での調達に重点が置かれていたことから、主食メニューの種類は後回しにされていた。そのため、初期型C レーションの単調なメニューは兵士に嫌われた。食べ続けると数日で飽きてしまうCレーションを少しでも良い物にするために、主食メニュー缶の種類を増やす 努力は続けられたが、その結果は思わしくなかった。新しいメニューや代替品は、レーションの大量生産の必要性もあって生産設備がすぐには対応する事が出来ず、一時的な処置として1942年には、濃縮チョコレートがキャンディーに変更され、1943年には、粉末ココアとレモンもしくはオレンジジュース粉末が追加された。大戦末期の1944年(もしくは1945年)には、粉末ココアが粉末ブイヨン・スープへと変更された。


沖縄のミリタリーショップ 【衣類などのサイズ表はこちらです】 ※お電話でも直接ご注文できます、いつでも気軽にお電話ください^o^) 富村店長の携帯へ直通【090-9789-8831】 ※倉庫作業や出張仕入れが多いので携帯電話を活用しております


■商品に関するご質問はこちらを[クリック]して下さい。

<a class=”wpGallery mceItem” title=”gallery” href=”http://nangoku100katen.com/images/PID10866.jpg&#8221; rel=”lightboxMRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B 拡大表示

<a class=”wpGallery mceItem” title=”gallery” href=”http://nangoku100katen.com/images/PID10866_02.jpg&#8221; rel=”lightboxMRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B 拡大表示
<a class=”wpGallery mceItem” title=”gallery” href=”http://nangoku100katen.com/images/PID10866_03.jpg&#8221; rel=”lightboxMRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B 拡大表示
<a class=”wpGallery mceItem” title=”gallery” href=”http://nangoku100katen.com/images/PID10866_04.jpg&#8221; rel=”lightboxMRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B 拡大表示
<a class=”wpGallery mceItem” title=”gallery” href=”http://nangoku100katen.com/images/PID10866_05.jpg&#8221; rel=”lightboxMRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B 拡大表示
<a class=”wpGallery mceItem” title=”gallery” href=”http://nangoku100katen.com/images/PID10866_06.jpg&#8221; rel=”lightboxMRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B 拡大表示
<a class=”wpGallery mceItem” title=”gallery” href=”http://nangoku100katen.com/images/PID10866_07.jpg&#8221; rel=”lightboxMRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B 拡大表示
<a class=”wpGallery mceItem” title=”gallery” href=”http://nangoku100katen.com/images/PID10866_08.jpg&#8221; rel=”lightboxMRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B 拡大表示
<a class=”wpGallery mceItem” title=”gallery” href=”http://nangoku100katen.com/images/PID10866_09.jpg&#8221; rel=”lightboxMRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B 拡大表示
<a class=”wpGallery mceItem” title=”gallery” href=”http://nangoku100katen.com/images/PID10866_10.jpg&#8221; rel=”lightboxMRE 1ケース 災害時非常食 CASE-B 拡大表示
売り切れ
    • 商品番号:ZZ MRE(B)
    • 重量: 10kg
    • 0 在庫量

25,000円

AddClips ブックマークに登録

メニューナンバー19 ビーフとマッシュルーム煮 (BEEF WITH MUSHROOMS IN SAUCE)

牛肉とマッシュルームという組み合わせは、ソテーにしても、シチューにしても良く合いますね。 今回も期待できそうなメニューです。

294円(税14円)
5年保存非常食 水でも作れます。

21,980円(税1,047円)
5年保存非常食 水でも作れます。 10名様にて約3日分。 ※発送まで2営業日

357円(税17円)
5年保存非常食 水でも作れます。

26,980円(税1,285円)
5年保存非常食 水でも作れます。 10名様にて約3日分。 ※発送まで2営業日

357円(税17円)
5年保存非常食 水でも作れます。

26,980円(税1,285円)
5年保存非常食 水でも作れます。 10名様にて約3日分。 ※発送まで2営業日

357円(税17円)
5年保存非常食 水でも作れます。

26,980円(税1,285円)
5年保存非常食 水でも作れます。 10名様にて約3日分。 ※発送まで2営業日

399円(税19円)
5年保存非常食 水でも作れます。

29,980円(税1,428円)
5年保存非常食 水でも作れます。 10名様にて約3日分。 ※発送まで2営業日

189円(税9円)
非常用飲料水を個単位で販売しています。備蓄用に最適です。

14,600円(税695円)
非常用飲料水を箱単位で販売しています。備蓄用に最適です。

357円(税17円)
5年保存非常食 水でも作れます。

26,980円(税1,285円)
5年保存非常食 水でも作れます。 10名様にて約3日分。 ※発送まで2営業日

357円(税17円)
5年保存非常食 水でも作れます。

357円(税17円)
5年保存非常食 水でも作れます。

357円(税17円)
非常食の定番「マジックライス ちらし寿司」を食べきりサイズでどうぞ!個単位で販売しています。備蓄食糧としてだけでなく、登山やキャンプなどのアウトドア用品の一つとしても重宝しますよ。

294円(税14円)
お湯を注いで5分でお茶漬け。手軽でおいしい定番アイテム「マジックライス わさび茶漬け」。個単位で販売しています。

294円(税14円)
お湯を注いで5分でお茶漬け。個単位で販売しています。

320円(税15円)
5年保存非常食 水でも作れます。

天然手づくり伝統自然食 凍りもち 22年産 10個入

信州の冬の寒さを利用して、昔から作られている伝統自然食「凍りもち」は、完成までに2ヵ月以上を要する究極のスローフードです。子供のころ、こたつに入っておやつに食べた、あの思い出がよみがえります。 凍りもちは離乳食、介護食、非常食、登山食に最適! 凍りもちは、信州の厳しい寒さが生んだ伝統的な自然食です。昔は多くの家庭で作られていた保存食で、お菓子として食べるだけでなく、離乳食などの流動食としても用いられてきました。そして高齢化が進んだ現代は、介護食のホープとして注目を集めています。 また、よく乾燥していて軽く、保存性が高く、そのままかじって食べることができるため、登山者の携行食や震災の際の非常食としても最適です。 凍りもちは栄養価が高く、消化吸収に優れる! 昔から親しまれてきた凍りもちは、栄養価が高く消化吸収に優れています。小さな一包みでごはん茶碗一杯分のエネルギーがあります。 原材料はもち米のみ。完全手づくりの自然食ですので、赤ちゃんからお年寄りまで、安心して食べられます。https://i0.wp.com/www.kankando.net/pic-labo/llimg/koorimochi-package.jpg 【食べ方いろいろ】 ・そのまま食べる サクサク感が楽しめます。噛むほどに滑らかになり、甘みが出てきます。軽くて保存性に優れ栄養価が高いため、非常食や登山食に最適です。 ・溶かして食べる 水に5分程度浸し、水気を切ってから熱湯をかけて数分待つとホッコリ、トロトロになります。お好みで砂糖、塩、きな粉などを加えていただきます。離乳食、介護食にどうぞ。 ・揚げて食べる 低温の油でじっくり揚げ、砂糖醤油をからめていただきます。 ・焼いて食べる オーブントースター、フライパンなどで軽く焼き、砂糖醤油やバターをからめていただきます。 ほかにも「中華風粥」「ほたて包み」「じゃがいも団子」「もちパイ」「とろとろもち」など、様々なメニューに応用できます。

縛ってあるひもを外し、包み紙をはがします。

そのまま食べたり、お湯で溶かして食べます。

お湯で溶かすとこんなにトロトロに。栄養価の高い理想的な流動食です。

【極旨料理レシピ】 凍りもちで作る(いちご)大福 お祝い時・来客時のおもてなしに、おやつに。おいしい! 凍りもちで作るいちご大福

材料/凍りもち150g(約5個)、片栗粉大さじ2、あんこ400g (1)凍りもちを5~10分間水に浸してから軽く絞り、細かくほぐして片栗粉を混ぜる。 (2)(1)を耐熱皿に入れラップをして、電子レンジ(500W)で2分間加熱する。 (3)(2)を裏返してさらに1分間加熱する。 (4)片栗粉を敷いた皿に(3)を取り出し、1~2時間ほど寝かせる。 (5)(4)を7~8個に分け、あんこを包み込めば出来上がり。※いちごを入れると“いちご大福”になります。

航空&海上自衛隊 救命糧食

陸海空自衛隊の航空機および船舶に、緊急事態に備えて必ず搭載されているのが、この救命糧食。 赤いプラスティックの筒に入り、錨に桜のマークが書かれているのが海上自衛隊用救命糧食で、1ケース9食入り。 緑の金属製缶に入り、桜にウイングマークが書かれているのが航空自衛隊用救命糧食で、こちらは5食入りになっています。 缶は蓋式なので缶きり不要な上、食べ残しは缶に再度保管する事が可能。 通常この救命糧食は航空自衛隊戦闘機の場合、射出座席のバケット部に収納されているサバイバルキットパックの中に組み込まれています。 この中には海水脱 塩キットなども含まれており、飲料水は海水から確保できるようにもなっていますが、最近では水のレトルトパックも組み込まれています。 サバイバルキットバックは、パラシュートの繋がっているハーネスにくくり付けられた救命ボートにロープで繋がれていて、この装備を上手に利用すれば数日間 の生存が可能ですが、もっとも自衛隊の活動範囲が日本周辺と限定されている事と、救難体制が高度に確立されているために、実際には数時間以内に救助される 事が多く、そのためこの糧食を実際の遭難時に使用した記録は殆どありません。 C-130などの大型輸送機や海上自衛隊の艦艇の場合、膨張式の救命いかだなどにはじめから組み込まれています。

中身はこのようにぎっちり詰め込まれていて、筒に入った海上自衛隊タイプは取り出すのも一苦労。 そして開けた時に、中から一番最初に飛び出してくるのが、

この、遭難者を勇気付けるためのメッセージが書かれた薄手の防水紙と、ビニール袋。 ここに書かれているメッセージから、この救命糧食は隊員から、通称「がんばれ食」と呼ばれています。 いつくるかもしれない救助を待つ身には、このちっぽけな紙切れがどれほど心の支えになるでしょう。 実際遭難者が救助される鍵は、本人の生きようとする気力が大きく関わっていますから、絶望したら助かるものも助かりません。 さて、ここに書かれている解説文を読んでいくと、こうかかれていました。

この救命糧食は、特殊環境下においても速やかに心身の疲労を回復し、体力の維持をはかるために製造されたもので 糖類、脂肪、たんぱく質などの各種栄養素が有効に取れるように配合されています。1食分のカロリーは、A食品 B食品 合わせて270カロリーあり、これを食べると熱とエネルギーを与え、直ちに元気百倍となります。 A食品(ハードビスケット) 1食:48g 穀類を主原料とした加工食品で、糖質と脂肪およびたんぱく質を含み、ビスケット風な味と香りを持つ高カロリー食品です。B食品(ゼリー) 1食:16g 糖類を主体とした加工食品で、風味高く口当たりの良い高カロリー食品です。

つまりビスケットとゼリー2種類で1食を構成し、総量は64gから270カロリーが摂取できるという事です。 一日3回食べると すれば、810カロリーですから基礎代謝分もまかなえませんが、足りない分は体内に備蓄された脂肪を燃焼させて補えばよいので、この糧食は即座に必要なエ ネルギーになりやすい工夫が色々とされているようです。 この糧食には原材料の表示は一切ありませんが、偶然資料が見つかったので調べてみると、A食品の成分は小麦粉70% 粉末ピーナッツ12%グラニュー糖 10% 粉末油脂4% 脱脂粉乳2.8% 塩1.2% 続いてB食品の成分はグラニュー糖58% 水あめ29% ごま11.2% に寒天を加えて固めたも の。

アルミパックされた糧食は、脂分の劣化を抑えるためにビスケットは真空パックされ、ゼリーは柔らかさを保つためにガス注入でパックされていました。 中身はこのような状態になっており、A食品(右)はバタークッキー風、B食品(左)は和菓子風。 さて実際試食した感想ですが、まずはA食品から。 しっかり固められていますが、齧るとホロリと砕け、例え体が衰弱していても無理なく食べる事が出来そうです。 これは素材を一度焼いてから砕き、再度圧縮 して固めているからで、レアチーズケーキの底に敷いてあるクッキー土台のような感じです。 食感は和菓子の落雁に似ていますね。 なので唾液にすっとなじ み、簡単に溶けてしまいます。 しかし圧縮してあるために密度が濃く、口中で唾液に混じると少し膨らむ感じがしました。 味のほうはピーナッツ風味のバタークッキーと言った感じで、材料の中に結晶の大きな塩の粒が混じっているので、たまにピリッと塩味がし、唾液を誘発すると共に、甘味とコクを増してくれます。 少し前までは、量は同じですが1パック12粒のサイコロ大に整形されていて、一粒づつ食べる事が出来たそうです。 B食品のゼリーのほうは、流石に長年の経年変化で多少素材が結晶化しており、オリジナルの食感とは変わってしまっていましたが、それでも中のほうはむっちりと柔らかく、ほのかに甘いゼリーの間にゴマを主体とした餡が挟んでありました。 かみ締めると寒天を主体としたゼリーの粘りと、真ん中の餡に練りこまれたゴマが弾けるツブツブ感&独特の香ばしさが口の中で混ざり合い、非常に高級なお菓子を食べている感じです。 どちらも上手く唾液を誘発するよう工夫されているので、殆ど喉の渇きを覚えないばかりか、口の中でいつまでもとどまり、飲み込みにくいといった事も一切ありません。

ちなみに航空自衛隊の救命糧食は個人用なので全て個別パックされていますが、 海上自衛隊の救命糧食はグループ用なので、B食品は3個が纏めて入っています。

今回試食した救命糧食はどちらも萬有栄養製で、1985年と1984年に納入されたもの。 通常保存期間は5年間です。

コレより初期(1970年頃まで)の救命糧食「T-1」は牛乾燥肉などが使われており、硬いポリエチレンの袋に入れられていまし たが、昭和40年にF-104が北海道沖で墜落、遭難した事故の際、12時間半にわたり漂流し1.5食分の救命糧食を遭難時に実際に口にしたパイロットの 体験談 「寒さで指がかじかんで、特にポリエチレンの袋が開け難かった。ガンバリ食(牛乾燥肉)は固かった」という証言を元に改良を加え、ポリエチレンの 袋はアルミパックに変わり、固い牛乾燥肉は姿を消し、今回レポートしたこのタイプの救命糧食が開発、採用されました。 現在でも少しずつ改良され、ゼリー食のB食品は無くなり、ビスケットタイプのA食品のみが55gと量を増やされ使われているそうです。 しかしA食自体も改良が加えられ、もっとエネルギー効率や機能性も良いものに進化しているのは間違いありません。 ちなみに航空自衛隊では、事故の時に航空機の部品との見間違えを避けるために、現在では金属製の缶入り救命糧食は廃止されました。 (今の航空機用救難糧食は厚紙ケース入に入り、6食分に内容量が増やされているのだとか。) また機会があれば、最新の救難非常食も是非試してみたいものですね。

  


最新、救難非常食

最新の救難非常食を取材する機会に恵まれたので、追加情報としてお伝えします。

海上自衛隊航空隊用、救命糧食 1袋5食入り

海上自衛隊、救命糧食 1ケース9食分

励ましのお便り。

現在使用されている救難非常食は、旧型のA食に似た落雁タイプの非常食であり、B食品(ゼリータイプ)は廃止されている。 その理由は分からないが、 A食品だけで事足りると判断されたからだろう。 実はこの救難非常食、製造会社は萬有栄養株式会社である。 萬有製薬とは全くの別会社だが、調べていくと面白い事が分かった。 と言うのは、この会社の創 業者である岩垂荘ニ氏は、なんと戦時中、陸軍航空隊技術研究所、糧食研究班で長年航空糧食・・つまり上空と言う特殊環境下で起こる生理的諸問題に対し、パ イロットに提供する食品を持って対処する特殊機能性食品の研究を世界で始めて行った第一人者だったのである。 それもあの有名な川島四郎少将の直属の部下 で、当時の研究が現代の食生活に大きな影響を与えた偉大なる人物であった。 当然のことながら、この救難非常食もその時の研究データや、その後の改良により完成された優れものであり、世界に誇れる日本独自の救難非常食なのである。 もちろん自衛隊向けに製造されている救難糧食を、我々が口に出来る機会は少ないが、なんと同等民間向け商品は我々でも購入可能だ。 詳しくは 萬有栄養株式会社HPまで。 ちなみに萬有栄養の主力商品は非常用食品とインスタントスープである。 一見おかしな組み合わせの商品ラインナップであるが、これにも面白い理由があるのだ。 というのも、このインスタントスープも、旧軍時代に氏が研究していた「乾燥粉末醤油」から発展しているためだ。 上官である川島四郎は、醤油を戦地に運ぶ際、その殆どが水の重量で、瓶や樽などの余分な重量も加わる為無駄が多い、コレを粉末にして戦地に送ろうと考え、岩垂荘ニに粉末醤の研究を命令した。 当時既にフリーズドライ技術はあったが、醤油は単純に粉末化しただけでは香りが飛んで風味が悪くなるので、魚粕を酸で分解してアミノ酸を作り、コレを濃縮して作ったエキスを塩や砂糖、琥珀酸グルタミン酸などの粉末に吸着させて乾燥したものを作り、粉末醤油を完成させたのだ。 さらにコレを発展させ、上記の粉末にチキン油脂を入れて圧搾するとチキンスープ、牛油脂を入れるとビーフスープの固形スープが出来る、これも戦時中安価に製造できたのでパイロットの栄養食として大量に使われたのだ。萬有栄誉のインスタントスープはコレが元になっている。

ネッスルのキュービック固形スープも第二次大戦中に使われたが、日本の方が最初にインスタントスープを発明したと言う事だ。 ついでに言うと、この技術があったからこそ、インスタントラーメンが出来たといっても過言ではない。ちなみに・・萬有製薬とは全く別会社ではあるが、萬有製薬創業者は、氏の実父である。 しかし、やはり軍の研究の延長で開発した燻製液で作ったクジラベーコンで自ら会社設立の資産を作り、独立会社として事業を起こしたのだ。 その燻製液も、戦時中航空機燃料に加える添加剤の副産物として大量に出来てしまう木搾液に困った同僚に相談を受け、廃物利用アイデアとして作ったのが始まりだそうである。やはり凄い人だ!

地震を始めとする天災はいつやってくるかわかりません。皆さんは万が一の備え、されていますか?萬有栄養の非常用食品は、蛋白質、糖質、脂質などの エネルギー源を中心に配合され、航空機や船舶用に製造されています。また、常にカロリーを必要とする登山用としてもご利用になれます。非常時にもきっとお 役立ちいただけることと思います。

内容物の詳細
ビスケットバー(A食)【ビスケットバー】 高カロリーかつコンパクトなビスケット風味の食品です。 乾燥ゼリー(B食)【乾燥ゼリー】 水飴、寒天を材料として胡麻を真ん中にサンドしています。
機能
本品は被災直後、救援物資を待つ間の食糧として次のような機能に重点を置き研究を重ねて来ました。
(1)エネルギー:本品はエネルギー量に特徴があります。ビスケットバーに関しましては、このサイズで総熱量489kcal(100gあたり)を実現しました。
(2)調理不要:緊急災害時において、水の確保が困難な場合を想定し、調理不要ですぐ食べることができます。
(3)優れた携帯性(このカロリーでこの大きさ):本品は緊急時に食糧を持って迅速に避難するのに最適です。洗練された素材と圧縮や乾燥といった加工法により非常にコンパクトで豊富なカロリーを併せ持つという機能を確保ました。
(4)日本人に好まれる味:緊急時の食糧というイメージを払拭しました。

救難食糧 /イーアール 3食入り

救難食糧/イーアール 3食入り

  • 商品番号
    H002
  • 商品名
    救難食糧/イーアール3食入り
  • 価格
    892円(税込)

※買い物かごの画面で数量を変更できます。

用途/特徴
1日3食で1人分とします。
小型・軽量で登山や旅行の荷物の邪魔になりません。
内容物の詳細
内容量 : 195g
エネルギー : 917kcal
内容物 : ビスケットバー(50g)×3個 乾燥ゼリー(15g)×3個

救難食糧/イーアール キューブ

救難食糧/イーアール キューブ

  • 商品番号
    H008
  • 商品名
    救難食糧/イーアール キューブ
  • 価格
    735円(税込)

※買い物かごの画面で数量を変更できます。

用途/特徴
包装を開けそのまま食べられる非常食で、調理の必要は全くありません。 本品はビスケットバー(56g)が3個入っており、これ1箱で1人1日分を想定。 総熱量821kcal、各食品が真空パックですので、衛生面も安心です。またカロリーに対して極めてコンパクトですので、保管にも場所をとりませんし、防災リュックにも簡単に収納できます。 また、食品は口どけが良いので唾液を必要とする咀嚼も少なくて済み飲料水の使用を最小限にとどめます。
内容物の詳細
ビスケットバー(56g)×3個入 ※乾燥ゼリーは入っておりません。

救難食糧/イーアール 9食入 ボックスタイプ

救難食糧/イーアール 9食入 ボックスタイプ

  • 商品番号
    H009
  • 商品名
    救難食糧/イーアール 9食入 ボックスタイプ
  • 価格
    1,995円(税込)

※買い物かごの画面で数量を変更できます。

用途/特徴
包装を開けそのまま食べられる非常食で、調理の必要は全くありません。 本品はビスケットバー(56g)が9個入っており、これ1箱で1人3日分を想定。 総熱量2465kcal、各食品が真空パックですので、衛生面も安心です。またカロリーに対して極めてコンパクトですので、保管にも場所をとりませんし、防災リュックにも簡単に収納できます。 また、食品は口どけが良いので唾液を必要とする咀嚼も少なくて済み飲料水の使用を最小限にとどめます。
内容物の詳細
ビスケットバー(56g)×9個入 ※乾燥ゼリーは入っておりません。

3デイズ ライフボックス

エマージェンシー・パック 3デイズ ライフボックス

  • 商品番号
    H010
  • 商品名
    3デイズ ライフボックス
  • 価格
    3,675円(税込)

※買い物かごの画面で数量を変更できます。

用途/特徴
本品は被災時に備えた防災備蓄パックで、1人3日分を想定した食品と飲料水、ブランケット、マスクをコンパクトにまとめました。
内容物の詳細
(1)ビスケットバー(56g)×9個、 (2)富士山麓の保存水(500ml)×3本、 (3)エマージェンシーブランケット 1個 (4)N95マスク SH2950(使い捨て防塵マスク) 1個 
その他
外装サイズ(㎜) 縦(奥行)130×横(幅)320×高さ215

非常食になりそうなお菓子の見分け方

育児・生活
2011年03月16日

はじめに

天災は、いつ自分の身に降りかかるかわかりらないからこそ、イザという時の為、日頃から防災意識をもち、災害対策をしておきましょう。 今回は、非常食になりそうなお菓子の見分け方を、ご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

お菓子(非常食)の見分け方

高カロリーのお菓子

災害時は非常に多くのカロリーを消費してしまいます。被災された場所によっては避難所でも十分な食料確保出来ない場合がありますので高カロリーのお菓子を非常食として用意しておきましょう。 高カロリーのお菓子でオススメしたいのが「チョコレート」です。板チョコではなく、一口サイズのチョコレート1個で約30カロリーあり、10個で約300カロリー摂取できます。 また、チョコレートには、銅や脂質のほか、カルシウムやマグネシウム、ビタミンB2も多く含まれているので、非常食には最適なお菓子だといえます。

災害対策として、一日最低でも必要摂取カロリーの半分の600カロリー以上は摂取出来る事が望ましいと思います、一人分チョコレート一日20個目安で3~5日分用意しておきましょう。

賞味期限が1年以上あるお菓子

やはり、非常食として大事なのが、賞味期限です。災害対策の為、避難用の袋に入れる非常食は一年毎に賞味期限をチェックする事が望ましいです。賞味期限が一年以上あるかどうかを確認してから購入しましょう。 カンパンは比較的賞味期限が長いので、昔から非常食としての代表的なお菓子だといえます。お菓子としての摂取というよりは、食事の代わりとしての栄養摂取が出来ます。 カンパンはお菓子メーカーにもよりますが、一個10キロカロリーから20カロリーあり、炭水化物・カルシウム・ナトリウム等が摂取できます。缶入りカンパンでしたら1缶100gで約400kcal(ご飯2膳相当)になります。 缶入りカンパンでしたら賞味期限が5年ありますが、購入の際に必ず賞味期限が後どれ位あるのか確認してから購入しましょう。

腹持ちが良いお菓子

カンパン以外に、腹持ちが良いお菓子といえば、食物繊維が豊富に含まれたおからクッキー等がオススメです。 参照HPおからクッキー https://i2.wp.com/image.moshimo.com/static/img/mp/article/material/000/364/867/03.jpg https://i1.wp.com/image.moshimo.com/static/img/mp/article/material/000/364/867/02.jpg https://i1.wp.com/image.moshimo.com/static/img/mp/article/material/000/364/867/04.jpg https://i2.wp.com/image.moshimo.com/static/img/mp/article/material/000/364/867/05.jpg食物繊維を多く含むおからクッキーと、水さえあれば、水分を一緒に摂取する事で、胃の中で大きく膨らみ腹持ちを良くしてくれます。 通常ダイエット食として人気があるお菓子ですが、腹持ちが良い点では避難生活で食料不足の場合には、きっと役に立つと思います。

保存食としては、チョコレートやカンパンに比べて賞味期限が短いので、定期的に賞味期限を確認される事が望ましいでしょう。

おわりに

今回非常時のお菓子をご紹介しましたが、今のうちに防災リストを作っておくことをオススメします。イザという時の避難施設や連絡先も調べておきましょう。 (Photo: 工藤隆蔵

★初めての方にオススメ!お試しセット! >>>
カテゴリトップ > 非常食
【非常食・保存食・防災】ポテトツナサラダ【smtb-TK】 ポテトツナサラダ
高カロリーのポテトサラダが あなたの活動を支えます。 ポテトツナサラダ
商品番号 504100
特別価格 246円 (税込) 送料別
  • サラダの定番、ポテトサラダ!!食パンにはさんでもおいしいです。 みんなが大好きななつかしい味です。

[内容量] 内容総量105g [原材料名] 野菜(じゃがいも、にんじん)、 マヨネーズ、まぐろ水煮、(まぐろ、食塩、野菜エキス)、 砂糖、オニオンソテー、チキンブイヨン、小麦粉、食塩、香辛料、 加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、安定剤(キサンタンガム)、 酸味料、香辛料抽出物、(原材料の一部に大豆を含む) [賞味期限]製造より常温3年6ヶ月 [保存方法]常温保存してください [原産国]提供元・日本 [配送方法]常温 [特記事項] そのままでお召し上がりいただけます。 ふたを開けた後の容器のふちに気をつけてください。 切り口で手を切らないようお取り扱いに注意してください!


保存食、賞味期限が長い、常温3年6ヶ月、野菜、非常用、ベジタブル、缶詰、長期保存

1. アキモトのおいしい備蓄食 缶入りソフトパン 3種(レーズン・オレンジ・ストロベリー )*各4缶入の商品写真

アキモトのおいしい備蓄食 缶入りソフトパン 3種(レーズン・オレンジ・ストロベリー )*各4缶入

5,040(税込)
商品番号:E173267H
発売元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「アキモトのおいしい備蓄食 缶入りソフトパン 3種(レーズン・オレンジ・ストロベリー )*各4缶入」は、缶入りソフトパンのセットです。特許製法でつくりあげた長期保存可能なやわらかいパンです。レーズン味、オレンジ味、ストロベリー味の 3種類の缶入りソフトパンのセットです。缶切り無しで開けられます。
2. Bonne Chance パンの缶詰 チョコチップのパン 24缶の商品写真

Bonne Chance パンの缶詰 チョコチップのパン 24缶

10,836(税込)
商品番号:E069607H
発売元:岡根谷  ブランド:Bonne Chance(ボンヌ チャンス)
「Bonne Chance パンの缶詰 チョコチップのパン 24缶」は、独自製法でつくった長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。災害用非常食に、船舶用保存食に、アウトドア用携帯食に。色々な用途に使えて便 利。イタリアの天然酵母パネトーネを使用し、充分に発酵させた生地で、味わい深い本格派のパンに仕上げました。ふたがプルトップのなので、楽に開封できま す。 疲れた体をリフレッシュしてくれるチョコレート味。
3. 【ケース販売】あすなろ 災害備蓄用パン(オレンジ風味) 2個入り*24缶の商品写真

【ケース販売】あすなろ 災害備蓄用パン(オレンジ風味) 2個入り*24缶

7,500(税込)
商品番号:E168784H
製造元:あすなろパン  ブランド:あすなろパン
「【ケース販売】あすなろ 災害備蓄用パン(オレンジ風味) 2個入り*24缶」は、長期保存にこだわったソフトな缶詰パン(パンの缶詰)です。長期保存可能です。オレンジ風味。
4. おいしい備蓄食 缶入りソフトパン レーズン味の商品写真

おいしい備蓄食 缶入りソフトパン レーズン味

367(税込)
商品番号:T218240H
発売元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「おいしい備蓄食 缶入りソフトパン レーズン味」は、美味しさを常温で3年間長期保存できる、やわらかい、やさしい甘さの缶詰パン(缶パン)です。焼きたてのパンの風味をそのまま、特殊な製 法で作り上げました。災害備蓄食、ハイキング、スキー、旅行、アウトドアなどとしてご利用ください。レーズン&乾燥フルーツ入り。缶切り無しで開 けられます。
5. おいしい備蓄食 缶入りソフトパン オレンジ味の商品写真

おいしい備蓄食 缶入りソフトパン オレンジ味

399(税込)
商品番号:E102456H
発売元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「おいしい備蓄食 缶入りソフトパン オレンジ味」は、特許製法でつくりあげた長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。缶切り無しで開けられます。
6. あすなろ 災害備蓄用パン(オレンジ風味) 2個入の商品写真

あすなろ 災害備蓄用パン(オレンジ風味) 2個入

378(税込)
商品番号:E168785H
製造元:あすなろパン  ブランド:あすなろパン
「あすなろ 災害備蓄用パン(オレンジ風味) 2個入」は、長期保存にこだわったソフトな缶詰パン(パンの缶詰)です。長期保存可能です。オレンジ風味。
7. パンの缶詰 チョコクリームの商品写真

パンの缶詰 チョコクリーム

367(税込)
商品番号:P117580H
発売元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「パンの缶詰 チョコクリーム」は、焼きたてパンそのままを、特殊製法によりソフトに仕上げた長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。いつでもどこでも、ふんわり風味豊 かなパンがお楽しみいただけます。マーブル状に入ったチョコクリームがほんのりとした甘さのチョコクリーム味。開缶前にお湯等で温めると焼きたての風味が 味わえます。携帯用食品として、お子さまのおやつ、レジャーのお供などにご利用下さい。
8. パンの缶詰 厳選素材品 那須高原バター味 100gの商品写真

パンの缶詰 厳選素材品 那須高原バター味 100g

420(税込)
商品番号:X107990H
製造元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「パンの缶詰 厳選素材品 那須高原バター味 100g」は、焼きたてパンそのままを、特殊製法によりソフトに仕上げた長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。いつでもどこでも、ふんわり風味豊かなパ ンがお楽しみいただけます。ふっくらとしたパンのおいしさをフレッシュなバターと一緒に閉じ込めた、那須高原バター味。開缶前にお湯等で温めると焼きたて の風味が味わえます。携帯用食品として、お子さまのおやつ、レジャーのお供などにご利用下さい。
9. TOKUSUI パン マフィンタイプ(缶詰パン)の商品写真

TOKUSUI パン マフィンタイプ(缶詰パン)

378(税込)
商品番号:T517760H
「TOKUSUI パン マフィンタイプ(缶詰パン)」は、災害時の非常食・保存食として最適な、長期保存(約3年)が可能な缶詰タイプのパンです。しっとりとした食感の美味しいマフィンタイプ。1つ1つに缶切りが付いています。
10. アキモトのおいしい備蓄食 缶入りソフトパン ストロベリー味 100gの商品写真

アキモトのおいしい備蓄食 缶入りソフトパン ストロベリー味 100g

420(税込)
商品番号:E150822H
製造元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「アキモトのおいしい備蓄食 缶入りソフトパン ストロベリー味 100g」は、長期保存可能なやわらかい缶詰パン(パンの缶詰)です。おいしいストロベリー味。缶切り無しで開けられます。
11. パンの缶詰 粒々いちごの商品写真

パンの缶詰 粒々いちご

367(税込)
商品番号:P117600H
発売元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「パンの缶詰 粒々いちご」は、焼きたてパンそのままを、特殊製法によりソフトに仕上げた長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。いつでもどこでも、ふんわり風味豊かな パンがお楽しみいただけます。マーブル状に入った粒々イチゴクリームがほんのりとした甘さです。開缶前にお湯等で温めると焼きたての風味が味わえます。携 帯用食品として、お子さまのおやつ、レジャーのお供などにご利用下さい。
12. パンの缶詰 メイプル 100gの商品写真

パンの缶詰 メイプル 100g

399(税込)
商品番号:E165640H
発売元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「パンの缶詰 メイプル 100g」は、特許製法でつくりあげた、長期保存可能なやわらかいパンです。焼き立て風味のソフトなパンとメイプルがおいしい。
13. パンの缶詰 バニラミルク 100gの商品写真

パンの缶詰 バニラミルク 100g

420(税込)
商品番号:E165639H
発売元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「パンの缶詰 バニラミルク 100g」は、特許製法でつくりあげた、長期保存可能なやわらかいパンです。バニラミルク味。
14. パンの缶詰 ミルククリームの商品写真

パンの缶詰 ミルククリーム

367(税込)
商品番号:P117610H
発売元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「パンの缶詰 ミルククリーム」は、焼きたてパンそのままを、特殊製法によりソフトに仕上げた長期保存可能なパンです。いつでもどこでも、ふんわり風味豊かなパンがお楽 しみいただけます。ミルククリームが入ったほんのりとした美味しさ。開缶前にお湯等で温めると焼きたての風味が味わえます。携帯用食品として、お子さまの おやつ、レジャーのお供などにご利用下さい。
15. パンですよ! レーズン味 2個入の商品写真

パンですよ! レーズン味 2個入

399(税込)
商品番号:E108940H
「パンですよ! レーズン味 2個入」は、まるで焼きたてのようなふっくら柔らかな保存食の常識を超える缶詰パン(缶パン)です。レーズン味。栄養豊富なレーズンの爽やかな香りと味わい。
16. パンの缶詰 ハチミツレモンの商品写真

パンの缶詰 ハチミツレモン

358(税込)
商品番号:E102457H
発売元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「パンの缶詰 ハチミツレモン」は、特許製法でつくりあげた長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。焼きたて風味のソフトなパンとはちみつレモンが最高です。
17. パンの缶詰 厳選素材品 抹茶味 100gの商品写真

パンの缶詰 厳選素材品 抹茶味 100g

420(税込)
商品番号:X108000H
製造元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「パンの缶詰 厳選素材品 抹茶味 100g」は、焼きたてパンそのままを、特殊製法によりソフトに仕上げた長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。いつでもどこでも、ふんわり風味豊かなパ ンがお楽しみいただけます。ふっくらとしたパンのおいしさと日本の抹茶を取り合わせた抹茶味。開缶前にお湯等で温めると焼きたての風味が味わえます。携帯 用食品として、お子さまのおやつ、レジャーのお供などにご利用下さい。
18. パンですよ! チョコチップ味 2個入の商品写真

パンですよ! チョコチップ味 2個入

399(税込)
商品番号:E108939H
「パンですよ! チョコチップ味 2個入」は、まるで焼きたてのようなふっくら柔らかな保存食の常識を超える缶詰パン(缶パン)です。チョコチップ味。カカオの香り高いチョコチップがたっぷり。
19. TOKUSUI パン パネトーネタイプ(缶詰パン)の商品写真

TOKUSUI パン パネトーネタイプ(缶詰パン)

367(税込)
商品番号:E077261H
「TOKUSUI パン パネトーネタイプ(缶詰パン)」は、長期保存が可能な缶詰パン(缶パン)です。焼きたての風味とおいしさを長期間保ちます。非常用備蓄食としても十分にお 役に立てます。また、レジャーやスポーツ、キャンプなどの携帯にも便利です。簡易缶切りを付けているので、いつでもどこでも召し上がれます。 イタリアのパネトーネを使用しました。パネトーネとは、生地にドライフルーツ(レーズン・オレンジピール)を加えて焼き上げたものです。
20. パンですよ! コーヒーナッツ味 2個入の商品写真

パンですよ! コーヒーナッツ味 2個入

399(税込)
商品番号:E108938H
「パンですよ! コーヒーナッツ味 2個入」は、まるで焼きたてのようなふっくら柔らかな保存食の常識を超える缶詰パン(缶パン)です。コーヒーナッツ味。コーヒーとくるみの繊細でコクのあるおいしさ。
21. Bonne Chance パンの缶詰 キャラメルのパン 24缶の商品写真

Bonne Chance パンの缶詰 キャラメルのパン 24缶

10,836(税込)
商品番号:E069606H
発売元:岡根谷  ブランド:Bonne Chance(ボンヌ チャンス)
「Bonne Chance パンの缶詰 キャラメルのパン 24缶」は、独自製法でつくった長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。災害用非常食に、船舶用保存食に、アウトドア用携帯食に。色々な用途に使えて便 利。イタリアの天然酵母パネトーネを使用し、充分に発酵させた生地で、味わい深い本格派のパンに仕上げました。ふたがプルトップのなので、楽に開封できま す。 濃厚なキャラメルシートを幾重にも練り込んで、体にしみ込んでいくおいしさです。
22. Bonne Chance パンの缶詰 ミルクのパン 24缶の商品写真

Bonne Chance パンの缶詰 ミルクのパン 24缶

10,836(税込)
商品番号:E069605H
発売元:岡根谷  ブランド:Bonne Chance(ボンヌ チャンス)
「Bonne Chance パンの缶詰 ミルクのパン 24缶」は、独自製法でつくった長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。災害用非常食に、船舶用保存食に、アウトドア用携帯食に。色々な用途に使えて便 利。イタリアの天然酵母パネトーネを使用し、充分に発酵させた生地で、味わい深い本格派のパンに仕上げました。ふたがプルトップのなので、楽に開封できま す。 お口に広がるたっぷりミルクは、シンプルで極上の味わいです。
23. Bonne Chance パンの缶詰 苺のパン 24缶の商品写真

Bonne Chance パンの缶詰 苺のパン 24缶

10,836(税込)
商品番号:E069604H
発売元:岡根谷  ブランド:Bonne Chance(ボンヌ チャンス)
「Bonne Chance パンの缶詰 苺のパン 24缶」は、独自製法でつくった長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。災害用非常食に、船舶用保存食に、アウトドア用携帯食に。色々な用途に使えて便 利。イタリアの天然酵母パネトーネを使用し、充分に発酵させた生地で、味わい深い本格派のパンに仕上げました。ふたがプルトップのなので、楽に開封できま す。 可愛い苺マーブルがフルーティに香り高いおいしさです。
24. Bonne Chance ケーキの缶詰 フルーツのケーキ 24缶の商品写真

Bonne Chance ケーキの缶詰 フルーツのケーキ 24缶

15,624(税込)
商品番号:B512710H
発売元:岡根谷  ブランド:Bonne Chance(ボンヌ チャンス)
「Bonne Chance ケーキの缶詰 フルーツのケーキ 24缶」は、焼きたての豊かな風味をそのまま缶に詰めました。カリフォルニア育ちのレーズン、ナッツ、ドライフルーツをふんだんに使用した、とてもリッチ なケーキの缶詰です。無添加油脂を使用しています。パンの缶詰(4号缶)の2/3(5号缶)のサイズでありながら582カロリーもあり、高タンパク、高カ ロリー。災害時の非常食に最適です。長期保存が可能です。フタがプルトップなので、楽に開封できます。合成保存料、合成着色料は使用していません。
25. Bonne Chance パンの缶詰 プレーンのパン 24缶の商品写真

Bonne Chance パンの缶詰 プレーンのパン 24缶

9,072(税込)
商品番号:B512700H
発売元:岡根谷  ブランド:Bonne Chance(ボンヌ チャンス)
「Bonne Chance パンの缶詰 プレーンのパン 24缶」は、焼きたての豊かな風味をそのまま缶に詰めました。長期保存可能な、カルシウム入りの缶詰パンです。富士山の岩清水・伏流水を使用。保存用乾燥 パンと違い、しっとりやわらか。保存食とは思えない美味しさです。フタがプルトップなので、楽に開封できます。合成保存料、合成着色料は使用していませ ん。災害用の非常食、船舶用保存食、アウトドア用携帯食、高年齢者用携帯食など、色々な用途にお使い頂けます。
26. Bonne Chance パンの缶詰 コーヒーのパン 24缶の商品写真

Bonne Chance パンの缶詰 コーヒーのパン 24缶

9,072(税込)
商品番号:B512690H
発売元:岡根谷  ブランド:Bonne Chance(ボンヌ チャンス)
「Bonne Chance パンの缶詰 コーヒーのパン 24缶」は、焼きたての豊かな風味をそのまま缶に詰めました。長期保存可能なコーヒー味の缶詰パンです。富士山の岩清水・伏流水を使用。保存用乾燥パンと 違い、しっとりやわらか。保存食とは思えない美味しさです。フタがプルトップなので、楽に開封できます。合成保存料、合成着色料は使用していません。災害 用の非常食、船舶用保存食、アウトドア用携帯食、高年齢者用携帯食など、色々な用途にお使い頂けます。
27. Bonne Chance パンの缶詰 おいものパン 24缶の商品写真

Bonne Chance パンの缶詰 おいものパン 24缶

9,072(税込)
商品番号:B512680H
発売元:岡根谷  ブランド:Bonne Chance(ボンヌ チャンス)
「Bonne Chance パンの缶詰 おいものパン 24缶」は、焼きたての豊かな風味をそのまま缶に詰めました。長期保存可能な缶詰パンです。保存用乾燥パンと違い、しっとりやわらか。保存食とは思えない 美味しさです。フタがプルトップなので、楽に開封できます。合成保存料、合成着色料は使用していません。国内産さつまいも100%、富士山の岩清水・伏流 水を使用。災害用の非常食、船舶用保存食、アウトドア用携帯食、高年齢者用携帯食など、色々な用途にお使い頂けます。
28. Bonne Chance パンの缶詰 あずきのパン 24缶の商品写真

Bonne Chance パンの缶詰 あずきのパン 24缶

9,072(税込)
商品番号:B512670H
発売元:岡根谷  ブランド:Bonne Chance(ボンヌ チャンス)
「Bonne Chance パンの缶詰 あずきのパン 24缶」は、焼きたての豊かな風味をそのまま缶に詰めました。長期保存可能な缶詰パンです。保存用乾燥パンと違い、しっとりやわらか。保存食とは思えない 美味しさです。フタがプルトップなので、楽に開封できます。合成保存料、合成着色料は使用していません。国内産あずき100%、富士山の岩清水・伏流水を 使用。災害用の非常食、船舶用保存食、アウトドア用携帯食、高年齢者用携帯食など、色々な用途にお使い頂けます。
29. アキモトの安心パン(プレーン)*24個の商品写真

アキモトの安心パン(プレーン)*24個

8,820(税込)
商品番号:A197200H
製造元:パン・アキモト  ブランド:パンの缶詰
「アキモトの安心パン(プレーン)*24個」は、厳選素材を使用し、本品の専用ラインでつくりあげた缶詰パンです。卵・牛乳・大豆は使用していない、主食となる除去・代替食です。*本品は非常食(保存食)とは異なります。未開封の状態でも長期保存には適しておりません。出来るだけ早めにお召し上がりください。
30. Bonne Chance パンの缶詰 もっちりカレーのパン 24缶の商品写真

Bonne Chance パンの缶詰 もっちりカレーのパン 24缶

13,104(税込)
商品番号:E069608H
発売元:岡根谷  ブランド:Bonne Chance(ボンヌ チャンス)
「Bonne Chance パンの缶詰 もっちりカレーのパン 24缶」は、独自製法でつくった長期保存可能な缶詰パン(缶パン)です。災害用非常食に、船舶用保存食に、アウトドア用携帯食に。色々な用途に使えて便 利。イタリアの天然酵母パネトーネを使用し、充分に発酵させた生地で、味わい深い本格派のパンに仕上げました。ふたがプルトップのなので、楽に開封できま す。 丹波産こしひかりのパン生地に、ピリッと刺激的でエキゾチックなカレーが絶妙にマッチします。

フランス陸軍のレーション 左から缶詰(鶏肉の春野菜添え)、ココア、ガム、キャラメル、角砂糖、プリン、シリアルバー、フルーツゼリー、ポケットティッシュ、ビーフブイヨン、クラッカー、チョコレートなどが見える。

米軍のMREパッケージ内容物 これらがひとつにパッケージ化されて提供される。全てがコンパクトで合理的にまとめられているが、娯楽要素のための副食であるチョコレート(M&M’s)だけは市販の目をひくものが使われている様子が伺える

2011/04/04

【災害対策】 絶対必需品 チョコレート 高カロリーの非常食

高カロリーの非常食『チョコレート』

1993年4月、一人の英国人登山家がロシアのコーカサス山脈で強烈な吹雪に巻き込まれて遭難してしまいました。 マイナス何十度という極寒の中での遭難は、普通ならば確実に死を招く出来事になるはずでした。 ところが、この英国人登山家は雪の中で6日間もさまよった後に、無事に生還することが出来ました。その奇跡の生還を伝える新聞の見出しには『彼はシガレットライターと極端な幸運とチョコレートバー※だけで6日間をサバイバルした』という活字が踊っていました。   十数年前の日本でも、登山者がチョコレートを少しずつ食べながら、何日も生き延びたという話がありましたが、どちらの話もチョコレートの栄養価の高い食べ物であるということを教えてくれます。   事実、米軍が支給するサバイバルキットの中には、保存のきくチョコレートを入れたものが少なくありません。ダイエットの流行により、チョコレートが他の食品より高カロリーだというのは、もう常識になっています。  

ダイエット中の人にとってチョコレートは天敵ですが、サバイバルする人にとってのチョコレートは最高の味方なのです。

  例えば市販のナッツ入りチョコレート一枚のカロリーは、ファーストフード店のチキンナゲット5個入りと300mlの牛乳(加工乳)1本とミルクを入れたコーヒーゼリー1個分のカロリーに匹敵するのです。   とりあえずチョコレートがあれば、満腹感は味わえませんが体力の消耗を防ぎます。遭難した英国人男性は火を起こす道具と、無事に救出される幸運をもっていましたが、チョコレートによって生きる気力を維持し続けたことで、助かったのです。   天災がどういう形でやってきて、自分のいる場所がどうなるかなんて誰も予測できません。   もしもの備えに防災キットの中にチョコレートを入れておくよう心がけてましょう。   賞味期限が心配だという人には、アウトドア用品店などで売っている長期保存タイプをお奨めします。 市販のものを1~2ヶ月ごとに入れ替えていくのでも充分です。

疲れが極限に達しているときはいらいらして、気持ちばかりが焦ってきます。そんな時こそ一息ついて一片のチョコレートをかじりたい。きっと心に余裕が生まれてくるはずです。

(出典 マグニチュード手帳 [最新改訂版]~地震・災害マニュアル~ より)

「保存食」 人気売れ筋アイテム!

【ケーキの缶詰6缶 合成保存料・着色料無添加】非常食、保存食、非常食 缶詰、非常食 保存食、缶詰 保存食、非常食 パン、缶詰 通販 ¥3,650 【ケー キの缶詰6缶 合成保存料・着色料無添加】ドライブ・アウトドア・震災害非常食に最適!人気のパンの缶詰!!美味しいケーキも焼きあがりました。焼きたての豊な風味をそ のまま缶詰に。いつでもどこでも美味しくいただけます。無添加(合成保存料・合成着色料は一切使用されておりません)。カリフォルニア育ちのレーズン、 ナッツやドライフルーツをふんだんに使ったとてもリッチなフルーツケーキ。(無添加油脂を使用)。賞味期間は2年と長期保存が可能。【セット内容】ケーキ の缶詰×6缶【原材料】小麦粉・無添加油脂・卵・砂糖・ベーキングパウダー・重曹・シナモン・レーズン・クルミ・オレンジピール・ドレンチェリー【重量】 約21…
送料無料【ケーキの缶詰12缶 合成保存料・着色料無添加】非常食、保存食、非常食 缶詰、非常食 保存食、缶詰 保存食、非常食 パン、缶詰 通販 ¥6,048 【ケー キの缶詰12缶 合成保存料・着色料無添加】ドライブ・アウトドア・震災害非常食に最適!人気のパンの缶詰!!美味しいケーキも焼きあがりました。焼きたての豊な風味をそ のまま缶詰に。いつでもどこでも美味しくいただけます。無添加(合成保存料・合成着色料は一切使用されておりません)。カリフォルニア育ちのレーズン、 ナッツやドライフルーツをふんだんに使ったとてもリッチなフルーツケーキ。(無添加油脂を使用)。賞味期間は2年と長期保存が可能。【セット内容】ケーキ の缶詰×12缶【原材料】小麦粉・無添加油脂・卵・砂糖・ベーキングパウダー・重曹・シナモン・レーズン・クルミ・オレンジピール・ドレンチェリー【重 量】約…
【ケーキの缶詰6缶 合成保存料・着色料無添加】非常食、保存食、非常食 缶詰、非常食 保存食、缶詰 保存食、非常食 パン、缶詰 通販 ¥3,650 【ケー キの缶詰6缶 合成保存料・着色料無添加】ドライブ・アウトドア・震災害非常食に最適!人気のパンの缶詰!!美味しいケーキも焼きあがりました。焼きたての豊な風味をそ のまま缶詰に。いつでもどこでも美味しくいただけます。無添加(合成保存料・合成着色料は一切使用されておりません)。カリフォルニア育ちのレーズン、 ナッツやドライフルーツをふんだんに使ったとてもリッチなフルーツケーキ。(無添加油脂を使用)。賞味期間は2年と長期保存が可能。【セット内容】ケーキ の缶詰×6缶【原材料】小麦粉・無添加油脂・卵・砂糖・ベーキングパウダー・重曹・シナモン・レーズン・クルミ・オレンジピール・ドレンチェリー【重量】 約21…
送料無料【ケーキの缶詰12缶 合成保存料・着色料無添加】非常食、保存食、非常食 缶詰、非常食 保存食、缶詰 保存食、非常食 パン、缶詰 通販 ¥6,048 【ケー キの缶詰12缶 合成保存料・着色料無添加】ドライブ・アウトドア・震災害非常食に最適!人気のパンの缶詰!!美味しいケーキも焼きあがりました。焼きたての豊な風味をそ のまま缶詰に。いつでもどこでも美味しくいただけます。無添加(合成保存料・合成着色料は一切使用されておりません)。カリフォルニア育ちのレーズン、 ナッツやドライフルーツをふんだんに使ったとてもリッチなフルーツケーキ。(無添加油脂を使用)。賞味期間は2年と長期保存が可能。【セット内容】ケーキ の缶詰×12缶【原材料】小麦粉・無添加油脂・卵・砂糖・ベーキングパウダー・重曹・シナモン・レーズン・クルミ・オレンジピール・ドレンチェリー【重 量】約…
非常食 インスタント パンの缶詰 6種類 12個セット パン 災害用非常食・備蓄用・保存食に!ふっくらおいしい非常食 保存食 缶詰パン ¥6,000 災 害用非常食、アウトドア用携帯食にとっても便利なパンの缶詰ができました。今まで非常食といえば、味がイマイチ・・・。そんなイメージを一新!安全はもち ろん、美味しさ・品質を追求したふっくらパンです。合成保存料及び、合成着色料を一切使用しておりません。さらに、○○風味ではなく、本物の具材を使用し ました。プルトップで開けやすく、様々な用途にお使い頂けるパンの缶詰です。現在、工場側における計画停電の影響、また被災地向けへの出荷の優先等により 入荷が大幅に遅れております。 その為、ご注文後お届けまでに1ヶ月程度掛る可能性がございます。また、状況によっては、さらにお時間をいただく場合がございますので予めご了…
サタケ マジックライス 非常用保存食(スタンドパック個食)シリーズ「山菜おこわ」 50食 【防災用品 / 保存食 非常食】 ¥19,950 サ タケの「マジックライス」は、災害時の定番アイテム、個食タイプの非常食です。マジックライス 非常用保存食(スタンドパック個食)シリーズ「山菜おこ わ」1食あたり■内容量:100g ■出来上がり量:約220g ■賞味期限:5年 ■JANコード:4531717800714 ■栄養成分(1食あたり):エネルギー375kcal、たんぱく質 6.8g、脂質 1.2g、炭水化物 84.3g、ナトリウム 719mg※1食あたり160mlのお湯または水が必要です…
【代引不可】富士山麓の保存水「500ml×24本」×10ケース(保存水/5年保存/保存食/非常食/防災) ¥37,800 北 上山地の地表下600mに湧く自然鉱水をボトルに詰め、さらに加熱処理することにより5年間の保存を可能にしました。弱アルカリ性で分子集団が極めて小さ いため、まろやかで生体組織内への浸透力が高い「美味しくて、身体によい水」です。(保存水,5年保存,保存食,非常食,防災)※10ケース販売は、原則 として送料無料で、メーカー(工場)より直接お届けする方法です。送料無料適用の場合は、メーカー直送便によるお届けになるため、「代金引換」「お時間の 指定」「配送便指定」はお受けできません。…
保存食安心セット(10食入) 【防災用品 / 非常食 保存食】 ¥3,412 スプーン内包。パッケージの底が広がるので容器なしでも食べやすい設計です。白飯と五目ごはんを5袋ずつセットしました。■セット内容:保存食ごはん・保存食五目ごはん各100g×各5袋■付属品:スプーン■賞味期限:5年
【代引不可】いのちの水「1.5リットル×8本」×10ケース(保存水/5年保存/保存食/非常食/防災) ¥22,050 比 良山系の地下水を、逆浸透膜方式の浄水システムにより水に含まれるミネラル分や、有機物、その他科学物質などの成分を高度に分離、除去した純水です。きれ いで安全であるばかりか、口当たりもとてもソフトでまろやか。何よりもまず安心して口にできる水です。(保存水,5年保存,保存食,非常食,防災)※10 ケース販売は、原則として送料無料で、メーカー(工場)より直接お届けする方法です。送料無料適用の場合は、メーカー直送便によるお届けになるため、「代 金引換」「お時間の指定」「配送便指定」はお受けできません。…
非常食 餅 災害用非常食 保存食 即席餅 お餅 おもち【保存期間5年】水を注いで1分!【水をそそげばアッというまに「きなこ餅」】※発送まで3週間程度頂 ¥525 即 席もちの「水だけあれば餅」は水さえあればいつでもどこでもつきたてのお餅が食べられます。即席もちは非常食、災害時の備えに備蓄はもちろんのこと、「不 意のお客様」、「受験生のお夜食」、「アウトドアの携行食」、「海外旅行のおとも」など、使い方はいろいろです。名称 乾燥餅原材料名 もち種とうもろこしでん粉、もち米粉、果糖、ブドウ糖、きなこ(大豆、砂糖、食塩、ドロマイト、d-α-トコフェロール)内容量 乾燥餅80g(12枚)、別添 きな粉40g、砂糖6g賞味期限 製造日より5年 容器包装の下部に記載保存方法 直射日光・多湿を避け、常温で保存して下さい。使用上の注意 開封後は、袋のふたを閉じ、数日以内で食…
長期保存食 缶入りソフトパン レーズン入り[非常食 保存食 缶詰パン] ¥367 「長 期保存食 缶入りソフトパン レーズン入り[非常食 保存食 缶詰パン]」は、美味しさを常温で3年間長期保存できる、やわらかい、やさしい甘さの缶詰パン(缶パン)です。焼きたてのパンの風味をそのまま、特殊な製 法で作り上げました。災害備蓄食、ハイキング、スキー、旅行、アウトドアなどとしてご利用ください。レーズン&amp;乾燥フルーツ入り。缶切り 無しで開けられます。…
◆保存食≪杵つき餅 非常食パック(4個入×12パック)【送料無料】≫常温保存食だから防災袋に常備をオススメ ¥4,480 杵 つき 角餅 48個(4個入×12パック)【送料無料】※東北・北海道・沖縄へはお届けできません名称:角餅(白) 原材料:水稲もち米(徳島県産)・食塩 内容量:約50g×4個入り賞味期限:製造後3ヶ月(製造日はパッケージに記載) 保存方法:冷暗所常温保存(冷蔵保存は最適です)直射日光:高温、多湿の場所での保存は避けてください製造・販売:かいふ農業協同組合レスキューフード/ 保存食セット/非常食セット…
サタケ マジックライス&amp;パスタ 5年保存非常食シリーズ 全部入りセット【防災用品 / 保存食 非常食】 ¥3,150 お 湯を入れればふっくら美味しい、炊きたてご飯!!サタケの5年保存可能なマジックライス8食&パスタ2食を集めたセット。味はもちろんご飯は100%国産 米を使用しているので、食感も普通のご飯と遜色ありません。災害時の備蓄用食料としてはもちろんですが、旅行・レジャーの際も軽量&省スペースの上、お湯 を入れるだけの簡単調理なので軽食にピッタリ。受験や残業時の夜食にもピッタリです。■セット内容:サタケのアルファ米スタンドパック8個+パスタ2個 (白飯、五目ご飯、大豆ひじきご飯、山菜おこわ、ドライカレー、えびピラフ、しそわかめご飯、お赤飯、カルボナーラ、ぺペロンチーノ)■本体サイズ (約):160×142×70m…
【保存期間10年】≪6缶セット≫サバイバルフーズ チキンシチュー 1缶10食538g×6缶 (食品、御飯、非常食、保存食、サバイバルフーズ) ¥50,475 NASA で宇宙食として採用された長期(10年)備蓄食料です。米国オレゴン・フリーズドライフーズ社が開発した長期備蓄食糧です。NASAで航空宇宙食として採 用されています。チキンシチュー1缶10食分賞味期限10年湯の必要量 / 3L商品は製造から10年間保存が可能ですが、流通の都合上、多少月日が過ぎている場合があります。【仕様】サイズ :15.3×17.3cm(日本工業規格1号缶) 内容量 :538g 標準食数:約10食 / 1缶 主要原料 :野菜(じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、にんじん、えんどう豆、たまねぎ、鶏肉、植物油脂(コーン油、大豆油)、脱脂粉乳、加工でんぷん食塩、タン パク加水分解物…
カニヤの5年保存ビスケット【80食】(1/4斗缶×4缶)(非常食/保存食/防災) ¥13,986 火 や水がなくても調理不要で食べられる非常食として欠かせません。 6枚入りの個包装(1個1食。66g)が20個入った1/4斗缶が4缶(合計80食)入ってるセットです。賞味期限は製造日より5年間です。(※缶開封後 は保存できません。2〜3日でお召し上がりください。)(防災用品/非常食,送料無料)
レスキューフーズ ビーフシチュー(180g) レトルトハ゜ック24食入 3年保存 【防災グッズ / 非常食 保存食】 ¥8,316 赤 ワインの芳醇な香りと牛肉の旨みが絡み合ったコクのあるソースで煮込んだ大人のシチューです。長期保存ができるレトルト食品をお探しの方にはおすすめで す。【非常食・保存水】■内容量:180g■原材料名:野菜(じゃがいも、にんじん、たまねぎ)、牛肉、小麦粉、トマトピューレ、ワイン、食物繊維(難消 化性デキストリン)、コーン油、砂糖、トマトペースト、食塩、ウスターソース、香辛料、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)■賞味期限:常温3年6ヶ月■ 保存方法:常温で保存してください■原産国・提供元:日本■配送方法:常温※メーカーの都合により商品デザインの変更をする場合がございますので予めご了 承下さい。※加熱直後の食…
保存食バラエティセット(約10食分)×3 【防災グッズ / 非常食 保存食】 ¥16,221 被 災時でも安心して召し上がることができる非常食約10食分を詰め合わせ。単食のような飽きがくるセットと違い毎回新鮮な味が楽しめる防災非常食です。■内 容:缶詰弁当(とりめし)、アルファ米(山菜おこわ100g×2袋)、きなこ餅(2袋)、ビスケット、パンの缶詰、はちみつ缶、みそ汁缶(2本)、缶詰 (牛肉大和煮・ウインナー・さんま味付)、スーパー保存水(1.5L×2本)、ドロップス(缶切付) ■賞味期限:3年/5年(商品によって異なります)■箱サイズ:約360×200×200mm※発送単位・価格は、1セット約10食分×3セットとなりま す。※パッケージ等が多少変更になる場合がございます。…
レトルト保存食シリーズ「きのこごはん30袋」(非常食/保存食/防災グッズ/レトルト/炊き出し/御飯/ご飯/送料無料) ¥10,773 お湯で温めるだけで、そのまま食べられます。30食入っているので、ご家族分の非常食として備えておくのに最適です。(非常食,保存食,防災グッズ,レトルト,炊き出し,御飯,ご飯,送料無料)
災害時の非常食に! アルファー食品 非常食安心セット (10食入り) アルファ米 安心米 【白飯・五目 各5食入】 (防災食/保存食/防災グッズ) ¥3,360 災害時の非常食に! アルファー食品 非常食安心セット (10食入り) アルファ米 安心米 保存食 【白飯・五目 各5食入】 熱湯20分・水60分で簡単調理
ミドリ安全 長期保存食 非常食 ミドリのサバイバルパンII 3缶セット (チョコ/ミックス/リンゴ) ミドリ安全 長期保存食 非常食 ミドリのサバイバルパンII 3缶セット (チョコ/ミックス/リンゴ)柔らかなままで5年間の長期保存が可能です。焼きたてのおいしさ!お年寄りからお子様まで、あらゆる方におすす めです。しっとり柔らかなまま保存できますので、水分に限りのある非常時でもお年寄りからお子様まで食べやすいパンです。防腐剤、脱酸素剤を使用せず、真 空高温殺菌です。缶切りいらずのイージーオープン缶で、1缶に2ヶ入で分けやすく、食べきりやすい分量です。逆さまに2つ重ねて入っていますので、ご家族 や、ご近所の方と分け合って食べられます。パンに触れずに衛生的にカップを切り取れます。【注意】賞味期限は製造日からの期間です。商品によっては期間が 短くなる場合があります。開缶及びパンを取り出す際は、フタの切り口で手を切らない様にご注意下さい。

  • 柔らかなままで5年間の長期保存が可能!【注意】賞味期限は製造日からの期間です。商品によっては短くなる場合があります。
  • 焼きたてのおいしさ!今までにないしっとり感のあるマフィンタイプのパンです。
  • 1缶2個入り(100g)
  • カロリー(1缶あたり):チョコチップ390kcal、ミックスフルーツ・ドライリンゴ370kcal
  • 入数:1缶(2個入り)×3缶(チョコチップ、ミックスフルーツ、ドライリンゴ各1缶)

非常食

非常食

商品カテゴリー

超長期保存25年保存サバイバルフーズ

◆超長期保存25年間!!驚きの保存期間の防災備蓄食!

料理としての妥協もなし!サバイバルフーズは世界最大規模の凍結乾燥食品メーカーである「オレゴンフリーズドライ」社の40年にわたる経験と特殊な技術により作られた25年間の超長期保存が可能なフリーズドライ加工の備蓄食です。

サバイバルフーズ 2& サバイバルフーズ 2号缶フルセット 27,300円 おかず、リゾット全種と クラッカー2缶の計6缶。 お試し、ギフトにも! サバイバルフーズ チキンシチュー+クラッカーセット サバイバルフーズ ファミリーセット・チキン 1号缶:37,170円 2号缶:11,970円 クラッカーとチキンシチューの ファミリーセット!! サバイバルフーズ 野菜シチュー+クラッカーセット サバイバルフーズ ファミリーセット・野菜 1号缶:34,713円 2号缶:12,569円 クラッカーと野菜シチューの ファミリーセット!!
サバイバルフーズ 洋風えび雑炊 サバイバルフーズ 洋風えび雑炊×6缶セット 46,085円 バターとワインの香りが たまらないエビリゾット! 25年間の長期保存。 サバイバルフーズ洋風とり雑炊 サバイバルフーズ 洋風とり雑炊×6缶セット 46,085円 鳥、マッシュルーム、 にんじんなど具だくさん 栄養満点保存食! サバイバルフーズ野菜シチュー サバイバルフーズ 野菜シチュー×6缶セット 1号:45,486円 2号:15,561円 しっかり煮込まれた 野菜たっぷりのシチュー!
サバイバルフーズチキンシチュー サバイバルフーズ チキンシチュー×6缶セット 1号缶:50,274円 2号缶:14,364円 チキンの入ったデリシャス、 そしてほくほくシチュー。 サバイバルフーズ クラッカー サバイバルフーズ クラッカー×6缶セット 1号缶:23,940円 2号缶:9,576円 食べ応え満点のスコーン風の クラッカー!!

缶入り非常食

缶入りカンパン 缶入りカンパン 220円~ 非常食といえばカンパン! のどの渇きを潤すための 氷砂糖入り! パンの缶詰 マフィンタイプ パンの缶詰マフィンタイプ 367円 長期保存が出来るパンの缶詰。 ふんわりしたマフィンタイプで 缶詰とは思えないほどしっとり。 缶deボローニャ 缶deボローニャ 399円 あのボローニャの長期保存缶。 非常食以外にも、アウトドアや おやつ、贈り物にも最適です。
缶入りこんぺいとう 缶入りこんぺいとう 400円~2,240円 疲労回復には甘いもの! 食べると唾液がでて のどの渇きを潤します。 缶入り保存大豆 缶入り保存大豆 480円~11,130円 缶入りの保存大豆。 満タンに保存大豆(豆まきの豆)が 入っています。 オーロラビスケット ミルクビスケット 220円~4,992円 長期保存できるブルボン社 のミルクビスケット! おいしいです。
ベターホーム野菜スープシリーズ ベターホーム野菜 スープシリーズ 294円 お料理教室『ベターホーム』の 野菜スープシリーズです。 いつでも作りたての味! 5年保存 缶入りリッツクラッカー Lサイズ 5年保存缶入りリッツ クラッカー Lサイズ 840円 缶入りリッツクラッカー 非常食タイプは5年間の 保存が可能です! 非常・携帯用 サクマ式ドロップス ベターホームの おろしりんご 294円 国産りんごにこだわった おろしりんごの缶詰です。
筑前煮缶詰 防災用保存食 みそ汁 180円 日本人にもってこいの保存食 みそ汁の保存缶です。 3年間の長期な保存! ベターホームかあさんの味缶詰 ベターホーム かあさんの味缶詰 1449円~ 美味しいお惣菜の缶詰です。 開けてすぐ食べられるので 備蓄用に便利! パンの缶詰「パンですよ」シリーズ 非常用食品 パンの缶詰 「パンですよ」シリーズ 380円 チョコチップ、レーズン、コーヒー ナッツの3種類のラインナップ。 ふわふわの焼きたて風!
銚子風おでん つめたくてもおいしい! 牛スジ入りおでん 380円~ 大人気のおでんの缶詰に だしにこだわった大分産! 肉じゃが缶 具だくさん! 肉じゃが缶 380円 十分おかずになる ホクホクの肉じゃが! ビスコ保存缶 数量限定! ビスコ保存缶 400円 あのビスコが3年保存缶で 登場しました!お子様から ご老人までオススメ!
みそラーメン缶 ヘルシーなこんにゃく麺 みそラーメン缶 380円~ 熊本風特製チャーシュー入り スープが麺にからみつくっ! とんこつラーメン缶 ヘルシーなこんにゃく麺 とんこつラーメン缶 380円~ 博多屋台風 〆にいかが! しょうゆラーメン缶 ヘルシーなこんにゃく麺 しょうゆラーメン缶 380円~ 特製チャーシュー入り 鹿児島風!
缶入りソフトパン お備えパン 缶入りソフトパン お備えパン 420円~9,600円 長期保存のソフトパン。 特許製法で作られた長期 保存可能なソフトパンです。 森永製菓 長期保存マリー缶 森永製菓 長期保存マリー缶 525円 いつでもサクサク美味しい! 長期5年保存が出来る マリー缶登場!! 森永製菓 長期保存マリー缶 3年保存 銚子風おでん 300円 醤油の町、銚子特有のコクが ある醤油『源醤』とカツオだしで 風味良く味付けされたおでん。
筑前煮缶詰 3年保存 筑前煮缶詰 380円 野菜不足に煮物で栄養補給。 ゴロゴロ野菜の入った 美味しい缶詰!! ブルボン 缶入りカンパン ブルボン 缶入りカンパン 252円 非常食の定番! 長期間の保存が出来、 簡単に食べられます! ブルボン 缶入りミニクラッカー ブルボン 缶入りクラッカー 220円 あっさり塩味の保存食! やわらかいので誰でも 食べやすくて美味しい!
災害備蓄保存用パン『生命のパン あんしん』 災害備蓄保存用パン 『生命のパン あんしん』 380円 おいしく、食べやすく、 長期保存に こだわったソフトなパン! 災害備蓄保存用パン『生命のパン あんしん』 コアラのマーチ ビスケット保存缶 400円 笑顔と元気をチャージ! コアラのマーチの ビスケット保存食!

ページのトップに戻る

マジックライスシリーズ

マジックライス 保存食シリーズ 白飯 マジックライス 保存食シリーズ 白飯 294円 どんな副菜・汁物にも 合うシンプルな 日本人の基本食。 マジックライス 保存食シリーズ 五目ご飯 マジックライス 保存食シリーズ 五目ご飯 357円 食べ方2通り! 野菜のうまみと醤油の あっさり味の五目ご飯! マジックライス 保存食シリーズ 炒飯 マジックライス 保存食シリーズ 炒飯 399円 食べ方2通り! ピリッとスパイシーで いろどり具だくさんの炒飯!
マジックライス 保存食シリーズ ドライカレー マジックライス 保存食シリーズ ドライカレー 357円 マイルドなカレー味と ご飯が良く合い、 食欲をそそります! マジックライス 保存食シリーズ 牛飯 マジックライス 保存食シリーズ 牛飯 399円 牛肉の旨味がつまった、 男性にも人気の 定番アイテム「牛飯」! マジックライス 保存食シリーズ えびピラフ100g マジックライス 保存食 シリーズ えびピラフ100g 399円 プリプリのえびに 彩りの良い野菜が入った 人気の洋食メニュー!!
マジックライス 保存食シリーズ しそわかめご飯 マジックライス 保存食シリーズ しそわかめご飯 399円 しそ、わかめ、ごまの バランスが絶妙! 風味豊かなご飯。 マジックライス 食べきり ちらし寿司(77g) マジックライス 食べきり ちらし寿司(77g) 357円 食べきりサイズの 本格ちらし寿司!!

水でもどす非常食

安心米(アルファ米) 安心米(アルファ米) 294円~14,700円 水、またはお湯で戻せるご飯。 白米、五目ご飯、山菜おこわ 赤飯の4種類から選べます。 おむすびころりん本舗 梅粥 おむすびころりん本舗 梅粥×50個セット 15,750円 5年保存のフリーズドライ の梅粥。お湯でもお水でも すぐに食べられます おむすびころりん本舗 水もどり もち おむすびころりん本舗 水もどり もち×50食セット 20,000円 お湯、または水で戻して すぐに食べられるお餅です。 3種類の味が選べます。
安心米(アルファ米) 尾西食品アルファ米 (5種) 294円~14,700円 水、またはお湯で戻せるご飯。 ふっくら美味しいアルファ米。 まつやのライスるん 1分で出来る即席おかゆ まつやのライスるん 300円~17,000円 水、お湯で戻せるお粥。 お粥なのでお子様から お年寄りでも 安心して食べられます。 魚藤の手羽先玄米リゾット 魚藤の手羽先玄米リゾット 504円 骨まで食べる 新しい防災 備蓄食!!

ページのトップに戻る

火や水を使わない非常食

救難食糧イーアール3食入り 救難食糧イーアール 3食入り 850円 100gのアンパン約3個分の カロリーを摂取できる コンパクトな非常食糧。 スティックパン スティックパン 50個セット 16,800円 7年保存できる非常食。 ラスク風のサクサクしたパン。 7本入り。 非常災害用 保存食せんべい 非常災害用 保存食せんべい 406円 88円 いつでもパリッと美味しい! 長期保存が出来る 薄味せんべいです。
美味しい防災食 さば味噌煮 美味しい防災食 さば味噌煮 630円 美味しくて身体にもいい さばの味噌煮です。 5年保存!! 美味しい防災食 筑前煮 美味しい防災食 筑前煮 630円 いろんな野菜がごろごろ。 栄養価の高い煮物です。 冷たくても美味しいUAA製法。 美味しい防災食 肉じゃが 美味しい防災食 肉じゃが 630円 家庭料理の超定番!! 薄味の肉じゃがはどなたでも 美味しく食べられます。
美味しい防災食 ハンバーグ煮込み 美味しい防災食 ハンバーグ煮込み 630円 デミグラスソースで美味しく 煮込まれたふわふわ ハンバーグ。 美味しい防災食 豚汁 美味しい防災食 豚汁 630円 汁物の定番!! 具沢山でほっとする味です。 野菜もいっぱい! 美味しい防災食 さつま芋のレモン煮 美味しい防災食 さつま芋のレモン煮 630円 さつま芋の甘みとレモンの 酸味がかもし出す ハーモニーは癒しの効果絶大!
おいしい防災食 らーめん(しょうゆ味) 美味しい防災食 らーめん(しょうゆ味) 399円 お湯を入れれば出来上がり! おいしい5年保存 しょうゆラーメン!! 美味しい携行食 美味しい携行食! カレーライス 315円 3年半保存できる 美味しいカレーです。 アウトドアにも最適! ホリカフーズ レスキューフーズ 1食パック(カレー・みそ汁付き) レスキューフーズ12食パック カレー・みそ汁付き 13,125円 いつでもどこでもアツアツ 美味しいカレーライスが 食べられるセット!!
美味しい防災食 ポークカレー 美味しい防災食 ポークカレー 630円 5年間保存できる 美味しいカレーです。 アウトドアにも最適! 美味しい防災食 きんぴらごぼう 美味しい防災食 きんぴらごぼう 630円 だれもが食べたことの あるおふくろの味!!

ページのトップに戻る

非常食セット

非常食セット(大) 非常食セット (大) 5,250円 大人1人3日分のセット。 水は季節により足りない かも知れません。 非常食セット(小) 非常食セット (小) 3,150円 大人1人2日分のセット。 水は季節により足りない かも知れません。

ページのトップに戻る

その他、保存水など

6年保存水500ml 6年保存水1.5l 6年保存水500ml 6年保存水1.5l 210円~4,200円 6年保存できる長期保存水。 無味無臭の蒸留水です。 あんしん保存水500ml×24本入り あんしん保存水500ml 24本入り 4,032円 5年保存できる飲料水。 あんしんで美味しい水。 あんしん保存水2L×6本入り あんしん保存水2L 6本入り 2,520円 5年保存できる飲料水。 あんしんで美味しい水。
命の箱 アークⅢ 命の箱 アークⅢ 2,500円 大人1人、3日分の水と食料と 寒さ、暑さを防ぐブランケットの セットです。
  • 規格 180g×12缶 重量約2.2kg
  • 原材料:豚肉(沖縄県産)、馬鈴薯でん粉(遺伝子組み換えでない)食塩、砂糖
  • 賞味期間:3年
  • 栄養表示:エネルギー282kcal、たんぱく質12.4g、脂質23.3g、炭水化物5.8g、ナトリウム747mg、食塩相当2g
¥ 2,800
¥ 9,480
  • 内容量:340g×24個
  • 原産国名:デンマーク
  • 原材料名:豚肉、でん粉、食塩、マスタード、ガゼインNa(乳由来)、リン酸Na、香辛料出物、酸化防止剤(アスコルビン酸Na)、発色剤(亜硝酸Na)
  • 保存方法:常温保存(開封後は必ず冷蔵保存)
  • 発送について:佐川急便にて東京又は沖縄より出荷
【サバカレー1缶400g】【常温便】 テレビドラマ『コーチ』から生まれた”さばカレー” )保存食・非常食に!
  • ■内容量  400g
  • ■原材料  さば、野菜(馬鈴薯、玉ネギ、人参)、カレー粉、ニンニク、  ウスターソース、小麦粉、ブイヨン、調味料、食塩
  • ■賞味期限  常温で約2年
  • ■配送便  常温便でのお届けとなります。
¥ 420 ¥ 400

おいしすぎる非常食!? 人気のお菓子が保存食となって期間限定で発売中!

掲載日時:2011.08.25 18:00

おいしすぎる非常食!? 人気のお菓子が保存食となって期間限定で発売中!

Amebaなう
AddClips ブックマークに登録
Ads by Google

防災 野外活動でも大活躍http://www.victorinox.co.jpビクトリノックス アーミーナイフ手のひらサイズに16機能 詳細はこちら
危機管理広報emining.jp/リスクに備える賢い広報担当者の情報チェックを強力支援します
防災シェルターkokueki.jp/シェルターの普及を通して日本の安心安全を築きます
「非常食」の記事をお探しですか?最新関連記事が 3 件 あります。

110825mary.jpg 「天災は忘れたころにやってくる」とよく言われますが、災害への対策は日頃から忘れずにやっておきたいもの! みなさんも非常用の持ちだし袋などを用意されていると思いますが、ジャマだし押入れの奥にしまい込んだまま……なんてこと、ないですか? 実は今の時期って、9月1日の「防災の日」に向けてさまざまな防災グッズが発売されるため、『日頃の備え』を強化する絶好のタイミングなんです。大震災から5か月が過ぎ、慣れなどから危機管理意識が薄れがちですが、これを期に、非常袋の中身のチェックや補充をしてはいかがでしょうか。 さて、非常袋の中身でもっとも重要なものというと、やはり食べ物ですよね(私だけ?)。代表的な保存食というと乾パンですが、「食べたことがないからちょっと心配」という人は多いかもしれません。 が、そんな人に朗報です! あのおなじみの味が保存食として期間限定で発売されました!! 110825morinagakya.jpg 保存食になったのは、森永製菓のロングセラー商品、「マリー缶」と「ミルクキャラメル缶」です。 ビスケットはもともと保存食が起源ですし、「マリー」はそのままサクサクと食べられるとあって非常食3 件に最適。また、「ミルクキャラメル」は高い栄養価があり、10粒でご飯約1杯分のカロリーを摂取できるんだとか。 どちらもイザという時のために常備しておきたいお菓子ですが、通常の商品だとこまめに賞味期限をチェックしなければならないのがネック。でも、今回発売されたのは、5年間もの長期保存が可能な缶タイプなので、そんな煩わしさが不要なのは嬉しいですよね。 あと、普段から食べ慣れている味というのもポイントかも。非常時は、どうしても味気ない食事になりがちですが、大人も子供も食べやすく、また、優しい甘さは空腹を満たしてくれるだけでなく、ストレスを軽減してくれる効果もありそうです。ただ、万が一を迎える前に食べてしまいそうで、そちらの方が心配かも……(笑)。 08年に初めて発売されて以降、定番のお菓子が長期保存できるとあって例年好評のこの商品。今年はさらに注目されそうですし、9月上旬ごろまでの期間限定ですので、お早めに! なお、森永製菓のHPでは、人気キャラがあれこれ伝授してくれる「キョロちゃんの防災の心得」も開設中です。非常用備品のチェックリストなど『使える』要素がたっぷりなのでこちらも要チェックですよ。 [「キョロちゃんの防災の心得」] (田村朋子)

キョロちゃんファンクラブ

とじる キョロちゃんファンクラブ
キョロちゃんの防災の心得
.. 防災のしおりをプリントする
日持ちがするので、もしもの時の非常食として役立ちます。
チョコレート ビスケット キャラメル ゼリー飲料

森永マリー保存缶 18枚入

森永マリー保存缶 18枚入 ドラッグストア フラット

森永ミルクキャラメル保存缶 70g

森永ミルクキャラメル保存缶 70g ドラッグストア フラット

賞味期限5年!コアラのマーチ非常食ビスケット

2011/8/ 5 18:12
東日本大震災では救援物資として提供 東日本大震災では救援物資として提供

ロッテは「コアラのマーチビスケット<保存缶>」を2011年8月2日から全国の大手スーパーなどで発売している。 「コアラのマーチビスケット」は賞味期限が5年の非常食6 件用ビスケット。缶のパッケージの側面には災害用伝言ダイヤルの手引書をプリントし、災害時の防災グッズとして役立つようになっている。 ビスケットの味はプレーンで、かわいいコアラのプリント入り。 価格は398円前後。<モノウォッチ>

被災地でも大活躍 手軽でおいしい「マジックライス」がリニューアル  サタケ

サタケは非常食やアウトドア・海外旅行用携帯食として評判の乾燥米飯「マジックライス」をリニューアルし、9月1日から新発売する。

 「マジックライス」はお湯で15分、水なら60分、注ぐだけで食べられる手軽なごはん。保存期間が5年と長いため、非常用備蓄食として全国の自治体・企業などで採用されており、東日本大震災の被災地でも好評だった。 今回のリニューアルでは、注水量を変えることでごはんと雑炊の2種類の食べ方を選べるようになった。雑炊は、災害時などで食欲のない時や高齢者、乳幼児でも食べやすいようにと新たに付け加えた機能だ。 また、これまでのラインナップに牛飯、炒飯を加えて、全7種類9品目に増やした。 容量は保存食タイプが100g、食べきりタイプが77g。希望小売価格は294円〜399円(税込)で、年間販売目標は400万食。 一般にはサタケのホームページ、一部のスポーツ用品店、百貨店などで販売する。 (写真) 保存食シリーズ全7種類。「えびピラフ」と「しそわかめご飯」にはこのほかに食べきりタイプがある。

(2011.08.09)

誰でも作れる「震災食」

金沢市の管理栄養士乙川味巧さん(45)が考案した「震災食」が注目を集めている。県内外の小中学校などで料理教室を開いており、乙川さんは「誰にでも簡単に作れるのが震災食。レシピを覚え、いざという時に活用してほしい」と話している。

金沢の栄養士考案 手軽においしくレシピ50種

写真
鍋にビニール袋を入れて金時草やツル豆を一緒にゆでる 震災食は、災害でガスや水道が止まっても身近な道具と手軽な材料で作れる食事のこと。乙川さんは都内で調理師専門学校講師をしていた約20年前、 災害に備えて防災グッズをそろえようとしたが、おいしそうな非常食が見つからず、値段も高いと感じ、災害時に誰でもがおいしいものを食べられるようにする のはどうすればいいか考え始めた。転職して調理場で働くようになり、震災食のレシピ作りに約1年半前に着手した。調理師専門学校で介護食などの講座を担当した経験から、ビニール袋に材料を 入れて調理する「真空調理」を参考にしたという。以来、スープや煮物など約50食のレシピを考案。現在は、中学校の給食を作りながら、県内外で震災食の講 座を開いている。震災食は一つの鍋で時間をかけずに調理するので、災害時に不足するエネルギーの節約にもなるという。 3日には金沢市立菊川町小(菊川)の5、6年生13人が乙川さんのレシピに基づいた震災食の調理を学んだ。この日のメニューは、「防災のっけ盛りご飯」と 「ジュリエンヌスープ(野菜スープ)」。児童たちは「(材料を入れた)ビニール袋の中の空気が抜けたかな」などポイントを確認しながら、楽しそうに調理に 取り組んでいた。 6年の前田玲奈さんは「災害のときは大変だと思うけど、今回みたいに楽しく料理ができればいいなと思った」と話した。 ◇ 乙川さんは28日、金沢市のめいてつ・エムザ2階のエムザギャラリーで開かれる「北陸ウーマンズ・マーケット」で「震災食講座」を開催する。問い合わせは乙川さん((電)090・1312・6419)へ。

 「防災のっけ盛りごはん」 ■準備するもの ビニール袋2枚(耐熱性のあるもの。レジ袋などでも可)、カセットコンロ、ガスボンベ、鍋、包丁、まな板 ■材料=1人分 米(無洗米)80グラム、大豆水煮40グラム、ニンジン4分の1本、すだれ麩4分の1枚、ツル豆8本、金時草2枝、味付けのり1袋、塩少々、調味料(昆布茶小さじ4分の1、水大さじ2、てんさい糖小さじ1、しょうゆ小さじ1)■作り方 (下準備) ・すだれ麩を熱湯に2、3分浸し、一度水に入れ、水気を絞って短冊形に切る ・ニンジンをよく洗い、皮ごとイチョウ切りにする ・ツル豆の筋をとる ・金時草の葉をつむ 《1》ビニール袋に米と水120ミリ・リットルを入れ、30分以上置く 《2》大きめの鍋に水を入れて〈1〉を袋ごと浸し、水圧で中の空気を抜きながらビニール袋をねじって口を結ぶ 《3》ビニール袋に大豆と下準備をしたニンジン、ツル豆と調味料を入れ、前項と同じ要領で準備。入れた素材はなるべく平らにしておく 《4》〈2〉と〈3〉を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を少し弱めそのまま20分待つ。同時に、同じ鍋に塩を少し入れ、ツル豆と金時草を2、3分ゆでる。それぞれ水気をきり、ツル豆には塩をふり、金時草は刻んでおく 《5》20分たったら火を止め、蓋をしたまま10分置く 《6》ビニール袋を取り出し、皿に盛りつけたご飯の上に金時草を混ぜた具を載せ、ちぎった味付けのりを上に散らしてツル豆を添えれば完成。(災害時など洗い物を減らす必要があるときは、ビニール袋の端を折り返してそのまま食べることもできる)
(2011年8月9日  読売新聞)
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/aa/55/fukuraix3/folder/1730358/img_1730358_61815238_4?1276350357
 先日準備したサバイバルセット、足りなかった食料など追加しました。
 その前に本日届いた非常食、お馴染み「乾パン」ですが以前缶詰ブログ友G3どのに頂いた「カニヤ」の乾パンが非常に美味しくて注文してしまいました。 G3さまのブログはこちら http://navy.ap.teacup.com/yanagiyatomochin/
 このブログの下にある私のおすすめ「さかした米店」に発注。今回送料込みで5770円、YAHOOポイントを使用したので金銭的なものは一切発生しませんでした。
イメージ 1 ちょうど一斗缶の大きさです。
イメージ 2 中にはハーフサイズの半斗缶?が2個入っています。
イメージ 3 ラベルには賞味期限と原材料など。
イメージ 4 思ったよりゆったりと詰まっています。
イメージ 5 取り出してみました1缶分です。1パック5枚入りで1食分。
イメージ 6 使い捨てカイロの消費期限が近づいていたので、新しいものと入れ替えます。
イメージ 7 30個入りですが車には10個ほどでいいかな?
イメージ 8 ライトミールブロック、イオンブランド「トップバリュー」のカロリーメイト的な…(笑)イメージ 9 乾パンを4個づつジッパー付きのビニール袋に乾燥剤を入れて3パック(12個)搭載する事にします。
イメージ 10 食品加熱剤「エディ・スーパーヒーター」を10個と加熱袋、ミネラルウォーター・缶コーヒーも追加。
 カワキ物ばかりで咽が渇きそうですが、夏場の車内を考えるとなるべく水分を含まない食品のほうが持ちが良いと思います。 ミネラルウォーターなど飲み物はコンビ二に寄ったときなど、少しづつ追加します。 使い捨てのマスクなどもあれば良いかなと思います。
 これ以上増やすとトランクスペースが満杯になりそうなので、程々のところで勘弁してやる!(笑)

アフィリエイト   私のおすすめ: カニヤ カンパン (5枚入りx32袋缶入り) x 2缶 ★非常食に 賞味期限切れ間近の非常食の試食です。

 毎度お馴染みブログ「缶詰が好きです」のG3さまより頂いたものです。http://navy.ap.teacup.com/yanagiyatomochin/
 乾パンは大きく分けて一口大の小形乾パンと、トランプ大の大形乾パンの2種類があります。 小形は旧陸軍向けに作られ、行動中にでも簡単に食べられるよう一口大になっているようです。 大形は船に積み込むのに、効率よく収まるようこの大きさになったとか。諸説はありますが納得できる説ですね。
 こちらの大形乾パンはスーパーなどではあまり見かけませんが、海上自衛隊では伝統的にこの乾パンが採用されているようです。 陸上自衛隊ではやはり小形乾パンですね。
イメージ 1 銀色のパッケージに青い海と空帆船が目印。
イメージ 2 原材料など。
イメージ 3 開封すると5枚づつ3パッケージ15枚の乾パンが入っています。5枚で1食分のようです。
イメージ 4 輸出もしているのでしょうか、英語の表記と反対側には日本語で。
イメージ 5 白地に赤文字は日の丸を連想しますね。(考えすぎ?)
イメージ 6 お皿に出してみました。胡麻が所々に見受けられます。
イメージ 7 乾パンだけだと喉に詰まりそうなので、キャンベルのオニオンスープと一緒に。
イメージ 8 原材料など。
イメージ 9 開缶、上に浮かんでいるのは玉ねぎのみじん切りですね。
イメージ 10 完成です。スープは鍋に中身を空け、同量の水で2倍に薄めます。 後は温めるだけ。(今気付きましたが乾パンに歯型が付いていますね…)
 それでは試食してみます。 乾パンは3年近く保存していたのに、湿気も全く無く変質もしていません。ガリバリと硬い歯ごたえと小形乾パンに比べ若干甘味が強いように思います。 スプレッド類があれば尚いっそう美味しく食べられるでしょうね、口中の水分を吸い取られるので飲み物が欲しいですが、無ければ無いでも食べられますよ。
 味付けが少し甘めな海軍乾パン、好みかも^^ これ5枚と何か缶詰、飲み物があれば十分1食として成立しますね。 ただ、毎日3食乾パンでは辛いですね、特に歯の悪い方・お年寄り、小さいお子さんには何か別のものを準備しておいたほうが良いですね。普段から試してみて 口に合うものを準備しておきましょう。
 スープは約3人前で、二人だとたっぷり飲めます。パンにチーズを乗せ、焼いてスープに浮かべると美味しそうですが、今回は温めただけ。 最初独特の臭いが気になりますが、すぐに慣れてしまい、気にならなくなりました。 乾パンを割り入れて食べるのもお好みで。
 乾パンに限らずクラッカーや、保存用の固焼きパンなど、食べる前にオーブントースターなどで軽く炙ってやると非常に美味しくなります。小麦粉製品はそういった傾向が強いですね。缶入りパンも温めてやると格段に美味しくなりますね。
 これ美味しいので家族の人数分、何日分か備蓄しておきたいです。

G3さまありがとうございました<(_ _)>美味しかったです^^ 非常食としてパンの缶詰、ビスケット、クラッカー、乾パンなどのほかにも「シリアル」はいかがでしょう?

 シリアルとはコーンや大麦・小麦、米などを加熱調理してフレーク状にしたもの。牛乳や豆乳をかけて食べます。コーンを主原料としたものが「コーンフレーク」です。
 手軽に食べられるので、朝食によく使われます、栄養素や食物繊維を強化した製品も多く出ていますね。
 災害時、牛乳が手に入らなくてもそのまま食べる事も出来るし(水分が欲しいが)、おやつ代わりに、歩きながらでも食べられるので(ポロポロとこぼれそうではあるが 笑)、非常食として常に余分に購入して備蓄しておけば普段朝食に食べる事も出来ますね。
イメージ 1 内容量が140gで2~3食分かな?
イメージ 2 ドライフルーツを主としたトッピングもあります。
イメージ 3

このような内容です。かぼちゃの種やミニチョコボールも入ってお子様にも喜ばれそう。

イメージ 4 グラノーラを器に。彩がちょっと寂しいですね。

イメージ 5

トッピングを載せると見た目も華やかに。

イメージ 6 牛乳をかけていただきます。

 歯の悪い人にはつらいかも、牛乳で少しふやかしてから食べるかな? お年寄りには、牛乳をかけて食べる事に抵抗のある方もいらっしゃいますね。
 味はいたって普通のシリアルですが、トッピングのドライフルーツの甘さが疲れたときに良いかも。 チョコボールを食べたときの「当たり」感がちょっとだけ嬉しい^^
 シリアルの賞味期限ってどのくらいでしょう?

アフィリエイト   私のおすすめ: カルビーフルーツグラノーラ(380g) [カルビー グラノーラ]

 まいどお馴染み、賞味期限の近づいた非常食を消費しながら、ブログネタにも使える一粒で二度美味しいのコーナーです。(笑)
 今回はあまりにお馴染み「乾パン」です。 でも若い世代の人、「知ってはいるけど食べたことが無い」といわれる方結構多いんです。 戦争中の非常食くらいにしか捉えてなくて、古臭い食べ物だという認識なんでしょうかね。 イメージ 1
 今でも健在ですよ、お年寄りには非常食の代名詞とも言える「乾パン」。腹持ちが良くて日持ちする、調理の手間がかからない、携帯性の良さなど良いところが沢山あります。 その反面、硬くてパサパサ、味が無いなどの欠点もありますが、普段食べなれていると結構味わいもあり、水分さえ準備しておけば美味しく食べられるのですが。 イメージ 3
 確かに硬さの問題は水やミルクなどに浸して食べるなどしても、どうも美味しそうに思えません。 乳幼児や歯の悪い人、個数を多く食べるには現代人の弱ったあごでは厳しいかもしれません。
 まぁ、そんな人にはあっさりと他の非常食を準備しておけば良いことなので、乳幼児用のミルクや離乳食なども忘れず非常持ち出しとして、準備しておかないといけませんね。(オムツやタオル・哺乳瓶を消毒するセットも同時に準備しておかないと)
 歯の悪い方、乾パンを食べたくない方非常食は他にも沢山あります、当ブログを参考にしていただいて、準備万端怠り無く用意なさってください。
 さてさて味見してみましょうか。と言っても乾パンです、小麦粉と塩・砂糖・ショートニングを混ぜイースト発酵させ焼いただけなので、クラッカーなどとそんなに味が違うものでもありません。 まあそれでも暫く噛んでいると小麦自体の旨味と甘みがあり、焼いたときの香ばしさが大いにします。 飽きのこない味、小麦の滋味とでも言いましょうか。 イメージ 2
 それでも乾パンだけ食べ続けるのは辛いものがあります。普段ならジャムやバター・スプレッド類を乾パンに塗って食 べれば、それなりに美味しく食べられますが、非常時に何も無い場合同封されているキャンデーを時々舐めて、口を潤します。この缶の場合「乾パン」が34個 「キャンデー」が5個入っていました。(ちゃんと数えたよ)7:1の割合で食べると宜しい。(笑) イメージ 4
 大抵、乾パンには氷砂糖だったり金平糖だったりが入っていますが、この乾パンには「キャンデー」でした。 イメージ 5
 普段からこういった保存食食べてみるのも良いでしょう、もしかして避難先で配給されるのは乾パンかもしれません。 食べなれないと乾パンだけでは食べにくいですし、実際乾パンだけで3食賄うのは勘弁願いたいです。せいぜい1食分、もしくはおやつ、加給食として夜食などに食べるのが実際的な利用の仕方でしょうね。
 そうそう、乾パンには大きく2種類あってこの乾パンは「小型乾パン」陸軍時代の名残 トランプ大の「大型乾パン」は海軍の名残だそうです。
 乾パンメーカーの「カニヤ」さんの「乾パンの美味しい食べ方」http://www.yin.or.jp/user/kaniya/kanpan.htm には乾パンを油でそのまま揚げると、びっくりするほど美味しくなるとあります。 一度試してみたいですね、今回はあっという間に完食して締ったので、次回忘れずに。
 ↓ このセットなかなかいいですね乾パンだけでなく、ビスケットにクラッカーのセットになっているんですね。

アフィリエイト   私のおすすめ: 【スタークラブポイント対応最大7倍】ブルボン 缶入非常食詰合せ(3缶入り)

賞味期限切れ非常食の試食です。
イメージ 1
 今回はパンの缶詰。今までいろいろな種類のパンの缶詰を食べましたが、どれにもいえることは「温めると美味しい」でした。
 開缶前に湯煎する、使い捨てカイロで温める・日当たりの良いベランダなどに放置しておく・開缶後電子レンジなどでチン・オーブントースターなどで軽く温める、などどれも温める事で、味と食感が劇的に変化しました。 独特の匂いが消えたり、パサパサだった食感がしっとりとしたり。 逆に言えば温めないと美味しく食べられない?
 しかし今回はそのまま食べてもソフトで、パサパサ感が非常に少なく3年保存していたとは思えないほど、味も香りも良いものでした。もちろん温めれば更に美味しさUPです。試食にも力が入ります。(笑)
 さっそく開缶 缶切り要らずのイージーオープン缶。お尻を上にして入っています。 イメージ 2
左がレーズン味・右コーヒーナッツ味 写真では色の違いが判り難いです。

思ったより取り出しやすい。 他のパンの缶詰で、縁に引っ掛かって出てこず最後には缶切で反対側を切り開け、押し出した事があります。 イメージ 3

 1缶に2個入っています。これ良いアイディアですよ。食べきれないときや他の人と分け合ったり、交換して食べ比べたりとか出来ますね。 空き缶は食器としても使えます。 イメージ 4
半分に切ってみました。中心部にはナッツやレーズンは入っていませんね。周辺部に散らしてあります。

イメージ 5

 包装紙(?)に張り付いたパン。これだけが欠点ですね。もちろん最後にナイフで削って食べましたよ。 イメージ 6
 さて、ワシの好みはコーヒーナッツ味でした。ほのかなコーヒーの香りと甘すぎない味付け、そして時々歯に当たるナッツの食感が(゚∇^d) グッ!! すこしパサ感があるのですが、気にならない程度です。
 しかしレーズン味も負けてはいません。3年も保存していたとは思えないソフトでしっとりとした食感、しかもレーズン・オレンジピール・チェリー・アップルとドライフルーツもいろいろ入って豪華です。
 少し食べ進んでから電子レンジで約20秒ほど「チン」更に美味しくなりました^^
 どちらも缶詰とは思えない美味しいパンでした。
 パンとしては保存性もあり、美味しくて文句無しなんですが、非常食として考えると内容量が100gとこれだけではもの足りない気がします。他にソーセージの缶詰やドライフルーツなども一緒に準備しておきたいです。
 そして問題は保管場所、内容量100gでこの嵩だと、保管場所を占める割に中身は少ないといった事態になります。1個2個なら問題ないかもしれませんが、大量に保存するならもう少し何とかして欲しいです。 あるいは乾パンなどとセットで考えるかですね。
 非常持ち出し袋に入れると、嵩張る割りに中身が少ないといったことになります。同じ容積でもう少し中身の詰まった食品、例えばカロリーメイトやレトルト食品などの方が効率は良いですね。
 しかし、ソフトで誰にでも受け入れられやすく、子供から老人まで食べられるのは非常食として優秀なのでは?やはりこれは2次持ち出しとして備蓄しておくのが良いかと思います。まぁバランスの問題かもしれません。 パンの缶詰だけを準備しておくのではなく、乾パンや缶詰・パスタやレトルト食品など手広く準備しておいて、どんな場面にも対応できるのが理想ではありますね。
 パンの缶詰「パンですよ」レーズン味・コーヒーナッツ味 製造者 社会福祉法人 名古屋ライトハウス KAN食品開発センター http://nagoya-lighthouse.jp/ こちらは視覚障害者のための授産施設のようです。良い仕事してますね^^

アフィリエイト   私のおすすめ: 非常食 パンの缶詰「パンですよ」 コーヒーナッツ味 賞味期限切れ間近非常食の試食です。

 3種類揃ったので食べ比べしてみました。プリッツは超久しぶり、何10年ぶり?プレーンなプリッツの味も忘れています(^^;)
イメージ 1 西日本エリア限定だそうですが、この3種以外にも出てるのかな?
イメージ 2 中身は2パック、昔からこんなパックだった?
イメージ 3 見た目はあまり違いは無いが、ねぎ焼きが少し黄色っぽく、ゆずこしょうが少し緑っぽく、焼きあなごが茶色っぽい。
イメージ 4 オールヌード状態(笑)3種類まとめると・・・ どれがどれか分ります? 左からねぎ・ゆず・あなごの順です。
 味は、まぁそれぞれそれなりに^^ ねぎ焼きはネギの香りが強く、ソース味かと思ったのですが程よい塩味、ワシはこれが気に入りました。
 ゆずこしょうは、もう少し柚子胡椒独特のピリッとした辛みと、柚子の香りを期待していたのですが物足りないですね。この中では一番塩っぱい。焼きあなご、あなごの臭いがするのかな?と思っていたのですが、タレの味でした。甘めの醤油ダレ風味です。
 香ばしいプリッツにそれぞれの味付けが合っています。ビールに合いますね^^

アフィリエイト   私のおすすめ: 【グリコ】 東北地区限定 ずんだプリッツ 6個セット

 賞味期限まで非常持ち出し・備蓄BOXの中に入れて常温で保存していた食品、特に熱に弱いキャンディーやチョコレートはどうなっているか? 早速調べてみましょう。
イメージ 1 BCAAスポーツキャンディ 何だか体に良さそうなアミノ酸類が入っているようです。
イメージ 2 バリンロイシンイソロイシン何かのおまじないでしょうか?
イメージ 3 中身は個包装のオレンジ味のキャンディー 中央部に「バリンロイシンイソロイシン」のパウダーが入っています。最初に食べた1個は少し融けかかって、寒くなってまた固まったようです。そのほかの物は特に変化無し。味はあっさりしたオレンジ味の普通のキャンディー。
イメージ 4 おしゃぶり昆布梅 あの「都昆布」の製品です。
イメージ 5 もちろん塩味で、出汁昆布に梅のパウダーをまぶしたような、すっぱ旨い昆布そのものの味。噛んでいると歯にくっつのが欠点だが、味わいのある昆布そのものが味わえる。
イメージ 6 おなじみm&mのチョコレート
イメージ 7 シュガーコートされているので、夏場保存していても溶け出さないが、このようにコート部分はひび割れている。夏場チョコレートが膨張してヒビが入ったのか? 味には問題は無いが、ピーナッツチョコボールのピーナッツが小さいのが不満。 チョコレートは日本製のものが口に合います。
 個人的には昆布梅がお気に入り、夏場にクエン酸と塩分も補給出来そう。 湯のみに数枚入れ、お湯を注いで「梅昆布茶」としても良さそう。

アフィリエイト   私のおすすめ: スポーツキャンディー BCAA

【食文化紀行】アイヌの人々の保存食「鮭とば」

アイヌの人々が越冬のための保存食として食べていた鮭とば。アイヌ民族は鮭を主食と捉え、アイヌ語で「とば」は「群れ」を意味する。

【食文化紀行】アイヌの人々の保存食「鮭とば」▲【食文化紀行】アイヌの人々の保存食「鮭とば」(クリック拡大)

もともとはアイヌの人々が厳しい越冬の保存食として食べていた鮭とば。 秋になると群れをなして川を遡上してくる様子から、 アイヌ語で「群れ」を意味する「とば」と名づけられたと言われています。 アイヌ語で鮭を「カムイチェプ」と呼び主食の中心と捉えており、秋に遡上してきた鮭を大量に採集し 漁場の近くに構えた専用の加工小屋兼住居で簡単な燻製を施した干物にし、アイヌ民族の保存食としました。 これらは自らの自給的な食糧として重要であっただけではなく、和人との交易品としても大量に確保する必要がある、主要産品のひとつでありました。 また、鮭の皮などで作られる羽織状の上着もアイヌ民族の衣装として挙げられます。 鮭の神秘なるパワーは昔から健在で、代々引き継がれてきているものなのですね♪ みなさまもご存知の通り 現在、「」に関する高い栄養価や神秘性は世界中で注目されております。 今後も各国で鮭の研究がなされ、時代の発展に大きな影響を与えてくれそうです★ 鮭には健康管理に欠かせない栄養素がたっぷり~含まれています。 良質たんぱく質が豊富で DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)も 多く含まれており、これらの脂肪酸は 血液の流れをサラサラにし、学習能力・記憶力の向上、 老化防止、動脈硬化や心筋梗塞・糖尿病など 生活習慣病の予防に効果があるといわれています。 また鮭の脂肪酸は中性脂肪酸を減らす働きがあるので ダイエット食品としても大活躍! DHAは頭が良くなる物質としても有名ですが ストレスを和らげ、子供達の精神状態を安定させる働きもあるんですね。 現代の「ストレス社会」に鮭の栄養素は私達に素晴らしい恵みをもたらしてくれます。 また、鮭の豊富な栄養の秘密はその色にも隠されているんです! 実は鮭やイクラの赤い色はアスタキサンチンという抗酸化成分なのです。 その抗酸化パワーはビタミンEの1000倍とか。 北海道の先住民族が鮭を珍重した秘密はこんなところにもあるかもしれませんね。 みなさんもこの栄養豊富な鮭の恵みで元気生活始めましょう! 4月の新商品「鮭とばスティックタイプ カットタイプ」 一般的な鮭とばは一尾まるごとか、大きく切った上体で売られていまうが、 本商品はとっても食べやすい一口サイズにカットしています! 旨みがきいてほのかに甘く、噛めば噛むほど香ばしさが広がる 栄養たっぷり「鮭とばスティック カットタイプ」をどうぞお試し下さい。

こっぱ餅詰合せ(計3本入り・こっぱ餅1本450g、黒糖こっぱ餅1本400g、紫いもこっぱ餅1本400g)天草独特の手法で作られた懐かしいふるさとの味!
こっぱ餅詰合せ(計3本入り・こっぱ餅1本450g、黒糖こっぱ餅1本400g、紫いもこっぱ餅1本400g)天草独特の手法で作られた懐かしいふるさとの味!
商品番号 A-049-13
販売価格 2,800円 (税込 2,940 円) 送料込
●保存食からお土産品に改良! ——————————————— もともとは、往昔より農家の保存食として作られたものです。それをお土産品として出すため、昭和40年代に高熱殺菌して日持ちするように改良しました。 形状も変えない為ラップ包装し、さつまいもと餅米を搗きあわせ、上白糖で味付けした素朴な餅です。 今回は、3種類の味でバリエーション豊か!こっぱ餅詰合せをご用意しました。  ●とっても香ばしい!日本古来のお餅? ——————————————— 餅菓子に見えますが、一般のお菓子と違って純粋な日本古来の餅の感覚で、置けばおくほど硬くなっていきます。 また、焼くと香ばしくて風味豊かなお餅に変貌します。 添加物をいっさい使用していません! 自然に近い味を提供したいという思い出作られました。
被災地でもできる保存食づくり「発酵食品でパワーアップ!!」
被災地でもできる保存食づくり「発酵食品でパワーアップ!!」…記事本文
2011年03月28日18時23分 提供:Pouch

地震発生から3週間近くがたとうとしていますが、いまだ被災地では食料が手に入りにくい状況が続いています。思うように食材が手に入らず、 パンやカップ麺、お菓子などで過ごしている方も多いと思いますが、それでは栄養が足りません。また、ようやく手に入った肉や魚、野菜なども新鮮なうちにと 食べ切ってしまうと、すぐに食材がなくなってしまいます。 そこでおすすめなのが、保存食づくりです。食材を発酵させて保存食にすれば、肉や魚、野菜などの生鮮食料品が長く食べられるうえに、身体に必要な酵素や生きた善玉菌を摂取できて、健康維持とストレス回避に役立ちます。 被災地での生活を助けるアイディアが掲載されているサイト「OLIVE」では、さまざまな保存食づくりの方法が紹介されています。 【塩漬けの作り方】 (用意するもの) 食材…肉、魚など。塩…食材を覆う量。水…食材がひたる量 (作り方) ①    食材の表面が見えなくなるくらいの塩をぬり、1~3日冷暗所で保存。 ②    塩漬けにした食材の塩を洗い流してから、水の中に入れて3時間塩抜きをする。 ③    塩抜きをしたあと、天日または日陰で3~5日干す。 ④    表面が乾き、中心部分の水分がある程度なくなれば完成。 ※塩気が強いので、薄くカットして食べてください。 【味噌漬けの作り方】 (用意するもの) 食材…野菜、肉、魚など。味噌…食材の表面を覆う量。 (作り方) ①    野菜は汚れを取って食べやすい大きさに切る。肉は食べやすい大きさに切る。魚は内臓を取り、できれば切り身にする。 ②    表面を覆うぐらいの味噌で、食材を漬ける。 ③    野菜は半日~2日、肉と魚は1~3日で完成。 ※味噌は、赤味噌、白味噌、あわせ味噌など何でもOK。 ※基本的に漬けてしまえば腐敗の心配はありません ※昆布があれば、漬床に一緒に入れましょう。旨味がアップします。 被 災地で限られた食材しか手に入らないという方、地震後の不安やストレスで身体が疲れているという方にぜひ試していただければと思います。被災地以外の方 も、普段からこうした発酵食品を食べることでパワーをつけることができます。また、万が一に備えた保存食を蓄えることもできます。 味噌や醤油、お酢をはじめ漬け物などの発酵食品は、昔から日本で行われてきた食料保存の知恵によるものです。この機会に先人たちの知恵を改めて見直して、被災地での生活や毎日の生活でいかしてみてはいかがでしょうか。 (記者:シナモン) https://i0.wp.com/minnafit.jp/balance/images/image_02.jpg

和菓子、洋菓子、スイーツのカロリー一覧表

ダイエットで成功するには、カロリーコントロールが必要。しかし給与所得者ダイエットにはそんな面倒なことは不要。 でも、一応食品別のカロリーを把握しておいて損はありません。1日にどれくらいのカロリーを摂取して、どのくらいのカロリーを消費するのかを把握するのも良いことです。


ケーキ、饅頭、せんべいのカロリー ■ 和菓子 カステラ1切れ 180Kcal かのこ 170Kcal かるかん 120Kcal 大福 135Kcal いちご大福 205Kcal 生クリーム大福 255Kcal まめ大福 115Kcal ごま大福 300Kcal 草もち 120kcal 桜もち(関西) 115Kcal 桜もち(関東) 140Kcal 甘納豆50g 150Kcal 今川焼き 220Kcal たい焼き 210Kcal かしわもち 175Kcal どらやき(中)180Kcal どらやき(大)210Kcal あんまん 380Kcal 肉まん 350Kcal まんじゅう(くず)155Kcal まんじゅう(栗)215 Kcal もなか 140Kcal ようかん(練り)小2切れ 130Kcal ようかん(水) 80Kcal みつ豆 190Kcal あんみつ 250Kcal 白玉あんみつ 260Kcal クリームみつ豆 295Kcal クリームあんみつ 355Kcal おしるこ 340Kcal ぜんざい 360Kcal 小倉白玉 355Kcal くずもち 180Kcal だんご(あん) 150Kcal だんご(みたらし) 145Kcal 芋ようかん 1切れ 110Kcal おはぎ(小2個) 320Kcal 揚げせんべい 10g 46Kcal 塩(サラダ)せんべい 10g 38Kcal あられ 10g 37Kcal 甘辛せんべい 10g 38Kcal ■ 洋菓子(ケーキ)三角ショート 250Kcal スペシャルストロベリー 255Kcal ミルフィーユ 300kcal スイートポテト 170Kcal 生クリームinカスタードシュークリーム198Kcal チョコ生ケーキ 310Kcal ベークドチーズケーキ 443Kcal スペシャルマロン 317Kcal マロンモンブラン 345Kcal ミルクレープ 400Kcal カフェラテ・ミルクレープ 440Kcal 牛乳と卵のエクレア 250Kcal 牛乳と卵のシュークリーム 250Kcal 牛乳と卵のプチシュークリーム1個 30Kcal 牛乳と卵のプチエクレア1個 88Kcal なめらかシュークリーム1個 85Kcal 焼きプリン・モンブラン 300Kcal レアチーズタルト 750kcal プチシューバナナミルク1個 31Kcal ブルーベリーレアチーズ 245Kcal ガトーフランボワーズ1個 225Kcal チーズスフレ1個 200Kcal シュークレープケーキ1個 285Kcal ショコラムース1個 310Kcal プディングシューケーキ1個 290Kcal

ラーメン・パスタ・麺類のカロリー一覧表

ダイエットで成功するには、カロリーコントロールが必要。しかし給与所得者ダイエットにはそんな面倒なことは不要。 でも、一応食品別のカロリーを把握しておいて損はありません。1日にどれくらいのカロリーを摂取して、どのくらいのカロリーを消費するのかを把握するのも良いことです。


ラーメン、うどん、そば、麺類のカロリー ■ うどん・そば きつねそば 370Kcal たぬきそば 390Kcal ざるそば(生) 260Kcal 天ざるそば 560Kcal とろろそば 340Kcal 山菜そば 360Kcal 月見そば 430Kcal 力うどん 430Kcal カレーうどん 460Kcal 鍋焼きうどん 530Kcal 焼きうどん 540Kcal そうめん 360Kcal かも南蛮そば 480Kcal ざるうどん(生) 250Kcal 天ざるそば 550Kcal 肉うどん 460Kcal ■ スパゲッティー ミートソース 720Kcal 明太子 630Kcal たらこ 610Kcal 梅しそ 460Kcal ペンネビアータ 590Kcal ナポリタン 680Kcal カルボナーラ 730Kcal ペペロンチーノ 520Kcal 和風キノコ 510Kcal サーモンクリーム 720Kcal ラザニア 520Kcal イカスミ 660Kcal ボンゴレ 510Kcal ■ らーめん ラーメン 450Kcal チャーシュー麺(醤油)640Kcal タンメン 515Kcal ワンタンメン 570Kcal とんこつラーメン 490Kcal 坦々麺 590Kcal 焼きそば600Kcal 冷やし中華530Kcal 味噌ラーメン 530Kcal 味噌ラーメン(こってり系) 620Kcal 五目ラーメン 480Kcal ■ グラタン マカロニグラタン 525Kcal カニグラタン 340Kcal かぼちゃグラタン 190Kcal なすグラタン 195Kcal 鮭グラタン 265Kcal ポテトグラタン 240Kcal ほれんそうグラタン 210Kcal エビグラタン 215Kcal かきグラタン 255Kcal ■ シチュー ベーコンと白菜のシチュー 255Kcal かきとブロッコリーのシチュー 235Kcal クリームシチュー 275Kcal しめじのシチュー165Kcal ブロッコリーシチュー 195Kcal 車エビのシチュー 220Kcal ポテトシチュー 215Kcal 鶏肉のシチュー 205Kcal ■ 小麦粉製品 アメリカンドッグ 230Kcal ホットケーキ1枚 230Kcal お好み焼き 420Kcal もんじゃ焼き 315Kcal たこ焼き 185Kcal ■ インスタントラーメンサッポロ一番 みそラーメン(袋) 451Kcal サッポロ一番 しょうゆラーメン(袋) 459Kcal サッポロ一番 塩ラーメン(袋) 443Kcal 明星 チャルメラ しょうゆ(袋) 442Kcal マルちゃん 天ぷらそば(袋) 329Kcal 【カップ麺】 エースコック わかめラーメン 379Kcal エースコック Sカップ1.5鶏ガラしょうゆ 492Kcal 日清 麺の達人 しょうゆ 348Kcal 日清 ラ王 しょうゆ 406Kcal ニュータッチ チャーシュー麺 390Kcal マルちゃん 昔ながらの中華そば 327Kcal マルちゃん ホットヌードル 醤油フレーバー349Kcal 明星 チャルメラ しょうゆ 333Kcal 明星 一平ちゃん しょうゆ 406Kcal 明星 一平ちゃん とんこつ 406Kcal マルちゃん 緑のたぬき大盛り 601Kcal マルちゃん 緑のたぬき 504Kcal マルちゃん 緑のたぬきミニ 213Kcal マルちゃん 赤いきつね大盛り 531Kcal マルちゃん 赤いきつね 436Kcal マルちゃん 赤いきつね ミニ 187Kcal 日清 どん兵衛 きつねうどん 431Kcal 日清 どん兵衛 カレーうどん 317Kcal 日清 ごんぶと 天ぷらうどん 416Kcal 日清 どん兵衛 天ぷらうどん 472Kcal サッポロ一番 塩ラーメン 358Kcal 【焼きそば】 エースコック 大盛りイカ焼きそば 690Kcal 日清 UFO 543Kcal 日清 UFO大盛り 700Kcal 明星 一平ちゃん 夜店の焼きそば 607Kcal ペヤング ソース焼きそば 518Kcal マルちゃん 昔ながらのソース焼きそば588Kcal マルちゃん 俺の塩V 560Kcal

ソフトドリンク、ジュース、牛乳のカロリー一覧表

ダイエットで成功するには、カロリーコントロールが必要。しかし給与所得者ダイエットにはそんな面倒なことは不要。 でも、一応食品別のカロリーを把握しておいて損はありません。1日にどれくらいのカロリーを摂取して、どのくらいのカロリーを消費するのかを把握するのも良いことです。


ジュース、ソフトドンクのカロリー ■ ソフトドリンク グレープフルーツジュース(生) 80Kcal オレンジジュース(生) 80Kcal パインアップル100% 80Kcal レモンスカッシュ 120Kcal ジンジャエール 70Kcal アイスミルク 134Kcal ブドウ100% 110Kcal りんご100% 88Kcal ■ 牛乳類(200cc) 普通乳 134Kcal 濃厚乳 146Kcal 低脂肪乳 92Kcal 脱脂乳 66Kcal コーヒー牛乳 112Kcal フルーツ牛乳 92Kcal 豆乳 92Kcal 豆乳麦芽コーヒー 120Kcal ■ 缶ジュース・缶コーヒー午後の紅茶 レモンティー 145Kcal 午後の紅茶 ストレート 65Kcal 午後の紅茶 ミルクティー 165Kcal 充実野菜緑黄色野菜MIX 61Kcal ファイブミニ 50Kcal オロナミンC 79Kca コカコーラ 150.5Kcal アクエリアス 66.5Kcal ファンタ オレンジ 168Kcal ファンタ グレープ 171.5Kcal ジョージア オリジナル 77.5Kcal 紅茶花伝 ストレートティー 60Kcal ヤクルト 50Kcal ミルミル 116Kcal トマトジュース 32Kcal 充実野菜緑黄色ミックス 61Kcal 野菜生活 63Kcal ポカリスウェット 67Kcal ポカリスウェット 92Kcal ポカリスウエット 135Kcal カルビスウォーター 161Kcal CCレモン 200Kcal BOSS スーパーブレンド 65Kcal 桃の天然水 160Kcal ビタミンパーラー 100Kcal C1000タケダ ビタミンレモン 65Kcal

お酒、アルコール類のカロリー一覧表

ダイエットで成功するには、カロリーコントロールが必要。しかし給与所得者ダイエットにはそんな面倒なことは不要。 でも、一応食品別のカロリーを把握しておいて損はありません。1日にどれくらいのカロリーを摂取して、どのくらいのカロリーを消費するのかを把握するのも良いことです。


お酒、アルコールのカロリー ■ お酒、ウイスキー 清酒 上撰一合  196Kcal 〃 純米酒一合 185Kcal 〃 本醸造一合 192kcal 〃 吟醸一合  187Kcal 〃 純米吟醸一合185Kcal 焼酎(甲類)180cc 370Kcal 〃(乙類)180cc 262Kcal ワイン(白)180cc 131Kcal 〃 (赤)180cc 131Kcal 〃 (ロゼ)180cc 138Kcal ビール 大瓶 253Kcal 〃  中瓶 200Kcal 生ビール グラス(240) 94Kcal 〃   小ジョッキ(400) 156Kcal 〃   中ジョッキ(520) 203Kcal 〃   大ジョッキ(640) 250Kcal ウイスキー シングル 71Kcal 〃    ダブル 142Kcal ブランデー 50cc 118Kcal 紹興酒 180cc 288Kcal 梅酒 180cc 280kcal ウォッカ 20cc 48Kcal ■ 発泡酒  缶(350) サッポロ 北海道生搾り 154Kcal サッポロ 冷醸<生> 161Kcal サッポロ 麦100%生搾り 105Kcal サントリー ダイエット<生> 77Kcal サントリー <炭濾過>純生 157.5Kcal サントリー マグナムドライ 143.5Kcal キリン 淡麗<生> 158Kcal キリン グリーンラベル 102Kcal ■ ビール  缶(350) サッポロ 黒ラベル 140Kcal サッポロ クラシック 143Kcal サントリー モルツ 147Kcal サントリー ザ・プレミアムモルツ 164.5Kcal アサヒ スーパードライ 147Kcal キリン 一番搾り 150Kcal キリン ラガー 140Kcal ヱビス ビール 147Kcal バドワイザー 142Kcal ■ ワンカップ、カクテル等ワンカップ大関 (180) 190Kcal 月桂冠 ザ・カップ200 214Kcal 本造り 黄桜(180) 181Kcal ジントニック 95Kcal ブルーハワイ 150Kcal モスコミュール 140Kcal ソルティードッグ 140Kcal カンパリオレンジ 80Kcal さらしとした梅酒(180) 247Kcal チョーヤ梅酒紀州 (180) 338Kcal

パン、菓子パンのカロリー一覧表

ダイエットで成功するには、カロリーコントロールが必要。しかし給与所得者ダイエットにはそんな面倒なことは不要。 でも、一応食品別のカロリーを把握しておいて損はありません。1日にどれくらいのカロリーを摂取して、どのくらいのカロリーを消費するのかを把握するのも良いことです。


パン、菓子パンのカロリー ■ パン 食パン4切1枚 218Kcal 食パン5切1枚 175Kcal 食パン6切1枚 145Kcal 食パン8切1枚 110Kcal ロールパン(30g1個) 80Kcal クロワッサン(40g1個 175Kcal フランスパン(60g1/4本) 175Kcal 焼きそばロールパン 340Kcal コロッケロールパン 380Kcal ベーグル 260Kcal ■ 菓子パンカレーパン 290Kcal あんパン 295Kcal クリームパン 295Kcal ローズネットクッキー 450Kcal つぶあん栗入 435Kcal まるごとソーセージ 383Kcal マロン・マロン 460Kcal チーズ蒸しケーキ375Kcal ダブルチーズ 540Kcal チーズ・チーズ 445Kcal ピーナツパン2個入 528Kcal ナイススティック 445Kcal レーズンシュガーマーガリン 690Kcal ホワイトデニッシュショコラ403Kcal カマンベールチーズパン 315Kcal 小倉&ネオマーガリン405Kcal フレンチアップルパイ 430Kcal 紅茶シフォンケーキ 380Kcal 桜あんパン 315Kcal チョコ&チョコホイップ 385Kcal パイでシュー 350Kcal デニッシュ小倉 495Kcal 大入りあんパン 405Kcal チョコチップメロンパン440Kcal 果汁入りメロンパン 480Kcal アップルパイ 430Kcal 市販品のドライフルーツの100gのカロリーを参考に記述します。

店・社名 商品名 100gのカロリー
フルーティヤ いちじく 271kcal
フルーティヤ キウイ 337kcal
フルーティヤ きんかん 328kcal
フルーティヤ クランベリー 323kcal
フルーティヤ くるみ 674kcal
フルーティヤ サンザシ 325kcal
フルーティヤ チェリー 340kcal
フルーティヤ デーツ 354kcal
フルーティヤ ドライピーチ 355kcal
フルーティヤ なつめ 307kcal
フルーティヤ パイナップル 365kcal
フルーティヤ バナナ 287kcal
フルーティヤ バナナチップ 521kcal
フルーティヤ パパイヤ 349kcal
フルーティヤ ブルーベリー 311kcal
フルーティヤ プルーン 237kcal
フルーティヤ マンゴー 368kcal
フルーティヤ メロン 374kcal
フルーティヤ りんご 315kcal
フルーティヤ 杏子 246kcal
フルーティヤ 341kcal
ヤムヤムホンポ いよかんピール 330kcal
ヤムヤムホンポ カシス 300kcal

以上は、2008年8月に各社のHPで調べました。 最新の情報は、各社の成分表示のページでご確認下さい。

木の実のカロリー
食品名 kcal
マカダミアナッツ 720
松の実 690
くるみ 674
ピスタチオ 615
アーモンド 606
ごま 599
バターピーナッツ 592
らっかせい 585
カシューナッツ 576
くり(甘露煮) 238
くり(中国ぐり) 225
くり(日本ぐり) 167
ぎんなん 166
木の実のカロリー
お菓子のカロリー
食品名 kcal
チョコレート 557
ポテトチップス 554
コーンスナック 526
ビスケット 522
クラッカー 492
ポップコーン 484
せんべい(揚げ) 465
ウエハース 454
かりんとう 441
キャラメル 433
あめ 390
ガム 388
あられ 381
せんべい(甘辛) 380
ドーナッツ 375
せんべい(塩) 373
ショートケーキ 344
マシュマロ 326
カステラ 319
アップルパイ 304
きび団子 304
スポンジケーキ 298
あま納豆 296
ようかん 296
タルト 293
どら焼 284
八つ橋(あん入り) 279
きんつば 264
まんじゅう(蒸し) 261
ワッフル 256
エクレア 245
シュークリーム 245
さくら餅 238
大福もち 235
いまがわ焼(=たい焼) 222
まんじゅう(くずざくら) 220
ババロア 218
かしわもち 206
くし団子(あん) 201
くし団子(しょうゆ) 197
ういろう 183
水ようかん 171
ちまき 153
プリン 126
ゼリー(オレンジ) 70
ゼリー(コーヒー) 45
お菓子のカロリー

https://i1.wp.com/www.m-vitamin.net/images/head.jpg

マルチビタミンの基礎知識

複数のビタミンやミネラルなどの栄養素が手軽に摂れる事から、人気のマルチビタミン&ミネラルを解りやすく解説しています。 又、サプリメント比較では、DHCを始めファンケル、ネイチャーメイドや小林製薬などの中で、どれが一番お得か一目でわかる比較表を掲載しています。

マルチビタミンって何?

最近では、アサヒやDHCなどの有名な会社から販売されています、大塚製薬の「ネイチャーメイド」などは、一度はテレビのCMで見た方が多いと思います。 何故これだけ流行っているかというと、一粒で複数のビタミンを摂取することができて、気軽に栄養補給ができるからでしょう。 簡単に説明しますと、人が生きていく上で必要な栄養素を複数含んだサプリメントの総称で、まず最初に摂取しておきたい基本的な物なのです 。

どんな栄養素が入っているの?

ビタミンに関しては、だれでも知っている「C」から、マイナーな存在の「ビオチン」や「葉酸」などを含めて、全部で13種類のビタミンが存在します。この中から「K」を除いた12種類が入ったサプリメントが主流です。 なお、「A」については、過剰症の恐れがある為に、ベータカロチンの形で含有されいる物が殆どです。 また、最近ではマルチミネラルもさらに配合したものも多くなってきています。 ミネラルは、100種類近く存在しますが、その中でも人が生きて行くうえで欠かせない、 「必須ミネラル16種類」の中から、既に摂り過ぎの「ナトリウム」や「リン」などを除いた、10から11種類入ったものが主流です。 「ビタミンの効能」と「ミネラルの効能」をご覧いただけると、栄養素がどれだけ重要な働きをしているのか一目瞭然で解ります。

マルチビタミンの特徴(メリット)。

ビタミンやミネラルはお互いが助け合う事で、その働きを高めています。 たとえば、骨を作る栄養素としては、「カルシウム」が有名ですが、他にもビタミンC・D・マグネシウムなども骨を作る過程で必要とされます。 血液を作る時も同様に「鉄分」以外に、ビタミンB12・B6・葉酸・銅などが必要になるのです。 血や骨を作るだけでなく、人が生きていく為には様々な栄養素を必要とします。 これらの栄養素を複合的にバランスよく、手軽に摂取できる事が最大の特徴なのです。

ビタミンB群って何?

簡単に言うと、ビタミンB群とは以下の栄養素を、ひとまとめにして呼ぶときの名前です。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • パントテン酸(ビタミンB5)
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビオチン(ビタミンH)
  • 葉酸(ビタミンM)

ビタミンB群は、糖質・脂質・たんぱく質の代謝(食べた物をエネルギーに変える。)を行ったり、女性が気になる、お肌の状態を整える重要な栄養素です。 各それぞれの、B群の効能は「ビタミンの効能ページ」で確認して下さい。

天然と合成のどちらがいいの?

結論からいいますと、効果が同じ物と、違う物があります。 ビタミンEを例にとると、天然の方が抗酸化能力が高く、合成品は効力が劣ります。 ビタミンCの場合は、天然も合成も全く同じ効力を示します。 ただし天然のビタミンCは殆どの場合、天然原料自体にフラボノイドを含んでいる為、ビタミンCの吸収効率を高めてくれる物もあります。 一見すると天然ビタミンが良さそうですが、欠点もあります。 まず製造工程が複雑化される為、合成に比べると少し高価になります。 あと、国内メーカーでは、天然ビタミンを製造している所が少ない為に、コンビニやスーパーで手に入りにくい事です。

日本製とアメリカ製のどちらがいいの?

一概には、判断できません。 昔は、サプリメント先進国である、アメリカ製の物が良かったのですが、最近では日本製も品質が高くなっていますので、あまり気にする事は無いと思います。 ただし、「天然サプリメント」や「タイムリリース加工」・「キレート加工」を施した物が欲しい場合は、日本製の物ではなかなか見つからないのが現状です。 上記の様なこだわりが無い場合は、日本製が安くて、どこでも買えて便利です。

タイムリリース加工とは

殆どの水溶性ビタミンは、体内で1~3時間程度しか留まる事ができず、すぐに尿や汗などから排出される為に効率が悪くなります。 そこで、ビタミンが少しづつ溶ける出るように加工して、体内で長く活躍出来る様に加工した物です。 基本的には、体内で効率よくビタミンが働けるように加工してあるのですが、「鉄分」にタイムリリース加工をした物は、少し意味合いが違います。 「鉄分」をサプリメントで摂った場合、一気に血中濃度があがり、過剰症を起こす危険性があるので、安全性を高める為にタイムリリース加工をしている物が多いようです。

キレート加工とは

ミネラルは腸で吸収されますが、その際にわずか数パーセントしか吸収されず、殆どが排出されてしまっているのです。 しかし、ミネラルを特定のアミノ酸で覆う事で、吸収率を格段に高めて効率よくミネラルを補給する事ができるのです。 このアミノ酸で、ミネラルをコーティング処理する事を、キレート加工と呼びます。 ちなみに、キレート加工はその製法が国際特許になっているの為に日本では、なかなかキレート加工をした物を見かける事ができません。

チキンテリヤキ・ライス Chicken Teriyaki with Rice 甘い南国風雑炊の「チキンテリヤキ・ライス」 ワイルドライス・ピラフ Long Grain & Wild Rice Pilaf ベジタリアンピラフの「ワイルドライス・ピラフ」 パスタ・プリマヴェラ Pasta Primavera クリームパスタの「パスタ・プリマヴェラ」
ラズベリー・クランブル(デザート) Raspberry Crumble サバイバルスイーツといえば「ラズベリー・クランブル(デザート)」 マウンテンハウスのご購入はコチラをClick!!【おいしい召し上がり方】 アントレー(お料理)篇デザート篇 Mountain House®セットBOX (4品詰合セット) マウンテンハウス・セットBOX
ミリタリーレーション製品について サバイバルフーズ ミリタリーレーション(MRE)フリーズドライ技術の世界的なリーダー 1963年、フリーズドライテクノロジーのパイオニアとして、朝食のシリアルに合わせた甘くてジューシーなオレゴンベリーの加工を始めました。何年もかけ て、生産規模を大きくしてきました、そしてアウトドアフードのマウンテンハウスブランドを投入し、長期間に渡り主要な食品企業と信頼関係を築いてきまし た。1990年代になって、薬品・化学・生物学的素材のための低温・低圧下でのフリーズドライが可能な設備を別棟として建設いたしました。今日、我々は世界で最も大きな凍結乾燥食品のカスタムメイド製品の製造者となり、英国およびデンマークにも支社を持っています。我々の供給量は、オレゴン の3プラントで4,200万ポンド(1,900万キロ)以上、加えてヨーロッパの設備で650万キログラム(14,30万ポンド)です。 長距離偵察部隊向けレーション(LRP) 1960年代最初の長距離偵察部隊向けレーション(LRP)の契約を初めに、オレゴンフリーズドライ社は、信用と信頼の高品質フリーズドライ食品を合衆国軍へ供給しています。我々は、その設備と人、そしてフリーズドライ分野での数々の成功体験から、非常に困難な製造に応じることが可能です。広範な経験により、優れた原料購入、技術、研究開発、そして製造サービスの提供が可能です。 フリーズドライ技術の世界的なリーダー


新鮮で栄養に富んだ商品群 サバイバルフーズ ミリタリーレーション(MRE)新鮮で栄養に富んだ商品群 ミリタリーレーション製品を提供するために、我々は最高の原材料を調達するところから始めます。我々の研究開発チームは、アメリカ中から最高級の新鮮で栄 養豊かな原材料を探して飛び回ります。お眼鏡にかなったサプライヤー(供給者)が見つかったら、購買部門担当者が、サプライヤーの施設を実際に訪れ、品質 管理部が工場監査を行います。サプライヤーが我々の厳格な製品規格を満たした場合にのみ、契約を結びます。 新鮮で栄養に富んだ商品群 サバイバルフーズ ミリタリーレーション(MRE)比類ない生産処理能力 我々は特に、新しいチャレンジへの創造的で実践的な解決策を探求する事を専門としています、また弊社の製造能力は業界随一です。提供可能なサービスには、 スライス(薄切り)、ダイス(角切り)、チョップ(みじん切)、混合(ブレンド)、粉砕(グラインド)、粉化(ドライミル)に調理加工(ウェットミック ス)が在ります。調理を行う工場内の調理設備では高品質な風香味と、外観、栄養を保持したままの調理が可能です。 熟達した研究開発チーム サバイバルフーズ ミリタリーレーション(MRE)熟達した研究開発チーム 我々の経験豊かで専門分野に秀でた科学者、技術者そして微生物学者による研究開発チームは、個々の要求に合う特別な処方を開発するために、軍関係者と協力 して作業に取り組む事が出来ます。現在軍関係でフリーズドライ製品や長期保存製品が使用されていますが、その多くは我々の多分野にわたる熟練チームによっ て可能となりました。 サバイバルフーズの製造工場


厳格な品質管理
柔軟なパッケージングサービス

サバイバルフーズ ミリタリーレーション(MRE)厳格な品質管理 全ての工程において、我々は厳格な品質管理を行っています。コンピュータ管理により工場設備のパフォーマンスや製品の完全性を継続的にモニターし、バッチを問わず均一な品質での生産を確実にしています。 我々は、軍関係のお客様に対して、畜肉・家禽肉・乳製品・果実・野菜そしてシーフードを加工する工場として認定されております。製品により、USDA(米国農務省)APHIS(米国動植物検疫所)FDA(米国食品医薬品局)cGMP(適正製造基準)EPA(米国環境保護庁)API(全米石油業協会)ISO9002のそれぞれの規格に基づいて製造を行います。オーガニック、コーシャー、ハラール認証にも対応しています。 信頼される政府向けのサプライアー サバイバルフーズ ミリタリーレーション(MRE)柔軟なパッケージングサービス 我々は、軍の要望を可能な限り満たす最適で機能的なパッケージの開発をします。我々のパッケージ(包装)設備には、高速自動充填、手作業による充填設備が あり、あらゆるパッケージングニーズにお応えします。それに加え、バルク段ボール箱、ドラム缶、真空パック、金属缶、カートン、軟包材、そしてカップへの 充填がオプションで可能です。 おいしい非常食


サバイバルフーズ ミリタリーレーション(MRE)信頼される政府向けのサプライアー 信頼される政府向けのサプライアー 我々は、業界をリードする米国軍へのフリーズドライ食品のサプライアーです。我々の食品は、パッケージの種類により、2年から25年の賞味期限を有します。そして、水と最低限の調理器具のみでおいしい食事を調理することが可能です。 我々の栄養が豊富で軽く、便利な高品質の食品は、1食分から最大50人用までのパッケージで提供されます。例えば、フリーズドライのフルーツ、野菜、肉、 鶏肉、シーフード、そして乳製品~カッテージチーズやヨーグルト~などを陸上・海上向けの食糧品としてご使用いただけます。フリーズドライ食品は、冷蔵設 備を必要としませんので、下ごしらえ、調理、清掃の時間を節約する事ができます。また、限られら作業空間でも、おいしくヘルシーな食事を簡便に提供するこ とが可能となります。 さらに、我々のフリーズドライ食品は輸送コストを削減します。なぜなら、生の食材や冷凍食材に比べて、10分の1ほどの重さになるからです。これにより、輸送には通常の食品とは違い、重量でなく容積のみを考慮すれば良いのです。 おいしい非常食 サバイバルフーズ


個人向けのレーション(戦闘糧食) サバイバルフーズ ミリタリーレーション(MRE)個人向けのレーション(戦闘糧食) 我々はMRE(Meal Ready to Eat)レーション向けに、包装された完成製品、およびフリーズドライされたMRE向け原料を軍向けに供給しています。 人気のマウンテンハウス®ブランドによるメニューは、MCW(極寒冷地向け)やLRPレーション(長距離偵察用)の主菜として使用されています。 これらのレーションは、真空圧縮パックされ、簡単に携行できます。 現在は、様々な種類のフリーズドライの朝食、ランチ、夕食の料理、さらにデザートまでを開発しています。 集団向けおよび野戦向けレーション サバイバルフーズ ミリタリーレーション(MRE)集団向けおよび野戦向けレーション 何年もの間、我々は米国陸軍のあらゆる部門とパートナーを組んで、軍隊向けに高品質なユニット式集団レーション(UGR-A、UGR-B、UGR-H&S)を供給する傍ら、食事の準備を合理化する特別な食品供給システムを創ってきました。 ヒート&サーブ、ボイルインバッグ供給システムといった弊社独自の技術を使えば、兵士、水兵、空軍兵、や海兵隊員は、単純に水を注いで、加熱トレイ置き、30分で温かい食事を楽しめます。 多人数用製品や、簡単に開封できるタイプのアルミホイル包材は、軍向けに採用されている最も新しい供給システムです。このパッケージは、主菜、卵、ヨーグルト、グアカモーレ(アボガド料理)およびクリームビーフで提供されています。 レーション(MRE)


オレゴンフリーズドライ本社ビル
オレゴンフリーズドライ社は、便利で、美味しく、栄養豊かで、費用対効果の高い食事を、軍隊へ所属の全ての人々へ供給しています。
Oregon Freeze Dry,Inc. P.O.Box 1048,Albany,OR 97321 USA www.ofd.com

レーション(MRE)

HOME > 製品情報

株式会社セイエンタプライズ


25年備蓄食(非常食)のサバイバルフーズ

サバイバルフーズ・ラインナップ

#10(大缶)のシリーズ 2&ハーフ(小缶)のシリーズ スペースセーバー®コンプレス®(雑炊)シリーズ

洋風とり雑炊 2&ハーフ(スペースセーバー®コンプレス®) 洋風とり雑炊 2&ハーフ(スペースセーバー®コンプレス®) 鶏肉、マッシュルーム、にんじんなど具沢山で、美味しさも栄養も満点。昆布だし、鰹節の風味が効いた雑炊です。 内容量 : 380g (6枚入り)/缶 標準食数 : 約10食/缶 賞味期限 : 25年間


標準栄養成分(食品100gあたり) エネルギー 382Kcal たんぱく質 27.1g 脂質 7.8g 炭水化物 56.5g ナトリウム 2.23g 食塩相当量 5.67g

この製品の詳細へ
洋風えび雑炊 2&ハーフ(スペースセーバー®コンプレス®) 洋風えび雑炊 2&ハーフ(スペースセーバー®コンプレス®) バターとワインの香りがたまらない洋風雑炊。備蓄食の概念を超えた、風味豊かなおいしさに驚くこと間違いなしです。 内容量 : 430g (6枚入り)/缶 標準食数 : 約10食/缶 賞味期限 : 25年間


標準栄養成分(食品100gあたり) エネルギー 471Kcal たんぱく質 26.1g 脂質 25.6g 炭水化物 39.3g ナトリウム 2.79g 食塩相当量 7.09g

この製品の詳細へ

野菜シチュー(1号缶/2&ハーフ) 野菜シチュウ(1号缶/2&ハーフ) 野菜たっぷり、具沢山のシチュー。調理後にフリーズドライ加工しているので、十分に煮込んだ美味しさが自慢です。 内容量 : 440g(1号缶)140g(2号缶) 標準食数 : 約10食(1号缶)約2.5食(2号缶) 賞味期限 : 25年間


標準栄養成分(食品100gあたり) エネルギー 445Kcal たんぱく質 11.9g 脂質 15.8g 炭水化物 63.8g ナトリウム 1.90g 食塩相当量 4.83g

この製品の詳細へ
チキンシチュー(1号缶/2&ハーフ) チキンシチュウ(1号缶/2&ハーフ) ご家庭のシチューと変わらない、ほっとできる美味しさのシチュー。特にホクホクのポテトは、年齢を問わず好まれます。 内容量 : 538g(1号缶)134g(2号缶) 標準食数 : 約10食(1号缶)約2.5食(2号缶) 賞味期限 : 25年間


標準栄養成分(食品100gあたり) エネルギー 472Kcal たんぱく質 20.5g 脂質 20.0g 炭水化物 52.4g ナトリウム 2.12g 食塩相当量 5.39g

この製品の詳細へ

クラッカー(1号缶/2&ハーフ) クラッカー(1号缶/2&ハーフ) 厚みがあって、食べ応え満点のクラッカー。スコーンのような味わいで、素材の小麦粉のよさが活きています。 内容量 : 867g(1号缶)216g(2号缶) 標準食数 : 約10食(1号缶)約2.5食(2号缶) 賞味期限 : 25年間


標準栄養成分(食品100gあたり) エネルギー 422Kcal たんぱく質 8.3g 脂質 12.5g 炭水化物 69.0g ナトリウム 457.00mg 食塩相当量 1.17g

この製品の詳細へ

「えび雑炊」に使用されている、原材料の白ワインに合成保存料が含まれます。その他のサバイバルフーズには、一切合成保存料は含まれていません。

NASAが認めた備蓄食 サバイバルフーズ

サバイバルフーズ クラッカー

2&ハーフ クラッカー #10 クラッカー

 

クラッカー

サバイバルフーズ 野菜シチュー

2&ハーフ 野菜シチュー #10 野菜シチュー

 

野菜シチュー

サバイバルフーズ チキンシチュー

2&ハーフ チキンシチュー #10 チキンシチュー

 

チキンシチュー

サバイバルフーズ 洋風えび雑炊 えび雑炊 サバイバルフーズ 洋風とり雑炊 とり雑炊
#2&1/2(2号缶) 10.3cm×12cm #10(1号缶) 15.9cm×17.9cm #2&1/2(2号缶) 10.3cm×12cm #10(1号缶) 15.9cm×17.9cm #2&1/2(2号缶) 10.3cm×12cm #10(1号缶) 15.9cm×17.9cm #2&1/2(2号缶) 10.3cm×12cm

合成保存料ゼロで25年超長期保存できるおいしい料理 サバイバルフーズ

株式会社セイエンタプライズ


25年備蓄食(非常食)のサバイバルフーズ

サバイバルフーズ #10(1号缶) 多くの企業や自治体が採用しているのが、こちらのサバイバルフーズ( 1号缶 = #10サイズ缶 )です。
チキンシチューのファミリーセット サバイバルフーズ クラッカー サバイバルフーズ チキンシチュー サバイバルフーズ 野菜シチュー
#10(1号缶)ファミリーセット

1ケース
6缶詰合
詰合内容
クラッカー 3缶 チキンシチューもしくは野菜シチュー 3缶
標準食数
約60食相当(4人家族5日間)
総重量
約6.7または7.1kg(箱を含む)
箱の大きさ
48.7cm×32.4cm×19.9cm
希望小売価格
ファミリーセット(チキン)37,200(税別) ファミリーセット(野菜)34,800(税別)
クラッカークラッカー 1缶内容量 867g 6缶詰合/1ケース ケース総重量約 7.7kg 1缶当たり約10食相当希望小売価格: 1缶 4,000(税別) 1ケース 24,000(税別)
チキンシチューチキンシチュー 1缶内容量 538g 6缶詰合/1ケース ケース総重量約 5.5kg 1缶当たり約10食相当希望小売価格: 1缶 8,400(税別) 1ケース 50,400(税別)
野菜シチュー野菜シチュー 1缶内容量 440g 6缶詰合/1ケース ケース総重量約 5.0kg 1缶当たり約10食相当希望小売価格: 1缶 7,600(税別) 1ケース 45,600(税別)

クラッカー(#10 大缶)
クラッカー(#10) クラッカー
厚みがあって、食べ応え満点のクラッカー。スコーンのような味わいで、素材の小麦粉のよさが活きています。

標準栄養成分 (食品100gあたり)
エネルギー
422Kcal
たんぱく質
8.3g
脂質
12.5g
炭水化物
69.0g
ナトリウム
457.00mg
食塩相当量
1.17g

内容量 : 867g (マウンテンハウス クラッカー ※約13g/枚))/缶 標準食数 : 約10食/缶 賞味期限 : 25年間

製品名 サバイバルフーズ(#10)
種類 クラッカー(パイロット ブレッド)
原産国 アメリカ合衆国
製造者 オレゴンフリーズドライ社
主要原料
クラッカー
強化小麦粉、大豆油、砂糖、ホエイ(乳由来)、コーンシロップ、食塩、ベーキングパウダー、酵素 ※強化小麦粉は、小麦粉のほかに栄養強化の目的でナイアシン、還元鉄、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸が含まれています。
分析熱量 クラッカー=422kcal/100g
賞味期限 製造日より25年間(保管温度24℃以下)
包装形態 米国コンチネンタルカン社製 エナメルコーティング・スティール缶(15.3×17.3cm:日本工業規格1号缶)脱酸素剤封入気密包装 ※2010年5月製造より、脱酸素剤を使用しております。
外装 段ボールケース(48.7×32.4×19.9cm)、6缶入り

チキンシチュー(#10 大缶)
チキンシチュー(#10) チキンシチュー
ご家庭のシチューと変わらない、ほっとできる美味しさのシチュー。特にホクホクのポテトは、年齢を問わず好まれます。

標準栄養成分 (食品100gあたり)
エネルギー
472Kcal
たんぱく質
20.5g
脂質
20.0g
炭水化物
52.4g
ナトリウム
2.12g
食塩相当量
5.39g

内容量 : 538g/缶 標準食数 : 約10食/缶 賞味期限 : 25年間

製品名 サバイバルフーズ(#10)
種類 チキンシチュー
原産国 アメリカ合衆国
製造者 オレゴンフリーズドライ社
主要原料
チキンシチュー
野菜(じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、にんじん、えんどう豆、たまねぎ)、鶏肉、植物油脂(コーン油、大豆油)、脱脂粉乳、加工でんぷん、食塩、タンパク加水分解物(コーン、小麦由来)、鶏油、砂糖、香辛料、ガーリックパウダー
分析熱量 チキンシチュー=472kcal/100g
賞味期限 製造日より25年間(保管温度24℃以下)
包装形態 米国コンチネンタルカン社製 エナメルコーティング・スティール缶(15.3×17.3cm:日本工業規格1号缶)脱酸素剤封入気密包装 ※2010年5月製造より、脱酸素剤を使用しております。
外装 段ボールケース(48.7×32.4×19.9cm)、6缶入り

野菜シチュー(#10 大缶)
野菜シチュー(#10) 野菜シチュー
野菜たっぷり、具沢山のシチュー。調理後にフリーズドライ加工しているので、十分に煮込んだ美味しさが自慢です。

標準栄養成分 (食品100gあたり)
エネルギー
445Kcal
たんぱく質
11.9g
脂質
15.8g
炭水化物
63.8g
ナトリウム
1.90g
食塩相当量
4.83g

内容量 : 440g/缶 標準食数 : 約10食/缶 賞味期限 : 25年間

製品名 サバイバルフーズ(#10)
種類 野菜シチュー
原産国 アメリカ合衆国
製造者 オレゴンフリーズドライ社
主要原料
野菜シチュー
野菜(じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、えんどう豆、にんじん、コーン)、コーン油、加工でんぷん、タンパク加水分解物(コーン、小麦、大豆由来)、 乾燥たまねぎ、砂糖、食塩、酵母エキス、香辛料、食用精製加工油脂(大豆油)、ガーリックパウダー、調味料(アミノ酸)、ローズマリー抽出物
分析熱量 野菜シチュー=445kcal/100g
賞味期限 製造日より25年間(保管温度24℃以下)
包装形態 米国コンチネンタルカン社製 エナメルコーティング・スティール缶(15.3×17.3cm:日本工業規格1号缶)脱酸素剤封入気密包装 ※2010年5月製造より、脱酸素剤を使用しております。
外装 段ボールケース(48.7×32.4×19.9cm)、6缶入り

「えび雑炊」に使用されている、原材料の白ワインに合成保存料が含まれます。その他のサバイバルフーズには、一切合成保存料は含まれていません。

NASAが認めた備蓄食 サバイバルフーズ

サバイバルフーズ クラッカー

2&ハーフ クラッカー #10 クラッカー

 

クラッカー

サバイバルフーズ 野菜シチュー

2&ハーフ 野菜シチュー #10 野菜シチュー

 

野菜シチュー

サバイバルフーズ チキンシチュー

2&ハーフ チキンシチュー #10 チキンシチュー

 

チキンシチュー

サバイバルフーズ 洋風えび雑炊 えび雑炊 サバイバルフーズ 洋風とり雑炊 とり雑炊
#2&1/2(2号缶) 10.3cm×12cm #10(1号缶) 15.9cm×17.9cm #2&1/2(2号缶) 10.3cm×12cm #10(1号缶) 15.9cm×17.9cm #2&1/2(2号缶) 10.3cm×12cm #10(1号缶) 15.9cm×17.9cm #2&1/2(2号缶) 10.3cm×12cm

合成保存料ゼロで25年超長期保存できるおいしい料理 サバイバルフーズ

サバイバルフーズ・ラインナップ

アマチュア無線は、金銭上の利益のためでなく、個人的な趣味として、無線技術に興味を持つ者が実際に電波を発射して国内外のアマチュア無線家と交信したり、通信をするための無線機器を作ったりする楽しみがあります。 アマチュア無線は科学的な理解力と技術向上、知恵と能力の開発やアイデアを生み出すことに効果があることが実証されています。 一方、市民レベルでの国際交流活動や地震津波など災害時の非常通信にも寄与しています。 アマチュア無線のシステムの例

アマチュア無線システムの概要

 電信、電話、画像、データ、衛星通信等全ての通信の方式が使われています。

略 史

明治34年  (1901) マルコーニが大西洋横断無線電信の実験に成功
大正元年  (1912) アメリカで無線法ができ、アマチュアの実験は1,500kHz以上の周波数が使用可能
大正14年 4月(1925) 国際アマチュア無線連合(IARU)創立
大正15年 6月(1926) 日本アマチュア無線連盟(JARL)設立(盟友37名)
昭和 2年 9月(1927) 草間貫吉(JXAX)が初のアマチュア無線局の免許を取得
昭和 4年 1月(1929) アマチュア無線の規定が確立され、呼出符号を付与
昭和 9年 3月(1934) 函館大火で橋本数太郎(J7CB)により、わが国初のアマチュアによる非常通信実施
昭和16年12月(1941) 太平洋戦争開戦と同時に私設実験局の運用禁止
昭和25年 6月(1950) 電波法施行
昭和26年 6月(1951) 第1回目のアマチュア無線技士従事者免許の国家試験実施
昭和27年 7月(1952) JA1AAを初めとする30名に予備免許がおりる、アマチュア無線再開
昭和33年 5月(1958) 電信級及び電話級アマチュア無線技士の資格が新設
昭和34年12月(1959) JARL、社団法人として認可
昭和36年12月(1961) 世界初の(米)アマチュア衛星「オスカー1号」打ち上げ成功
昭和45年 3月(1970) 日本初の特別記念局(JA3XPO)が大阪万国博覧会で免許
昭和57年 3月(1982) レピータ局(アマチュア局の中継用無線局)の開設が認められ、JR1WAが免許
昭和57年 7月(1982) アマチュア無線技士の操作範囲が改正され、電信級、電話級の資格者にも画像通信、データ通信が許可
昭和61年 8月(1986) 日本初のアマチュア衛星「ふじ」打ち上げ成功
平成 2年 2月(1990) アマチュア衛星「ふじ2号」打ち上げ。無線従事者の資格制度が改正され、電信級が3級、電話級が4級になる
平成 8年 4月(1996) 2級~4級アマチュア無線技士の操作できる空中線電力が引き上げられる
平成 8年 8月(1996) アマチュア衛星「JAS-2」(日)打ち上げ成功
平成10年 5月(1998) アマチュア無線の公衆通信網への接続(フォーンパッチ)が許可制度導入
平成12年 3月(2000) 国際宇宙ステーションのアマチュア無線局との通信に小・中学生の無資格操作が可能となる
平成16年 2月(2004) アマチュア無線のデジタル通信方式(D-STAR)の運用開始

(1) アマチュア無線局

○ 移動しない局

○ 移動する局 (短波帯から極超短波帯までを装備した車載局で伝搬状態が良い時は海外交信も可能)

(2) アマチュア無線用の各種無線機器

アマチュア無線用送信機 「船舶用無線機をアマチュア用に改造したもの」 携帯型の無線機 (軍用無線機をアマチュア用に改造したもの)

送受信機の例 真空管を使用した受信機の例

短波帯と超短波帯送受信機を内蔵した 超高級無線機 超短波/極超短波送受信機

携帯型送受信機

自作の短波送信機 自作の短波受信機

(3) アマチュア無線のネットワーク

 アマチュア無線局の通信の相手方は、日本のアマチュア無線局(約65万局)とだけでなく、世界のどこの国のアマチュア無線局(おおよそ210万局)とでも通信することができます。また外国に行ってアマチュア無線局を運用することが可能な場合もあります。

○ 海外との交流
 次の写真は、海外のアマチュア無線局との交信、海外において合同でアマチュア無線局を開設して運用、国際親善や技術指導協力などのアマチュア無線の活動状況です。 また、04年の12月 インド洋のアンダマン島でアマチュア無線の活動中にスマトラ沖地震に遭遇し、その津波災害を察知して直ちに非常通信を実施した事例もあります。

○ アンダマンでの出来事
 アマチュア無線家は世界各地にいますが、アマチュア無線局数が少なかったり普段はアマチュア無線が許可されない地域があります。 そのようなところへ出かけて運用することをDXぺディションといいます。 以下に紹介するのは、たまたま地震災害に遭遇して非常通信を行ったインドのアマチュア無線家からの報告です。
 私達5名のアマチュア無線家に2004年12月3日から31日までの期間、アンダマン諸島へのDXぺディションの許可が下りた。 メンバーは飛行機と船で夫々現地Port Blair に到着して合流した。 DXぺディションで世界中から呼んでくる多くの局を相手にドッグパイルアップ(犬が餌に群がってくるような状況)をさばくのは、楽しいことだった。 12月3日の早朝から12月26日まで私は毎日3~4時間の睡眠時間で約23,000局と交信した。 12月26日のあの地震と津波が起こるまでにメンバー全員の総交信局数は35,000局に達した。 26日の早朝、まだ皆が眠っている時間にも私はインドネシアの局と交信を続けていた。6時29分突然激しい揺れを感じ、マイクに向かって“地震だ”と叫 び、部屋を出て他の宿泊者を起こして回った。皆外へ飛び出しホテルの芝生に集り全員の無事を確認した。 私は地震による被害の大きさを予測したので、DXぺディションの交信を中止してアンテナのビーム方向をインド本土へ向けた。 我々は連日本土と被災地との数多くのメッセージを取り扱った。 被害を受けた島々に居る友人や家族の安否を心配するインドやその他の国の人々にとって、我々の無線が唯一の通信手段だった。 我々はAndaman Nicobar島にDXぺディションに行ったのであるが、状況は我々を非常通信へと導いた。 AP通信、ワシントンポスト等のメディアがアマチュア無線の社会への必要性を証明し、そして認めてくれた。 アマチュア無線が役に立ったことを大きく認めてくれたことに感謝する。 そして人々の心を一つにするというアマチュア無線の可能性を再認識した。 Port Blair滞在中支えてくれた全てのメンバーを誇りに思っている。 災害で亡くなった人々の魂と共に私はPort Blairを後にしたのである。Bharathi 記

【参考】

 次の写真は、スマトラ沖地震の津波によるスリランカでの被災状況です。

アマチュア無線従事者操作範囲
資格
操作範囲
空中線電力
備考
第1級アマチュア無線技士 全バンド 制限なし (実質1kW以下)
第2級アマチュア無線技士 全バンド 200W以下
第3級アマチュア無線技士 8MHz以下 18MHz以上 50W以下
第4級アマチュア無線技士 8MHz以下 21MHz以上 20W以下 (21MHz-30MHzまで又は 8MHz以下については10W以下) モールス不可

スプラウトプロジェクトの概要

SPROUT(SPace Research On Unique Technology;スプラウト)は日本大学で2機目の超小型人工衛星の開発コードネームです.「SPROUT」には日本語で「新芽」「子孫」「若者」 あるいは「芽を出す」「急速に成長する」といった意味があります. SPROUTは,SEEDSに続く超小型人工衛星プロジェクトとして,2005年の冬に開発が始まりました.開発を始めるにあたっ て,SEEDSの開発で培った技術を受け継ぎ,それを飛躍させ,将来の宇宙開発に繋がるような自分たち独自の技術,つまりはアイデンティティを獲得・確立 しようという意味を込めてSPROUTと名付けました. 現在,大学1年生から大学院生までが,学年の壁を越えて互いに意見を交わし合い日々開発に打ち込んでいます.また,幅広い学年の学生達が一緒に開発を進めていく事により,技術の継承がスムーズになされています. 現在の開発状況は,概念設計が終了しBBMの開発・製作・環境試験の段階にあります.今後はEM・FMと開発行程を進め,2011年春の打上げを目標に開発をすすめていきます. ページトップへ戻ります

SPROUT

  現在開発中の超小型人工衛星「SPROUT」は図に示すような一辺20cmの立方体の形をした衛星主部と,全長約1.5mにも及ぶ複合膜面構造部から成り立ちます.SPROUTは軌道投入後,この複合膜面構造物を展開する「複合膜面構造物の展開実証実験」をはじめ,「空気抵抗を利用したデ オービット手法の実証実験」,衛星に搭載したカメラと姿勢制御系を駆使した「地球画像の撮影」,音声データや画像データを宇宙から地上へ配信する「アマ チュア無線サービスの提供」など,高度600km,秒速約8kmという環境のもと,様々なミッションを行います.
超小型人工衛星「SPROUT」

ページトップへ戻ります

開発の目的

SPROUT開発の目的は以下の項目に集約されます.

複合膜面構造物展開技術の宇宙実験・宇宙実証
インフレータブルチューブ・薄膜面構造物の展開実証を行い,複合膜面構造物の宇宙空間での実用化への先駆けとする.
複合膜面構造物を有する人工衛星の設計プロセス評価
今後の複合膜面構造物を有する人工衛星の設計に必要となる,地上で行う計算や実験といった予測技術を,宇宙空間での実験から得られたデータと比較し評価する.
複合膜面構造物によるデオービット手法の実証
ミッション期間が終了した後,その軌道から離脱することが可能なシステムを提案・宇宙実証する.
超小型人工衛星開発技術の向上
SPROUTのバスシステムを評価し,今後の超小型人工衛星開発に活用する.
外部との交流
宇宙開発および自分たちの活動をアピールすることで宇宙を身近に感じてもらい様々な意見を取り入れる.

  以上これら5つを開発目的の軸とし,SPROUTプロジェクトを進めていきます. ページトップへ戻ります

ミッション

SPROUTプロジェクトのミッションには大きく分けて2つ,「工学ミッション」と「アウトリーチミッション」とがあります.それぞれのミッ ションの下にはさらに細かく分岐されたミッションがあり,これらのミッションを十分に満足できる衛星であることが「SPROUT」に求められるのです.

ミッション一覧

システム

下の図はSPROUTプロジェクトのシステムを簡略化した模式図です.SPROUTプロジェクトのシステムは,「衛星」「地上局」「解 析」「広報」の4つのサブシステムで構成されています.工学ミッション・アウトリーチミッションを行うために衛星を用い,地上局との間で通信を行うことで データを取得し,取得したデータを地上にて解析します.さらに,アマチュア無線家が衛星データのアップリンクやダウンリンクが行えるようなシステムを作る ことや,一般の方々を対象としたマイクロフィルムの公募や,Web・講演を通じて外部との積極的な交流を図ることでアウトリーチミッションを遂行します.

SPROUT,システム概要

ページトップへ戻ります

広報

SPROUTにおける「広報」とは,一人でも多くの人々が宇宙や衛星に関心や興味を抱くような,また,人々が宇宙を身近に感じるアプ ローチとなるような情報配信や広報活動を行うことであります.これらの要求を満足させるために我々は「広報」システムに以下に述べるミッションを掲げま す.

アップリンク・ダウンリンクフォーマットの公開
一般公開用アップリンク・ダウンリンクソフトの提供
衛星通信サービスの運用解放の管理
地球画像やプロジェクト活動などの情報提供
マイクロフィルムメッセージを公募し衛星へ搭載
QSLカードの発行
地球を作ろうキャンペーン(Feel The Earth)の実施
講演などによる広報活動の実施
意見を取り入れることが出来るような環境を作る

ページトップへ戻ります

これまでの活動

SEEEDS 私たちは超小型人工衛星「SEEDS」の開発を2000年から着手・進行し,2008年4月にインド南部サティシュダワンスペースセンターよりPSLV-C9ロケットによって打上げを行いました. SEEDSの開発は,ロシアでのロケット打上げ失敗などが重なり,開発は予想以上の長きに渡りました.しかし,数ある苦労を乗り越えた先に生まれた衛 星「SEEDS」は,本研究室に衛星開発の礎を築いただけでなく,研究室メンバーの共通の財産となり,打上げ後1年経った今でも毎日運用を行っておりま す.

SEEDS 2008年4月28日にインドで打ち上がったPSLVロケット 現在のSEEDS運用風景
超小型人工衛星SEEDS 打上げロケットPSLV 地上局での運用風景

PRIMROSE 本提案チームは,日本宇宙フォーラムが主催する「衛星設計コンテスト」に出場し,いくつかの衛星を提案してきました.2006年度に は,50kg級の小型人工衛星“PRIMROSE”の設計を行い,コンテストの最優秀賞である設計大賞を受賞しました.この衛星では,インフレータブル チューブを展開させ,これに取り付けた膜面が受ける空気抵抗を変化させることで,軌道を変化させるというミッションを提案しています.SPROUT構想の 根底はこのPRIMROSEにあるといっても過言ではなく,我々は今,当時の机上のアイディアを実物の衛星におこす開発を行っています.

第14回衛星設計コンテスト「設計大賞」受賞作品「PRIMROSE」 衛星設計コンテスト発表風景
PRIMROSE外観 衛星設計コンテストでの発表風景

Cansat Cansatとは,350ml缶サイズの模擬人工衛星のことです.Cansatは小さいながらもその中身は衛星を構成するサブシステム を一通り有しており,近年,大学・企業での超小型人工衛星の開発が盛んになってきているが,そのほとんどの大学や団体がこのCansatの開発に取り組ん でいます.それはCansatを開発することにより,人工衛星の基礎を学ぶことができることや,Cansatを用いて超小型人工衛星の実証実験を行うこと が,大学における人口衛星開発に非常に有効な手段であるためであるからです. 本研究室でも長年このCansatの開発に取り組んできており,SEEDSやSPROUTの地上実験機としてのCansatの開発も行ってきていま す.我々の研究室ではCansatは学部4年生や低学年の学生をはじめして,衛星開発を実地体験できる登竜門のような存在となっています.

CanSat ロケットに搭載して・・・・・ いざ!!打ち上げ!!
実証実験Cansat Cansat打上げ準備 打上げ(高度約4000m)

宇宙構造物およびそのダイナミクス解析 我々が所属する,日本大学理工学部航空宇宙工学科宮崎研究室では,インフレータブル・膜面構造物の数値シミュレーションなど,柔軟構造 物のダイナミクスに関する研究を行ってきています.また,それらの数値シミュレーションの結果と地上実験の結果を比較するといった研究も活発に行って来ま した.このように,本提案チームはこれら蓄積された柔軟構造物に関する知識や・解析手法を利用して複合膜面構造物を有する「SPROUT」の開発を行って います.

膜面構造物の展開シミュレーション 薄膜のリンクル(しわ)の解析
膜面構造物の展開シミュレーション 膜のリンクル解析

アウトリーチ活動 2008年4月に打上がり,現在も進行中の超小型人工衛星「SEEDS」プロジェクトでは,アマチュア無線サービスを利用して,地元小学生の音声を録音・再生し,小学生に宇宙からきた自分たちの声が聞こえてくるという機会を提供しました. ま た,世界中のアマチュア無線家の方々に衛星からのデータや声の受信を行う機会を提供するとともに,我々もアマチュア無線家の方と一緒に衛星を運用するとい う経験を得ることができました.さらに,「宇宙に届けたいメッセージ」を公募し,それらをマイクロフィルムにして衛星に搭載するというキャンペーンも行い ました.このキャンペーンには,日本中から約800通,延べ1500人という方々からの公募をいただき,宇宙に関心を抱いている方がこんなにも多く,ま た,我々は多くの方々に支えていただいていることを感じることができました. これらの活動を通じて,たくさんの方々に少しでも宇宙を身近に感じていただく手助けができたのではないかと思っています.次期衛星のSPROUTで も,アマチュア無線を通じたサービスやアウトリーチ活動などにより,より多くの方々に宇宙をもっと身近に感じていただけるように努めていきたいと考えてい ます.

メッセージをマイクロフィルムにして衛星に搭載します. 子供の科学 ハムクラブとの交流 地元小学校(坪井小学校)との交流
公募したマクロフィルム原本 子供の科学取材協力 地元小学生との交流

ページトップへ戻ります

144/430MHzFMデュアルバンドトランシーバー&レシーバースタンダードVX-3
デュアルバンドアマチュア無線機 &マルチバンドレシーバー &広帯域ハンディ受信機 超小型【送料・代引手数料無料】144/430MHzFMデュアルバンドトランシーバー&レシーバースタンダードVX-3
商品番号 VX-3
価格 21,714円 (税込 22,800 円) 送料込

ポケットサイズのスーパーコンパクトハンディ 144/430MHz帯アマチュア無線&広帯域受信機 スタンダードVX-3

周波数帯  送信 : 144/430MHz帯 受信 : 0.5~999.9MHz (受信改造済み) ・付属のリチウムイオン電池でVHF帯1.5W UHF帯1Wの出力 外部電源接続ならVHF帯3W UHF帯2Wの出力 ・AM、FMラジオ放送を聞きながらアマチュアバンドなどを モニターできるAFデュアル(SUB RX)受信機能 ・FMステレオ放送受信対応 ・簡易盗聴器発見機能 ・付属のリチウムイオン電池で約20時間もラジオ、テレビの 音声を連続受信する省電力設計 ・専用受信機なみのワイドバンド受信 最大1,668個のメモリーチャンネル ・寸法 : 47(W)x81(H)x23(D)mm 突起物含まず ・重量 : 約130g(リチウムイオン電池含む) ・付属品 : リチウムイオン電池、充電器 良く使われる盗聴、盗撮周波数一覧表と あると便利な主な周波数帯一覧表付

VX-7R 50/144/430MHz 高性能ハンディ無線機 YAESU 八重洲 【送料無料】 盗聴器発見機能 ヤエス 【激安】

VX-7R 50/144/430MHz 高性能ハンディ無線機 YAESU 八重洲 【送料無料】 盗聴器発見機能 ヤエス 【激安】[wm-c014]

販売価格: 43,800円 (税込)
KG-816 WOUXUN ハンディトランシーバー 【送料無料】 中国の大手無線機メーカー欧訊(WOUXUN)製のハンディ無線機です

KG-816 WOUXUN ハンディトランシーバー 【送料無料】 中国の大手無線機メーカー欧訊(WOUXUN)製のハンディ無線機です[wm-c027]

販売価格: 15,980円 (税込)

ID-92 アイコム アマチュア無線機 144/430MHz帯ハンディ機

ID-92 アイコム アマチュア無線機 144/430MHz帯ハンディ機

アイコム


価格: ¥ 48,800
ALINCO アマチュア無線機 144/430MHz ハンディタイプ DJ-C7

ALINCO アマチュア無線機 144/430MHz ハンディタイプ DJ-C7

ALINCO


参考価格: ¥ 26,040
価格: ¥ 16,800 通常配送無料
OFF: ¥ 9,240 (35%)

商品紹介

●薄さ14.5mm、ポケットサイズの超薄型ボディ。 ●送信出力300mW(付属バッテリー使用時)、500mW(外部電源6V使用時) ●送信周波数範囲:144.000~145.995MHz、430.000~439.995MHz ●広帯域受信仕様。(受信周波数範囲:531~1620kHz、1.625~9.995MHz、76.1~89.995MHz、 108.000~169.995MHz、380.000~469.995MHz) ●盗聴器発見機能を搭載 ●トーンスケルチ機能搭載 ●200チャンネルメモリー ●寸法:W58×H94×D14.5mm ●重量:100g(充電バッテリー含む) ●付属品:リチウムイオンバッテリーパック、ACアダプター、ホイップアンテナ(SMA接栓)、アンテナキャップ ※この無線機を使用するには、総務省のアマチュア無線局の免許が必要です。また、アマチュア無線目的以外の通信には使用出来ません。

商品の説明

デュアルバンド(送信)とワイドバンド(受信)をカードにパック トランシーバーとケータイいっしょに持っても苦にならない

Ranking TOP 5 [ ソーラー独立電源 ]
1位
【交流大型タイプ 168W-12V[SHARP] PV1212 + SK120-112 + M27】
181,728 ( 税込 190,815 )
シャープ製 168W ソーラーパネルからバッテリーに充電して、交流のコンセントから電気製品を利用します。
2位
【ソーラーバッテリーセット SE400S + PG421】
39,000 ( 税込 40,950 )
簡単ソーラー発電セット。アウトドアで大活躍。コンセントを使う交流電気製品、直流電気製品、USB にも対応。車や船に常備したり防災用電源としても最適。 
3位 
【直流小型タイプ 14W[KD]Type.SHS-6L + CB20】
41,476 ( 税込 43,550 )
小型軽量の 京セラパネルとコンパクトなバッテリーで利用出来ます。初めての方や、ちょっとしたソーラー発電に便利!
4位 
【交流小型タイプ 10W[shell]Type.SG4 + SK120 + CB20】
59,310 ( 税込 62,276 )
シェルソーラーの小型軽量パネルからバッテリーに充電して、交流のコンセントから電気製品を利用します。
5位 
【ソーラーポンプ Type2】
49,742 ( 税込 52,230 )
ソーラー発電でポンプが動きます♪オリジナルの噴水やお庭に滝がつくれます。池やプールの噴水、水の活性化など、池の水を循環させて藻の発生などを押さえることも出来るかもしれませんね。 
拡大写真
 
 

持ち歩けるソーラー充電器を探していたので、これを使ってみようかな?

Takara-chan 2011年07月30日

ショップ: プロ仕様防災用品なら防災QQドットコム! 危機管理はまず自分と家族から! 放射線測定器/ガイガーカウ…

値下げ決行中!!USB/ソーラー発電ポータブル大容量バッテリー

【製品仕様】
バッテリー:リチウムポリマーバッテリー
容量:5600mAh
出力電圧:電流:5.0V/500mA~1000mA
充電方法:ソーラーパネルまたはUSB給電
充電時間:2~3時間(USB給電時)
サ イ ズ:121mm×77mm×15mm
重量:170g
安全回路:過充電、過放電、過電流、過電圧、ショート回路

エコジョイグッズ 充電器
充電用電池、携帯電話やモバイル機器用の充電器、電源。アウトドアや防災等いざという時のそなえに。
手動発電携帯電話充電器 3・6・9・12Vソーラーパネル
パワーレスキュー人力くん 

  • 手動(手回し)発電で充電する携帯電話用充電器
  • 単3乾電池2本の充電も可能
  • アウトドアのお供に、そして仕事で外出の多い方におすすめ
3・6・9・12Vソーラーパネル 

  • 電圧切替え可能なコンパクト太陽電池
  • 単3充電池2本又は9V充電池1本の充電ができる
  • 小型電気機器(ウォークマン、電子手帳等)の充電器や電源として
  • 多機能でありアイデア次第でさらに用途拡大
【即納】 最大900W AC/DC ポータブル小型発電機 50hz 
大きい画像を見る
  • セール

家庭用電源対応!

【即納】 最大900W AC/DC ポータブル小型発電機 50hz

商品コード:43197

■最大出力900W!■数に限りがございますのでお早めに!■直流電源12Vの使用可能!

■商品詳細
・新品
・AC/DC対応
・※直流電源12Vの使用可能!

■電圧
・110V
■定格周波数
・50hz
■本体サイズ
・39cm×31.5cm×33cm/約
■重量
・約20kg
■最大出力
・ 900W
■馬力
・2馬力
■使用燃料
・50:1
※レギュラーガソリン/2サイクルエンジン混合
■始動方式
・リコイル(手で引くタイプ)
■コンセント
・2口/AC(日本のコンセントがそのまま使えます)
■エンジン
・空冷/2サイクル
■連続使用時間
・約6時間

k

カテゴリー: NEWS, TraveL, WEATHER | コメントをどうぞ

太地町 Whaling Season

y

http://whales.dolphins-world.net/wp-content/themes/arras-theme/library/timthumb.php?src=http://whales.dolphins-world.net/wp-content/uploads/2009/12/watching_01.jpg&w=630&h=250&zc=1

反捕鯨団体の違法行為に備え厳戒態勢 和歌山県警と海保

2011.8.30 21:12

 反捕鯨団体などによる妨害行為を防ぐため、和歌山県警と第5管区海上保安本部は今年、警備態勢を強化している。

県警によると太地町には昨年、シー・シェパード(SS)などの反捕鯨団体、延べ約1800人が訪れ、カメラを向けたり、車の前に立ちはだかるなど漁師らに いやがらせ行為を繰り返した。9月には捕獲したイルカを入れたいけすの網が切られる事件も発生。海外の反捕鯨団体「ザ・ブラック・フィッシュ」がホーム ページに犯行声明を出したが、犯人逮捕には至っていない。

こうした違法行為に厳しく対処するため、県警と海保は今月、連絡会を発足して連 携強化を確認。それぞれが警戒本部を設置し、25日には太地町に県警が臨時交番を開設。31日には、鯨類の解体施設のある漁協近くに串本海上保安署臨時駐 在所が設けられる。県警は出港や追い込み作業の際にパトロールを強化。通訳できる警察官も派遣した。海保は沖合に巡視船艇を配備、海上から警戒にあたる。

臨時交番で安全パトロール班の係長を務める岡田芳久警部補は「不安に感じている住民もいると思う。トラブルが発生すればすぐに駆け付け、町の平穏を守りたい」と話している。

一方、漁解禁を前に26日、「ザ・コーヴ」に出演したイルカ保護活動家のリック・オバリー氏が来日した。

「生活と誇り守りたい」 和歌山・太地町で追い込み漁、9月1日解禁

2011.8.30 21:14 (1/4ページ)
今も昔もクジラやイルカの解体作業が行われている太地漁港=和歌山県太地町クリックして拡大する

今も昔もクジラやイルカの解体作業が行われている太地漁港=和歌山県太地町

 国内古式捕鯨の発祥地、和歌山県太地(たいじ)町で伝統漁法「追い込み漁」が9月1日、解 禁される。昨シーズン、反捕鯨団体などによる漁業関係者への妨害行為が相次いだため、県警や第5管区海上保安本部は解禁前から警備態勢を強め、漁協も特別 訓練に参加。町を歩くと、ピリピリとした緊張感も伝わってくる。その一方で、地元住民からは「クジラの町」の本音が聞かれた。(池田美緒、写真も)

クジラの町

風見鶏ならぬ「風見クジラ」や風力発電クジラ…。町のそこかしこにクジラにちなんだモニュメントがある。熊野灘に突き出た人口約3200人の小さな町、太 地町。町の玄関口、JR太地駅にあるエレベーターや障害者用トイレは、観光、そしてクジラ研究を中心とする学術都市を目指す町が、訪れる人たちのために整 備したという。

「太地からクジラがなくなったら、何もない」。同町漁協参事の貝良文さん(51)はそう、つぶやいた。漁の解禁前だが、 スーパーには、過去に採れたクジラの内臓や皮の加工食品が並ぶ。同町では古くから「肉といえばクジラ」。平地や川のないこの町にとって貴重な栄養源で、生 活の糧(かて)でもあった。

 クジラを追って港に帰る船をお祭り騒ぎで迎える町民…。ほんの50年前は当たり前の光景だった。不漁の年には、海外へ出稼ぎに行った。明治時代には無理な出漁で、一度に100人余りが亡くなる悲劇もあった。

そんな町民が命がけで引き継いできた生業は、今も若者を惹(ひ)きつける。漁業は高齢化が進んでいるといわれるが、太地では世代交代が進み、捕鯨には 10~20代の若者5人が携わっている。追い込み漁を続けている同漁協のいさな組合(23人)の三好雅之副組合長(67)は「捕鯨にあこがれて入った若者 に技術と誇りを継いでいきたい」と語る。

緊張感

穏やか な町だが、追い込み漁解禁を控えて緊張感が漂っていた。シー・シェパード(SS)など反捕鯨団体の妨害行為を防ぐため、和歌山県警は今月、警戒拠点として 臨時交番を町に設置した。イルカを入れる漁協のいけすの様子を確認したりパトロールを強化したりと警戒を強めている。

 「動物の生死を商売にしているのは彼ら(SS)の方だ」。同漁協販売課長の〆谷(しめた に)和豊さん(44)は憤る。観光客らに配慮し、漁協が畠尻湾で早朝に行ってきたイルカやクジラの処理作業を隠し撮りしたり、妨害したりした反捕鯨団体の メンバーら。英語で何をまくし立てていたのかよく分からなかったが、米映画「ザ・コーヴ」を見て怒りが増した。

いさな組合副組合長の三好 さんも「誇りもやりがいもある仕事を突然否定する彼らに対応するのがつらい」と語る。同組合では、反捕鯨団体などに対抗してビデオカメラ3台を購入。単独 行動を控えて衝突を避けるなど細心の注意を払う。「法律を巧みに利用するSSに自分たちが乗せられたら、警備してくれた人たちの顔をつぶすことになる」と 覚悟を語った。

誇りとともに

毎年4月末、町ではクジラに感謝する供養祭が営まれる。「太地は昔からクジラとともにあった。多くの先人を亡くした歴史も、後世に伝える義務がある。ここでくじけてはいけない」。三軒一高(さんげんかずたか)町長は力強く語った。

 町ではいま、クジラを観光、食文化のほかに学問の側面から生かそうと取り組んでいる。町の 北側にある森浦湾を「クジラの牧場」とし、町立くじらの博物館を第一線の研究施設にする「鯨の海構想」だ。京都府出身の同博物館学芸員の中江環さん (30)も「博物館は『失った物』を展示していることが多い。ここでは生きたクジラがそばにいる」と魅力を説明する。

全国から集まった研究者に魅力的な町に映るよう、町は女性が安心して使える衛生的な公衆トイレも整備。イルカやクジラを解体する太地漁港は県内初の衛生管理型漁港とするなど、環境と衛生に配慮した町づくりに取り組んでいる。

交通の便も悪く、ほかに大きな産業もない太地町。しかし、町民は「こういう騒ぎさえなけりゃ平和な町」と胸を張る。そして三軒町長は「クジラのことが知りたければ一度は行かなきゃいけないような町にしたい」と語る。

約400年にわたって受け継がれた生業への誇りが、町を支えていた。

2011年8月31日

鯨と生きる町 誇り守りたい 和歌山・太地

G20110830DDD1900368G20000005.jpg  国内古式捕鯨の発祥地、和歌山県太地(たいじ)町で伝統漁法「追い込み漁」が9月1日、解禁される。昨シーズン、反捕鯨団体などによる漁業関係者への妨害 行為が相次いだため、和歌山県警や第5管区海上保安本部は解禁前から警備態勢を強め、漁協も特別訓練に参加。町を歩くと、ピリピリとした緊張感も伝わって くる。その一方で、地元住民からは「クジラの町」の本音が聞かれた。(池田美緒、写真も)

「追い込み漁」緊張の中あす解禁

風見鶏ならぬ「風見クジラ」や風力発電クジラ…。町のそこかしこにクジラにちなんだモニュメントがある。熊野灘に突き出た人口約3200人の小さな町、太 地町。町の玄関口、JR太地駅にあるエレベーターや障害者用トイレは、観光、そしてクジラ研究を中心とする学術都市を目指す町が、訪れる人たちのために整 備したという。

「太地からクジラがなくなったら、何もない」。同町漁協参事の貝良文さん(51)はそう、つぶやいた。漁の解禁前だが、 スーパーには、過去にとれたクジラの内臓や皮の加工食品が並ぶ。同町では古くから「肉といえばクジラ」。平地や川のないこの町にとって貴重な栄養源で、生 活の糧でもあった。

クジラを追って港に帰る船をお祭り騒ぎで迎える町民…。ほんの50年前は当たり前の光景だった。不漁の年には、海外へ出稼ぎに行った。明治時代には無理な出漁で、一度に100人余りが亡くなる悲劇もあった。

そんな町民が命がけで引き継いできた生業(なりわい)は、今も若者を引きつける。漁業は高齢化が進んでいるといわれるが、太地では世代交代が進み、捕鯨に は10~20代の若者5人が携わっている。追い込み漁を続けている同漁協のいさな組合(23人)の三好雅之副組合長(67)は「捕鯨にあこがれて入った若 者に技術と誇りを継いでいきたい」と語る。

穏やかな町だが、追い込み漁解禁を控えて緊張感が漂っていた。シー・シェパード(SS)など反捕鯨団体の妨害行為を防ぐため、県警は今月、警戒拠点として臨時交番を町に設置した。イルカを入れる漁協のいけすの様子を確認したりパトロールを強化したりと警戒を強めている。

G20110830DDD1900375G20000004.jpg  「動物の生死を商売にしているのは彼ら(SS)の方だ」。同漁協販売課長の〆谷(しめたに)和豊さん(44)は憤る。観光客らに配慮し、漁協が畠尻湾で早 朝に行ってきたイルカやクジラの処理作業を隠し撮りしたり、妨害したりした反捕鯨団体のメンバーら。英語で何をまくし立てていたのかよく分からなかった が、米映画「ザ・コーヴ」を見て怒りが増した。

いさな組合副組合長の三好さんも「誇りもやりがいもある仕事を突然否定する彼らに対応する のがつらい」と語る。同組合では、反捕鯨団体などに対抗してビデオカメラ3台を購入。単独行動を控えて衝突を避けるなど細心の注意を払う。「法律を巧みに 利用するSSに自分たちが乗せられたら、警備してくれた人たちの顔をつぶすことになる」と覚悟を語った。

「歴史伝える義務がある」

毎年4月末、町ではクジラに感謝する供養祭が営まれる。「太地は昔からクジラとともにあった。多くの先人を亡くした歴史も、後世に伝える義務がある。ここでくじけてはいけない」。三軒一高(さんげんかずたか)町長は力強く語った。

町ではいま、クジラを観光、食文化のほかに学問の側面から生かそうと取り組んでいる。町の北側にある森浦湾を「クジラの牧場」とし、町立くじらの博物館を 第一線の研究施設にする「鯨の海構想」だ。京都府出身の同博物館学芸員の中江環さん(30)も「博物館は『失った物』を展示していることが多い。ここでは 生きたクジラがそばにいる」と魅力を説明する。

全国から集まった研究者に魅力的な町に映るよう、町は女性が安心して使える衛生的な公衆トイレも整備。イルカやクジラを解体する太地漁港は県内初の衛生管理型漁港とするなど、環境と衛生に配慮した町づくりに取り組んでいる。

交通の便も悪く、ほかに大きな産業もない太地町。しかし、町民は「こういう騒ぎさえなけりゃ平和な町」と胸を張る。そして三軒町長は「クジラのことが知りたければ一度は行かなきゃいけないような町にしたい」と語る。

約400年にわたって受け継がれた生業への誇りが、町を支えていた。

反捕鯨団体に備え厳戒

反捕鯨団体などによる妨害行為を防ぐため、和歌山県警と第5管区海上保安本部は今年、警備態勢を強化している。

県警によると太地町には昨年、シー・シェパードなどの反捕鯨団体、延べ約1800人が訪れ、カメラを向けたり、車の前に立ちはだかったりするなど漁師らに いやがらせ行為を繰り返した。9月には捕獲したイルカを入れたいけすの網が切られる事件も発生。海外の反捕鯨団体「ザ・ブラック・フィッシュ」がホーム ページに犯行声明を出したが犯人逮捕には至っていない。

こうした違法行為に厳しく対処するため、県警と海保は今月、連絡会を発足して連携 強化を確認。それぞれが警戒本部を設置し、25日には太地町に県警が臨時交番を開設。31日には、鯨類の解体施設のある漁協近くに串本海上保安署臨時駐在 所が設けられる。県警は出港や追い込み作業の際にパトロールを強化。通訳できる警察官も派遣した。海保は沖合に巡視船艇を配備、海上から警戒にあたる。

臨時交番で安全パトロール班の係長を務める岡田芳久警部補は「不安に感じている住民もいると思う。トラブルが発生すればすぐに駆け付け、町の平穏を守りたい」と話している。

一方、漁解禁を前に26日、「ザ・コーヴ」に出演したイルカ保護活動家のリック・オバリー氏が来日した。

【写真説明】(上)熊野灘に臨む太地漁港。「クジラがなくなったら、何もない」と地元の人が語る=和歌山県太地町、(下)クジラの加工食品などが売られているスーパー。地元住民にはなじみ深い食材だ=和歌山県太地町

(2011年8月31日 09:17

シー・シェパード、イルカ漁妨害を再開へ 和歌山県太地町に活動家を送り込み

2011.8.31 14:17 (1/2ページ)
日本の調査捕鯨妨害事件で国際指名手配されているシー・シェパード代表のポール・ワトソン容疑者(AP)クリックして拡大する

日本の調査捕鯨妨害事件で国際指名手配されているシー・シェパード代表のポール・ワトソン容疑者(AP)

 9月1日から解禁される和歌山県太地町の追い込みイルカ漁について、米国の反捕鯨団体、 シー・シェパード(SS)が、活動家を太地町に送り込み、漁の妨害を行う準備を進めていることが31日、わかった。SSは昨年も9月から幹部を太地町に長 期常駐させ、妨害キャンペーンを展開。和歌山県警や第5管区海上保安本部は今年、現地での警備態勢を強化することにしているが、SS以外の反捕鯨グループ の動きもあり、妨害活動はさらに激化することが予想される。

SS関係者によると、SSは今年3月まで行われた昨期の妨害キャンペーンに引き続き、今期も「コーヴ・ガーディアンズ」(入り江監視隊)を組織。団体の主要メンバーを常駐させた上で、世界中からボランティアを募り、来年3月までの6カ月間、漁師らに圧力をかけるという。

SS代表のポール・ワトソン容疑者(60)=傷害容疑などで国際指名手配=は、Eメールでの取材に応じ、「鯨やイルカを殺戮(さつりく)する残虐で野蛮な 慣習は、21世紀の現代にはふさわしくない」と回答。さらに、「昨期は、われわれのコーヴ・ガーディアンズのおかげで、イルカの捕殺数を前年の半分に減ら すことができた。捕殺が打ち切りになるまで、恐ろしいイルカ殺戮への反対は続ける」と答えた。

 SSは今回、和歌山県警や第5管区海上保安本部が事前に訓練を行ったり、警備を強化してい ることを報道などを通じて把握。摘発を防ぐため、妨害キャンペーンに参加するボランティアには、日本の法律を順守するよう求めている。また、活動を支援す るための寄付金の呼びかけも始める。

一方、米国の企業経営者で、動物愛護活動に熱心なアディ・ギル氏が自らのグループを組織し、イルカ漁 への抗議活動を行う構えを見せている。ギル氏は今年1月に来日し、和歌山県でプレジャーボートを購入。海上保安本部は、海上で妨害を行う恐れがあるとし て、動向を注視している。

ギル氏はSSの元大口スポンサー。関係者に「今年中に、太地町を訪れたい」と漏らしている。

また、イルカ漁を隠し撮りし、2010年の米アカデミー賞を獲得した「ザ・コーヴ」に出演のイルカ保護活動家、リック・オバリー氏は26日に来日。9月1日に、20人ほどの仲間とともに太地町を訪れ、現地で抗議活動を行うことにしている。

2011年8月31日

イルカ漁妨害再開へ シー・シェパード代表「捕殺やめるまで」

 9月1日から解禁される和歌山県太地町の伝統漁法「追い込み漁」について、米国の反捕鯨団体、シー・シェパード(SS)は31日、今秋にも活動家 を太地町に送り込み、漁の妨害を行うことを表明した。SSは昨年も9月から幹部を長期常駐させ、妨害キャンペーンを展開しており、和歌山県警や第5管区海 上保安本部が今年、現地での警備態勢を強化している。

SS代表のポール・ワトソン容疑者(60)=傷害容疑などで国際指名手配=が同日、 Eメールでの産経新聞の取材に応じ「鯨やイルカを殺戮(さつりく)する残虐で野蛮な慣習は現代にふさわしくない」とした上で、「昨シーズンはわれわれの コーヴ・ガーディアンズ(入り江監視隊)のおかげで、イルカの捕殺数を前年の半分に減らすことができた。捕殺が打ち切りになるまで、恐ろしいイルカ殺戮へ の反対は続ける」と表明した。

SS関係者によると、今シーズンは、団体の主要メンバーを常駐させた上で、世界中からボランティアを募り、来年3月までの6カ月間、漁師らに圧力をかける。今秋にもコーヴ・ガーディアンズのメンバーを太地町に派遣するという。

ただ、今回は県警などの摘発を防ぐため、参加するボランティアに日本の法律を順守するよう求める。

一方、SSの元大口スポンサーで、動物愛護活動に熱心なアディ・ギル氏がグループを組織し、すでに船を購入。年内にも海上からの抗議活動を行う構えを見せている。また、イルカ保護活動家、リック・オバリー氏は9月1日、太地町で抗議活動を行う。

(2011年8月31日 15:00

ページ更新時間:2011年09月02日(金) 12時13分

■和歌山・太地町 イルカ漁の妨害 警戒強める

和歌山県太地町では、来月1日、伝統のイルカ追い込み漁が解禁になるのを前に、反捕鯨団体による違法な妨害活動に対処するため、海上保安庁が臨時の駐在所を設置しました。

太地町ではイルカ漁を題材にしたアメリカ映画をきっかけに、海外から反捕鯨団体の活動家らが次々と抗議に訪れ、去年は地元の漁師らと衝突する一幕もありました。

「捕ったらおかしい」(漁師・去年10月)
「WHY?」(反捕鯨団体の外国人活動家)
「『ワイ』じゃないやろ」(漁師)
「どうして?」(反捕鯨団体の外国人活動家)
「トラブルを防止するんや」(漁師)

そこで海上保安庁は31日から太地町内に臨時の駐在所を設置、3人以上の職員が常駐し警戒にあたることにしました。

「過激な行動を取らないように、指導していきたい。き然として法律違反に対応していく」(田辺海上保安部 平野富男部長)

太地町ではすでに先週、和歌山県警が臨時の交番を設置。

24時間体制で違法な妨害行為に備えています。

海上保安庁は警察とも連携を取りながら、イルカ漁のシーズンが終わる来年4月いっぱいまで警備を続けることにしています。
(08/31 19:06)

5管:反捕鯨団体の妨害警戒 臨時駐在所を設置--太地 /和歌山

 第5管区海上保安本部の太地町鯨類追込網漁業現地警戒本部(本部長、平野富男・田辺海上保安部長)の町臨時駐在所が31日、太地防災複合施設(太 地町太地)に開所した。1日解禁の鯨類追い込み網漁に対し、反捕鯨団体などの妨害行為が予想されるため、漁期の来年4月まで警戒を続ける。

開所には、田辺海上保安部と串本海上保安署から17人が出席した。平野保安部長らが臨時駐在所の看板を掲げた。平野保安部長は「万全の体制で来年4月まで頑張りたい。法律違反には毅然と対処する」と述べた。

3人が常駐する。海外の反捕鯨団体に対処するため、このうち1人は英語のできる保安官を配置する。

台風12号の接近に伴い、この日予定していた巡視船艇による海上警戒は中止した。【神門稔】

毎日新聞 2011年9月1日 地方版

漁解禁前に「ザ・コーヴ」監督太地町入り

 鯨の町として知られる和歌山県太地町で1日、鯨やイルカの追い込み網漁が解禁されたが、接近する台風12号の影響で、地元の捕鯨組織「太地いさな組合」はこの日の出漁を見送った。

太地港や隣接する太地町漁協に早朝から集まった漁師たちは、波の様子や船がしっかり係留されているかを確認した後、引き揚げた。三好雅之副組合長は「早く海に出たいが台風には勝てない」と残念そうに話した。

例年4月末までの漁期にはシー・シェパードなどの反捕鯨団体が太地町に常駐。県警はトラブル防止のため町内に臨時交番を設置し、約10人の警察官を常駐させている。

イルカ漁を批判的に描いた米映画「ザ・コーヴ」に出演したイルカ保護活動家リック・オバリー氏が、仲間約20人とともに前日から太地町入りしており、町内は警戒に当たる警察官やパトカーが頻繁に巡回した。(共同)

[2011年9月1日12時50分]

反捕鯨の外国人太地入り 県警など警戒

 

和歌山県太地町で小型鯨類の追い込み漁が解禁された1日、台風接近の影響で漁はなかったが、クジラを追い込む畠尻湾に反捕鯨を訴える外国人ら25人が姿を見せた。県警特別警戒本部の警察官や第5管区海上保安本部警戒本部の海上保安官が警戒した。

この日午前11時すぎ、日本のイルカ漁を批判的に描いた米映画「ザ・コーヴ」に出演のイルカ保護活動家、リック・オバリーさんが、アメリカカナダ、ドイ ツ、中国などの支持者と一緒に畠尻湾に姿を見せた。イルカ漁中止を訴えるのが目的で、8年連続だという。抗議活動はせず、海に向かって黙とうした。

報道陣に対し「イルカ漁をやめてもらって、イルカと共存できるイルカウオッチングをするよう提案したい」と述べた。オバリーさんは同日中に太地町を出るという。

県警はこの日、警察官約40人態勢で警戒。午前4時から太地漁港で機動隊員が待機し、パトカーで漁港や畠尻湾周辺など町内を見回った。畠尻湾では外国人一人一人のパスポートを確認した。

漁はなかったが、太地いさな組合(脊古博文組合長)の漁師22人が太地漁協事務所に集まった。三好雅之副組合長(66)は「反捕鯨団体とは長い戦いとなっている。なるべくなら顔を合わしたくない。警察や海保の警備は心強く、ありがたい」と話した。

小型鯨類の追い込み漁は来春まで、捕獲制限付きで続けられる。反捕鯨団体は期間中、太地町に滞在するとみられる。

【畠尻湾を訪れたリック・オバリーさんと支持者(1日、和歌山県太地町で)】

(2011年09月01日更新)

ページ更新時間:2011年09月02日(金) 12時13分

■イルカ漁解禁日 反イルカ漁団体が警察とにらみ合い

和歌山県太地町のイルカ漁は1日が解禁日です。

警察や海上保安庁が厳戒態勢をとる中、世界各国から反イルカ漁の団体が集まり、一時緊迫した雰囲気になりました。

イルカ漁で知られる和歌山県太地町。

9月1日が漁の解禁日です。

太地町は映画「ザ・コーブ」で取り上げられたこともあり、去年は漁を妨害しようとした反捕鯨団体の外国人と地元警察が衝突する一幕もありました。

そこで、今年は警察と海上保安庁が町内に臨時施設を設置、職員を常駐させて対応することにしています。

「太地町のイルカ追い込み漁はきょうが解禁日でしたが、台風の影響で海上大しけが続いていまして、きょうの漁は中止が決まりました」(記者リポート)

漁は中止になりましたが、反対派の外国人23人が太地町に姿を現しました。

「(訳)イルカはかわいい動物で、人類の友達。食べてはいけない、殺してはいけない」(香港から来た人)

中には「ザ・コーブ」に主演していた、反イルカ漁活動家のリック・オバリー氏の姿も・・・

警戒する警察官らの前で、浜辺に降りた一行は輪になって静かに祈りを捧げました。

「(訳)抗議しにきたんじゃないんだ。津波の犠牲者と捕獲されようとしているイルカたちのために祈りを捧げに来たんだ。2,000頭死ぬんだよここで」(反イルカ漁活動か リック・オバリー氏)

「去年も(漁の)網を切られたりしているので、違法行為があれば厳正に対処したい」(和歌山県警 羽山潤一郎参事官)

静かに迎えた解禁日でしたが、警察は来年4月いっぱいまで警戒を続けたいとしています。
(09/01 18:37)

太地町のイルカ漁に抗議=日本大使館前で愛護団体-米

 【ワシントン時事】米国の首都ワシントンの日本大使館前で1日、和歌山県太地町のイルカ漁に抗議する米動物愛護団体のメンバーら30人余りが「日本はイルカの大量虐殺をやめろ」と書かれたプラカードなどを持ってデモを行った。
この団体は「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」。参加者は「イルカの血で海を汚すな」と口々に叫び、通行人らにイルカの保護を訴えた。
1日には太地町でイルカ追い込み漁が解禁。これに合わせて全米各地のほか欧州、オーストラリアなどの計37都市で、PETAや現地団体のメンバーがデモを行ったという。(2011/09/02-08:11)

伝統の鯨漁、解禁も出漁見送り

2011.9.2 08:27

 国内古式捕鯨の発祥地、和歌山県太地町で1日、伝統漁法「追い込み漁」が解禁されたが、接近する台風12号の影響で、同町漁協はこの日の出漁を見送った。悪天候が予想される3日まで漁の中止を決め、天候の回復を待って4日以降に漁を始める。

太地港や町漁協に早朝から集まった漁師らは、波の様子や船がしっかり係留されているかを確認するなどして台風の接近に備えた。三好雅之副組合長(66)は「漁師としてはやっぱり海に出たかった」と残念そうに話した。

米で日本のイルカ漁に抗議デモ 動物保護団体

 1日、ワシントンの日本大使館前で日本のイルカ漁に抗議するデモの参加者(共同)

【ワシントン共同】和歌山県太地町でイルカや鯨の追い込み網漁が解禁されたのに合わせ、米動物保護団体「PETA」のメンバーらが1日、首都ワシントンの日本大使館前で抗議デモを行い「日本はイルカ虐殺を停止せよ」と訴えた。

参加者は若者や家族連れなど約30人。

PETAの地区責任者ケイティー・アースさんは「太地町では浅瀬でイルカを突き殺しており、残酷で容認できな い」と主張。捕鯨やイルカ漁は太地町の伝統だが「続けているのは少数の漁師だけで文化的遺産とはいえない。他の収入源を見つけ、残酷な伝統を人道的なもの に置き換えることが可能だ」と述べた。

2011/09/02 09:04   【共同通信】

太地町のイルカ漁に抗議=日本大使館前で愛護団体―米

2011年9月2日9時6分

 【ワシントン時事】米国の首都ワシントンの日本大使館前で1日、和歌山県太地町のイルカ漁に抗議する米動物愛護団体のメンバーら30人余りが「日本はイルカの大量虐殺をやめろ」と書かれたプラカードなどを持ってデモを行った。

 この団体は「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」。参加者は「イルカの血で海を汚すな」と口々に叫び、通行人らにイルカの保護を訴えた。

 1日には太地町でイルカ追い込み漁が解禁。これに合わせて全米各地のほか欧州、オーストラリアなどの計37都市で、PETAや現地団体のメンバーがデモを行ったという。

 

[時事通信社]

イルカ漁厳戒下の解禁 活動家、反捕鯨訴え 和歌山太地

2011年9月2日

写真:反捕鯨団体を警戒する警察官。右は元イルカ調教師リチャード・オバリー氏=1日午後0時15分、和歌山県太地町の畠尻湾、杉山敏夫撮影拡大反捕鯨団体を警戒する警察官。右は元イルカ調教師リチャード・オバリー氏=1日午後0時15分、和歌山県太地町の畠尻湾、杉山敏夫撮影

 和歌山県太地町のイルカの追い込み漁が1日、解禁された。台風が接近して漁師たちは出漁を見合わせたが、反捕鯨の活動家がイルカを追い込む畠尻(はたけじり)湾で捕鯨反対を訴えた。県警は40人態勢で警戒にあたった。

県が9~4月、太地いさな組合(23人)に、イルカや小型クジラ計2165頭の捕獲を許可している。

いさな組合の漁師たちは午前7時ごろ、町漁協に集まって3日までの休漁を確認した。午前11時20分ごろ、警察官が並んだ畠尻湾に、漁を盗撮した米映画 「ザ・コーヴ」に出演した元イルカ調教師リチャード・オバリー氏ら約20人がバスで到着。県警の求めに応じて一人一人パスポートを提示した後、海岸に下り て手をつないで黙祷(もくとう)した。

オバリー氏は「死んだイルカのために祈った。警察や漁師と対立するつもりはない」。県警警備部の羽山潤一郎参事官は「きょうのグループは協力的だった。今後どんな団体が訪れるか分からないので、警戒を怠らないようにしたい」。

三好雅之副組合長は、「初日なので漁に出たかったが台風には勝てない。警察の態勢強化で、去年よりトラブルが減って欲しい」と話した。

世界各地でイルカ漁抗議デモ

  • 2011年09月02日 10:32 発信地:ワシントンD.C./米国
  • 写真
  • ブログ

ワシントンD.C.(Washington DC)の日本大使館前で行われたイルカ漁抗議デモ(2011年9月1日撮影)。(c)AFP/Jim WATSON

【9月2日 AFP】和歌山県太地町でイルカ漁が解禁された1日、世界各地の日本大使館前で、イルカ漁に抗議するデモが行われた。参加者らは、イルカ漁は身勝手かつ残酷であるとして、殺戮(さつりく)をやめるよう訴えた。

ワシントンD.C.(Washington DC)の日本大使館前には20人余りが集まり、「イルカは生きたい」などのプラカードを掲げた。デモを企画した動物愛護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)のケイティー・アース(Katie Arth)さんは、「イルカは世界中の水族館にショーの担い手として売られているため、イルカ漁の背景には利益の追求がある」と話した。

デモは米国各地のほか、ロンドン(London)、ローマ(Rome)、ストックホルム(Stockholm)、マニラ(Manila)などでも行われた。

和歌山県太地町では、毎年、約2000頭のイルカを入り江に追い込むイルカ漁が行われている。水族館やマリンパークに売る数十頭以外はすべて突き殺し、その肉を販売しているとされる。

漁師たちは、イルカ漁は文化であり町の伝統であると主張している。(c)AFP

イルカ追い込み漁、解禁初日は台風で見送り

和歌山県太地町で伝統的に行われているイルカなどの追い込み漁が1日、解禁されたが、台風12号の接近のため、出漁は見送られた。

昨シーズン、反捕鯨団体のメンバーらによる抗議活動が繰り返されたことから、県警や海上保安部が町内への常駐態勢を整えるなどして解禁日を迎え、この日、捕鯨に反対する外国人活動家が姿を見せたが、混乱はなかった。

県警は、機動隊や公安課から約40人を動員し、早朝から町内の沿岸部を警戒。「太地いさな組合」の組合員に、外国人活動家の動向やトラブル時の連絡方法などを説明した。

一方、同町を舞台にした米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」に出演した元イルカ調教師のリチャード・オバリーさん(71)ら、捕鯨反対派のメン バー約25人がこの日午前、追い込み漁が行われる畠尻湾を訪れた。メンバーらは、警察官らが警戒する中、「イルカを救おう」などと書かれたのぼりやTシャ ツを持って海岸を歩き、黙とうをささげるなどしたが、トラブルはなかった。

同組合の三好雅之副組合長(66)は「毎年、妨害行為へ対応しなければならないのは苦痛だ」と苦々しげに話していた。

(2011年9月2日12時07分  読売新聞)


90人体制で捕鯨妨害の現地警戒本部 和歌山県太地

第5管区海上保安本部は25日、反捕鯨団体の太地町での小型鯨類追い込み網漁に対する妨害行為を防ごうと、和歌山県田辺市文里1丁目の田辺海上保安部(串本海上保安署も含む)に90人体制の現地警戒本部を設置した。

同日、神戸市の保安本部警備救難部にも警戒本部を設置して80人体制を敷いた。31日からは、太地町の町防災センターに臨時駐在所を置き、神戸と田辺で連携し、3人体制で運営を始める。駐在所は太地漁港の近くで、漁が行われる畠尻湾からは約3・5キロの場所。

田辺海上保安部によると、現地警戒本部で情報を収集し、指示を出す。同保安部の巡視船2隻、巡視艇1隻、串本海上保安署の巡視艇1隻で対応するほか、和歌山海上保安部の巡視船「きい」が応援に来るという。

現地警戒本部の本部長を務める田辺海上保安部の平野富男部長は「万全を期して対応していく」と話した。

同保安部によると、昨年は9月に、太地町の太地漁港に設置していたイルカのいけす網が切られた事件が発生した。

【現地警戒本部に看板を掲げる田辺海上保安部の平野富男部長(25日、田辺海上保安部で)】

(2011年08月25日更新)

追い込み漁控え臨時交番

太地 「法と証拠基づき厳正に」

臨時交番を視察する山岸県警本部長(左から2人目)ら(太地町多目的センターで)

小型鯨類の追い込み漁が9月1日に始まるのを前に県警は25日、太地町多目的センター内に「町臨時交番」を設置した。新宮署員ら警察官10人が常駐、24時間態勢で、海外の反捕鯨団体などの違法活動を監視する。

開所式には関係者約40人が出席。山岸直人本部長が「映画『ザ・コーヴ』以来、反捕鯨団体が多数訪れ、本来、平穏な町の安全が脅かされている。法と証拠に基づき、厳正に対処してもらいたい」と訓示した。

臨時交番はセンター2階に設けられ、宿泊施設も完備している。県警は年内にイルカなどが追い込まれる畠尻湾のすぐ近くに臨時交番を移す方針で、県議会に予算案を提案する。

追い込み漁は来年春まで行われる。すでに反捕鯨団体の活動家が解禁日に抗議活動を予定しており、県警は当日、臨時交番の人数を増やして対処することにしている。

<5管は駐在所>

第5管区海上保安本部もこの日、「太地町鯨類追込網漁業警戒本部」を設置。31日には太地漁港近くに「臨時駐在所」を開設し、県警と連携しながら海からの警戒に当たる。

県警の羽山潤一郎・警備部参事官は「昨年以上に状況は厳しいが、これまでは那智勝浦町の幹部派出所から20分かかったが、これからはすぐに対応できる」と話している。

(2011年8月26日  読売新聞)

反捕鯨団体を警戒 5管、田辺海保が本部設置 和歌山

2011.8.26 02:13

 反捕鯨団体が太地町で漁業関係者にいやがらせ行為を繰り返しているとされる問題で、第5管区海上保安本部(神戸市)と田辺海上保安部(田辺市)は25日、太地町鯨類追込網漁業警戒本部と同現地警戒本部をそれぞれ設置した。31日には同町内に臨時駐在所を開設する。

警戒本部は5管本部の川上直実・警備救難部長を、現地警戒本部は田辺海保の平野富男部長をトップとする計約170人態勢。田辺海保の巡視船艇4隻に和歌山海保の巡視船1隻も加わり、付近海域を警戒して不測の事態に備える。

田辺海保では、庁舎4階にある警備救難課に「第五管区太地町追込網漁業現地警戒本部」と書かれた看板が設置された。同海保の平野部長は「捕鯨反対派は船をチャーターするという情報もあるので、現地では万全を期して警備したい」と話した。

■イルカ漁を前に 太地町に臨時交番
シェアする

来月から始まるイルカの追い込み漁を前に、和歌山県太地町では反捕鯨団体による違法な妨害に対応するための臨時の交番が設置されました。

太地町では去年、イルカ漁を隠し撮りしたアメリカ映画をきっかけに海外から反捕鯨団体の活動家らが次々と抗議に訪れるなど、地元の漁師から不安の声が上がっていました。

和歌山県警は来月から開始されるイルカなどの追い込み漁を前に、町内に臨時の交番を設置。

24時間体制で3人が常駐し、それとは別に7人の私服警官が町内を巡回することにしています。

県警によりますと、ネット上に来月1日に集会を呼びかける反捕鯨団体とみられる書き込みが確認されていて、対策本部は140人以上の態勢で違法な妨害行為に備えるということです。 (08/26 07:30)

太地に臨時交番開設

2011年08月26日

 9月1日から太地町でイルカや小型クジラの追い込み網漁が解禁されるのを前に、県警は25日、太地町太地の町多目的センター内に太地町臨時交番を開設した。

警官10人が常駐し、反捕鯨団体などによる違法な嫌がらせ行為などを24時間態勢で監視する。事務所1室と、警官が寝泊まりできる部屋1室がある。開所式で山岸直人・県警本部長は「パトロールを強化して住民の安全を守ってほしい」と訓示した。

臨時交番は、9月県議会で補正予算案が可決されれば、年末までに畠尻湾に面した場所に建物を新設して移す方針。畠尻湾は太地町の漁師がイルカなどを追い込む場所で、昨年国内で公開された米映画「ザ・コーヴ」の舞台にもなった。

この問題では、第五管区海上保安本部(神戸市)も31日に太地港近くに臨時駐在所を開設することにしている。(杉山敏夫)

和歌山

県警・5管:反捕鯨団体の妨害防ぐ 太地の警備強化、臨時拠点設置 /和歌山

 ◇追い込み網漁来月解禁

太地町で9月1日、今季の鯨類追い込み網漁が解禁される。反捕鯨団体などによる妨害行為を防ぐため、県警や第5管区海上保安本部は警備体制を強化し、同町などに臨時拠点を開設している。【吉野茂毅、神門稔】

県警は25日、臨時交番を同町太地の町多目的センターに設置し、開所式が行われた。

約40人が出席。山岸直人・県警本部長が「反捕鯨団体と漁業者とのトラブルを防止し住民の安全を守るため、法と証拠に基づき厳正に対処する」と訓 示し、警察官10人が常駐する交番を視察した。羽山潤一郎・警備部参事官は「従来は那智勝浦町の新宮署幹部交番から警察官が駆けつけるまで20分かかった が、臨時交番開設で対応は早くなる。漁解禁日は警察官を多く配置する」と話した。

第5管区海上保安本部(神戸市)も同日、「太地町鯨類追込網漁業警戒本部」を設置。現地警戒本部となる田辺海上保安部では、現地警戒本部長を務め る平野富男部長が看板を掲げた。今月31日には、漁が行われる同町の畠尻湾の近くには、串本海上保安署の臨時駐在所を設ける。外国の反捕鯨団体などにも対 処できるように語学に堪能な保安官を含む3人態勢とし、巡視艇パトロールを強化する。

漁期は来年4月まで。県資源管理課によると、鯨類追い込み網漁は、国が種類や頭数を割り当て、知事が操業を許可する。同町漁協には今年度、カマイルカ、バンドウイルカ、ハナゴンドウクジラなど7種類計2165頭が割り当てられている。

https://i1.wp.com/www.colorata.com/onlineshop/shopping/puzzle/images/motif_p720_03.jpg

毎日新聞 2011年8月26日 地方版

k

カテゴリー: NEWS, TraveL | 1件のコメント